心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

トマコロ♪

気分がとってもいい時と、気分が落ち気味なとき、私は、よく料理をします。

どうやっても作る気力のないときもあるけれど・・・。

空が、学校の畑で出来たジャガイモを収穫して、いっぱい持ちかえってくれました。

それは、それは、立派なジャガイモ達。

すご~く大きいのがいっぱい!
b0244274_2131483.jpg


なんとなく気持ちもスッキリしていなくて、でも、出かける気力もあんまりない。

よし!コロッケを作るよ!と決めました。

普段、午後から仕事なので、どうしても帰ってからコロッケを作る時間も気力もないし、

午前中は、買い物したり、用事を済ませたり、あっという間に仕事にいく時間に!

仕事が休みの日は、お友達と出かけたり、有意義に過ごしたいから、なかなかコロッケをゆっくり作れなくて。


まさに、私の中のコロッケ日和でした(笑)。

コロッケは、家族みんな大好き。

1つは、ノーマルな玉ねぎオンリーのポテトコロッケ。

もう1つは、何にしようかな~と思って、ふと冷蔵庫にあるトマトが頭に思い浮かびました。

入れてみる?トマト!?

うん。入れてみよう。

スライスしたトマトを、シンプルポテトコロッケを作ったタネの残りに入れて、ざっくり混ぜ混ぜ。


そして、出来たのが、これ!
b0244274_21351783.jpg


めっちゃ、めっちゃ、めっちゃ、美味しかった~~~!

空も海も、そのままのトマトは得意な方じゃないので、ドキドキだったけど、

2人とも、「うめ~~!(空)」「美味しい~~~!(海)」!

パパも、「う~ん!美味しいな~!最高!」

私も、「何これ!めっちゃ美味しい~~~!」と自画自賛。

揚げたては、最高よね~♪


あ~~、いろんな具材のコロッケを今まで何度も作ってきたけれど、何故、トマトを入れなかったのかしら~!

こんなに美味しいのに~~~!と、今まで思いつかなかったことを嘆いたわ~~!って大げさよね(笑)。


コロッケの具材の中で、一番好きかも♪

今度は、トマトコロッケに、バジルとか入れてみよう!

絶対、美味しいと思う!うん!


ソースはね、ケチャップ、マヨネーズ、マスタード、カシスマスタード(粒)、ハチミツを混ぜたもの。

これがまた、うんまい!


トマコロ(トマトコロッケ)、超オススメで~す!

朝は、バターロールに、トマコロを挟んで、トマコロサンド♪
b0244274_21362490.jpg

これが、また美味しいの♪

パン好きの海は、大喜びでした♪


お料理も、やりたいときや、すごく面倒になったりと、波もあるけれど、

基本、やっぱり好きなんだな~と思う今日この頃。

たまに、こうしてふと思いついて作ったものが、すごく美味しかったりすると、元気になる。

トマコロさん、ありがとね^^。


そして、海が、空にいっぱいお礼を言っていました。

え?私じゃなくて?と思っていたら、空も、俺にお礼?と首をかしげました。

そしたら海が、「だって、空が、ジャガイモくれたもん!空にありがとだよ!」って。


ほんと!そうだ!

そう思うと、ありがとう!とお礼を言うところは沢山あるね。

収穫した空に、空の中学の畑に、育てる計画を立ててくれた先生方に・・・。


コロッケ作りから、学ぶことは、沢山あるな~。

そんなことを、しみじみ感じた1日でした。

読んでいただいて感謝です。
止まってコロコロ(太る~~)のトマコロ
にならないように気を付けま~す(笑)。
トマコロポンッと応援クリックお願いします^^。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-06-05 21:44 | わたし&お料理 | Comments(4)

シナモンロール

海の自力通学目標への日々も、親子共々、だいぶ慣れてきました。

まだ、私が、スクールバスに乗せるまで全部付き添っていますが、

スクールバスが来るまでの10分間くらいのところを、いよいよ海一人で待たせてみようかと思います。

今週中にでも・・・!


最近(・・・っていつもじゃん(笑)!)、空のこと、海のこと、私自身のことなんかで、立て続けに色々あって、

久しぶりに落ち込み期間が長かったんですよね。

今は、空かな・・・。

受験を考えると、頭クラクラ・・・。

なるようになるさ!と、言いたいところだけど、さすがに空の素敵な(T_T)成績に、

焦ってみたり、大丈夫!なんとかなる!と思ってみたり、いや、待てよ!と思ったり・・・。


いろんなことが、消化する前に、自分の心に次々と重なって積み上がってしまったので、

心が悲鳴~!!


さすがに、これは私大丈夫?と自分で思って、ちょっと調べたら、

『非定型うつ病』の症状に、あてはまることが多いの。

どういう人がなりやすいか・・・ということも、相当あてはまっていて、ひえ~!!

でもでも、誰でも波があるものね・・・と、ちょっと考え過ぎか・・・と思ったり。


そう。考え過ぎてしまう傾向があるのです。私。

あと、人の感情を受けとめ過ぎちゃうところもあるな・・・・。

人の痛みとか、悲しみとか、ものすごく感じ過ぎちゃう。

でも、基本、明るくしていたい・・・という想いが強くて、バランス崩して自滅パターン。

結構、自己分析は出来ているんだけど(笑)、コントロールが下手なんだと思います(>_<)。


笑顔でいるときの自分がやっぱり好きだし、『笑顔』で自分自身の心の状態をリアルに感じています。

その笑顔を、振り絞って出していたときも実はあったりして、あ~、これはまずい・・・と思ったんですよね。

それで、つい最近は、いつもなら笑える場面で笑えなくなって、ちょっぴり危機を感じちゃったのです。


笑顔も、本当は、振り絞るものじゃないし、笑えない自分も、イライラも、悲しみも、落ち込みも、

人間としての『自然』を、受けとめないとね^^。


笑うこと、笑わせることが大好きな私が、泣きごと言ったから、お友達が心配して、

シナモンロール作ったから食べにおいで!って。


私の泣きごとを、彼女の方が涙目になって、励ましてくれて・・・。

友達っていいね・・・。


おみやげにいただいたシナモンロール。

100円ショップで、ひとめぼれして買った籐のトレイにのせて、

よし!元気になるよ^^!って、朝、海を送って家に戻ってから、ゆっくり朝ごはん。
b0244274_23224670.jpg

b0244274_23245799.jpg

シナモンロール。

とても優しい味がして、頑張ろう!って思えた。

優しさは、ちゃんと味に出るから不思議!

ありがとう!


かわいいもの、美味しいもの・・・。

おち気味のときに元気になるのは、そのとき一瞬かもしれないけれど、

そのときだけでもハッピーになれることがあるということが、すごく大切なんだよね。


そう!こうして落ち込みを受けとめ、振り返ることで、

すぐにランチに付き合ってくれた友達、一緒に映画に行ってくれた友達、

話を聞いてくれる仲間たちや、先生方・・・。


幸せじゃない!私^^!って思える。

こうして書くことを通して、客観的に感謝できる喜びを忘れないようにしなくっちゃっ!

読んでいただいて感謝です。
ミスチル桜井さんの歌声も、
元気をくれる大切な存在♪
応援してくれる皆さんにありがとう~!
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-06-03 23:38 | わたしのこと | Comments(6)
ブログを読んでくれているママ友から電話がありました。

海が1歳のころから仲良しの大切なママ友。

「私、『シンプル・シモン』観たいな~。一緒に行きたい~!」って。

(ブログに、もう一回観たいなと書いていたので。)

もちろん、即OK!喜んで!


そして、今日(1日)に観に行ってきました。

私は、我が家の海や空と重なり過ぎて、初めて観た時は涙が溢れてきてしまったけれど、

彼女には、泣ける映画だという言い方はしていませんでした。

あくまでも、私の主観なので、泣ける映画かどうかはわからないですものね。


けれど、映画が終わって彼女を見ると、号泣。

2回目の私も、やっぱり涙が溢れてきてしまい、止めることはできませんでした。

むしろ、2回目の方が、主人公のシモンや兄の想いがよりリアルに伝わってきて、

胸がいっぱいになりました。


彼女は、海の発達の遅れを不安で受け入れられないときに、

誰よりも私のそばで寄り添ってくれた大切な友達。


引っ越しをして、すぐには会えない距離になってしまったけれど、

いつだって、私たち家族を想い、嬉しい時も、悲しい時も、心を寄せてくれてるあたたかい人。


そんな彼女と、この映画を通して、同じ想いの涙を共に流せたことが、また幸せでした。

ありがとうね・・・。Rちゃん。


2回目を観終わって、1回目同様、改めて思いました。

『絶対』ということは、ない!と。

海は、知的な遅れのある自閉症。

自閉症は、確かに特有のこだわりをもち、向き合う人にも理解が必要だし、接し方の配慮も必要です。


でもでも、海を育てているうちに、気づいた沢山のこと。

確かに、独特のこだわりも、理解に苦しむような発言や行動もあるけれど、

それは、絶対に変わらないものではないということ。


こだわりも変化すれば、成長していくうちに、本人が絶対、○○○じゃないといられない!から、

○○○じゃなくても、大丈夫!という自分自身の変化を受け入れられるようになることもあるということです。


だから、海が小さい時は、まわりの人にとにかく理解してもらって、海に合わせた対応をしてもらわないと!と

真剣に思っていました(^_^;)。


確かに、理解してもらうことは何より大切だと思いますが、親が思っている以上に、

意外と自閉症であっても、変化を受け入れられるタイミングがあったり、

絶対じゃないんだと言うことに気づいていきました。


自閉症は・・・!と、何でも知識ばかりが入ってしまうと、

親のせいで、よりこだわりを強くさせてしまうという方向へ、自ら導いてしまったりすることもあるでしょう。

それって、すごく悲しいな~って。


自閉症ではない人によって、心を開くチャンスを、変化を受け入れられるチャンスを海に与えられているのに、

自らの手で、チャンスを潰しちゃっているんだな~って。


海と向き合ってもらう人に、海のことを理解してもらうことは、これからずっと必要でしょう。

でも、過度な理解を要求することは、海の人としての成長を阻害してしまいかねません。


海は、○○○な子だから、『絶対』○○○な対応をしてください。

『絶対』を、『多分~~だと思うので』くらいの心のゆとりをもって、海への理解を求めていきたいと思いますし、

心ある人との出逢いによって、一見、こだわりの塊のように映る自閉症の人も、

心豊かに、感情豊かに、表現していくことができると、私は信じています。


でも、まだまだ、存在する『そっちの都合ばかりに合わせられないんだよ!

そんなの社会では通用しないんだからやりなさい!」的な、聞く耳を持たず、心も寄せない悲しい方達には、

自閉症の人達の生きづらさを、攻撃的にではなく、理解を求め続けていこうと思っています。


『シンプル・シモン』惚れました(*^_^*)。

もう1回観てもいいな~(笑)!どんだけ~~(古っ)!

読んでいただいて感謝です。
多分、もう1回、観に行きそうな予感(笑)。
応援クリック、嬉しいです♪ありがと~!
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-06-02 00:13 | 海のこと | Comments(4)

目に飛び込んできた広告

海の自力通学への付き添いで、毎日乗る電車。

海が、一人で行けるようになることが目的なので、必要以外は、海に話しかけないように見守っています。

話しかけてしまうと、どこの駅で降りるのかとか、今、どこの駅なのか・・・とか、

自分自身で注意を払えなくなるからです。

(電車以外でも、必要な時だけ話すようにしています^^。)


そんな訳で、電車の中では、海を見つつも、車内広告なんかをぼんやり眺めている私です。

そして、今日、私の目に飛び込んできた広告。

『甘やかすだけじゃ 甘くならんのよ』

ふむふむ、何の広告?と思い、よく見ると、ホクレンの広告。

かぼちゃ畑に、幸せそうな笑みを浮かべるご夫婦。

素敵な年の重ね方をされたご夫婦なんだろうな~というのがその笑顔から伝わってくるような写真。

そこに、『今は、かあちゃんに甘やかしてもらってるけど、若い時は厳しかったよ~』と書いてあり、

思わず電車の中で、にっこりしちゃいました。(怪しい・・・)


広告は、みやこカボチャに重ねて、そのメッセージを発信しているけれど、

深いな~って思ったんですよね。


母親の私は、『甘やかすだけじゃ 甘くならんのよ』のメッセージが、すぐに子育てに重なりました。

大多数の人が、自分の子どもが、優しくて、想いやれる心をもった子に育って欲しいと願っているでしょう。

人として、社会の中で、自分らしさを受け入れてもらいながら、生きていく力をもってほしいと・・・。

さらに、日常は、そんな大きなベースをすでに願っているのに、もう少しだけここが~~できていたら・・と、

欲が出てきてしまったりね・・・。


甘やかす。

いっぱい甘えさせてあげる経験は、子育てにおいて、とても大切なこと。

でも、何でもその子の思い通りに、こちらが言うことを聞いやることがいいのかと言えばそうでなくて。

子育てしていると、あまりに色々とあって、もういいか・・と諦めそうになったり、

じゃ、しょうがないか・・・と、自分が言ったことを最後まで貫き通せなくて、

結局、こっちが折れて、子どもを混乱させてしまうようなことをしてしまったり・・・。

自分の気分で、変に、ベトベト子どもにくっついてしまったり・・・。


厳しくする。

怒鳴る。

イライラをぶつける。

自分だって、子どもの頃は出来なかったくせに、グチグチ、ネチネチ・・・。

口では完璧な人はいない・・と偉そうに言いながら、完璧にさせようとしていたり・・・。


甘やかすことも、厳しくすることも、子育てにおいては大切な要素。

でも、そのどちらも気を付けないと、間違った対応になってしまいます。

バランスも大事よね。


やはり、いい意味でのメリハリのある、筋の通った子育てが、子どもには必要なんだろうな・・・。


美味しくて、甘いカボチャにしたいでしょう?

今一度、立ち止まって、焦らなくていいから、どうしたら美味しいかぼちゃになるのか、

考えてみてごらんよ~!失敗したっていいんだから~!と、

優しそうな写真の中のお父さんに言われているような気がしました^^。


わずか2駅間の車中。

すごく大切なことに気づかせてもらえた時間でした。


いつか、甘くて、ホクホクで、幸せな美味しいカボチャを、

これがずっと、ずっと、求めていた味だ!と、ゆっくりと、噛みしめながら味わえる

そんな時がくるのかな・・・。

この味を食す為の、山あり谷ありの時間だったんだ!って懐かしむ日が・・・。


美味しいカボチャにな~れ。

肥料の与え方、温度管理とかね・・・難しいよね。

成功したと思ったら、失敗して、喜んでは、泣いて・・・。


でも、いっぱい考えた時間が、失敗した経験が、いつか・・・!きっと・・・!

