心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

<   2013年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

子どもたちの成長の早さにも驚きですが、我が家のアイドルALOHAちゃんの成長の早さにも驚きです。

先日2回目の予防接種を終えて、1週間以上何も問題なければ、シャンプーをしていいということだったので、

今日は、アロハの初シャンプー(我が家で)の日でした。


パパと二人、お風呂場でアロハのシャンプーにとりかかりましたが、何しろ初めてで、

やり方を頭に入れておいても、目や耳に入らないように流すには、どうしたらいいの?とかとか・・・。

これまた、完全に新生児をお風呂に入れるときみたいな緊張感でした(笑)。


もともとトイプードルでも、小さくない方だとわかっていて購入したのですが、

まだ3カ月にもなっていないのに、この大きくなる勢いは、もしやトイプードルじゃなくて、

プードルだったりして!なんて、我が家では怪しんでいたりします(笑)。


でもでも、もともと、あまりに小さくて可愛い感じの子より、どちらかというとしっかり抱きかかえたかったので、

全然嫌ではないんですけど・・・。

ただただ、大きくなる勢いに、びっくりころりんです^^。(びっくりころりんって・・^m^)


ごはんを食べるときは、ちゃんと「おすわり」と「お手」が出来るようになりました♪

トイレは、体も大きくなって、ときどき本人はトイレに入っていると思っているようで、

おしりははみ出してしまって、あら失礼!というときや、ゲージから出してもらって、

興奮して、あら、失礼!ということもありますが、基本的には、ちゃんとおトイレで出来ています^^。


家族みんなに遊んでもらえると、本当に嬉しくて仕方ないみたいで、いつも駆けずり回っているので、

なかなか写真が撮れません(T_T)。


結局、誰かに抱かれているときか、ゲージの中にいるときばかりです(笑)・・・。

ゆっくりとぶれない写真が撮りたいな~!というのが、今の私の夢♪


平日一番世話をしているのは私ですが、空がいるときは、空がしっかり世話をしてくれます。

海は、まだ難しいことが多いので、トイレに「○○ち」をしているのをみつけたら、

「空~!アロハが、○○ちをしているよ~!」と伝えるお仕事をしてくれて、何気に助かっています^^。


アロハを迎える前に、トイレの成功はいっぱい褒めて、失敗は絶対怒らないでいてあげる約束も、

海は、しっかり入ったようで、成功しているのをみると、毎回ほめてあげている海です^^。

(もちろん、パパと空も、怒りませんよ^^)


海もだんだん慣れてきて、今では寝っ転がっている海の顔を、アロハがぺロぺロしてくるのを、

キャッキャと喜べるまでになっています^^。


パパと空の顔にも、ものすごい勢いでぺろぺろ舐めるので、二人も、ぶはははは・・・・と、大笑い。

気づけば、パパも空も海も、アロハを中心にずっと笑っていて、リビングに笑い声が毎日響いています。


なんか、すごく嬉しい。

アロハの力って、なんて凄いんだろう・・って^^!

こんなに家族みんなを笑顔にしてくれるのなら、母はお世話を頑張りますよ!


「アロハを見ると、ぼくは元気になるんだ。心が元気になるんだ・・・。」と、海はよく言います。

そんなことばを聞くと、今度は母の心が元気になるの。


今でも、時々、デイサービスから帰ってきたあと、荒れたり、大きな声で叫んだりする海だけど、

アロハを抱いて海の前に行くと、表情が変わるのがわかる。


震えていた怒りが、シュッとしぼんで、気持ちが切り替わることも増えました。

すぐに怒りの火が消える訳ではないけれど、燃え続けるのではなく、火が小さくなっていくのです。


家族の中で、険悪な空気感が漂っていても、アロハがその空気を消してくれる。

我が家に来た小さな命が与えてくれる幸せは、とても大きな幸せでした。


今日も抱っこちゃんと、ゲージの中のアロハだけど・・・。

可愛いからアップしちゃいます♪

b0244274_2341690.jpg


b0244274_2353877.jpg


b0244274_2361382.jpg


読んでいただいて感謝です。
先日、海の家庭訪問で、
担任の先生のネクタイを見たら、
なんとスヌーピー柄!
よく見るとスヌーピーなあたりが、
おっしゃれ~♪で、素敵でした。
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-04-29 23:35 | ALOHA生活 | Comments(6)

