心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

<   2013年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

夏休み、空はサッカーの部活&遊びメイン。

海は、デイサービス。

私は、仕事。

あ、パパも、もちろんお仕事でございます。


空の夏休みが終わるとすぐに、期末テストがあります。

週に1回の塾でも、高校受験に向けて、どういうことに注意しなくてはならないか、

どういう風に勉強すればいいのか等など、先生が教えてくださったのですが・・・。


肝心な空は、サッカーと遊びのことで頭がいっぱいで、勉強はうわの空。

(空と空をかけてみたの。うまい?)


去年の夏休みも、夏休みが終わったら期末テストなんだから、ちゃんと勉強しなさいよ!と、

まったく同じことを言っていたわよね・・・?


ええ、言っていましたとも・・・(;一_一)。


先輩と同級生のお友達が命!の空。

3年生も受験を控えて、この夏休みは遊ばないでしょう・・なんて思っていたのですが・・・、

ん?いいのか?

けっこう一緒に遊んでくださる先輩方(^_^;)。


夏が終わったら、勉強やるんだ・・・と思っていらっしゃるのかしら?

ふ~~~む・・・。


部活も、引退試合は終わったけれど、まだ、練習にでてくれている先輩が結構いるのだそうです^^。

空たちは、頼れる先輩がいてくれて嬉しいと思うけど、母親の私は、先輩たち、本当に大丈夫かしら・・・と、

心配にもなります・・・(-_-)。

(余計なお世話か・・・(笑))


空は、ここ何日か、選抜の練習が続いて、学校の練習に出られなかったんですよね。

今日は、午前の学校練習にも出たい!と、本当は出なくてもいいのに、練習に参加して、

早退して、選抜練習に行くと、朝から張り切っていました。


本当に、勉強だと、予定もたてられなければ、すぐリビングに下りてきて、

やれ、ジュースだ、お菓子だ・・・と、まったく集中力ゼロ。


でも、サッカーのこととなると、しっかり予定たてられるんじゃん(-_-)/~~~ピシー!ピシー!って感じですよ。


もちろん、遊びは、それ以上に柔軟に、どのお誘いにも対応できる空です・・・。


そして、今日、選抜の練習から戻って来て、また何やら私に熱く語り始めました。


「なんかね、俺が、トレセン(選抜)で、学校の練習に続けて出られなかったでしょ!

そしたら、○○先輩や、○○先輩が、空とサッカーして~な~!って言ってくれてたんだって!

なんか、すげ~嬉しくて、あ~、俺、トレセンの練習を無駄にしないように頑張らなくっちゃ!って、

思ったんだよね~。いや~、ほんと、嬉しかったな~~~。」


なんだか、昭和の青春ドラマのようだわね・・・。

それは、良かった、良かった・・・(笑)。


ほんとにね・・・サッカーだけ頑張れたら幸せだろうけど、そうはいかない現実。


「あ~、空と勉強して~な~!」って言ってくれる先輩はおらんかね~。

おらんだろうね~~~^m^。


明日も、サッカー部の同級生のお友達の家に泊りに行くとか・・・。

明日は部活オフだから、遊ぶ気満々でしたけど、さすがに午前中くらいは、勉強しなさいよ~~!と、

言っておきました(-_-)。


さて、仕事で私がいない中、空は、午前中勉強するでしょうか・・・?

私には、リビングで音楽を聴きながら、アロハと戯れている空が見えますが・・・(;一_一)。


大丈夫、空ならやれる!って、自信をもって言える親になりたい~~~!!

でも、無理~~~~。


だって、空ですもの・・・。


私も、いっつも宿題はギリギリで、遊んでただけに・・・。

遺伝か?


そんなことを遺伝のせいにするな~~~!ですよね?(笑)。


中学2年生の夏、どうぞ、空に勉強の危機感が芽生えますように・・・。

(そりゃ、無理でしょ・・・という沢山のお声が聴こえました・・・。しょぼ~~~ん(T_T)。


武田鉄矢&森田健作&松岡修造&トリオが、空に渇を入れてくれたら、空も危機感をもつんだろうな~。


今日、空の夢に3人が現れることを願って^m^。ひひひ。

私の夢には、ミスチル桜井さんが現れることを願って・・・♪ふふふ♪


読んでいただいて感謝です。
働いた後のワインは最高!
いい気分でブログ書きました~。うしし。
応援クリック励みになっています♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-07-31 22:01 | 空のこと | Comments(4)
海の療育手帳の発達検査&判定の日でした。

