心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

<   2012年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

今年も最後の日を迎えました。

いいえ、迎えることができました・・・ですね。


一年は、確かに歳と共に早く感じるけれど、一年をこうして終えることができることを、

感謝せずにはいられません。


どんなに悲しいことがあったとしても、どんなに苦しいことがあったとしても、

こうして生かされていることは、何よりの幸せなんですよね。


昨日の、ミスチルのライブで、桜井さんが「かぞえうた」を歌ってくれたのですが、

やっぱりあの曲を聴くと、東日本大震災のことを思い出さずにはいられません。


お正月を迎えようとしている今、本当だったら、家族みんなで紅白を観たり、

初詣に行ったり、おばあちゃんや、お母さんが作ってくれたおせちを食べたり、

お年玉をもらったり、旅行に行ったり、そんな風にして過ごしているはずだった。


そんな当たり前のような日常を、一瞬で奪われて、心をもがれても、生きていかなければならない。

そんな想いを抱えて、必死で生きている人達が、数えきれないくらいいる。

それが、どれだけ苦しくて、悲しいことかって思ったら、今、こうして、忙しいといいながらも、

新しい年を迎える準備ができることを、私は、心から感謝しなくちゃいけないな・・って。


ブログを通して、沢山の方達に出逢うことができました。

自分のブログとはいえ、読んでくださっている方達がいてくださるので、

その日あったことを、記事にするべきか、しないべきか悩むこともありました。


でも、生きているということは、すべてが思い通りに進むわけではなくて、

むしろ思い通りにならないことがいっぱいで、次から次と起こる色々なことに、

自分がついていけなくて、深~い谷底におちていってしまうときもある。


いつも、いつも、笑って、いつも、いつも、優しい自分でいることは、難しい。

そんな自分だけれど、そんな中に小さな幸せをさがせる人でありたいと願うから、

私自身が、おっこちてしまっても、それでも、幸せを追い求めたい。

そんな日常を綴ることで、共感していただいたり、励ましていただいたりすることが、

この一年、私が生きる大きな支えになっていました。


色々なブログがあり、その数だけの形があり、考え方がある^^。

そんな数えきれないほどのブログの中で、読んでくださっている方、コメントをくださる方、

応援してくださる方、励ましてくださる方との出逢いは、奇跡だと思っています。


ときに醜い姿を文章の中でみせてしまっているときもあると思います。

でも、反省しながら、間違えてしまったときは謝って、前に進んでいきたいと思っています。


未熟な母親の私ですが、二人の息子、空と海からの贈りものは、私が生きるためのパワーになっている

ことだけは間違いありません。


空と海のママであれることを、感謝したいと思います。


昨日の朝、海と幸せな時間を過ごしました。

最近、海がものすごい食欲で、太ってきてしまったので、

「あ~、あんまり食べると太っちゃうぞ~!」と、私が言ったら、

「こ~んなに太っちゃったら(手を広げながら)、何になっちゃう?」と海が聞きました。


「こんなに太っちゃったら、ドラえもんになっちゃうよ!」と私。

「じゃあ、もっと太っちゃったら、何になっちゃう?」と海。


「もっと太っちゃったら、大玉ころがしのボールになっちゃうよ!」と私。

(最近、デイサービスで運動会をして、大玉ころがしをしたばかりの海。)

「じゃあ、もっと、もっと太っちゃったら、何になっちゃう?」と海。


「もっと、もっと、太っちゃったら、地球になっちゃうよ!」と私。

「じゃあ、もっと、もっと、もっと、太っちゃったら、何になっちゃう?」と海。


「もっと、もっと、もっと、太っちゃったら、宇宙になっちゃうよ!」と私。

「じゃあ、もっと、ちっちゃくなっちゃったら、何になっちゃう?」と海。


「もっと、ちっちゃくなっっちゃったら、また地球になっちゃうよ!」

「じゃあ、もっと、もっと、ちっちゃくなっちゃったら、何になっちゃう?」と海。


「もっと、もっと、ちっちゃくなっちゃったら、大玉ころがしのボールになっちゃうよ!」と私。

「じゃあ、もっと、もっと、もっと、ちっちゃくなっちゃったら、何になっちゃう?」と海。


「もっと、もっと、もっと、ちっちゃくなっちゃったら、ドラえもんになっちゃうよ!」と私。

「じゃあ、もっと、もっと、もっと、もっと、ちっちゃくなっちゃったら、何になっちゃう?」と海。


「もっと、もっと、もっと、もっと、ちっちゃくなっちゃったら、海になっちゃうよ!」と私。

「じゃあ、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、ちっちゃくなっちゃったら、何になっちゃう?」と海。


「もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、ちっちゃくなっちゃったら、海ふりかけになっちゃう。

そしたら、海ふりかけを、ごはんにかけて、お母さんがパクって食べちゃうよ~~!」

と言いながら、海にハグをして、頭からバクバク食べる真似をしたら、大喜びの海でした^^。


多分、空も海も大好きな絵本

「いつまでも すきで いてくれる?」マーガレット・P・ブリッジズ/文 メリッサ・スウィート/絵

の中の、ママと子どものやりとりを真似したんだと思います。

b0244274_22224018.jpg


この絵本では、「ぼくが~になっちゃったら?」というぼうやの問いに、ママが愛情たっぷりで、

次々答えていく素敵な絵本なんです。


きっと、そのやりとりを思い出したんでしょうね^^。

でも、太っちゃったら?から、元に戻っていく問いかけに変わったのには、びっくりでした。

すごい成長だな~って、じ~~んとしちゃいました(T_T)。


そんな、少しの時間の幸せが、私の心をほんわかさせてくれました(*^_^*)。


そして今日は、空が朝からめずらしく手伝う気満々で、朝ごはんや、洗い物、お風呂掃除に、

クイックルワイパーをしてくれた上に、宿題の書き初めも終わらして、自分の部屋まできれいに!


はは~~、どうりて、雨が降る訳だ・・・。

そして、夜も、私が疲れてソファーで休憩していたら、「俺が、ごはん作ってあげるよ!」と

パスタとスープを作ってくれました!

パスタソースを作るのは、初めてなので、口だけは出して、作り方を教えたら、できた!

