心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

海の手帳1

今年も、海は、手帳(スケジュール帳)にはまっていて、気づけば、何かを書いています。

去年は、スヌーピーの手帳。

今年は、トイストーリー(リトルグリーメン)の手帳。
b0244274_2253858.jpg


海に見せてもらってもいいか聞くと、恥ずかしいけど~・・と言いながら、いいよ^^と見せてくれました。

書いていることは知っていたけれど、何を書いたのかは知りませんでした。


海らしい、楽しいことも書いてあったけれど、その日に感じたこと、思ったことが書いてあって、

うっかり泣いてしまうところでした。

泣かせる文章という訳ではなくて、海の心に近づけた気持ちになり、海の今を知ることができたから。


海に、沢山の人に読んでもらってもいいか聞いて、OKをもらったので、何回かに分けて、

海の手帳の中の文章を載せたいと思います。


海が書いたまま、載せます。

でも、わかりづらかったり、句読点がほとんどなかったりするので、そこは( )で訂正し、句読点、スペースは、

私が入れます。

日付も、順番ではなく、その日、その日で、書いてある場所が違うので(笑)、順番に載せません^^。


<海が寄宿舎体験をしていたときのこと>

『きょう ねるときは ○○○(何やらキャラクター名らしいです。)といっしょに ねった(寝た)。

さいしょは おきてたけど あとは ねた。


○○○せんせいが シーってゆう(いう)のが ちょっとなんでだろう!とおもいました。

また いっぱいねたいです。


いっぱいあそんで とってもたのしかったです。

らいねんは どうかなって いつもおもうかもしれません。

ぼくも きしゅくしゃ だいすき。

いつも わすれない。


きしゅくしゃのおもいでをのこして らいねんもとまおう(泊ろう)かな。』


<家で、パパとマラソンをしたあとのこと。>

『マラソン九けい(休憩かな(笑)?)のあと、ランニングが(シャツを)かえないで(替えない)いたけど、

でも かえました。


なぜかというと?

3こでも 2こでも せんたくで はこに入れればいいからです。

①せんたくきたら ランニングをとる。

②とるってゆう(いう)じゅんばんに けっていしました。

ぼくはようふくがきたら すぐにしまいます。


よるは パンツ ランニング くつしたを よるにしまうことに けっていしました。

あさ ふくを しまいます。


ぼくは ふくを ずっとここにおいておくと なくしたりして たいへんなことになっちゃうから、

はやくしまうだよ(しまうんだよ)。


なくしたら もっとたいへんだからね。

みんなも きをつけよう!!

やくそくだよ!!


もしもなくしたら どこだ どこだ え~んになるからね。

ぜったいに きをつけるだよ(きをつけるんだよ)!!!


わたしたちは ようふくのことを まもっています。

なくしたらタイマーで ずっと1日さがしてください。


もしも・・・あったらタイマーをとめて なんびょうか しらてね(知らせてね)。

ちゃんと わかるところに しまってください。


もしも ほんとに なかたら(なかったら)、

ふくさんたちに ちゃんと あやまて(あやまって)ください。

ちゃんとね。』


そういえば、キッチンにあるタイマーを持って、何やら言いながら、バタバタしてたときがあったな・・・。

学校で、タイマーを使っているのかな?な~んて思いながら、

海なりに自分でルールを決めたりしているんだな~って^^。


そして、海のユニークな視点や感性、ときどき、ほっこりするような文章に癒されたりしました。


驚くほど、ノートいっぱいに書いている海。

行もあけないで、句読点もほとんどなく書いているので、読むのも大変だけれど(^_^;)。


でも、文章も、ずいぶん伝わるようになってきたな・・・と、海の成長を感じました。

また、続けて、海の手帳の記事にしたいと思います。

読んでいただいて感謝です。
海ワールド全開です。
ユニークな海の成長に、
応援クリックお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-02-25 22:11 | 海のこと | Comments(2)
21日(金)は、海とSTに行ってきました。

いつも、ブログを読んでくださっている先生。

今、私が悩んでいることや、困っていることを、自分のことのように想って下さる優しい先生。

海も私も、先生が大好きです。


今回の課題も、海に必要な課題。

言語療法だけではなく、海に必要なことを課題にしてくださいます。


例えば、手先の不器用な海に、右手と左手で違う形をつくる課題。

先生を見ながら、真似するのですが、違うものを形作るのって、すごく難しいですよね。

左手がパーで右手はチョキとか・・・。

チョキが3本になってしまったり・・・。


海は真剣な顔ですが、先生が優しく、「あ、こっちが一つ多かったね~!」と、

海の多く立ててしまった指をそっと教えてくださって、海も、「あ、ほんとだ!」と言う感じで、

自然に直すまで、先生は待っていてくださいます。


そんな先生とのやりとりを見ながら、またまた、海の成長を感じるのです。

上手くいかなくても、わ~~~~!!っならなくなったな~って。


そして、今回、涙が出てしまうほど嬉しかったことが・・・。

課題の中に、海のこれからの大きな学びとなっていく、グレーゾーンの勉強がありました。

『できる』は10。

『できない』は0。

そして、『できるかもしれないし、できないかもしれない』を1~9。


先生は、カードにその数字を海に書いてもらっていました。

海は、『できる』と『できない』は、問題なく10と0を書きました。

けれど、『できるかもしれないし、できないかもしれない』には、海自身が即座に『2』と書き込みました。


先生は、『2』もあるけれど、他の数字もあることを説明してくださいました。

ちゃんと、グラフになっていて、1~9までがわかるように書かれていました。


けれど、海は、1.2.3.4.5.6.7.8.9と書くことに納得が出来ず、

「なんで?」と先生に質問。

2でいい と。


「あのね、これからやることは、1.2.3.4.5.6.7.8.9と書いてもらわないとできないんだ~!」と先生。

でも海は、「なんで?」と書くのを拒否。


すると、先生は、1枚の白い紙を海の前に出しました。

私は、これから先生は海に何を語るのかしら・・・と思って、見ていました。


先生は、絵がとてもお上手で、海がわからなくなったりすると、パッと絵を描いて、

わかりやすく説明してくださいます。


先生は、海と私がチョコレートを作ったときのことを絵に描いていました。

チョコレートを作る工程を、サラサラと描いて、海に言いました。


「海くん、お母さんとチョコレートを作ったよね。

たとえばね、このチョコレートを溶かすところをね(絵を指して、その絵に×を描きながら)、

ねえ、溶かすのやめて!って誰かに言われたら、どおかな?」


海は、「・・・・・。」


そして、先生は言いました。

「チョコレート作るのに、これから溶かそうと思っているのに、溶かすのをやめて!って言われたら、

作れなくなっちゃうし、困るよね・・?」


「うん。」と海。


「それと同じなの。先生も、これから海くんと一緒にやろうとしていることがあってね、

1.2.3.4.5.6.7.8.9を書かないと出来ないから、それ、やらないで!と言われてしまうと、

困ってしまうんだ~。」


どれくらいの沈黙の時間が流れたでしょうか・・・。

1分2分くらいの時間だったかもしれません。

でも、私には、とても長い時間のように感じました。


海は、すごく真剣な表情で、考えていました。

考えているというのが、私にもよく伝わってきました。


先生は、海のことをそっと見守りながら、ずっと待っていてくださいました。


海は、はっきりと、言いました。

「わかった!」


そして、『2』だと言い張って、2しか書いていなかったカードに、

1.2.3.4.5.6.7.8.9と自分で書きました。


(先生すごいな・・・。

私なら、わかった?って、海の答えを待たずに言ってしまいそう。)


海が、ちゃんと納得するのを待ち、課題に入り直します。


電話をかけるとき、こんな場合は、できる?できない?

それとも、できるかもしれないし、できないかもしれない?というのを、海に考えさせていきます。

できるかもしれないし、できないかもしれないには、レベルが違ってくることを1~9までのグラフで、

教えてくださいます。


その他にも、『走る』をテーマに、どんなときだったら、走れる、走れない?

走れるかもしれないし、走れないかもしれない?・・・という感じで、海に考えてもらいながら、

答えに導いてくださいます。


色々なシチュエーションを先生が沢山用意して、海に問いかけ、白と黒だけではないグレーの答えが、

いっぱいあることを、本当にわかりやすく教えてくださるのです。


海が、真剣に考えて、自分で納得してから気持ちよく課題に取り組んで進んでいる姿が、

とっても輝いてみえました。


そんな先生とのやりとりを見ていたら、学校の先生も、STの先生も、(他にもい~っぱい!)

みんな、海のことを想い、海の将来が、少しでも明るいものとなるようにと、愛情をいっぱいいっぱいかけて、

育ててくださっている。


わかってはいても、そう思ったら、海も私も、なんて幸せなんだろう・・って、ここでもまた感じてしまって、

ウルウル(涙)。


感動したことを先生に伝えているうちに、また涙が・・・。

母、涙腺ゆるいです(T_T)。


やっぱり、大切なことは、納得して進むこと。

納得しないと、進めないよね。


私たちは、大人になっていくうちに、内容は、納得していなくても、まあ、仕方ない・・・と、自分の中で、

着地点をゴール手前にすることもできます。


でも、これは、人との関係の中で、協調していうということを学んできたから。

つまり、協調していくことを通して、あらゆることにグレーゾーンがあることを、納得したんですよね。

(グレーゾーンは、人間関係の中だけの問題ではありませんが^^)


けれど、自閉症の人達は、これこそが難しいこと。

白か、黒かで、知りたいし、自分の中にストンとおとしたい。


でも、白か黒かだけでは、社会で生活することは、とても厳しいです。

グレーゾーンを、納得しなさい・・・と言っても無理。


だから、一つひとつ、時間はかかっても納得してもらい、一歩一歩進んでいく。

これが、この子達の、明るい未来への、実は近道なのかもしれません。


私だってそう。

いっぺんに言われたって、わからないもの。


納得して進めることほど、心地良いことはないしね。


ただ、私は、グレーゾーンがあるということを納得できているのだから、

やっぱり海の頑張りを応援するために、忍耐力を身につけなくっちゃ・・・です^^。


読んでいただいて感謝です。
今日は、海と河津桜を観に行きました。
まだ満開ではなかったけれど、きれいでした!
あたたかい春が待ち遠しいです。
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-02-23 23:06 | 海のこと | Comments(8)
『電話をかけたい』の前半の続きです^^。

海の電話をかけたい気持ちを大切にしながらも、

電話をかけるときのマナーやルールを海に伝えなければなりません。


どうしたものか・・・と頭を悩ませているときに、いつも強力なアドバイザーになって支えてくださるのが、

海の先生方です。

もちろん、いろんな方に、アドバイスをいただいて支えていただいていますが、

毎日通う学校の先生方は、日々起こる様々な海の悩みを、すぐに相談できる大きな存在です。


今回も、時間がないなかで、ちょっと相談したことでした。

でも、その相談を、他のクラスの先生にも話してくださり、

朝の時間を少しつかって海の心を刺激してくださいました。


クラスの男の子に、相談にのっていただいた先生が、電話ごっこのような感じでやりとりをしたそうです。

でも、そのやりとりが、なかなかうまくいきません。


次に、またクラスの他の子に、先生が電話をして(真似)、電話ごっこ。

すると、その子とは、楽しく会話がなりたったそうです。


今度は、その先生は、クラスの先生に電話。

わざと、用事がないのにかけることを目的にして、先生同士でこんな会話を!

「もしもし、○○せんせい?」

「あら、○○先生!」


「あのね、用事はないんだけれど・・・。」

「え~!用事がないの~~?やだ~!」


・・・というような、明らかにわざとらしい感じで(笑)、でも海にわかりやすいように・・・^^。


すると、海は、その一部始終を見ていたので、自分のことと重ねたんでしょうね。

自分が電話をしてしまったことを、先生に自分から伝えたそうなんです。


さらに、個別の時間には、担任の先生と、電話をかけるときのマナーやルールを、

重い感じではなくて、リラックスした感じで海と話てくださり、海の素直な想いを受けとめつつも、

学ばせてくださったことを、連絡帳に書いてくださいました。


朝、ほんの少しの時間の相談。

それが、こんな形で、タイムリーな今を逃さないように、自然な形で海に伝えて学ばせてくださる。


こんな、幸せなことってないよね・・・って、感動してしまって・・・。


学校では、予定しているカリキュラムをこなさなきゃいけないし、

一人の子だけに、集中して何かをすることはできません。


でも、ほんの少しの時間を、クラスにいる子の今の課題となっていることに使う。

その使い方が、なんて素敵なのかしら・・・って、いつも感じるんですよね。


そして、結果として、その時間は、その子の為だけではなく、

そのクラスにいる子どもたちの学びにもなっているんですよね。


個別学習は、毎日あって、その日、その課題をする予定ではなくとも、

この時間だけは、堂々とその子のためだけに使える、先生と子どもとの2人だけの時間。


だからこそ、臨機応変にやるべきことを変えて、タイムリーな海の問題と向き合ってくださる。


これが、親にしてみると、とても贅沢な対応で、願っていることなんです。

(少なくとも、私は・・・^^。)


その日、海は、学校から帰ってきて、すぐに私のところに来て言いました。

「あのね、お母さん、今日ね、教えてくれたの(*^_^*)。電話のこと!」


すごく穏やかな表情で、すごく嬉しそうに・・・。

その穏やかな笑みが、たまらなく愛おしくて、

「そうだったの。良かったね~!」って、私も、心から穏やかな気持ちで言えました。


どんなことを教わったのか?とか、海が何を思ったのか?なんて、聞きたいと思いませんでした。

それくらい、海の表情が、すべてを語っていました。


これで、電話の問題が解決した訳ではありません。

でも、その日の、そのときの海の満足感が、きっと海を大きく成長させてくれたはず。


それが、親にとっての大きな幸せなんだと感じさせてもらえました。


こんな環境で、海が過ごさせていただいている毎日に感謝したいと思います。

読んでいただいて感謝です。
真央ちゃんのフリーの演技に、
何度観ても、涙が止まりません。
応援クリック、いつも感謝です。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-02-21 12:41 | 海のこと | Comments(4)
海の興味の幅は拡がり続け、(先日、インフルエンザ対策の休校で、行けなくなってしまったのだけれど)、

日産工場見学のための事前授業で、働くことについて沢山学ばせてもらったからか、

大人になりたい・・・という想いが、今、海の中で溢れだしているようです。


・・・といっても、もちろん漠然としていますが、こんなこともしてみたい、あんなこともしてみたい・・という、

海の中での大人のイメージが膨らみ、夢となっているのでしょう。


最近は、先日の『海の中のルール』の記事にも書きましたが、海の中で確信しているルールに従って、

自信をもって行動してしまいます。(成長なんだけど・・。)


記事に書いたことに引き続き、困った問題が出てきました。

それは、『電話をかけたい』です。


そもそも、きっかけとなったのは、私の知り合いの方で、海ともいっぱい遊んでくれる人に、

海が自分の誕生日に、電話をかけてほしい・・・と頼んだこと。


快く、海の頼みを引き受けてくれ、(誕生日は、インフルエンザだったので後日でしたが)、

電話をかけてきてくれ、海はとても喜んでいました。


それから、今度は、その人に、自分で電話をしたい・・・と始まった訳です。

最初は、私のいるところで、海に許可を出してかけさせ、電話に出たと思ったら、

話したいことをパッと話して、じゃーね!と切ってしまう感じでした。


その、電話のやりとりにもなってないやりとりに、思わずクスッと笑ってしまったけれど、

電話を自分から、家族や親戚以外にかけたのは初めてなので、難しいよね・・・と思っていました。


後日、忘れかけていたころ、

雪の日で、私が、うとうとリビングで寝てしまっている間に、海が勝手に、

その人に電話をかけてしまっていたのです。

私は、まったく気づきませんでした(>_<)。


海から、その人に電話をしたことを、少ししてから聞きました。

内容は、よくわからなかったのですが、

後で、その人に聞いたら、「雪、すごいね。」とだけ言って、海は、電話を切ったようでした。


電話を勝手にかけちゃった日は、

・勝手にかけてはいけない・・・ということ。


・用事がないのに、かけない・・ということ。

相手の人も、何?って思うでしょう!?って。


・海はよくても、相手の人は仕事をしているかもしれないし、寝ているかもしれないから、

いつでもかけていい訳ではないということ。

を、とりあえず、海に話しました。


でも、それから、ちょっと考えてしまったんですよね・・・。

例えば、おじいちゃん、おばあちゃんとかなら、早朝とか、真夜中とかでなければ、

用事がなかったとしても、喜んでくれる相手もいる。


用事がなくっちゃ、かけちゃいけないのかな?・・・とかね。


それで、ふ~~む・・・と悩んでいたので、クラスの先生に相談にのってもらいました。

なんか、海がせっかく目を輝かせて、何かをやりたいとしていることに、私が口を出し過ぎているのかな・・と

いうことも、私自身、とっても不安でした。


でも、相談にのっていただいた先生は、即答してくださいました。

「それでいいのよ^^!」って。


海は、まだ子どもで、親にみてもらっているのだから、それは、家庭の約束を守らなければいけないねって。

電話も、私が海に話したこと以外にも、実際、お金がかかるという問題も出てくると・・・。


ふんふん、確かにそうだ!

