心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

<   2014年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

40度母さん

やっと、やっと、パソコンの前に座れました。

海のインフルエンザ。

うつらないようにと、物凄く注意を払っていたのに・・・。


月曜日の朝、私がリーダーで、どうしても行かなければならないPTA行事があって、

何となく身体のだるさと喉の痛みを少しは感じたものの、海の看病疲れだと思い、

ちゃんとマスクもして、寒さに震えながら、暖かくして予定より1時間早く学校へGO!


う~~さむっ!と思いながら、準備をしていました。

そして間もなく、1週間休校にするとの連絡を先生から知らされ、

立ってはいたけれど、完全脱力。


「え?今日からですか?」

「そうなんです。今日からです。インフルエンザがこれ以上拡がらないように・・・。」


海が、月曜まで休まなくてはならなかったことと、私の外せない役目もあって、パパにお願いして、

何とかお休みをとってもらっていました。


仕方ない。

本当に脱力でした。

結局、予定していた行事も延期ではなく中止に。


家に帰って、一気に寒気がきて、動けなくなって、横になりました。

少しして、熱を測ったら・・・。


ん?40.1度?

もう一回。

40.1度。


あ~~~~、これはインフルだ。

動けなくて、午後からの受診にしました。


海と同じインフルエンザA型でした。

薬も効かなくて、次の日の朝まで40度。

これにはびっくり・・・。


もう、パパにはお休みを頼めない。

どうしよう・・と朦朧としながら、布団の中で考えていたけれど、もういつ眠っていたか記憶にありません。

結局、パパが、さすがに行けないよ・・・と、火曜日も忙しいのに休んでくれました。


今回のは、熱が下がっても、全然身体がきつくて・・・。

一瞬楽になったかな・・・と思ったのに、頭痛がひどいし、だるくてだるくて・・・。


結局、今日の夕方まで頭痛とだるさで苦しみましたが、海を午後デイサービスでみていただけたので、

幸い、寝室で休むことに専念できました。(感謝~~!)

午前中は、海がいたので、リビングにマスク&パジャマでいましたが、あまりの身体のきつさに、

気合だけで過ごしていました。


恐るべし!インフルエンザ!


そんな訳で、海の寄宿舎は、一週間休校になったため、残念ながら終了。

結局、泊ったのは6日でした(笑)。


でも、その6日があったおかげで、空との時間もゆっくりとらせていただけたので感謝です。


頭痛もとれ、だいぶ楽になったものの、身体を休めて、来週からの仕事に備えなくては・・です。

せっかく海の誕生パーティーをパパも休みをとっていたから、この月曜日にやってあげようと思っていたのに、

私がインフルエンザになってしまったので、また延期になってしまいました。


海に、「パーティーはいつ?」と何度も何度も聞かれました。

「ごめんね。お母さんが、元気になったらすぐやるからね~~!」と、多分40度母さん、恐ろしい笑顔で、

答えていたと思います(笑)。


海がね、おもしろかったんです。

海がインフルエンザでやっと熱も下がって、リビングにいけるとわかったら、

お布団から起き上がって言いました。

「海も、今日から生活?」ですって。


今日から生活・・・って、思わず笑っちゃったけど、

そうね、海にしたら、元気にいつも通り過ごせることこそが、生活なんだな~って。


いろんな生活の形があって、そんな風に自由に過ごせない方も沢山いらっしゃる。

くすっと笑うことも不謹慎かもしれないけれど、今の海の中で考える生活を自然にイメージしたんだな~と、

そんなイメージで過ごせる生活に感謝しなくちゃ・・と思う母でした。


読んでいただいて感謝です。
皆さま、どうぞお身体御自愛ください。
いつも、応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2014-01-29 20:35 | わたしのこと | Comments(4)

健気な海のバースデー

朝から38度台の熱が下がらず、でも、おりこさん寝ている海。

「トイレの時は、立ってもいいの?」って、どこまででも健気。


今朝は、空が学校に行く前に、空と私でマスクをして、海の寝る寝室へ。

心を込めて2人で歌いました。

「♪ハッピー バースデー トュー ユー 

ハッピー バースデー トュー ユー

ハッピー バースデー ディア 海~~

ハッピー バースデー トューユー♪

海!11歳のお誕生日おめでとう~~!!」って^^。


歌い終わると、海の目から、涙がポロリン。

早く元気になろうね~!って、今日もまた、言うしかありませんでした。


午前中、お昼、午後も何度か様子を確認して、熱を測るけれど、38度台。

海に声をかけると、なかなか下がらない熱と、誕生日なのに・・という想いで、

私の顔を見ては、海の目から涙が出てきちゃうんですよね。


ん~~~切ない。

でも、夜になり、37度台になって、まだ顔は赤いけれど、幸い食欲はあって。

ジャムパンを食べたい・・とずっと言っていたので、よし!と、ひらめいた!


先日、知り合いの方からいただいた手作りりんごジャムがあったので、

超小さいリンゴジャムバースデーパンの完成^^!
b0244274_21133915.jpg


海の夕食は、素うどんと、ささやかなバースデーデザートにしました。
b0244274_21162537.jpg


今度は、私一人で、海にもう一回ハッピーバースデーの歌を歌いました。

うどんは完食し、リンゴジャムパンも、美味しそうに、ニッコリ笑って半分以上食べていました^^。
b0244274_2117507.jpg

b0244274_21183585.jpg

海を見に行くと、涙が出ちゃっていたので、嬉しそうに食べる姿を見て、ほっとしました。


忘れられない誕生日になってしまったけれど、あと少しの我慢。

みんなでお祝いするからね~~!