ツナとパプリカとハーブチーズのトマトソースパスタと、ベーコンとコーンのコンソメスープです。

美味しかった~!!なかなかやるじゃない!空!思わずご褒美に100円あげました(笑)。

b0244274_22232769.jpg



そして、今日、出勤だったパパは、みんなにアイスを買ってきて、あ~~、家族みんなで、

大玉ころがしのボールになりそうです・・・(^_^;)。


今年も、いっぱい、いっぱい、ありがとうございました。

来年も、「空と海からの贈りもの」をよろしくお願いいたします。

そして、空と海の成長を、みまもってくださいね。


穏やかに、新しい年を迎えられますように・・・(*^_^*)。

読んでいただいて感謝です。
今年は、ブログを通しての
出逢いに沢山感謝しています。
来年も応援宜しくお願いいたします^^。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-12-31 00:23 | 絵本と海 | Comments(12)
寝ようかと思ったけれど、明日(っていうか、正確には今日だけど・・・)は大忙しだし、興奮しているし、

やっぱり更新しよう!と決めました(笑)。


行ってまいりました!Mr.Childrenの「(an imitation) Blood Orange」 Tourに!

b0244274_1595489.jpg


今回は、いつも一緒に行っているお友達も私も、エントリーするも全滅。

諦めかけていたときに、ダイビングのお友達が、私がミスチル好きなのを知っていて、

チケット当たったから行かない?と声をかけてくれたのです(T_T)。


いつも一緒に行っているお友達に、事情を説明したら、もちろん行っておいで^^!と、

快く言ってくれたのでした。

Yちゃん、Mちゃん、おみやげ買ってきたから、送るから待っててね~!!


約1年ぶりに、お友達3人に会って、ランチをしてから行きました。

遠かったけれど、女4人、話していればあっという間^^。


駅に着いたら、「チケット譲ってください!」とボードに書いて、掲げて立っている人達が、

あまりに沢山いてびっくりでした。

それだけ、ミスチルのライブの魅力があるってことですよね・・・。

申し訳ないような気持ちになりながら、ぞろぞろと会場に向かいました。


今回は、ちょっと心惹かれるグッズがあって、買ってきました~♪

桜井さんが自分でデザインした(絵)ギターのファスナーチャーム。

イアホンピアス ストラップとMarshmallow dayのフェイスタオル♪

イアホンピアス ストラップは、音符の形のイアホンピアス♪にしました。めっちゃ可愛いの♪

b0244274_20536.jpg


b0244274_213098.jpg


そして、あっという間に、スタートの時間。

なんと、今回、正面の左側の11列目だったのです~。


ち、ち、ちかい~~!!

桜井さんが、走ってきたら、もう完全に私を見てるでしょ!?状態(笑)。

表情まで見えて、く~~~、泣けてくる。幸せ~♪


いつものように、「桜井さん~~~!!かっこいい~~!!大好き~!!」と叫ぶ私。

空と海が見たら、ひくかな・・・(^_^;)。

いいの、いいの、この叫びこそ、私の幸せなんだから。るんっ♪


いや~、今回も最高でした。

「過去と未来を交信する男」が一曲目だったのですが、心を奪われてしまうくらいかっこいいスタートで、

メロメロでした。


「常套句」「かぞえうた」では涙、「fanfare」「エソラ」「Marshmallow day」などでは、会場も大盛り上がり。

気づけば、アンコールの最後の曲になってしまい、あえて楽しみにしていきたかったので、何を歌うかは、

調べていきませんでした。

最後は何だろう・・と思って、ドキドキしていたら・・・、

「空風の帰り道」

私の大好きな、大好きな、曲~~~(T_T)。


「空風の帰り道」 作詞・作曲 桜井和寿

「からっ風が吹いたから

少し手をつないで歩こうよ

花や草木に習い僕ら

かるく揺れながら


昨夜見たテレビの中

病の子供が泣いてた

だからじゃないがこうしていられること

感謝をしなくちゃな


今日の日が終わる

また来週に会える

「さよなら」は悲しい響きだけど

君とならば愛の言葉


悔やんでも 嘆いてても

時間は過ぎてしまうから

花や草木に習い僕ら

黙って手を振ろう


今日の日が終わる

また必ず会える

「さよなら」は悲しい響きだけど

僕が言えば愛の言葉


からっ風が吹いたから

ポケットに手を入れて歩くよ

花や草木に習い僕は

向かい風をうけて

一人でバス停まで

からっ風の帰り道」


もう大好きで、大好きで、歩いていると、ふと口ずさみたくなる歌。

とろけるような優しい甘い声と、穏やかな笑顔で歌う桜井さんに、心ごともっていかれてしまいました。


この曲を知らない方は、一度聞いてみてくださいね。

きっと、その歌詞とメロディーに、穏やかな気持ちになれると思います。


今年も残り明日(大晦日)1日になりました。

いろんなことがありました。

桜井さんの歌を聴いて、心を穏やかにして、今生かされていることを感謝して、

幸せな気持ちに包まれて帰ってきました。


今年僅かな時間を、大切に過ごせるような気がします。

もちろん、今日は、桜井さんに、Mr.Childrenに感謝して・・・。


おやすみなさい・・・。


読んでいただいて感謝です。
今日は、いい夢がみられそう♪
初夢まで、とっておきたいな~^^。
応援してくださる皆さんに感謝です。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-12-30 02:13 | Mr.Children | Comments(8)
トンッ・・トンッ・・という少し鈍い音が、リビングに鳴り響いています。