先生の以前いらした学校での、子どもの電話のトラブルなんかも、例を出して教えてくださったので、

改めて、大切なことだな・・・と実感しました。


その日は、少し、先生とそんなお話をさせていただいて、終わりました。

けれど、先生方は、それだけではない深い愛情をもって、その後、海にもお話してくださったのです。


そんな素敵な先生方のチームプレーは、つづき(後半)・・・で記事にします^^。


でも、自分で電話をかけられた・・・という、海の喜びを、キラキラした自信を、忘れちゃいけないですね・・・。

すごく嬉しかったんだと思うから・・・(*^_^*)。


いつも読んでいただいて感謝です。
大きくなりたい、意欲に満ちた海の
応援をこれからもお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-02-19 22:13 | 海のこと | Comments(2)
昨日はバレンタインデー。

予報通り、雪。

海の学校は、下校時刻が、早帰り時刻に変更。

デイサービスもお休みになったので、学校まで早めにお迎えに行きました。


先週に引き続き、大雪。

吹雪いている外を眺めながら、ホットココアを飲んで、あったかい部屋でまったりウトウトした後は、

じゃ、夕食作りしましょう・・・と、仕事もなかったので、のんびり夕食作り。


普段は、歳をとったせいか、揚げ物が胃にもたれたり、単純に仕事から帰って揚げ物が面倒なこともあって、

そんなにしていませんでした。


でも、子ども達は好きですよね~。揚げ物。

私も、ときどき、無性に揚げ物(とんかつとか、唐揚げとか)を食べたくなります。


そんな訳で、唐揚げ&春巻きにしました~。

唐揚げは2種類。

一つは、ハーブソルト、カレー粉少々をまぶして、白ワインに漬け、生のタイムも一緒に漬けこみました。

もう一つは、シンプルに、醤油、生姜、にんにく、塩、こしょうをして、日本酒に漬けこみました。


お肉は、海が胸肉が好きなので、(私も♪)胸肉を使用しました。


春巻きは、家にあったもので、キャベツ、にんじん、ベーコン、コーンを塩コショウで炒め、

最後にとろけるチーズを入れ、具の出来上がり。


唐揚げも、春巻きも、お好みのソースをつけていただく形にしました。

チリソース、ネギポン酢(ポン酢、小葱、生姜、砂糖を入れて、煮詰める。これ、何でもあいますよ^^。)

ハニーマスタード、パプリカ入りシーザーソレッシングの4種類用意しました。


唐揚げは、そのままでも美味しいですが、ちょっとソースを変えると、違った感じでまた、美味しいですよね。


すごいボリューム~!と思いましたが、胸肉4枚揚げて、1枚分は残しておいたので、3枚で4人分。

十分でした。

私は、パパと空に分けました。さすがに多かった~~~。


そうそう、エリンギをバター醤油でソテーするのが大好きですが、今回は、醤油ではなく味噌にしてみました。

味噌バターも美味しかったです~♪


バレンタインなので、テーブルクロスをかけて、パーティー気分~♪

このテーブルクロス、100円ショップの○リアのクロス4枚を手でチクチク縫い合わせただけ。

420円なり^^。
b0244274_14543338.jpg


すごく明るい感じになって、なかなか可愛いテーブルクロスになりました~♪


ほうれん草とツナのトマトクリームスープも作って、バレンタインパーティーの完成~!

b0244274_14562152.jpg


b0244274_14573127.jpg




食べたあとは、お腹もいっぱいだったので、デザートは・・・と思ったけど、海が、

ねえ、ねえ、パフェは?と当然のごとく楽しみにしていたので、小さいサイズで作りました。


子どもたちのは、いちごミルクのチョコフレークを下に入れ、大人はアールグレーのグラノーラを入れました。

その上に、いちごジャム入りマシュマロ3個、その上に、ストロベリーチーズケーキのアイス、

その上に、いちごと2種類の生クリーム、そして、もうひとつマシュマロをトッピングして完成~!


大人用のイチゴは、夜飲んで、余ったロゼのスパークリングワインに漬けてみました。

大人の味で美味しかった~♪

こんな感じになりました^^。
b0244274_1503068.jpg


b0244274_1511727.jpg


外に出られない日に、家でまったりするのは、実はすごく好き♪

特に、冬は、朝一のコーヒーに始まり、ホットココア、ハニーカモミールミルクティー、ハーブティー、

いろんな種類のフレーバーティーを、どれにしようかな~~と入れて飲んでは、あたたかくなって、

心もほっこり。


ご馳走を作る訳ではないけれど、どの食器にしようかな~~と選んでるときも幸せ~♪

たまには、和食器にしてみるか・・・と、お昼は焼きそばとほうじ茶でした^^。

b0244274_1521582.jpg


夜は何にしようかな・・・。


昨日は、パパとフィギュア男子フリーをライブで観たので、寝たのが午前4時半過ぎ。

今朝、また海が雪で遊ぶ気満々でしたが、今回も、空が付き合ってくれ感謝~♪

こんな可愛い雪だるまを作ってくれました~♪
b0244274_1532285.jpg


雪の週末、まったり家族です(*^_^*)。

読んでいただいて感謝です。
女子フィギュアも楽しみです。
応援クリック嬉しいです。るん♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-02-15 15:09 | お家のこと | Comments(8)

海の中のルール

また明日、雪が降りそうだったので、仕事が終わった後、海とスーパーに行き、買い物をしました。

そこで、私の知り合いの人に会いました。

海も以前会ったことはある人なのですが、かなり前なので忘れてしまっていたようでした。


私は、「こんばんは。」と笑って会釈だけしました。

すると、海は、その人が去ったあとに、慌ててその人に向かって声をかけようとしました。

「あの~、君は知らない人なので、こんばんはと言ったらいけません。」と。


慌てて、「し~っ!」と言って、海を連れて、早歩きをしました。

幸い、その人は気づいてはいませんでした。


そして、今度はレジのところで、空の小学校時代の同級生のお母さんに会いました。

(今、中学は別の学校です。)

私は、最初、そのママがマスクをしていたので気づかなくて、声をかけられて気づきました。


「あら~!気づかなかった~!明日も雪が降りそうね~!」

「うちの子のクラス、学級閉鎖なの。」


「え~!インフルエンザで?」・・・なんていう会話をしていました。

すると、海が急に大きな声で、そのママに向かって言いました。


「こんばんは。ぼくの名前は、○○○ 海ですっ!!」

そのママは、海のことをそんなによくは知らないので、びっくりした様子でした。


そりゃ~、驚きますよね。

いきなり、あんな大きな声で、名前を言われたら・・・。


「ははは・・・びっくりだよね!ごめんね~。」と言いながら、レジを終え、「またね~~!」と手をふって、

スーパーを出ました。


仕事を終え、寒さに震え、そして、海の予想していなかった行動と言動に、どっと疲れて帰ってきました。


そうなんです。

最近の海は、

『知らない人に声をかけられたら、絶対に話してはいけない。』とか、

『(海の基準で)安心そうな人には、大きな声で自己紹介しよう。』とか、

『横断歩道を絶対に渡らなくては行けなくて、必ず手を上げなければならない。』とかとか、

とにかく、家も含め、どこかで学んできたであろうことを、海の基準で理解して、内容を強化し、

海自身は100%正しいと思っているので、迷いなく、行動や言動にうつしてしまうのです。


今日のことも、例えば、誰にでも、君は・・・なんて声をかけることは失礼なことだとか、

絶対話したらいけない・・なんて本人に言ったら、嫌な気持ちになることとか、

あんな大きな声で、いきなり自己紹介されたら、みんなびっくりしちゃうことなんかを、

もちろん、海には伝えました。


でも、海にしたら、よかれと思って、海の中の100%のルールに従って、行動しているんですよね。

それなのに、ことごとく、それは違うと否定され、海は、しょぼん・・・です。

(私も、寒いのに冷や汗流れて、しょぼんだけど・・・。)


横断歩道を絶対渡る・・・というのは、間違いではないけれど、横断歩道がないところもあったり、

横断歩道で、必ず手を上げるというのも、私なんかはやってないから、海にしてみれば、

なんで?って思うんです。


「お母さんは、なんで、手を上げないの?」って、もちろん聞かれました。

「ん~、子どもはね、まだ小さいから、手を上げないと、車の人も見えないから危ないでしょ~。

でも、大人は、大きいし、自分で気をつけられるからかな~~。」なんて言いましたけど・・・。


ルールを守ることは、とても大切なことだけど、海が成長すれば成長するほど、

そのルールは海の中で増えて、シチュエーションも複雑化し、そんな中でTPOに合わせて、

判断して、行動することは、海にしてみたら至難の業。


教えてもらったことを、真面目に、忠実に守ろうとする傾向にある自閉症の人にとっては、

あまりにも難しすぎる・・・と、しょぼんとした海を見て、母は思うのでした。


海の気持ちはわかるよ・・・と、どんなに受容しても、

それ以上に、結局、行動や言動を否定することになってしまう。

それが、親としても切ない気持ちになってしまうし、成長とともに、ものすごい勢いで、

そういう場面に出くわすので、その都度、ひやっとしたり、謝ったり、疲れてしまうことも多くて・・・。


なんて言ったら、海と過ごすことは、今までだって、そんなことの連続だったけれど(笑)、

今までとは違う質の、複雑化した感じが、私の心を怯えさせます。


ちょっと疲れてるのかな・・・。私(^_^;)。

海に伝わるように・・・。

海が、あんまり凹んでしまわないように・・・。


難しい~~~~!!と、ブログで、ちょっぴり弱音を吐いてみましたm(__)m。


でも、お家に帰って来て、あったかいお風呂に入って、ゆったりすれば、

ま、その都度、言って教えてあげるしかないか・・・。

支えてくれる人、理解してくれる人も沢山いてくれる。

そして、冷や汗でる場面でも、理解してもらうチャンスだし、海が一人で、冷たい視線を浴びるよりも、

うんといい!・・・って、思えるんですけどね^^。


海と暮らすことは、本当に、親として学びの連続です。

こんなに真面目な子、純粋な子を誇りに思わなくっちゃね^^!


読んでいただいて感謝です。
海のチョコレート、喜んでもらえて、
海、とても嬉しそうでした^^。
私も嬉しい♪
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-02-13 22:10 | 海のこと | Comments(10)
今年もやってきました!

海のバレンタインチョコ作り!

1年に1回、海がものすごく頑張るときとして、大切にしています。


毎年、少しずつチョコレートを渡す人の数が多くなり、

今年は、板チョコ31枚、チョコレートは約170個。

作りました~~~!!


私が手伝ったところは、板チョコのアルミ箔を剥がすところ、湯せんの準備、

溶かしたチョコレートを型に流すところ、あとは、ラッピングの袋の後ろのセロテープをとめる、

名前を書くカードに穴をあける。それだけです。

あとは、すべて海がひとりで頑張りました。


毎年、このチョコレート作りでは、不器用な海が、少し頑張って達成するということを意識しています。

いつもは、無理することなく、必要以外の頑張りは、家ではさせていません。


けれど、このときだけは、想いを込めて、沢山の工程を頑張ってもらいます。

手先の不器用な海には、大変な工程が沢山あるので、1日では出来ないし、

いくら頑張ることを意識しているとはいえ、楽しく始まり、楽しく終わらなければ何の意味もありません。


ですから、沢山ある工程を、一気にやるのではなく、そこは無理のないように時間を分けてやります。

今回は、8日(土)に、バレンタインの絵はがき作り。

9日(日)に、ラッピングの準備。

そして、今日11日(火)は、午前中に、チョコレート作り、午後に、ラッピングの仕上げです。


今年も、頑張る海に、いっぱい、いっぱい成長を感じました。

本当に、褒めても、褒めてもたりないくらい、頑張りました。


では、チョコレート作りの様子です。

最初、海に絵はがきにする絵を描いてもらいました。

今年は、いまはまっているクラッシックカーを描きたいということで、

『ハートのクラッシックカー』だそうです^^。

描いている日は、雪が降っていたので、雪を描く~!とカラフルな雪を降らせていました。
b0244274_22292591.jpg



次は、ラッピングの準備です。

海がプレゼントしたい人を言って、紙に書いていきます。


今年は、去年と同様に袋にチョコレートを入れる形にしました。

しかし、今年は、去年よりちょっと難しく・・・。


去年は半分に折った折り紙を切って、袋の中に入れましたが、今年は、かわいいトレーシングペーパーに、

型を置いて、ずれないように押さえ、余ったところを折り、その線を切るという形にしました。


型をずれないようにすることが、海にはとても難しく、何枚も何枚もやっていくうちに、

少しずつコツを覚えたようで、私は、励ましながら、褒めながら、海は最後まで頑張ることができました。

ハサミも苦手なので、切る線も曲がってしまったのも沢山ありますが、海の出来る精一杯で頑張りました。
b0244274_22314319.jpg


b0244274_2233862.jpg


次は、切ったペーパーを、ビニール袋の折らないように入れていきます。

丁寧に・・・丁寧にね・・・。

そうそう!上手だよ!って褒めながら^^。

b0244274_22345352.jpg


b0244274_22364885.jpg


次は、前日に作った絵はがきを、ペーパーの下に入れていきます。

今度はペーパーを折らないようにね!

そ~っと!そ~っと!
b0244274_22351884.jpg


出来た~~~!!

b0244274_22375625.jpg


海、頑張ったね~~!

今日は、ここまで~~!



そして、いよいよチョコレート作りです。

きれいに手を洗って、エプロンをして、バンダナ、マスクで、調理実習のときみたいにね!


最初はミルクチョコレート21枚。

山のようにある板チョコを、慣れた手つきで、パキパキ割っていく海です。

年長さんからやっているだけあって、私が目を離しても、全然大丈夫^^。

b0244274_22405471.jpg


割り終わったら、チョコを入れるカップを、トレイに海が並べていきます。

カップは優しく持って並べることが約束。潰れないようにね!
b0244274_22451312.jpg


その間に、私は湯せんの準備です。

さあ!準備OK!


ゆっくりとチョコレートが溶けるのを待って、溶けてきたら、少しずつ混ぜてね!

「わ~~!チョコレートのいい香り~~!」と、海と私でうっとり!
b0244274_22484137.jpg


チョコが溶けたら、私の出番。

固まってこないうちに、パッパと流しこみます。

その間、海は何をしてるかって?

リビングを往復していました(笑)。

集中したから、往復することで、すっきりするんでしょうね~。


チョコを流しこんだら、海の出番です。

さあ、トッピング。

これも、毎年、上手になっていて、どうしてもトッピングのスプーンが、

チョコレートについてしまったりするのですが、今年は、その加減が上手で、

チョコレートについたのは1回だけでした。


次から次とトッピングしていく海に感心しました。

継続は力なりです。

b0244274_22514575.jpg


トッピングが終わったら、今度はブラックチョコレート10枚を割ります。

私は、また湯せんの準備。

ブラックチョコレートも同じ工程で、最後までトッピングして終了。

チョコレート作りは、2時間半かかりました。

b0244274_22524450.jpg


さあ、これで、あとは固まるのを待ち、夕方ラッピングするまでは、終了~~!

海、頑張りました~~~!!



夕方になり、いよいよ、最終段階。

でも、まだまだ頑張る工程は残っています。


あげる人への名前と自分の名前を書くカードを、チョコレートの袋に貼るのですが、

まず、そのカードに私が穴をあけ、海は、その穴にひもをしおりを作るみたいに通していきます。


これが、今回、海が一番手間取った工程でした。

一本のひもを半分に折り、端と端を合わせ、ずれないように持ちながら、輪になったところを穴に入れ、

その輪の中に、ひもの端2本を通す。
b0244274_22561517.jpg


b0244274_22571762.jpg

これが、不器用な海には、とても難しくて、「どうやったらいいの~~!」とちょっとイライラして、

手こずっていました。


でもね、ここが踏ん張りどころ。

ここが、このバレンタインチョコ作りで、大切にしているところなのです。


「海、イライラするよね~。出来ないと、も~~う!って思うよね!

お母さんも、そんなときいっぱいあるよ~~。

もうやだ~~!って思うけど、もうやんない!って終わりにしたら、それで終わっちゃう。

それで終わりにしちゃうと、人って、大きくならない(成長しない)んだよ~。


最初から、出来る人はいないよ。

失敗しても、頑張ればいつかできるよ。

失敗しても、最後まで頑張った人は、素敵な人になれるんだよ~!」


すると、海が言いました。

「失敗しても、頑張るの?

