心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

<   2014年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

心ホグホグ

自分の性格って、自分がよくわかっているような感じがするけど、意外とわかっていないことも多くて。

こういうところが苦手だな・・・とか、実は、ここは、そうでもない・・・とか、ここはこだわる部分だな・・・とか、

何となく、なんとな~く、自分の中で認識していたりする・・・。


これって、まわりの人と比較することで、自然と人と自分との考え方や行動が違うことに気づいて、

自分の個性が客観的にみえてくるのよね~。

もちろん、そういう中で、あ~、この人は同じ価値観なんだな~とか、感じていく訳で・・・。


でも、沢山の人と出逢って、沢山の関わりをすればするほど、思い込んでいた自分は、

実はそうじゃなかった・・とか、気づかされる瞬間がいっぱいある。


なんて私は頑固なのかしら・・・とか、

ゲッ!意外と、何とも思わないや・・・とかね~。


子育てしながら、仕事して、気の合う友達と出かけたり、家族で笑ったり、喧嘩したり・・・。

日々は、つくづく頭をフル回転させて、生活してるんだな~って、最近、しみじみ感じます。


悩みを聞いてもらったり、人の優しさに触れたりして、ちょっと心が敏感になっていたり、

緊張していたりするのを、ほぐしてもらっていたりするから日々は感謝なんだけど、

どうにも、、こうにも、一人になりたい・・・とき、ありますよね~。

私だけ~?


それが、最近の私の一人DVD上映会(笑)。

すごく精神的にいいの。


映画の好みも、人それぞれだから、これもおもしろいとこだけど、

最近の私は、とにかくボ~~~ッと観ながら、ほっこりするやつばかり。


ヒューマン系も好きだけど、一人で観るのは、今は、ハハハ・・・って観ながら、

心がビヨヨ~~ンって、のびのびリラックス。

これに限る。


この1.2週間くらいで、気にいって観ていたのは、『かもめ食堂』や『トイレット』でおなじみの、

荻上直子監督の作品。

『レンタネコ』と、wowowで放送されたドラマの『パンとスープとネコ日和』。

(久しぶりに、『かもめ食堂』も借りて観ちゃったけど^^。)


『レンタネコ』の中で、猫を貸す呼びかけがあるのですが、ずっと離れなくて、

気づくと、家でも、車の中でも、「レンタ~ネコ♪・・・・(続く)」と言っている私。


なんだろ・・・。すごく後を引く映画でした。

映画が終わってから、ちょっとして、そのほっこり感や、私は私で、のんびりやっていこう~~♪っていう、

何ともいえない、いい感じが包んでくれるのです~。


普段、頭をフル回転していると(つもり(笑))、多分、心も身体もフル回転しちゃってると思うのよ。

だから、こんがらがっちゃう前に・・・

脱水し終わった洗濯物をほぐすみたいに・・・

頭と心、身体をホグホグしてあげましょ~。


この夏の前半は、脱水直後の洗濯物をほぐすこともなく、

そのまま洗濯機に取り残されてたままの私でしたの(T_T)。


一人心ホグホグすると、また、元気になって、お友達といっぱい話して、いっぱい笑って、ハッピー。

ちょっと苦手なことや人も、スルル~~っと自分の心に正直に、通りぬけることができるしね。


♪私は、私でいいのよ・・ホッホッ~。

あなたは、あなたでいいのよ・・ホッホッ~。(飾りじゃないのよ涙は・・・に合わせて歌ってね♪)


ホッホッ~~て、鳩か!

と、頭の中も、完全に鳩ポッポになったところで、おしまい♪

こんな鳩ポッポな私にお付き合い
ありがとうございました~~~♪
鳩ポッポクリックお願いします~♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2014-09-29 22:03 | わたしのこと | Comments(2)
海の爪が少し伸びていました。

学校で爪切りの仕方を授業で習ってから、手の爪は、自分で切ったり、上手に切れないので手伝ったり・・・。


海の中では、最近、自分で爪を切ったのに、何故、また爪を切らなくてはならないのかが、

わからなかったし、切らなくてはいけないことが嫌だったのでしょう。


学校に行く時間間際だったので、伸びているから、お友達をけがさせてしまったら大変だし、

汚いのもよくないからと説明して、私が切りました。


海は、納得できませんでした。

切ったばかりなのに・・・。

何でなんだ・・・。

ぼくの爪切りは、○なの?×なの?