でも、私は、その音が、まるで聞こえていないかのように過ごすのです。


それは、海が胸を叩く鈍い音。

最近、回数が激しくなってきてしまった、自分を落ち着かせるための行動。

がんばるもん!という意味があり、何かあって思うようにならなかったり、理解できなくても理解しようと

するときなどに、するようになった行動。


胸を一回ポンッと強めに叩き、首を一回コクンと頷くみたいに振るのがセット。

これも終業式の日に、担任の先生に相談しました。


以前は、この行動によって、気持ちを切り替えるために、よいきっかけになっていました。

でも、今は、明らかに回数が多いし、叩く力も強くなってしまって、鈍い音が鳴る度に、あざにならないかな、

胸の骨が大丈夫かな・・と心配になってしまいます。


先生は、「もうチックみたいになっているね・・・。」と話してくださいました。

確かに・・・。チックみたい・・・。


空も、小学生の低学年くらいまでは、ときどきチックが出ていました。

チックが出てきたときに気をつけなくちゃいけないのは、それを何度も注意したり、怒ったりしないこと。


次は、チックかぁ・・・。

でも、今の海の状態と繋がっているな・・って思う。

何でだろう・・とは思わない。


私が、どんなに考えても、どんなに悩んでも、海がその何倍もの速さで、自分の頭と心をフル回転して、

自分自身と闘っている。


なんで聞いたのかな・・・。

どうして見てたのかな・・・。

なんで笑ったのかな・・・。


聞かれたことが、聞きたかったことだと理解させてあげたい。

見たいなって思ったから、見ていたんだと理解させてあげたい。

楽しいなっ・・良かったね・・て思ったから、笑ったんだって、理解させてあげたい。


そしたら、海はどんなに楽になれるだろう。

自閉症じゃなくても、もちろん裏を読んで、ストレートに感じられないこともあります。

あえて、違った角度から、みてみることもあります。


でも、海は、裏を読んでいるわけではないんですよね。

聞かれたことも、見られたことも、笑われたことも、

すべては自分は失敗したのかもしれない・・・

間違えたのかもしれない・・・

そう感じてしまうのです。


人とのコミュニケーションが、すべてそんな感じだったら、

叫びたくもなる。

暴れたくもなる。

物を破壊したくもなる。

泣きたくもなる。


もう、今は、どうすることもできずにいるけれど、

でも、一日中、叫んでいる訳ではありません。


今朝も、見事なオレンジの朝日が、目の前の海から顔を出しました。

それを見た海は、「わ~~!きれいだ!きれいだよ!」と私に教えてくれました。


リビングの真っ白い壁が、真オレンジに染まりました。

そのオレンジ色に染まった壁に、私が影絵をして遊んだ3分くらいの穏やかで優しいひととき。

今、二人が感じている優しい空気を、深呼吸するみたいに深く吸って・・・。


海が叫んだり、暴れたり、破壊したり、泣いたりする姿を見た人達は、きっと嫌な気持ちになるでしょう。

でも、お母さん、海は、お日さまを見て、きれいだ!って感じて、教えてくれて、一緒に陰絵を楽しむことだって

できるんだよ・・っていうことを、一人でも多くの人に理解してもらうからね。


この前も、車の中で、霊柩車を見たときに、「お母さん、天国に行く車でしょう!?」って

私に質問したよね。

天国に行く車・・・。

なんて素敵な表現、なんて素敵な感性・・・。

「そうだね・・。」って言いながら、私は優しい気持ちになりました。


コミュニケーションをとることは、悲しいくらいに不器用だけど、海の世界に広がるあたたかい感性は、

きっと、人の心を溶かしていくでしょう。


海の中に、そんな感性があることを、忘れかけていました。

海が胸を強く叩くのが、少しずつ減っていくことを祈りながら・・・

叩いた数だけ、海は自分自身と闘っているということを、忘れないように...

叩いた数だけ、ぼくをわかってほしい・・と訴えているんだとことを、忘れないように・・・


忘れないようにするからね・・・。

小さな光を、集めて、集めて、集めていったら、きっと力強い光になるから。

こんな気持ちにさせてくれたのは、3分の穏やかな優しいひととき。


一日の中に、そんな時間を増やしていけるように・・・。

そうしたら、いつか、海の胸を叩く音が、リビングに響かなくなるよね。

そう信じられた今日に感謝します。


読んでいただいて感謝です。
私は、明日、桜井さんに会いに
行ってきます。
君に会いたい~♪って歌ってくれてるから(笑)。
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-12-28 22:21 | 海のこと | Comments(8)
海のSTに行ってきました。