16年ぶりの再会

爽やかに晴れて、とっても気持ちのよかった今日は、私の心も最高に幸せでした。

今日は、私が幼稚園で担任をしていた子・・といっても、もう22歳!!の女の子と男の子と再会したのです。


女の子Mちゃんと男の子Tくんが、フェイスブックで連絡をとったことがきっかけで、

Mちゃんが、会いませんか?と連絡をくれたのです。


Tくんは、パパがアメリカ人、ママが日本人のハーフの男の子です。

普段はアメリカに住んでいて、日本にも家があるので、時々、日本に来ていることもあって、

ちょうど今、日本にいるということで、声をかけてくれたのです。


Mちゃんとは、何年か前に会ったのですが、Tくんは、卒園して以来です。

MちゃんとTくんは同級生。

年少から3年間、担任をさせてもらいました。


卒園してから、16年。

昨日の夜は、なんだか嬉しくて、ドキドキ。

二人に会うのがとっても楽しみでした。


久しぶりに幼稚園の最寄りの駅で、待ち合わせ。

一緒にランチをしよう!という予定。

待ち合わせの時間になり、改札を見渡しても、いないな~・・・。


そして、ぱっと違う方向を見たら、大きな男の子が立っていました。

ものすごく大きくて、Tくんかな~と思いながらも、もし、声をかけて違っていたら、恥ずかしいし・・・。

なんて一瞬考えていたら、その大きな彼のところに、Mちゃんが挨拶しているのを見て、やっぱり!と、

二人の元へ駆け寄りました。


「T~くん!Mちゃん~!」

190センチもあるTくんに、嬉しくて、2回もハグしちゃいました。

おひげなんかもあって、もうすっかり大人の男の人です。(当たり前だけど^^)


そして3人でランチ!

なんと、お昼から、お酒を飲んでしまいました^^。

(一杯だけですけど^^)

「再会に乾杯~!!」と、3人で笑顔いっぱい。

一緒にお酒が飲めるなんて・・・感激~(T_T)。


TくんもMちゃんも、お父様の関係で、海外にいることが多かったので、幼稚園の想い出がすごく残っているの

だそうです。

懐かしい話に花を咲かせ、大笑い。


手先がとても器用で、空き箱なんかを使って、信じられないくらい上手なものをいつも作っていたTくん。

いつも笑顔いっぱいで、誰にでも声をかけて、とっても社交的だったMちゃん。


身体はね・・・。

そりゃ~、信じられないくらい大きくなって、よく見なかったら絶対気づかないくらい大人になっているけれど、

やっぱり昔の面影も沢山あって、大きくなった二人に、ただただ感動。


そして、Tくんが大きな紙袋から、何かを出しました。

ん?何かな・・と思ったら、幼稚園の時に使っていた粘土ケース。

そのケースの中には、おみせやさんごっこで買ったものや、小さな小さな粘土。

粘土ケースの裏には、私の字で書かれたTくんの名前が貼ってあり、もうそれだけで感動しちゃって・・・。

「懐かしい~~!!」と声をあげちゃいました。


そして、持ってきてくれたのは、それだけではありませんでした。

当時使っていた「○○○○ノート」という、登園したら日付の所にシールを貼る出席ノート。

お母さんと教師とで1カ月1回やりとりする連絡帳。

私がTくんに書いたお手紙。

幼稚園の頃の写真をいっぱい。


もう、感激してしまって、3人で写真を見ながら、想い出話で盛り上がり、

大きくなった二人を交互に見ながら、なんて幸せなんだろう・・と胸がいっぱいになりました。


Tくんは、高校を出て、お友達と映画製作の道に進んだそうです。

作品で使う道具も、自分で1から作っている彼の一途な想いが、凄く伝わってきて、

あの頃から変わっていないな~って、とても嬉しかった。


幼稚園のころから、とにかく器用で、空き箱や色画用紙を使って、素晴らしい作品を作っていました。

妥協を許さず、自分の望むものになるまで、必要なものを欲しいと頼んできたり、自分で探したりしながら、

作品を作っていたTくん。


一つの作品を作る夢に向かって、もうすでに4年の歳月を費やしているTくんの、嬉しそうに仕事の話をして

くれる目が、キラキラと輝いていました。


Mちゃんは、海外生活も長く、今は日本の大学に通っていて、大学院に行く予定だそうです。

英語もペラペラで、ときどき2人で、英語で話しちゃって、Tくんは日本語を話せるのですが、

やっぱり英語がメインなので難しい部分はMちゃんが通訳してくれて、なんとも頼もしい!


きらめく二人に、ひたすらうっとり・・の私でした(*^_^*)。


その後、せっかくだから幼稚園に行ってみよう~!ということになり、

「ずいぶんお店も変わったね~!」と言いながら、3人でのんびり歩きながら、幼稚園に行きました。

青い空に手作りのこいのぼりは、昔から変わりません^^。

b0244274_22254753.jpg


偶然にも、幼稚園に勤めている先生がいらして、幼稚園の中を見せて下さるということで、

TくんもMちゃんも嬉しそう!