○か、×かだったら×だったから、少し切ろうね・・・と切ったんだよ^^・・・。

切った爪を見せて、こんな風に切れてたら○!^^と説明してみたけど、

耐えられない気持ちが、はるかに上。

(そこで、切ったのは○だったけど、切り方が×・・というと、今の海には納得できなくなってしまうので、

あえて、厳しく。)


「もう、ぼくは爪を切らない!

ぼくは、出来ないんだ!

ぼくは、ダメなんだ!

ぼくは、もう、爪を切らない!」


そう、最近の海は、うまくできなかったこと、うまくいかないことがあると、

「自分はダメだ→できないんだ→もうやらない」という方向へと一直線。


すべてが何でも出来る人がいないこと。

最初から上手に出来る人もいないこと。

説明してみるけど、こうやっておちているときは、こんな説明なんて、受けとめられないのよね。


そう、これは、障害の有無に関わらず、空だってそう。

正論はわかってる。

でも、それがわかっていても、出来ない自分が悲しかったり、悔しかったり、もうグチャグチャで、

出来ないんだ!もう無理だ!となってしまうのでしょう。


つい、母親は、子どもを正論で責めてまいがちな生き物。

子どもは、そんな母にうんざり・・・ね。


「大丈夫。ゆっくりね、うまくできないところは手伝ってもらいながら、きっと上手に切れるようになるよ!」

と言ったけど、一度、深い海の底におちた海は、気持ちを切り替えられませんでした。


「ぼくは、爪切りもできない。

ばくは、マラソンもできない。

ぼくは、運動もダメ!。

何も出来ないんだ~~~!」


そう言いながら、玄関に向かう海。


「大丈夫、海は、いろんなことが出来る。難しかったら手伝ってあげるからね!」そう言って、

激しくおちこむ海に、「いってらっしゃい!気を付けてね!」と、声をかけ、

海は、小さ小さな声で、絞り出すように、「行ってきます」と言い、玄関の扉は閉まりました。


大丈夫かな・・・。

心配でした。


出て行って3分くらいしたら、海の携帯から電話がありました。

「海、どうした?」

少し間が合って・・・。

「もう!しらない!」


小学6年生の、小さな海の想いのいっぱい詰まった、私への抵抗のことばでした。


電話が切れました。


心配でした。

電車に乗れるだろうか・・・。


まず、学校に電話をし、担任の先生と代わってきただいて、事情を説明していたら、

また海から電話が来ました。

一度、先生との電話を切りました。


ちょうど、電車に乗っているくらいの時間です。

「海、電車に乗れた?」

半べそになった海が言いました。

「乗ってないの。」


「じゃあ、今、どこにいるの?」

「公園のところ。もう、ぼく、先生に言う!」


「うん、うん、わかった。

今日は、スクールバスはやめて、学校に電話するからね、

お母さん、学校に送ってあげるから、動かずにそこで待っていてね・・・。」


「うん。」

小さな声で返事をしました。


車で迎えにいくと、公園から、しょんぼりとした海が来ました。

「先生、お話聞いてくれるって!だから、いっぱい聞いてもらうんだよ^^。」

コクリと小さく頷きました。


学校へ行く車の中で、(乗っている時間は数分)音楽を小さい音でかけながら、

海に言いました。


「海は、いろんなことが出来るようになったね~。

跳び箱もとべるようになった。

給食も、野菜もいっぱい食べられるようになった。

○ブウェイのサンドイッチは、野菜多めで頼めるもんね。

マラソン大会では5位になったしね!

ほんと!いろんなことが出来るようになったね~。」

できるようになったことがいっぱいあって、お母さんは、それが本当に嬉しんだ・・・ということを、

シンプルに伝えました。


「今日ね、気持ちがモヤモヤしたときに、自分で電話をかけてこられて偉かったね・・・。

お母さんは、それで、安心できた。うん、偉かったね!