この頃の海の様子を、早く相談したくて、思わず海のSTが早く終わらないかな~なんて、

思っちゃいました(笑)。


今日もまた、海にものすごく自然に接して下さるSTの先生。

完全に安心しながら、見ている私でした。

先生、ありがとうございます~(*^_^*)。


海のSTが終わり、先生とお待ちかねの相談タイムです。

先生も、ブログを読んでくださっているので、今の海の状態、私の悩みはご存知です。


沢山の相談をしました。

そして、私は、ものすごくスッキリした気持ちで、クリニックを後にしました。


先日の海の学校の終業式の日。

海の担任の先生が、話して下さったことを話しました。


ブログにも、少しだけ書きましたが、詳しく載せたいと思います。

海のクラスのお友達が、ホワイトボードに落書きをしたので、先生が冗談ぽく、

「やったな~!!」みたいな感じで、そのお友達と楽しくやりとりをしたんだそうです。


海は、その一部始終を見ていたようなのです。

そして、同じようなやりとりを求めた海は、何をしたのかと言うと、

ホワイトボードに、バカボンの絵を描いたんだそうです。


でも、その絵に、先生方は気づかないままでした。

すると、しばらくたってから、海は怒りだし、「気づいてほしかった~!!」と、訴えたそうなんです。


それで、先生は、海が何を求めているのか気づき、これからは、そういう関わりをしていきますね・・と

おっしゃってくださったのです。


この話をSTの先生に話していたときに、ふと、小さかったころの海を思い出しました。

以前、何回か、ブログにも書きましたが、海は3歳で今の学校の幼稚部に入りました。

当時は、母親も、教室まで一緒に入り、しばらく学校での様子を見ることができました。


海は、パニックになることもあったけれど、基本的にはおとなしく、先生の言われたことをやろうとする

タイプでした。

海は、ず~~っと、並べられた椅子に座っていて、その横で、クラスの子が『たかい、たかい~!』

とかやってもらっているのを、静かに、そ~っと、羨ましく見ていたり、

抱っこをしてもらっているのを、遠くから、ひっそりと羨ましそうに見ていることが多くて、

母としては、いつも切ない気持ちになりました。


それは、幼稚部の間は、ずっとそのままで、自分の要求を、なかなか伝えることができませんでした。

小学部に入ってからも、それは変わりませんでした。


少しずつ、自分の要求を出せるようになったのは、3年生(去年)くらいからでした。

去年のマラソン大会のとき、他のお友達が先生方に、ゴールの後、手と足を持ってもらって、

ゆらゆら~っと、してもらったんです。

それは、とても微笑ましい光景で、私も感動して見ていました(*^_^*)。


でも、ふと海を見たら・・・海は、先にゴールしていたので、その様子を、じ~っと羨ましそうにみていたのです。

さすがに、そうだろうな~って思いながら、羨ましそうに見つめる海をみて、たまらなく切ない気持ちに

なってしまいました。


悩みましたが、学校の連絡帳に、羨ましそうに見ていたことを書きました。

でも、そのときの対処として、先生から伝えられたのは、そういうときは、

「やって~!!」と、そのときに、言えるようにしていく・・ということでした。

海くんにも、そう伝えていきます・・ということでした。


確かに、その通りだし、要求を伝えていくことは、海の課題でもありました。

ですので、先生からの返事に、納得していました。


4年生になってからも、実は、度々、そういう状況を目にしていました。

海は、まわりのお友達のことを、とてもよく観察しています。

それは、幼稚部のときから、変わりません。


お友達が、先生に抱きしめられていたり、おんぶしてもらったり、追いかけごっこをしてもらったり、

そういうとき、いつも海は、じ~~~っと見ていました。

とても羨ましそうに見ていました。


さすがに、母親なので、海が羨ましいと思っていることは、表情を見ていたらわかります。

でも、そんなときは、「やって!」と伝えることが大事なんだ・・と思っていました。


でも、今日、STの先生と話していて、ん?と思ったのです。

「ぼくにも、やって!」と言わなければ、やってもらえないことなんだろうか・・って。


海は、幼稚部から、ずっとずっと6年間、ぼくもやってほしいな・・という気持ちを自分の中に

押し殺してきました。

「やって。」と自分で伝えるんだよ・・と先生に教えられれば、そうしなくてはいけないと思う子です。


そして、「やって・・。」と伝えることは、海にとって、ものすごい勇気がいることなんです。

それをSTの先生は、さらっと気づかせて、思い出させてくださいました。


今だから、海くんに近い人達が、もっと近く接していったらいいんじゃないかな・・って。

ふざけたり、スキンシップをとったり・・・。

海くんにしたら、要求することは、ものすごい勇気がいることなのだから・・・って。


本当に、そうなんです。

聞いてる人にしてみたら、ただの「やって・・・。」に聞こえるはずです。


でも、海は、それを言うことで、断られるかもしれない、何か言われるかもしれない、

色んなことを考えてしまうので、言えなくて我慢してしまうことも多いのです。


それが、今は、表出の仕方はよくないけれど、「気づいてほしかった!」と叫べるほどになったし、

押し殺してきた想いが、爆発している状態なんだと思います。


そして、そういう海の想いを、担任の先生は、成長として大切に感じてくださっています。

だからこそ、間違っているかもしれないけれど、今回は、私の感覚を信じてみようと思いました。


「やってください」と要求して、お願することは、この先とても必要になることで、大切なことです。

海を褒めることについて、担任の先生と話したときがあるのですが、今の海に、オーバーに褒めたりしても、

海は、それを見抜いて、あまり喜ばないだろう・・って。


でも、待って・・・。

年齢的にも、もう先生とのスキンシップは、あまりとらないほうがいいのかもしれません。

でも、海は、いっぱい、いっぱい、自分の気持ちを、我慢してきました。


抱っこしてほしかった。

「抱っこして・・。」とお願いしてして、やってもらうんじゃなくて・・・。


たかい、たかい・・をしてほしかった。

「たかい、たかい・・。」してと、お願いして、やってもらうんじゃなくて・・・。


追いかけてほしかった。

「ぼくを、追いかけて・・。」とお願いして、やってもらうんじゃなくて・・・。


他の子どもたちが、そうしてもらっているように、同じようにしてもらいたかった。

それを、遅いかもしれない。間違いかもしれない。

でも、ときには、母親の感覚を信じて、先生にお願いすることも大切じゃないかな・・って。

多分、オーバーに褒めてもらったら、今は、それを嫌がりはしないような気がして・・・。

そう、思いました。


先生が、毎日のようにアドバイスしてくださることを、私は、日々感謝して、自分なりに反省したり、

考えたりして、この先も同じように、海の成長を支えていこうと思います。

迷いながら・・・悩みながら・・・。


そんな中で、ふと、沸き上がる直感的な想い。

母だから、ずっと感じてきた、沸々とした想いを、想いのまま、先生に伝えてみよう。

そして、私が間違っているかもしれないけれど、何でも試してみなくてはわからないから・・・。


6年間という日々の中での、海の願いを、今だから、いっぱい叶えさせてあげたい。

聞かれたことに、自分が間違ったことを言ってしまうかもしれない・・と、返事を聞く前に、

耳を塞ぐようになってきてしまいました。


どちらがいい?と指差しを要求すると、何か指摘されるかもしれないと、目をつぶって、

指差しをするようになってきてしまいました。


学校でしか叶えさせてもらえない海の願いを、「やってほしかった?」とか、「やってほしかったの?」とか、

どうぞ、何も聞かないで、海を、幼稚部のころの海と思って、願いを叶えてあげてほしい。


聞いてしまったら、本当は、やってほしくても、思った返事をもらえないと悲しいからと、

首を横にふる可能性もいっぱいあるから・・・。


海は、そんな子だから・・・。

先生にお願いしよう。

母親のわがままを、少しだけ聞いてもらえたら嬉しいな・・・。


そして、私は、母親の私にしかできないことを、反省しながら、祈りながら、

海と向き合って、伝えていこうと思います。


読んでいただいて感謝です。
今朝は、空が海に、
「鮭フレーク目玉焼き丼」を
作って食べさせてくれていました。
おかげで、お寝坊できました^^。
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-12-27 01:49 | 海のこと | Comments(10)
今年のクリスマスイブも、去年同様に、私の実家近くの教会へ、クリスマス・イブ礼拝に行ってきました。

母と、私の姉家族と、私の家族で行きました。


静かな気持ちで、ロウソクの灯りの中でクリスマスをお祝いすることは、一年に一度、

私にとっても、心が洗われるような、そんな気持ちにさせていただけます。


海は、教会で、私の隣りに座っていました。

讃美歌をいくつか歌うのですが、海は「きよし この夜」くらいしか知りません。

(それも全部、歌えるほどではありませんが・・・・)


でも、私のとなりで、一生懸命、大きな声で、見よう見まねで歌っているのです。

昨日、行った教会は、教会付属の幼稚園が敷地内にあるところで、幼稚園のお子さんたちも

沢山来ていました。


その子どもたちの声に、混ざるように、一生懸命歌っていました。

歌詞もわからないので、めちゃくちゃだし、音程も、殆ど合っていません。

でも、私には、どの子ども達よりも、一生懸命歌っているように見えました。


あまりに歌が合っていないし、でも、明らかに幼稚園の子ども達より大きな身体の海。

だから、子どもたちが、何度も、何度も、海をチラチラと見ていました。


そりゃ~、気になりますよね。

声は大きいのに、音は合ってないし、歌詞も違うし、身体も大きいのですから・・・。


それでも、そんな視線を、もちろん気にすることなく朗々と歌う海が、私には愛おしくて

仕方ありませんでした。


讃美歌を歌うときになると、「これ、歌ってい~い?」と静かに聞く海。

「いいよ。」とささやく私。


「これ、歌ってい~い?」と、静かに聞く海。

「いいよ。」と、ささやく私。


みんなが着席すると、

「座ってい~い?」と、静かに聞く海。

「いいよ。」と、ささやく私。


「座ってい~い?」と、静かに聞く海。

「いいよ。」と、ささやく私。


そんなやりとりを、ずっとやっているので(^_^;)、後ろに座っていた私の母くらいの雰囲気の女性が、

不思議そうに見ていました。


海が、自閉症だということは知らないので、当然です^^。

ふと、そんな視線にも、私はすっかり慣れたな~・・と感じていました。


礼拝が終わった後に、皆、自己紹介をしたのですが、海、立派に名前と年齢をマイクで言えました!

学校で、何回も、自己紹介をする機会を与えられている成果だと思います。

学校に感謝です。


こだわりが、強くなったことも事実ですが、こうして、成長出来た部分も知ることができて、

一年に一回のイブ礼拝も、海にとっては大きな成長の場なんだな~と、しみじみ感じました。



昨日は、皆で食事して帰ってきたので、我が家は、今日、家族でクリスマスをお祝いしました。

午後は私が用事があったので、買ってあった鶏肉を解凍しておいたものと、あとは、あまり買ったりせず、

あるもので、ささやかなクリスマスパーティーをしました^^。


メインは、ハーブとニンニクのローストチキン。(大好評でした^^。)

b0244274_012636.jpg


しめじ、ベーコン、ズッキーニのバターカレー風味ソテーwithわさび菜、生ハム、枝豆、トマトのサラダ。

バターで、材料を炒めて、ほんの少し、カレー粉を入れて炒め、最後に一口サイズのハーブチーズを3つ

入れて炒めるのですが、このチーズがコクが出て、我ながらグッドアイデア!と自画自賛(笑)。

b0244274_021290.jpg


残りご飯で(笑)、ガーリックバター醤油ライス キャンドル風。

b0244274_0255058.jpg


生ハムとリンゴ たっぷりレモンをしぼって・・・♪

b0244274_041382.jpg


さといものポタージュ。(これも好評でした^^)