そう思って、頑張っていこう・・・と思いました。

読んでいただいて感謝です。
甘くて、美味しいカボチャに出逢うと、
幸せになる私です^^。
最近疲れ気味な私に、
応援クリックお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-05-29 20:51 | わたしのこと | Comments(4)

旋律

私は、小さな頃から歌うこと、音楽を聴くこと、曲を作ることが大好きでした。

それは今も変わりません。


音楽を聴きながら、メロディーラインに合わせて歌う歌声に、

自分でオリジナルのメロディーを作って合わせたり^^。

メロディーを作ることそのものが好きなんですね・・・。


自分に心地良く響く旋律。

それが出来たとき、耳から聴こえたとき、歌ったときの幸せは、心を柔らかくさせます。

けれど、音が半音でもずれてしまえば、心地良いメロディーではなくなってしまいます。


そして思うのです。

自閉症スペクトラムの人達のことを・・・。


きっと、彼らは、一人ひとり違う、その人だけが幸せになる旋律を、いくつも持っているのでしょう。

彼らが自身の中に秘めている幸せな旋律。

その旋律を奏でようと、日々を生きている。


けれど、途中で音がずれたりすれば、もう一度、最初からその旋律を奏で直さずにはいられない。

音がずれることもなく奏でていたのに、その音に被せるように違う音が入ってきて、

幸せの旋律が壊されてしまう。

それが確認行動となり、パニックとなる。


けれど、自分の求める旋律を最後まで奏でることができると、

幸せな気持ちになり、心も穏やかになり、満たされてスムーズに行動できる。


障害の有無にかかわらず、誰でも、そんな自分自身の旋律をもっているはず。

でも、私たちは、たとえ、旋律が途中で崩れてしまっても、

その崩れた地点から確認することもできるし、パニックにまではなかなかならない。


でも、彼らは違う。

たとえ半音の違いであっても、心ごと苦しんでしまう。

なぜ、出来ないの?

なぜ、ずれてしまったの?

なぜ、邪魔をするの?

なぜ、苦しいことを理解してくれないの?・・・って。


海をはじめ、そんな苦しんでいる人達がもつ幸せの旋律を、大切にしてあげたい。

どんな旋律なのかは、その人にしかわからないけれど、

自らが邪魔をして壊してしまうことのないような自分でありたいな・・・って。


そんな旋律を知るわけない!と、理解の一つも示さない自分にはなりたくない。

ときどき、そんな風に邪魔をしてしまうことがある。

いいえ、きっと、いっぱい海の旋律を壊してしまっているのかもしれない。


海の求める旋律が海にしかわからなくても、

海の旋律を大切にして、

海の笑顔と共に流れてくるメロディーを、心の声で聴くことができたなら、

海は、心を開いてくれる。


自閉症スペクトラムの人達のメロディーを、聴くことができる心を、自分自身の中で育てていきたいな。

読んでいただいて感謝です。
カラオケ行きたくなっちゃった^^。
応援クリック嬉しいです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-05-28 01:08 | わたし&海 | Comments(2)
よく小さな幸せをみつけていこう!って言ったり、思ったり、読んだり、聞いたりするけれど、

日々の暮らしは、仕事や育児、家事、想像以上に忙しかったり、考えることがあったりするので、

気づくと、当たり前に喜んだり、楽しんだりしていて、おっとっとっと・・・!

小さな幸せを味わうことなく、流しちゃってるよ~~!私・・・って、なんてもったいない!

少し疲れているからこそ、幸せに元気をもらおう!


今日はね、そんな小さな幸せを味わうことができました。

ほとんどダメになりかけていたイチゴの苗を、もう捨ててしまおうかと思っていたけど、

なんとなくそのままにしていたら、また新しい葉が出てきて、気づけばイチゴの赤ちゃんが・・・。

そして、水をあげるのは海の毎日の仕事なので、そのおかげで、立派な赤いイチゴが出来ました。
b0244274_0504861.jpg


b0244274_0531499.jpg

甘くて、とても美味しかった。

幸せ。



病院に言ったらね、笑顔で先生が言ってくれた。

「良かったね・・・^^。」

当たり前のようだけど、そういう一言を言ってくれる先生は好き。

幸せ。


家に帰る途中、海と同じ障害かな・・・と思われる20代くらいの男性が、

こっちに向かって歩いてきた。

もうね、これ以上ないという笑顔で。

声は出していないけれど、嬉しくて、楽しくて仕方がない・・という喜びに満ちた表情。

どんな楽しいことを考えているんだろう・・・。

どんな嬉しいことを思い出しているんだろう・・・。

彼の表情を見ながら、想像していたら、何だかこっちまで楽しくなって、

私も、にまって笑いながら歩いちゃった(笑)。

でも、そんな笑顔の連鎖が幸せ。


海の学校の連絡帳を読んだらね、

すごく海らしくて、思わずプッと笑っちゃうことが書いてあったの。

海は、去年、給食のバナナを食べたら具合が悪くなってしまって以来、バナナはトラウマ。

バナナが家にあるだけで嫌がっていました。

でも6年生になって、少しでも頑張らないと・・・と思ったみたい。

こんなことが書かれてありました。

『今日、バナナを一口頑張っていました。

「これを食べて修学旅行に行くんだ!」と、自分に言い聞かせながら。

食べきると、教室で、『バナナ立ち入り禁止』の看板を描きながら、息抜きもしていました。

頑張りすぎず、息も抜きながら、そのバランスが今日は良かったな~と思いました。』と。

『バナナ立ち入り禁止』って~~~!!(笑)!

そのユニークな発想に、ほっこりして思わず笑顔。

幸せ。


こういう幸せは、1日にもっともっとあるのよね。

味わうと、幸せな気持ちも倍増。


自分の気持ち一つで、そんな幸せを全部消してしまうことも、幸せを増やすこともできる。


大人になっていくということは、気持ちをコントロールできるようになっていくことなのかもしれないね。

暗闇の中にも小さな幸せ一つでいいからみつけ、味わい、

その幸せを自分の気持ちで増やせることができるようになったら、

すご~く素敵なおばあちゃんになれそうな気がする~~。


そして気づいたこと。

どんな小さな幸せも、一人では幸せにはなれないということ。

必ず、相手があって幸せになれる。


いちごだったり、先生だったり、見知らぬ人だったり、息子だったり・・・。

だから幸せな気持ちになると、感謝する気持ちが生まれるのね~。


切っても切れない深い関係。

『幸せ』と『感謝』

いいね^^。


読んでいただいて感謝です。
読んでいただいて幸せです。
応援クリックありがとうです!
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-05-23 01:04 | わたしのこと | Comments(8)

シンプル・シモン

お友達を誘い、どうしても観たかった映画『シンプル・シモン』を観てきました。
b0244274_2224777.jpg


アスペルガー症候群の主人公シモンの視点でみた世界観を視覚化して、

とってもわかりやすく、あたたかく、彼らの世界観を表現しているハートフルコメディー。


内容は、観ていらっしゃらない方のために、ここでは記事にしませんが、

主人公のシモンが、自閉症の海とかぶりまくり、シモンのお兄さんの想いが、空と重なり、

泣いてしまいました。


また舞台がスウェーデンということで、お部屋のインテリアやファッションなど、

北欧ならではの、カラフルで可愛いものばかりで、何度も心の中でかわいい!と言っちゃいました^^。


アンドレス・エーマン監督は、アスペルガー症候群の彼の視点で、

世界をみる機会を与えてくれる映画であることにこだわったそうです。


その監督の想いが、こだわりが、強く、優しく、あたたかく、伝わってきました。


我が家の息子たち(どちらも精一杯生きている)と重なって、涙する場面があったことは確かですが、

それだけではなく、アスペルガー症候群のシモンの世界観を通して、彼の喜びや苦しみ、

怒りや悲しみ、それらをユニークに、またストレートに表現し、リアルに視覚化されていることで、

そういうことか・・・と、理解することができ、すごく心地良かったんです。


自閉症スペクトラムの人達の世界観。

彼らは、視覚化することで、納得したり、理解できたり、落ち着いたりすることができる。

それは、情報の中でしか理解出来ていなかったけれど、

この映画で、海を育てていつも思っていた、

一度でいいから頭の中を、感じた心の中を覗いてみたいという願いを、叶えてもらった気がしました。


彼らの世界観を視覚化してもらったおかげで、彼らの苦しみやこだわりを理解してもらえるってことは、

彼らにとっては、こういう気持ちのよい感覚なんだな・・・と気づかされました。


また、この映画の素敵なところは、そんな彼らのもつ世界観だけにすべてを合わせていくということを、

ベストとしているのでなく、彼らの世界観を否定することなく理解し、そこに大きな愛があれば、

彼らの世界観だって、変化していくという愛の力にも気づかせてくれるところです。


自閉症の海を育てていると、次から次と、新しい情報が入り、

あれがいい、これがいいと、療育の方法も、いったい何がいいのかわからなくなるほど・・・。

海が小さい時は、自分の中の気持ちも揺れていて、水中を漂うクラゲのように、

あっちにフワリ、こっちにフワリ・・・と流されて、焦って、海は余計にパニック。


でもね・・・。

育てているうちに、自分の気持ちがブレなくなってきました。

もちろん、育てていく中で、そう接することがいいのか、どうしたらいいのか・・・という迷いは常です。


迷わなくなったのは、海の気持ち、海の世界観をとにかく理解してあげよう・・・という想い。

(神様ではないので、理解できずに、海同様、私だって感情むき出しになるときだってありますよ^^。)

ガッチガチに情報だけ得て、それを海にはめこんだって、海にはかえって窮屈だと思えたこと。

そういうことをすればするほど、海の場合は、精神的に追いやられていくから。

当然、焦っていた私が原因なんですけどね・・・。


海は自閉症だけど、私たちと同じ人間。

自分にだって、海と同じように、何かしらこだわりだって、人からみたら、え?って思うことは沢山ある。

それは、きっと、どんな人だって同じはず。

誰だって、そんなこだわりを、同じようにしてもらうことを望んでいるわけでなく、

ただ、理解してもらえることを望んでいるし、そうしてもらえることが嬉しいですものね。


世界観の違いを同じ気持ちで理解することは、とても難しい。

でも、その世界観をもつ人のこと、その世界観の中での安定や幸せを理解してあげること。

そこに、愛があれば、きっと、自閉症の海だって、海らしい心をもって、

大きく育ってくれるような気がしています。


だからかな・・・。

この映画が、すごく自然に、幸せな想いで観ることができたのは・・・。


もう1回・・・観たいな。


人それぞれ、感性も、想いも違うけど、私からは、お薦めの映画で~す(*^_^*)。

読んでいただいて感謝です。
スウェーデンに行きたくなっちゃいました~!
応援クリックとっても嬉しいです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-05-18 22:26 | わたしのこと | Comments(2)
我が家のトイプードル、アロハ。

1歳3カ月の女の子。

飼うまではものすごく悩んだけれど、今では我が家の癒しの存在。


最近のアロハ。

とにかく目が良く合う。

ずっとみつめて、目を逸らさないの。

ドキっとしちゃうくらい・・・。


そんな可愛いアロハを、今日は紹介♪

カレー屋さんにきたの。
b0244274_0334039.jpg


ママがお昼寝するときのピンク毛布大好き!
b0244274_0371836.jpg


何でしょう?
b0244274_0385246.jpg


近いでしゅ!
b0244274_0394226.jpg


今日は、大好きクッション3段重ね。ふっかふか~♪
b0244274_0353934.jpg


こんなことしたり~・・・。
b0244274_042525.jpg


こんなことしたり~・・・。
b0244274_0441316.jpg


ママとタッチしたり・・・。
b0244274_0463089.jpg


眠たくなったり・・・。
b0244274_0453419.jpg


あれ?お父さん来たでしゅか?
b0244274_0473921.jpg


来てましぇんか?
b0244274_0492112.jpg


なんかいい匂いしました!
b0244274_0521177.jpg


女座りして、きどってみましたけど・・・。
b0244274_0534089.jpg


おやすみなさい♪
b0244274_0545272.jpg


親バカ全開です。ルルル・・・♪

読んでいただいて感謝です。
見ていただいて・・・かな(笑)?
応援クリック嬉しいワンッ♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-05-17 01:00 | ALOHA生活 | Comments(2)

『ひといきつきながら』

テレビの『アナザースカイ』で流れるCM。

アナザースカイを毎回観ている訳ではないけれど、そのCMソングとCMの中に出てくるメッセージが、

すごく素敵で、ときどき変わるので、検索してみました(*^_^*)。


歌詞は、このCMのために作られたオリジナルソングなのだそうです^^。

『ひといきつきながら』 作曲/生沢 祐一

「ひといきつきながら 人は、人を思う

ひといきつきながら 人は つながる

ひとりだけど ひとりじゃない

心の中は ひとりじゃない


ひといきつきながら 人はもっと働く

ひといきつきながら 人は生きてる

ひとりだけど ひとりじゃない

心の中は ひとりじゃない


今日を生きる全ての人に 幸せだと思える瞬間が ありますように」


今のところ4つのバージョンがあって、

その素敵なCMソングと素敵な写真が流れる中で、素敵なメッセージがポンッと出てくるの。

素敵!素敵!素敵!


メッセージを紹介しますね!

『登場篇1』

・毎日が名前のない記念日だ。

・日陰ができるのは光がある証拠。

・人はハッピーエンドの繰り返しを生きている。

『登場篇2』

・最高の仕事は最高の休憩から生まれる。

・今日しか咲かない花を咲かそう。

・人生最高の日は何度だってやってくる。

『輝き篇』

・前を向けば進むべき道が見える。

・一生の思い出を毎日つくろう。

・雲の向こうには青い空が広がっている。

『小さな幸せ篇』

・できないときは成長している時。

・結果は残らなくても道筋は残る。

・すべての日々はいい思い出につながっている。

そして、すべてのCMの最後に、

『あなたの人生が世界一の物語でありますように』というメッセージで締めくくられています。


人それぞれ心に響くメッセージも違えば、その日によって心に沁みるメッセージも違うでしょう。

たとえばね、今日の私で言えば、『小さな幸せ篇』の中の

『できないときは成長している時』というメッセージが心に沁みました。


空にも海にも、今日は2人のできない部分に、私は心をもっていかれてしまいました。

2人の『できない』は、もちろん全く違うけれど、何でなんだろう・・・と心が暗闇。

怒れる時は、まだいいの。

怒れなくなった時の方が、重い。


空は、開き直った態度。

海は、理解しようとしても理解不能で、しかも理解を求めて泣く、怒る、叫ぶ。


ダブルで来られると、きついな~~と、笑顔が消えていく。

そんなとき、ふと、このメッセージが私に飛び込んできた。


できた結果を得て、成長したと思ってしまうけど、

できないでいるときが成長なんだって気づかさせてもらえる。


そんな一つのメッセージが、重い心を軽くしてくれる。

心が軽くなると、無表情が笑顔に変わる。

笑顔になると、何を重く考えていたんだろう・・・と、悩みが小さく思える。

私が笑顔だと、子どもたちも嬉しいはず。


それが大事なんだよね・・・と、1日を締めくくれる。


明日は、どんな幸せな瞬間があるんだろう!

読んでいただいて感謝です。
さ、ひといきつきながら
頑張ろう~!!
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-05-14 22:26 | わたしのこと | Comments(4)

おかえり!