結果を先に言えば、今回も軽度のB2という判定でした。


いくつか、後退してしまったところもありますが、去年はわからなくて、今年出来るようになっていたところもあ

るので、まあ、予想通りの結果でした。


とは言うものの、何度もブログでも記事にしていますが、あくまでも認知の部分が軽度という判定であって、

自閉症の辛さは、まったく判定には関係ないので、私の中では、軽度という意識はありません。


海の検査の間、毎月、療育施設で相談にのっていただいている職員の方と、色々と話しました。

私のブログを読んでくださっているので、海の現状は、話さなくてもわかっていてくださり、

読んでくださっていることを、いつも心から感謝しています。


そして、何より感謝しているのは、判定はB2だけど、海の苦手なこと、海の苦しみが判定とは関係なく、

生きづらさになっているということを、深く、深く理解してくださっているということです。


海の不器用さ、海の雑なところ、海のメンタル的な繊細さ、就労に向けて必要な要素がすべて苦手だという

悲しい現実。


けれど、療育手帳のB2という判定だけをみて、軽度だからできると誤解されてしまう現実。


言語理解できると、長文も理解できていると思われる現実。



そういった海の誤解されてしまう部分を同じようによくわかってくださっているので、話しているだけで、

私の心がほぐれていくんですよね。


(もちろん、学校の先生をはじめ、STの先生、ヘルパーさん・・・海を理解して下さっている方は、

沢山、沢山います^^。)


本当に海のこれからに必要なことが、どんなことなのかを、同じ視点で考え、

寄り添ってくださっていることが、すごく心強いです。


今の恵まれた学校生活を卒業し、海が、どういう道に進むかは、まだわかりません。

けれど、こうして海を理解してくださっている方が、私のそばに沢山いてくださることで、

これから先に、誤解されて悲しい現実が待ち受けようとも、前向きに海のことを伝えていこうっていう気持ちに

させてもらえます。


そして、海が、長い時間を費やしたとしても、必要とされて、喜びをもって働けることを、職員の方も、

願い祈ってくださっていることも、海との暮らしの中で大きな励みになっていることは言うまでもありません。


海は、幸せだな~。

そんな気持ちで帰ってくることができました。感謝ですね。


さてさて、海が毎日描いている夏休みの絵(日記)をいくつか紹介します。

海は、毎日デイサービスで、楽しい経験をさせていただいています。

なので、デイサービスで楽しかったことを描くことが多いです。

これまた、感謝、感謝、感謝です。


「山登り」(デイサービスで、山登りをした)

b0244274_202795.jpg


「ポンテケージョ作り」(デイサービスでポンテケージョを作った)

b0244274_20275095.jpg


「玉入れ」(デイサービスで、玉入れの練習をした)

b0244274_20282183.jpg


「カレーライス」(デイサービスで作ったカレーを食べた)

b0244274_2029435.jpg


そして、私が赤ちゃんの絵のハガキが欲しいと思って、海に頼んで描いてもらった「赤ちゃん」の絵。

(これ、空も、可愛い!と言って、好評でした^^。)

b0244274_20294481.jpg


おまけ^^

「2回目のトリミング後のアロハ」

b0244274_2031034.jpg


しっぽが可愛くなった♪

b0244274_20315547.jpg


海は、こうして、沢山のあたたかい人達の支援によって、豊かに生かさせていただいています。

夏休み、私は体力が心配ですが(笑)、海は、元気満々、毎日夜に海の描く絵を見るのが楽しみです♪


読んでいただいて感謝です。
夏休み、沢山の楽しいことが
皆さんにありますように・・・^^。
応援クリック励みになっています。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-07-29 20:38 | 海のこと | Comments(8)

海とデート♪

今日は、空が友達の家にお泊りで、パパは、私と共通のダイビング時代の友人たちとランチ&夜飲み。

私は、海の学校の記念式典があり、残念ながら行けず・・・。

(あ、そんなこと言ったら、学校に失礼だわね・・・^m^)


そんな訳で、海とデートDAYでした。

お昼はケンタッキーがいい!とリクエスト。

はいはい・・と、二人で食べて、その後は、ゲームセンターで200円だけゲーム。

1回は、スーパーマリオの車のゲーム。

(ゲーム、全然わからないので、なんていうゲームなのかわかりません。)

まあ、慣れた感じで1位でゴール。


1回は、UFOキャッチャー。

残念ながらとれず・・・。


でも、もっとやりたい!と騒ぐこともなく、ゲームセンターから離れることができました。

成長ですね~。


その後は、買い物して、もう今日は、楽しちゃおう~!ということで、海に希望を聞いたらラーメン。

夜は、ラーメンを食べて、帰って参りました。


私、若干、お腹の調子が・・・(>_<)。

でも、若い海は、ピンピン^^。


胃も歳だわね・・・。


そして、パパも空もいないので、お風呂は海が一人で出来るところまで頑張ることに・・・。


もう、一人で入ってるお子さんも、いっぱいいらっしゃるのかもしれませんが、

我が家は、まだ、空と入ってもらい、自分で出来ないところを空に手伝ってもらっています。


我が家のお風呂の蛇口は、やや、面倒なスタイル。

それもあって、海には、あまりやらせてなかったんですよね。


でも、すごく上手に出来るようになっていて、びっくり!