失敗しても、いいの?」


「もちろん!大人の人だって、失敗いっぱいするよ!お母さんもね!」


約30枚あるカードは、海には、気が遠くなりそうな量に見えたでしょう。

私にも、手惑う海を見て、そう見えました。


でも、海は、諦めませんでした。

一つ出来上がるまで、かなり時間がかかりました。


海の好きなミスチルの曲をかけて、のんびりと、海を見守りました。

これも、少しずつコツを覚え、少しずつ、通すのが早くなってきました。

真剣な顔で一生懸命頑張る海に感動し、海に言いました。


「海、すごいね!すごく上手になってる。お母さん、感動しちゃった!」

海は、ちょっと嬉しそうに、手をとめずに通しきりました。
b0244274_2258863.jpg


b0244274_22584670.jpg

もう、夕食の時間が近くなっていました。

あとを夕食のあとにするか、やってしまうか迷いましたが、あとは出来上がったチョコレートを見せ、

入れるのは楽しい作業なのと、海に余力があったので、最後までやることにしました。


ひもを通したカードには、あげる人の名前と海の名前を書きました。

全部同じ色じゃないんですよ。

一人ひとり違う色で、名前を書いていました。
b0244274_2302536.jpg


b0244274_2312353.jpg

チョコレートを入れる袋も、あげる人をイメージして、自分で袋の色を選んでいました。

袋の中には、出来上がったチョコレートを3つずつ入れて、大勢にあげるところには、

大きなパックに入れて、一気にチョコレート詰めを完成!
b0244274_2321792.jpg


b0244274_2331848.jpg


最後に、苦戦して通したカードのひものところに、シールを貼って、ついに全行程完成です!
b0244274_2365397.jpg


b0244274_235590.jpg


b0244274_2354977.jpg


全部終わったあと、海と作ったチョコレートを一緒に食べ、

「美味しい~~~♪」と、二人で笑顔いっぱいになりました。

海とハイタッチをして、パパと空にも食べてもらい、いっぱい美味しいと言ってもらった海は、

達成感に満ちた、幸せそうな表情をしていた海でした。


海の今もつ力を120%出して、心をいっぱい込めて作りました。

「喜んでくれるかな・・・。」

ちょっと心配そうな海でしたが、私が、力強く言いました。

「大丈夫!こんなに海が一生懸命頑張ったんだから、きっと喜んでもらえるよ^^。」って。


毎年、少しずつ、海自身が成長し、不器用ながらも精一杯頑張り、

沢山の工程の中で、学んでいる海が愛おしいです。


海の純粋な想いが、海の頑張りが、甘い香りと共に、届くといいな・・・。

最後まで読んでいただいて感謝です^^。
海の頑張りに応援クリックお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-02-11 23:22 | 海のこと | Comments(6)

雪の2日間

久しぶりの大雪に、びっくり!
b0244274_1715237.jpg


週末で良かった~!!

この2日間は、1歩も外に出ませんでした。

空と海以外はね・・・。


空は、昨日の朝、雪が積もっているので大喜び!

これが中2か?というほど大喜び(笑)。


パパと私は、ソチオリンピックですっかり寝不足。

雪で外にも出ないだろうからと、寝坊する気満々。


そんな寝ぼすけ夫婦のところに、空が嬉しそうに報告。

「お母さん、すごい雪積もってるよ~!」

「あ~、そうだろうね~~。」と、寝ぼけながら返事をして、お~寒っ!と言いながら、起きました。


空が、ジャンバーを着て、何やら家の中をバタバタと走り回って、廊下とか濡れてるし、何事か?と思えば、

3回のバルコニーのテーブルに、なんじゃこりゃ!?という変わった雪だるまがありました。

b0244274_1657153.jpg


嬉しさ余って、はりきって作った空でした。

海じゃなくて、空です・・・(^_^;)。


その後、空は、友達6人くらいと雪合戦しに行くと、はりきっておでかけ。

どんどん吹雪いてくるから、さすがにお昼過ぎには帰ってくるように言ったけど。。。

めちゃめちゃ楽しかったようでした。

中2男子の雪合戦ってすごそう!


そして、今朝、またまた夫婦で寝坊していると、空が私の枕元のスマホに電話してきて言いました。

「お母さん、海連れて、うちの横の坂のところで一緒に雪で遊んでくるよ!」

「あら~、わかった~よろしく~~!!」

ありがたや~~~♪


残念ながらソリがなくて、空は、家にあったボディーボードを持って、海を乗せてひっぱってくれたんですって!

ちゃんと滑れたみたいで、海も大喜びで帰ってきました^^。

写真も、空の携帯で撮ってくれました^^。
b0244274_1713129.jpg


アロハも初めての雪に興味深々。

お母さん、これはな~に?
b0244274_16594682.jpg


これが雪でしゅね~~!
b0244274_1702493.jpg


ベランダから、顔を乗りだして、真っ白な雪の匂いを嗅いだり、見たりしていました^^。


本当は、この2日間で、少し早いけど、毎年恒例の海のバレンタインのチョコづくりをしようと思いましたが、

月曜日、学校に行けるか心配だったので、チョコ作りは11日にすることにしました。


先に、カードやラッピング準備をしたり、以前仕事仲間からもらったチョコの家を作ったり、

楽しく過ごした2日間でした。

b0244274_1741399.jpg


b0244274_1744589.jpg

家にいると、動かずに食べてばかりの私・・・。

先日、キャスキッドソンのカフェで食べたコロネーションチキンサンドが美味しかったので、

友達からもらったチキンのレシピを見て、クレープで巻いて食べました。

コロネーションチキン、アボカド、チーズ、トマト、レタスの組み合わせが最高でした~♪
b0244274_1732836.jpg


毎年、海が一生懸命頑張るバレンタインチョコ作りの様子は、11日以降にアップしま~す。

読んでいただいて感謝です。
オリンピックで、しばらく寝不足に
なりそうです(>_<)。
でも、沢山の感動に涙・・の私です。
日本がんばれ~~!!
応援クリックとっても嬉しいです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-02-09 17:18 | 家族のこと | Comments(2)

自閉症児は聞いている

自閉症児であるということを、もちろん海はまだ知りません。

それをいつ告知するのか、どのように告知するのがいいのか、いつかは・・・と思いながらも、

あまりに難しすぎるのと、まだまだ・・・という想いもあって、最近は意識もしていませんでした。


しかし、先日、海がインフルエンザの検査で病院へ行った時に、いつも行っている病院がお休みで、

違う病院へ行ったので、看護師さんに、さらっと自閉症であることを伝えました。


すると、インフルエンザの検査は、かなり痛かったり、苦しかったりするので、看護師さんが心配して、

私のところに来て、耳元でそっと言いました。


「自閉症でしたよね・・・。検査大丈夫かしら?」

そのときに、ハッとしたのです。


そう言えば、あまりにも毎度のことで、初めての病院や、誤解を受けたり、

迷惑をかけてしましそうな場所では、海のいるところで、何も考えずに自閉症であることを伝えてきました。


でも、待って・・・。

最近の海の認知の成長、ものすごく敏感に人の話を聞いている感じを思うと、

自閉症って何?と聞かれてもおかしくありません。


そう思った瞬間にひやっとしました。

海の小学部卒業後のことの悩みの方に気をとられていて、一番気をつけなければならないことを、

完全にノーマークでいました。


いや~、看護師さんに心の中で、めちゃめちゃ感謝しました。

もし、海にその場で聞かれていたら、私はどうしていたでしょう(>_<)。

ものすごく困っていたに違いありません。


先日、去年の担任の先生とたまたまお話したときに、そのことを相談しました。

すごく気を付けなければならないデリケートな問題で、自閉症とただ伝えても、

本人が、それを具体的に理解することは、とても難しいし、ぼくは自閉症だから・・・・と軽く言って、

やるべき事や、責任から逃れるようになってしまっても困るよね・・・・と。


そう。本当にそうです。


でも、この子達がいる環境は、家や学校もそうだし、デイサービスもそうだし、本人には伝えなくても、

『自閉症』という言葉を無意識に使うことがよくあります。


ひとり、ひとり認知の度合いも違うし、どこで、その言葉に反応するかはわかりません。

何もわからずに『じへいしょう』と、真似て言うことだってあるかもしれないし、

リアルに、自閉症とは何かを質問してくるかもしれません。


それがどんな形であれ、子どもにとってみれば、自然なことな訳で、その子どもたちと向き合う人は、

ちゃんと意識して、どう答えればいいのか考えておく必要があるな・・・と思いました。


この子達に抽象的な言い方で伝えることは、難しいかもしれないけれど、

苦手なことがあるね・・・でも、みんなあるもんね。という意識に繋げて、

その苦手なことを、手伝ってもらったり、教えてもらったりするために・・・いろんな学校があることや、

自分にあったお仕事ができるようになったらいいね・・・というような言い方で、伝えていけたらいいな・・・と、

先生と話しながら思いました。


すごくデリケートな問題だけに、まずは、家族で確認し合い、学校やデイサービス等でも、

気をつけていただかなければいけないですね・・・。


今回は、自分の意識の足りなさを、心から反省しました。

海の成長を喜んでいるだけじゃダメ。

その成長に伴った変化に気づいて、対応していかなくっちゃ・・・って。


なんて言えばいいんだろう~~~と、ものすごく焦ったりする必要はないけれど、

心構えをして、意識しておくことが大切ですね。


あまりにも、最近、成長してる~~と、のほほんとしていたので、

神様から、ちょっと、のほほんとし過ぎですよ・・・!と警告・・かも(笑)。


失敗→反省→学習→実行だ~!!

読んでいただいて感謝です。
素敵な看護師さんに出逢うと、
嬉しい気持ちになりますね♪
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-02-06 21:51 | 海のこと | Comments(4)

アロハ1歳のお誕生日♪

我が家の大切な家族。

トイプードルのアロハが1歳になりました。

病気をすることもなく、元気に1歳を迎えられたことを、心から感謝しています。


アロハが我が家に来てくれたのは、アロハが2カ月のとき。

女の子だけど、やんちゃで、でも、最高に可愛くて、今では家族一人ひとりの大きな癒しになっています。

人間みたいに、声を変えて、甘えたり、おねだりしたり、寂しがったり・・・。


犬を飼おうと決めるまで、飼おうと決めてからアロハに出逢うまでは、とても長い時間を必要としました。

けれど、沢山の方から、犬を飼うことの素晴らしさ、犬を飼ってからのアドバイスをしていただいたおかげで、

アロハを迎え入れるにあたり、心の準備を丁寧にすることができました。


最初は、戸惑うこと、心配になることも沢山ありましたが、

アロハが私たち家族一人ひとりに与えてくれる幸せは、かけがえのないものとなり、

今では、アロハのいない生活は考えられません。


爽やかな海風を浴びて、青い空の下、キラキラと輝く海辺をアロハと散歩する時間は、

私にとって心を開放する時間になっています。


これからもアロハとの生活を通して、幸せや喜びを感じることは沢山あると思います。

時に、病気やけが等、苦しみや悲しみと向き合うことも出てくるでしょう。


でも、それこそが、生きているものと暮らしていくということであり、心を豊かにしてくれるんですよね。


アロハ、我が家に来てくれて、どうもありがとうね。


これからも、私たちの大切な家族として、よろしくね。


パパも、空も、海も、私も、可愛いアロハが大好きです♪


今日は、パパは仕事でいなかったのですが、空と海と私と3人でアロハのお誕生日をお祝いしました。

私は、1歳になったアロハにお誕生日ケーキを作りました。

レンジでチンしたジャガイモを潰して、その中にいつもの1回分の半分くらいのドッグフードを入れ、

昨日の夜から水切りしたヨーグルトを生クリーム代わりにコーティング。

即席アロハの誕生日ケーキの出来上がり~!!
b0244274_21143436.jpg


海は、アロハにプレゼントの絵を描いてくれました^^。
b0244274_21151928.jpg


3人でハッピーバースデー♪の歌を歌い、おめでとう~~~!!
b0244274_2119323.jpg


さあ、いよいよ、アロハがケーキを食すときが来ました。

食べてくれるかな・・・。


クンクン。匂いを嗅いで、パクッ。

美味しそうに完食してくれました。

嬉しい~~~♪
b0244274_21204142.jpg


今日は、いつもよりちょっと贅沢な夕食になった幸せアロハでした。

私が歩いてると、こんな顔してみつめるの。く~~。
b0244274_2126857.jpg


b0244274_21264695.jpg


そして、お腹がいっぱいになったら、ほら!

気持ちよさそうに大好きなクッションの上で、大好きな毛布にくっついてスヤスヤ・・・です。
b0244274_21273491.jpg

あ~~~、今日も、みんなメロメロです。

アロハ、幸せな夢をみてね^^。

読んでいただいて感謝です。
アロハにお誕生日おめでとう!
のクリックをお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-02-04 21:33 | ALOHA生活 | Comments(4)
海も私もすっかり元気になりました。

そして、昨日(2日)は、海が待ちにまった、海のお誕生日パーティーをしました。


海は、5年生になってから、随分落ち着きました。

あの3、4年生の頃の悪夢のような、朝からの荒れっぷりも今はほとんどなくなりました。


朝から荒れて、学校に電話して、クラスの先生とお話していただいて登校したり、

学校の昇降口で、大きな声で大騒ぎしたり、

近所の方に通報されそうな声で、火山が噴火したみたいに叫んだり・・・。


去年、海の担任をしていただいていた先生も、「海君、自分で乗り越えたね!」って、

懐かしむように、海の今年の成長を心から喜んでくださっています。


どれだけ、先生には、ハグしていただき、悩みを相談し、涙し、寄り添っていただいたことか・・・。

今では信じられないような海がいたから、海自身で乗り越えられたから、今の海がある。


すごく、すごく、しんどくて、光のない暗い海に放り込まれて、もがきつづけた日々。

ボートに乗って、漕いでも、漕いでも、ボートから放り出されて、泳いでも泳いでも、

島らしきものは見えなくて・・・。


でも、ただひたすら、泳いでいたら、海と一緒に島に辿り着いた。

今は、きっと海と一緒に、のんびりと光を浴びながら、辿り着いた島でくつろいでいるところ。

きっとね・・・。


少しゆったりと『今』を味わったら、また、海は、泳ぎ疲れて、もがき苦しんだこともすっかり忘れて、

「お母さん、行くよ!」って、自信に満ちた表情で、泳ぎ出すでしょう。


もう少し休みたい・・って思う私のことなんて、そっちのけでね!

そして、私は、覚悟を決めて、海の後を泳ぎだす。


見失わないように。

必死でね・・・。


でも、ときどき、ゆかいな海の仲間達に出逢ったり、空に虹がかかったり、そんな素敵なご褒美が、

用意されているはず。


11歳になった海を見ていると、そんなことを考えてしまうのです。


今の海は、泳ぎだすときを、今かと、カウントダウンしているような気もするし、

でも、やっぱり、穏やかな『今』を、もう少し楽しもう・・・と思っている気もする。


苦しみを乗り越えた海は、精神的にも、とても成長しました。

でも、朝からお誕生日パーティーを待ちきれなくて、嬉しくて、嬉しくて、目がなくなってしまうくらうの笑顔は、

抱きしめずにはいられないほど、最高に可愛くて、幼い海の笑顔でした。


お誕生日パーティーの日も、ガーランドの飾りつけをいつやるのか不安になって、落ち込みました。

買い物に行ったホームセンターでは、私の知らぬ間に、箱根駅伝で応援した旗を持っていて、

レジの所で、大きな声で、「フレー!フレー!お母さん~~!」と旗を振りながら叫んでしまい(;一_一)、

私に注意され、落ち込みました。


でも、11歳になった海は違います!