改築をしたので、随分変わってしまったのですが、それでも昔からある懐かしいものに、

Tくんも嬉しかったようで、何枚も写真を撮っていました。

小さな木の椅子に、味のある木のテーブル。

この二人がいたクラスの子たちで作った卒園記念品はこちら♪

b0244274_22262463.jpg


「これは、○○○ちゃんのだよね!」

「これが、私のだよね!」・・・と、懐かしく思い出しながら見ました。



部屋を見れば、可愛いテーブルクロスに、可愛い木のおままごと用のお皿があったり・・。

b0244274_22272128.jpg


木のおままごとコーナーに、心が癒されて、やっぱり素敵な幼稚園♪とにっこり♪

b0244274_2228331.jpg


b0244274_22293530.jpg


屋上(私の頃には改築前で、屋上はなかった)には、畑と池があり、なんと池にはおとまじゃくしが、いっぱい

いました^^。

b0244274_22304882.jpg


3人で記念写真も撮り、幸せな時間を感謝して、また会おうね!と約束して別れました。


Mちゃんの行動力に感謝し、Tくんの幼稚園の想い出グッズに感謝し、

そして、今日のこの再会に感謝をして帰って来ました。


Tくんが、幼稚園の卒園式のビデオテープをDVDにコピーしてくれてプレゼントしてくれました。

帰って来てから、小さかったみんな、若かった私を懐かしみながら、あの頃にカムバック。


本当に幸せな一日でした。

今日という日に、大きくなった可愛い子ども達に感謝をして・・・。


読んでいただいて感謝です。
DVDを一緒に観ていた空が、
「お母さん、なんか声が違う!」と一言。
そりゃ~、若かったんですもの~!
確かに、可愛い声でした(笑)。
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-04-28 22:45 | わたしのこと | Comments(4)
4月25日は、私たち夫婦の14周年の結婚記念日でした。

今年は、仕事もあったし、役員の資料作りもあって、次の日は家庭訪問で掃除もしなきゃだし、

外食か?と思ったのですが・・・。


スケジュール&カレンダーに、予定を書き込むことが大好きな海は、

結婚記念日を自分のことのように、ず~~と楽しみにしていました(^_^;)。


「ねえ、お母さん、今日はパーティーだよね!何にするの?」・・・とニコニコの海。

やっぱ、そうよね・・・(^_^;)。

家で食べる気満々よね!


やらなければならないことを考えて、疲れた身体を意識しちゃうと、ダメになってしまいそうだったので(笑)、

海の笑顔と期待感を裏切りたくない一心で、なんとかパーティーっぽくなりました^^。


こんな感じです^^。

b0244274_22521326.jpg


b0244274_22533011.jpg


b0244274_2256642.jpg



海の学校の先生にも、デイサービスの先生方にも、結婚記念日のことなんて話していないのに、

どちらの連絡帳にも、「結婚記念日おめでとうございます!」と書かれてあり(笑)、

海が、どれだけ張り切って話したのかがわかりました^^。


でも、今年は、海の成長をものすごく感じました。

空は、「あ、何にも用意してないや!ごめん、ごめん!」と笑っていましたが、

そんなもんですよね中2なんて^^)