しかも、シャワーヘッドを節水ボタンのあるものに取り換えてから、さらに難しく、

どうしてもボタンを切り替えるのに圧力がかかるので、海の力では、まだ、両手で押さないと動きません。

そんな感じなのに、両手でヨイショ!と押して、身体を洗っている間、ちゃんと止めています。


ほお~~~。感心・・・。


そして、鏡を見ながら、頭も体もちゃんと泡がついているか確認して洗っていました。


まだ頭は、どうしても前のところが洗い流せていないところがあったり、

体も、後ろの方が流せていなかったりするので、仕上げは大人の手が必要ですが、

ここまで出来るようになったのね・・・と、感慨深かったです(T_T)。


昨日も、空が、お風呂で海に話している声が聞こえました。

「海、どうする?自分でやりたい?」と空。

「うん!」と言っている海の声が聞こえ、出来るところまで、空がちゃんと見守っている様子がうかがえました。


空には、出来る限り、海にやらせてあげて欲しいこと、でも、洗い残しや出来ないところは手伝ってあげてね!

とお願いしていました。


ちゃんと、そうやって教えてくれていたのね~~~。

感謝、感謝・・・です。


小さな鏡を見ながら、小さな手で、一生懸命指を動かして洗っている様子が、たまらなく可愛くて、

もう、キュンキュンしちゃいました♪


お風呂場でも、ふ~~ん、ふ~~ん、と斜め上を見て、何やら一人で話しているけれど、

そうやって、上手に洗えるようになりたい!と、一生懸命頑張る姿が眩しかったです。


夜、電気をつけたままじゃないと、眠りにつけない海。

お風呂から上がった海が言いました。


「あのね、昨日、ぼくね、夜ね、真っ暗で寝たんだよ!」と自信に満ちた表情で教えてくれました。

「ほんと!?すごいね~~^^。お兄さんになったね~~!」と褒めると、

すご~く嬉しそうにしていました(*^_^*)。


そして、今日、海と一緒に寝室に行って、私だけがリビングに戻るのですが、

「海、どうする?電気はつけておく?」と聞くと、


毛布を顔までかけて、すごく悩んで、

「明るくする・・・。」と、ちょっぴり小さい声で答えた海でした^^。


「は~い!明るくしておくね~~!おやすみ~~!」と寝室を出てきました。


やっぱり怖くなっちゃうことも、いっぱいあるもんねぇ。

大丈夫、きっと怖くなくなる日がくるよ・・・。


海が小さい頃、絶対無理だろうな・・って思っていたことを、海は沢山やれるようになったのを、

私は、この目で見てきたから・・・。


今日のお風呂みたいにね・・・。


読んでいただいて感謝です。
明日は、2回目のアロハの
トリミングの日です。
おりこうさんに出来るといいな~^^。
応援クリックとっても嬉しいです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-07-27 23:01 | 海のこと | Comments(6)

2回目の家庭訪問

今日は2回目の海の学校の家庭訪問でした。

海の夏休みの様子や、1学期の学校での様子を、先生と報告しあいました。


また、進路についても、今の海では、支援級がいいのか、支援学校がいいのか、

今の地点で考えられるメリット、デメリットを考えました。


海のメンタルのことを考えると、ん~~~、悩みますね~~~。


とても悩むけれど、目の前の中学というよりは、就労に向けて、海がどういった環境で過ごし学ぶことがいい

のか・・・ということを大事にしたいと思います。


目標になるような存在がいてくれることも、刺激になっていいのかもしれないけれど、

今の海は出来ないことに、とても敏感。


今までは、自分だけの世界で満足していたけれど、まわりも見えてきて、自分との違いに気づき、

自分も出来るようになりたいと思う反面、何故、自分はできないのか・・・というような疑問も出てきました。


そして、今はまだ、出来ない自分に苛立ったり、落ち込んだりする方が強く出てしまっているんですよね。

間違ってもいいんだよ^^・・・。

そういう雰囲気の中で、間違わないように頑張ろう!って思える環境が、海には大切なんですよね。

(今の海のクラスは、そんな素敵な環境です^^。)