空(中3)が修学旅行から帰ってきました。

想像通り、と~っても楽しかったみたいで、帰るなり制服を着たまま、

楽しかった出来事を次々と話し始めました。


新幹線での出来事や、ナイトハイクが最高に楽しかったこと、テーブルマナーに緊張したこと、

毎日の食事のこと、支援級の同級生のこと等など、その時々のエピソードを嬉しそうに話してくれました。


何が一番楽しかったの?と聞いたら、ナイトハイクと、やっぱり、夜、部屋でいっぱい話したことかな・・・と、

言っていました。


そうそう、確かにそう。

修学旅行って、お寺等の有名所をいっぱい回るけど、夜、部屋で先生が見回る中で、

いっぱい話すことが、何より楽しいのよね。


私も、そうだった。

やっぱり男子もそうなのね・・・。


「ところで、男子って、そんなに何話すの?」と聞いたら、

「え?恋ばな(話)とか、いろいろ。」ですって・・・。


へ~~、これまた男子もそんな話をするのね・・・(笑)。

もちろん、いろんな話をして大盛り上がりだったのでしょう。


自閉症の海と暮らしていると、空のコミュニケーション能力は、やはり凄い!と思ってしまいます(笑)。

まあ、それが普通なのでしょうけれど、老若男女問わず、会話で楽しめるのですから・・・。


・・・と話が逸れましたが、おみやげも、い~~ぱい買ってきましたよ。

じい、ばあ、先輩、後輩等など、それはもうい~~っぱい!。

家族には、京ばあむ。

海には、せんとくんクッキー。

コーヒーを淹れて、夜、みんなで食べました。

すご~く美味しくて、幸せ~~~♪
b0244274_22501454.jpg


b0244274_22505333.jpg

そして、何より嬉しかったのが、私へのお土産。

「はい!母の日だから!これ!」・・・って。


母の日なんて、修学旅行で忘れていると思ったのに・・・。

すごくきれいな柄の扇子と、東大寺で買った手鏡。
b0244274_22515546.jpg


本当に嬉しくて、いっぱいお礼を言いました。


正直言うとね・・・。

帰ってきたら、また、やれ洗濯物出して!だの、ほら片付けちゃって!だの、

そんな言葉を私は連発するんじゃないかと思っていたの。


でも、洗濯物とか出しといてね~!と、1回空に言って、私は食事の支度をしていて、

ふとリビングから出ると、バッグの中の物はすべてきれいになっていて、

洗濯物をかごに入れてるだけでなく、衣類が入っていた袋は全部畳んであるし、すべて分別してあって。


まじか!!

奇跡ですよ!こりゃ!!


「空!えらい!どうしたの!?」って思わず言っちゃった私(笑)。

(すみません、中3だというのにレベルの低い内容で・・・(^_^;)。)


「当たり前だろ!」だって~~~!

空をご存知の方は、

よく、そんなこと言ったよね~~~!って思われるでしょう(笑)!?


つまり・・・

人間、思いっきり楽しみ、思いっきり満足し、思いっきり充実した時間を過ごしますと、

心が充実感で満たされたおりますので、やる気も出て、自然に良い方向へと行動できるのですね^^!


あ~~、3日に1回、修学旅行ならいいのに・・・。

・・・ってアホかい・・・!えへへ。


空の、はじけるような笑顔、ポンポン飛び出す楽しいエピソードの数々。

予想外に(笑)、ゆったり、まったり、お茶をしながら、空の修学旅行話を聞くことができてハッピーでした。

読んでいただいて感謝です。
あ~、修学旅行、青春だわ!と、
空が自分で言ってて笑っちゃいました。
いつも応援クリックありがとうです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-05-12 22:54 | 空のこと | Comments(4)

嬉しい母の日♪

空は10日(土)から2泊3日で修学旅行です。

今日は、母の日。

空が居なくて3人でしたが、母の日のお祝いをしてくれました。


学校では、飛び出すカードを作ってくれ、プレゼントをしてくれました。

不器用な海。

目を離すと、線に沿って切れずにギザギザになってしまうので、先生が、目を離さずに、

ていねいに、ていねいに・・と声をかけ続けてくださり、

きれいにハートの形を何枚も切ることが出来たのだそうです。

ハートには、1語ずつ文字が書かれていて、

『お・か・あ・さ・ん・あ・い・し・て・る』と書いてありました。
b0244274_2152764.jpg


すごく、すごく嬉しかったです。

先生が、このカード作り、海がとても頑張ったことを伝えてくれました。


海の気持ちがいっぱい詰まったカードは、幸せもいっぱい詰まっていました(*^_^*)。

海、ありがとうね!

先生、ありがとうございます。


家でもね、海は、絵手紙を書いていてくれて、プレゼントしてくれました。

パパは、『パンといっぴき2』 桑原奈津子/著 をプレゼントしてくれました。

「空と海のお母さんとして、頑張ってくれてありがとう!」と言って、

海と一緒に買ったカーネーションと一緒に・・・。
b0244274_21523571.jpg


海の「お母さん大好きだよ!」という言葉。

嬉しくて、海をハグハグしちゃいました♪


パパがくれた本。

すっごく可愛い。
b0244274_215430100.jpg

b0244274_21561253.jpg


料理研究家の桑原さんの愛犬と新しく家族になった猫ちゃんと、日々の朝食の写真。

(どうして1じゃなくて2かというと、2には新しく仲間入りした猫ちゃんがいるからなんですって^^!)

たまらなく癒されて、思わずパパに言っちゃった。

「私の趣味がわかってきたね~!」って、偉そうに・・・(笑)。

「そうだろ!」って自慢げに言っていたパパですが、結婚して15年です(笑)。


そして、そして、今年は、パパと海で、餃子を作ってくれました。

私は、その間、我が家の愛犬アロハ(トイプードル)とお散歩に。


帰って来て、お風呂に入って、ホットプレートでいっぱい餃子を焼いて、お腹が満腹~。心も満腹~!

海が作ったのはこれだな~ってわかるような細長い餃子があったり、それが逆に嬉しかったの。

美味しかった~♪
b0244274_22142355.jpg

b0244274_22152413.jpg


そう!朝はね!海が自分からベーコンエッグを作ってくれたの^^。
b0244274_2263876.jpg


海に言いました。

母の日をお祝いしてくれたこと嬉しいけれど、お父さんとお母さんを産んでくれた、

○○○ばあばと、ばあにも感謝しなきゃね!って。


母の日。

出産した痛みは、忘れてしまったけれど、

皆、命がけで子どもを産んで母親になったんだなあ・・と今更ながら想う。


そう思うと、母の日と誕生日って、へその緒のような繋がりを感じるなぁ・・・。


世界中のお母さん、ありがとう!

読んでいただいて感謝です。
アロハのお母さんにも感謝しなくっちゃね!
応援クリックありがとうです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-05-11 22:28 | お家のこと | Comments(2)

覚えたい!

海は、時計の勉強を、小学部に入ってから、少しずつ頑張ってきました。

家では、生活の中で、自然に少しずつ・・・。

学校では、自立課題や、個別課題のときに、細かく先生方が教えてくださいました。


G.Wに、予定通り自力通学のために、海の携帯電話(ガラケー)を買いました。

みまもり携帯(登録先3つだけのもの)か、普通の携帯かで迷いましたが、

電車の中など、メールが出来ないと、逆に不便になることは間違いないので、

普通の携帯にしました。


もちろん、今は、何かあったとき、困った時のために買ったので、メールを打つのを覚えるのも、

まだ先だけど・・・。

でも、少しずつ、覚えていってもらえたら・・・と思っています。


そして、時計の話題となるのですが、携帯を開けると、画面に18:00と表示されていました。

海が、「18時ってな~に?」と聞いてきました。


そっか~!

13時からから24時までがわからないよね~。


すぐに紙を出して、12時から順番に、午後1時→13時・・・というように私が教え、

海に書いていってもらいました。


すると、海は、自分でもよほど覚えたかったのでしょうね。

一生懸命、教えてもらったのを紙に書いて覚えていました。

(あ~、この意欲、空に分けてほしいです~~~(>_<))


次の日(今朝)も、また紙に書いて、覚えているようでした。

朝から、えらいね~!といっぱい褒めましたよ!


そして、海がデイサービスから帰ってくると、5時を17時に替えて読んだのです。

「すご~い!!あってるよ^^!」と私が言うと、海も嬉しそうでした。


夜、8時30分に、海に言いました。

「海~、今、何時だ?」

「えっと~!8時~30分っ!」

「正解!でも、もうひとつの読み方あったよね~?」

「え~っと~!・・・20時!30分!」

「すご~~い!!」


やっぱり、今日も、実感!

時が来るのを待つということ。

本当に覚えたい・・・という気持ちが、脳を活発にさせ、理解へと繋げる。

この気持ちがマックスになっったときの吸収力は、半端ない。


それに比べ、私は、脳が退化していく一方(笑)。

あ~、空のことを言っている場合ではないわね・・・と、若干焦ったわ・・・。


次は、どんなことに興味を示し、覚えたい!と思うのかなぁ。

私、待~つわ~♪

いつまでも、待~つわ~~♪ってね!


読んでいただいて感謝です。
私は、待ってたら、あっという間に
おばあた~~ん・・だわね~。とほほ。
応援クリックが嬉しいです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-05-07 22:23 | 海のこと | Comments(4)

母の反省、海の成長

いつか一人で買い物ができるようになってほしい・・・。

これは、海への大きな願いの1つです。


そのために、苦手な数の勉強を、少しずつ少しずつ頑張っている海。

一緒に買い物をし、私が買うところを見たり、学校でお金の勉強をしたり、見ることや経験することで、

どうやって買えばいいのかを、海なりに少しずつ学んできていると思います。


一人で買い物をすることは、親の願いだけなのではなくて、海の願いでもあります。

空と一緒に買い物をしたり、私と一緒に行って、レジのところから、

一人で買うところまでは出来るようになりました。

でも、まだ、一人だけで買い物には行かせたことはありません。


・買い物を一緒にする。

・レジの所で、払う時だけ海にさせる。

・レジの所から、海一人でさせる。

少しずつ海ひとりで出来るように、私がすることを減らしてきました。


・・・と言っても、買い物をするのも、お店も違えば、レジ一つとっても、「袋は必要ない」というカードを出したり、

袋はいるか聞かれるところもあり、商品が、税抜き表示のところもあれば、税込み表示のところもあって、

違うこと前提の中で買い物をすることの難しさは、並大抵のことではないでしょう。


今日は、海にたまごを買ってもらおうと思いました。

車で行ったので、海とは、車でお別れ。

お店の正面に車をとめて、ガラス張りのお店の中が、少し見える場所。

ガラス張りでも、商品が積み重なっているので、ほんの少ししか見えません。


海に、たまごの値段ぴったりのお金を渡し、送り出しました。

私がお店の中に入らずに、海が買い物するのは初めてです。

買えるかな・・・。大丈夫かな・・・。


なかなか海が来ません。

一瞬、海がレジのところに来たな・・・とわかったのですが、お店から出てきません。

やっぱり、買えなかったのかな・・・。

でも、まだ、もう少し車で待ってよう・・・。


すると、また、レジのところに立つ海の顔が、ガラスの隙間から見えました。

明らかに、ガラス越しに、車の中の私を見ています。

よく見ると、海が、私に向かって、×!×!と、手をクロスさせて×マークを作ってアピールしています。

決して、泣く訳でも、怒る訳でもなく、一生懸命な感じで・・・。


これは・・・と思い、慌てて、お店に入りました。

「海、どうした?買えなかった?」と聞くと、

「あのね、一番下がなかったの。」と海。


「売り切れ?」と私が聞くと、

「うん。」と海。


一緒にたまご売り場に行くと、たまごがいっぱいありました。

「あったね!これこれ!お金はどうした?」と聞くと、

「ないの。お兄さんにあげた。」と海。


慌てて、レジに行くと、次々レジの対応をこなしているレジ係のお兄さんが、こちらを気にしてくれています。

私が側まで行くと、忙しいのに、レジ対応をしながら、パッとお金を私に渡し、

「あの、これ、預かってて・・・。」と海から貰ったお金を返してくれました。


海に聞くと、最初、たまごを持ってレジに並んだけれど、お金が足りないと言われたのだそうです。

完全に私のミス!

上の段には、お値段がお高めのたまごがあったんです(>_<)。


海はわからないので、いつも私が買うたまごではないパックを持っていってしまったんですよね。

お金はぴったりしか持たせなかったので、足りなくて当然。


でも、レジのお兄さんは、すぐに気づいてくれて、「1番下の段だよ!」と、いつも買うたまごのある場所を、

海に教えてくれたのだそうです。


1番下!と聞いて、すぐにたまご売り場へ行った海。

でも、1番下は、ポスターが貼ってあって、たまごはありませんでした。


だから、海は、その上の段にはいっぱいたまごがあっても、1番下の段ではないから、

たまごはなかった・・・ということになったんですね・・・。


お兄さんは、海にわかりやすいように、1番下の段と言ってくれたのでしょう。

たまご売り場の中では、下の段の2列が、その値段のたまごですから。


でも、海は、忠実に1番下の段だけ見たのです。

教えてもらった通りに・・・。


そして、海は、ここまでで、どうしていいのかわからなくなってしまい、

お金はお兄さんに渡してしまった。

お兄さんは、忙しくて話せない。

たまごはない。

たまごを買えてないから、お母さんのところへ行けない。


その結果、一生懸命、ほんの少しだけ見えるガラス越しに、私を見て、

×のジェスチャーを送っていたのだとわかりました。


なんだか、頑張った海に、キュンキュンきてしまいました。

以前だったら、絶対、パニックで、わかんない!わかんない!わかんない~~!と怒っていたはず。

でも、パニックにならず(心ではパニックなはず)、一生懸命、私にサインを送ってヘルプを頼めた。


「海、頑張ったね!ごめんね、ちゃんと教えてあげてなかったから、わからなかったもんね。」

そして、たまご売り場で、どのたまごを買えばいいいのか、値段が書いてある札も確認し、

困ったら、お店の人に何回でも聞いていいことを伝えました。


「失敗しちゃいましたけど、今度は頑張る!」と言えた海。

これが、すごい成長なんです(T_T)。

失敗が、耐えられなくて、どれだけパニックになってきたことか・・・。

感動でいっぱいでした。


いつも一緒に買って、わかっているだろうと思っていた私。

でも、たまごなんて、どれも一緒にみえますよね。

(もちろん、絶対パッケージで間違えないお子さんもいらっしゃるでしょうけれど・・・^^。)


母は、反省です。

初めての、お店に入るところから一人で買い物体験だったのに・・・。

失敗させちゃった・・・。


でも、そんな母の反省を吹き飛ばしてくれるような成長を見せてくれた海に、

子どものもつ大きな愛と力を感じました。

今度こそ、「買えたよ~!」と、海が笑顔で戻ってこれるようにしてあげなきゃ!と心に誓った私でした。

読んでいただいて感謝です。
一生懸命頑張った海に、
応援クリックお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-05-03 23:25 | 海のこと | Comments(4)
海の家庭訪問の次の日は、私たち夫婦の結婚15周年記念日でした。

いつもは家でお祝いするのだけれど、ちょっぴりお疲れモードの私なので、急遽、今年は外食に決定。

私的には、一度行ってみたかったロシア料理のお店を提案したけれど、

私以外の3人は、居酒屋さんがいい!ということで、居酒屋に決定(笑)!


車だとパパが飲めないので、となりの駅の居酒屋さんに歩いて行ってきました。

途中でね、私の提案により、目標定めて家族で競争!

1位、空、2位、パパ、3位、私、4位、海でした。

やっぱり現役サッカー少年には追いつくはずもなく・・・。

意外とパパが速かったのに、空と私が驚き(笑)、私は大人気なく全力で走り、海に勝つという・・・(笑)。

4位になっても、怒ることなくいられた海の成長に拍手!