電話かけてくれなかったら、ずっと心配していたし、迎えにいけなかったから・・・^^。」

多くは語らず、先生にお任せしようと思いました。


少し早く到着してしまったけれど、いつもの優しくて、あったかい笑顔の担任の先生が、

海をあたたかく迎えてくださいました。


「よろしくお願いします。」頭を下げて、海と別れました。

海が3.4年生の頃は、よくこうやって、先生に、おちた海を預けて学校を後にしたな・・・と、

懐かしく思たっと同時に、海の成長を感じました。


家に着くまでに、気持ちのモヤモヤや、正論、うまくできない自分、受けとめられない自分、

いろんな想いと闘っていたであろう海を想っていたら、何だか泣けてきて、

そんなに陽は射していなかったけど、サングラスをかけ、運転して帰りました。


人の成長は、苦しみを伴うもの。

すごく実感して、海の成長に感謝して、安心して受けとめてもらえる先生や学校に感謝して、

海、頑張れ!と心から願う朝でした。

読んでいただいて感謝です。
海の成長のための頑張りに、
応援クリックお願いします^^。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2014-09-26 11:28 | 海のこと | Comments(2)
すっかりはまってしまった映画を観られるカフェ。

今日、お友達と行ってきました~!

観た映画は、『世界の果ての通学路』 監督/パスカル・プリッソン です。


観た方も沢山いらっしゃると思いますが、まだ観てない方もいらっしゃると思うので、

内容は、書きませんが、ドキュメンタリーで、シンプルだからこそ、ストレートで泣けました。


今ある自分をとりまく環境について深く考えさせられ、

いかに日常が余分なことやものに囚われているかを感じて、恥ずかしくなりました。


欲を出すことは、決して悪いことではないし、欲があってこそ、目標をもって生きることもできます。

でも、欲の質。

ここが大事ね。


気づけば、自分の欲求を満たすためだけの欲深さに、自分自身が埋もれてしまっていることあります。


豊かになればなるほど、欲しい物が簡単に手に入れば入るほど、気をつけないと、

人は、間違った欲深さに溺れてしまうんだな~って。


豊かさの中にある日々を、感謝して、その日々の中で、心を豊かにしていけるように・・・。

ちょっとでも前向きになれてる、そんな瞬間を味わっている自分が好き。

すぐに凹んだりするから、そういう瞬間を増やしてあげることは、自分を大切にできることに繋がるものね。


空にも観せてあげたいな~。


そして、映画の後には、もう一つのお楽しみ♪

ランチ♪

私は、前回も食べて、はまったべジプレート♪

野菜も、グラタンも、パンも前回同様、めっちゃ美味しかったけど、今日のヒットは、

ビーツのスープ。なめらかで、とても美味しかった。幸せ♪
b0244274_2144423.jpg

b0244274_2146156.jpg

お友達は、天然海老のクリームフィットチーネ。
b0244274_21465723.jpg

今回、パンの発酵時間の関係で、食事を出すタイミングがずれちゃったからと言って、

無農薬和栗のクレーム・ド・モンブランをサービスしてくれたの~♪

あとで注文しようと思っていただけに、ハッピー&ラッキー♪
b0244274_2148824.jpg


栗も美味しくて、クリーミーで、最高でした♪


家に帰ってからも、心が満たされていて、優しい気持ちでいられて、感謝です♪

共に涙しながら映画を観て、子育ての悩みをお互いに聞き合いながら、

美味しい食事をとりながら、今日と言う日の幸せを共有できる友達がいてくれる幸せ。


嬉しいな・・・^^。

読んでいただいて感謝です。
応援クリックに、いつも感謝です^^。
ありがと~~♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2014-09-19 21:53 | わたしのこと | Comments(6)

家族遠足

結局、海の遠足は、延期日も雨が降り、残念ながら中止になってしまいました。


海は、最初の遠足日は、家でも、学校でも号泣。

でも、先生がお話してくださり、お昼は、クラスのみんなでピザをとることで、気持ちを切り替えられ、

海が、みんなの分の注文をすることができて、笑顔になったそうです^^。


延期日の中止の時は、恐ろしかったけれど、家族で同じ場所へ行こう!と約束をしたら、

納得してくれて、泣くことなく、学校へ行ってくれました。


「ぼく、泣かなかった!頑張れたよ!」と自分で言っていて、

何だかもう、海が健気で、成長していることに、心から喜びを感じました。


けれど、海の精神的なストレスの心配をはじめ、色々と心配事が重なり、私が体調を崩してしまいました。

元気に過ごしているつもりでも、つくづく心の安定は大切・・・と実感しました。


何とか、復活し、今日は、海が遠足で行くはずだった場所へ行ってきました。

約束ですから!