失敗して笑われたり、できないことを馬鹿にされたり、そういうことが、今の海には一番きつい。

自己否定感&劣等感で包まれてしまうから・・・。


誰でもそんな状況だったら辛いけど、海の感じ方は、その何倍も強く感じてしまうのです。


先生にもお願いしました。

例えば、海は、学校でも場所を移動するときは早い方で、並んで待っていることも少なくありません。


友達を待っていることは、とても大切なこと。


でも、そんなとき、いつも待っていることを、そのままにしないで、時々、「待っていてくれてありがとう!」と

声をかけてもらったり、「待てて偉いね^^。」って褒めてもらえたりすることで、海は自信がつくでしょう。

なので、時々、そうな風に褒めてもらえたら嬉しいです^^!と。


できないことが、できるようになって褒められるのは誰でも出来ること。

でも、当たり前に出来ているようなことこそ、褒めてあげなきゃな~って、

自分の子育ての気づきにもなりました。


充実した家庭訪問の後は、空が先輩と友達とサッカーをしてきて、我が家に飲み物をとりに来ました。

暑かったので、3人に、「家へあがる?」と聞くと、声を揃えて、みんな「ハイ!」(笑)。


空を入れて4人が、まあ、楽しそうなので、

「カレー作るから、食べてく?」と聞いたら、みんな、揃って「ハイ!」(笑)。


ダッシュでカレーを作り、ご飯も7合研いで、山盛りカレー。

みんな気持ちよい食べっぷりでした^^。


海も、何となく混ざり、食事も中に入れてもらって、ルンルンでした。

遊んでいる時も、海に声をかけてくれる、空の先輩と同級生。


海がおかしなことを言ったり、明らかに変であっても、みんなさりげなく見守ってくれて、

一緒に相手になってくれる子どもたち。


今日もまた、素敵だな~~^^、ありがたいな~~って感謝でした。


食事のあとは、先輩と同級生は、試合のポジションの話だったり、オーストラリア戦をみんなで観ながら、

大盛り上がりでした^m^。


家政婦のおばちゃん状態も終わり、今日は、もう寝よう~っと。


読んでいただいて感謝です。
今日は、アロハの散歩に、
4人で行ってくれました(笑)。
アロハ、良かったね♪
応援クリック励みになっています。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-07-25 23:29 | 海のこと | Comments(6)
夏休みが始まりましたね~^^。

私は、小学1年生から高校3年生までの障害児を預かる放課後等児童デイのお仕事をしています。

普段は、午後1時から5時までの仕事ですが、今は、夏休み中なので、午前10時から午後4時までです。


明日は、近場の山登りを予定しています。

天気が微妙なので、どうなるかな~という感じ。

夏休み中、盛り沢山な楽しい予定でいっぱいなので、体力だけはつけて頑張らないと!ですね。


海は、今年も、学校からもらったプリントの宿題を頑張っています。

昨年同様、朝起きたらすぐに、誰に言われるでもなくプリントをやって、リビングダイニングのテーブルに、

ちゃんと置いてあり、感心しています^^。


1年生の漢字のプリントもあったのですが、その漢字が入ったことばを使って文章を作る問題は、

やはり難しく、とりあえず漢字の練習だけでOKにしました。


空が1年生の頃にどんな問題をやっていたか・・・なんて忘れてしまったけれど、

こんな高度なことをやっていたんだ~~と新鮮な気持ちになりました。


海は、5年生ですが、まだまだ、1年生レベルは難しいことが沢山です。


あとは、いつも通り、お花の水やりや、洗濯畳み、タオルの交換、食事の準備なんかを、

手伝ってもらっています。


そして、これまた昨年同様に、今日の楽しかったことの絵を1枚描いてもらうことにしました。


今日、海はデイサービスで、サンドイッチ作りをしました。

そのことが、とても楽しかったようで、「サンドイッチにする~!」と描いていました。

(コストコのディナーロールで、サンドイッチです^^。)

b0244274_2125077.jpg


今年も、毎日、どんな絵を描くのか、とっても楽しみです。


毎日と言えば、去年は、空の部活のお弁当だけだったのですが、今年は、空と海と私3人分のお弁当を、

ほぼ毎日作る予定です。


頑張ろう~っと!