b0244274_0547.jpg


先日のクリスマス会の残りのクラッカーとマンゴーとメロンのチーズ。

b0244274_055513.jpg


こんな感じになりました^^。

b0244274_074195.jpg


b0244274_093599.jpg


b0244274_0115188.jpg


デザートは、お恥ずかしいですが、手やきバウムという美味しそうなバームクーヘンに、

生クリームをデコレーションして、即席リースのケーキ(笑)。

意外と可愛くて、美味しかった♪

時間がないとき、いいかも~♪

b0244274_0173052.jpg


b0244274_0185616.jpg


空と海には、お願い通りのプレゼントが届き、二人とも大喜び。

パパとママからは、GAPのセーターをプレゼント。

二人とも、とっても似合っていました(*^_^*)。

b0244274_01929100.jpg


今年も、静かなクリスマスと楽しいクリスマスをお祝いすることができて、幸せでした。


読んでいただいて感謝です。
空は、今日、サンタさんにもらったばかりの
お財布を持って、男女3人ずつで、
テーマパークに遊びに行ったのでした。
青春ね~(*^_^*)。
応援クリック励みになっています。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-12-26 00:34 | 海&お料理 | Comments(6)
海の感情と同じように、私の精神状態も、ジェットコースターのこの頃。

まさに海と私が隣同士で座って、大声を出しながら上がったり下がったり、ときに一回転です(笑)。


海の担任の先生は、よく私にも話してくださるのですが、ご自分の性格を白黒はっきりさせたい性格で、

そのときはっきり言ってほしい・・と思われるタイプなんだそうです^^。


そんな先生に対して、私は、昔から優柔不断。

言いたいことも、その場では、なかなか言えません。

一回、家に帰って来てから、悶々と考えてしまって、やっぱり言おう!とか、思うタイプです。

きっと、先生にしてみたら、イラっとしますよね(笑)。私みたいなタイプは(^_^;)。


先日、海が学校で、髪の毛を切っていないと嘘をついたときも、先生は、本来、嘘をついたのか、

ついてないのか、はっきり知りたいタイプだと教えてくださいました。


そんな先生に対して私は、嘘をついたか、つかないかということよりも、何で嘘をついたのかということを、

深く知りたいと思ってしまうタイプだし、これは育ちだと思うのですが、とくに嘘については、嫌だ・・という

感情になってしまうのです。

私の母が、嘘をつくことに、とても厳しい人だったということもあると思います。


そんな風に、海の担任の先生と私は、性格的には、全然違うタイプなのですが、

すごく似ているな・・と感じることが一つあります。

それは、「心」のことを、いつも考えているような気がするのです。


いつだって、海の心の動きや、喜び、悲しみ、怒り、嘆き、そういう感情を見逃すまいと、

海の心に寄り添ってくださる先生なのです。


私は、先生みたいに、上手に心に寄り添えないことも多いけれど、

それでも、いつも「心」に寄り添いたいと強く願っています。


そういう想いが、先生と重なるのだと思います。

自分の性格で言えば、本来、とっている行動や言動はそれぞれ違っているはず。

でも、今の海の心の成長を願う想いが、同じ方向を向いていてくださるんですよね。


そんな先生が、いつも海のそばにいてくださって、悩む私の心にも寄り添ってくださることの幸せを、

今一度感謝しよう・・・と思いました。

先生、冬休み、海も私も、ジェットコースターに乗りながら頑張っていま~す^^!


今朝は、また、海が何度も返事を確認してきたので、明るく「いいわよ~~ん!」と言ってみたんです。

そうしたら、「ことばが多いんだ・・・。」とおっこちてしまいました。


あ、「いいよ。」でいいところを、余計な感じで言ってしっまったってことね。

ふ~~う!

でも、そんな海をみていたら、これこそ自閉症なんだな・・と愛おしくなりました。


どうしても、自分の思う返事がほしい。

いらぬ変化はいらない。

そういうことなんだと思います。


先生には、そういう変化が通用しても、私には無理らしい。

そうだとわかったら、そこには、私はこだわるまい。


話を切り替えて、「今日は、サンタさん来てくれるかな~!」と明るく言ったら、

コロッと気持ちが切り替わり、「わ~い!わ~い!」とルンルンの笑顔になってくれた海でした。


先生とではできても、私ではできないこともあって、

私とはできても、先生ではできないこともあるような気がします。


今日も、いっぱいおっこちた海でした。

その度に、いつものように、何回も私にハグを求めてきました。

少し落ち着いて、こちょこちょくすぐったりして、遊んだりもしました。


きっと私にしかできないことがある。

母親だからできることがあるんだと思います。


これからも、ジェットコースターに乗り続けるのかもしれない。

海の隣りで、おっこちて、上がって、一回転して・・・。

それでも、いつか二人で、おっこちることも、一回転することも、楽しめるようになっていったらいいな・・と

小さな望みの光を抱えながら、愛おしい海を抱きながら思いました。


昨日は、毎年恒例のクリスマスパーティーに行ってきました。

15・6年前にアルバイトをしていたレストランのシェフが、毎年、クリスマスパーティーを開いてくださるのです。


当時、働いていた若いスタッフ(私も含め)も、結婚したり、家族を築いて、子どもを授かって・・・。

一年に一度の、幸せなクリスマスパーティーです。

毎年、子ども達の成長に驚いて、みんなが、その幸せな空間で笑っています。


美味しいご馳走を作って下さるだけでなく、子どもたちとゲームをしたり、マジックをみせてくれたりして、

一緒に遊んでくれる優しいシェフ。


集まってくるみんなも、みんな素敵な仲間たち。

海とも、みんな物凄く自然に遊んでくれて、海も安心して過ごすことができる空間なんです。


なかなか、子どもたちと絡んで遊べない海だけど、今年は、少しだけ、子どもたちと絡んで遊べました。

そんな成長を感じるだけで、幸せな気持ちになります。


凹み気味の私だったけれど、素晴らしいクリスマスパーティーのおかげで、心が明るくなりました。

いっぱい食べて、飲んで、話して、笑って、そして、みんなでシェフに感謝して、

また、来年会おうね~♪と帰って来ました。


シェフ、本当にありがとうございます。

幸せな気持ちを、いっぱい抱えて帰ってくることができました。


今年も、沢山お料理を作ってくださって、子どもが喜ぶようなメニューまで用意してくださり、

感謝の気持ちでいっぱいです。

b0244274_13474635.jpg


b0244274_13484566.jpg


b0244274_13502286.jpg


b0244274_13513241.jpg


b0244274_13522857.jpg



他にも沢山作ってくださいました(*^_^*)。


空と海からは、シェフにお手紙を書いて、プレゼントをしました。

海も、自分の部屋で書いてきました。

書いてあるメッセージも自分で考え、一文字一文字色を変えている丁寧さも、心がほっこりしました。

シェフは、とても喜んでくださって、空も海も嬉しそうでした^^。

b0244274_13553699.jpg


b0244274_13562768.jpg


読んでいただいて感謝です。
沢山の方の、励ましのお言葉に
胸がいっぱいでした。
これからも、空海ブログを
応援お願いたします。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-12-24 14:06 | 海&お料理 | Comments(6)

