心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

<   2012年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

我が家に戻ってきます

未知なる体験だった、海の1カ月の寄宿舎生活も、いよいよ終わろうとしています。

寄宿舎の体験入舎が決まって、クラスの先生や、寄宿舎の先生と相談しながら、

初日を迎える前日の緊張を、今でも鮮明に思い出すことが出来ます。


海が、寂しがらずに、寄宿舎生活を送れるか・・という心配も、もちろんいっぱいありました。

でも、何が一番不安だったかといえば、海が、ぼくを嫌になったんだ・・って感じてしまったら、

どうしよう・・ということでした。


もちろん、そんな難しいことを感じることはないとは思ったけれど、パパも、ママも、空も、みんな、

今までと、何一つ変わらない愛情のままで、海が大きくなるための練習のときなんだということを、ちゃんと

理解できて、泊まれるかな・・・っていうことが、心配でした。


24時間、家でない場所で過ごすことが、何日も続くということは、自分で置き換えて考えてみても、

すごく緊張するし、リラックスすることは、難しいだろうな~って思います。


海の年齢で、海のような経験なんて、もちろんしたことがなかったし、

子どもながらに、「家」という、家族がいる安心な場所が、自分にとって、どれだけ安心し、

リラックスできていたのかを、記憶の中で、はっきり憶えているから・・・。


それを、海は、立派に経験してこられたのです。

高熱を出したり、涙したり、想いを上手に伝えられなかったり、精一杯我慢をしたり、

そんな状況があった中でも、小さな心で向き合って、乗り越えることができた。


そして、24時間、家ではない場所で過ごしているなかで、自分なりに心を預け、

楽しみを見出し、先生に甘え、ときに怒りをぶつけ、海なりに学びながら、生活することが出来た。


初日の不安と緊張に包まれた表情が、もう、今の海には、なくなっていて、

自信に満ちた、明るい表情に変わっていきました。


1カ月という時間の中で、海は、信じられないくらい成長させていただきました。

私の方が、置いていかれてしまったくらい・・・。


体験入舎をさせてくださった学校、私の希望を聞いてくださり、無理をさせずに、寄宿舎の生活を

とにかく楽しむ・・ということに徹底してくださった寄宿舎の先生方、その寄宿舎の先生方と、

ときに教師の立場から、ときに、母親の立場から、海を想い連携をとってくださった海の担任の先生、

そして、海を幼稚部時代から、ず~~っと見守り続けてくださっていて、優しく、穏やかな笑顔で、

毎日、子どもの体調管理をしてくださっている保健の先生、突然やってきた海と、楽しく一緒に

過ごしてくれた可愛い子ども達、そんなあたたかいサポート体制の中で、海を過ごさせていただいた

ことを、心から感謝しています。


いつか、海が、家を離れて暮らすときが来ても、海の中に、この寄宿舎での経験は、必ず大きな力に

なってくれると信じています。

決して、親の愛情がなくなったから、家を出るんじゃない・・という一番大切なことを理解するための

最初の一歩を、踏み出させていただけた海は、幸せです。


そして、可愛い、可愛い・・というだけで、まだ小さな海と離れて暮らすなんて、全然考えてもいなかった私に、

色んな大切なことを、考えるチャンスを与えていただいたことを、今一度感謝したいと思います。


海が体験入舎をしている間に、自閉症の弟さんをもつAさんとの出逢いがありました。

海のいない毎日の中で、空とゆっくり向き合うことができました。

海からの質問、確認から、解放されて(笑)、心にゆとりをもつことができました。


10月31日 海は、素晴らしい体験を終えて、我が家に戻ってきます。

あんな不安そうな海は、もういません。

1カ月の経験が、ここまで子どもを成長させる。

乗り越えた先にある、大きな喜びを、お迎え前に、しみじみ味わいたい・・と思いました。



読んでいただいて感謝です。
軽く、一人暮らしの引っ越しくらいの
荷物が、海と一緒に戻ってきます。
片付けがんばりま~す^^。
いつも、応援クリックしてくださり
ありがとうございます(*^_^*)。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-10-31 00:17 | 海のこと | Comments(8)
海は、残り3日間の寄宿舎生活となり、今朝は、爽やかな朝にピッタリの笑顔で、寄宿舎に向かいました。

今頃、もう夢の中ですね・・・。


昨日は、午後から空の合唱コンクールだったので、午前中は、雨が降る前にと、海と一緒に、毎年恒例の

チューリップの球根植えをしました。

土曜日に、海と一緒にチューリップの球根を買いに行き、海が選んだものにしました。

b0244274_22384444.jpg


ちょっと時間がなくて、ものすごい種類の中から、相変わらず、即決の海だったので、よく見ないで買ったら、

草丈が結構高くなるタイプらしく、大丈夫か・・?と思いましたが、ま、いっか・・ということで、

早速、植えました^^。

b0244274_22411068.jpg


何とか、海風に耐えておくれ~と願いながら、植えました。

最後に、チューリップの絵を描いてもらいました。

あとは、雨に濡れぬように、パウチをしたら出来上がりです^^。

b0244274_22424129.jpg



球根を植えよう・・というとき、海の顔が曇ったんです。

(げ・・・何?何だ・・何だ・・・?)