お弁当と言えば、空弁がまた溜まっているのでアップしま~す。

b0244274_21265278.jpg


b0244274_21273578.jpg


b0244274_2129374.jpg


b0244274_21285737.jpg


b0244274_21302782.jpg


b0244274_21311175.jpg


b0244274_2133418.jpg


b0244274_21344128.jpg


b0244274_21353676.jpg


b0244274_21363232.jpg


b0244274_21373459.jpg


そういえば、今回、パンのお弁当がなかったな~~。

暑い季節、お弁当が痛まないようにすることも考えないと・・・ですね。


読んでいただいて感謝です。
夕方、空と海でアロハの散歩。
そこで、空の先輩に会い、
海といっぱい遊んでくれたんですって!
優しいな~(T_T)。感謝ですう。
応援クリック励みになっています。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-07-23 22:04 | 海&お弁当 | Comments(6)

恐怖の報告

毎朝、早くに、空と海がアロハの散歩に行ってくれています。

ときどき寝坊して行けないこともあるけれど、少なくとも、私の小学生、中学生時代より偉い!

散歩する、するといって、父任せでしたから・・・(^_^;)。


今朝も、二人でお散歩に行ってくれました。

いつものように帰ってきて、「おかえり~~!」と、ここまではいつも通り。


その後に、空からゾっとすることを聞きました。

散歩をして歩いている時、黒い車が歩いている海に近づいて止まり、窓を開けたそうです。


海は、空の前を歩いていて、空は、その様子を見ていました。


「きみは、どこの学校行ってるの?」と、運転している男の人が、海に話しかけました。

海は、機嫌もよく、にこにこで答えました。


「○○特別支援学校だよ^^!」

空は、危ないと思い、慌てて近づきました。


でも、もしかしたら、海の行っているデイサービスのスタッフの人かな?と思い、

「○○○の方ですか?」と聞いたら、

「違うよ!」と答えたんだそうです。


けれど、その後、何やら小さい声で何か言っていたので、怖くなって、

無視して、すぐに家に向かったんだ・・と話してくれました。


その話を聞いて、ものすごく怖かったのと同時に、空がいてくれて良かった、そして、

海には、どう伝えていけばいいのか・・・と、悩みました。


空は、小学生のころも、家ではもちろんですが、知らない人に話しかけられても、

返事をしちゃいけない・・・とか、着いて行ってはいけない・・・とか、学校でも教えてもらって、

おそらく意識できています。


でも、海は、一人では出かけないので、少しくらいは、そんな話をしたことがありましたが、

そんな話をしたのも、かなり前で、完全にノーマークでした(>_<)。


どこの学校か?聞かれたら、答えてしまうでしょう。

海には、まだ、恐ろしい人がいるということをイメージできないし、

聞かれたから答えたまでのこと。


散歩をしていて、出逢ったお散歩仲間も沢山います。

そんな方たちも、最初は全く知らない人。

歳を聞かれることもあるだろうし、気さくに話しかけられることも沢山あるでしょう。


そんな場合は、絶対に話してはいけない・・・というのもどうなんだろう・・・と悩みます。


親や空がいるときなら、返事をしてもいい・・と言えばいいのか、

犬を連れてない人が話しかけてきたら、絶対に話しちゃいけないと言うべきなのか、

すごく難しいし悩みます。


特に、挨拶は、海にとっても、ずっと課題の一つでした。

挨拶は、気持ちよくしよう!という方向性で言い続けているので、

海にしてみたら、無視をすることの方が、失礼だという認識が高いはずです。


この人は、危険そうだ・・・とか、この人は、大丈夫そうだ・・・とか見極めることは、本当に難しい。

そういう人の雰囲気を感じとることは、自閉症でなくたって、難しいですものね。


自力通学とか、色々と考えなければならないな~と感じていた矢先のことだったので、複雑な気持ちです。


どうやって、これから海に伝えていけばいいのか・・・。


とりあえず、今日みたいなことがあったら、絶対に話してはいけないし、空の所にすぐ行くように伝えました。


そう話すと、海は、自分が失敗して、悪いことをしたと思うのでしょう。

「ごめんなさい。」と謝るんですよね。


「謝らなくていいんだよ・・・。聞かれたから答えたんだもんね・・・。

挨拶は、ちゃんとしようって言ってるもんね。

でもね、悲しいけど、怖い人が沢山いてね、乗って行きなよ・・って連れってって、

怖いことをする人がいるの。

だから、今日みたいな人がいたら、答えなくていいんだよ。難しいね。でも約束。」


そう私が言うと、「わかった!」と言っていました。


こういうことがあったから、散歩に行かせないとか、ずっと一人では外出させないというのは違うでしょう。

けれど、どんなときでも、常に危険と隣り合わせであるという危機感の認識も強くもたせるように、

これから伝えていかなければならない・・・と、気持ちが引き締まりました。


海のことを混乱させてしまうけど・・・。

命より大切なものはないから・・・。


読んでいただいて感謝です。
無事に、空と海が帰ってきてくれて、
脱力でした・・・(T_T)。
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-07-21 10:08 | 海のこと | Comments(4)