母の成長期

冬休みが始まりました。

週末で、パパもいてくれるので、心強いです。


あまり意識しないように、普段通りの生活を心がけながら、ユーモアの精神を忘れないようにって、

自分に言い聞かせながら過ごしています。


それでも、生活のちょっとした隙間に、胸が苦しくなります。

気にしないように・・・って思っていても、「愛着の形成」のことが私を襲ってくる。

想像以上に、ショックだったんだな~って、悲しいけれどリアルに感じます。


まだまだ、お笑い芸人の道は遠いけど、無理しても身体によくないから、

ダメなときは、ダメなままで、自分自身を受けとめようと思います。


海が生まれてきてからのことを思い出しても、どんなに丁寧に思い返しても、

可愛くて、可愛くて、毎日、毎日、抱っこして、撫でて、キスをして、可愛くて仕方ない想いを声にも出して、

伝えてきた。


他にどうすることが良かったのか・・なんて、今の私には考えられない。

今は、確かに、デイサービスも、毎日のようにお世話になっているし、それがいけないと言われたら、

それまでだけれど、私は、デイサービスの存在が、海にはとても大きな存在と感じています。


幼児期(年中)までは、ほとんどヘルパーさんも頼ることなく、ほぼ私と過ごしてきた。

私が、体調を崩して、海が年長の頃は、ヘルパーさんに沢山お世話になってきたけれど、

学校が終わってからの2時間くらいまでで、それ以外は、私のできるすべてで、精一杯、

海と楽しく過ごしてきたつもりです。


それからは、学校のあとにヘルパーさんと過ごしてもらったり、去年からデイサービスに放課後、お世話に

なっているけれど、学校でもない、家庭でもない、そんな場所で自分を想ってくれているスタッフや、

学校の友達とは違う子どもたちと過ごすことは、将来のことを考えても、海にとって、

とても大切な居場所になっていると感じています。


「愛着の形成」が、今の海の荒れ方に影響していることなのかもしれない。

母として、全否定されたような悲しみでいっぱいになってしまう。


あ~、ダメですね。

今日は、いえ、さっきから急におっこちてしまいました。私が・・・。


こういうことはしてる?

こんな風にしてあげてきた?

こうしてないことがいけないんじゃない?


そんな言葉が、誰にも言われていなくても、私に突き刺さってきて、苦しい。


私は、愛してる。

それが上手に出来ていなかったのかもしれないけれど、愛してきた。今も、愛してる。


ショックが大き過ぎて、暗闇の中から出口をみつけられたように見えて、そこから抜け出せても、

少し歩くと、また閉ざされたドアがある。


きっと、今、私は母になる為の大きな試練を、神様に与えられているのだと思います。

自分を信じる力。

子どもを信じる力。

信じる力を、自分の中に育てるための今。


心が、大きな声で叫んでる。

愛してきたの。愛してきたの。愛してきたの。

愛してる。愛してる。愛してる。


読んでくださった方を、またもや重い気持ちにさせてしまってごめんなさい。

きっと、今、私は「母の成長期」。

そう信じたいと思います。


海が、パソコンでスヌーピーのオークションを見たいと、ずっと見ていました^^。

私が、パソコンに向かっているときみたいに、ファイヤーキングのお皿をコースター代わりにして、

お気に入りのスヌーピーのコップにココアを自分で作って、飲みながら幸せそう^^。

「お母さんみたいだね!」と言ったら、にっこにこでした(*^_^*)。

b0244274_13101040.jpg


読んでいただいて感謝です。
今日は、毎年恒例の
クリスマスパーティーに行ってきます。
楽しんできます(*^_^*)。
応援クリックいつもありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-12-23 13:16 | わたしのこと | Comments(14)
今や、私のスーパーアドバイザーの海の担任の先生。

あの重い出来ごとがあった日、もう、どうしたらいいのかわからなくなって、先生に相談しようと、

夕方、学校に電話をしたんです。


でも、先生は、次の日から二日間出張ということで、もういらっしゃいませんでした(涙)。

苦しくて、胸が張り裂けそうだった二日間に先生が出張。

先生頼り過ぎです!というということで、与えられた試練だわ・・と思いました(笑)。


先生がいらっしゃらなかったのは、二日間なのに、長いこと長いこと・・・。

終業式の今日、やっと先生に会えるわ~!とご機嫌斜めの海がいても、へっちゃら(単純)!


ジタバタ、ジタバタしている海を見送り、少ししてクラスに向かおうと廊下を歩いていたら、

ん?向こうから歩いて来られるあの方は・・・!

「あ~~~ん、先生~!」と足早に。

先生も、私を見て、手を広げて向かってきてくださって(涙)。


長い長い二日ぶりの再会。

「辛かったね~(ブログを読んでくださっているので、二日間にあった出来事をご存知です。)。

苦しかったね~。」と、私にハグをしてくれました。

この安心感。

そして、心がほぐれていくのです。


何を自分がしゃべったか憶えていないくらい、いっぱい話しました。

海のこの悲しい叫びや怒りは、おそらく大人になってもなくならないと思うということを、

伝えられました。

すごくショックでした。


原因は、はっきりわからないけれど、「愛着の形成」に理由があるんじゃないか・・ということも伝えられました。

「お母さんは、もちろん、海くんを愛情たっぷりで育ててこられているんだけれど、海くんに、それが、

思っているほど伝わってなかったのかもしれない。

どんなに言っても、伝わりづらいのかもしれない。

そういうことの原因もあるのかもしれないなって思ったの。」


先生に、「大丈夫、話して下さい・・。」と言ったものの、やっぱり、すごくショックでした。

あんなに可愛くて可愛くて、チュッチュッして、空が赤ちゃんのときに作った自作の歌(笑)を、

空から海に替えて、毎日歌っていたのにな。

(海ちゃん、かわいいな~♪ 海ちゃん、かわいいな~♪ くんっ(匂いを嗅ぐ)!という歌と呼ぶには、

申し訳ないような歌(笑))