お店に入ったら、海が持って行ったカバンの中から、スヌーピー(オラフ)とベルが!

座ったところの棚に、並べ始めた海。

こんな感じで^^。
b0244274_20105454.jpg

「どうしたの?」と聞いたら、

「だって、今日は、お父さんとお母さんの15回結婚式だから!」ですって(笑)!

(何回、15回結婚式を挙げた訳じゃないことを説明するも、難しいみたい(笑))。


でも、なんだか、海の気持ちが可愛くて、ほっこりした気持ちになりました(*^_^*)。


家族で、乾杯~~~!!
b0244274_20115885.jpg


パパと私は、お酒を飲み放題。

空と海は、ソフトドリンク飲み放題。

飲んで、飲んで、食べた、食べた!


個室だったし、気を遣わずすんで、とっても良かったです。

家族で、居酒屋さんもたまにはいいですね^^。

食べざかりの子どもがいるので、お金は結構かかるけど(笑)。


そして、いい気分で結婚15周年のお祝いをすることができました。

15年・・・。

色々あったけど、15年共に暮らすのだから、色々あって当然ね・・・と思いながら、

いろんなことを乗り越えて、夫婦、そして、家族の絆を深められたらいいな・・・と思いました。


次の日は、いっぱい飲んで食べてお金を使ったので、夜、家にあるもので節約パーティー(笑)。

豚肉と大根くらいしかなくて、豚肉と大根のミルフィーユ。

トマトソースで煮込んでみました。

大根だから和風かな・・・と思ったけれど、トマト系もあり?と思い、煮込んで正解!

とても美味しかったです(*^_^*)。
b0244274_20142232.jpg


ケーキも節約(笑)。

家庭訪問のために作ったケーキが残っていたので、トライフル。

15とハートのロウソク立ててね!
b0244274_2016598.jpg


あまりものでも、とっても美味しくて、家族みんなに好評でした^^。

居酒屋さんで飲んだり食べたりも楽しいけれど、おうちもやっぱりいいね!と思った私でした^^。


その日の日中は、朝、海と私で、1時間くらいアロハの散歩。

とても気持ちのよい天気だったので、お昼はサンドイッチだけ作って、もう一回外に食べに来よう!と、

海とルンルンに!

8枚切りの食パンだけコンビニで買って帰り(お散歩バッグにギリギリ350円だけ入ってたの(笑))、

サンドイッチを作って、コーヒー持って、パパと海と私とアロハで(空は部活&友達とおでかけ)、ピクニック~♪

海を見ながら、芝生にシートを広げて、サンドイッチをパクつく幸せ~♪
b0244274_20204530.jpg


パパと海とアロハで、食後は遊んでいる間に、私は・・・?

気持ちいい~~!とお昼寝~!

少しの時間だけど、あまりに気持ちよくて、爆睡しちゃいました(笑)。


アロハも陽ざしが眩しそうだったけど、とっても楽しそうで、ルンルンでした♪
b0244274_2021595.jpg

b0244274_20233663.jpg


家に帰って来てからは、ちゅかれました~~!と、大好きクッションの上でまったりアロハでした^^。
b0244274_20243971.jpg

やっぱりお外で食べるご飯は最高~!

この時期は、すぐお外でご飯を食べたくなっちゃう。

先日は、我が家のバルコニーで、サンドイッチ&手作りナゲットランチ♪
b0244274_20265552.jpg

b0244274_20281115.jpg

G.W後半もバーベキューの予定ありで、とっても楽しみで~す!

読んでいただいて感謝です。
食べてばっかりの私ですね・・・(笑)。
G.Wもいっぱい食べま~す!
応援クリックハッピーです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-04-30 20:38 | 夫婦のこと | Comments(6)

家庭訪問

ブログを更新しない間に、海の学校の家庭訪問がありました。

今年は、クラスの先生はいつも通り3名。

担任は、そのうちの2名の先生になりました。


担任の先生2人が、家庭訪問で我が家に来て下さいました。

海の学校の家庭訪問は、ゆっくりとお話できるので、

毎年、とても有意義な時間を過ごさせていただいています。


いつも、子どもたちのために、一生懸命働いてくださる先生方に、私のできることといえば、

デザートをご用意することくらい。

甘い物を食べて、少しでも疲れをとっていただけたら・・・と思っています(*^_^*)。


今年は、クランベリーチーズケーキとオレンジピール入りのパウンドケーキを焼き、

ピーチジュースでゼリーを作り、イチゴでコンフィチュールを作りました。


先生方がいらっしゃる前に、どんな風に盛り付けようかな~と、試しに盛り付けてみて、

ふふふ・・・先生方がいらっしゃる前に、私がお先に試食~~~!

やっぱり、甘い物は最高~!!
b0244274_16325828.jpg


先生方も喜んでくださり、私もハッピー!

もう一人の先生にも来ていただきたかったな~!・・って家庭訪問の目的を間違えてるよね(笑)。

でも、それが、私の気持ち♪


決して、食べていただいて終わりではありませんよ~。

海のことを、沢山、沢山、話せていただき、また、先生からのお話もうかがいました。

進路のこと、今、困っていること、自力通学のこと等など・・・。


自力通学も、夏休み前までに、一人でスクールバスに乗るところまでできることを目標にしましょうということに

なりました。

担任の先生が、とても細かく自力登校の今後の予定表を作ってきてくださり、

1、スクールバスまで見送る。

2、JR○○○駅に着いたところで見送る。

3、○○○駅改札で見送る。

4、○○○駅ホームに電車が着いたところで見送る。

5、○○○駅で電車に乗せて見送る。

6、○○○駅改札で見送る。

7、自宅で見送る。

というように、少しずつ私の見送りを減らし、細かく目標をたてられるように作ってくださいました。


また、少しでも、私から離れて自力通学する以上、携帯電話は必要でしょう・・・ということで、

先生と確認させていただいて、G.Wに購入することになりました。


あくまでも、スクールバスに乗るまでに、何かあったときのためであり、

それ以外は、親がOKしたとき以外は、使わせない予定です。


あとは、スクールバスに乗るまでに2駅の改札を通るので、改札の方に、自力通学の練習していることと、

名前と連絡先を書いた海の写真入りのプリントを私が作り、渡す予定でいます。


使うことがあるかはわかりませんが、少しでも安全に海が一人で通えるように、

最善を尽くして臨みたいと思っています^^。


家庭訪問で先生方の笑顔に癒され、デイサービスから帰り、先生方に会えて、海も大喜びでした。
b0244274_1659331.jpg


海のこの学校での最後の1年間も、きっといろんなことがあるけれど、

優しいクラスの3人の先生方にお任せできると思ったら、とても幸せな安堵の気持ちに包まれました。

読んでいただいて感謝です。
クランベリーチーズケーキ
すごく美味しかった!また作ろう~!
応援クリックとっても嬉しいです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-04-26 17:00 | 海のこと | Comments(5)

元気にしてくれるもの

多分、毎年この時期は、子どもの気持ちと一緒で緊張したり、子どもの進級で1年の早さを実感して、

少し焦ったりするんでしょうね。

特に何をした訳ではないのだけれど、なかなか疲れがとれません。

きっと、そんなママたちも多いのでは・・・と思ったり。


今朝も、ものすごく悲しい夢をみて起きたので、朝から、どっと疲れてしまいました(>_<)。

多分、もう私の中でトラウマになっていること。

普段はもうそんなに気にしてもいないのですが、だからこそこうやって夢に出てくると、

トラウマなんだな~と実感しちゃいます。


夢の中で、まったく知らない学校のようなところで、まったく知らないお母さんに言われたんです。

「海くんは、いいわよ。できるんだから。何も心配することないわよ!」って。

夢の中で、相手のお母さん(全く知らない顔も思い出せない人(笑))に、いやな感じに受けとられないよう、

海の大変さを伝えている私。

でもね、心の中で(夢の中の私)叫んでたんです。


心配することもいっぱい。

海ならではの大変さがいっぱいなの。

もう、説明するのに疲れた~~!って。


超ネガティブ~~~(笑)(笑)(笑)~~~!!


まあ、でも、夢で叫ぶんだから、私の心の中にいつも潜んでいる想いなんでしょうね~(汗)。

起きて疲れたけど、夢で発散できて良かったわ(笑)。


一生ついてまわるであろう障害(認知)の『軽度』という障害名より重いもの。

海なんかより認知面で遅れのない方達や、手帳もいただけないようなボーダーの方達のご苦労は、

私には、とてもとても理解することもできないけれど、ほんの少しだけ、気持ちがわかるような気がします。


私の働いているデイサービスにも、軽度のお子さんが何人か来てくれているけれど、

彼らのために何が出来るんだろう・・・。

どんな苦しみを抱えているんだろう・・・って思います。


少しでも、デイに来て、心が軽くなって、楽しいなって思って帰ってもらえたらいいいな~って思っています。


もちろん、軽度も重度も関係なく、どの子も私が夢の中で叫んでいたのと同じように、

叫んでいるのでしょう。

ぼくの・・・わたしの気持ちをわかって~って!!


そんなこの時期の私のなんとなく晴れない気持ちだったり、疲れに寄りそってくれる友達、

ブログにコメントをくださったり、、メールをしてくださったりする方々に、今、救われています^^。

(あ、お世話になっている先生方は、もちろんですが・・・。)


最近、ブログで、チョコレートの消費量が半端ないと記事に書いたら、

知り合いのお世話になっている方と、アメリカに住んでいる友人が、チョコレートをどっさり送ってくれて・・・。
b0244274_11204582.jpg


b0244274_11213828.jpg


いつも美味しいパンやデザートを作ってくれ、ご馳走してくれる友人は、自家製オレンジピール入りの、

セーグル・ノア・オランジェを焼いてくれました。
b0244274_11222443.jpg


人の心を癒してくれるのは、優しい人の想い。

人の手を通して作られた美味しいものたち。


海をスクールバスのところまで送り、家に帰り、コーヒーを入れ、そんなものたちを口にいれたときに幸せは、

どんな栄養剤よりも、元気にしてくれる。


さ、あと一つ、チョコレートを食べて、仕事に行こう~っと!

読んでいただいて感謝です。
少し痩せたので、リバウンドしないように、
上手にチョコレートを食べたいと思いま~す!
応援クリックにも元気をいただいてます♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-04-22 11:29 | わたしのこと | Comments(8)
ブログ記事を書きたくても、力尽きて、なかなか更新できませんでした(T_T)。

朝、今までより1時間早く家を出て、電車に乗って、スクールバスに乗せるまでのわずかな時間だけれど、

慣れない生活に朝からバタバタ~。

そして、なんだか、へろへろ~。


まだ、始めてから間もないですが、すでに人身事故で電車が遅れて来て、いつもの電車に乗れなかったり、

歩いている道路の向かい側に立っている、近所の小学校の見守り隊の方に、

急に、ものすごく大きな声で、「おはようございま~~す!」と叫んだり、

(車がビュンビュン通っているので聞こえるはずもなく・・・。)、


電車の中では、「学校に行く人は、みんな、この電車に乗るの?」

「明日も、事故で遅れるの?」等など、海ならではの質問攻撃もあり、


なんか、海が、おしりを気にしているような感じで歩いていて、ん?と思ってはいたけど、そのままに・・・。

一緒にスクールバスを待つのにベンチに座っていたら、そ~っとミニタオルを出して、

ズボンの中に入れようとしたので、「○んちが付いている感じ?」と聞くと、コクンと頷く海。


幸い、まだスクールバス到着まで時間はあったので、慌てて駅員さんに頼んで、

ホームの中のトイレに入らせてもらうも、掃除が終わった直後で、床がびしょぬれ。


そこで、靴を脱いで、着替えは不可能だから、ティッシュで付いちゃったところを覆って、

学校で下着を交換しようね!と海に伝え、確認。

(お食事中の方、ごめんなさいm(__)m)


なんとか、バスは間に合ったけれど、ふ~~っと溜め息&脱力。


海だけだったら、どう対処すればいいのか、とてもとても難しいイレギュラーなことがいっぱい起こります。

電車が遅れたら、行き先も違う電車になったりします。

快特、特急、普通・・・と色々。


今回のトイレのように、びしょびしょだったら、着替えは厳しいとか、

びしょびしょであっても、着替えなければならない状況のときは着替えるとか、

まだ時間はあるから大丈夫だろうとか、

まあ、トイレ一つとったって、いろんな状況を判断していかなければなりません。


本当に一人で行けるときがきたら、やはり、携帯は必要だな・・・と実感したり、

じゃあ、どんな携帯がベストなの?とか、


まだ海に、障害のことを告知する時期ではないと考えているので、海のわかるところに、

『障がいがあります』バッジをつけるのは勇気がいるけれど、(最近認知も上がってきたので外した。)

どこかに一般の方がわかるように工夫をしないとと思ったり・・・。


ふっふっふっ・・・。

頭が、いや正確に言うと、朝から脳が限界です~!と叫んでます~(笑)!


そう、海が、自力通学するために、解決するべき対処法は山積み~~。

とほほです~。


まあ、自力通学への一歩を踏み出させていただいたおかげで、様々な問題に気づけたのだから、

ここは、感謝すべきところね・・・(^_^;)。


そして、頭も心もパンク寸前だったので、家にまっすぐ帰るのはやめて、

駅ビルに入っている、エクセル○オールカフェに寄って、朝ごはん&コーヒータイム。
b0244274_22522689.jpg


ボ~~っと、頭と心を休めるこのひととき。

幸せ~~~♪


まあ、一気に解決することは難しいから、またまた先生に相談しながら、一つひとつ解決していこう~!と、

思ったのでした。


ほんの少しでも、ゆっくり、まったりする時間は必要ね~~!と、強く思った朝のひとときでした(*^_^*)。


それにしても、「いってらっしゃ~い!」と、子どもを送り出すことも、子どもだけで、学校に通えることも、

本当に、すごいことなんだな~!って、改めて、感じました~~!


読んでいただいて感謝です。
最近、チョコレートの消費量。
半端ないです。キャ~!!
母に応援クリックお願いしま~す!
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-04-15 23:12 | 海のこと | Comments(12)

自力通学への1歩!

最近の海は、海の中のルールに従って、ものすごい自信をもって行動してしまいます。

決して、悪いことばかりではないのですが、いわゆるグレーな部分の理解に本人は苦しんでいます。

以前、交通ルールについても記事にしたことがありましたが、急に意識するようになり、

細かい状況によって変えることの大変さを、海は、理解すること、私は、納得させるように教えることが、

今は、とにかく大変です。


でも、交通ルールに興味を持ったことは、とても良いこと。

今までは、ふら~っと歩き出してしまったり、左右の確認も、ただ首を振るだけの儀式でした。


でも、今は、ちゃんと手をあげ横断歩道を渡ったり、気を付けよう!と言えば、だいぶ意識できるようになって

きました。


そして、思ったのです。

これは、自力通学への1歩を踏み出すチャンスでは!?


そして、5年生の最後に、クラスの先生に相談すると、それはいい!と先生も賛同してくださいました。

学校までは、歩いて行けない距離ではないので、私は、徒歩を考えていたのですが、

先生は、電車とスクールバスを使って練習してみることを、薦めてくださいました。


電車・・・。


できるかな・・・。

でも、今までも、子どもを信じて、先生に力を貸していただいて、無理だと思うことも、

できるようになってきたよね・・・。


信頼している学校で、信頼している先生方、最高学年になった海。

中学部は、ない。


今やらなくて、いつやるの?