「あの~、チューリップ、あげるの?」

(あ~、その問題か~・・やっぱり海の記憶ってすごい・・。)


毎年、チューリップが咲くのが、3月頃なので、学年の先生やクラスに、咲いたチューリップをプレゼント

しているのです。

ところが、自分のチューリップをあげたくない・・ということで、今年の3月だったかな・・

やっぱりおっこちて、説得が大変だったのです。


自分が一生懸命育てたチューリップだから、あげるのが嫌だ・・という気持ちはわかってあげたいところです。

でも、そのいっぱい咲いたチューリップの中から、一本でも大切な人にプレゼント出来たら、

もらった人はとっても幸せな気持ちになる・・・。喜んでもらえる・・・。

ここを、海の「心の育ち」の最終目標にしたいのです。


何度でも話します。

大切なことなら・・・。

人が喜んでくれることが、自分の喜びになるような心に育ってほしいから・・・。


顔が曇っちゃうかもしれないけれど、心がキュ~っと緊張しちゃうかもしれないけれど、

ゆっくりね・・・気づける心を育てていこうね。


今回も、前回と同じことを話しました。

大切に育てたチューリップを、大切な人にあげたら、どんな気持ちになるかを、海に聞いたら、

「嬉しい・・。」と言っていました。

わかってる・・・。海は、ちゃんとわかってる・・・。


でも、またチューリップを育てて、咲いたら、どうするんだろう・・って気になっちゃうんだよね。

その海の想いも、うんとわかるよ。

だから、どうしよう・・と不安になったら、伝えていいんだよ^^。

今年、そうしたように・・・。


毎年、球根を植えるのと同じように、毎年、同じことを海から聞くのかもしれないけれど・・。

そうやって、繰り返しながら、いつか海が、自分の中で気づき、感じて、どんなことが素敵なことなのか、

自分自身で理解できたなら・・・って思うだけで、心に、未来に、希望の光が射してきます。


今日という日は、もう二度となく、今の自分は、もう、明日にはいない。

何かを考え、何かを感じ、後退したり、反省したりしながら、昨日より、今日より、成長した自分が、

明日にはいるはず。


何も変わっていないようでいて、見えない心は育っている。

海の心だって、同じように育っている。きっとね。

海が、チューリップに水を撒くのなら、私は、海の心に愛を込めた水を撒くよ。


本当に、こんな写真みたいなチューリップが咲くのかな・・って球根を植えるときには思うけど、

日々の水やりが、命を与えて、心を癒してくれるほどの花を咲かす。

花が咲いたとき、やっぱり、信じてよかった・・・本当だった・・・って思うのです。


誰にもわからない未来に、どれだけの希望をもって、信じていけるのか・・・。

そのために出来ることを、どれだけ出来るのか・・・。何ができるのか・・・。

自分自身に問いながら、祈りながら、一歩一歩進んでいこうと思っています。



ここ最近の空弁アルバムです^^。

お好み焼き&焼きそばという「お祭り弁当」を持たせてみました(笑)。

b0244274_22533920.jpg


b0244274_22542938.jpg


b0244274_22554672.jpg


b0244274_2257525.jpg


b0244274_22583787.jpg


b0244274_22594999.jpg


b0244274_2305718.jpg


読んでいただいて感謝です。
今日は、空と、夜、デートをしました。
希望を聞いたら、ラーメン屋さん(笑)。
空の笑顔がはじけていました^^。
チューリップ、元気に育って~!の
応援クリックお願いします^^。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-10-30 00:10 | 海のこと | Comments(10)
今日(日曜)は、空の学校の合唱コンクールがありました。

行事の中で、私がとても楽しみにしていたものです。


クラスごとに課題曲と自由曲を歌います。

各学年4クラスずつあるので、1時からスタートし、終わるのは4時近くです。


海が、ずっと聴いていられるか、心配でしたが、歌が好きな海なので、とりあえず連れていくことにしました。

最悪、ダメだったら、外に出ればいいや・・・と、あまり考えないことにしました^^。


早めに行って、見やすくて、退出しやすい場所をとりました。

1年生から順番に歌っていきます。

入学式も、とても感動しました。

でも、空と小学校が一緒のお友達もみんな、すっかり制服が馴染んで、知らぬ間に、ものすごく大きくなって

いたりして、入学式よりも、子ども達の姿に感動でした。


また、入学式の頃には知らなかった空の先輩たちも、身近に感じて、みんな頑張ってるな~っ・・と、

普段サッカーをしている先輩たちとは違った姿で、これもまた、大きな感動でした。


いよいよ合唱コンクールが始まり、子ども達の歌声が、素晴らしくて、誰一人として、

やる気がなさそうにしている子がいないことに驚きました。

思春期の難しい時期だけれど、本当に一生懸命なんです。どの子も・・・どのクラスも・・・。


子ども達の歌う表情を見ながら、歌う声を聴きながら、胸が熱くなりました。

空のクラスも、とっても上手で、ものすごくまとまっていたし、素晴らしい歌声でした。

空が、毎日、合唱コンクールの練習をしていたので、色んな話しをしてくれたのですが、

当日を楽しみにしていたかったので、曲名や、メロディーは教えないでね・・とお願いしていました^^。

そのおかげで、とっても新鮮な気持ちで聴くことができました。


中学2年生の番になり、最初のクラスが、課題曲を歌いました。

なんて、素敵なメロディー。

そのメロディーラインに、すぐに心を奪われました。

そして、すぐに歌詞も素晴らしいことに気がつき、聴き入りました。


「輝くために」 作詞・作曲 若松 歓

「(・・・途中から)