落ち込むけど、叫びませんでした。


3.4年生の海だったら、「なんでなんだ~~~!」と絶対に叫んでいました。

私も、恐れずに、注意することができるようになりました。


そんな風に、ささやかかもしれないけれど、成長した海を、心の底から喜んでいる自分がいました。

家に帰り、海と一緒に、ランララン~~♪と何度も踊りましたよ(笑)。


夜は、家族みんなで、笑顔いっぱい海の誕生日を祝い、幸せでした。


今回は、ずっと言われていた揚げるだけのオニオンリング、ポテトサラダ、

海老をたっぷり入れて作ったしゅうまい、後はチーズホンデュ、野菜のミートソースグラタンにしました。

病み上がりで疲れちゃうので、簡単なのにしました~~~。

お願いされていたフレンチトーストは、少し前に作ったので、今回はなし。
b0244274_210151.jpg


b0244274_2104538.jpg


b0244274_2113338.jpg


b0244274_2123310.jpg


b0244274_2132131.jpg


b0244274_2181212.jpg


プレゼントは、パパと私からは、トイストーリーのDSソフト、空からは、手紙とトイストーリーの傘。

おばあちゃんからは、洋服と、リュックをもらい、お友達からは、トイストーリーグッズやお絵かきセット、

そして、デイサービスからは、心のこもった誕生日カードをいただき、とっても嬉しそうな海でした^^。


来年は、インフルエンザにかかったりせずに、お誕生日の日にお祝いしてあげたいです♪

今日は、節分。恵方巻き。
b0244274_21182625.jpg

いっぱい作って、空と海と3人で、東北東を向いて、バクバク食べちゃいました~~。
b0244274_21122420.jpg

読んでいただいて感謝です。
明日は、アロハの誕生日です。
誕生日に追われてま~す(笑)。
応援クリック嬉しいです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-02-03 21:24 | 海&お料理 | Comments(4)

40度母さん

やっと、やっと、パソコンの前に座れました。

海のインフルエンザ。

うつらないようにと、物凄く注意を払っていたのに・・・。


月曜日の朝、私がリーダーで、どうしても行かなければならないPTA行事があって、

何となく身体のだるさと喉の痛みを少しは感じたものの、海の看病疲れだと思い、

ちゃんとマスクもして、寒さに震えながら、暖かくして予定より1時間早く学校へGO!


う~~さむっ!と思いながら、準備をしていました。

そして間もなく、1週間休校にするとの連絡を先生から知らされ、

立ってはいたけれど、完全脱力。


「え?今日からですか?」

「そうなんです。今日からです。インフルエンザがこれ以上拡がらないように・・・。」


海が、月曜まで休まなくてはならなかったことと、私の外せない役目もあって、パパにお願いして、

何とかお休みをとってもらっていました。


仕方ない。

本当に脱力でした。

結局、予定していた行事も延期ではなく中止に。


家に帰って、一気に寒気がきて、動けなくなって、横になりました。

少しして、熱を測ったら・・・。


ん?40.1度?

もう一回。

40.1度。


あ~~~~、これはインフルだ。

動けなくて、午後からの受診にしました。


海と同じインフルエンザA型でした。

薬も効かなくて、次の日の朝まで40度。

これにはびっくり・・・。


もう、パパにはお休みを頼めない。

どうしよう・・と朦朧としながら、布団の中で考えていたけれど、もういつ眠っていたか記憶にありません。

結局、パパが、さすがに行けないよ・・・と、火曜日も忙しいのに休んでくれました。


今回のは、熱が下がっても、全然身体がきつくて・・・。

一瞬楽になったかな・・・と思ったのに、頭痛がひどいし、だるくてだるくて・・・。


結局、今日の夕方まで頭痛とだるさで苦しみましたが、海を午後デイサービスでみていただけたので、

幸い、寝室で休むことに専念できました。(感謝~~!)

午前中は、海がいたので、リビングにマスク&パジャマでいましたが、あまりの身体のきつさに、

気合だけで過ごしていました。


恐るべし!インフルエンザ!


そんな訳で、海の寄宿舎は、一週間休校になったため、残念ながら終了。

結局、泊ったのは6日でした(笑)。


でも、その6日があったおかげで、空との時間もゆっくりとらせていただけたので感謝です。


頭痛もとれ、だいぶ楽になったものの、身体を休めて、来週からの仕事に備えなくては・・です。

せっかく海の誕生パーティーをパパも休みをとっていたから、この月曜日にやってあげようと思っていたのに、

私がインフルエンザになってしまったので、また延期になってしまいました。


海に、「パーティーはいつ?」と何度も何度も聞かれました。

「ごめんね。お母さんが、元気になったらすぐやるからね~~!」と、多分40度母さん、恐ろしい笑顔で、

答えていたと思います(笑)。


海がね、おもしろかったんです。

海がインフルエンザでやっと熱も下がって、リビングにいけるとわかったら、

お布団から起き上がって言いました。

「海も、今日から生活?」ですって。


今日から生活・・・って、思わず笑っちゃったけど、

そうね、海にしたら、元気にいつも通り過ごせることこそが、生活なんだな~って。


いろんな生活の形があって、そんな風に自由に過ごせない方も沢山いらっしゃる。

くすっと笑うことも不謹慎かもしれないけれど、今の海の中で考える生活を自然にイメージしたんだな~と、

そんなイメージで過ごせる生活に感謝しなくちゃ・・と思う母でした。


読んでいただいて感謝です。
皆さま、どうぞお身体御自愛ください。
いつも、応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-01-29 20:35 | わたしのこと | Comments(4)

健気な海のバースデー

朝から38度台の熱が下がらず、でも、おりこさん寝ている海。

「トイレの時は、立ってもいいの?」って、どこまででも健気。


今朝は、空が学校に行く前に、空と私でマスクをして、海の寝る寝室へ。

心を込めて2人で歌いました。

「♪ハッピー バースデー トュー ユー 

ハッピー バースデー トュー ユー

ハッピー バースデー ディア 海~~

ハッピー バースデー トューユー♪

海!11歳のお誕生日おめでとう~~!!」って^^。


歌い終わると、海の目から、涙がポロリン。

早く元気になろうね~!って、今日もまた、言うしかありませんでした。


午前中、お昼、午後も何度か様子を確認して、熱を測るけれど、38度台。

海に声をかけると、なかなか下がらない熱と、誕生日なのに・・という想いで、

私の顔を見ては、海の目から涙が出てきちゃうんですよね。


ん~~~切ない。

でも、夜になり、37度台になって、まだ顔は赤いけれど、幸い食欲はあって。

ジャムパンを食べたい・・とずっと言っていたので、よし!と、ひらめいた!


先日、知り合いの方からいただいた手作りりんごジャムがあったので、

超小さいリンゴジャムバースデーパンの完成^^!
b0244274_21133915.jpg


海の夕食は、素うどんと、ささやかなバースデーデザートにしました。
b0244274_21162537.jpg


今度は、私一人で、海にもう一回ハッピーバースデーの歌を歌いました。

うどんは完食し、リンゴジャムパンも、美味しそうに、ニッコリ笑って半分以上食べていました^^。
b0244274_2117507.jpg

b0244274_21183585.jpg

海を見に行くと、涙が出ちゃっていたので、嬉しそうに食べる姿を見て、ほっとしました。


忘れられない誕生日になってしまったけれど、あと少しの我慢。

みんなでお祝いするからね~~!


読んでいただいて感謝です。
治るぞ!と頑張っている海に
応援クリックお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-01-24 21:25 | 海のこと | Comments(6)
明日、1月24日は、海の11歳の誕生日です。

我が家は、11月から、私の誕生日、12月にパパの誕生日、1月上旬に空の誕生日と続き、

次は!次こそは僕だ!と、海は、毎年とても楽しみにしています。


それなのに・・・。

それなのに・・・。


昨日から熱が出て、体験している寄宿舎から、昨日の夕方、電話が・・・。

どうやら学校でインフルエンザが流行りだし、そんなに熱は高くなかったものの、一応様子を・・ということで、

お迎えに行ってきました。


家に戻り、何故か36度台に下がったので、大丈夫かな・・と思ったのですが・・・。

今朝、また熱が上がり、激混みの病院の隔離部屋で待ち、結果は・・・インフルエンザ・・・でした。


この時期だから、仕方ない・・とは思っているけれど、何も海がこんなに楽しみにしている誕生日を目の前に、

インフルエンザにならなくても!

・・・と、どうにもならない悲しい想いを、自分自身にの中にドキュ~ン!と打ちこみ、

さ、海を明るく励ましますか・・・。


昨日、パパとは、可哀想だよね・・・でも、仕方ないね・・・と励ましあいましたが・・・。

母は、子どもの悲しそうな顔をいっぱいみないといけないので、やっぱり辛いですね。


リレンザを吸入したものの、なかなか下がらず、でも、健気にちゃんと布団の中で寝ている海。

アイスノンを取り替えたり、熱を測ったり、飲み物を補充したりと様子を見に行くと、

誕生日のことを心配し、身体が苦しくて、涙がポロリ。

熱があるから、涙も熱くて・・・。


大丈夫!良くなったら、いっぱいお祝いするからね!

たのまれたオニオンリングも、フレンチトースト(笑)も、ポテトサラダも作るからね!

海に頼まれていたプレゼントも、お母さんゲットしたからね!安心してね!


海の涙を見ながら、そんなことを何度も言ってあげることくらいしかできないけれど・・・。


寄宿舎の連絡帳には、寄宿舎の先生とクラスの先生とのやりとりが書かれてあります。

昨日、その連絡帳を受け取って、家に持って帰ってきました。


熱が出てしまった昨日のクラスでの様子を読んだら、こんなことが書かれてありました。

『熱は高めで心配していたけれど、1日元気に過ごしています。

暇さえあれば、とび箱をやっています。よっぽど出来るようになったことが嬉しんだと思います^^。』


なんか、どんなに跳べるようになったことが嬉しかったんだろうと思うと、心から幸せな気持ちになり、

何度も何度も跳んでいるその様子が浮かんできて、海への愛おしい想いで溢れました。

また、誕生日のプレゼントを楽しみにしていたことなども書かれてありました。


子どもに対して、そのままでいい・・・と心では思っていても、

人と比べたり、出来ないことにフォーカスして落ち込んだり、特に空には、無意識にそんな風になっている自分

がいて、反省する日々です。


でも、いつも海に気づかされるんです。

こちらが目標を決めてしまうのは違うって。

目標なんて、この子達には、自分で定めることができないって思ってしまうけど、

やりたい・・っていう強い想いが、その子の中にあって、それこそが目標になっていくのかな・・って。


どんな大人になってほしいのかという願いはもちろんあります。

でも、私自身が、そんな素敵な大人になれてるの?・・とも思います。


海が、とび箱を跳びたい・・と、諦めずに思った強い想い。

自分だけ跳べなくて悲しかったけれど、それを乗り越えた。

そして、あんなに出来なかったとび箱を、ふわっと跳べるようになった。


先生方が、毎日のようにとび箱を跳べるようになるんだと、目標を定めていたわけではなくて、

海の跳びたいという想いが切れてないことを確認してくださって、無理なく応援して、支援して下さった。

だからこそ、海の中で、真の目標となって、向き合い頑張れたんだって・・・。


私もそうでした。

ピアノが大嫌いで、練習なんてしなくて、仮病もつかいました。

中学生になって、母に頼みこんで、勇気をふりしぼって「やめさせて」と言いました。

やめてから、ひきたかった曲を自由に弾けるようになって、ピアノが大好きになりました。

それが、幼稚園という職場で、生かされたと思っています。


目標を子どもの心に問わずして、親が掲げるのは違いますね。

今回、海が得た自信。

暇さえあればとび箱を跳びたいと、自然に身体が動く。

心が喜びで満たされている。


部屋に『とび箱を跳べるようになる』と、壁に貼っていなくたって、

海の中の真の目標は達成できた。


これが、素敵な大人になっていくための大切な力。

こどもをがんじがらめにしないように・・・海に、そして、先生に教えていただいています。


海の熱が下がって、ちょっぴり遅れた海の誕生日パーティーが出来る日を楽しみに待ちたいとl思います。

読んでいただいて感謝です。
インフルエンザが流行っています。
みんな、はやく元気になってね!
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-01-23 17:33 | 海のこと | Comments(6)
週末、寄宿舎から我が家に帰る前に、担任の先生からその週の海の様子を話していただくのですが、

すごく、すごく、すご~~~~~く嬉しい報告をしていただきました。


去年、海は何度も体育でとび箱の練習をしていたのですが、クラスの中でただ一人、

最後まで、とび箱を跳べなかったのです。


もう、海の中に、悔しいという感情が芽生えていたので、自分だけ跳べないことが、

とても悔しく、悲しそうにしていました。


でも、きっと、いつか跳べるようになる・・・と信じていました。


そして、今年、またとび箱をすることになり、先生方が一生懸命考えてくださって、

長方形ではなく、正方形に近い形のとび箱なら海が跳びやすいかも!ということで、

探してきてくださったのだそうです。


それで、ものすごい低いとび箱から練習し、少しずつ跳べるようになり、

ついに、普通のとび箱も跳べるようになり、最終的に5段まで跳べるようになったのだそうです。


去年、海の担任だった先生は、海だけが跳べなくて、海が悔しがったり、悲しそうにしていたことを、

憶えていてくださっているので、今年、海がついにとび箱を跳べるようになって、

誰よりも喜んでくださったのだそうです。

今年の海の担任の先生が、教えてくださいました。


そのことを聞いた私は、もちろん大喜び!

思わず、海に言いました。


「海、すごいね~!すごい!やったね!ご褒美に、帰り(寄宿舎の)アイス買ってあげる!」と、言ったら、

「え?いいの?」と海。


「もちろん!」と私。

「え?いいの?」と海。


そして、いつもの確認が始まりました~~~!

「アイス買ってい~い?」

「いいよ。」


「い~い?」

「いいよ!」


「い~い?」

「いいよ!」


きた~~~~!

海の寄宿舎体験で、忘れていた~~~!

海の確認パレード~~~!!


でも、いい、いい。

(私の気持ちに余裕がありますので(笑))


アイスを買って家に帰り、パパと空にもとび箱を跳べたことを報告。

家族みんなに褒めてもらって、海もとっても嬉しそうでした(*^_^*)。


週明けに、海のクラスに入ると、去年の海の担任の先生が、私にハグしてくれました。

「海くん、とび箱跳べるようになったね~~!」って。


私は、去年、先生のハグにどれだけ救われたかな・・・。

嬉しい時も、悲しい時も、先生がハグをしてくれました。


「がんばったんだね・・・海くん。」 

「辛かったね・・・お母さん。」

そんな風に、私を抱きしめては、私の心を溶かしてくださいました。


そして、クラスの中にあったとび箱を、海が跳んで、私に見せてくれました。

嬉しそうに、何度も、何度も跳ぶ海。
b0244274_137038.jpg


人は、成長するんだよ・・・って、教えてくれているみたいに・・・。


自分だけ跳べなかった悔しさを、去年、海は学びました。

それは、跳べた喜びを感じるよりも、実は大きな成長に繋がるのかもしれません。


悔しさや、悲しさの中に、喜びに繋がるパワーが潜んでいて、喜びとなって、大きく湧き出るときを、

今か、今かと待っているんですね・・・。


海の身体中から、喜びが溢れた姿を、私は見ることができました。

親として、そんな子どもの姿を見られるときほど、幸せな瞬間はないと思います。


海の悔しかった想いを、こんなに素敵な結果に繋げてくださった先生方に、心から感謝しています。


読んでいただいて感謝です。
人は成長し続ける生きもの。
私も、頑張るぞ~~~!!オ~!
応援クリック励みになっています♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-01-21 01:41 | 海のこと | Comments(10)

ゆっくり空時間

今週は、月曜日が祝日だったので、海の寄宿舎生活は、14日の火曜日から。

落ち着いた感じで、今週もスタートできた海でした。


・・・と言う訳で、私も安心して、『ゆっくり空時間』を満喫です^^。

海の兄である中学2年の空。

サッカー部で忙しい空。

友達と遊ぶことで忙しい空。

もう、家族ででかけるということも、たまに外食するくらいで、普段は殆どなくなりました。


日々は、海中心の生活。

幼稚部時代や、精神が不安定過ぎて泣かされた3,4年生時代よりは、だいぶ楽になった海ですが、

どんなに、今、落ち着いているときとはいえ、海に神経を集中させているんですよね。


それが、去年の寄宿舎体験のときにも感じましたが、海がいない生活を送ると、ものすごくわかるんです。

パパは仕事。

海は、寄宿舎。

夜は、空と私だけ。


私が仕事から帰り、いつもなら、デイに預けている海が帰ってくるまでに、洗濯物取り込んで、

夕食の支度して、お風呂の準備して・・・って、気が焦ってしまって・・・。

おまけに、何度も確認されたり、海の表情を意識したり・・・。


でも、空だけなら、すべてがのんびり・・・。

多少、時間がズレようが、一日の流れが変わろうが、何度も確認されることもなければ、

こう言って欲しかった~~~!!と、願う返事を求められることもない。


つまり・・・。

精神的に、私が追い詰められない・・・んですね。


そして、更に気づかされるのです。

そのとばっちりが、いつもは明らかに空に向かっていると・・・。


だから、今回、海が寄宿舎で過ごしている時間は、たっぷり空と話そう!と決めました。

そして、早速、14日の火曜日に、夕食は空と回転寿司へ行きました。


空が学校から帰ってきた時間は、もう真っ暗だったけど、時間を気にすることもなく、

空が準備するのを待って、じゃ、いこっか!みたいな感じで^^。


車に乗って、学校のことなんかを話していました。

ちょっと女の子の話にもなったりして、サッカー部にいる後輩の女の子が3人いるのですが、

私が、「かわいいよね~~!空の彼女になってくれたらいいのに~!」とか、冗談でからかっていました。


すると、空が、ポソっと小さい声で、「・・・いや、それはないけど、俺、いるし・・・。」と言ったのです!!