海は、なんと2月から、私達に渡す為のプレゼントの絵を描いていてくれたのです。

そして、それをずっとしまっておいてくれていたのです。


絵の下にある日付が、2月11日になっていて、渡す日の日付を書かなきゃと思ったらしく、

わざわざ線で消して、4月25日に直していました。


そして、「お父さん、お母さん、結婚記念日おめでとう!」と言って、渡してくれました。

その後が可愛くて、「ねえ、お母さん、白いの(ウェディングドレスのこと)いつ着るの?」と聞いてきました。


確か、去年もそんなようなことを言っていたような・・・^^。

「それは結婚式に着るから、もう着ないんだよ~。今日は、結婚した日をお祝いするのよ~!」と返事。


わかったような・・・わかってないような・・・。

でも、それでいいんです。

難しすぎるから。


でもでも、私、そういうのをいつか理解出来る日がきっとくる!と信じて待つのが楽しみだったりします。

くりかえし、くりかえし・・・ですね。


パパからは、お花と一冊の本をもらいました。

『あおいろ』 ~すこやかな日々を過ごしたいあなたに~ 紫月 香帆/監修 です。


ちょっとだけ紹介(*^_^*)。

「青は、やすらぎの色。近ごろ忙しすぎるという、あなたに。」


「やすらぎは、自分の心の奥に、いつもひっそり隠れています。」


「たとえ会えなくても、空は大事な人につながってる。」


「今はできなくたって、かまわない。」


「どこまでも泳いでいくために、重い服は脱ぎすてる。」


「目が覚めたら、新しい朝、新しい自分が始まります。」


「大丈夫。人はまた、歩き出せる。」


こんな感じの素敵なことばに、花や空、海や木といった美しい写真がいっぱい。


パパと私は、笑えるくらい、趣味も音楽も映画も好みが全く違います。

だから、普段パパは、こういったたぐいの本は読む人ではないんですよね。


でも、密かに私は嬉しかったのです。

だって、自分のあまり読むような本ではない本だけど、きっと私が喜ぶに違いない・・と思って、

買ってくれたんだろうな・・・と思えたから・・。


「花の写真とか、本当にきれいだよね・・・。」と言ったパパ。

なんてことない普通~な発言かもしれません。


でも、私たち夫婦にとって、普通ではなく、とても大きなことだったのです。

感性の違いに悩むことも多い私でした。

悩んでも仕方がないと思いながらも・・・。


だけど、美しいものを美しいと感じ、それを口に出して伝えてくれたこと。

何をあげようかな・・・これがいいかな・・・と考えてくれた時間が、嬉しかった。


心を込めた贈りものって、やっぱり、その人の想いが伝わります。

相手を想うことから始まる贈りもの。

b0244274_2305481.jpg


この1年間も、夫婦ですれ違う事が、いっぱいありました。

ないものねだりだとわかっていても、家事をよく手伝ってくれるパパに感謝をしていても、

感性で繋がりたいという想いが、やっぱり心の中の奥底に潜んでいて、ときどき顔を出してしまう。


そんなとき二人がすれ違うと、もう感性で繋がることなんて、ずっとないに違いない・・と思ってしまったり、

悪い方、悪い方へと流されて呑みこまれてしまう・・・。


14年経ったって、ささいなことで喧嘩したり、お互いに落胆したり・・・。

でも、こうしてパパが選んでくれた贈りものの中に、普段なかなか感じることができなかった感性を、

私は素直に感じることができました。


この1冊の本と、ひとことのメッセージだったけど、間違いなく伝わったから。

パパの想いが。


一つとして同じ夫婦はいない。

だから夫婦の数だけ、夫婦の悩みがあり、夫婦の形がある。


急に変わったりもしないし、私だって変われない。

だから、また、やだやだ・・と感じたり、うんざりな気分にもなるでしょう。


だけど、相手を想う『想い』は接着剤みたいに、夫婦の溝を埋めてくれる。

疲れたな~と思って、夕食を作ることをやめようとしてしまったけど、

いつものように高価な食材ではないけど、想いを込めて夕食を作って良かった。

パパも空も海も、みんな笑顔で食べてくれたから。


結婚14周年のお祝いをできたことを感謝しています。

アロハも一緒にね^^。


いつも応援ありがとうございます。
空は、何もないからパパと私の肩を
揉んであげると言っていましたが、
はて・・・いつだ(笑)?
応援クリック励みになっています♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-04-26 23:08 | 夫婦のこと | Comments(4)

手術の日が決まりました

海の包茎手術の日程が決まりました。

5月1日に入院し、2日に手術、4日退院予定です。


薬を塗り続けて、様子を見てからということだったのですが、やはり治らないので、

手術をした方がいいということになりました。

そして、あれよあれよという間に、手術日が決定。


あまりに早く決まったので、大丈夫か確認したいのもあって、以前診ていただいてた病院に、

決まった手術内容を報告しに行きました。

その手術内容で問題ないとのことだったので、ほっとしました。


手術をうける病院で、素晴らしいと思ったことがありました。

海は、何もかもがわからない不安でいっぱいになっていました。

すると、先生が、「ここには子どもに説明をして、不安を取り除くスぺシャリストがいますから、

今から呼びますね!CLS(チャイルドライフスぺシャリスト)って言うんですよ。」と、

すぐに連絡をとって呼んでくださいました。

(もちろん、海が知的な遅れのある自閉症児だということは言ってあります。)

(CLSとは、闘病や慣れない病院生活における子どもの精神的負担をできるかぎり軽減し、

こどもの成長、発達を支援する専門職のこと)


手術が決まったその日に、早速、手術前検査があり、採血をしないといけなかったので、

そのCLSさんが、ぬいぐるみをつかって、とっても丁寧に説明してくれました。


けれど、残念ながら、採血で手の甲に先生が針を刺したのですが、どんなにグリグリしても、

血が出てこなくて、海は、刺すところも見ていたい人なので、痛いのと怖いのがマックスになってしまい、

「お願いです。もう終わりにしてください。お願いです。もう終わりにしてください。」と、

泣きながら叫んでいて、私の方が可哀想になって、見ていられませんでした。

結局、もう一回刺して、それでもほんの少ししか出なかったのですが、それでもう終わりにしていました。


CLSさんの説明は素晴らしかったのですが、その採血の失敗が海にとってものすごい恐怖になってしまっ

たんですね。

泣きながら、「手術は何をするの?」と、何もかもが怖くなってしまったようでした。


すると、本当は入院して手術する少し前に、CLSさんからお話を聞くようなのですが、

海が不安でいっぱいになってしまって、このまま帰しては可哀想と思ったようで、

もう夕方の5時過ぎだったのですが、今から手術の不安がなくなるようにと、CLSさんがお話をしてくださること

になりました。(感謝です~(T_T))