誰もが人生を 幸せに歩きたい

限りある命だから 素敵に


せつない思いも 別れの涙も

全て胸に抱きしめて

笑顔で明日を見つめたい

涙ふいて 振り返らずに


どうして人間は

争い憎みあい

何故わかりあえず

傷つけてしまうのか


(・・・途中略)


言葉にできない溢れる思いを

この空に伝えたいよ

涙の雫も 微笑も

どんなことも わかち合えると

生きる喜びも 生きる悲しみも

全て胸に抱きしめて

みんなで明日へふみ出そう

どんな時も 輝くために」


2年生の課題曲なので、各クラスで歌うものですから、そのたびに胸が熱くなってしまいました。

ある2年生のクラスに、最高に可愛い笑顔で、歌っている間、ずっと頭を縦に振りながら、

リズムをとっている支援級の子がいました。

(支援級の子は、各学年の各クラスに、別れて入っています^^。)

みんなの歌声に合わせて、ときどき声を合わせながら、誰よりも素敵な笑顔で歌っています。


誰が見ても、すぐにわかる。

彼が支援級の子だって・・・。

でも、クラスの子が、当たり前に彼を受け入れていることが、見ていたらわかります。

その一生懸命な、彼の刻むリズムが、彼の歌声となって、心に響いてきました。


その彼の笑顔と、一生懸命に歌う姿を見た途端、我慢していた涙が、どんどん溢れてきてしまって、

止まりませんでした。


海が中学になるとき、どんな進路を選ぶかはわかりません。

でも、彼を見ていたら、その姿に海を重ねてしまって・・・。


今は、海を想う先生方に囲まれて、温室のなかで育てていただいている海です。

でも、あと2年したら、進路を決めなければなりません。

もしかしたら、彼のように、海も頑張れるかな・・・

やっぱり厳しいかな・・・


そんな想いも一緒に重なって、優しく、美しい歌声の中に、私は吸い込まれていきました。

あたたかい子ども達の中で、受け入れてもらっている支援級の子ども達の姿は、

私には希望の光にみえました。

支援級の子ども達みんなが、普通級の子ども達に混ざりながら歌う姿は、本当に立派でした。


各学年の、各クラスの歌を聴きながら、すべてのプログラムが終了しました。

いよいよ結果発表のときがきました。

優勝は、各学年から1組でます。


空のクラスは、見事、優勝しました。

優勝が発表されると、「キャ~~!」と歓声が湧き、子ども達は喜びに包まれていました。


海も、そのときが、一番楽しそうにしていて(笑)、「わ~い!わ~い!」と喜んでいました^^。

何だか、よく意味はわからないのでしょうが、喜んでいることはわかったのだと思います。


素晴らしい合唱コンクールに、想像以上の感動を得て、帰ってきました。

海も、少し飽きてしまっていましたが、知っている顔がいっぱいいるせいか(笑)、

気づくと、じ~っと見ていました^^。

海も、本当に、よく頑張りました!


空が帰ってきて、優勝した余韻に浸りながら、クラスに戻ってからの話をしてくれました。

先生は、感動して泣いてしまったそうです。

そして、黒板に、みんなで喜びの想いを書いたんだそうです^^。


青春ですね~^^。

聞いている私も、幸せな気持ちになりました。


ふと、空の手を見たら、なんか書いてある。

「なんて書いてあるの?」と聞いたら、

合唱コンクールが始まる前に、先生が、一人ひとりに、メッセージを書いてくれたんだそうです^^。

b0244274_21471911.jpg


先生のメッセージ通り、笑顔で、楽しんでいた空でした。

最高の仲間に囲まれて、学校生活を送っている空も、やっぱり幸せです。


さっき、夕食を食べた後、空が海にお願いをしていました。

「ね~、海~、明日、また寄宿舎でしょう?だから、一回、ハグさせて~。」


すると、海が言いました。

「もう、しょうがないな~。」

そう言って、二人でごろごろしていました^^。

どっちが兄だかわかりませんね・・・(笑)。

b0244274_21575998.jpg



b0244274_21584192.jpg


来年の合唱コンクールが、すでに楽しみです(*^_^*)。

もし、時間があれば、「輝くために」を聴いてみてくださいね♪


読んでいただいて感謝です。
さあ、残り3日の寄宿舎生活。
海、がんばれ~!の応援クリック
お願いします(*^_^*)。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-10-28 22:18 | こどもたちのこと | Comments(8)
海に早く会いたい・・・ルンルンで学校にお迎えに行きました。

早く会いたくて、先週もですが、早めに寄宿舎に着いてしまいました(笑)。

海が学校から帰ってくるまで、(と言っても、廊下一本歩く距離なのですが・・・^^)

寄宿舎の先生から、一週間の様子を教えていただいていました。


寄宿舎では、月に2回ほど、好きなお菓子を買いに出かける日と、好きな文房具を買いに行く日・・と

いうように、お楽しみの買い物デーを作っているようです^^。

今週は、文房具を買いに行く日があって、何を買ったのかな~と気にはなっていました。


海は、買うものを、お菓子でも、何でも、そんなに迷いません。即決なことが多いです。

これは、パパにそっくりです。

(ちなみに。空と私は、ものすごく優柔不断。あれもいいな・・・これもいいな・・状態です(笑))


海が買った文房具は、スヌーピーの来年度のスケジュール帳だそうです。

そういえば、一緒にサンリオショップに行ったとき、何回か見ていたけど、ブランケットにしたから、

もしかしたら、それも欲しかったのかもしれませんね^^。

寄宿舎に帰ってきてから、そのスケジュール表に、色んなことを書いて楽しんでいたんだそうです^^。


そんな話を先生から聞いているうちに、下校時間になりました。

待ち切れずに、ドアのところに立って待っていました。

長い廊下の奥の方を、よ~く見ていたけれど、立っていたところからは、みんな豆粒みたいに小さくて、

全然わかりません。


ん?でも、なんか大きな声で何やら叫んでいる声が、海の声だ!