読んでいただいて感謝です。
治るぞ!と頑張っている海に
応援クリックお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2014-01-24 21:25 | 海のこと | Comments(6)
明日、1月24日は、海の11歳の誕生日です。

我が家は、11月から、私の誕生日、12月にパパの誕生日、1月上旬に空の誕生日と続き、

次は!次こそは僕だ!と、海は、毎年とても楽しみにしています。


それなのに・・・。

それなのに・・・。


昨日から熱が出て、体験している寄宿舎から、昨日の夕方、電話が・・・。

どうやら学校でインフルエンザが流行りだし、そんなに熱は高くなかったものの、一応様子を・・ということで、

お迎えに行ってきました。


家に戻り、何故か36度台に下がったので、大丈夫かな・・と思ったのですが・・・。

今朝、また熱が上がり、激混みの病院の隔離部屋で待ち、結果は・・・インフルエンザ・・・でした。


この時期だから、仕方ない・・とは思っているけれど、何も海がこんなに楽しみにしている誕生日を目の前に、

インフルエンザにならなくても!

・・・と、どうにもならない悲しい想いを、自分自身にの中にドキュ~ン!と打ちこみ、

さ、海を明るく励ましますか・・・。


昨日、パパとは、可哀想だよね・・・でも、仕方ないね・・・と励ましあいましたが・・・。

母は、子どもの悲しそうな顔をいっぱいみないといけないので、やっぱり辛いですね。


リレンザを吸入したものの、なかなか下がらず、でも、健気にちゃんと布団の中で寝ている海。

アイスノンを取り替えたり、熱を測ったり、飲み物を補充したりと様子を見に行くと、

誕生日のことを心配し、身体が苦しくて、涙がポロリ。

熱があるから、涙も熱くて・・・。


大丈夫!良くなったら、いっぱいお祝いするからね!

たのまれたオニオンリングも、フレンチトースト(笑)も、ポテトサラダも作るからね!

海に頼まれていたプレゼントも、お母さんゲットしたからね!安心してね!


海の涙を見ながら、そんなことを何度も言ってあげることくらいしかできないけれど・・・。


寄宿舎の連絡帳には、寄宿舎の先生とクラスの先生とのやりとりが書かれてあります。

昨日、その連絡帳を受け取って、家に持って帰ってきました。


熱が出てしまった昨日のクラスでの様子を読んだら、こんなことが書かれてありました。

『熱は高めで心配していたけれど、1日元気に過ごしています。

暇さえあれば、とび箱をやっています。よっぽど出来るようになったことが嬉しんだと思います^^。』


なんか、どんなに跳べるようになったことが嬉しかったんだろうと思うと、心から幸せな気持ちになり、

何度も何度も跳んでいるその様子が浮かんできて、海への愛おしい想いで溢れました。

また、誕生日のプレゼントを楽しみにしていたことなども書かれてありました。


子どもに対して、そのままでいい・・・と心では思っていても、

人と比べたり、出来ないことにフォーカスして落ち込んだり、特に空には、無意識にそんな風になっている自分

がいて、反省する日々です。


でも、いつも海に気づかされるんです。

こちらが目標を決めてしまうのは違うって。

目標なんて、この子達には、自分で定めることができないって思ってしまうけど、

やりたい・・っていう強い想いが、その子の中にあって、それこそが目標になっていくのかな・・って。


どんな大人になってほしいのかという願いはもちろんあります。

でも、私自身が、そんな素敵な大人になれてるの?・・とも思います。


海が、とび箱を跳びたい・・と、諦めずに思った強い想い。

自分だけ跳べなくて悲しかったけれど、それを乗り越えた。

そして、あんなに出来なかったとび箱を、ふわっと跳べるようになった。


先生方が、毎日のようにとび箱を跳べるようになるんだと、目標を定めていたわけではなくて、

海の跳びたいという想いが切れてないことを確認してくださって、無理なく応援して、支援して下さった。

だからこそ、海の中で、真の目標となって、向き合い頑張れたんだって・・・。


私もそうでした。

ピアノが大嫌いで、練習なんてしなくて、仮病もつかいました。

中学生になって、母に頼みこんで、勇気をふりしぼって「やめさせて」と言いました。

やめてから、ひきたかった曲を自由に弾けるようになって、ピアノが大好きになりました。

それが、幼稚園という職場で、生かされたと思っています。


目標を子どもの心に問わずして、親が掲げるのは違いますね。

今回、海が得た自信。

暇さえあればとび箱を跳びたいと、自然に身体が動く。

心が喜びで満たされている。


部屋に『とび箱を跳べるようになる』と、壁に貼っていなくたって、

海の中の真の目標は達成できた。


これが、素敵な大人になっていくための大切な力。

こどもをがんじがらめにしないように・・・海に、そして、先生に教えていただいています。


海の熱が下がって、ちょっぴり遅れた海の誕生日パーティーが出来る日を楽しみに待ちたいとl思います。

読んでいただいて感謝です。
インフルエンザが流行っています。
みんな、はやく元気になってね!
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2014-01-23 17:33 | 海のこと | Comments(6)
週末、寄宿舎から我が家に帰る前に、担任の先生からその週の海の様子を話していただくのですが、

すごく、すごく、すご~~~~~く嬉しい報告をしていただきました。


去年、海は何度も体育でとび箱の練習をしていたのですが、クラスの中でただ一人、

最後まで、とび箱を跳べなかったのです。


もう、海の中に、悔しいという感情が芽生えていたので、自分だけ跳べないことが、

とても悔しく、悲しそうにしていました。


でも、きっと、いつか跳べるようになる・・・と信じていました。


そして、今年、またとび箱をすることになり、先生方が一生懸命考えてくださって、

長方形ではなく、正方形に近い形のとび箱なら海が跳びやすいかも!ということで、

探してきてくださったのだそうです。


それで、ものすごい低いとび箱から練習し、少しずつ跳べるようになり、

ついに、普通のとび箱も跳べるようになり、最終的に5段まで跳べるようになったのだそうです。


去年、海の担任だった先生は、海だけが跳べなくて、海が悔しがったり、悲しそうにしていたことを、

憶えていてくださっているので、今年、海がついにとび箱を跳べるようになって、

誰よりも喜んでくださったのだそうです。

今年の海の担任の先生が、教えてくださいました。


そのことを聞いた私は、もちろん大喜び!