伝わる喜び

海の終業式でした。

小学5年生の1学期も、もう終わってしまいました。

早いな~~。


終業式の後、クラスの保護者懇談会があって、先生から色々な話を聞きました。

子どもたち一人ひとりの1学期の成長。


海の成長も、先生が目を細めて話して下さいました。


クラスのお友達が何か間違っていたら、今までだったら、先生に間違っていることを伝えたのに、

直接、その子に教えてあげて、間違っていた子も、先生を頼らずに間違っていたことを直せた。

あ~、二人だけで、こんな風にやりとりできるようになったんだ・・・って、感動したんです・・という話。


朝、二人一組で、掃除をしているのだけれど、片方の子が着替えをしていて遅かったので、

海は、椅子を先に運んでいたら、着替えが終わった子が、一人で、よいしょ!と机を運んでいたことに気づき、

海は、「○○○くん、ごめんね~~!」と、机を運ぶのを手伝って、二人で運べたという話。


どちらのエピソードも、普通に考えると、幼稚園の子だって出来そうなこと。

でも、海の学校に通っている子達は、そういうこと一つひとつが、本当に大きな成長なのです。


コミュニケーションが苦手な障害。

でも、コミュニケーションをとりたくないのではない。


ここが、よく間違われてしまうところ。

世間では、一人が好きなんでしょ・・・。と受け取られることも多いです。


確かにね!海を見てたって、一人でしゃべりながら往復したり、一人で、何かをすることも好きです。

だけど、だけど、本当は、コミュニケーションをとりたいと思っている。


うまく表現出来なくて、ときに人を苛立たせる表現方法で伝えてしまうこともあります。

誰も、何も思わないのに、緊張したり、我慢してしまったりして、自信をなくしたり。


それでも、見守ってくださる先生のおかげで、人として備わっていて欲しい優しさを、

毎日、一緒に過ごしてきたお友達に直接向けられるようになり、言葉はお互いに少なくても、

心が通じていたら、言葉を超えたコミュニケーションがとれるんだ・・・って子どもたちが教えてくれました。


そんな子どもたち一人ひとりのエピソードを、先生は、懇談の中でいっぱい話して下さいました。


なんか、心が柔らかく、あたたかくなって、幸せな気持ちになりました。


私たち親は、その成長の場面を自分の目で見た訳ではありません。

けれど、想像することができます。


あ~、こんなことができるようになったんだ。

あ~、自分から伝えられたんだ。

あ~、友達に優しくできたんだ。


その想像こそが、信じて預けている親にとっては、何より幸せなひととき。


日々は、子育てで、自信をなくしたり、苦しくなったりすることも沢山。

でも、どんなに小さいと感じられるような成長も、私たち親には宝もの。


懇談会は、決して長い時間ではなかったけれど、幸せで胸がいっぱいになりました。

先生、ありがとうございました(*^_^*)。


そして、今日は、もう一つ、海の成長を感じられることがありました。

海の学校から移動になる事務の方がいらっしゃって、今日が最後でした。

その事務の方は、海が1年生のときにいらして、いつも行事のときに、写真も撮ってくださっていました。


海は、その事務の方が大好きで、お別れするのが寂しかったようで、自分で、手紙を書いていました。

いままで ありがとう!というメッセージと事務の方を描いた絵と、

「いままで ありがとうございました。いつも うんどうかいのカメラをありがとうございました。

ぼくもがんばります、。○○○さんもがんばってください。」というお手紙です。

b0244274_1354460.jpg


b0244274_1364891.jpg


朝、登校したときに、海が、その事務の方に手紙を渡しました。

すると、その事務の方は、涙を流して喜んでくださいました。


お手紙を書きなさい・・・と言ったわけでもない。

海が、自分から、手紙を渡したい。

お別れは寂しいけど、想いを伝えたい。

そう感じて、自分で行動できたこと。


本当に嬉しかったです。

海なりのコミュニケーションの形が、相手に伝わり、いっぱい喜んでもらえたこと。


苦手だからって諦めないで、みつけていこう。

海にあった、コミュニケーションの形を。

相手に伝わることの幸せを、いっぱい感じてほしいから・・・。


読んでいただいて感謝です。
男女の体のことを保健で勉強している海。
今朝、海の腕の毛を指さして、
「ぼく、わき毛が出てきた!」ですって(笑)!
朝から大笑いでした!!
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-07-20 01:51 | 海のこと | Comments(6)
海の学校の連絡帳入れの中に、海が何やら描いた紙が入っていました。

学校の休み時間に描いたと言ってたけど。

何だろう・・と広げてみたら・・・!