「は?今、なんて言った?」と、自分の耳を疑いながら、空に確認。


すると、「いや、だから、いるし。」

「え~~~!!付き合ってるの~~!?」と、母の私は、アワアワ。


「いつからよ!」と空に聞いたら、

「2週間くらい前・・・かな。」って。


背が高い訳でもないし、頭がいい訳でもないし、イケメンな訳でもないけど・・・。

好きになってくれた子がいたの~~~!?

いや~~~ん!なんて素敵な子♪(ありがとう~!って、今すぐ言いたいわ。)


完全に空より、母が舞い上がり、何故か私が恋しているかのようにウキウキに(笑)。

ゆっくりお寿司を食べながら、あ~だの、こ~だの・・・空と2人で、にやつきながら、いっぱい話して。


こういうことをゆっくりせるのも、こうやって空と2人きりの時間があったから・・・。

なんか、味わったことのない幸せな感覚。


純粋で、淡い恋に照れている空の顔が、たまらなく愛しいと思いました。

こんなことを、空と話せるようになったんだ・・・って、感動でした。


空に、嬉しいから、ちょっとだけブログに載せていい?と聞くと、

え~~!知ってる人読むでしょ?というので、少しはね・・・と言ったら、

読んだ後、口止めしてくれたらいいよ^^というお許しがで出たので、

読んでくださっている知り合いの方~~、そっとしておいてあげてくださいね~(笑)。内緒で・・・^^。


・・・という訳で、詳しくは、載せられませんが、海の寄宿舎生活のおかげで、

空と私は、毎日、夕食を食べながら、笑顔で盛り上がっております。


夕食が終わって、空が言いました。

「海、明日、金曜日だから戻ってくるね^^。元気にしてるかな~。」って。

「うん、きっと元気に楽しく過ごしてるよ^^!」って私も笑顔で・・・。


当たり前かもしれないけれど、海を忘れているわけではありません。

でも、素直に今、与えられている特別な時間を、空も私も自然と感謝して、

寄宿舎で、家族なしでも生活できている海の成長を共に喜び、

私は、ゆったりと母であれることを感謝しました。


空が、お父さんには何故か内緒で・・・と言ってたのですが(笑)、

今日、素敵なことなんだから、ちゃんとお父さんにも伝えようよ!と言ったら、

ちょっと考えて、納得した空でした。


なんて言われるか、恥ずかしかったみたいですよ^^。

読んでいただいて感謝です。
淡い空の恋に、応援クリック
お願いします(*^_^*)。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-01-16 22:37 | 空のこと | Comments(10)

海の寄宿舎体験1日目

海の寄宿舎1日目。

前日は、空の誕生日をお祝いして、寝るのが遅くなったせいか、海も緊張する間もなく寝たおかげで、

寄宿舎1日目も、すごく緊張している様子もなく出発できたので、ホッとしました。


初日は、早速、寄宿舎から登校します。

一人暮らしの引っ越し並の荷物を車に積み込み、寄宿舎へ。


寄宿舎の寝室スペースが、リニューアルして、今までは布団を下に敷いて寝ていましたが、

なんと、素敵なベッドに!

しかも、パーテンションで区切られているので、個室っぽくなっていて、魅力的。


海は、そのベッドで寝るのをとても楽しみにしていました。

ベッドを見ると、海も、自然と笑顔になって、わ~~!と喜んでいました。


私が、サッサとベッドメイキングしたら、後で、寄宿舎の先生に、怒られちゃいました(笑)。

「だめよ~~!やってあげちゃ!自分でやらないとダメ!甘い~~!」ってね(^_^;)。


そうね、何も考えないで、当たり前に、畳ベッドに布団を敷いて、ベッドメイキングしちゃったわ~。

でも、そう、寄宿舎の子ども達は、まあ、本当に、一人で何でもやるんです。

お友達の姿を見て、海も、自分でやれることはやる・・と身につけてもらうことも、

この体験の目的でもあります。
b0244274_1140978.jpg


母、反省、反省・・・(>_<)。


朝は、ベッドで、寄宿舎の先生にスケジュール確認だけしていただいて、クラスへ登校。

私は、海の下校に合わせて、お迎えして、1日目は海の就寝まで見届けます。


海は、去年の経験からか、ものすごく普通に「ただいま~!」と、寄宿舎へ帰ってきました。

経験ってすごい!


その姿を見て、私もすっかり安心。

少し、自由時間を過ごしたら、先生が、海くんの歓迎会をすることを伝えてくれました。


すると、にこにこだった海の表情が、一気に、不安顔に・・・。

そして、私のところに、ス~~っと寄ってきました。

「ひとりだと、恥ずかしいの。ひとりだと、恥ずかしいの。」


げげげ・・・、忘れてた~~!そして、思い出した~~~!!

去年も、歓迎会の時、緊張のあまり泣いたんだった・・。


慌てて、「大丈夫!お母さんも一緒だから~!大丈夫、大丈夫!」


私たちが前に出て、寄宿舎の子どもたちと先生方に見守られる中、紹介してもらって、

みんなに、「よろしくお願いします^^!」と挨拶。

子どもたちと、よろしくの握手をして、記念撮影。


今年は、どうだ!?とドキドキしましたが、ものすごい笑顔というわけではありませんが、

泣きませんでした(^^)/。


よし!オッケー!オッケー!

多少、目が合わずに、顔がこわばって、下を向いていたって、いい、いい。

泣かなかったことが、素晴らしい成長!

1年ってすごいな~。感動~~~!!


それからは、3時のおやつを挟んで、5時からの30分学習タイムまで、た~~っぷり自由時間。

寄宿舎のお友達の遊ぶ様子をみながら、ゴロゴロしてみたり、

憧れのハンモッグで、揺られてみたり・・・。

バランスボールにのっかってボヨ~~ンと転がってっみたり・・・。

男性の先生と、おすもうをしてもらったり・・・。

小さなお友達と手を繋いで学校の図書室へ行き、本を読んだり・・・。

b0244274_12243553.jpg


b0244274_1226297.jpg


b0244274_11541925.jpg


b0244274_1151473.jpg


b0244274_11433893.jpg


でも、何よりはまったのは、ロデオマシーン。

あの、動きがドストライクだったようで、ひとりで乗ったり、先生と乗ったり、爆笑しながら、

大喜びで乗っていました。

b0244274_12251581.jpg


b0244274_12255754.jpg


太ったことを、気にしている海は、バランスボールもロデオマシーンもダイエットに効くと知り、

先生から、紙をいただいて、何をするのかと思ったら、こんなものがベッドの横のパーテーションに、

貼ってありました(笑)。

文章の意味はよくわからなかったけれど、ダイエットします!とバランスボールに乗ってる絵や、

ロデオマシーンに乗ってる絵でした(笑)。
b0244274_12431944.jpg


海の世界、なかなかおもしろいです(笑)。


5時になったら、みんなで自立課題のような学習を30分します。

遊んでいるのをやめて、学習するのは、やっぱり切り替えが難しかったりしますよね。

でも、寄宿舎の先生の促し方が、すごく上手で、無理強いをしません。


子どもたちが、自分から学習スペースにくるのを待ち、席についても、やるときめたことを、

ごねていたりすれば、じゃあ、いつやるかを子どもと相談して決めて、それを紙に書いて約束していたり・・・。

すごく自然でいいな・・・とほっこりした気持ちで見ていました。


海は、絵日記と、簡単な足し算をしていました。

引き算は、難しいので、こんど先生に教えてもらってやろうか?と提案してもらって、

コクリと頷きながら、できることをやっていました(*^_^*)。
b0244274_1153433.jpg


そして、お待ちかねの夕食。

なんと、この日は、海の大好きな煮込みハンバーグ!

テンション上がる!上がる!


苦手なサラダと、きのこのお味噌汁は自分で少しだけ減らして、

あとは、全部完食!

家では食べないブロッコリーも、きのこも結構量があったにもかかわらず、完食!
b0244274_1155636.jpg


b0244274_1156147.jpg


食べれるんじゃ~~ん!

びっくり!

早速、家でも出しちゃおう~~!と心でニヤリとした母でした^m^。


それから、もうひとつのお楽しみ。

大きなお風呂に入る時間。

子どもたちと先生と、本当に楽しそうに、笑顔いっぱいで入っていました。

(ちょっと湯気で見えないけど(笑))
b0244274_125261.jpg


お風呂から出たら、担任先生にドライヤーで髪の毛を乾かしていただいて、

そのうえ、クラスの先生全員が遊びに来てくださって、もうそりゃ~~楽しいにきまってます!


クラスの先生じゃない先生も遊びに来てくださり、海とお話してくださったり・・・。

本当に、寄宿舎の体験をさせていただけることに感謝しました。
b0244274_1227093.jpg


家に居れば、アイパッドに夢中になって、すごい時間をアイパッドに費やしてしまっているけれど、

寄宿舎では、アイパッドも1人10分で、回数も決まっています。


その分、身体を動かしたり、本を読んだり、お友達とちょっっぴりでも関わりがあったり、

先生と遊んでもらったり・・・。


たとえ、お友達と、絡んでなくても(自閉症ですから^^)、同じ空間に、お友達がいるという空気感が、

素敵だし、共に生活するということが、良い刺激になります。


さすがに、前日寝たのも遅かったし、緊張と疲れもあったようで、消灯したら、

海が1番に眠りについたそうです。


私は、消灯前に、布団に入った海に、バイバイして帰ってきました。
b0244274_1264012.jpg


次の日の午前中は、少し疲れていたようで、クラスではまったりしていたようですが、

熱も出ず、午後は元気で過ごせたようです。


1日泊って、次の日は金曜日だったので、家に帰ってきましたが、普段と変わらず、ほっとしました。

来週からは、金曜までずっと寄宿舎生活なので、楽しく過ごせるといいな・・と思っています。


空の誕生日、海の寄宿舎準備、付き添いで、さすがに私も疲れてしまって、

海の寄宿舎1日目から帰ってきた次の日は、起きられず、空に布団の中から、

「今日、弁注にして~~~!」とお願いしちゃいました(笑)。


そしたら、空が、「いいよ!あさごはんも、てきと~に食べて朝練行くから、寝てていいよ!」ですって!

空、優しい~~!

「わお~~!ありがとう!甘える~~~!」と爆睡してしまったぐうたら母でした(-_-)zzz。


海の寄宿舎生活は、なかなかのすべり出し。

どうぞ、来週も、寄宿舎生活を満喫できますように~~~。

読んでいただいて感謝です。
海の寄宿舎生活に、
応援クリックお願いしま~す!
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-01-11 12:44 | 海のこと | Comments(2)

空、14歳の誕生日

先ほど(9日の夜7時半過ぎ)、海の寄宿舎1日目の付き添いから帰って来ました。


昨日は、空の誕生日で、家族で誕生祝いをして、やっとけばいいのに、寄宿舎の荷物準備(すごい荷物)を、

全然やっていなかったので、結局終わったのは深夜1時過ぎでした(>_<)。


寄宿舎の様子は、この次に。


昨日、8日、空、14歳になりました。

まだ、ぎりぎり私の身長は抜かれていませんが、時間の問題。

態度だけは、立派になりましたよ(笑)。


海は、相変わらず、早くから空の誕生日の絵手紙をかいていました。えらい^^。

右下のお花模様みたいなサッカーボールが可愛いの。
b0244274_0141732.jpg


空は、少し前に、ポケットに携帯を入れて、そのまま洗濯かごに入れてしまったので、

はい!携帯は水没~~~!!


結局、買い直すはめに(-_-)。

・・という訳で、早めの誕生日が携帯だよ!と言っておいたのですが、何もないのも可哀想なので(甘い)、

サッカーのときに着れるアウターと、シューズをプレゼントしました。

おばあちゃんからは、エナメルバッグをもらい、嬉しそうな空でした。


先日、空は、身長も伸びてきたことが嬉しいらしく、私の目の前に顔を近づけ、

自慢げに、「ほら!もう変わんないよ!お母さんと!」と言うので、


私がふざけて、「チュ~~の練習でもしてあげようか?」と唇を、空の顔の前にビヨ~~ンと突き出したら、

「オエ~、気持ち悪りい~~!やめてくれ~!」と逃げられました^m^。


あ~、確かに大きくなったな・・・と、そのときに、内心すごくびっくり!

もう、力では勝てないな・・・と強く感じた瞬間でした。


ほんとに生意気な口もきくようになり、私を海老母さん(プリップリ)にさせ、

あ~、もう、好きにすればいいわ!(--〆)、し~らんぺっぺ(古っ!)となるときも多々。


だけど、気づけば、空も私も、意地だけで言い合っている時が多いから、

朝、喧嘩しても、空が帰ってくれば何事もなかったように、いつもの親子に戻れる。


私に生意気なことを言っている空の表情の中に、ほんとは、そんなことを言いたいんじゃないんだ・・という、

幼い心の空が、私には見えます。


この前の三者面談のときに、担任の先生(男性)もおっしゃっていました。

明るくて、いつも楽しそうだけど、とっても寂しがり屋だし、ふざけても、素直でかわいい・・・と。


ありがたや~。

でも、まさに、大人になりたいけど、大人ぶってるけど、中身は、まだまだ子どもなんですよね。


ちょうど、大人と子どもの間で、自分でもバランスをとれなくなってしまう時期なんでしょうね。

ふりかえれば、私も、そんな感じだったかも・・・(笑)。


一昨日は、空が海を誘って、一緒に空のベッドで寝ていました^^。


大人の階段をはりきって駆け上がるけど、そんな駆け上がる姿を、誰かに見ていてほしくて、

ときどきは、まだ、手を繋いで、一緒に階段を上ってほしい。ほんとはね。


それが、14歳の空。


階段の途中で苦しくなって、もう、やめようかと思う日もあるでしょう。

突然深い霧に包まれてしまうときもあるでしょう。


いいえ、これからは、そんなときが、いっぱい増えていくはず。


それでも、霧が晴れ、大きな青い空を見上げて、また上へと踏み出し、

自分が上ってきた階下を振り返り、自分だけでかけ上がれるんだと意気込んでいたときを、

微笑んで懐かしむときもくるでしょう。


もう、私は、一緒に手を繋いで上ることはできないかもしれないけれど、

エールを送ることしかできないのかもしれないけれど、

空が、そんな風にして大人になっていく姿を見届けたいな・・・と思いました(*^_^*)。


お誕生日は、空のリクエストで、アサリのパスタだったんだけど、アサリは海が苦手なので、

アサリの酒蒸しと、しらすとキャベツの和風ペンネ、あとは、手毬寿司、

空の好きな叩ききゅうりの梅肉あえと、バジルポテトにしました。


バタバタと作って、お友達に美味しいよと教えてもらった春菊のスープを作ったのに、

出すのをすっかり忘れていて(T_T)、ショボンでした(笑)。私ってば、おバカちゃん。

b0244274_0121238.jpg


次は、海の誕生日です。

クリスマスから、パーティー続きじゃ~~~。

何をリクエストされるかな・・・。

また、ハンバーグとポテトかな・・・(笑)。


読んでいただいて感謝です。
空に、おめでとう!のクリック、
していただけたら嬉しいです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-01-10 00:16 | 空のこと | Comments(4)
海の冬休みも、今日でおしまい。

明日8日(水)は、3学期の始業式です。


海は、明後日9日(木)に、去年同様に大きなチャレンジが待っています。

それは、『寄宿舎体験』です。

海の学校内に完備されている寄宿舎に、1月いっぱい寄宿舎生活を体験させていただきます。


去年も、10月に、1カ月体験させていただきました。

月曜日から木曜日までは寄宿舎に泊まり、金曜日に、学校が終わったらお迎え。

週末を自宅で過ごし、また週明けから寄宿舎生活という流れです。


去年は、そんなことが海に出来るのか、心配で心配で仕方ありませんでした。

けれど、先生と相談し、海は、一人だけでどこにも泊ったことがないので、将来のことも考え、

必ず、良い経験になるでしょう・・・ということで、よし!と気持ちを踏みきりました。


去年は、前半の2週間は、海も慣れなくて、色々と精神的にきつかったようで、熱が出たり・・・、

やっぱり無理かな・・・と私自身も、ちょっと苦しかったりしました。

けれど、後半の2週間はとても落ち着いて、寄宿舎生活を充実することができました。

寄宿舎の仲間たちとも、とても楽しく過ごすことができました。


そして、終えてみれば、海にとっても、とても楽しい時間になったようで、自信をつけ、

大きく成長して我が家に戻って来てくれました。


寄宿舎の先生や、学校の先生方との連携と協力のおかげで、素晴らしい体験をさせていただきました。


ですので、今年も、体験をさせていただけることになり、もう、感謝!感謝!です。

そして、去年の経験があるので、心配もほとんどしていません。

何より、海自身が、今年は楽しみにしています。


そんな訳で、今年は、最初から、海の楽しみでもあり、私の楽しみにもなっています。

約3週間。

なかなか空との密な時間も普段はとれないので、今年は、最初からわりきって、

空との時間をいただき、私自身もリフレッシュさせていただこうと思っています^^。


経験の力って、親も子も、みんな一緒ですね!