おすわりが出来るようになった海に、なんて可愛いの~!と言いながら、ビデオを撮っていたっけ。

でも、その頃、空は笑顔たっぷりだけど、やんちゃさんだったので、怒ることも多くて、

その声を聞いていたことが原因なのかな。


涙が出そうなのを、必死にこらえました。

こんなに愛してるのに。


愛していないんじゃない・・・そう先生もおっしゃってくださっているのはわかっているんだけれど。

ダメだな・・・私。


でも愛してることには変わりないから、自分を責めるのはやめよう・・と自分に言い聞かせて、

終業式に出ました。



音楽の発表会もあったのですが、今までは、そういう発表のときは、表情も良かったし、

一生懸命やっていた海でした。

でも、今回は違いました。

やっています。一応。

でも表情が、全然今までと違うんです。

心ここにあらず・・というか・・・。

これもまた、ショックでした。


クラスに帰ってからも、表情が硬かったし、時折笑顔もでていたけれど、いつもの胸を叩いて、うんと頷く

行動もしていたり・・・。


帰りも、少し、先生と話しました。

「冬休み、どうしたらいいんでしょう。」思わず、自信のない私は、そう言葉を発していました。


「そうよね~。

海くんは、お友達が先生とふざけたりするのを、いつも羨ましくみているの。

自分も構ってもらいたくて仕方がないのよね。


だから、プンプンしているときにも、冗談ぽく返したりすると、にこって笑顔になったりするのね。

意外と、怒っていても、そんなことで気持ちが切り替わることも多いから、お家でも試してみて。


もちろん、学校と家では違うから、うまくいくかどうかはわからないけれど・・・。」



怒っている海に、どんなに聞いて!と諭しても、聞くことは難しいですものね。

そういう意味で、私と遊び感覚で関わり合うことで、「愛着の形成」を見直していけるのかもしれない。

もう、十分遅いことはわかってる。

でも、何もしないよりは絶対いいはず。


スキンシップも、私の都合で、ベタベタしたりするのではなくて、海が求めてきたときだけにして・・とも

アドバイスされました。


本来、私の性格は、おもしろいこと大好きだし、人を笑わせることも好き。

でも、去年くらいからは、海が音楽を聴いていたりするときに、ついつい音楽に合わせて踊ってみたりすると、

嫌がられたり、ちょっとおもしろい感じで、褒めてみても、「褒めないで」と言われたり・・。


そんな状況が続いて、気がついたら、空には、ユーモアで返せても、海にはしないことを

選んでいたような気がします。


でも、今こそ、ユーモアで返すときが来たのかも!

反省するべきことも、失敗してしまったこともいっぱいの私だけど、それでも愛している。

ごめんね・・って言わなくてはならないことが、いっぱいなんだと思う。

気づかないままで、ここまできちゃってごめんね。

自己満足の愛情だったのかもしれないね。


でも、お母さん、空と海のお母さんでいたいから、頑張るね。

冬休み、先生が話してくださったように、パパもママも空にも頼んで、おふざけ一家目指して海と過ごすよ。

めげることもいっぱいあるだろうけど、忘れたら、今日の日を思い出すね。


冬休み、暗くしてても悲しいだけだから、お笑い芸人目指します(笑)!

大丈夫、素質はあるような気がする。

自分で言っちゃったけど。

だって、空をみていれば、私の血をひいたのがわかる(笑)。

私の中にお笑いの血は、いっぱい流れているわ。


お笑いで、「愛着の形成外科手術」いたします~!!

なんだ、そりゃ!

でも、冬休みをスタートさせるのに、いい感じでしょ^^。

私のこわれ具合(笑)。

家族漫才目指して、頑張ります~(^^)/。


読んでいただいて感謝です。
実は、夜11時半まで凹んでいました。
よし!と気持ちを切り替えました^^。
こんな時間になっちゃったけど、
どうしてもブログに書いておきたくて・・。
お笑い芸人頑張って~の
応援クリックお願いします(*^_^*)。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-12-22 02:51 | わたしのこと | Comments(4)

子どもに任せましょう

ここ最近の海は、ブログを読んでくださっている方はご存知のように、荒れています。

朝、にこやかに登校できる日は、一週間に一度くらい。

何かしらの理由で、どよよ~ん~のおっこちくんか、プリップリの怒りんぼちゃんか・・・。


朝は、出来れば爽やかにいきたいところだけれど、一年に何回か、こういう状態が続くので、

今は、私も踏ん張りどころ。


先日も、ご立腹海くんだったので、そっと廊下で担任の先生とお話をしたのです。

そのときのお話を一つ・・・。


海が幼稚部時代は、言葉を獲得して増えていくことは想像できても、まさか、嘘をつくなんて、

夢にも思っていませんでした。

でも、よく考えれば、どんなスピードで成長していくかなんて、誰にもわからないし、

成長と共に、知恵もついていきます。

ということは、嘘をつくこともできるようになるということなんですよね。


海は、つい先日、髪の毛を切りました。

髪の毛を切った次の日、海を見た担任の先生は、

「あれ?海くん、髪の毛切った?」と、海に聞きました。

「切ってないよ。」と海


「そう、切ったようにみえたんだ~。」

「切ってないよ。」と海。


「あ、そうだったんだ~。」と先生。

・・・という感じで、このやりとりは終わったんだそうです。


海は髪の毛を切ったので、切っていないというのは、もちろん「嘘」です。

大切なのはここから・・・。


「嘘」がいいと思う人はいないでしょう。

私の性格上、こういうことになったら、あ、嘘をついた!どうして嘘をつくの?と思い、

海に、責め立ててしまったかもしれない場面です。


でも、先生は、そこには一切触れなかった。

先生が、こう話してくださいました。


「海くんは、嘘をついていることを、もちろんわかっているよね。

でも、嘘をつこうとした理由があるんだよね。

どうして嘘をついたのか聞くこともできるけど、嘘をついていることは、

誰よりも海くん自身が一番わかっているんだよね。


だから、あえて聞かないでいようと思うの。

聞かないで、そうだったんだ~と返すことで、海くんが相手の反応をみたり、

自分が言った嘘を意識したりすることができるでしょう!?


今は、命にかかわることではないから、大丈夫・・・くらいに考えて、

海くんの様子をみていきましょう^^。」と。


朝から海の荒れ具合に、心も身体も硬くなっていました。

それが、ふ~っと力が抜けていくのがわかりました。


「嘘」ということに敏感になってしまいがちな私の性格に必要な対処の仕方を、

さりげなく教えてくださった先生。


私が、先生に、私だったら、どうして嘘をつくの?て言ってしまうと思います。と言ったら、

私もそうよ!そういうタイプ。白黒はっきりしたい方だから、わかるわよ~。

でも、今は、海くんに任せてみましょう。と、これまたさりげなく私をフォローしてくださる先生。


あんなにブルーな気持ちでいたのに、一気に幸せな気持ちにさせていただいたのです。

もう、先生凄すぎます!と感謝して帰りました。


嘘はいけない・・・そのことだけに執着しないことの大切さを学びました。

自分を振り返っても、そうだな~って思いました。


嘘をついたときって、ドキドキしたり、相手の反応がとても気になったりしたことを覚えています。

嘘をついて、自分で気づくことが沢山あるな~って。


それを海に経験させてくれているんですよね。


気づかせることだけでなく、あえて言わないでいてあげることで、

海がもやもやを抱えているとか、聞かれたことが嫌だったのかな・・とか、きっと色んなことに、

こちら側が気づけるという利点もあるのかな~と、玄関に戻る廊下を歩きながら思いました。


その子の今のタイミングを見極めることは、とても難しいけれど、

タイミングによっては、よくないこととされる「嘘」のようなことも、そっと見守るときも必要なんですね。


先生と話していると、辞書をひいたときみたいに、ただわからずにモヤモヤしていたものがとれて、

すっきりした気持ちになります。


私は、真面目に考え過ぎるところがあります。

それは、ときにプラスにも働きますが、海を無意識に追い詰めているのだと思います。

(もちろん、空もですが・・・。)