今でしょ!(もう、古いね・・・(笑)。)


そして、6年生になったら、始めましょう!ということに決定しました。


家から駅まで、徒歩で、子どもの足なら15分弱。

電車に乗って、2駅。

その駅のロータリーにスクールバスが来て、学校まで行くルートです。


もちろん、しばらくの間は、私も一緒にスクールバスに乗せるところまでは、付き添いです。

海の定期も、私の定期も購入しました。


そして、ついに、今日から自力通学への1歩を踏み出しました。

今までは、学校まで、車で10分弱。

けれど、今日から、家を出るのは1時間早くなります。


5時に起きて、空のお弁当を作り、空と海を食べさせ、食器を洗い、私の身支度、

学校とデイの連絡帳を書き、バタバタでした~(笑)!


それとは逆に、海の嬉しくて、嬉しくて、たまらない顔。

今日は、海に、私の後ろを歩いてもらい、駅までどこを注意して歩くのかを、教えながら行きました。


大人が行けば、近い道のりだけど、改めて子どもと歩くと、

なんて注意しなければならないことが多いのでしょう!と実感しながら、とても長く感じた道のりでした。


海は、ほんの少し、大人になるための1歩を踏み出せたことが、たまらなく嬉しかったんでしょうね。

ホームで待っている時も、電車に乗っている間も、ず~~っと顔が笑っていました(笑)。

幸い、顔だけで、声が出てしまわなくて良かったけど~。


海の注意点を、発見!

電車の中で、吊革につかまることが、今、やりたいことのブームだったことを忘れていました。

電車に乗るなり、「吊革つかまっていい?」


これは、1回やらせないと、気が済まないぞ・・・。

「いいよ。1回ね!」


海の身長では、まだ吊革は高いので、ぎりぎり届くくらいです。

1回つかまらせて、あとは、手すりにつかまるように言いました。


「なんで?」と海。

(そ~ら、きたきた!確認くるぞ~~~!!)


ギリギリ届いてるだけなので、急ブレーキがかかったら、人にぶつかってしまうことなどを小声で伝えました。

しばらくは、諦めて、手すりにつかまっていたのですが、また、少ししたら、左は手すり、

右手は、吊革状態でした(--〆)。


どうしても、吊革につかまりたい。

何度か、小声で説明しなおして、幸い2駅なので、大騒ぎにはなりませんでした。


今の海の課題。(これは、ある意味、永遠の課題かな・・・。)

どうしてもやりたいけれど、やっていいのかを考えて、我慢すること。


私の課題。

それができるようになると、素敵な大人になれるよ^^!ということへの理解に繋げること。


どうしても理解できなさそうなら、空いている電車のときに、私が座って、海を前に立たせ、

ぶつかったりする経験をさせるしかないかな~なんて、思っています^^。


スクールバスが、ロータリーに着いたときの嬉しそうな顔。

1年生の頃から、ずっと乗ってみたかった憧れのスクールバスです。


スクールバスと海に手を振りながら、私のもとを離れていってしまうのね・・・と、

寂しい気持ちになりました。


でもでも、そう、自分でできることの幸せを、どんな小さなことでもいい。

一つでも多く感じて生きて欲しい。


何でも、守ってやることのほうが、親としての優しさのような気持ちでいた未熟な自分のときもあったな~。

でも、違うよね・・・。


海には、海の人生があって、生きづらさを抱えていても、海らしさを、親が潰してはいけない。

同じ年代の子が出来るように、器用に立ち回ったり、理解することはできないけれど、

根気強く、社会で生きていくための大切なことを教えて行きながら、

電車にのることも、買い物をすることも、守るべきルールを守っていさえすれば、

『自由』が与えられるということを、海の中に感じながら幸せに暮らしていける大人になってほしい。


今日、海の1日はどうだったかは、海にしかわからないけれど、

新たな1歩を踏み出した、あの嬉しくて、自信に満ちた、幸せな表情。


定期を取り出す嬉しそうな顔も、左右を見て、近所の新1年生より、うんとまっすぐ手を上げて、

横断歩道を渡る姿も、すべて、そんな素敵な未来へ繋がっているんだと思ったら、

帰り道が、とても幸せな気持ちで満たされていました。


学校の協力なくしては、出来なかったチャレンジ。

日々は、やっぱり感謝すべきことでいっぱいです。


海がホームで、自信と喜びでいっぱいで待っているところをパチリ!
b0244274_105114.jpg


海が、毎年、球根を植え、育てているチューリップも、海を応援するように咲き始めました。
b0244274_10521456.jpg


春は、環境も変わり、緊張もするけれど、喜びに溢れた季節ですね^^。

読んでいただいて感謝です。
自力通学への1歩を踏み出した海に、
応援クリックお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-04-10 10:54 | 海のこと | Comments(4)

最高学年になった空と海

空は、中学3年生に、海は、小学6年生になりました。

空も海も、学校が大好き!


空は、クラス替えして、友達の話や、部活の話、先生の話が絶えません^^。

2年の後期の成績はというと、・・・・。

悩みは尽きません。

本当に、どうしたらいいものか・・・と、深いため息が出ます。


後期通信表の担任所見のところに、落ち着いて取り組むことへの課題が書かれてありました(当然)。

でも、一番最初に書かれていたこと。

『年間を通して人なつこく、明るい姿がとても印象的です。

そんな姿と共に、ちょっとしたところで気が利き、どんな人に対しても優しく接する姿は素晴らしいと思います。

』と、先生が書いてくださっていました。


この言葉に励ましていただいて、成績のことも諦めそうになるけれど、

空にとってどう励ましていくことがいいのか、諦めずに、しっかり考えていこうと、やっと少しずつ想えるように

なりました(遅っ!)。


海は、今日(8日)、待ちに待った6年生になりました。

海が3年生のときから、ずっとお世話になっている女の先生(何度ハグをしていただいたかわかりません^^。

今日も、早速ハグをしていただきました~!)と、去年の海の担任の先生(ゆったり、ほんわか、

お料理上手の男の先生)、

そして、他の学年を受けもっていた先生(山登りが趣味なんですって~!!)が、

クラスの先生になって下さり、スタートしました。


ものすごい安堵感でした。

またまた感謝の想いが溢れ、最近の難しすぎる海のことを、相談させていただける幸せに、

始業式早々、胸がいっぱいになりました。


相変わらず、今は、悩むことが尽きない海だけれど、先生方が側にいてくだされば、

きっと私も海に向き合っていける・・・と確信して始業式から帰ってきました。


空も海も、最高学年の年。

今までは、きれいに舗装された道を歩んできた2人。

どうぞ、どうぞと用意していただいて歩いてきた道の岐路に立ち、進む道を選らばなければなりません。

(海に関しては、私の判断も大きく関わります。)


行く先の道は、凸凹かもしれないし、泥だらけかもしれない。

時間はかかっても、舗装が必要なら、人の手を借りながら舗装していけばいいし、

手が必要なら、手をとるし、道の脇に、お花が必要なら植えればいいもんね。

ときに、一切手を貸さずに、そっと陰から応援することも必要ね・・・。


そして、子どもたちが、1歩1歩力強く踏みながら歩いて行けるように、

1年間、母としてできる準備をしていきたいと思います。


先生方への感謝の気持ちを忘れずに・・・。

読んでいただいて感謝です。
空と海の進級に、
応援クリック、ハッピーです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-04-08 23:09 | こどもたちのこと | Comments(2)

全~部セット!

この春休みは、母として、忍耐の期間でした。

海は、海の障害ならではの、ちょっと理解に苦しむような発想で、ブオ~~ンと暴走しながら、

行動してしまうことが多かったこと。


そして、認知が上がってきている(だろう)ことで、ごまかしたり、約束を守れずに、

勝手に行動したりすることが、かなり多かったことです。


正直ね・・・。

やっぱり、親として、すごくショックだったんですよね。


どんなに説明しても、伝わらないのかな・・・。

・・・と、いつもなら、そんなことを思わないのに、自信をなくし、不安になって・・・。


どうしたらいいんだろう・・・って、悲しくなって、苦しくなって、そんなときは、海の未来に影をおとしてしまって。


けれど、やっぱり海の未来を想うと、凹んでばかりもいられない。

結局、私にできることは、海と向き合うことしかないから・・・。


夜、海と話しました。

全~~部、セットになっているお話を・・・。


素敵な人と、悲しい人。

どちらの人になりたいかな・・・。

きっと、みんな、素敵な人になりたいと思っている。


たまたま、知り合いが携帯を落としてしまって、焦って探したけどなくて、交番にいったら届いていたんです。

その話をしました。


○○○さん、携帯を道に落としてしまったの。

でもね、知らない人が、落とした人が困ると思って、おまわりさんのところに届けてくれていたんだって。

○○○さん、とっても嬉しくて、すごく喜んでたよ。

みつかって、本当に良かったね!


携帯が道に落ちてても、自分のじゃないし、知らんぷりをする人もいる。

ひどい人は、自分の物にしてしまったり、捨ててしまう人もいる。

そんなことをされちゃうと、携帯を落としてしまった人は、とても悲しいよね。


困ってるだろうな・・・と、届けてあげたら、必ず、喜んでくれる人がいるの。

その人は、幸せな気持ちになるから、届けた人も幸せな気持ちになるの。

優しくしたり、親切にしたり、助けてあげたりすると、必ず、喜んでくれたり、幸せになってくれる人がいる。

優しい気持ちで何かをしてあげると、喜んでくれる人がいる。

そう!これは、セットなの。


でも、自分だけ良ければいいやと、意地悪したり、知らんぷりしたり、悪いことをすると、

必ず、悲しむ人がいるの。

そう!これもセット。


何かを分けてあげることも、助けてあげることも、ずるいことをするのも、知らんぷりするのも、

みんな、素敵なことをすれば、嬉しくなる人がいて、

悪いことをすると、悲しくなる人がいる。

それが、必ずセットになっていること。


海がわかりやすいように、日常の色々な例を出して、話をしました。


たまたま、話をする前に、私が、キッチンから歩いてつまづいてしまったら、海が言いました。

「だいじょうぶ?」って。


だから、海に言ったんです。

「海、優しいね。さっき、大丈夫・・って言ってくれたもんね。

お母さん、嬉しかったよ。


もし、海が、つまづいたお母さんを見て、笑っていたら、お母さん悲しかったよ。

大丈夫、海は、優しい気持ちをいっぱいもってるよ^^。」


海は、ポロポロ泣いていました。

私も、話をしながら、泣いてしまいました。


お母さんもね、心の中で、いいよいいよ、しちゃっていいよ・・・と、悪い~声が聞こえるときがあるんだよ。

時々、悲しいお母さんになってしまうこともあるけれど、そんな悪い声に負けないように、

素敵な人になりたいな~って、頑張ってるんだよ^^。


だから、海も、お母さんと一緒に、素敵な人になれるようにがんばろうね!


凹むこともあって、悩む時も沢山あるけれど、こうやって、話すことで暗い影に光が射しこんでくる。

そんな光を感じながら、ハッピーセットをいっぱい作れるように・・・。

読んでいただいて感謝です。
いよいよ新学期。
ハッピーセットをいっぱい作るぞ~!
応援クリックハッピーです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-04-06 21:31 | 親子 | Comments(4)

嵐に向かう夫婦

空と海が2泊で、おじいちゃんとおばあちゃんの家にお泊りしていました。


普段は、毎日、12時過ぎに帰ってくるパパ。

なので、なかなか子どもたちのことも、ゆっくり話せません。

週末は、カレンダー通りに休みのパパですが、子どもたちがいれば、子どもの悩みも話せなかったり・・。

夜は、疲れきって、リビングで寝ちゃったり・・・。


空も、難しい年頃だし、高校受験のことや、私生活のことなど、悩みが尽きません。

海も、相変わらず、変な自信をつけ、いけないと言われているのに抑えられず、勝手に行動してしまうのが、

続いています。


もう、これは、パパとゆっくり、子ども抜きで話さなくては・・・・と思い、

パパが早く帰れると言うので、お酒を飲みながら、ゆっくり話をしよう!と誘いました。

そして、隣りの駅まで歩いて、居酒屋さんへGO!

疲れもたまっていたし、家だと、結局食事を作るのは私なので、お店に行くのがいいな・・・と。


食べたいものを、どんどん頼み、お酒も飲んで、いっぱい話しました。

個室だったので、話しやすかったしね・・・。


特に空は、色々と難しい年頃だし、空に話していくうちに、夫婦の意見があまりにも違ってしまうと、

空が迷います。


当然、夫婦といえども違う人間なので、意見も違ったりしますが、

本当に大切なことは、夫婦間で、意見をまとめておいた方がいいな・・・と感じます。


せっかく子どもに諭すように話していても、夫婦で、それ、ちがうでしょ!なんて、言い合いになってしまうと、

子どもが困りますもんね~・・・。


お恥ずかしながら、我が家は、そんなときも時々あったりしたので、

思春期の空と、認知が上がり、対応がややこしく難しくなってきた海の、様々な問題を共有していかなきゃ・・と

思った訳です。


・・・なんて言うと、聞こえはいいけど、要は、私がもう限界~~~!だったんですね。。

いっぱい話したからと言って、うまくすべてに結論が出たわけではないけれど、

男の人ならではの経験や感覚なんかも、今の空にはよいアドバイスにもなるし、

見ていないようでいて見ていた(あ、失礼(笑)!)パパから見る今の海を知り、

なんだかほっとしたり・・・。


いつも、いつも会話がポンポン弾む夫婦なら、そんな素敵なことはないですけど、

我が家は、普段パパが忙しいのと、そんなにパパもいっぱい話す方ではないので、

だからこそ、こういう時間は必要だな~と、実感しました。


いっぱいお酒を飲んで、これ、美味しいね!と夫婦で言いながら、

子どもたちのことを、ほんと!困ったもんだ・・・と、ため息をついたり、大笑いしたり、

あ~でもない、こ~でもない・・・と話す時間は、私自身、とても満足でした。


そして、パパが適度に酔って、

「すごい、楽しいな~!」と言ったんですよね。


それを聞いて、あ~、良かった・・と思いました。

内容は、ほぼ子どもたちのことだし、基本、悩みごとだし、決してハッピーな話題ではなかったけれど、

子どもたちの未来を想い、夫婦で、有意義な時間を過ごせたと感じてくれたんだと思ったから・・・。


空の中3、海の6年生の1年間は、そうとう覚悟しないといけなさそうです(>_<)。

やっぱり、嵐の前の静けさだったのか・・・と思う、今日この頃・・・。

きょわきょわきょわ~い!


でも、ときどき、こうしてパパと居酒屋さんに行って、飲むぞ~~~!!


そうそう、話は変わり、先日、空の部活の友達が泊りにきていました。

やっぱり!うまい!と食べてくれると、私、ほんとにハッピーな気持ちになります♪

夕食は、チキントマトクリームシチュー。

ドライトマトとコーンの炊き込みご飯。

ツナとブロッコリーのクリームパスタ。

タコマリネのサラダ。
b0244274_0152780.jpg

デザートは、いただいたケーキと子どもたちが好きな定番パフェ。

子ども達の夕食は、この倍の量はありましたけど・・・(笑)。
b0244274_0135095.jpg


いつものように、朝方まで、空の部屋からは楽しそうな声が・・・。

それでも、いっぱい朝食を食べ、元気にみんなで部活に行きました~!!
b0244274_0144420.jpg

若いっていいわね~!