去年は、最初、とにかく不安で不安で、今頃どうしているか・・・と、海を想う毎日でしたが、

海が楽しめたということと、先生方への信頼と安心によって、自分でも驚くほど、

去年のような気持ちとは違っています。


もちろん、始まってみなけれが、海が、どんな風になるかわかりませんが、

きっと大丈夫!

素直に、そう思っています。


去年、1カ月一緒にいた寄宿舎の仲間たちも、今年、また、海くんが来てくれるって、

楽しみにしているのよ・・と、寄宿舎の先生が教えてくださって、すごく嬉しくて、幸せな気持ちになりました。


明日8日は、空の誕生日で、海も一緒にお祝いしたかったので、入舎は、9日からにしていただきました。

(本当は8日からだったのですが・・・)


とはいえ、どんなに1度経験があっても、こどもにとってみれば、親元を離れて生活するのですから、

やはり大きなチャレンジです。


9日の朝は、海に、いっぱいエールを送りたいと思っています。

読んでいただいて感謝です。
海に、頑張れ!の応援クリックを
お願いします(*^_^*)!
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-01-07 23:07 | 海のこと | Comments(4)

9回に感謝を!

1月2日、3日、4日・・・と空と海は、じいとばあのお家で、それはもう楽しい時間を過ごせたようでした。

中学2年生の空さん、お休み中、まあ、ずっと遊んでいましたが・・・。

いいのでしょうか・・・。


いい訳がないですよね・・・(-_-)/~~~ピシー!ピシー!。

もう、こればっかりは、本人がやる気にならなきゃ、どうしようもない。

はあ・・・です。


そんな空ですが、親なしで海も一緒に行くとなると、やっぱり空の力は大きいのです^^。


ばあ(私の母)は、お正月に限らず、とにかくお料理をマメマメしく作ってくれます。

今回は、パパが体調を崩し、パパと私はお留守番で行けなかったのですが、

私の姉が、ばあの作ったご馳走を、写メで送ってくれました。


いつもながら、すごい!

考えられないくらい忙しい母ですが、いったいいつこんなに作ったのかしら・・と思うほど。


そんな訳で、食べなさい!食べなさい!と、どんどん勧めて、どんどん食べさせます(笑)。

なので、2,3日もいると、必ず太ります。


空から、私の携帯に電話が来ました。

「あのね、海のズボンが、お腹がきつくて入らなくてさ!ごはんもおかわりしてるし、すごい食べてるよ!」


着替えを、海が自分で用意したのですが、どうやら小さめのを選んでしまった様子。

後から、それがわかり、てっきりいつも履いているのだと思っていました。

私も、バタバタしていて、どのズボンを持ったかチェックしていませんでした。


空から、その話を聞いて、空に言いました。

(子どもたちだけで泊る時には、食べさせ過ぎないように、ばあに伝えるんだけれど、

今回は伝えていませんでした。)


「空さ、今、ただでさえ、海の食欲がすごくて、お腹がぶよぶよになってるから、

あまり食べすぎないようにみてて。」

そう頼んだあとに、空は、海と電話を替わりました。


「海、お腹も痛くなっちゃうし、食べ過ぎると、太っちゃうし、あまり食べ過ぎないでね・・・。」

そう、私が言うと、

「うん。わかった・・・。」と元気ない声で、海が言いました。

でも、私は、あまり気にせず電話を切りました。


けれど、次の日、空が電話してきて言いました。

「お母さん、大変だったんだよ。海が、食べ過ぎてごめんなさい。ごめんなさい。って謝っちゃってさ。

もう、食べないから~~~!って、なっちゃって。

だから、『大丈夫、海、いっぱい、いっぱい食べすぎなければいいだけなんだから、食べていいんだよ。

謝らなくていいんだよ!』って言ったけどね!」


あ~~!空に感謝!

私も、そこにいたら、空と同じことを言ったはず。

○○○○って、言っておいて!と頼まなくても、それを言ってくれるまでに成長してくれていたこと。


その他にも、ばあと一緒に、電車でおでかけしていたときに、海が、炭酸飲料のペットボトルを落として、

そのあとすぐに、蓋を開けちゃったから、バ~~~って吹き出ちゃって、でも、海はそのとき笑って喜んでてさ、

まわりの人がジロッと見てたから、慌ててタオルで拭き取って、すみませんって謝ったよ!」・・・って。


多分、こういうエピソードは、どこの兄弟でもありそうだけれど、電車の中で、

ペットボトルの中身が吹き出した時に、小学5年生の子だったら、笑っては喜ばないでしょう。

外とかだったら、笑ってしまうこともあるかもしれないけれど、電車の中だしね。

まあ、ここが、海が自閉症だからなわけで・・・。


でも、そんなときに、何笑ってんだよ!と怒ることだってできただろうけど、

それをしなかった空が、えらかったな・・・って。


そういう小さな一つ一つのエピソードが、親のいないところで、兄弟の絆を深めてくれているんだな・・って、

心がほっこりしました。


親だと、また、電車を降りた後で、どうしなくちゃいけないかを、話しちゃったりして、

お説教じみて、長くなりがち。(私だけかな(笑))


でも、兄弟って、そこまでしないからいいんだろうな・・・って。

空が、海のやること、言うことに、10回に1回は腹を立て、イライラして、「なんだよ!」と悪態をついても、

それ以外の9回が大きいんだって思うんです。


その空の1回に、私は腹をたててしまいがちだけれど、その9回に感謝すべきなんだって、反省させられます。


この3日間に、カラオケに連れてってもらったり、箱根駅伝を沿道で応援しに連れってってもらったり、

浅草に連れってってもらったり、沢山の経験をさせてもらった中で、また空と海の絆が深まった気がして、

とても嬉しかったです。


そして、そんな経験をさせてくれた、じいとばあ、姉たち家族に感謝しています。


ぷっくりしたお顔になった海。

ついつい食べ過ぎてしまうパパ。


今日は、2人で仲良くマラソンに行きましたよ^^。


読んでいただいて感謝です。
また、お弁当作りが始まるわ~。
がんばらなくっちゃね!
応援クリックすごく嬉しいです!
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-01-05 21:50 | 空のこと | Comments(4)
元旦の夜から、パパがお腹を壊し、熱も出て、パパと私(パパのお世話係)は、実家に行けませんでした。

空と海は、姉の車で一緒に実家へ連れってってもらい、空と海は2泊することになりました。


あ~~、お正月に、母のお雑煮とおせちを食べられなかったのは、今までにないかも・・・(>_<)。

しょぼぼぼぼ~~ん。

元旦から、ちょっと悲しいスタートでしたが、嬉しいこともありました。


大晦日から、我が家に来ていた姉家族。

姪っ子が今、小学2年生なのだけれど、海の運動会の時に、海のことを告知してからかな・・・、

姪っ子も成長したからなのか、何となくの海への???感がなくなったからなのか、

女子特有の空気の読み感の良さからなのかはわからないけれども、

海との関係がすごく自然になっていました。


多分、姉なんかは、そんな不自然さはもちろん感じてはいないだろうけれど、

(姉じゃなくても、知らない方がみていたら、何も感じないと思います^^。)

でも、やっぱり私は海の母親だから、どうしても敏感に海との距離感なんかを感じてしまうんですよね。


それがね、私には、とっても嬉しかったんですよね。

海と姪っ子の何とも言えない微笑ましい感じが・・・笑顔が・・・ひとり、キュンキュンしていたのでした^^。


それから、まだあるの・・・。

私が、夕食の支度をしているときに、姉が、空と海と姪っ子と一緒にトランプで神経衰弱やろう!と、

一緒にやってくれてたのです。


神経衰弱と言えば・・・。

海が、まだ幼稚部の年中さんか年長さんの頃かな、自閉症の人は、視覚優位で、記憶力もいいから、

神経衰弱がものすごく得意!・・・と本かなんかで読んで、鵜呑みにしていた私(笑)。


はりきって、トランプではなく絵合わせカードを使って、家族でやってみたの。

あれ?

ん?

難しいのか?

はて?


意外と憶えてない・・・じゃ~~ん。


そして、自閉症の人は、神経衰弱がものすごく得意・・・なのは、人による・・・ということを知ったのでした(笑)。

でも、単純に、まだ海には、そのルールを理解するのが難しすぎたんですよね。

ついつい、はりきっちゃって・・・。へへ。


でもね、まあ、いつかは神経衰弱を、ふつ~に楽しめるときが来たらいいな・・・と思っていました。

こっちが、すごく気を遣ったりせずにね。


そして、気づけば、もう海は5年生。

神経衰弱のことをすっかり忘れていました。私ってば・・・。


あら、海ってば出来るのかしら?

キッチンで、ドキドキしながら、チラッチラッと様子を見ていました。


すると、姉の説明の仕方も、自然で、わかりやすくて、海が理解しているじゃない!

やっほ~~~!!


これね、もし、私が一緒に混ざっていたら、きっとこんなうまくいかなかったと思います。

私がいると、きっと海は、緊張するし、きっと私も変に気を遣ったりして、余計なことを言ったりしたり、

してしまったと思うのです。


姪っ子は、ものすごい記憶力で、どんどんひっくり返していきます。

そんなとこまではいかないけれど、海も、ちゃんとルールを理解して、憶えていて、

ひっくり返すことが出来ています。


最初は、時計周りが理解できずに、次は、ぼくの番!とはりきる海に、姉が優しく何回も、

海が言うたびに、順番を教えてくれて・・・。


最後は、姉が抜けても、出来ていました。

ちゃんと、最後に、とったトランプを2枚1組で数える方法も覚えました!

b0244274_21384967.jpg


こうして、またも私は気づかされたのでした。

時が満ちて、そのときがくれば、出来なかったことも出来るようになるんだ・・って。


そして、ひっそりと、母は陰から見ていることが、成長を助けると。


自閉症と言っても、一人ひとり違い、できること、できないことも、誰一人同じ人はいなくて。

できるようになるタイミングも、全く違って。


幼稚部さんだった海に、絵合わせカードで神経衰弱ができるだろう・・・と真剣に思っていた私も、

今の私は、ククク・・・と笑える。


あら、私も、成長してる!?

わいっ!


ついつい細かく見てしまいがちな私。

今年は、もっと、もっと、海を色々な人達に任せて育てる場面をふやしてあげたいな・・・と思うのでした。


元旦早々、しょぼんと思うこともあったけど、嬉しいこともあって・・・。

試練もあり、喜びもある。


お正月に、改めて、小さな幸せを沢山感じられる心でありたいな・・・と、強く思いました。

そんな心があれば、訪れる小さな試練も大きな試練も乗り越えていけるよね^^。きっとね!


読んでいただいて感謝です。
パパ、復活しました!
お昼に行ったレストランで、
がっつりフライを食べていました(笑)。
応援クリック嬉しいです♪るん♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-01-03 21:48 | 海のこと | Comments(4)

初日の出

2014年、新しい年がスタートしました。

年末は、思うように更新が出来ず、ブログに遊びにいらしてくれた方には申し訳ない気持ちです。

今年も、海のことを中心に、家族のこと、日々の暮らしのこと、私なりに感じた想いを綴っていきたいと

思っています。


皆さんからのコメントや、応援クリックに励まされ、日々感謝しています。

ときに、重い記事になったりしますが(^_^;)、軽~い気持ちで、読んでいただけたら幸いです♪


新しいこの1年も、どうぞ『空と海からの贈りもの』を宜しくお願いいたします(*^_^*)。


まず、我が家のリビングから見た幸せの初日の出で、パワーのお裾わけです^^。

力強い大きなオレンジのパワーに、元気をいっぱいいただきました!

なんか、雲が2匹のお魚さんみたいで、仲良く向き合っているみたいだったの!

b0244274_10364166.jpg


毎年、大晦日に姉たち家族が我が家に来て、楽しく新年を迎えます。

今年は、姉たちの息子ちゃんたちも大きくなったので、一番下の姪っ子しか一緒には来なかったのですが。


いつも夕食は、天ぷらとお蕎麦がメイン(笑)。

子どもたちの好きなミートボールや、じゃがいものそぼろ煮、

○ンタッキーになって作らなかったチキンの柚子胡椒のオーブン焼き、

海が大好きなマグロのおさしみなんかを付けて、紅白を観ながら、いっぱい食べました~~~!!

b0244274_10374990.jpg


b0244274_10403076.jpg


b0244274_1041176.jpg


b0244274_1042202.jpg


b0244274_10434952.jpg


b0244274_10444694.jpg


b0244274_10462753.jpg


b0244274_1047692.jpg


b0244274_10484772.jpg


そして、毎年、元旦に実家に行くのですが、今年は、全員揃うのが2日というので、実家へは2日に。

美味しいおせちや、お雑煮は、毎年私の母が作ってくれるので、朝は、残り物とちょっとお正月っぽくして、

おしまい^^。

でも、ちょこっとずつ盛り付けると、お正月っぽくなっていい感じ♪

b0244274_10511729.jpg


b0244274_1052057.jpg


大晦日も、元旦も、海の確認はちょいちょいあって、しつこさに苦笑いしながらも、

これが我が家だ・・・とクスっとしたり・・・。


今年は、海が6年生。

空が、中学3年生。

2人とも卒業の年を迎えます。


ものすごく悩むと思いますし、緊張する年となりそうです。

でも、誰もが悩み通っていく道。


私の心の変化も含め、進学へ向けての想いも綴っていけたらと思っています。


ブログを読んでくださる沢山の方達に感謝を忘れずに・・・。


どうぞ、皆さまの1年が、今朝の初日の出のように、パワーに満ちた素晴らしい年となりますように。

心から、祈っています。


読んでいただいて感謝です。
今年も、よろしくお願いいたします。
応援クリックが励みになっています♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-01-01 11:04 | お家のこと | Comments(6)

嬉しいプレゼント♪

毎日、パーティ~~!!

今日こそ、違う話題で・・・と思っていましたが、ん!今日もまた、パーティーネタでごめんなさい~~。


昨日は、クリスマスイブ。

空は、クラスの男子7人と、ときどき行くお好み焼きやさんでクリスマス(笑)。

クリスマスにお好み焼きね~。しかも男子のみ。

まだまだハートネタはなさそうです^^。


そんな訳で、我が家のクリスマスイブの夜は、パパと海と私の3人。

今年は、実家の近くの教会のイブ礼拝に行けなくて残念でした。

来年は行きたいな・・・。


海が、CMを観る度に、○ンタッキーが食べたいというので、母は楽してチキンは買うことに^^。

というか、パーティー続きだったので、今回は、手を抜くわよ~~。

スープは、前回、リンゴを買うのを忘れて出来なかったリンゴとさつまいものデザートスープ。

サラダもシンプルに。

去年は、ガーリックバターライスをキャンドルの形にしてみましたが、

今年は、ポテトサラダをキャンドルにしてみました。


レンジでチンしてやわらかくしたジャガイモに、ほうれん草とチーズのカップスープのもとを、

少量の御湯で溶いたものを混ぜて、マヨネーズも入れて混ぜるだけ。

これが、美味しくて、色もきれいでグッドでした!

カップスープのもと使えます!!


後は、挽肉の粗びきが美味しそうで、買ってあったので、海の大好きミートソース。

お肉が粗びきなだけで、いつものミートソースとは違い、食感がしっかりして美味しかったです。


ケーキは、市販のロールケーキにデコレーション。

親戚から、ちょうど美味しいイチゴをいただいたので、デコレーションが豪華になりました^^。


こんな感じになりました。
b0244274_22523482.jpg


b0244274_22533824.jpg


b0244274_22542372.jpg


b0244274_22551799.jpg


b0244274_2256495.jpg


b0244274_22572082.jpg


b0244274_231686.jpg


b0244274_2323411.jpg


b0244274_2334047.jpg


b0244274_2372736.jpg


海は、お腹一杯で、お風呂に入ったあと、せっせと大きな靴下を持って寝室へ。

サンタさんが来てくれることを楽しみに、ぐっすり寝ていました。


今朝、靴下のところに置いてあるプレゼントに、にっこにこの海。

お願いしていた宇宙グッズを抱えて、リビングに走っていきました。


リビングで海とあった空が教えてくれました。

「海、めっちゃ、嬉しそうに、『サンタさんきた~~~!!』って言ってたよ~!」って。


サンタさん、悩んで選んでくれた(笑)ので、良かった、良かった~!