と思って、見ていると、海らしき子が、どんどんこっちに近づいてきました。

海だ!!

「まもなく3番線ホームに電車が参ります~!白線の内側までお下がりになってお待ちください~!」

まあ、大きな声で、まわりの視線なんて一切気にせず(笑)、異様に高いテンションで、満面の笑みで、

歩いてきた海でした(^_^;)。


車好きの海でしたが、寄宿舎に鉄道鉄っちゃんが、何人かおりまして、すっかり彼らの影響を受けたらしく、

「電車大好き~!」なんて、先週我が家に帰ってきたときも、申しておりました^^。

ついに、完璧に駅員さんのセリフを覚えたのね・・!とビックリでした^^。


幼稚部のお母さんも、ハイテンションで、駅員になりきっている海を見て、うけていました(笑)。

「海~!おかえり~!」と私は、笑顔いっぱいで、手をひろげて、海を迎えました。

ハグを一瞬させてしてくれたものの、海はずっと、「まもなく~、3番線に~・・・」と言いながら、寄宿舎に

入って行きました。


そんなものよね・・・。

これぞ自閉症の海でございます~(笑)。


もう、すっかり慣れた感じで、テキパキと学校から持って帰ってきた洗濯物を出して、

月曜日のための準備をしちゃったりして、子どもの力ってすごいな~って感心してしまいました。


そのあとも、海は、少しトランポリンで遊んでいたので、寄宿舎の担当の先生とお話していました。

相変わらず、返事がお気に召さなくて、プイッとしちゃうときも何度もあったそうです。

でも、そんな時は、さらっと、あらそう・・みたいな感じで、接していてあげたら、意外と上手に切り替えられて

いたのよ~と教えて下さいました。


海の担任の先生が、寄宿舎に入る前に、話してくださっていたんです。

「家では、丁寧に、海に対応しているから(お母さんは、それで全然いいのよ^^)、むしろ寄宿舎で、

さらっと対応してくれると思うから、きっと、それが海にとって、すごくいい体験になるんじゃないかな~」って。


その通りになりました。

先生って、何でもわかっちゃう。

素晴らしいですよね・・・。


それから、寄宿舎の先生と、子ども達の話になりました。

この体験入舎は、マックスで一カ月。

一カ月が終わると、また、次の月は、違うお子さんが入ります。

海もそうであったように、次々と、子どもが入れ替わって、先生達も大変だろうな~と思っていました。


でも、先生は、こんな風に話してくださったんです。とっても優しい笑顔で・・・。

「私たちなんて、何にもしてないのよ・・・。子ども達同士の関わりで、子どもは成長するのよね~。

どんな子が来たって、子どもは、みんな可愛くてね^^。

だれでも、おいで~って感じよ^^。

ほんとに、可愛いのよ・・・^^。みんな・・・。

今日も、海くん、私に抱っこされて本を読んでいたのよ。可愛いの~^^。」

なんか、寄宿舎の先生の話を聞きながら、やっぱり、海は幸せだな~って感じずにはいられませんでした。


あとは、こんなことも話してくださいました。

「スケジュールを一緒に確認すると、ちゃんと、海くんは見て、わかっているのよ^^。

でも、実際は、ちょっと変更があったり、予定を変えなくちゃならない時もあるじゃない?

そんなときは、この子達(自閉症の子)は苦手だっていうけれど、もちろん、ダメなお子さんもいるけれど、

案外、受け入れられるのよね。

大きくなってから、予定を変えることに慣れさせようとしても、それはすごく難しかったりするけれど、

小さい頃に、そういう体験もしておくと、大人になってからも、困らないものね^^。

大人になってから、困らないようにしてあげたいって、思っているの。」・・・と。


私も、海が小さいころは、何でもかんでも、自閉症の特性に合わせてあげることがいいのかな?と、

焦っていた頃は、一瞬ですが、そう感じたときもありました。


でも、家らしく、海との暮らしを、ガチガチにしないで楽しむ方が、全然いいや・・って思ってから、

気も楽になったし、海も海らしく、育ってくれているように感じます^^。


そのとき必要な支援を、そのときに考えて、してあげればいいんじゃないかなっていうことが、我が家の

海を育てる上での大きな柱になっているような気がします。

その支援がどんなことなのか・・すぐにわかる訳ではないけれど・・・。


先生方の、愛情に満ちた、蜜な連携あってこその寄宿舎生活です。

でも、いつも思います。

どうして、子どもを安心して預けられるのかな・・って思ったときに、クラスの先生も、寄宿舎の先生も

そうだけれど、子どもが可愛くて仕方ない・・・そういった言葉だったり、表情だったりをいつもしてくださって

いるんですよね。


何か、すごいことができる子どもに育って欲しいのではなくて、愛される子に育ってほしい・・ということだけは、

海が幼稚部のころから、先生に話していました。

それと、同じで、私が先生に望むのは、何かすごいことができる先生に海をみていただきたいのではなくて、

子どもが愛おしくて仕方ない・・という目線で関わってくださる先生に預けたい・・と願うのです。


こんな先生方が蜜に連絡をとりあってくださる。

最強だわ~!!と海の笑顔を見て、納得してしまいました。


今週は、本当に楽しんで、元気いっぱいに過ごせた海。

1週目、2週目、3週目・・と、どんどん表情が明るくなった気がします。


海の笑顔と、先生の愛情あるお話のおかげで、31日まで、あと3日。

来週、月曜日は、「いってらっしゃい~!!」と海を送り出せそうな予感がします^^。

残り3日にして、海も私も、やっと慣れたのかもしれませんね(笑)。遅っ(笑)