何度も先生に言われている「子どもに任せましょう。」

これこそが、私の性格上、とても難しくて、とても大切なことなんだと感じている今です。


先生は、私の性格をよくご存知です。

海くんのママが傷つかないようにと、言葉を選びながら、でも今するべきことを教えてくださり、

海の今の状況も、恐らく私の性格が影響していることも沢山あるのだと思います。


自信はないけれど、深く考えるとよくない方向にいきそうなので、

「嘘」は悪いことだ・・と考えるのではなくて、成長の過程で通る道、学ぶべきことがたくさんあることなんだ、

悪いことじゃないんだ・・・くらいに考えておくくらいが、今の海にはちょうどいいのかなって思いました。


たったそれだけのことと思われるかもしれませんが、私には、とっても難しいことなので、

「任せましょう~♪」と唱えながら、この厳しいシーズンを乗り切りたいなって思います^^。


読んでいただいて感謝です。
明日から、空も海も冬休みだ~。
平和な冬休みになるといいな~。厳しそう~(>_<)。
任せてね~の応援クリックお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-12-21 00:42 | 海のこと | Comments(11)
前回の記事は、重い内容の記事だったので、ブログを読んでくださった方の気持ちを

落とさせてしまったかもしれません。ごめんなさい。

けれど、沢山の方からのメッセージに胸が熱くなる思いでした。

いつか、海が大きくなって、この頃は、こういうことに親子で苦しんでいたんだ、でも頑張っていたんだ・・って、

振り返ることができるようになると信じて、海と一緒に歩んでいこうと思います。


昨日の夜は、私は動けなくなって、海と話すこともできなくなっていました。

そんなとき助けてくれたのは、空でした。(パパは残業でいませんでした。)

海の涙を受けとめて、空が海を抱きしめてくれていました。


そして、空は、海と一緒に空の部屋で寝てくれました。

朝になり、私の気持ちも切り替えることができ、海も切り替えることができていました。

いつもは小さな声で「おはよう」という海ですが、今朝は海から、はっきりした大きな声で「おはよう!」と言って

くれました。


海なりに精一杯、私と向き合おうとしてくれたんだと思いました。

ぼんやり身体に残っていた悲しみを振り払って、「おはよう!」と明るく言いました。


空がいてくれたから、海と私が笑顔になれた。

空にいっぱい感謝しました。


今日は(もう日付が変わりましたが・・・)、パパの誕生日。

そう、パパの誕生日を気持ちを切り替えてお祝いするために、悩みながら昨日の記事を書いたんだった。


パパは張り切って有休をとっていました^^。

でも、空が耳が詰まった感じで気持ちが悪いというので、朝から激混みの耳鼻咽喉科へGO!

パパがいてくれて良かった~!

空は遅刻する連絡を学校に入れ、朝7時半に並んでもらって、一度帰って来て、海を学校に送ってもらい、

診てもらったのは、10時半ごろ(>_<)。

薬をもらって、学校に送ってもらったのがもう12時近く。


私は午後予定が入っていたので、午前中パパが食べたいものを聞いて、買い物する予定でした。

しか~し、間に合わない!予定変更~!


家にあったお肉は、豚ひき肉オンリー(^_^;)。

私が家に帰るのは5時過ぎだから、やっぱり作っておかなきゃよね、夕食。

煮込みバーグシチューにしました。


パパ、せっかくの誕生日、いつもと変わらない感じでごめんね~。

でも、テーブルクロスをかけたら大丈夫!特別な日っぽくなるでしょう(笑)!?

b0244274_1264757.jpg


b0244274_1275331.jpg


海も今日は、穏やかで、空も中耳炎でしたが、薬ももらい基本元気だし、良かった、良かった^^。

昨日じゃなくて良かった・・・と強く思いました。


パパの誕生日なのに、パパが一番働いてくれました^^。

そんなパパに空はこんなお手紙を書いていました。

「お父さんへ

○○歳の誕生日 おめでとう。

僕が困った時でも優しく接してくれたり、勉強の進め方、やり方を教えてくれる優しいお父さん。

時には、ケンカや争いごともあるけれど、それがあってこそ家族だとテレビでやっていて、とても感動しました。

これからも、笑顔が絶えないで、パワフルに頑張ってね!応援しているよ! 空より」というメッセージでした。


空は空なりに、「家族」というイメージを捉えているんだな~と、感心しました。

感じていないようでいて、感じているんですね。

心は見えないもの。でも、育つもの。

そう感じさせてくれる手紙だな~って思いました。

あとは、朝、早くて寒いからと、ホカロンのセットをあげていました。


海は、いつものように少し前に「絵」を書いてもらい、パパにプレゼントしました^^。

でも、物もプレゼントもしたかったみたいで、大切にしていたカップヌードルミュージアムでいただいた、

パンフレットをトミカの紙袋に入れて、パパに渡していました。

いつのまにか、こっそり準備をしていたようです^^。


絵には、何故かパパとカップヌードルの絵(笑)。

そして、日付は12月27日になってました・・・(笑)。

多分、私の誕生日が27日なので、ごっちゃになってしまったんでしょうね^^。

b0244274_1293462.jpg


私は、いつもスニーカーばかりのパパなので、靴をプレゼントしました。もちろん手紙を添えてね^^。


部屋を暗くして、ハッピーバースデーのうた♪を歌い、家族みんなで笑顔でお祝いすることができたことを、

感謝したいと思います。

b0244274_131166.jpg


昨日のようなことがあっても、こうして気持ちをきりかえることができたのは、空はもちろんですが、

沢山の方々のコメントや、ブログを読んでくれた沢山の友達からのメールがあったおかげです。


昨日は、海のことで、涙が止まりませんでしたが、今日は、沢山の方のコメントと、メールを読み、

涙が止まりませんでした。


人のあたたかさに、今日もまた、私は生かされているんだな~と感じることができました。


パパが私の誕生日にくれた、ミスチルのDVDが、今日発売日で、予約してくれていたので、

パパからもらいました~!!

b0244274_1314266.jpg



わ~い!明日は、これを観て、いつもの私になっちゃう。

桜井さんから、沢山元気をもらおうと思います。


読んでいただいて感謝です。
明日も真っ暗な中、会社に行く
パパに応援クリックお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-12-20 01:44 | パパのこと | Comments(13)