あまりの愛おしさに、海を抱きしめてしまいました(*^_^*)。


『うみの うまれる はなし NSXeS』というタイトル。

NSXeSというのは、車らしいけど、何故タイトルにつけたのかは・・・(^_^;)?


こんな絵が描かれていました。

b0244274_20445594.jpg


よく見ると、ちゃんとストーリーになっています。


ママののお腹の中にいる海。

お腹の中で、うまれたい~!って、「がんばるもん!!」と言っているんだそうです^^。

b0244274_2046582.jpg


そして、横には、空とパパが。

空が、「あいたい(海に)」と言っているんですって!

b0244274_2047169.jpg


そして、いよいよ出産のとき。

お腹から、海が出てきました。

(よく見ると、お腹の中に、小さな海がいます。)

b0244274_20504676.jpg


「うれしい!!」と言っているのは、海。

b0244274_20583398.jpg


何が嬉しいのか、海に聞いてみたら、ママに会えたから!ですって~~(T_T)。

くう~~嬉しい~~(T_T)。


そして、そして、夢の中で『そらに あいたい!」って思ったんだそうです。

空に話して、絵を見せてあげたら、海にメロメロでした^^。


最後に、成長した海だよ・・・って^^。

頭に旗が立っているのが可愛い。

b0244274_20534317.jpg


絵の中で、大きくなっていくのに、プラス+の記号が使われているところが好き♪

人が成長していくのって、どんどんプラスされていくことだな~って。


海は、もちろん、そんな深い意味はなく描いたのだと思うけど、深いな~って感じました。


生まれてきてくれて、ありがとう。

この絵のとおり、パパもママも空も、みんな海と会えることを待ち望んでいたから。


そして、海も会えて嬉しい!って思ってくれたんだね。

みんなが待っていたことに、気づいていたんだね。


いつもの日常に、ほんわかした幸せを運んできてくれた素敵な日でした。


読んでいただいて感謝です。
うまれたときの話を、
アロハにも話してあげていた海でした^^。
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-07-18 00:01 | 海のこと | Comments(4)
海がね、この頃、ちょっぴり諦めたような、残念そうな表情で、「まあ、いいや。」と言うときがあるの。

何度も確認したり、何度も同じことを聞いたりする海・・・。

そんなとき、心に余裕がないと、きっと私の顔が、またか・・・という顔になっているのかな・・・。


以前だったら、荒れて荒れて、叫んで、荒れて、大変だった。

でも、自分の気持ちを吹っきるように、「まあ、いいや。」と言う海。

そんな風に言って、気持ちを切り替えることができるようになったんだ・・て嬉しく感じたときもあった。


でも、この頃の「まあ、いいや。」は、上手く言葉では表現できないんだけど、

「悲しみ」や、「寂しさ」や、「怒り」なんかがミックスされて、海の声となって表れているような気がするの。


だから、その「まあ、いいや。」を聞くと、『まあ、よくないよね。』と複雑な気持ちになってしまう。


海の心の切り替えが、以前より早くなったことで、多少強く言っても大丈夫でしょう・・と、

思っている自分がいたのかも。


自閉症の海を育てて10年。

海の記憶が線ではなくて、点であることがわかっているはずなのに、そんなときは、忘れてる。

ダメダメちゃんだ・・・。


その点と点の記憶が、うまく繋がると、海の表情も自信に満ちる。

でも、そうじゃないときが多いから、何度も確認したり、聞いたりする。

そして、不安に包まれる。


海にしてみたら、その不安を一気に取りはらおうとした精一杯の表現なんだよね・・・。


「まあ、いいや。」が全部悪い訳ではなく、「まあ、いいや。」の質が大事。

どこか投げやりな「まあ、いいや。」が出てきたら、ピピピ!海ではなく、私が要注意!


海の確認やこだわりに、「まあ、いいや。」って思ってあげなければならなかったのは・・・『私』でした。


海たん、ママがダメダメちゃんの時は、私にお話してね!By もこもこALOHA

b0244274_021187.jpg

読んでいただいて感謝です。
トイプードルって、ほんとに1カ月で、
もこもこになるんですね~~^^。
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-07-17 00:11 | 海のこと | Comments(2)
一昨日、海の学校のPTA行事の一つになっている事業所見学に行ってきました。

特例子会社の見学は、いつも、学び、感じることが沢山あり、今年も楽しみにしていました。


今回行った会社は、清掃や製本、印刷、社内メール、部品加工などの幅広い業務を行っている会社です。

企業理念の中に、『職業人として、社会人として自立を成し遂げられるよう、恩恵的な関わりをせずに、

厳しく育成する。』という理念が含まれていました。


第一印象としては、非常に厳しい・・・と感じました。

それは、やはり、今の海に当てはめて考えてしまうからですね。


特別支援学校の実習での指導事項では、

・元気な挨拶(自己アピール、感謝の表現)