わずか3日かもしれないけれど、海も私も、ぐ~~んと成長できそうな予感がします♪

寄宿舎の体験をさせていただいて良かった・・・心からそう感じています。


我が家に帰ってきた海は・・・

アイスを食べて、洗濯物(タオル類)を、いつものように畳み、ipad、Wii、DVD、テレビを満喫。

ソファーに寝そべったり、スヌーピーになったり・・・(笑)楽しんでいました。

b0244274_22373661.jpg



海の笑顔に、ほっとして、いつもの我が家になりました(*^_^*)。


読んでいただいて感謝です。
空は、「海~、おれがいなくて、
寂しかった?」と海に質問。
なぜか「ウォン!」と頷いて、
空は満足そうでした(笑)。
ところでウォンって何^^??
応援クリック励みになっています。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-10-27 00:34 | 海のこと | Comments(10)

我が子へのメッセージ

今日も、海岸沿いを歩きながら、海の学校の前を通り、海に想いを馳せていました。

海・・・昨日の夜は、ぐっすり眠れたかな?

海・・・お友達と、楽しく過ごせたかな?

海・・・嬉しいことが、いっぱいあったかな?

海・・・夜ごはんは、食べられたかな?

海・・・悲しいとき、悲しい・・って言えたかな?

海・・・おうちのことを思い出したかな?

海・・・お片づけは出来たかな?

海・・・先生に、「おはようございます。」って言えたかな?

海・・・先生の返事が気になってないかな(笑)?

海・・・寝るとき、暗い部屋は、怖くなかったかな?

海・・・朝ごはんは、いっぱい食べられたかな?

海・・・金曜日に帰れることを、楽しみにしているかな?

海・・・いっぱい、いっぱい、トランポリンで跳んだかな?

海・・・大きなお風呂で、泳いだかな?

海・・・寒くなかったかな?

海・・・アトピーで、痒くて、夜中かいてないかな?

海・・・手を洗う時、傷口が沁みていないかな?

海・・・アイスが食べたい・・って思ってないかな?

海・・・スヌーピーをみたいって思っていないかな?

海・・・笑顔がいっぱいだったかな?


海・・・パパも、ママも、空も・・・みんな、海がいなくて寂しがっているよ。

海が、がんばっていることを、えらいな~って思っているんだよ。

海のことを、毎日、毎日、パパも、ママも、空も、思い出さない日はないよ。


先生に、寄宿舎の生活を、どうしてするのか聞いて、どれだけ理解しているかは、

海にしかわからない・・・。


パパとママと空は一緒なのに、どうしてぼくだけ、こんなに長い間離れ離れなのかな・・って

思っていなかな・・・とか、そんなことも少しだけれど、頭をよぎるの。


海・・・あと少しだね・・・。

本当に、がんばっているね。

一カ月なんて長い間、本当に海に耐えられるのか、不安で仕方なかった。

熱を出して、一日早く帰ってきたあと、涙をためていた海をみたとき、

あと2週間なんて、大丈夫だろうか・・って、ママが心配でたまらなかった。


でも、海は、確実に成長しているね。

先週、お迎えに行ったとき、笑って楽しそうにしている海を見て、感動しちゃったんだから・・・。


寄宿舎の先生方に「さよなら」をして、学校の廊下を、海と二人で歩いて行く幸せは、

この寂しさを経験した人だけが、味わえるのかもしれない・・って思ったの。


家族だけでなく、海のことを応援してくれている人達が、海のことを心配してくれて、

海に「おかえり。がんばったね!」って言ってくれているんだよ。

海・・・幸せだね。

ママも幸せだよ。

だって、どんなに寂しくても、ママにも、あと少し、がんばれ!って言ってくれるの。


一年は、すごく早く感じるのに、この1か月は、本当に長く感じました。

寄宿舎生活4週目の金曜日・・・海に会えることが嬉しい。


手をつないで帰ろうね。


今日、海沿いを歩いて、帰りに、4つの石を拾ったよ。

パパとママと空と海の石。

おうちに帰ってきたら、こんな風に、家族で笑おうね。

b0244274_225923.jpg


b0244274_230942.jpg


読んでいただいて感謝です。
ま~るい石ころ大好きです。
角がない・・って何だか幸せです。
応援クリック励みになります^^。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-10-26 00:22 | 海のこと | Comments(8)
海の寄宿舎生活4週目、今日もまた、精神的に追い詰められることがなく、感謝なのですが・・・

寂しい。とっても・・・。そして・・・会いたい。

朝も、夜も、食事をしながら、空からも、海を想うことばが出てきてしまうんですよね^^。

空は、昨日の荒れた天候から、海を想い、怖がっていなかったかな・・・と心配していました。


空との時間・・と言っても、朝練で6時50分には、家を出るし、部活で帰りは真っ暗だし、

昨日なんて、帰ってすぐに、男女混ざった友達8人で、肝試しをするんだと遊びに行くし・・・(なんだかな~)