前日が、空の体育祭で、私の体調も悪い中、お弁当作りをして、ヘロヘロだったので、

(私の母が、卵焼きときんぴらを作って来てくれました~^^。感謝!)
b0244274_20391345.jpg


今日は、もう楽をしようと決めて、○ブウェイのサンドイッチを買ってピクニックすることに決定!

ほんとは、この前、お家で作ったこんなサンドイッチを持って行く予定だったんだけど、身体がギブアップ!
b0244274_2041089.jpg

b0244274_2042453.jpg

素晴らしい秋晴れの中、自然いっぱいの中でのピクニックは最高!

今日は、めずらしく空も行く!というので、家族で行きました。

海もまるで絵のようだったし、芝生も心地良く、自然の中に身をおくと、心もハッピー♪
b0244274_2044055.jpg

b0244274_20473038.jpg

b0244274_20482622.jpg

b0244274_20493478.jpg

最後は、遠足で乗るはずだった、水中観光船にも乗る予定でしたが、残念ながら、チケット完売。

これでまた、約束がまた一つ出来ました(^_^;)。


水中観光船に乗れる?という質問を、家に帰るまでに、どれだけされただろうか・・・。

パパと苦笑い。

早く乗せて、約束を果たしたいでごじゃる~~~。ふっ。


でもでも、私は、最後に嬉しいことが!

その水中観光船が乗れるすぐ近くに、魅力的なカフェを発見してしまったのです♪


パパが、俺たちはソフトクリームでも食べてるから、一人で行って来ていいよ!という御言葉に甘え、

(とっても小さいカフェなの・・・。)

行ってきました~。


すご~く素敵♪

景色もいいし、カフェのインテリアも好き♪

ケーキもコーヒーも美味しくて、何より、まったり出来ました。
b0244274_20533484.jpg

b0244274_20573240.jpg


貴重な一人時間を少しだけ満喫しました^^。感謝!

海も満足してくれて、ほっとしました^^。

読んでいただいて感謝です。
泣かずに頑張れた海に、
応援クリックお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2014-09-14 21:07 | 家族のこと | Comments(2)

外は晴れ、心は雨。

今日は、海がすご~く楽しみにしている遠足でした。

昨日の夜から、何度もipadで天気予報を確認する海。

予報によると、雨は上がり、晴れるらしい・・と、私にこれまた何度も確認。


うん、うん、行けそうだ・・・。

良かった。良かった^^。


今朝、あれ?起きると雨。

え~?

慌てて、天気予報を確認すると、うん・・・大丈夫。晴れるらしい。

外の雨雲からは信じられないけどね・・・。


で、心配そうな海は、またipadで何度も何度も天気の確認。

その都度、私に、確認。


呑気に、「行けるよ~。これから晴れるみたいだし、雨マークは一つもないし!」と言うと、

海も少し安心したようでした。


昨日の夜、先生に言われたとおりに、一緒に遠足の持ち物準備。

水産技術センターなるところへ行っってお魚を観たり、水中観光船に乗ったり、渡し船に乗ったり、

磯歩きに、ファミレスでご飯を食べたり・・・盛り沢山な内容。


学校では、いつものように事前準備をいっぱいして、楽しみに待てるようにしてくださっていたので、

あの魚をみるのが楽しみだとか、まあ、まあ、楽しみなことを色々と教えてくれました^^。

(しかし、事前授業ってすごいわね~・・・と毎回、感心。)


そして、朝8時。

電話が鳴り、クラスの先生から・・・。


「え?延期?今日は、中止?え~~~!?」

天気予報では、雨マークはないし、晴れマークが出ているけど、どうやら波浪注意報?が出ていたようで、

海に行くので、中止と判断されたようでした。


(いや~~~、どうしよう・・・。海、納得できるかな。)