思わず、海に言いました。


「海、すごいね~!すごい!やったね!ご褒美に、帰り(寄宿舎の)アイス買ってあげる!」と、言ったら、

「え?いいの?」と海。


「もちろん!」と私。

「え?いいの?」と海。


そして、いつもの確認が始まりました~~~!

「アイス買ってい~い?」

「いいよ。」


「い~い?」

「いいよ!」


「い~い?」

「いいよ!」


きた~~~~!

海の寄宿舎体験で、忘れていた~~~!

海の確認パレード~~~!!


でも、いい、いい。

(私の気持ちに余裕がありますので(笑))


アイスを買って家に帰り、パパと空にもとび箱を跳べたことを報告。

家族みんなに褒めてもらって、海もとっても嬉しそうでした(*^_^*)。


週明けに、海のクラスに入ると、去年の海の担任の先生が、私にハグしてくれました。

「海くん、とび箱跳べるようになったね~~!」って。


私は、去年、先生のハグにどれだけ救われたかな・・・。

嬉しい時も、悲しい時も、先生がハグをしてくれました。


「がんばったんだね・・・海くん。」 

「辛かったね・・・お母さん。」

そんな風に、私を抱きしめては、私の心を溶かしてくださいました。


そして、クラスの中にあったとび箱を、海が跳んで、私に見せてくれました。

嬉しそうに、何度も、何度も跳ぶ海。
b0244274_137038.jpg


人は、成長するんだよ・・・って、教えてくれているみたいに・・・。


自分だけ跳べなかった悔しさを、去年、海は学びました。

それは、跳べた喜びを感じるよりも、実は大きな成長に繋がるのかもしれません。


悔しさや、悲しさの中に、喜びに繋がるパワーが潜んでいて、喜びとなって、大きく湧き出るときを、

今か、今かと待っているんですね・・・。


海の身体中から、喜びが溢れた姿を、私は見ることができました。

親として、そんな子どもの姿を見られるときほど、幸せな瞬間はないと思います。


海の悔しかった想いを、こんなに素敵な結果に繋げてくださった先生方に、心から感謝しています。


読んでいただいて感謝です。
人は成長し続ける生きもの。
私も、頑張るぞ~~~!!オ~!
応援クリック励みになっています♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2014-01-21 01:41 | 海のこと | Comments(10)

ゆっくり空時間

今週は、月曜日が祝日だったので、海の寄宿舎生活は、14日の火曜日から。

落ち着いた感じで、今週もスタートできた海でした。


・・・と言う訳で、私も安心して、『ゆっくり空時間』を満喫です^^。

海の兄である中学2年の空。

サッカー部で忙しい空。

友達と遊ぶことで忙しい空。

もう、家族ででかけるということも、たまに外食するくらいで、普段は殆どなくなりました。


日々は、海中心の生活。

幼稚部時代や、精神が不安定過ぎて泣かされた3,4年生時代よりは、だいぶ楽になった海ですが、

どんなに、今、落ち着いているときとはいえ、海に神経を集中させているんですよね。


それが、去年の寄宿舎体験のときにも感じましたが、海がいない生活を送ると、ものすごくわかるんです。

パパは仕事。

海は、寄宿舎。

夜は、空と私だけ。


私が仕事から帰り、いつもなら、デイに預けている海が帰ってくるまでに、洗濯物取り込んで、

夕食の支度して、お風呂の準備して・・・って、気が焦ってしまって・・・。

おまけに、何度も確認されたり、海の表情を意識したり・・・。


でも、空だけなら、すべてがのんびり・・・。

多少、時間がズレようが、一日の流れが変わろうが、何度も確認されることもなければ、

こう言って欲しかった~~~!!と、願う返事を求められることもない。


つまり・・・。

精神的に、私が追い詰められない・・・んですね。


そして、更に気づかされるのです。

そのとばっちりが、いつもは明らかに空に向かっていると・・・。


だから、今回、海が寄宿舎で過ごしている時間は、たっぷり空と話そう!と決めました。

そして、早速、14日の火曜日に、夕食は空と回転寿司へ行きました。


空が学校から帰ってきた時間は、もう真っ暗だったけど、時間を気にすることもなく、

空が準備するのを待って、じゃ、いこっか!みたいな感じで^^。


車に乗って、学校のことなんかを話していました。

ちょっと女の子の話にもなったりして、サッカー部にいる後輩の女の子が3人いるのですが、

私が、「かわいいよね~~!空の彼女になってくれたらいいのに~!」とか、冗談でからかっていました。


すると、空が、ポソっと小さい声で、「・・・いや、それはないけど、俺、いるし・・・。」と言ったのです!!

「は?今、なんて言った?」と、自分の耳を疑いながら、空に確認。


すると、「いや、だから、いるし。」

「え~~~!!付き合ってるの~~!?」と、母の私は、アワアワ。


「いつからよ!」と空に聞いたら、

「2週間くらい前・・・かな。」って。


背が高い訳でもないし、頭がいい訳でもないし、イケメンな訳でもないけど・・・。

好きになってくれた子がいたの~~~!?