もちろん7時半くらいまでですが・・・。


結局、朝食と夕食のときぐらいなんですよね。

ゆっくり向き合える時間って・・・。


今日は、夜、空とゆっくり食事が出来ました。

もうすぐ合唱コンクールがあるので、その話題と、空の担任の女の先生の話を、空は最初にし始めました。

空の担任の先生は、髪の毛がショートで、保健・体育の先生ということもあって、ボーイッシュな感じの、

笑顔がとっても可愛らしい、心が優しい先生です^^。


その先生が、週明けに、髪の毛のスタイリングが変わったそうなのです。

おそらくパーマをかけたのだと思われますが^^、空が、一生懸命、手でクルックルッと巻くしぐさをして、

「すごいんだよ!全然違うんだよ~!だって、前はちびまる子ちゃんみたいだったのに

(先生、すみません・・・失礼な息子で・・・)」とやや興奮気味(笑)。


「可愛くなったでしょう~!」と私が言ったら、

なんか照れるのか、可愛くなった・・とは言わないのですが、クラスの男子に好評だという言い方で、

褒めていました^^。


「先生、もしかして、素敵な彼ができたとかじゃな~い?」なんて、親の私まで、余計なお世話な一言を、

空に言いましたm(__)m。


そうしたら、空が、「そうかもしれない・・だって、先生、いいことがあったんだ~って言ってたし^^」と

空も、いや、クラスの男子も、勝手にそう読んでいるらしい(笑)。


「なんか、前より、怒らなくなったし・・」なんて、またまた失礼なことを、空が言いながら、

空と私で、「間違えないね・・(^0_0^)!」と、ニヤニヤ・・・。

(先生、親子で、ごめんなさい~)

ブログを知らないから、大丈夫か・・・なんて、ついには開き直ったりして・・・^m^。


空の大好きな担任の先生だけに、ドキドキしたのか、はたまた、やきもちか(笑)?

「先生、寒がってたから、俺のジャージ貸してあげた・・・」とか言っちゃったりして、

空ってば、恋しているのかしら♪ふふふ。


その後は、海の話。

「海、おもしろいよね。」と、急に海のことを、思い出したのか、今度は、海の話に盛り上がる空。

「何が?」と私が聞くと、


「確認が・・・。」と空。

「あ~、確認ね!」と、笑いながら・・私。


「この前さ、海に、空、太った?って言われたんだよね。

だから、うん・・って言ったら、すぐに、「うんじゃなくて、ハイがいいんだ・・」って言われて、ハイって言ったら、

落ち着いた・・だってさ。」

(私、大爆笑)

続いて、空が、「海とお風呂に入ってたら、なんで、スヌーピーは毛が白いの?って聞くからさ、

え・・・っと思ったけど、最初から、白い毛だったから、白いんじゃない?(笑)って言ったら、

ありがとう・・って言うから、うん・・って言ったら、うんは嫌なんだ~って言い直してほしいんだ・・って

お願いされた・・。最近、お父さんにも、よく言い直してもらってるよね・・・。」


もう、空と海とのやりとりを、想像するだけで、なんかおかしくなって、大笑いしちゃいました。

私も、負けずに、「最近、海さ~、手を胸の前に、一回、ポンッとたたいて、大きな声で、

おちついた~~~~って言うんだよね~。」とやって見せたら、

あ~、やるやる・・って感じで、二人で、大爆笑。

(もちろん、海がいるときは、真似しませんが・・・。)


「返事の仕方が、気になって仕方がないんだよね。でも、可愛いよね~。」と、

空と私で、海を愛おしく、想いだしていました。


海は今頃、ぐっすり夢の中かな・・・・。

今日は、ご飯を食べられたかな・・・。


夕食用の3個のハンバーグを焼きながら・・・

フライパンに、いつもはない隙間を見ながら・・・

ハンバーグが大好きな海のことを、今日も、想っているよ。


海、おやすみね・・・。


読んでいただいて感謝です。
今日のハンバーグは、
海がいないので、レンコン、
きゃべつ、しいたけを入れて
作りました。
今の海なら、食べられるかも
しれないね。
色々、チャレンジしていこうね^^。
親から離れて頑張っている海に
応援クリックお願いします^^。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-10-25 00:03 | 空のこと | Comments(6)