海に、おそるおそる伝えると、みるみる表情が曇り、

「なんで?なんで?晴れマークなのに。」


「仕方ないね、注意報が出てるから、行けないんだって・・・。

でも、木曜日、また行けるといいね(・・・と言っても、木曜の方が、雨マークなの。)」

そう答えるのが精一杯でした。


そして、お化粧をしに、洗面所にいると、

「うわ~~~~~ん」という泣き声。


う・・・・すごい、これは、少し落ち着くのを待った方がいいわね。

今、行ったら余計泣いちゃうわ・・・。


あ~~~、そりゃそうよね・・・。

あれだけ楽しみにしてたんだから・・・。


おそるおそるリビングに戻ると、顔が涙でぐちょぐちょ。

とにかく、気持ちがわかること、でも仕方ないこと、悲しいのは、先生もお友達も一緒なことを、

できるだけシンプルに伝えました。


なんだかもう、何を言っていいのか私もわからなくなって、行けなくなった代わりに、

学校でピザを頼んで食べると先生がおっしゃっていたので、

「でも、ほら!ピザを頼むんだって~!いいな~!学校でピザを食べるなんて~~♪」

と、楽しくいってみるも、全然ダメ。


「メソメソして過ごすのも、にっこりして過ごすのも、海が決めること~!

仕方ないことだもん、もう泣くのはやめて、楽しくピザを食べられることを考えていこう!」

なんて、大人なことを言っちゃったけど、わかる訳ないよね~~(笑)。


もう、私もお手上げで、連絡帳に、「後は、先生、よろしくお願いしま~す!!」と、丸投げ(笑)。


朝、スクールバスではなく、学校へ送りました。

クラスへ入ると、まだ涙目。


ひょえ~、どうなったかな・・・。


海の心とは逆に、外はカラッと晴れちゃって・・・。

見て!この我が家からの景色・・・。
b0244274_1403923.jpg

アロハも、行けたんじゃないですか?的な感じです~(笑)。
b0244274_1412073.jpg


お願い、木曜日、天気予報の雨マーク消えて~~~。

もう、海の涙を見たくないです~~~。


あ~、これから海をお迎え。

ちょっとドキドキです・・・。

読んでいただいて感謝です。
海の心も晴れますように!クリック
お願します~^^♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2014-09-09 14:06 | 海のこと | Comments(6)

私好み♪

空も海も学校が始まり、いつもの日常が戻りました。

映画は好きなんだけど、なかなかゆっくり映画を観に行けてなくて、

今年、『シンプル・シモン』にはまってから、無性に映画が観たくなりました。


毎回、映画館で観られたら素敵だけど、仕事もしているので、時間を有効に・・・ということで、

午前中にDVDを、ゆっくり観ることに^^。


観たいDVDを4本借りてきて、毎日1本づつ。

それを観るのを楽しみに、朝の家事がはかどる、はかどる(笑)!


今日で3本目。

これが、また、どれも素敵過ぎました♪

(完全に私好みですけど・・・。パパなら寝るな・・・(笑))


『トイレット』 監督/ 萩上 直子

『四十九日のレシピ』 著者/ 伊吹 有喜

『マルタの優しい刺繍』 監督/ ベテナ・オベルリ


映画は、内容がもちろん大切だけど、私は、その中に出てくるキャストを始め、

インテリアとか、景色とか、食事とか、洋服とか・・・

そういう映画をつくっている空気感を心地良く感じられるかが、好きな映画と感じるかの大きな基準♪


この3本は、どれも私好みでした♪

どの作品も、「自分らしく生きる」がテーマかな・・・。


ありのまま生きることは、簡単そうで、難しい。

でも、でも難しく考えるからなのかもしれないですね。

自分でややこしくしているのかもしれません。


自分の心に正直に、ただただ正直に生きれば、難しくないのかもしれない。

とても簡単なことなのかもしれません。


いろんな困難や試練が訪れるけど、それが訪れない人はいません。

そんな辛い状況が訪れたとしても、寄り添ってくれる人がいれば、

人は、前を向いていける。

立ち直ったり、笑ったりすることができる。


映画を観終わると、幸せな満足感で、自分自身が満たされていました。


『四十九日のレシピ』の中で、すごく素敵な台詞があったので、メモしました^^。

「迷ったら川に来るといいよ。

答えがみつかるから。

川はね、いろんなもの全部の境目なの。


どっちにしようか

行こうか

戻ろうか


迷う気持ちを水に流して

前に進ませてくれるのよ。」


この映画の中に出てくる『コロッケサンド』を見ていたら、すごく食べたくなって、

揚げるだけのコロッケが冷凍庫にあるのを思い出し、食パンをダッシュで買ってきて、

コロッケパンを作ってお昼にしました。
b0244274_11481036.jpg

美味しかった~^^。

シンプル イズ ベストね!