いや~~~ん!なんて素敵な子♪(ありがとう~!って、今すぐ言いたいわ。)


完全に空より、母が舞い上がり、何故か私が恋しているかのようにウキウキに(笑)。

ゆっくりお寿司を食べながら、あ~だの、こ~だの・・・空と2人で、にやつきながら、いっぱい話して。


こういうことをゆっくりせるのも、こうやって空と2人きりの時間があったから・・・。

なんか、味わったことのない幸せな感覚。


純粋で、淡い恋に照れている空の顔が、たまらなく愛しいと思いました。

こんなことを、空と話せるようになったんだ・・・って、感動でした。


空に、嬉しいから、ちょっとだけブログに載せていい?と聞くと、

え~~!知ってる人読むでしょ?というので、少しはね・・・と言ったら、

読んだ後、口止めしてくれたらいいよ^^というお許しがで出たので、

読んでくださっている知り合いの方~~、そっとしておいてあげてくださいね~(笑)。内緒で・・・^^。


・・・という訳で、詳しくは、載せられませんが、海の寄宿舎生活のおかげで、

空と私は、毎日、夕食を食べながら、笑顔で盛り上がっております。


夕食が終わって、空が言いました。

「海、明日、金曜日だから戻ってくるね^^。元気にしてるかな~。」って。

「うん、きっと元気に楽しく過ごしてるよ^^!」って私も笑顔で・・・。


当たり前かもしれないけれど、海を忘れているわけではありません。

でも、素直に今、与えられている特別な時間を、空も私も自然と感謝して、

寄宿舎で、家族なしでも生活できている海の成長を共に喜び、

私は、ゆったりと母であれることを感謝しました。


空が、お父さんには何故か内緒で・・・と言ってたのですが(笑)、

今日、素敵なことなんだから、ちゃんとお父さんにも伝えようよ!と言ったら、

ちょっと考えて、納得した空でした。


なんて言われるか、恥ずかしかったみたいですよ^^。

読んでいただいて感謝です。
淡い空の恋に、応援クリック
お願いします(*^_^*)。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2014-01-16 22:37 | 空のこと | Comments(10)

海の寄宿舎体験1日目

海の寄宿舎1日目。

前日は、空の誕生日をお祝いして、寝るのが遅くなったせいか、海も緊張する間もなく寝たおかげで、

寄宿舎1日目も、すごく緊張している様子もなく出発できたので、ホッとしました。


初日は、早速、寄宿舎から登校します。

一人暮らしの引っ越し並の荷物を車に積み込み、寄宿舎へ。


寄宿舎の寝室スペースが、リニューアルして、今までは布団を下に敷いて寝ていましたが、

なんと、素敵なベッドに!

しかも、パーテンションで区切られているので、個室っぽくなっていて、魅力的。


海は、そのベッドで寝るのをとても楽しみにしていました。

ベッドを見ると、海も、自然と笑顔になって、わ~~!と喜んでいました。


私が、サッサとベッドメイキングしたら、後で、寄宿舎の先生に、怒られちゃいました(笑)。

「だめよ~~!やってあげちゃ!自分でやらないとダメ!甘い~~!」ってね(^_^;)。


そうね、何も考えないで、当たり前に、畳ベッドに布団を敷いて、ベッドメイキングしちゃったわ~。

でも、そう、寄宿舎の子ども達は、まあ、本当に、一人で何でもやるんです。

お友達の姿を見て、海も、自分でやれることはやる・・と身につけてもらうことも、

この体験の目的でもあります。
b0244274_1140978.jpg


母、反省、反省・・・(>_<)。


朝は、ベッドで、寄宿舎の先生にスケジュール確認だけしていただいて、クラスへ登校。

私は、海の下校に合わせて、お迎えして、1日目は海の就寝まで見届けます。


海は、去年の経験からか、ものすごく普通に「ただいま~!」と、寄宿舎へ帰ってきました。

経験ってすごい!


その姿を見て、私もすっかり安心。

少し、自由時間を過ごしたら、先生が、海くんの歓迎会をすることを伝えてくれました。


すると、にこにこだった海の表情が、一気に、不安顔に・・・。

そして、私のところに、ス~~っと寄ってきました。

「ひとりだと、恥ずかしいの。ひとりだと、恥ずかしいの。」


げげげ・・・、忘れてた~~!そして、思い出した~~~!!

去年も、歓迎会の時、緊張のあまり泣いたんだった・・。


慌てて、「大丈夫!お母さんも一緒だから~!大丈夫、大丈夫!」


私たちが前に出て、寄宿舎の子どもたちと先生方に見守られる中、紹介してもらって、

みんなに、「よろしくお願いします^^!」と挨拶。

子どもたちと、よろしくの握手をして、記念撮影。


今年は、どうだ!?とドキドキしましたが、ものすごい笑顔というわけではありませんが、

泣きませんでした(^^)/。


よし!オッケー!オッケー!

多少、目が合わずに、顔がこわばって、下を向いていたって、いい、いい。

泣かなかったことが、素晴らしい成長!

1年ってすごいな~。感動~~~!!