直結している心

親と子は、親子であっても、皆、一人ひとり違います。

でも、親子の心と心は、ドラえもんの「どこでもドア」みたいに、直結しているな・・・って感じることがあります。


海は、海なりの生きづらさがあり、もちろん、海なりの課題がいっぱいあります。

でも、成績を気にしたり、友達との付き合いで悩んだり、テストに追われたりすることがありません。


それに対して、空は、一般の中学の普通級にいる訳なので、当然、成績はついてまわるし、

友達との付き合いでも悩むこともあれば、テストに追われ、この先の学校も試験で決まります。

パパも私も、もちろんそうでしたし、大多数の人が、通ってきた道です。


空が、小学生の頃も、友達と遊べなかったり、うまくいかなかったり、勉強につまづいたり、

嘘をついたり、人を傷つけたり、そんなことがあった日は、空が、どこでもドアで、私の心に自分の

悲しい気持ちを運んで、私の心に置いて行くのです。


もちろん、反対で、喜ばしいことも一緒です。

友達と、それはもう楽しく遊んだり、褒められたり、勉強を頑張ったり、正直だったり、人に優しくしたり、

そんなことがあった日は、空が、どこでもドアで、私の心に自分の嬉しい気持ちを運んで、私の心に

置いて行くのです。


親の私は、その悲しみや、喜びが、自分の心に置かれた瞬間に、心の中が、空の気持ちに染められます。

でも、その気持ちを知って、空に声をかけたときに、必ずしも、空の欲しかったことばが、私から出なかったり、

私が欲しかったことばが、空から出なかったりすると、お互いにケンカになったり、

どうしてわかってくれないんだろう・・と悲しくなったりするんですよね。

けれど、お互いに、ことばをかける直前までは、きっと、親子で同じ気持ちになっていたと思うのです。


親は、自分の子どもに、いつだって幸せでいてもらいたいと願い、

きっと、子どもだって、お母さんが、にこにこと幸せそうにしていることを願っている。


子どもが、仲間はずれにされたら、自分が仲間はずれにされているような気持ちになってしまう。

お母さんが泣いていたら、子どもまで悲しくなって、涙を流したりする。


私には、私の心が一つ。

その心が、子どもの悲しい心と直結したとき、心がパンクしそうになって、私も一緒に苦しくなる。

子どもの嬉しい心と直結したとき、私の心も躍り出すのがわかる。


そんなとき、いつも思うのです。

親子なんだな・・って。

心は別々なはずなのに、1ミリもずれずに、ピタリと重なったときは、きっとお互いの心を、一瞬交換しても、

きっと何の違和感もない感覚なんだと思います。


親子が親子であることは、血のつながりなんかじゃなく、心と心が直結してつながることができる。

これこそが、親子なんだと思います。


海の心とつながることは、空のようにはいきません。

なかなか自力で、どこでもドアを開けることが難しいからです。

でも、沢山の方の力を借りて、海は、どこでもドアで、私の心に来られるようにしていただいているのです。

そのおかげで、海の気持ちに気づいてあげられることが、いっぱいあります。


どこでもドアで、行き来することができる親子の関係。

子育ては、この行き来によって、ときどき苦しんだり、辛くなったりするけれど、

それだけ、強い絆で結ばれているんだって思ったら、すごく幸せなことだな~って思いました。


今日もまた、目に見えないものの大きさを、強く感じました。

心あっての人。

心あっての親子。

目に見えない心を、同じように感じることができる。

お互いが、どこでもドアで行き来できるように、心のドアを、いつでも開けておいてあげられるように、

私の心を育てていきたいです。


読んでいただいて感謝です。
食欲の秋ですね。
毎月、来月こそ痩せるぞ・・と
思っている私です(^_^;)。
今月も、痩せるのは・・・。
すでに心が弱々です・・・。とほほ。
私に、応援クリックお願いします^^。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-10-24 00:01 | 親子 | Comments(6)
生きていると、泣いても、泣いても、涙が止まらないことや、