読んでいただいて感謝です。
飲みすぎた夫婦。
家に帰って来て、リビングで爆睡~!
嵐に向かう夫婦に応援クリックお願いしま~す!
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-04-03 00:18 | 夫婦のこと | Comments(10)

真の美しさ

29日(土)は、私が幼稚園に勤めていたとき、担任をしていたお子さんのお宅に招いていただいて、

行ってきました。


もう成人になった彼は、去年、我が家に遊びにきてくれたのですが、彼のご両親に会うのは20年ぶり。

20年ぶりの再会に、胸をときめかせ、朝からワクワク。


幸い、とてもあたたかくて、春らしい気持ちの良い日。

彼が、駅までお迎えに来てくれて、一緒にお宅へ。


お宅までの道が、とっても素敵なの。

桜が咲いていて、大きな公園には、沢山の木々と花があって、歩いていると、

沢山の花の香りが、春を感じさせてくれる。


お宅に着く前から、幸せな気分いっぱいになりました(*^_^*)。


そして、ご両親との再会。


びっくりしちゃうほど、当時とお変わりなく若々しいお二人に感激~!

あんなに小さかった彼は、こんなにも大きくなったのにね!って、玄関でお母様と大笑い。


20年の月日を、一気に埋めるかのように、お母様とおしゃべり(笑)^^。

当時のこと。

卒園してからのこと。

お母様の今のこと。

私の今のこと。


話しても、話しても、話し足りないくらい、沢山お話しました。


お母様は、出会った当時から、とてもとても素敵なお母様でした。

いつも、幼稚園の教師として、何にも出来ないような未熟な私に、感謝の気持ちを伝えてくださいました。


もちろん、私だけではなく、幼稚園にも、他の先生方のことも、

あたたかく感謝の想いで、いつも見守ってくださっていました。


当時、若かった私は、お母様から感謝して生かさせていただくことを、沢山学ばさせていただきました。


今も、お母様は、自分のできるすべてで人と繫がり、愛を届け、チャリティー活動をはじめ、

前向きで、あたたかく、素晴らしい生き方をされていて、ただただ感動するばかりでした。


お母様と話していると、子育ての悩みも、自分自身の悩みも、吹き飛んでしまうほど、

素敵なお話で解決へと導いてくださるので、どんどん気持ちが軽くなるのです。


誰かのために、自分にできることを、どんどん行動にうつしていく力強い生き方に、

真の美しさを感じました。


美しさが、お母様の内から湧き出ているものだということが、きっと話をすれば誰でも感じられるでしょう。


誰かのために生きることが、結果、自分の学びと成長に繫がり、心をさらに豊かにするために、

ときに世界中の自然の中に身を置いたり、世界を旅してパワーをいただき、そのパワーをつかって、

また人へとかえしていく生き方。


小さな生き物にも、常に目を向け、心を寄せ、感謝をする生き方。


語りきれないほど、多くの実りあるお話を聞かせていただきました。

私も、少しずつ、そんなお母様のような人になりたいな・・・と思いました。


手作りランチとケーキまでご馳走していただいて、大きくなった彼が、

ささっと洗い物を手伝っている自然な姿。
b0244274_2344301.jpg


ずっと話し続けるお母様と私に、お父様は本当は苦笑いだったかもしれないけれど・・・(笑)、

いつだって優しく笑っていらっしゃるお父様。

あの頃と同じ幸せ。


夕方、幸せをいっぱいいただいて、駅まで彼と歩く幸せ。

夕方の桜も、幸せが咲いているみたいに、きれい♪
b0244274_23424662.jpg


なんだか、ちょっぴり成長出来た自分になった気がして、帰り道は、日常の疲れも消えていました。


出逢いに感謝。

沢山感謝できた1日に感謝。


いつか、また、お会いできる日までに、少しでも成長できた私になっていたいな・・・。

読んでいただいて感謝です。
明日も、沢山感謝しよう。
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-03-30 23:47 | わたしのこと | Comments(4)

叔母の涙

先日の3連休。

とっても疲れてしまった私(>_<)。

なぜ?


それは、海の今に、がっつり向き合わなくてはならないことが続いてしまったから・・・。

その中でも、今回、記事に残しておこうと思った出来ごとは、なかなか・・・。

・・・という訳で、やっと今日、パソコンの前に座り、記事を書こう・・・と思いました。


3連休の初日、お彼岸なので、叔母の家に行きました。

海は、叔母が大好きで、行くことをとっても楽しみにしていました。


リビングで、海は、叔母の家の懐中電灯を2つ持って、楽しそうに、点けては何やら話し、

あちこち移動して遊んでいました。

(完全に、怪しい人(笑))


その日、海は、叔母の家でいっぱい遊ばせてもらい、夕食もご馳走になり、私の母も来ていたので、

実家に母を送ってから、夜遅くに我が家に帰りました。


次の日の夕方、叔母から電話がありました。

用件は別だったのですが、電話を切る前に、そうそう・・・と叔母が私に言いました。


「昨日、海くんが遊んでいた懐中電灯、海くん、どこに置いたかしら~?探してもなくて・・・。」


「あ~、遊んでたもんね、でも、どこに置いたか見届けてなかった~。ごめんね~。

でも、海に、持っていったらダメよ・・・と言ったから、家には持って帰ってはいないと思うんだけど・・。

今、出先だから、あとで海に、聞いておくね~」と私。


そして、海に聞きました。

「ね~、海、いたいたばあ(海が呼んでいる叔母の呼び名)が、懐中電灯がないって。

昨日、遊んでいたでしょう?どこに置いた?」


すると、一気に海の表情がこわばりました。

「まさか、お家に持って帰ってきてないよね?」

「持ってきちゃった。」


「え?2つ?お母さんが、持って帰ったらいけないっていったのに?」

「・・・ごめんなさい。」


「なんで?」

「だって、いたいたばあは、いいよって(言うと)思ったから・・・。」


今、叔母は、叔父が亡くなってしまい、大きな家に一人きりで、しかも体調もよくないので、

引っ越しをする予定でいます。


それで、私が、叔父の作った木製の電気シェードを一つ、想い出に欲しいな・・と頼むと、

どうせ捨てちゃうかと、快くOKしてくれました。


そのとき、叔母が、冗談で私に言いました。

「もう何でも、好きなもの全~部持って行って~!」って。

「はははは・・・。いい、いい、いらないよ~!」と大笑い。


それを、海は聞いていたから、何でも持って行っていいと思ったのかな・・・。

でも、私は、あまりに海が懐中電灯でずっと遊んでいたので、持って帰ったらいけないよ・・と言ったのに。


ショックだ・・・。

でも、ショックなんて言ってられない。

大切なことは、ことが起こったそのときに伝えなければ・・・。


大きく息を吐いて、海に言いました。


・叔母に、もらっていいか聞かなかったこと。

・叔母も、海にあげるなんて言っていないこと。

・お母さんが、持ってたらいけないよ・・・と伝えたこと。

・どんなに優しい叔母でも、勝手に持ってきてしまったら、泥棒になってしまうこと。

・それは、お店でお金を払わないで、持ってきてしまうのと、同じだということ。

・叔母も、お父さんもお母さんも、とても悲しいこと。


半分は諭し、半分は厳しい顔と口調で言いました。


話しているうちに、パパも私も、同じ気持ちになっていました。

春休みにまた、叔母の家に、遊びに行かせてもらう予定でいて、

電話で謝った後、そのときに返せば・・・と最初、考えました。


でも、違う。

今、叔母に返しに行き、謝らないといけない・・・と。


もう、夕方でした。

決して近くない叔母の家。


でも、すごく大切なことで、今、学ばせないといけない。

大きくなってから、とりかえしのつかないことになってしまってはいけないから・・・。


「パパ、今、謝りにいかない?」と私が言うと、

「うん、それがいいよ!」とパパは言ってくれ、ほっとしました。


毎日、仕事から帰るのはいつも深夜12時過ぎ。

前日も、叔母の家に行きも帰りも、ずっと運転で、夜遅くて、かなり疲れたいたパパ。


パパに感謝し、叔母に電話をしました。

叔母は、それだったら、いい、いい・・・(わかったから、いい)と言ってくれましたが、

事情を説明し、海に謝らせ、返しに行きたいことを、お願いしました。


空は、友達と遊んでいたので、留守番を頼み、パパと私と海で、前日に行った叔母の家へ。

高速が渋滞していて、2時間半。

もう真っ暗だったけれど、無事に叔母の家へ着きました。


両手に懐中電灯を2つ持った海。

叔母に会って、海が、言いました。

「持ってきちゃって、すいません。」

「はい、持ってきてくれてありがとう。もう、いいのよ。」と叔母がにっこり。


「海、そういうときは、すいません・・じゃなくて、ごめんなさい・・・って言うのよ。」と私。

「ごめんなさい。」と海。


叔母には、たまたま電話がきてしゃべっていた私の母に頼んで、叔母に、電話してもらい、

海が謝った時に、優しさで、持って来なくてよかったのに・・とか、あげるからいいのよ^^・・・とか、

言わないでほしいと伝えてもらっていました。


「おばちゃん、懐中電灯がなくて困ったのよ・・・」と言えたら言ってもらって・・・と母に、お願いしましたが、

さすがに優しい叔母には、言えなかったのだと思います。


そして、前日に続き仏壇のところに行き、海とお線香をあげて、

海を可愛がってくれていた天国の叔父にも、言いました。


「海、いたいたじいも、海が懐中電灯を持って行ってしまって、天国から見ていて、悲しかったんだよ。

もう、そういうことは、しないようにしようね。」と。


海は、目が涙でいっぱいになり、それを見ていた私も泣けてきて、

そして、私たち親子を見ていた叔母も泣いていました。


叔母に、私からもう一回、謝り、夜にバタバタと来た私達を、快く受け入れてくれた叔母に感謝をし、

家に帰りました。


家に着いて、叔母に電話で連絡すると、叔母が言いました。

「もう、おばちゃん、涙が止まらなくて・・・。余計なこと(懐中電灯がないということ)を、

言わなければ良かった・・・って。海くんに可哀想な想いをさせちゃって・・・。ごめんね。」


「う~~うん、とんでもないよ。海がいけなかったんだし、大切なことで、どうしても、今謝らないといけなかった

から、こちらこそ、ごめんね・・・なの。」と私。


「もう、十分、海くんは謝ったから、もう、怒っちゃだめだし、言っちゃダメよ。」と叔母。

「うん、うん。わかってる^^。言わない。言わない。ありがとうね!」・・・と言って、電話を切りました。


昨夜(24日)、朝食を食べながら、春休みに、また叔母の家に行こうね・・・と私が言うと、

海が、急にうるうるし、しくしく泣きだしてしまいました。


「どうしたの?」と、空と私で聞くと、

「また、やってしまうかもしれない・・。」と海。


「大丈夫だよ!」と、これまた声をかぶらせながら、空と私が言いました。

「でも、心配なの・・。」


「そう。でもね、海は、もう、勝手に持ってきてはいけないんだ・・てわかったでしょう?」

「うん・・・。」


「だったら、大丈夫。もう、しないよ^^。」と私が言うと、少し、安心したようでした。


一瞬やりすぎだったのかな・・・と、海の涙を見て、思いましたが、

やっぱり、これで良かったんだと、思い直しました。


海に、悪意があって、やったことではないことは、もちろんわかっています。

でも、認知もあがり、誘惑に負け、やったらいけない・・・とわかっていても、いいかな・・・と、

持ってきてしまった。


でも、それは、社会の中で、許されることではないから、今、少し厳しくても伝えるしかないんですよね。

今の海なら、きっと、わかる・・・と信じて。


全部は、上手に理解できなくても、どんなにいけないことをしたのか・・・ということを心で感じるには、

やっぱり、起こったそのときじゃないと、もっともっと、理解するのが難しくなるから・・・。


パパは体力、私はメンタルで、どっときた連休でした。

海のメンタル面の対処は、基本、私が担当(?)なので(笑)、続いたりすると、どっとくるんですよね・・・。


日曜日は、空のサッカーの応援に行き、帰りに、ママ友とランチ出来たので、

だいぶリフレッシュできましたが・・・。


海の6年生も、親子共々、これまた先生に、どっぷりお世話になりそうです・・・。

読んでいただいて感謝です。
空の通信表が来ました~。
あ、またメンタルがやられそう・・・。
私に、応援クリックお願いしま~す♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-03-25 21:44 | 海のこと | Comments(9)
海の学校の修了式でした。

毎年、クラスの先生をはじめ、お世話になった先生(離任、退職される)に、

海から手作りのプレゼントを渡しています。


毎年、とっても時間がかかるのが、何のプレゼントにするか・・・ということです^^。

バレンタインのときのラッピングのときと同様に、今の海が心をこめて作れるものを大切にしたいからです。


先生の絵を描いたり、フラワーアレンジをしたり、先生人形を作ったり・・・。

毎年、出来上がると、海も私も心を込めた分、とっても嬉しい気持ちになります。


そして、今年は、『手作り絵本』を作ることにしました(クラスの先生用)。

他のお世話になった先生方には、海が、自分で絵を描く!と張り切って先生の絵を描いていました^^。


まずは、絵本の内容もどうするか、とっても悩みました。

クラスの先生との想い出?

行事のことを1つにしぼって、お話を作る?などなど・・・。


悩んで、悩んで、『海が5年生の1年間で、できるようになった沢山のこと』をテーマにしようと思いました。

海の5年生の1年間は、苦しくて、辛いことの多かった3.4年生を乗り越えたおかげで、

素晴らしく成長したと感じることができた年だったからです。


そして、自分ができるようになったことを、海自身が振り返ることができたら、

さらに自信につながると思い、何より、嬉しい気持ちになるかな・・・って。


同時に、できるようになった背景には、いつだって、先生方が応援し、励ましてくださっていて、

できるようになったときは、先生方が、いつも共に喜んでいてくださったことを、

海に気づいてほしかったのです。


海も、どんなテーマの内容にするか、私が提案し、話すと、うんうん^^と嬉しそうでした。


まず、海と私に、白い紙をそれぞれ1枚用意して、5年生でできるようになったことを、

書きだしてみることにしました。


いつも、手帳やノートに、沢山書きだしたりしている海なので、次々、書きだしていました。

b0244274_21434111.jpg


「あ、○○○もできるようになったよね!」

「あ、○○○もできるようになった!」

海と私で、思いつくまま書き出しました。


どんなに小さいことでも、できるようになったことは、子どもにとっては、とても大きなことですものね^^。


お互いに、紙にいっぱい書きだして、その中から、これを文章にいれよう!と決めました。

海も、ちゃんと意見を出して、納得して、進めることが出来ました。


その中に、1つだけ、どうしても先生との想い出の内容を入れたかったらしく、

それも入れよう!ということになりました。


こんな感じになりました。
b0244274_21453627.jpg


『5年生のぼく』というタイトルです。

これも、いくつかの候補の中から、「それがいい!」と決めました。


『5年生のぼく』 え(絵)/ 海 文/ 海とおかあさん


「アロハが ぼくのおうちにやってきた。

アロハのさんぽができるようになった。

じぶんできづいて アロハのおせわができるようになった。」
b0244274_2150029.jpg



「はじめての しゅじゅつも がんばった。

てちょうに きもちをかいたら こころがおちついた。

みんなのまえで おおきなこえで おはなしができるようになった。

しっぱいしても だいじょうぶ と おもえるようになった。

こまったときは ヘルプ!といえるようになった。」
b0244274_2151785.jpg



「プールでもぐれるようになったし、なわとびもとべるようになった。

うたもうたえるようになったし、ふえもふけるようになったし、ダンスもじょうずにおどれるようになった。

そして ついに!