それからは、3時のおやつを挟んで、5時からの30分学習タイムまで、た~~っぷり自由時間。

寄宿舎のお友達の遊ぶ様子をみながら、ゴロゴロしてみたり、

憧れのハンモッグで、揺られてみたり・・・。

バランスボールにのっかってボヨ~~ンと転がってっみたり・・・。

男性の先生と、おすもうをしてもらったり・・・。

小さなお友達と手を繋いで学校の図書室へ行き、本を読んだり・・・。

b0244274_12243553.jpg


b0244274_1226297.jpg


b0244274_11541925.jpg


b0244274_1151473.jpg


b0244274_11433893.jpg


でも、何よりはまったのは、ロデオマシーン。

あの、動きがドストライクだったようで、ひとりで乗ったり、先生と乗ったり、爆笑しながら、

大喜びで乗っていました。

b0244274_12251581.jpg


b0244274_12255754.jpg


太ったことを、気にしている海は、バランスボールもロデオマシーンもダイエットに効くと知り、

先生から、紙をいただいて、何をするのかと思ったら、こんなものがベッドの横のパーテーションに、

貼ってありました(笑)。

文章の意味はよくわからなかったけれど、ダイエットします!とバランスボールに乗ってる絵や、

ロデオマシーンに乗ってる絵でした(笑)。
b0244274_12431944.jpg


海の世界、なかなかおもしろいです(笑)。


5時になったら、みんなで自立課題のような学習を30分します。

遊んでいるのをやめて、学習するのは、やっぱり切り替えが難しかったりしますよね。

でも、寄宿舎の先生の促し方が、すごく上手で、無理強いをしません。


子どもたちが、自分から学習スペースにくるのを待ち、席についても、やるときめたことを、

ごねていたりすれば、じゃあ、いつやるかを子どもと相談して決めて、それを紙に書いて約束していたり・・・。

すごく自然でいいな・・・とほっこりした気持ちで見ていました。


海は、絵日記と、簡単な足し算をしていました。

引き算は、難しいので、こんど先生に教えてもらってやろうか?と提案してもらって、

コクリと頷きながら、できることをやっていました(*^_^*)。
b0244274_1153433.jpg


そして、お待ちかねの夕食。

なんと、この日は、海の大好きな煮込みハンバーグ!

テンション上がる!上がる!


苦手なサラダと、きのこのお味噌汁は自分で少しだけ減らして、

あとは、全部完食!

家では食べないブロッコリーも、きのこも結構量があったにもかかわらず、完食!
b0244274_1155636.jpg


b0244274_1156147.jpg


食べれるんじゃ~~ん!

びっくり!

早速、家でも出しちゃおう~~!と心でニヤリとした母でした^m^。


それから、もうひとつのお楽しみ。

大きなお風呂に入る時間。

子どもたちと先生と、本当に楽しそうに、笑顔いっぱいで入っていました。

(ちょっと湯気で見えないけど(笑))
b0244274_125261.jpg


お風呂から出たら、担任先生にドライヤーで髪の毛を乾かしていただいて、

そのうえ、クラスの先生全員が遊びに来てくださって、もうそりゃ~~楽しいにきまってます!


クラスの先生じゃない先生も遊びに来てくださり、海とお話してくださったり・・・。

本当に、寄宿舎の体験をさせていただけることに感謝しました。
b0244274_1227093.jpg


家に居れば、アイパッドに夢中になって、すごい時間をアイパッドに費やしてしまっているけれど、

寄宿舎では、アイパッドも1人10分で、回数も決まっています。


その分、身体を動かしたり、本を読んだり、お友達とちょっっぴりでも関わりがあったり、

先生と遊んでもらったり・・・。


たとえ、お友達と、絡んでなくても(自閉症ですから^^)、同じ空間に、お友達がいるという空気感が、

素敵だし、共に生活するということが、良い刺激になります。


さすがに、前日寝たのも遅かったし、緊張と疲れもあったようで、消灯したら、

海が1番に眠りについたそうです。


私は、消灯前に、布団に入った海に、バイバイして帰ってきました。
b0244274_1264012.jpg


次の日の午前中は、少し疲れていたようで、クラスではまったりしていたようですが、

熱も出ず、午後は元気で過ごせたようです。


1日泊って、次の日は金曜日だったので、家に帰ってきましたが、普段と変わらず、ほっとしました。

来週からは、金曜までずっと寄宿舎生活なので、楽しく過ごせるといいな・・と思っています。


空の誕生日、海の寄宿舎準備、付き添いで、さすがに私も疲れてしまって、

海の寄宿舎1日目から帰ってきた次の日は、起きられず、空に布団の中から、

「今日、弁注にして~~~!」とお願いしちゃいました(笑)。


そしたら、空が、「いいよ!あさごはんも、てきと~に食べて朝練行くから、寝てていいよ!」ですって!

空、優しい~~!

「わお~~!ありがとう!甘える~~~!」と爆睡してしまったぐうたら母でした(-_-)zzz。


海の寄宿舎生活は、なかなかのすべり出し。

どうぞ、来週も、寄宿舎生活を満喫できますように~~~。

読んでいただいて感謝です。
海の寄宿舎生活に、
応援クリックお願いしま~す!
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2014-01-11 12:44 | 海のこと | Comments(2)

空、14歳の誕生日

先ほど(9日の夜7時半過ぎ)、海の寄宿舎1日目の付き添いから帰って来ました。


昨日は、空の誕生日で、家族で誕生祝いをして、やっとけばいいのに、寄宿舎の荷物準備(すごい荷物)を、

全然やっていなかったので、結局終わったのは深夜1時過ぎでした(>_<)。


寄宿舎の様子は、この次に。


昨日、8日、空、14歳になりました。

まだ、ぎりぎり私の身長は抜かれていませんが、時間の問題。

態度だけは、立派になりましたよ(笑)。


海は、相変わらず、早くから空の誕生日の絵手紙をかいていました。えらい^^。

右下のお花模様みたいなサッカーボールが可愛いの。
b0244274_0141732.jpg


空は、少し前に、ポケットに携帯を入れて、そのまま洗濯かごに入れてしまったので、

はい!携帯は水没~~~!!