そして、海と私とCLSさんの3人で、ゆっくりお話をきくことになりました。

プーさんのぬいぐるみと、わかりやすいファイルに入った手術スケジュールを使ってのお話。

こんな具合に、ファイルを順番に見せてもらいながら、ときどきプーさんのぬいぐるみを使って、

とっても楽しく、怖さがなくなるように、話してくださいました。

b0244274_20542268.jpg


b0244274_20573289.jpg


そして、最後には、スヌーピーのTシャツを着て、スヌーピーのぬいぐるみが入った、

スヌーピーのバッグを持っている海を見て、「スヌーピーが好きなの?」と海に質問。

すると、海が、「うん^^!」とにっこり。


「入院するときに、スヌーピーのぬいぐるみを持ってきていいんだよ^^!」と言ってくださったCLSさん。

私も、「どのリュックで行く?病院にお泊りだね~。楽しみだね~!」と言ったら、


表情がパッと明るくなり、「何を持って行こうかな~!」と、最初の不安はどこへやら・・・。

本当に不安を取り除いて、帰ることができました。


海に恐怖感が芽生えてしまってからの手術だから、可哀想だな~と思っていましたが、

逆に、色々と理解出来るようになった今だから、CLSさんのお話も理解できたのかもしれないな~と、

思いました。


半端に恐怖心も少し出てきて、理解するのも難しい時期だったら、パニックを起こしていたかもしれない。

そう思ったら、今が一番いいときなのかも・・・と素直に思えました。


全身麻酔も手術も初めての海。

不安がないといったら嘘になります。


でも、こうして海の不安をとってくださったCLSさんに感謝し、主治医の先生を信じてお願いしようと思います。


読んでいただいて感謝です。
海に頑張って!の応援クリック
お願いします(*^_^*)。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-04-23 21:15 | 海のこと | Comments(16)
昨日は、いつも一緒に行ってるお友達と、ジャンクショーに行ってきました^^。

年に数回のお楽しみ。

昨日の場所は、ちょい遠いけれど、よくしゃべる二人なので、しゃべっている間に着いちゃいます(笑)。


雨で、寒かったからか、いつもよりは人も少なめだったかな・・・。

今日は、どんなものに出逢うのかな~と、二人でウキウキ♪


今回は、二人とも、素敵な出逢いが早い段階からあって、いつものように、「可愛い~♪」を連呼。

昨日、私と出逢っちゃったものたちは、こちら^^。


赤ちゃん用の食器なんだけど、中にお湯を入れてあたためておけるようになってるの。

デザインが可愛くて、細々したものを入れておこうかな・・・と購入しました^^。

あと、かわいいピンクのマッシャーも♪

b0244274_12431239.jpg


海に、スヌーピーのシールセット。

いっぱい入ってて、なんだかワクワクしちゃう♪

b0244274_12435942.jpg


空には、エアロポステールのバッグ。

中はチェックで、とってもかわいい!

b0244274_12445544.jpg


ファイヤーキングのアドマグ。

この船と英語の文字のデザインにひとめぼれ。

b0244274_12452896.jpg


そして、最後に出逢ってしまったのが、こちら。

1950年代のベビーベットカバー。

どこにかけようかな・・・。

肌触りもよくて、状態もとても良く、これまた、ひとめぼれでした(*^_^*)。

b0244274_1247742.jpg


昨日も、いっぱい歩いて、いっぱいしゃべって、いっぱい笑って、いっぱい幸せな気分になりました。


なんだか、とても疲れている日々で、かなり、いっぱいいっぱいな毎日だったので、

久しぶりに、リフレッシュすることができました。


やらなければならない色んなことを、上手に整理していく能力が乏しいので(涙)、

すぐにいっぱい、いっぱいになる私(>_<)。

それが、ド~~ンと溜まってしまう感じで、とてもモヤモヤしていたので、

改めて、自分自身で、リフレッシュしながら、焦らずこなしていかないといけないな~と思いました。


さて、海の校外学習ですが、私の勘違いの部分もあり、海の伝える能力不足もあり、

一人一冊絵本を購入するのかと思ったら、変更したのか、クラスに一冊になったようです。


「うどんのうーやんを買ったよ!」と海。

てっきり海が選んだんだと思って、ふ~~んと聞いていました。

でも、どろんこハリー(のシリーズ)が欲しかったな・・みたいなことを何度も言うので、

また、おこづかいを貯めて買ったらいいよ!と言いいながら、なんで欲しいのを買ったのに・・と

どうもよく伝わらなかったんですね・・・。


そして、今日、クラスに行って、わかりました。

クラスで一冊になったこと(^_^;)。


私が、「うどんのうーやん」を買ったことを、「良かったね~^^。どんなお話?」と家で聞いたら、

ちょっと悲しい感じで、「聞かないで!」と言ったんです。


これまたよくわからなくて、それ以上はあまり聞かずに、何を食べたとか、話題を変えたら、

全然ニコニコで、楽しかった!と言ってくれたのですが、

前日に、私が、「好きな本を買えるんだって!良かったね~!」と話を盛り上げてしまって、

海も、「何にしようかな~!」と楽しみにしちゃっていたので、可哀想なことをしちゃったな・・と、

反省しました。


ちゃんと、先生に確認してから、話せば良かったな~。

そういうことが、しっかり入ってしまうんですよね。


でも、「楽しかった~!」と報告してくれたので、とりあえず良かったです♪

また、家族で行こうね!と約束しました。


「うどんのうーやん」 岡田よしたか/作は、これです。

b0244274_1247503.jpg


朝、クラスで写真だけ撮らせていただきました。

検索したら、とってもおもしろくて、人情味溢れたお話みたいで、是非読みたいと思いました(*^_^*)。


今度、学校で見せてもらおう~っと!!