・正しい生活習慣(夜型人間からの脱却)

・失敗を恐れるな(チャレンジ精神の育成)

・ひ弱さの克服(叱られても動じない強さ)

という4つの柱があり、その柱のもとに指導されているということでした。


これは、どこの会社でも基本的に求められることですが、下2つは、なかなか厳しい表現なので、

私の中で新鮮でした。

あくまでも、表現方法ですが・・・。


ただ、厳しいのではなくて、叱られても成長をしていることを感じてほしいということでした。


ふ~~ん。

確かに、そう感じることができたら、社会の中で通用する大きな力にはなるはず。

でも、海は・・・。


おっとっと・・。

焦ってはダメ。


まずは、見学。

何事も見てみなくては、何もわかるまい。


メール集配、清掃、製本、フォークリフトの運転等など・・・。

見学させていただくときに、必ず、社員の方が、一生懸命、自分の仕事内容を説明してくださいました。


どの仕事の内容も、一般の仕事と何も変わりません。

障害者だから・・とか、出来るところまで・・というような甘えは一切ありません。


真面目に、ひたむきに、一生懸命、丁寧に、無駄なく、その働きが素晴らしかった。

見学させていただいた事業所には、重度の方と軽度の方が半々です。


そばで、指導員の方が、見ていません。

すべて一人で、業務を行っています。


メール業務では、間違いがないか、声だし確認の他にも、ノートにチェックもします。

ミスをしてしまったときも、またノートに、どうしてミスしてしまったのか、どうすればいいのかが、

書き記されてありました。


その素晴らしい仕事ぶりを見せてくださっていた社員の方の後ろでは、

特別支援学校の実習生が、紙を三つ折りにする仕事をしていました。


紙を三つ折りにする。

そう!最初は、きれいに三つ折りにすることだって大変なのよね。


でも、1年、2年・・・と積み重ねた経験が、こんなに素晴らしい仕事が出来るようにと繋がるんだ・・・。

なんか、ウルウルしてしまいました。


フォークリフト運転作業も、落としてしまったらアウトという非常に緊張する作業でありながら、

見事な運転を見せてくださり、感動。


フォークリフトの作業に向いているという見極めを指導員の方にしていただいて、免許をとるために、

一生懸命、勉強し、フォークリフトの免許まで取得することができた。

彼は、趣味のゲームでも運転することを自然と学んでいたようです^^。


製本の作業も素晴らしかったです。

1枚、1枚、気が遠くなるような作業を、丁寧に、丁寧に、折りたたみ、切り落とし、綴じる。

しかも、製本の仕事だけではなく、配送作業まで、入念なチェックのもと、行っていました。


何度も言うようですが、指導員の方は見ていません。

すべて自分たちで作業しています。


今回の事業所見学で、学んだこと。

『厳しさ』の中にある深い愛情でした。


怒鳴りつけたり、大声で叱ったり、そんな厳しさは、ただ、心を傷つけるだけのもの。


でも、必ず出来る。

出来るようになる。

だから頑張ってみよう。

君ならやれる。

僕なら出来る。


強い想いで信じてもらえたら、応援してもらえたら、障害者だって、その厳しさの中に、

愛情があることに気づけるのだと思いました。


ほんとはね、ひ弱いとか、そういう表現は、個人的には好きではないけれど、

見学が終わった頃には、そう表現する中に、私自身が愛情を感じとることができました。


4つの指導事項は、正しい生活習慣以外、海にとって、もっとも苦手とすることばかり。


挨拶が緊張する海。

失敗が最も怖い海。

指摘に弱い海。


どんなお仕事に就けるのか、どんな大人に成長するのか、誰にもわからない。

何から、何を、どうしていけばいいのか、正直、途方に暮れる。


でも、あの実習生が、一生懸命三つ折りにしていた姿。

わからなくなったら、思い出そうと思います。


社会が求めていることが苦手な海だけど、海の笑顔と優しさが消えないように、

先を焦るのではなく、今、目の前にある課題を、こなし、学び、一つずつ、習得していけたらいいね。


どんな仕事でも、必要とされ、任されて、自信に満ちた彼らのように・・・。

海も、働けるようになってくれたらと・・・母として願っています。


強く・・・強く・・・心から・・・。


読んでいただいて感謝です。
プールで急に、「よし!冒険に行こう!」と
向かった先は、乳幼児用プールでした(笑)。
いつも応援ありがとうございます^^。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-07-15 00:01 | 海のこと | Comments(4)