結局、買い直すはめに(-_-)。

・・という訳で、早めの誕生日が携帯だよ!と言っておいたのですが、何もないのも可哀想なので(甘い)、

サッカーのときに着れるアウターと、シューズをプレゼントしました。

おばあちゃんからは、エナメルバッグをもらい、嬉しそうな空でした。


先日、空は、身長も伸びてきたことが嬉しいらしく、私の目の前に顔を近づけ、

自慢げに、「ほら!もう変わんないよ!お母さんと!」と言うので、


私がふざけて、「チュ~~の練習でもしてあげようか?」と唇を、空の顔の前にビヨ~~ンと突き出したら、

「オエ~、気持ち悪りい~~!やめてくれ~!」と逃げられました^m^。


あ~、確かに大きくなったな・・・と、そのときに、内心すごくびっくり!

もう、力では勝てないな・・・と強く感じた瞬間でした。


ほんとに生意気な口もきくようになり、私を海老母さん(プリップリ)にさせ、

あ~、もう、好きにすればいいわ!(--〆)、し~らんぺっぺ(古っ!)となるときも多々。


だけど、気づけば、空も私も、意地だけで言い合っている時が多いから、

朝、喧嘩しても、空が帰ってくれば何事もなかったように、いつもの親子に戻れる。


私に生意気なことを言っている空の表情の中に、ほんとは、そんなことを言いたいんじゃないんだ・・という、

幼い心の空が、私には見えます。


この前の三者面談のときに、担任の先生(男性)もおっしゃっていました。

明るくて、いつも楽しそうだけど、とっても寂しがり屋だし、ふざけても、素直でかわいい・・・と。


ありがたや~。

でも、まさに、大人になりたいけど、大人ぶってるけど、中身は、まだまだ子どもなんですよね。


ちょうど、大人と子どもの間で、自分でもバランスをとれなくなってしまう時期なんでしょうね。

ふりかえれば、私も、そんな感じだったかも・・・(笑)。


一昨日は、空が海を誘って、一緒に空のベッドで寝ていました^^。


大人の階段をはりきって駆け上がるけど、そんな駆け上がる姿を、誰かに見ていてほしくて、

ときどきは、まだ、手を繋いで、一緒に階段を上ってほしい。ほんとはね。


それが、14歳の空。


階段の途中で苦しくなって、もう、やめようかと思う日もあるでしょう。

突然深い霧に包まれてしまうときもあるでしょう。


いいえ、これからは、そんなときが、いっぱい増えていくはず。


それでも、霧が晴れ、大きな青い空を見上げて、また上へと踏み出し、

自分が上ってきた階下を振り返り、自分だけでかけ上がれるんだと意気込んでいたときを、

微笑んで懐かしむときもくるでしょう。


もう、私は、一緒に手を繋いで上ることはできないかもしれないけれど、

エールを送ることしかできないのかもしれないけれど、

空が、そんな風にして大人になっていく姿を見届けたいな・・・と思いました(*^_^*)。


お誕生日は、空のリクエストで、アサリのパスタだったんだけど、アサリは海が苦手なので、

アサリの酒蒸しと、しらすとキャベツの和風ペンネ、あとは、手毬寿司、

空の好きな叩ききゅうりの梅肉あえと、バジルポテトにしました。


バタバタと作って、お友達に美味しいよと教えてもらった春菊のスープを作ったのに、

出すのをすっかり忘れていて(T_T)、ショボンでした(笑)。私ってば、おバカちゃん。

b0244274_0121238.jpg


次は、海の誕生日です。

クリスマスから、パーティー続きじゃ~~~。

何をリクエストされるかな・・・。

また、ハンバーグとポテトかな・・・(笑)。


読んでいただいて感謝です。
空に、おめでとう!のクリック、
していただけたら嬉しいです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2014-01-10 00:16 | 空のこと | Comments(4)
海の冬休みも、今日でおしまい。

明日8日(水)は、3学期の始業式です。


海は、明後日9日(木)に、去年同様に大きなチャレンジが待っています。

それは、『寄宿舎体験』です。

海の学校内に完備されている寄宿舎に、1月いっぱい寄宿舎生活を体験させていただきます。


去年も、10月に、1カ月体験させていただきました。

月曜日から木曜日までは寄宿舎に泊まり、金曜日に、学校が終わったらお迎え。

週末を自宅で過ごし、また週明けから寄宿舎生活という流れです。


去年は、そんなことが海に出来るのか、心配で心配で仕方ありませんでした。

けれど、先生と相談し、海は、一人だけでどこにも泊ったことがないので、将来のことも考え、

必ず、良い経験になるでしょう・・・ということで、よし!と気持ちを踏みきりました。


去年は、前半の2週間は、海も慣れなくて、色々と精神的にきつかったようで、熱が出たり・・・、

やっぱり無理かな・・・と私自身も、ちょっと苦しかったりしました。

けれど、後半の2週間はとても落ち着いて、寄宿舎生活を充実することができました。

寄宿舎の仲間たちとも、とても楽しく過ごすことができました。


そして、終えてみれば、海にとっても、とても楽しい時間になったようで、自信をつけ、

大きく成長して我が家に戻って来てくれました。


寄宿舎の先生や、学校の先生方との連携と協力のおかげで、素晴らしい体験をさせていただきました。


ですので、今年も、体験をさせていただけることになり、もう、感謝!感謝!です。

そして、去年の経験があるので、心配もほとんどしていません。

何より、海自身が、今年は楽しみにしています。


そんな訳で、今年は、最初から、海の楽しみでもあり、私の楽しみにもなっています。

約3週間。

なかなか空との密な時間も普段はとれないので、今年は、最初からわりきって、

空との時間をいただき、私自身もリフレッシュさせていただこうと思っています^^。


経験の力って、親も子も、みんな一緒ですね!