読んでいただいて感謝です。
リビングの往復する海を、
ずっと視線で追うアロハ。
速度が速い往復の時は、
敵と思うのか、ワンッ!と
吠えているアロハです(笑)。
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-04-22 12:55 | わたし&海 | Comments(2)

心を育ててくれる存在

ブログを書くことは、私にはとっても合っているみたいで、綴ることが楽しいけれど、

悲しいかな・・・体力が・・・(笑)。

昨日も、ブログを・・と思いながら、バタンキュー(昭和?)でした(笑)。


我が家に新生児ならぬ、新生犬(?)のいる生活になって、2週間。

可愛い~♪のですが、世話がまだまだ新米ママで、夜になると、体力が残ってなくて・・・。

歳を感じていま~す(笑)。


でも、毎日、少しずつ、少しずつ、心をゆるして甘えてくるアロハが、かわゆい♪

こんなときはどうしたらいいのかな?という疑問にぶちあたって、特に最初の10日間は、

不安もいっぱいありました。


でも、犬を飼っていて、私のブログを読んでくださっている方達が、

ゆっくり育てていけばいいことを、改めて気づかせてくださったり、我が家と同じような家族構成で、

同じような環境で、犬のいる生活をしていることを教えてくださったり、アロハとの出逢いを、

自分のことのようにして喜んでくださったりする幸せ。

そうやって、あたたかいメッセージを贈ってくださることが、本当に励みになって、

不安を取り除いてくださっているんですよね。


人って、やっぱりあたたかい・・・。

ブログを通して、心に温い幸せをいただいてばかりです。

感謝です(*^_^*)。


今日は、アロハの2回目の予防接種でした。

海は、つい先日、採血することがあって、なかなか血が出なくて悲しい思いをしたんですね。

なので、アロハにも、大丈夫だよ・・・と言ってあげたかったらしく、

注射をするときには、「平気だよ!」と言ってあげるんだ!とずっと言ってくれていました。

お家で遊んでいるときも、こんな風に・・・^^。

b0244274_1559180.jpg


アロハ、我が家に来て、初めての外出。

抱っこひもの中に入れて、1階の玄関に下りたら、怖かったみたいで、ブルブル・・ブルブル・・。

でも、これがまた、可愛い!

b0244274_15543550.jpg


久しぶりの抱っこひも~!(もちろん犬用)

海のとき以来だわ~。


すぐ近くの動物病院ですが、歩きながら、海がアロハに、ずっと声をかけてくれていました。

「アロハ、大丈夫だよ!」

「アロハ、怖くないよ!」

「がんばれ、がんばれ、アロハ~!がんばれ、がんばれ、アロハ~!」


病院に着くと、まだまだブルブル震えているアロハ。

台に乗せられたら、さらに怖がって、ブルブル。


海に励まされながら、ワンも、キャンも発することなく、おりこうさんにおとなしく注射をすることができました。

アロハを励ましている、海です。

b0244274_1605942.jpg


注射が終わり、海といっぱい褒めました^^。

偉かったわ~^^。アロハ。(すでに親バカ)


午前中、買い物へ行く途中の車の中で、海が言いました。

「アロハが大好き。アロハに、愛してるって言っていいの?」


なんか、アロハの成長も早くて驚くけれど、海の心の成長にも、驚かされてばかりの私です。

「もちろん!言ってあげて^^。アロハ、喜ぶね!」と私が言うと、嬉しそうでした。


また一人(いや、一頭)、海の心を育ててくれる力強い存在ができたことを、心から感謝しました。

アロハ、がんばったね!

私、頑張ったワ~ン♪

b0244274_161156.jpg


そして、アロハ、ありがとうね!


読んでいただいて感謝です。
校外学習の絵本カフェ、
とても楽しかったようです。
また、報告しま~す!
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-04-20 16:09 | ALOHA生活 | Comments(6)
海が、デイサービスから帰って来て、嬉しそうに、言いました。