サンタさんがくれたプレゼントはこちら。
b0244274_2382175.jpg



そして、もうひとつ、海は、宇宙グッズをいただきました。

私のお友達が、海が宇宙にはまっていることを知って、プレゼントしてくれたのです。

サンタさん、このようなものがあったんなんて、知らなかった~(はず(笑))。

「宇宙かるた」です~~!!
b0244274_2385816.jpg


そりゃ、もう喜んで、早速、中に入っていた宇宙のしくみのカラー説明書を、自分の部屋に貼っていました。


さらに、もう一人、私のお友達が、「ものまねきゅうちゃん」というものをプレゼントしてくれました。

これです。

ピンクのボタンを押して話すと、真似して同じことを話すというオモチャ。
b0244274_2310790.jpg


これまた、海には、めっちゃタイムリーでした。

実は、私からのクリスマスプレゼントで、海に、ことばを言うと、返事をしたり、踊ったりするオモチャを、

あげました。

海も喜んだのですが、決まった返事をしないといけなかったり・・・と意外と難しくて、

海には、まだ早かったようででした。


あ~~、海が話したことを言ってくれるシンプルなもので良かったんだな~と思っていたばかりだったので、

なんてタイムリーなの~~!と私が、まず大喜び^^。


そんな訳で、自分の話した通りに話してくれるきゅうちゃんは、

海にとって、とても心地良いと感じるものだったようです。


「大丈夫!」と言えば、「大丈夫!」と言ってくれる。

お~~!これこそ「確認海さん」の最高のツールだわ!


2人のお友達のタイムリーなプレゼントに、感謝、感謝、感謝でした。


そうそう!アロハにもクリスマスプレゼントに洋服をあげました。

どうかしら~。似合うかしら~♪ワン♪
b0244274_23151927.jpg


b0244274_23214273.jpg

クリスマスの素敵な時間も、いよいよ終わり。

次は、お正月ですね~。


読んでいただいて感謝です。
さ、明日はツリーをしまわなきゃ。
また来年ね!
応援クリック嬉しいです。るん♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2013-12-25 23:26 | お家のこと&お料理 | Comments(5)
今年に限って、この時期が忙しい訳ではないのだけれど、ふふ、忙しい~~。

・・・と言っても、楽しいことで忙しいことも多いのだけれど・・・。


昨日22日(日)は、これまた毎年恒例の、「シェフのクリスマスパーティー」でした。

ブログをずっと読んでくださっている方は、御存知だとは思いますが、御存知じゃない方のために・・・。


私が、幼稚園の仕事を辞めた後、アルバイトしていたレストランのシェフが、

今も尚、当時の社員さんやアルバイトスタッフと繋がっていて、

毎年、クリスマスパーティーをしてくださるのです。


当時、10代、20代だったメンバーも、今では、家族をもっったり、仕事をバリバリ頑張っていたり・・・。

だから、クリスマスパーティーには、当時のメンバーの子どもたちもいっぱい!

みんな日々は忙しいから、このクリスマスの1年に1回しか会えなかったりするけれど、

だからこそ、毎年、このときを、とても楽しみにしているんですよね^^。


そんな、みんなの想いに、忙しい中、笑顔でこたえてくれるシェフに、心から感謝です。

気さくで、フレンドリーで、あったかくて、笑顔がとっても素敵!

どんなに離れていても、時が経っても、全然変わらない笑顔に、会った瞬間心が溶けちゃいます♪


今年も、いっぱい御馳走を作ってくださいました~~♪
b0244274_0483121.jpg


b0244274_0492385.jpg


b0244274_050833.jpg


b0244274_0515619.jpg


b0244274_0544665.jpg


b0244274_0535620.jpg


昔話で、毎年盛り上がり、お酒を飲みながら、シェフの美味しい料理を食べながら、

笑い声が絶えない素敵な時間。


1年に1度のシェフのクリスマスパーティー。

幸せですよね、こんな時間が与えられるなんて!


そして、みんな素敵な仲間なんです。

海が、去年よりも、うんとコミュニケーションをとれるようになっている!って、感動してくれる仲間。

海が、海のままであれる、あったかい空間。

そういう一つひとつが、私たち家族にとって、幸せなんですよね。


少し大人っぽくなった空には、アルバイト仲間の旦那さんが、

「サッカー、母ちゃんの方が応援にいきたいんだよな~!うるさいだろ!」とか、

空の側に立って楽しく会話をしてくれたりね(笑)!(ふん!その通りよ!)


それぞれの家族の成長も、みんなが楽しみにしているクリスマスパーティー。

そんな楽しい時間だから、あっと言う間に時間が過ぎちゃうのです。


最後は、リクエストがあったので、絵本を1冊読み聞かせをしました^^。

去年は、まだ赤ちゃんだったのに、今年は、絵本をしっかり見てる。

可愛い子どもたちのキラキラした目が、読んでいる私も嬉しかったです。
b0244274_057012.jpg


絵本は、何にしようか迷ったけれど、大好きな絵本を選んで家から持って行きました。

ブログでも紹介したことのある絵本。

『いつまでも すきでいてくれる?』

マーガレット・P・ブリッジス/文 メリッサ・スウィート/絵 にしました。


シェフは、ディアゴディスティーニのディズニーランドのミニチュアを作って飾っていてくれました。

すごいの!

本当に、船が動いたり、パレードしたり!

大人だって、すご~~い!って驚いちゃうくらいだから、子どもなんて大喜び!

いや~、すごかったです!

(すごい連発すぎ(笑)?)


見て!ほら、すごくない!?
b0244274_121460.jpg


b0244274_131445.jpg

その他にも、プレゼント交換をしたり、それぞれの近況報告を発表したりして、

楽しくて、美味しくて、幸せなシェフのクリスマスパーティーは終わりました。


パーティー、パーティー、パーティー続きの我が家。

でも、どのパーティーも、本当にハッピー!


次は、何パーティーかな~(笑)。

読んでいただいて感謝です。
プレゼント交換。一人500円。
その中に、バカラのグラスが!
シェフのサプライズでした^^。
シェフ素敵~♪
応援クリックお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2013-12-24 01:11 | 家族のこと | Comments(6)
ひょえ~~(古っ)というくらの忙しさに、ついに追いつかれて、捕まって、一昨日ついにダウン。

悪寒が・・・悪寒が・・・。

仕事帰りに、お弁当を買って、空にすべてを頼み、私は震えながら着替えてお布団へGO!


電気敷き毛布の温度を全開にしても寒気が止まらず、やっぱり発熱~~(>_<)。

あまりの寒さと身体のだるさに、苦しんでいたときは、あまり記憶がないんだけれど、

すべてを頼めるほど空が頼れるようになったこと、空に頼めるほど海自身も成長してくれたことに、

熱が下がってから、ものすごく感動しちゃいましたよ~(T_T)。


今回は、次の日の朝まで、すごく苦しかったけれど、なんか、身体に入り込んでしまった毒が、

ガタガタしてしまうほど寒さや、身体のだるさ、今度は暑くなって、気持ち悪くなって(吐かなかったけど)、

う~~~っと悶える度に、抜けていくような感覚があったの。


こんな感覚をリアルに感じたのは初めて!!


だから、次の日の朝は、ものすごく脱力してて、身体の節々の痛みだけが、抜けきらないで、

残り火みたいだったのよね・・・。


さすがに、その日はお仕事をお休みさせてもらいました・・・。

でも、やっぱり毒は抜けたようで、熱をぶりかえすこともありませんでした^^。


そして、今日19日は、パパの誕生日でした。

今日は、最初からお休みをとっていたので、良かった・・・。

身体も休めたし、だいぶ楽になりました。


病み上がりだからという理由を言い訳に、なんか買ってきちゃうおうかな?

それとも外食?とも思ったり・・・。

でも、外食は人が混んでたら、また身体に悪そうだし、やっぱり簡単なものを作ることにしました。

こんな感じ♪
b0244274_22432819.jpg


この前のクリスマスのキッシュが好評だったから、今回も作りました。

今回はベーコン、小松菜、玉ねぎ、トマト、カボチャのキッシュにしました。
b0244274_22361110.jpg


家族が大好き、煮豚ちゃん。

お肉には、ハーブソルトをしっかりふって、赤ワイン、醤油、バター、玉ねぎを入れてコトコト。
&骨付きソーセージ。
b0244274_22373968.jpg


プチカプレーゼ(生バジルがなく乾燥でごめんなさい~。)
b0244274_2239446.jpg


さつまいもとマーマレードのスープ。

コーンスープみたいだけどね(笑)!
b0244274_22405429.jpg


これね、最初、リンゴとさつまいものスープ(デザートスープみたいな感じで)にしようと思ってたんだけど、

リンゴを買い忘れて、買いにいくのも嫌だから、う~~んと考えてたら、あ、マーマレードジャムだ!と、

思って、入れてみたら!美味しいの~♪


皮をむいたさつまいもを少しはちみつを入れて、お芋がかぶるくらいの水で茹でて、

茹でた水は捨てて、その後に、またお鍋(フライパン)に戻して、バターとマーマレードジャムを少量、

キッシュの卵液で残った生クリーム50mlを入れて、からませるの。

これ、今度はそのままで1品にしようと思ったくらい美味しかった~~!


でも、今回はスープにしようと決めたから、牛乳と一緒にミキサーにかけて、少しだけお塩を入れて、

お鍋であたためて完成~!

さつまいもの後に、ほんのりマーマレードの香りが口の中に拡がって、満足~~でした♪


クリスマスパーティーに比べたら、品数も少ないけれど、許してちょんまげ~(古すぎ~!)。

古すぎと言えば、すっかり体調も良くなった私は、お料理しながら急に、歌いたくなってしまったの。

織田哲郎の♪「いつまでも変わらぬ愛を」を!(知ってる?)

YouTubeで流しながら、昭和な私は何度も歌っちゃいました~~~。


パパと空と海と私で、パパの誕生日を心を込めてお祝いしました。

空は、お手紙と、ネックウォーマー。

海は、絵手紙と、アイパッドで、ケーキ制作&歌う時の曲流し。

私は、お手紙と、ビジネスバッグをプレゼントしました。


パパは、とても喜んでくれました。

私が洗面所にいるときに、パパが言ってくれました。

「今日は、プレゼントに手紙ありがとうね。」って。


なんでしょう。

そういう何気ない言葉って、嬉しいし、大切ですよね。


私たち、夫婦、盛り上がって勢いで結婚したような二人なので、結婚してからが色々と大変でした。

毎年、毎年、大きな喧嘩もするし、フンッ、フンッ、プイッ!みたいなこともあるし、

うんもう~~!わかんない~~~!とお互いに嫌気がさすこともいっぱいあって。


でも、そうしながら14年、お互いに反省しながら、どちらかがそっぽを向いていたら、

自分の方に顔を向け(笑)、笑ったり泣いたり、怒ったりしながら夫婦の形を模索してきました。


ここ2.3年は、ぶつかることも多かったので、思いやりが足りなかったのかもね・・・と、

今、またお互いに向き合えているような気がします^^。


とかなんとか言って、また、フンってなる日もあるでしょう。

でも、いいの。

それだから人間なんだし・・・。

先のことはわからない。


だから、「今」を祝いましょう^^。

ハッピーバースデー!パパ!


これからも、プレゼントしたビジネスバック持って、家族のために、いっぱい働いてね~~(笑)!

鬼嫁より・・・^m^。うしし。


読んでいただいて感謝です。
明日は、カロリー控えめにしなきゃ!
いつも応援嬉しいです。ありがとうです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2013-12-19 22:50 | パパのこと | Comments(6)
昨日15日は、毎年恒例のお友達家族を呼んでのクリスマスパーティーでした。

これまた、毎年、メニューを決めるのがギリギリ。

今年も、結局、メニューを考えたのは前日でした(^_^;)。


いつも一緒にアンティークショーに行く、前記事でおうちにご招待してくれた彼女なのですが、

今年も素敵なプレゼントをしてくれました。


この日のためにシュトーレンとパンを焼いてくれ、お菓子教室にも通う彼女は、

当日、教室で作ったケーキまで持ってきてくれました♪


お寝坊してしまった私は、また、バタバタでお昼過ぎからお料理を作り始め、

何とか6時にお友達家族をお迎えすることができました♪


今年は、こんな感じになりました。
b0244274_2183227.jpg


・毎年、必ず作るクリスマスリースのサラダ
b0244274_20471163.jpg


・チキンと野菜のトマト煮込み(ほんの少しカレー粉を入れるのがポイント)
b0244274_2054439.jpg


・牛肉とエリンギのコトコト煮(赤ワイン、醤油、ハチミツ、玉ねぎ、マジョラム少々)
b0244274_20545723.jpg


・ベーコンとほうれん草のキッシュ
b0244274_2056272.jpg


・タコと生ハム、レディーサラダ、モッツレラチーズのカルパッチョ

ソース(オリーブオイル、にんにくと玉ねぎのすりおろし、ポン酢)
b0244274_2059148.jpg


・海老ときのこのガーリックチーズソテー
b0244274_210981.jpg


・チキン、海老、大葉の生春巻き(スイートチリソースでね!)
b0244274_20574814.jpg


・にんじんとごぼうのスープ
b0244274_215957.jpg


あとね、アップで写真には撮らなかったけど、クラッカーにクリームチーズ、イチジクのジャムを少し、

その上に洋なしの組み合わせが最高でした♪

・お友達が持ってきてくれたシュトーレンとケーキ
b0244274_2111384.jpg


b0244274_212758.jpg


b0244274_2134562.jpg

彼女が持ってきてくれたパンやデザートが、クリスマスらしくテーブルに花を添えてくれて、

大量の食器を、パパが、何回にも分けて洗ってくれたおかげで、

私は、お料理だけすればいい状態にしてくれたことを、心から感謝しました。


楽しい時間は、あっという間に過ぎ、クリスマスパーティーが終わったのは、日付が変わるちょっと前(笑)。

お酒を飲みながら、日々のいろんなことを話し、子ども達は、それぞれ楽しく過ごし、

人が大好きアロハ(トイプードル)は、最初から最後まで、大喜び状態(笑)。

やっぱりこういう時間は、みんな幸せ♪と感じたのでした(*^_^*)。

ハッピー♪


来年も、また、バタバタなんだろうな~(笑)。

読んでいただいて感謝です。
今日の空のお弁当は、もちろん、
残り物~~でした(笑)。
よろしければ応援クリックお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2013-12-16 21:14 | お家のこと | Comments(8)

クリスマス女子会

一昨日の9日、いつも一緒にジャンクショーに行くお友達が、クリスマス女子会を開いてくれました♪

去年もため息が出るほど、うっとりの女子会でしたが、今年も・・・♪


彼女は、パンの先生のライセンスもとり、というか、ライセンスがないころから、

私には、十分パンの先生でしたけれど・・・。


まあ、なんて素敵なセッティングなんでしょう!
b0244274_2047294.jpg


私も、こうしてセッティングするのが大好きですが、当日の約束時間間際は、いつもバタバタ(^_^;)。


けれど、彼女は、全然バタバタじゃないよ~!って言うの。

パン&シュトーレンまで焼いて、ケーキまで作って、お料理まですべて、彼女の手作り。


しかも、これまた食器が可愛いのなんのって。

さすが、私をアンティークの道へと引っ張って行ってくれた師匠です(笑)。


こんな感じでした♪

かぼちゃとにんじん、ほうれん草のスープの美味しいこと、美味しいこと。

かぼちゃとにんじんスープはよく作りますが、そこにほうれん草を入れたことはなかったので、

今度作ってみよっと!

b0244274_2049187.jpg


ストウブのミニココットに、煮込みバーグが入ってるの~♪

めっちゃ可愛くて、キュンキュンきちゃいました♪
b0244274_20502837.jpg


b0244274_20511592.jpg


イチゴとラズベリーのフラッペ。
b0244274_20521427.jpg


ガトーショコラ。
b0244274_20525438.jpg


b0244274_20534437.jpg

イッタラやファイヤーキングの食器でいただける幸せ♪

お友達3人お呼ばれして、4人での女子会。

今年も、笑いあり、涙ありの最高な時間を過ごさせてもらいました。


みんな年代も同じくらいで、(あ、一人、若かった・・・ごめんなちゃい(笑))