次は、餃子だな・・・。

何の映画で出てくるかは、観た人のお楽しみ^^♪


何か楽しみがあるって、やっぱり大切なことね♪

読んでいただいて感謝です。
『マルタの優しい刺繍』はスイスの映画。
すご~く素敵です。
趣味が合いそうな方は観て下さいね♪
応援クリック、いつもありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2014-09-04 11:52 | わたしのこと | Comments(3)

湧き出る感情

24時間テレビのマラソンを頑張った、TOKIOの城島くん。

同世代であることと、運動が得意ではないというあたりに、とっても親近感が湧いて、

頑張れ!と応援していました。


最後、もう番組の終了時間に間に合わなくなってしまうかも・・とわかってからの城島くんの頑張りは、

凄かったですね!


表情も、凛々しくて、とてもかっこよかったです。

頑張れ!頑張れ!と応援していて、ふと、横にいる海を見たら、

あれ?泣いてる?


海が、涙を拭っていました。

「どうした?」と、海に寄り添って、そっと聞くと、言葉が出ません。


「悲しい?」

と聞いても、違うようで返事をしませんでした。


「城島くんが、頑張ってるから、胸がいっぱいになったのかな?感動したのかな?」と聞くと、

「うん。」と大きく頷いて、

私に抱きついてきました。


私は、海を抱きしめ、頭を撫でて、背中をさすりました。

海の涙は止まるどころか、ヒックヒック・・・ウ~ウ~・・と、号泣。


「ぼくも、マラソンやるよ。(泣きながら)」

「そうだね、いつも、マラソン大会に出てるもんね。

城島くんみたいに、一生懸命、辛くても頑張れたらかっこいいね・・。」と私。


「うん~~~。」と大泣き。


城島くんが、これだけ頑張れたのは、いっぱい、いっぱい、いっぱい練習してきたこと。

もう、やだよ・・・と思っても、そこから諦めずに頑張ったことを話しました。


海は、城島くんがゴールするまで、驚くほど泣いていました。

私は、そんな海が愛おしくて、海の背中をさすりながら、一緒にゴールするのを見届け、

海と一緒に拍手をしました。


あまりの号泣に、最初はびっくりしてしまったけれど、海の中から湧き出ている感情が、

とても素敵だな・・・と感じて、何だかとても嬉しかったです。


ついさっきまで、You Tubeの曲を聴きながら、チラシ見て笑ったり、リビングを往復したり、

体をゆすってたりした海。

笑いのポイントや、感情のズレなんかもあって、理解することが難しいことも多々の海、。


でも、ときどき、こうして、すごくあたたかい、真っ直ぐな心を表す感情が、

海の中から溢れだす瞬間があります。


東日本大震災の津波の映像を見ていたときもそうでした。

気づけば、海が泣いていました。


何を説明したわけでもないのに、海が・・海の心が・・感じとって溢れた涙。


人の想いに、心を寄せられた証です。

それが、親の私には、言葉で説明するのも難しいくらい嬉しいのです。


気持ちを汲みとったり、想像したりするのが苦手とされる自閉症の海だって、

こんなに涙が溢れてしまうくらい人の想いを感じているんだ・・・と、その涙が教えてくれるからです。


目を真っ赤にして涙を流した海。

昨日は、添い寝をして、海を抱きしめました。

海は、思い出して、また泣いていました。


「ぼくも、城島くんみたいになりたい・・・。」

「海なら、なれるよ^^。」

そう言って、海に「おやすみ」と声をかけました。


24時間テレビから、今年も沢山の勇気や元気や希望をもらいました。

感謝だな~~。

読んでいただいて感謝です。
城島くんみたいに頑張れるよう
海に応援クリックお願いします^^♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2014-09-01 22:01 | 海のこと | Comments(0)