「あのね~!明日、みんなで絵本カフェに行くんだよ~!」


「え?先生とみんなで?」と、私が聞くと、

元気な声で、「うん!」と返事をした海^^。


先日、ブログで絵本カフェを記事にした翌日、先生に、絵本カフェのことを聞かれました。

「素敵なカフェだから、クラスのみんなで行けたらいいな~と思って・・。」と、話してくださった先生。


カフェの広さ、メニューの内容、どんな雰囲気か・・・等など。

そして、下見に行ってきます・・・というところまでは、聞いていたのですが、

さすが行動力のあるクラス^^。

素敵です(*^_^*)。


先生方(3人)と、クラスの子どもたち(6人)で、電車と徒歩で行き、子どもたちの選んだ絵本を一冊買って、

ケーキと飲み物を食べて帰ってくるという内容です。


海は、「お茶するんだよ~!」と、ちょっぴり気取った感じで、私に言っていました。

お茶する・・という言葉を覚えたんでしょうね~^^。

使ってみたくて仕方がない・・という感じでした。


今回の絵本カフェに行くねらいも素敵です。

お手紙に書いてあった「ねらい」をそのまま載せます。


①行き先での活動内容を理解し、学級集団としてまとまって行動することができる。

②乗り物でのマナーや自動券売機での切符の買い方など、昨年度までの学習で身につけた事柄を、

実際的な場面で確実に発揮することができる。

③店内では、商品を丁寧に扱いながら、興味のある物を選び取り、レジまで持っていくことができる。

④喫茶での注文では、自分が食べたい物を店員さんに伝えることができる。

と、ありました。


私的には、絵本の取り扱いが、とても緊張するところですが(新品なので)、

本屋さんなどで、将来的に、新品の本を買ったりすることもあるでしょう。

そのためには、ひたすら、経験していくほかないですものね~。


家族で行った時にも、本のめくり方や、大切に置くこと、見ることなどを海に伝えながら、

目を離さずにいました。

商品ですから、取り扱いは要注意ですね。


ファミレスとも違う、ちょっと大人な空間で、明日、子どもたちが、どんな絵本カフェ体験をしてくるのかが、

ドキドキ、ワクワクです^^。


あ~、私も一緒に行きたいくらいだわ~(笑)。

(もちろん行きませんが・・・(笑))


子ども達が、みんなそれぞれ、どんな絵本を選ぶのかも楽しみだな~。

報告を楽しみに待ちたいと思います。


読んでいただいて感謝です。
あ~した天気にな~れ♪
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村

おまけ♪アロハちゃん♪
海のエプロンを、かじかじ・・。
しかし、大きくなるのが早いわ~。
お顔がお姉さんぽくなってきました^^。
b0244274_223225.jpg


b0244274_2244593.jpg


b0244274_227199.jpg


b0244274_2272091.jpg


b0244274_2281264.jpg

by soratoumihouse | 2013-04-18 22:16 | 海のこと | Comments(6)

「喜びの泉」

昨日の記事は、短くて、重い内容だったので、心配をかけてしまいました。

ごめんなさい。

コメントやメールに励まされ、勇気をいただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。


週末に行った絵本カフェ。

迷って決めた1冊は、これです。

『喜びの泉 ~ターシャ・テューダーと言葉の花束~』 ターシャ・テューダー/絵 メディアファクトリー/出版

b0244274_23472258.jpg



シェークスピア、ワーズワース、エマーソン、ソローなど、作家や詩人の言葉に、

絵本作家のターシャ・テューダーの美しい絵を組み合わせた作品です。


この絵本に出逢うまでは、違うのを選んでいたのですが、たまたま上を見上げたら、

この絵本が窓の上に飾ってあって、見せてもらったら、心に響いてしまって、

購入してもいいものなのか伺ったら、大丈夫ということだったので、この絵本を選びました。


この絵本は、物語ではなくて、言葉と絵で喜びを表現した作品です。

ですので、いわゆる絵本とは少し違い、大人向けの詩集のような絵本です。


せっかくなので、少し紹介します。


「私たちはそれぞれの心のうちに、ひっそりと孤独の場所をもっているのだわ。

果てることのない悲しみや、秘密のしあわせを手に入れておく場所を。

(サラ・オーン・ジュエット)」

b0244274_23494954.jpg


「愛は、雨上がりの太陽のようにあたたかい。(ウィリアム・シェークスピア)」

b0244274_23505239.jpg


「わが身をさいてこそ、ほんとうの贈りものといえる。(ラルフ・ウォルドー・エマーソン)」

b0244274_23514231.jpg


「もし仲間と歩調の合わない人がいたら、その人の耳には、きっと違う太鼓の音が聞こえているのだ。

どんなにかすかであれ、どんなに遠くであれ、自分の耳に聞こえる音色に従えばよいのだ。

(ヘンリー・D・ソロー)」

b0244274_23525025.jpg


「しばし羽を休めた枝が 細すぎて折れるかと思えても

それを感じながら いざとなれば飛べばよいと

気楽に歌い続ける 鳥のようであれ

(ピクトル・ユゴー)」

b0244274_23534288.jpg



ターシャの水彩画が、あたたかい愛で、言葉を包み込んでいるかのような、そんな印象を受けました。


絵本との出逢い。

それは、人生を豊かにしてくれる、幸せのエッセンス。


絵を絵だけで、言葉を言葉だけで、捉えるのではなくて、

絵から「メッセージ」を受けとり、ことばから「絵」をイメージする。


それが、絵本の素敵なところ・・・と、私は感じています。


次は、どの絵本が、我が家にやってくるかな・・・♪

出逢いを楽しみに・・・。


読んでいただいて感謝です。
お風呂場で、空が海に話しかける声。
「海の○○○○(大切なところ)は、
俺が洗ってあげるからね!」
そしたら海が、「すまんのう~。」と
言ってるのが聞こえ、吹き出してしまいました。
どこで覚えたんだか・・(笑)。
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
おまけ♪
アロハ、日に日に大きくなっています^^。

b0244274_23560100.jpg

by soratoumihouse | 2013-04-17 00:02 | 私の出会った本 | Comments(2)