6だんのとびばこを ピョ~ンッと とべるようになった。

すご~く うれしかった。

マラソンたいかいでは はじめて1いになった。」
b0244274_21521146.jpg


「○ックのてんいんさんにもなった。

おかあさんもつくったことのない ほんものの○クドナルドのハンバーガーをつくれた!

えがおで「ありがとうございました!」といえた。

きしゅくしゃたいけんで シーツのとりかえかたを おしえてもらった。

そして ぼくは ひとりでシーツをとりかえられるようになった。

くすりだって のみこめるようになった。」
b0244274_2153581.jpg



「ぼくは11さいになった。

はたらく べんきょうを いっぱいした。

そして ゆめができた。

ぼくは うちゅうひこうしになりたい!

せんせいとおひさまぶんこで うちゅうのほんをよんだことが

ぼくは とても うれしかった。」
b0244274_21555997.jpg



「すきなこもできた。

たくさんのひとに おてがみをかいて よろこんでもらえた。

チョコレートづくりも いっぱい がんばれた。

ぼくは いっぱい いっぱい いろんなことが できるようになった。

いつも せんせいが おうえんしてくれて いっしょに よろこんでくれた。

ぼくは どんどんおおきくなるよ!

せんせい、 いつも おうえんしてくれて ありがとう。

せんせい、 いつも いっしょによろこんでくれて ありがとう。

4がつになったら ぼくは 6ねんせいに なります!!」
b0244274_2158464.jpg


「2014.3.18 うみ」
b0244274_21584594.jpg


一つのページの文章から、海が、一つ選んで、絵を描いてくれました。

海が、緊張するといけないので、わざと私は席を離れ、海に任せました。


とても丁寧に描いていたし、なんだか、絵が上手になったな~と、しみじみと見入ってしまいました。


母の私は、絵や文の縮小コピー、切り張りなどに時間がかかり、寝たのは午前2時半(^_^;)。


さすがに、修了式の今日は、朝が辛かったけれど、先生方が、とっても喜んでくださり、

眠気も吹き飛びました。


海がいたから、先生には言わなかったけれど、修了式の朝、海に、できたての絵本を読んであげました。

読んであげているうちに、がんばった想いがこみあげてきたのか、クラスの先生方とお別れが寂しいのか、

理由はわからないけれど、海は、涙が出てきてしまい、しばらく私に抱きついて泣いていました。


そんな想いがいっぱい詰まった、海の手作りの絵本。

喜んでもらえて、海も、すごく嬉しかったようでした。


我が家用にも1冊作り、宝ものが増えました^^。

海が大きくなって、この絵本を懐かしむときが楽しみです。


読んでいただいて感謝です。
頑張った海に、応援クリックお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-03-20 22:15 | 海のこと | Comments(12)

週に1回のお楽しみ♪

週に1回、私がとっても楽しみにしている番組があります。

日テレで、金曜日の夜に放送されている『ゆっくり私時間』です。

約5分の番組。

毎回、録画して、くり返して観ちゃいます^^。


女優さんのKIKIさんが(WEEKEND HOUSEという設定)、それはもう素敵なお家で、

ゆったりお料理したり、小物をハンドメイドしたり・・・。


お家の中のインテリア、食器やお鍋、もうすべてドストライク!

いちいち可愛いの♪


僅か5分の私だけの時間。

すごく幸せな、ほっこりした気持ちにさせてもらっています。

(検索すると、公式サイトが出てくるので、興味のある人は観て下さいね。)


今回14日に放送された、『春キャベツのファルシー』が、あまりにも美味しそうで、

今日、作ってみました~!

(ファルシーとは、詰め物料理のこと)


たまたま、春キャベツを買ってあって、挽肉もあったので、ラッキー!出来る!とルンルンで♪

公式サイトに、バックナンバーがあり、材料も細かく出ているので、作れるのが嬉しいです。


材料は、いたってシンプル。

ルク鍋で、1時間弱火でコトコト煮るだけ。


1時間経ち、お鍋を開けると・・・!

こんな感じ!
b0244274_20462161.jpg


すごく食欲をそそる香りが、湯気と一緒にホワ~っと届いて。


そして、お待ちかねの夕食。

b0244274_20475950.jpg


一口食べたら、あまりの美味しさに、思わず笑顔。

「ん~~、美味しい!」


想像以上の美味しさでした。

春キャベツが、とっても甘くて、最高でした。


キャベツをくりぬいた時に出たキャベツと、外側のキャベツを使って、

ウインナーとキャベツのミルクスープを作りました。

最後に、卵を落としお好みのかたさに!(我が家は4個)、くずしながらスープを飲む幸せ♪


あ~、やっぱり私は、食べることが大好き・・・と思ってしまった夜でした(*^_^*)。

読んでいただいて感謝です。
来週は何かな~♪
5分の夢の時間で日常から逃避~(笑)。
応援クリックすごく嬉しいです。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-03-16 20:51 | わたし&お料理 | Comments(8)

海が、ついに!

今年も海の学校で、高学年のマラソン大会がありました。

去年は、2位でした。


毎朝、学校でマラソンをしている海。

けれど、去年よりタイムが遅くなっていると知り、すごくショックを受けていたと先生から報告を受けました。


海は、最近太ってきてしまったし、軽やかさがなくなってきていたので(笑)、

仕方ないかな~と、私は思っていました。


マラソン大会の前日、先生が話して下さった通り、4年生のときよりも遅くなっちゃったんだ・・・と、

タイムのことを気にして、ドキドキ顔全開(>_<)。


海に言いました。

「そう。でも、途中で遊んじゃったり、ふざけちゃったりして、タイムが遅くなったのなら残念だけど、

一生懸命走ったら、タイムが遅くたって、いいの、いいの。ね!」


「そうだけど・・・でも、1位になりたい・・・。」

(あ~~、やっぱりこだわってるな~・・・。まあ、でも、こればっかりは仕方ない。

乗り越えるんだ~~!海~!)


去年は、応援に行きましたが、今年は、海にプレッシャーになってはいけない・・と思い、

結果報告を待つことにしました。


海は、学校の後は、デイサービスに。

私は、仕事で、海の学校に用事があり行きました。


そのときに、偶然会った4年生の先生が、私に声をかけてくれました。

「今日、海くん、マラソン大会ぶっちぎりの(オーバーに話してくださったかな^^)1位だったんですよ~。

タイムも6分台で速かったし、かっこよかったですよ^^!」って。


「え~!本当ですか~!良かった~!昨日、すごく気にしていたので・・・。」


あ~~、海、頑張ったんだ~。

嬉しいな。

海がデイサービスから帰ってきたら、いっぱいほめてあげよう~!!


海が、デイサービスから帰ってきて、海に言いました。

「海、マラソン大会どうだった?」

「ぼく、1位だったんだよ!!あのね、タイムが、6秒 3・7秒だった!」

(なんじゃ、そりゃ!と思ったけれど、6分37秒ね!と納得。)


海の笑顔がはじけていました。

大きなマラソン大会でも、学校のマラソン大会でも、1位に憧れてきた海。

手が届かなくて、いろんな想いをしてきた海だけど、ついに1位になれた!


順位じゃないことは、もちろんわかっています。

でも、海が素直に憧れて、願い続けてきたことだから、素直に喜んであげたい。


その日の連絡帳を読んだら、海は胴上げをしてもらったと書かれてありました。

どんなに嬉しかったことか!


あ~、その瞬間を見たかったな~・・・と、幸せそうな海の笑顔を想像しちゃいました。


先日の個別面談では、海が跳び箱を初めて跳べて、先生と大喜びしてハグしてもらっている動画を、

担任の先生に見せていただきました。


あの最高に嬉しそうな笑顔。

海と一緒に、これ以上ないというくらいの微笑みで、喜んでくださる先生方。


海は、本当に幸せだ。

先生方に心から感謝し、心が幸せで満たされました。


マラソンも跳び箱も、学校で行うすべてのことに、真正面から海と向き合ってくださる先生方。


毎日、毎日通う学校で、どんなことがあったのかは、基本的には連絡帳でしかわかりません。

でも、あの動画をみせていただいたとき、海が驚くほど成長していく理由がよくわかりました。


だから、今回のマラソン大会でも、見れなかったれど、報告して下さった先生方のお話や連絡帳だけで、

いっぱい、いっぱい想像することができました。


そして、ふと思いました。

パパに見せたい。


パパは忙しすぎて、こんな海の日々を想像することが、なかなかできないはず。

日本のパパは、忙し過ぎますね。


パパにも感じてもらいたい。

自分の子どもの大きな成長を。


もちろん、マラソン大会のことも報告したけれど、当然ながら私のようには感じたり想像したりできないものね。

パパたちに、学校での自分の子どもの普段の姿や、何かが出来たときの表情なんかを、

先生が録ってくださった動画で、もっともっと、見ることができる機会があったらいいのにな~。


奥さんに聞くことも大切だけど、動画で観るそのときの姿ほど、

リアルな子どもの表情を感じることはできないから。


心も含めて想像することが得意なパパさんもいらっしゃると思うけれど、

そうじゃないパパさんもいっぱいいると思うんですよね。


ある意味仕方がないとも思います。

家のパパで言えば、早朝から深夜まで会社だし。


自分が会社で仕事漬けになっている時間に、子どもは、学校でこんな風に輝くときがあるんだよ^^って。


海(子ども)の最高の笑顔は、親の最高の宝もの。

その笑顔が、親としての喜び。

その喜びが、親である喜びに繋がる気がして・・・。


日本のパパに、もっとゆとり時間を・・・。

海の笑顔と喜びから、ふと考えさせられた母でした^^。


読んでいただいて感謝です。
願いを叶えることができた海に、
おめでと~クリックお願いいします^^。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-03-12 22:12 | 海のこと | Comments(8)

心に誓う

昨日(6日)、海と郵便局に行くときに、ヘルパーさんに手を支えてもらいながら歩いている男性がいました。

彼は、歩きにくそうでしたが、一生懸命歩いていました。


海は、確かに彼を見ていました。

その男性とすれ違って少しして、海は私に言いました。


「お母さん、あの人変だったよ。チンパンジーみたいだね。」って。

その言葉を聞いたとき、心にグサリと突き刺されたようなショックを、私は受けました。


でも、海の表情は、ひとつも悪気がない。

思ったままを言っただけ。


歩きながら、ふう~っと大きく深呼吸をしました。

わかりやすく、短文で。

どう伝えよう。

難しいけれど、私の想いを、海に。

今、届けなければなりません。


「海ね、お母さん、今、とっても悲しかったの。なんでかわかる?」

「なんで?わからないよ。」


「今、海、歩いている男の人を見たね。そして、言ったよね。

変だよ。チンパンジーみたいだ・・って。」

「うん。」と海。


(さ、ここからが大切。頑張れ。私。海に想いよ届け。)

「海は、どうして変だって思ったの?」

「だって、変だよ。歩くのがチンパンジーみたいだったよ。」


「そう。海には、そう見えたよね。

確かに、海やお母さんが歩く歩き方じゃなかったね。」

「うん。」


「あの男の人はね。病気かもしれない。お母さんにはわからない。でも、歩くのが大変なんだと思う。

だから、横に手をとってあげている人がいたね。」

「うん。」


「海やお母さんの歩き方と違った。それは間違いないこと。

でもね、あの男の人は、一生懸命、一生懸命歩いていたんだよ。わかる?」

「うん。」


これくらいから、海の表情が少しずつこわばったような顔になってきました。

「一生懸命に歩いている人を見て、海はなんて言ったっけ?」

「変・・・。でも、なんでなの?変だったのに。」と海。


もうこの地点では、自分が悪いことを言ったと気づいたのでしょう。

(いけないことを言ったみたい。ぼく。でも、どうしてかわからないよ。)

・・・というのが、海のこのときの心の叫びだと思います。


「海から見れば、変な歩き方をしていたね。

でも、ここからが大切だよ!

あの男の人は一生懸命歩いていたんだよ。

一生懸命歩いている人に、変だと言ったり、チンパンジーみたいだ・・と言ったりしたら、

その人は、どう思うかな?」

少し考えて、「やだ?」と海。


「そうだね、お母さんだったら、嫌だし、すごくすごく悲しくなったと思う。

一生懸命歩いているのに、ジロジロ見られて、変だって思われて、チンパンジーみたいなんて言われたら。

たまらなく悲しいな。」

海は、考えていました。


私が続けて言いました。

(今、海は、目に脂肪のかたまりが大きくなって、ばい菌が入り、下目尻のところが大きく腫れています。)

