心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

涙が溢れた合唱コンクール

今日(日曜)は、空の学校の合唱コンクールがありました。

行事の中で、私がとても楽しみにしていたものです。


クラスごとに課題曲と自由曲を歌います。

各学年4クラスずつあるので、1時からスタートし、終わるのは4時近くです。


海が、ずっと聴いていられるか、心配でしたが、歌が好きな海なので、とりあえず連れていくことにしました。

最悪、ダメだったら、外に出ればいいや・・・と、あまり考えないことにしました^^。


早めに行って、見やすくて、退出しやすい場所をとりました。

1年生から順番に歌っていきます。

入学式も、とても感動しました。

でも、空と小学校が一緒のお友達もみんな、すっかり制服が馴染んで、知らぬ間に、ものすごく大きくなって

いたりして、入学式よりも、子ども達の姿に感動でした。


また、入学式の頃には知らなかった空の先輩たちも、身近に感じて、みんな頑張ってるな~っ・・と、

普段サッカーをしている先輩たちとは違った姿で、これもまた、大きな感動でした。


いよいよ合唱コンクールが始まり、子ども達の歌声が、素晴らしくて、誰一人として、

やる気がなさそうにしている子がいないことに驚きました。

思春期の難しい時期だけれど、本当に一生懸命なんです。どの子も・・・どのクラスも・・・。


子ども達の歌う表情を見ながら、歌う声を聴きながら、胸が熱くなりました。

空のクラスも、とっても上手で、ものすごくまとまっていたし、素晴らしい歌声でした。

空が、毎日、合唱コンクールの練習をしていたので、色んな話しをしてくれたのですが、

当日を楽しみにしていたかったので、曲名や、メロディーは教えないでね・・とお願いしていました^^。

そのおかげで、とっても新鮮な気持ちで聴くことができました。


中学2年生の番になり、最初のクラスが、課題曲を歌いました。

なんて、素敵なメロディー。

そのメロディーラインに、すぐに心を奪われました。

そして、すぐに歌詞も素晴らしいことに気がつき、聴き入りました。


「輝くために」 作詞・作曲 若松 歓

「(・・・途中から)

誰もが人生を 幸せに歩きたい

限りある命だから 素敵に


せつない思いも 別れの涙も

全て胸に抱きしめて

笑顔で明日を見つめたい

涙ふいて 振り返らずに


どうして人間は

争い憎みあい

何故わかりあえず

傷つけてしまうのか


(・・・途中略)


言葉にできない溢れる思いを

この空に伝えたいよ

涙の雫も 微笑も

どんなことも わかち合えると

生きる喜びも 生きる悲しみも

全て胸に抱きしめて

みんなで明日へふみ出そう

どんな時も 輝くために」


2年生の課題曲なので、各クラスで歌うものですから、そのたびに胸が熱くなってしまいました。

ある2年生のクラスに、最高に可愛い笑顔で、歌っている間、ずっと頭を縦に振りながら、

リズムをとっている支援級の子がいました。

(支援級の子は、各学年の各クラスに、別れて入っています^^。)

みんなの歌声に合わせて、ときどき声を合わせながら、誰よりも素敵な笑顔で歌っています。


誰が見ても、すぐにわかる。

彼が支援級の子だって・・・。

でも、クラスの子が、当たり前に彼を受け入れていることが、見ていたらわかります。

その一生懸命な、彼の刻むリズムが、彼の歌声となって、心に響いてきました。


その彼の笑顔と、一生懸命に歌う姿を見た途端、我慢していた涙が、どんどん溢れてきてしまって、

止まりませんでした。


海が中学になるとき、どんな進路を選ぶかはわかりません。

でも、彼を見ていたら、その姿に海を重ねてしまって・・・。


今は、海を想う先生方に囲まれて、温室のなかで育てていただいている海です。

でも、あと2年したら、進路を決めなければなりません。

もしかしたら、彼のように、海も頑張れるかな・・・

やっぱり厳しいかな・・・


そんな想いも一緒に重なって、優しく、美しい歌声の中に、私は吸い込まれていきました。

あたたかい子ども達の中で、受け入れてもらっている支援級の子ども達の姿は、

私には希望の光にみえました。

支援級の子ども達みんなが、普通級の子ども達に混ざりながら歌う姿は、本当に立派でした。


各学年の、各クラスの歌を聴きながら、すべてのプログラムが終了しました。

いよいよ結果発表のときがきました。

優勝は、各学年から1組でます。


空のクラスは、見事、優勝しました。

優勝が発表されると、「キャ~~!」と歓声が湧き、子ども達は喜びに包まれていました。


海も、そのときが、一番楽しそうにしていて(笑)、「わ~い!わ~い!」と喜んでいました^^。

何だか、よく意味はわからないのでしょうが、喜んでいることはわかったのだと思います。


素晴らしい合唱コンクールに、想像以上の感動を得て、帰ってきました。

海も、少し飽きてしまっていましたが、知っている顔がいっぱいいるせいか(笑)、

気づくと、じ~っと見ていました^^。

海も、本当に、よく頑張りました!


空が帰ってきて、優勝した余韻に浸りながら、クラスに戻ってからの話をしてくれました。

先生は、感動して泣いてしまったそうです。

そして、黒板に、みんなで喜びの想いを書いたんだそうです^^。


青春ですね~^^。

聞いている私も、幸せな気持ちになりました。


ふと、空の手を見たら、なんか書いてある。

「なんて書いてあるの?」と聞いたら、

合唱コンクールが始まる前に、先生が、一人ひとりに、メッセージを書いてくれたんだそうです^^。

b0244274_21471911.jpg


先生のメッセージ通り、笑顔で、楽しんでいた空でした。

最高の仲間に囲まれて、学校生活を送っている空も、やっぱり幸せです。


さっき、夕食を食べた後、空が海にお願いをしていました。

「ね~、海~、明日、また寄宿舎でしょう?だから、一回、ハグさせて~。」


すると、海が言いました。

「もう、しょうがないな~。」

そう言って、二人でごろごろしていました^^。

どっちが兄だかわかりませんね・・・(笑)。

b0244274_21575998.jpg



b0244274_21584192.jpg


来年の合唱コンクールが、すでに楽しみです(*^_^*)。

もし、時間があれば、「輝くために」を聴いてみてくださいね♪


読んでいただいて感謝です。
さあ、残り3日の寄宿舎生活。
海、がんばれ~!の応援クリック
お願いします(*^_^*)。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-10-28 22:18 | こどもたちのこと