去年は、最初、とにかく不安で不安で、今頃どうしているか・・・と、海を想う毎日でしたが、

海が楽しめたということと、先生方への信頼と安心によって、自分でも驚くほど、

去年のような気持ちとは違っています。


もちろん、始まってみなけれが、海が、どんな風になるかわかりませんが、

きっと大丈夫!

素直に、そう思っています。


去年、1カ月一緒にいた寄宿舎の仲間たちも、今年、また、海くんが来てくれるって、

楽しみにしているのよ・・と、寄宿舎の先生が教えてくださって、すごく嬉しくて、幸せな気持ちになりました。


明日8日は、空の誕生日で、海も一緒にお祝いしたかったので、入舎は、9日からにしていただきました。

(本当は8日からだったのですが・・・)


とはいえ、どんなに1度経験があっても、こどもにとってみれば、親元を離れて生活するのですから、

やはり大きなチャレンジです。


9日の朝は、海に、いっぱいエールを送りたいと思っています。

読んでいただいて感謝です。
海に、頑張れ!の応援クリックを
お願いします(*^_^*)!
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2014-01-07 23:07 | 海のこと | Comments(4)

9回に感謝を!

1月2日、3日、4日・・・と空と海は、じいとばあのお家で、それはもう楽しい時間を過ごせたようでした。

中学2年生の空さん、お休み中、まあ、ずっと遊んでいましたが・・・。

いいのでしょうか・・・。


いい訳がないですよね・・・(-_-)/~~~ピシー!ピシー!。

もう、こればっかりは、本人がやる気にならなきゃ、どうしようもない。

はあ・・・です。


そんな空ですが、親なしで海も一緒に行くとなると、やっぱり空の力は大きいのです^^。


ばあ(私の母)は、お正月に限らず、とにかくお料理をマメマメしく作ってくれます。

今回は、パパが体調を崩し、パパと私はお留守番で行けなかったのですが、

私の姉が、ばあの作ったご馳走を、写メで送ってくれました。


いつもながら、すごい!

考えられないくらい忙しい母ですが、いったいいつこんなに作ったのかしら・・と思うほど。


そんな訳で、食べなさい!食べなさい!と、どんどん勧めて、どんどん食べさせます(笑)。

なので、2,3日もいると、必ず太ります。


空から、私の携帯に電話が来ました。

「あのね、海のズボンが、お腹がきつくて入らなくてさ!ごはんもおかわりしてるし、すごい食べてるよ!」


着替えを、海が自分で用意したのですが、どうやら小さめのを選んでしまった様子。

後から、それがわかり、てっきりいつも履いているのだと思っていました。

私も、バタバタしていて、どのズボンを持ったかチェックしていませんでした。


空から、その話を聞いて、空に言いました。

(子どもたちだけで泊る時には、食べさせ過ぎないように、ばあに伝えるんだけれど、

今回は伝えていませんでした。)


「空さ、今、ただでさえ、海の食欲がすごくて、お腹がぶよぶよになってるから、

あまり食べすぎないようにみてて。」

そう頼んだあとに、空は、海と電話を替わりました。


「海、お腹も痛くなっちゃうし、食べ過ぎると、太っちゃうし、あまり食べ過ぎないでね・・・。」

そう、私が言うと、

「うん。わかった・・・。」と元気ない声で、海が言いました。

でも、私は、あまり気にせず電話を切りました。


けれど、次の日、空が電話してきて言いました。

「お母さん、大変だったんだよ。海が、食べ過ぎてごめんなさい。ごめんなさい。って謝っちゃってさ。

もう、食べないから~~~!って、なっちゃって。

だから、『大丈夫、海、いっぱい、いっぱい食べすぎなければいいだけなんだから、食べていいんだよ。

謝らなくていいんだよ!』って言ったけどね!」


あ~~!空に感謝!

私も、そこにいたら、空と同じことを言ったはず。

○○○○って、言っておいて!と頼まなくても、それを言ってくれるまでに成長してくれていたこと。


その他にも、ばあと一緒に、電車でおでかけしていたときに、海が、炭酸飲料のペットボトルを落として、

そのあとすぐに、蓋を開けちゃったから、バ~~~って吹き出ちゃって、でも、海はそのとき笑って喜んでてさ、

まわりの人がジロッと見てたから、慌ててタオルで拭き取って、すみませんって謝ったよ!」・・・って。


多分、こういうエピソードは、どこの兄弟でもありそうだけれど、電車の中で、

ペットボトルの中身が吹き出した時に、小学5年生の子だったら、笑っては喜ばないでしょう。

外とかだったら、笑ってしまうこともあるかもしれないけれど、電車の中だしね。

まあ、ここが、海が自閉症だからなわけで・・・。


でも、そんなときに、何笑ってんだよ!と怒ることだってできただろうけど、

それをしなかった空が、えらかったな・・・って。


そういう小さな一つ一つのエピソードが、親のいないところで、兄弟の絆を深めてくれているんだな・・って、

心がほっこりしました。


親だと、また、電車を降りた後で、どうしなくちゃいけないかを、話しちゃったりして、

お説教じみて、長くなりがち。(私だけかな(笑))