「今、海の目は大きく腫れてしまっているよね?」

「うん。」


「今の海をじ~~っと見て、『うわ!気持ち悪い!何それ!変なの!人間の目じゃないみたい~!』と、

海が言われたら、どうな気持ちがする?」

「やだ・・・。悲しい。」


「そうだよね。すごく悲しいよね。だって、海だってわざとこんな目になった訳じゃないもんね。」

「うん。」


「それと同じなの。今、海は、目はちょっと見えづらいけど、頑張ってお薬さしているもんね。

あの男の人もね、歩くのは私たちみたいに歩けないかもしれないけれど、

一生懸命歩いていたんだよね。

だから、一生懸命歩いている人に、海が言ったことはどうかな?」

「ダメ。」と海。


「お母さんも、そう思う。海と同じ。」

「うん。」


「歩くのだけじゃないよ。

たとえばね、海は、色々お話できるけど、色々お話できない人もいるよね。

でも、お話は海の方がいっぱい話せるかもしれないけれど、

びっくりするくらいパズルを早くできちゃう人もいるでしょう?」

「うん。」


「それから、海は、目が見えるけど、目が見えない人もいるね。

でも、びっくりするくらいピアノが上手な人もいるよね?」

「うん。」


「そうなの。みんなね、できないところや、苦手なことは、みんな、みんなあるの。

でも、それは、みんな一人ひとり違うの。

それでいいの。


それと同じで、みんなできること、得意なことが、みんなみんなあるの。

それも、みんな一人ひとり違うの。

それでいいの。わかるかな?」

「うん。」と海。


「良かった^^。

だから、あれ?ぼくと違うぞ・・・というところが、みんなにあるから、変なの!と言っちゃいけないよね。

わかるかな?」

「うん。」と海。


すると、今度は海が私に質問しました。

「見ちゃいけないの?」

私がじっと見たこともいけないと伝えたので、そこも疑問に思ったようです。


「ううん。目が見えているのだから、見えるし、見ちゃうよね。

でも、お母さんが言いたいのは、じ~~っと、用事もないのに、長い時間見てしまうことは、

すごく相手の人が嫌な気持ちになるからいけないよ・・と言っているんだよ。わかる?」

海は、少し考えて言いました。


「でも・・でも・・・困っている人も見てはいけないの?」

「違う、違う、目に見えるのだから、見ていいんだよ。

そして、困っている人がいたら、見ちゃいけない・・・ではなく、

『どうしたんですか?大丈夫ですか?」と声をかけてあげることが大切だよね。」


少し、話がそれてしまったけれど、海の頭の中では、フル回転で色々と考え、疑問に思ったのでしょう。

「今日はね、悲しいことを言ってしまったけれど、大丈夫。

最初は、みんな、わからないんだもの。

だから、海が悲しくならなくて大丈夫だよ^^。」


すると、海は、少ししょんぼりはしていたけれど、納得したような表情をしていました。


「アロハ(愛犬)が、早く帰ってこないかな~って待っるね!」と、話題を切り替えると、

海の顔がにっこりと笑顔になって、

「うん」と。


家に帰るまでの道のりの中で、なかなか重いテーマだったけれど、

なんとか私の想いが届いたみたいで良かった・・・と胸をなで下ろした母でした。


そして、思うのでした。

海には、えらそうに語った私だったけれど、自分はどうなんだろう・・・って。

バカにしたり、傷つけたり、日常の中で、沢山してしまっっているな・・って。


子どもの素直な心は、濁ってしまっている私の心も、浄化してくれる。


人間って、とっても弱いから、すぐに忘れて、人を羨んだり、意地悪な気持ちが出たり、

欲深くなったり、傷つけたりしてしまう。


でも、やっぱり人間の心は強くて、もう輝く心になんてなれないんじゃないかって思ったりするけど、

浄化して、磨いたら、その心から、優しさがいっぱい溢れてくる。

実は、すごく強いんだな・・・って思う。


沢山の経験をしながら大人になっても、意地悪な心を感じたりすると、けっこうめげそうになったり、

気づくと人の機嫌に自分の心を奪われてしまったりして、勝手に疲れたり、心折れそうになってしまう。


でも、海と話すことで、大切なことに、もう一度気づかされ、

笑顔の私でいたい。

優しい私でいたい。

なりたい私になれるように、悲しいことを拾うのではなくて、大切なことを拾っていこう・・・と心に誓うのでした。


きっと、そんな風に想えた今日は、
昨日の私より素敵な気がする♪
単純~(笑)!
応援クリック、とっても嬉しいです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-03-07 10:52 | わたし&海 | Comments(4)
日に日に、生意気な口をきくようになってきている空。

でも、先日、空の同級生の家に行って、家に帰ってきた空の同級生の話し方を聞いて、ほっ^^。

中2男子は、こんな感じなのね・・・。どこも・・・(笑)。


小学生の面影を、少し残しつつも、声も、格好も、すっかり男らしくなって、

でも、まだ母親たちと、少し照れながら話す感じも、空の雰囲気と同じで^^。


本当に、大人への階段を、子ども達は、着実に上っているんだな~って、感じます。


私が空くらいのときも、母は、こんな風に思ったのかな・・・。


思春期の空との向き合い方に悩みつつも、なんとなく、なんとなく・・・の流れで過ごしている今。


思春期の空と私を繋げているもの。

その大きな部分を占めるのは、お弁当だな・・と実感する今日この頃。


ケンカしても、お互いに、もう!と思っても、

毎日、毎日、私から空へ、空から私へと渡るかけ橋のようなものかもしれません。


朝から、空とバチバチあたるときも、時にはあります。

ふん!と思いながら、それでもお弁当を作り、超嫌味っぽく、「はい!ど~ぞ(--〆)!」と、

空の目の前に、ボンと差し出す大人気ない私。


チッ!という表情をしながらも、ムスっとした顔で、超超超小さい声で、「おべんとうありがと・・。」と空。

「え?なに?聞こえな~~~~い!」とこれ以上ない嫌味顔でわざと言ったり、

「はい・・・。」と無表情の私だったり、思春期男子にしたら、

ちくしょ~!ふざけんなよ!(汚いお言葉で失礼!)と思うに違いありません^m^。

(でもでも、どんなにフン!という状態でも、これだけは言う空は、いつも偉いと思う。)


でも、どんなに怒りプンプコリンで、キッチンに向かって作ったお弁当だったとしても、

そこに私のできる精一杯で愛情を入れて作っていて、

空が食べる頃には、お互いに朝の出来事なんて忘れているくらいの内容で、

空は、当たり前のように、私の作ったお弁当を、友達と笑って食べているのでしょう。


朝練&寒さで、お弁当作りがきつく感じる日も多いけど、もし、空が、本気で私を憎むことがあったとしても、

私の心と、空の心を繋げてくれるもの。

それがお弁当なんじゃないかな・・・・って強く感じる今日この頃です。


溜まりに溜まった空弁アルバムです。

b0244274_21511845.jpg


b0244274_21552939.jpg


b0244274_21564621.jpg


b0244274_21594713.jpg


b0244274_2204618.jpg


b0244274_2215512.jpg


b0244274_2225212.jpg


b0244274_2235733.jpg


b0244274_224496.jpg


b0244274_2253721.jpg


b0244274_2262946.jpg


b0244274_2271311.jpg


b0244274_2275843.jpg


b0244274_2285286.jpg


b0244274_22102964.jpg


b0244274_22112934.jpg


b0244274_2212482.jpg


b0244274_2214479.jpg


b0244274_22153682.jpg


b0244274_22174515.jpg


b0244274_22183721.jpg


b0244274_22224755.jpg


b0244274_22233677.jpg


b0244274_22242578.jpg


まだまだあるのですが、今日はここまで~(笑)。

読んでいただいて感謝です。
さ、明日は、なんのお弁当に
しようかな~。
明日も寒そう・・・。
私に応援クリックお願いします~♪てへっ。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-03-05 22:36 | 空&お弁当 | Comments(4)
<宇宙飛行士に憧れる海>

『きょうは ぶっこふ(ブックオフ)にいった。

ぼくは さいしょは パノラマうちゅうえほんを よんだ。

すごかった。


そのあとは うちゅう大ずかん よんだ。

いっぱいあって たのしかった。


ぼくは ロケットえいせいもすきだけど 

でも うちゅうひこうきも すきです。


すきな うちゅうひこうきは ローターフラント(?)がいちばん大すきです。

ぼくは もしも・・・うちゅうではたらくなら、JAXA、NASAでも どっちでもいいです。


もしも・・・大人になるなら えらぶなら(大人になって選ぶなら)、NASAにしようかな。

なぜかというと?

アメリカだし、あとは、NASAのひこうきもあるからです。


ぼくは わかだこういち(若田光一さん)にあいたい。

わかだ(わかた)さん だいすき。


わかだ(わかたさん)にあったら、あいさつして、いっぱいおはなしするんだ!!

いっしょに じっけんして いっしょに うんどうして ごはんたべて いっしょにねるんだ。


ぼくは それが いちばんのゆめだったんだ!

ぜったいに あいたい!!!


マストラキオに じこしょうかいするんだ。

ミエフさんにも ミハイルチューリンさんにも アレコサンダー(アレクサンダー)さんにも、

いっぱい うちゅうひこうしに じこしょうかいするんだ。


たのしみだな。』


<夕食で、チキンを食べて思ったこと(途中抜粋)>

『いま チキンを7ほんたべた。おいしかった。

しお、こしょう、ハーブがあって、カーネルさん(カーネルサンダース)のことを おもいだしてたべて、

こころから、カーネルさんの 天ごくのチキンを こころから おもいました。

また たべたいです。』


その他に、手帳の小さな四角いスペースに、絵が描いてあったり、思ったことが書いてあったり・・・。

何故か、山下達郎さんの絵が・・・(笑)。

これが、なんだか、似てるの・・・^^。

b0244274_0273788.jpg



あとは、自分に言い聞かせるよな文章が・・・。

多分、チョコレートを渡すときのことだと思います。

海は、チョコレートを渡す日の朝、緊張で、涙が出てしまいました。


『きんちゅう(緊張)しても、どきどきしてもいいから、

わたして いいたいことは ゆう(言う)ようにしよう。

そしたら わかってくれるよ。』


宇宙のことも、気づけば、図鑑やアイパッド等で、一人、夢中になって見ていたりします。

海の手帳で、この文章を読んで、海が知らぬ間に、沢山の宇宙飛行士の名前を憶えていたり、

すごくピュアな想いで、未来を夢みていることを知りました。

海の期待に満ちた、生き生きした想いが、いっぱい伝わってきました。


家で作ったグリルチキン。

そう言えば、海が、聞いてきたな・・・。

「お母さん、チキンは何味?」

「これはね、塩、こしょう、ハーブで味付けしたんだよ^^」って。


美味しい、美味しい!と、いっぱい食べていた海。

夕食で食べたチキンから、天国にいるカーネルサンダースを思い出し、彼のチキンに想いを寄せる人は、

海くらいでは・・・(笑)?


たまたま、今日、作ったグリルチキンの話が出たので、おまけ。


明日、おばあちゃんが、ひな祭りのご馳走を作ってくれるので、我が家は、男子家族なので、

我が家は、少し、春っぽいメニューにしてみました。

買い物に行くと、ついつい、いっぱい買っちゃうので、今日は、食材はあるもので!と決めました。


今回は、お豆腐、豆乳をいっぱい使いました。ヘルシ~♪

グリルチキンだけは、お豆腐なし・・・。

b0244274_0283591.jpg


・お豆腐のグラタン。

(絹ごし豆腐を水切り。小松菜、ツナを麺つゆとはちみつで、煮詰めます。

煮詰まったら、ゆかりを入れます。

それを、お豆腐に入れて混ぜ、マヨネーズも少々入れて混ぜます。

器に入れ、とろけるチーズ、粉チーズをかけ、オーブンで焼いたら出来上がり!また作ろ!)
b0244274_030391.jpg


・サツマイモ、ほうれん草、コーンのカレー風味の豆乳煮。

(すごくマイルドで、美味しかった!空が、いっぱい食べてた。)
b0244274_0293233.jpg


・かに、キャベツ、れんこん、スナップエンドウ、紅ショウガの豆乳ペンネ。

紅ショウガがアクセント。桜の塩漬けで、ちょっぴり春らしく♪美味しい~!)

b0244274_031467.jpg


・桜のハニーラテ。

桜のフリーズドライが、ほんのり桜の塩味と風味を出してくれて、ほっこり味でした♪

(ミルクにも、桜のフリーズドライを入れて混ぜて、最後トッピングにも使いました。)

はちみつとミルクとの相性もよくて、春らしいドリンクになりました。

b0244274_0344278.jpg

 
読んでいただいて感謝です。
私の母の散らし寿司は、
私の大好物です♪
早く食べたいな~♪
応援クリック嬉しいです。るん♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-03-02 00:44 | 海&お料理 | Comments(2)
引き続き、海の手帳から、海の書いた文章を載せます。

(句読点、誤字脱字、スペース等は、私が直しますが、それ以外は、海の文章をそのまま載せます。

海に、沢山の人に読んでもらうことを、許可してもらっています^^。)


<アトピーで、薬を塗りながら思ったこと>

『きょうなんですが アトピーのにっきをかきます。

ぼくは はだがよわいです。


いっぱい 手に くすりをつけたなんですけど(つけたんですけど)、

なかなか なおなくて(なおらなくて) しんぱいです。


そしたら まいにち あさ・ひる・よるに つければいいじゃん。

そうしよう。ずっと。

けっていしました。


ぼくも はやく 手をなおしたいと ぼくは おもいました。

○○せんせいもおもっただろうな?


もしも・・・ぼくが なおたら(なおったら)、

よかったねって ゆったら(言ったら)うれしいけど、

でも ちょっとゆうと(ちょっというと) はずかしいな。


ぼくは こころから おもう!!

うみは ずっと ずーっと おもった。

はやくなおしたいって オレはおもった。


みんなが たすけてくれた。

オレは とってもうれしんだ(嬉しいんだ)。


ほけんしつの○○○せんせい・○○○せんせいや、

ほんとのかんしゃをおもって なおすだよ(なおすんだよ)。


○○○せんせい・○○○せんせいも みんなおもった。

だから ぼくのお○んちん(海は、去年、包茎手術をしました。) なおせたんだよ(と)、

おもいながら ぬっていた。


ぼくは ○○せんせいも ○○せんせいも ○○せんせいも ○○せんせいも ○○ちゃんも 

○○も ○○も みんな大すき。ずっと。ずっと。』


<一緒に学校でマラソンを頑張ってきた6年生のお友達を想って>

『きょうらかん(から?)マラソンをやった。がんばります。

ぼくは ひとりだけ ぼくの しんゆうがいます。

○○○ ○○○です。

なぜかというと?


かわいし(かわいいし)、ライバルだからです。

だから がっこうに(で) 6年生の手がみの日に 手がみをかくところに(書くことに)、

けっていしました。


なぜかというと?

しんゆうだし ともだちだし ライバルだからです。


ぼくは こころから いままでありがとう 大すきだよ。と ぼくはおもっています。

かなしいけど でも ぼくも ○○○ちゃんのことを わすれません。

さいごのおもいでをのこして いままで(の)おもいでをのこして 

たのしかったな のゆめを いつもみるよ(ハートマーク)。


いつも いつも いてくれてうれしかったです。

いきいき(縦割り授業)も クラブも マラソンも なんでもたのしかった おもいで。


それが ぼくのたのしいところな ゆめでした。

ほんとに かんしゃしてあげたいなって おもっています。

ありがとうございましたって いつもいつも おもっています。


もう ともだちになりました。

ビリーブ(歌のタイトル)は、○○○ちゃんの(を)おもいながら うたうのが、

それが ぼくの ゆめでした。


ぼくは ずっとわすれません。

ずっと しんゆうで ともだちです。


マラソンも たのしかったことも いやだことも(嫌だったことも)ありましたけど、

すべてが ハートです。

ダイアモンドです。


これから○○○ちゃんがいなくても ぼくはがんばるよ。

ずっと ぼくのことをおもいだしてね(ハートマーク)。

ぼくのことを わすれないでね(ハートマーク)。


やくそくだよ。

これからも がんばるからね。


○○○ちゃんも がんばってね。

すっと がんばってね。

やくそくだよ。

ずっと 大すきだから。』


ライバルということばを、きっと先生が上手に教えてくださったんだな~と思いました。

○○○ちゃんは、足が速くて、海は追いつけずに、悔しい想いをしたり、悲しくなったりしたときもありました。

でも、先生方が、海をフォローし、こんな風に海が想えるまでに、

海に沢山のことを学ばさせてくださったことが、海の文章を読みながら、沢山感じることができました。


今回載せた2つの文章は、おかしい部分、言いまわしもいっぱいあります^^。

でも、「感謝」「夢」「大好き」というような素敵なフレーズが散りばめられていたこと、

相手を想う気持ちが詰まっていたことが、親として、嬉しかったです。


読みながら、海のことばが、私にはダイヤモンドのように輝いて届きました。

親バカかな・・・(笑)。

読んでいただいて感謝です。
「想い」を伝えること。
これが、私の大切にしていること。
これからも、いっぱい伝えていこうっと!
応援クリック、とっても嬉しいです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
# by soratoumihouse | 2014-02-26 23:13 | 海のこと | Comments(2)