子どもたちも、皆、空と同級生の子がそれぞれいて、

それぞれがもつ悩みを共有しながら、共に考えながら、皆、前向きに生きようと日々過ごしている生き方が、

とても似ている4人。


おっこちては、励まされ、救われ、また頑張ろうと笑顔を取り戻し、支え合える関係は、

ずっとこれからも変わらない宝もの。


悩みを打ち明けられる友がいることが、どれだけ幸せなことかを実感します。


4人とも、忙しくて、なかなか会えないけれど、こうして素敵な時間を作ってくれたYちゃんに、

心から感謝です。


人が喜ぶことを幸せとして生きるYちゃんを、私はいつも尊敬しています。

私は、恵まれていることに、本当にそういう素敵なお友達がまわりに多くて、

生き方を学ばせてもらっています^^。


もうすぐクリスマス。

我が家は、今年、どんなクリスマスメニューにしようかな~♪


読んでいただいて感謝です。
クリスマスにばかり気をとられてるけど、
年賀状もやらなくっちゃ~~(>_<)。
宜しければ、クリックお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2013-12-11 21:04 | わたしのこと | Comments(4)

欲しかったメダル

7日(土)は、毎年、海が参加している特体連(特別支援学校体育連盟)のマラソン大会でした。

冬としてはあたたかい、清々しい晴天に恵まれました。


海の学校からは数名の生徒の参加でした。


去年から、海はメダルのことをとても意識し始めました。

メダルが欲しいけれど、そんなに甘くなくて、小学生男子は速い子がいっぱい。


去年は、何とかメダルをもらえなくても、色々と話して、なんとか涙なしで終わることができました。


今年はというと・・・。

・メダルを欲しいという気持ちはわかること。

・メダルをもらえるのは、1番2番3番に速くゴールした3人だけということ。

・一生懸命走ることが素敵だということ。

というようなことを去年同様に話して行きました。


海は、パパに伴走してもらって走ります。

学校でも朝の運動にマラソンをしたり、週末の出来るときは、パパと海で、

海沿いをマラソンしたりしていました。

マラソン大会直前は、学校で3回程、マラソン大会に出る子対象で、マラソン練習をしてくれました。

そのおかげもあって、海は、去年より速く走ることができました。


ゴール手前は、伴走者と離れて走れる子は、一人で走ります。

一生懸命走る海の姿は、輝いていました。


とはいえ、ものすごい人数が参加しているので、メダルはもちろん入賞も無理でしょう・・ということで、

表彰式までは居ず、会場を後にしました。


今年は、去年の経験もあってか、ゴールした海を抱きしめ、「頑張ったね~!」と褒めたら、

本人は、メダルのことも口にせず、達成感に満ちた表情でした。


あ~、良かった・・と海の成長を感じました。


そして、今日、9日(月)。

学校に海を送りママ友と話をしていたら、5.6年生がいつものように朝の運動のマラソンをしに出てきました。


海たちの朝の運動が終わり、まだママ友としゃべっていた私(笑)。

そうしたら、クラスの先生が、ちょっぴり報告してくれたのです。


しゃべっていたので、全然気づかなかったのですが、同じくマラソン大会に出た6年生の女の子が、

マラソン大会でいただいた銀メダルを首にかけて走っていたのだそうです。


その銀メダルを見てしまった海。

なんで、メダルをかけているのか、もう頭の中はメダルのことでいっぱいになってしまったようでした。


マラソン大会は、小学男子の部、小学女子の部というように、それぞれ分かれています。

中学生、高校生もいますから・・・。


スタートは、みんな混ざって走るので、海には、結果がそれぞれ分けられているということが、

やっぱり理解するのが難しいんですよね。


つまり、その6年生の女の子は、小学女子の部で2位になり、銀メダルをいただいたそうなのです。

でも、海は、その女の子より速くゴールをしていたので、なんでメダルを持っているのか、

わからなかったのだと思います。


あ~~~、そういうことだったのか・・・。

その女の子は、とっても足が速く、スタミナもあって、去年も金メダルいけるんじゃない!?と、

金メダル候補の子でした。


なので、納得~~~!

素敵です~~~!


けれど、海には、複雑な気持ちだったんでしょうね・・・。

海の気持ちになったら、すごくよくわかります。


去年よりも認知も上がり、メダルへの想いも途切れた訳ではなく、

むしろ、想いは強くなっていたでしょう。


それを聞いて、ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、6年生の先生でも、同じ学年の先生でも、

海にそのことを伝えていてほしかったな・・・。と思いました。(先生、すみませんm(__)m。)


しかも、首にかけて走っていたら、それはやっぱり気になってしまうのも当然。

マラソン大会で、彼女よりも速く走ったことは理解できていて、

でも、男子と女子と結果は分かれているなんて、しっかり理解するのは難しすぎるし・・・。


このあと、学校で何もないといいな・・・と密かに祈るような気持ちでした。

しかし、やはり・・・。


担任の先生が連絡帳に、あった出来事を書いてくださいました。

朝の運動のマラソンが終わりクラスに戻った海は、クラスの先生に泣きながら話したのだそうです。


どうして、6年生のその女の子がメダルをもらえて、自分がもらえないのかを・・・。

その先生は、海の悲しみを受けとめてくださり、一つ一つ説明してくださり、

担任の先生がクラスに戻った時には、いつもの海に戻り、

「国語、算数(自立課題)が終わったら、メダルを作っていい?」と聞いたのだそうです。


そして、先生は笑顔で「いいよ!」と返事をしてくださり、

海と一緒にメダルを作ってくださいました。


デイサービスから帰ってきた海が、作ったメダルを見せてくれました。

「あのね、○○○さんのメダルね、こうやって(走る格好をして)走る人がいるんだよ。」


あ~、だから、海の作ったメダルにも、海が自分で走っている人を書いたんだ・・・。
b0244274_22455495.jpg


「わ~!すごい!いいね~!上手に出来たね!海、良かったね!」と私は言いました。

にっこりした海は、自分の部屋に飾っていました^^。


先生、ありがとうございます・・・と思って、私はリビングに行きました。

少しして、海もリビングに来ました。


さあ、お風呂に入ろうかな・・と私が準備をしていたら、

海が、言いました。


「あのね、どうしたら、メダルがもらえるの?」

海の表情はみるみる強張り、さめざめと泣き始めたのです。


あ~~~、やっぱりそうか。

そうだよね。

メダルを先生と作ってもらったことは、嘘ではなく、とっても嬉しそうでした。


でも、やっぱり、本物のメダルが欲しいよね。

きっと今日見た、本物のメダルが海の脳裏に焼き付いてしまったのでしょう。


そこから、短文で、極力わかりやすく、1時間。

海に話をしました。

海に、何度も確認されたけれど、今日は付き合いました。


そして、海は、泣きながら言いました。

「あのね、メダルをもらえないかもしれないけれど、メダルをもらえるかもしれないけれど、

速く走れるように、お父さんと頑張って練習したい。」


私は、1時間、心を鬼にして海に話をしていました。

・今、大会が終わったばかりだけど、一生懸命練習しなければ、速く走るようにならないこと。

・練習はやだけれど、メダルは欲しいということだけは、絶対無理なこと。

・頑張れば、メダルをとれるよ!とは言ってあげられないこと。

なぜなら、同じように頑張ろうと一生懸命練習してくるお友達も沢山いるかもしれないし、

どれだけ速い子がいるかもわからないから。


・マラソン大会の前にもはなしたけれど、メダルをもらうためだけに走るのではなくて、

一生懸命走ることが大事なこと。


・どうしたいのか、海が決めていいこと。


何度も、何度も、どうして頑張っても、メダルがもらえないこともあるのか?ということと、

ぼくは、一生懸命頑張ったのに、どうしてもらえなかったのか・・・ということを確認されました。


でも、難しいですもんね。

絶対もらえると約束出来るなら、もっと伝えやすいけれど、

頑張っても頑張っても、もらえないかもしれない。。なんて、今の海には酷すぎる・・・。


そして、海は、すごく考えていました。

その結果が、前途したように、泣きながら出した海の答えでした。


海が、あまりに切なくて、私は、もう涙をこらえるので必死でした。

「わかった!海のこと、お母さんいっぱい応援するからね!」そう言って、私はお風呂に入りました。


堪えていた涙が、湯船の中におちました。

どれだけ海が我慢したり、理解しようと必死だったかを想ったら、

なんともいえない切ない気持ちになってしまって・・・。


パパには海のいないときに、今日のことを話しました。

話しながらも涙が出てきてしまいました。


パパは理解し、海にあとで声をけていました。

「海、お父さんとマラソンこれからもがんばろうね!」って。


元気よく「うん!」と海はこたえていました。


男子は女子に比べて、圧倒的に人数も多いし、足の速い子もとても多いです。

だから、メダルは厳しいかもしれません。


でも、海が、挑戦したいと、涙を流しながら小さな心で決断したこと。

私は、海を誇りに思います。


海、頑張っています。

きっと、この想いは、どんな形で実るかはわからないけれど、海のこころの成長に大きな力となるでしょう。


長くなってしまいました。
読んでいただいて感謝です。
頑張った海に応援クリック嬉しいです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2013-12-09 22:49 | 海のこと | Comments(8)

我が家のクリスマス準備

12月は、毎年とっても忙しいけれど、クリスマスのお祝いは我が家の大切な行事の一つ。

仕事を始めて、お掃除もそんなに得意じゃないし、いくら時間があっても足りないけれど、

クリスマスの飾りつけや準備は、どうしても外せません。


先日、空と海でクリスマスツリーの飾りつけをしてくれました。
b0244274_11124337.jpg


アロハのいたずら防止は、100均で買った格子状のプレートを繋げて即席ガード。

これが、意外と良くて、最初はアロハも興味深々で匂いを嗅いだり、手を伸ばしたりしていたけれど、

今は、興味なし^^。

つなぐ金具は持っていたから、700円で出来た!やった!
b0244274_11131491.jpg


我が家のベランダには、手作りの大きな大きな大きなリースを毎年飾り、これは、毎年、一番最初に出す、

クリスマスグッズ。


まだ、全部、家の中を飾れた訳ではないけれど、こうして少しずつ家の中がクリスマスな雰囲気になると、

すごく幸せな気持ちになります。


子どもたちの毎年恒例のものと言えば、サンタさんへのお手紙と、チョコの入ったアドベントカレンダーを、

毎日1つ窓をあけて食べること。


今年も1日にアドベントカレンダーを貼り、先日サンタさんにもお手紙を書きました。

アドベントカレンダーは、毎朝、2人とも起きてすぐに開けて食べています^^。

中2の空も(笑)。
b0244274_1114235.jpg



空は、去年は長財布が欲しいとお願いし、今年は、折り畳みのお財布は欲しいんですって。

中2の空には特に何も言っていませんが、きっと海のことを想い、すんなり手紙を書いているのでしょう(笑)。


海は、今、宇宙にはまっていて、宇宙グッズが欲しいのだそうです。

宇宙グッズか・・・。

サンタさんも悩みますね・・・(笑)。
b0244274_1115368.jpg


b0244274_11155384.jpg

こうして、少しずつですが、我が家のクリスマスの環境が着々と整い始めると、

なんだかとってもホッとするのです。


そして、ホッとして思うのです。


環境の変化に弱い海たちは、常にこういう様々な変化に対応しながら頑張っているんだな・・・って。

いろんな変化に対応していくことは必要だし、避けることもできないけれど、

せめて、我が家だけは、くり返していく中で、安心感を与えてあげたいな・・・と。

ほっとできるということは、精神的にとてもいい状態ですものね。


最近、また激しくなっている海の確認行動に、心にゆとりがないと本当にイライラしてしまっていて。

だけど、海は、こういう安心感を求めて、闘っているんですよね。


毎年変わらないいつもの我が家のクリスマスの環境。

そういうベースの上に、今年は、なんのお料理なの?・・・とか、どんなプレゼントかな・・とか、

海は、変化を楽しむことができるのでしょう。


さ、今年は、どんなお料理にしようかな・・・。

やることはい~~ぱいだけれど、こんなことを考えているときは、心が穏やかで幸せです。


さあ、これからお仕事。

ひとときのブログの幸せ時間を終えましょう。


読んでいただいて感謝です。
我が家は、冬にみんな誕生日。
ケーキを食べるために歩いてます(笑)。
応援クリックで励まされ、嬉しいです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2013-12-05 11:20 | お家のこと | Comments(2)

ダラダラさん

テキパキと無駄なく生活できる人って、本当に憧れます。

私は、どうしても、おしりに火がつかないとダメで・・・。昔から・・・。

そのうえ、ダラ~っと、ポケ~~っとするのも好き。

だから、いつも、やるべきことに追いかけられているみたいに感じちゃうんでしょうね~。とほほ。


冬の朝は好き。

お弁当を作っていると、目の前の海から真オレンジの朝日が昇ってきて、思わずお弁当作りの手を止めます。

いつものように、「今日も、新しい1日をありがとうございます!」とペコリ。


そして、また戦場。

だらだらとほっとけば、いつまででもアロハ(トイプードル)と遊んでいる空と、

「え?今、なんて言ったの?なんで、そう言ったの?」とかなんとか、まあ、次から次とくる確認する海。


あ~~~~、もう!もう!とさっきの朝日の感謝はどこへやら・・・(笑)。

きっとテキパキしているママだったら、こんなにバタバタしないんだろうな~~。

とか、思ったりしながら、あっという間に朝の時間は過ぎていきます。


最近は、朝はやっぱり寒いけど、とにかくお天気がいいと、空がとってもきれい!

冬の空って、本当に澄んだブルー。

ん~~~!きれい!とリビングから空を見上げます。


ついついこうして、行動が止まる私。

そして、冬の空を見ていると、アロハをお散歩がてら、海の学校へ歩いて行きたくなり、

「海、アロハと歩いて学校行こうか!」と海を誘います。


「うん!」と言ってくれる海。

そうなると、いつも家を出る時間より、30分以上早く出ないといけないから、またバタバタ・・・。


やっとこのとで準備をし、海とアロハと学校へレッツゴー!


寒いけど、気持ちがいいの。

空気も空も澄んでいて、海はキラキラと光ってて・・・。


ときどき海がアロハのリードを持って、お散歩しながらの登校。

アロハも海も楽しそう^^。
b0244274_22421459.jpg


学校へ行くと、守衛さんや、先生、ママ友、沢山の人が、アロハを可愛がってくれて、

アロハは大喜び!


いっぱい可愛がってもらった後は、アロハと私で家までのお散歩。

さあ、少しペースをあげて歩くわよ~~!と最初ははりきるんだけど、

帰り道、またまた海がきれいで、うっとりしちゃうの。


立ち止まって、海を眺めてしまう私。

あ~~、これでは、ダイエットは厳しいかしら~~。

(最近、少しだけ頑張ってるの。少しだけ(笑))


そして、また歩き出すアロハと私。

歩きながら、ふと下を見ると、アロハの影が・・・。

なんだろう。

アロハの影さえもが、かわいい!

パチリ!(なんか、かわいくない?)
b0244274_22431942.jpg


そして、また歩き出す。

すると、今度はアロハの方が海に繋がる階段をかけあがるから、

どれどれ・・とついていく私。


あ~~、きれい!
b0244274_22441256.jpg

またまた、腰をおろして、アロハとまったり景色を眺めて幸せ~~♪

アロハも朝日の光を浴びて、気持ち良さそう!
b0244274_22445011.jpg



こんな感じで、マイペースな散歩を楽しみながら帰宅です。

帰ると、南向きのリビングは、燦々と光を浴びて、めっちゃあったかい!


あ~~!とソファーへ倒れ込む私。

いつものピンクの毛布をかけてね!


すると、アロハもいつものようにピョン!っと私の寝ている毛布の上へ。

あったかい。

気持ちがいい。

(-_-)zzz・・・・。
b0244274_2245506.jpg



こんな贅沢な時間が与えられたときは、本当に幸せを感じちゃう。


やれ、上履きが小さくなった、銀行でお金をおろさなくっちゃ、夕飯の買い物しなくっちゃ!、

夕飯の下ごしらえをしておかなくっちゃ!

あの人に電話しなきゃ、塾の振り替え頼まなきゃ、宅急便出さなきゃ、

クリスマスの準備をしなきゃ、年賀状買わなきゃ!、あ、メールの返信しなきゃ、

あ~、もう仕事に行く時間だ~~~!!

そんな誰もがこなしている日常を、私は、悲しいかな、追われながら過ごしているのだ~~。


そんな私だから、立ち止まって、深呼吸の時間が必要なのよね~~~!

・・・と都合よく解釈して、自分のダラダラさんを正当化(笑)。

やっぱり、私、テキパキさんには、永遠になれそうにないな・・・。へへ。

読んでいただいて感謝です。
さ、洗濯物干そうかな・・・。
応援クリック嬉しいです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2013-12-03 22:57 | わたしのこと | Comments(4)