一筋の光

今日は、悲しいことがあって・・・。


一人になると、苦しくて、悲しくて、言葉では表現できない重みに、押し潰されそうだった。


『あたたかな眼差しが、

優しい声が、

やわらかな手のぬくもりが、

強く、一筋の光となって、求める小さな心に、届いて・・・。

届いて・・・。


その小さな心の中に届いた光は、湧き出る泉となって、ずっと・・・。

ずっと・・・。』


きれいな夕焼け空に包まれながら、そんな祈りを・・・想いを・・・届けていました。


読んでいただいて感謝です。
今日の夕焼け空は、優しい色でした。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-04-15 23:10 | わたしのこと | Comments(14)

絵本カフェ♪

先週の春の嵐の日に、隣りの駅近に住んでいるお友達がメールをくれました。

「近くに絵本カフェが出来たよ~!居るからおいでよ~」って^^。


でも、ものすごい天気で、残念ながら諦めました。

絵本カフェ・・・。

もう、この響きだけで、行きたい~~!!と、ウズウズ・・・。


そして、昨日、買い物ついでに見に行ってきました。

いや~~ん!めっちゃ可愛い~♪♪


外観から、超タイプ♪

そして、中に入ってみたら、キャ~(@^^)/~~~。

素敵すぎます~♪

海も大喜び♪

b0244274_20392082.jpg


b0244274_2041925.jpg


b0244274_20433182.jpg


b0244274_2045189.jpg


b0244274_20461477.jpg


絵本のね、センスが最高にいいんです。

絵本好きの私の好みがズラリ・・・。


近くに書店はいくつかありますが、絵本のセンスはなかなか合わなくて、

まあ、まあ、一般的なものはズラリと置いてはあるんですけど、

当然、好みでないな~というものもいっぱい!

(本屋さんなんだから当然なんですけどね^^)


ところが、この絵本カフェに置いてある絵本は、信じられないくらい私好みばかり。

衝撃的でした。

もう、嬉しすぎて、目がハート~♪でした。


私、不思議なんですけど、結構強く願っていると、願っていたことが叶ったりするんですよね。

逆もあって、苦手だな~、離れたいな~と思っていると、そうなっていくんですよね。


この絵本カフェも、こんなカフェがあったらいいな~って、ずっと思っていたんですよね。

だから、本当に驚いてしまって・・・。

すご~く、すご~く、嬉しいです。


昨日は、お昼も食べたばかりで、お腹もいっぱいだったし、カフェはスイーツだけなので、

明日、ケーキを食べに来ようね!と、海と約束して帰りました。


そして、今日、海の希望で、自転車で行きたい!ということで、行ってきました^^。

パパと海と3人で!

(空は、部活はなかったけれど、友達、先輩と遊びに行ってしまいました^^。)

昨日から絵本カフェに行く準備をして(リュックにぬいぐるみや手帳を入れてました^^)、

「おしゃれをしなくっちゃ!」と自分で帽子を被っていました。

b0244274_20485385.jpg


3人1列になって、海を間に挟んで、レッツゴ~!!

着きました~~!!


く~~~♪ やっぱ、可愛い♪

興奮っ!!


食べたかったタルトは、売りきれてしまったみたいで(残念!)、私は、イチゴのシュークリーム&アイスオレ。

パパと海は、チーズケーキ&アイスココアにしました^^。

b0244274_20564239.jpg


b0244274_20582212.jpg


b0244274_2132066.jpg


美味しかったです♪

コーヒーも私好みの味で、幸せ~♪

海もにっこりです(*^_^*)。

(しかし、スヌーピーのTシャツ3枚を、ひたすら着回す海です(笑)。)


ゆっくり味わいながら、席を立っては、絵本を手に取り、ゆっくり絵本を読める幸せ。

全部、購入できる絵本です。


海も居たので、あまり長時間はいられませんでしたが、早速、購入したい絵本が3冊。

今日は、悩んで、一冊購入して帰りました。


どんな絵本を買ったかは、また続きにします^^。

仕事をしているので、なかなかゆっくり行けないけれど、休みの日に、また行こう!


絵本をプレゼントすることの多い私にとって、最高の場所ができました(*^_^*)。

幸せな一日でした。感謝です♪


読んでいただいて感謝です。
家に帰ってから、買ってきた絵本を
ゆっくり読んで、心が柔らかくなりました。
絵本って、元気の源です(*^_^*)。
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-04-14 21:12 | わたしのこと | Comments(4)