でも、兄弟って、そこまでしないからいいんだろうな・・・って。

空が、海のやること、言うことに、10回に1回は腹を立て、イライラして、「なんだよ!」と悪態をついても、

それ以外の9回が大きいんだって思うんです。


その空の1回に、私は腹をたててしまいがちだけれど、その9回に感謝すべきなんだって、反省させられます。


この3日間に、カラオケに連れてってもらったり、箱根駅伝を沿道で応援しに連れってってもらったり、

浅草に連れってってもらったり、沢山の経験をさせてもらった中で、また空と海の絆が深まった気がして、

とても嬉しかったです。


そして、そんな経験をさせてくれた、じいとばあ、姉たち家族に感謝しています。


ぷっくりしたお顔になった海。

ついつい食べ過ぎてしまうパパ。


今日は、2人で仲良くマラソンに行きましたよ^^。


読んでいただいて感謝です。
また、お弁当作りが始まるわ~。
がんばらなくっちゃね!
応援クリックすごく嬉しいです!
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2014-01-05 21:50 | 空のこと | Comments(4)
元旦の夜から、パパがお腹を壊し、熱も出て、パパと私(パパのお世話係)は、実家に行けませんでした。

空と海は、姉の車で一緒に実家へ連れってってもらい、空と海は2泊することになりました。


あ~~、お正月に、母のお雑煮とおせちを食べられなかったのは、今までにないかも・・・(>_<)。

しょぼぼぼぼ~~ん。

元旦から、ちょっと悲しいスタートでしたが、嬉しいこともありました。


大晦日から、我が家に来ていた姉家族。

姪っ子が今、小学2年生なのだけれど、海の運動会の時に、海のことを告知してからかな・・・、

姪っ子も成長したからなのか、何となくの海への???感がなくなったからなのか、

女子特有の空気の読み感の良さからなのかはわからないけれども、

海との関係がすごく自然になっていました。


多分、姉なんかは、そんな不自然さはもちろん感じてはいないだろうけれど、

(姉じゃなくても、知らない方がみていたら、何も感じないと思います^^。)

でも、やっぱり私は海の母親だから、どうしても敏感に海との距離感なんかを感じてしまうんですよね。


それがね、私には、とっても嬉しかったんですよね。

海と姪っ子の何とも言えない微笑ましい感じが・・・笑顔が・・・ひとり、キュンキュンしていたのでした^^。


それから、まだあるの・・・。

私が、夕食の支度をしているときに、姉が、空と海と姪っ子と一緒にトランプで神経衰弱やろう!と、

一緒にやってくれてたのです。


神経衰弱と言えば・・・。

海が、まだ幼稚部の年中さんか年長さんの頃かな、自閉症の人は、視覚優位で、記憶力もいいから、

神経衰弱がものすごく得意!・・・と本かなんかで読んで、鵜呑みにしていた私(笑)。


はりきって、トランプではなく絵合わせカードを使って、家族でやってみたの。

あれ?

ん?

難しいのか?

はて?


意外と憶えてない・・・じゃ~~ん。


そして、自閉症の人は、神経衰弱がものすごく得意・・・なのは、人による・・・ということを知ったのでした(笑)。

でも、単純に、まだ海には、そのルールを理解するのが難しすぎたんですよね。

ついつい、はりきっちゃって・・・。へへ。


でもね、まあ、いつかは神経衰弱を、ふつ~に楽しめるときが来たらいいな・・・と思っていました。

こっちが、すごく気を遣ったりせずにね。


そして、気づけば、もう海は5年生。

神経衰弱のことをすっかり忘れていました。私ってば・・・。


あら、海ってば出来るのかしら?

キッチンで、ドキドキしながら、チラッチラッと様子を見ていました。


すると、姉の説明の仕方も、自然で、わかりやすくて、海が理解しているじゃない!

やっほ~~~!!


これね、もし、私が一緒に混ざっていたら、きっとこんなうまくいかなかったと思います。

私がいると、きっと海は、緊張するし、きっと私も変に気を遣ったりして、余計なことを言ったりしたり、

してしまったと思うのです。


姪っ子は、ものすごい記憶力で、どんどんひっくり返していきます。

そんなとこまではいかないけれど、海も、ちゃんとルールを理解して、憶えていて、

ひっくり返すことが出来ています。


最初は、時計周りが理解できずに、次は、ぼくの番!とはりきる海に、姉が優しく何回も、

海が言うたびに、順番を教えてくれて・・・。


最後は、姉が抜けても、出来ていました。

ちゃんと、最後に、とったトランプを2枚1組で数える方法も覚えました!

b0244274_21384967.jpg


こうして、またも私は気づかされたのでした。

時が満ちて、そのときがくれば、出来なかったことも出来るようになるんだ・・って。


そして、ひっそりと、母は陰から見ていることが、成長を助けると。


自閉症と言っても、一人ひとり違い、できること、できないことも、誰一人同じ人はいなくて。

できるようになるタイミングも、全く違って。


幼稚部さんだった海に、絵合わせカードで神経衰弱ができるだろう・・・と真剣に思っていた私も、

今の私は、ククク・・・と笑える。


あら、私も、成長してる!?

わいっ!


ついつい細かく見てしまいがちな私。

今年は、もっと、もっと、海を色々な人達に任せて育てる場面をふやしてあげたいな・・・と思うのでした。


元旦早々、しょぼんと思うこともあったけど、嬉しいこともあって・・・。

試練もあり、喜びもある。


お正月に、改めて、小さな幸せを沢山感じられる心でありたいな・・・と、強く思いました。

そんな心があれば、訪れる小さな試練も大きな試練も乗り越えていけるよね^^。きっとね!


読んでいただいて感謝です。
パパ、復活しました!
お昼に行ったレストランで、
がっつりフライを食べていました(笑)。
応援クリック嬉しいです♪るん♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2014-01-03 21:48 | 海のこと | Comments(4)