一生懸命頑張っているのに、思うようにならなくて、どうしても心が苦しくなってしまうこと、

何を、どうしたらいいのか、わからなくなってしまうこと、

逃げ場のない悲しみに、身体ごと、心ごと、もがれてしまいそうなときがあります。


今、私にとって大切な人が、二人、そんな悲しみの中にいます。

二人は、全く、面識もない二人です。

ただ、偶然ですが、とても似たような境遇にいる二人なのです。


私が、苦しんでいるとき、悲しみの中にあるとき、また、海のことで悩んでいるとき、

私は、二人の優しさに、どれだけ救われてきたかわかりません。

いつだって、自分のことのように、私の悲しみに寄り添ってくれました。


二人は、悲しみの中にいる人の心を、自分のことのように感じて、とにかく、自分で出来ることを、

一生懸命考え、少しでも笑顔になるようにと、心に寄り添ってくれる人達です。

この点も、すごく似ているな~って感じるのです。


優しいんですよね。

真面目で、いつだって100%の想いで、向き合ってくれるんです。

その優しさが、自分の小さく萎んでしまった心に、希望を与えてくれました。


そんな愛情に溢れた二人が、偶然だけれど、今、悲しみの中にいます。

私は、何が出来るのだろう・・って思います。


もちろん、心の中は、その人、本人しかわかりません。

でも、悲しみの中にいる人、苦しみの中にいる人がいたら、自分の出来る限りで、

寄り添いたいです。

でも、なかなか、会えなかったりする状況の中だと、余計に、自分にできることが、何なんだろうって、

わからなくなります。


間違っているかもしれないけれど、私は、伝えたいのです。

二人の優しさが、苦しんでいたときの自分を、救ってくれた。

いつか年老いて、記憶が怪しくなってしまうこともあるかもしれないけれど、

でも、優しくしてくれたこと、心に寄り添ってもらったことは、昨日のことのように憶えている。


泣くことしか出来なかった自分に、生きる希望を与えてくれた。

忘れてなんかいないよ。

きっと、優しくしてもらった人達は、みんな憶えている。

優しい笑顔を・・・

救ってもらったことを・・・

泣き顔を、笑顔に変えてもらったことを・・・

あったか~い気持ちにさせてもらったことを・・・


また、優しい笑顔がみたいな・・って、思っています。

なかなか会えないけれど、きっと、心に強く願いをもっていたら、願いは叶うし、祈りは届く。

そう、信じています。


何も出来ないけれど、今、生かされている道の途中で、間違いなく、二人の愛情があっったから、

私は、歩いて来られました。

そんな風に、思っている人達が、いっぱい、いっぱい、いると思います。


きっと、想いは通じ合って、必ず、光が射していくって、信じています。

笑顔になる日を、私は、祈っています。


もし、ブログを読んでくださっている人達の中に、やっぱり、悲しくて、苦しくて、

涙が溢れてしまっている中にある人がいたなら、何もできないけれど、信じて、祈っています。

必ず、笑顔になって、歩きだせる日が来ると・・・。


私は、ブログを読んでくださっている人達がいてくださることだけでも、沢山の勇気をいただいています。

気持ちがおっこちて、抜け殻みたいになってしまって、どうすることもできないときがあるけれど、

沢山の方たちの励ましのおかげで、心に元気をいただいています。


頑張っている人に、頑張って・・とか、元気のない人に、元気になって・・っていうのは、よくないって

言うけれど・・・

私だけかな・・?頑張って・・とか、元気になってね・・って言ってもらえたとき、素直に嬉しかったんです。

「ありがとう」って心から思いました。


笑顔がいっぱいになった方がいい。

笑顔になる人が、一人でも増えたほうがいいもの^^。


この想いが、願いが、祈りが、悲しみの中にある人達に、届いてくれることを信じています。


読んでいただいて感謝です。
海は、今日、元気に寄宿舎へ
行きました。なんだか、すごく
大きくなったように感じました。
海の寄宿舎生活、もう少しです。
海に、応援クリックお願いします^^。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-10-22 22:11 | わたしのこと | Comments(6)

確認パレード

週末の二日間、いや、正確には、海が帰ってきた金曜の午後から、「海の確認パレード」は続きます。

このブログを、最近読んでくださった方は、確認パレード?何、それ?って感じですよね^^。

そう、海は、これからの行動や、質問に対しての返事を、何度も自分の中におちるまで、

確認せずにはいられないのです。

それを、我が家の中では、「確認パレード」と勝手に名付けて呼んでいます(笑)。


その確認パレードは、学校の帰りに寄ったスーパーから始まりました。

自分の欲しかったお菓子を買っていいかの確認を、何度も、何度もして、納得いくまで確認をします。

納得いかなければ、欲しいお菓子でも買えなくなるほどです。


家に帰ってからも、「しゃぼん玉、してい~い?」

「いいよ。」

「しゃぼん玉、してい~い?」

「いいよ。」×いっぱい(笑)。



「食べてもい~い?」

「いいよ。」


「食べてもい~い?」

「いいよ。」・・ってな感じで・・・

ススススス~~~っと、私の所に寄って来て、物凄いささやき声で、でも、目は真剣で、

「・・・・・してい~い?」と聞いてきます。


この目を見ながら、返事をする私の心の中を教えます。

「これから言う私の返事、海の気にいった返事になってくれ~い!

表情は、爽やか笑顔でね^^、準備はオッケー!じゃ、返事するよ・・・」・・とこんな感じです。毎回(笑)。


もちろん、質問の返事だけではなくて、「ありがとう」の後の「どういたしまして」の返事の仕方や、

「おやすみ」という海の挨拶に対しての、私の「おやすみね」という返し方など・・ジャンルは様々です。


家族の中で、この「確認パレード」にあうのは、ダントツ私が多いのですが、

この前、私が出かけていなかったとき、パパにも、「うん・・じゃなくて、ハイッが良かった➘➘」って

言われてたよ・・と空が私に報告してくれ、プっと吹きだしてしまいました。


やれ~、海~!!なんて、日々、確認パレードにあっている私の意地悪な感情を出してみたりして・・(笑)。

あまりにも、日々のことなので、少々、面倒・・と思うこともありますが、まあ、慣れたもの・・という感じです。

私が、精神的にダメなときは、「もう、言ったでしょう~!」なんて、強く言っちゃったりもしますが・・・。


この週末、スヌーピーにはまっている海と、おばあちゃんから貰ったおこづかいで、

スヌーピーグッズを買いに行こう!ということになり、サンリオショップに行きました。

行く前に、恐ろしい確認パレードにあったことは、省略です(笑)。


サンリオショップ・・・。

私が、子どもの頃、足しげく通ったサンリオショップ。

懐かしい~!と思いながら、お店の中へ。


なんだ?なんか、海が目立つ。

別に、騒いだりしていないのに・・・。

ん?

あ、わかった!男の子がいない。このくらい大きくなった男の子が・・・。

だから、目立つんだ~(^_^;)。


スヌーピーグッズが、思っていたより少なくて、海は、何を欲しがるのかと思ったら、

グルグルお店を回って、気に入ったのは、「フードつきブランケット」でした^^。

普通に、ひざかけにもなるし、ボタンを留めれば、袖も通すことができて着られるという優れ物^^。

それを選んで、買う時に、買っていいいか?の「ささやき確認パレード」にあったことは、

言うまでもありません(笑)。


レジのところで、以前、「シナモンちゃん」のぬいぐるみを買ったときも、そうだったのですが、

「ん?ぼくが使うのかな?贈りものですか?」と聞かれます^^。

贈りものの意味がわからない海は、

「あの~、あの~、ぼく~、これが欲しいんですけれど~」とかしこまって、店員さんに言います。

「はい、わかりました^^」と、何となく、ん?という表情を浮かべた店員さんが答えてくれて、

無事に購入出来ました~!!万歳~!!


お家に帰ってから、海がルンルンで、着ていました^^。

超可愛い♪

b0244274_1193892.jpg


スヌーピーになって、スヌーピーのYouTubeを見る海(笑)。

b0244274_1145192.jpg



ついでに、先日、リュックが小さくなったので、買おう・・と選んでいて、海が、選んだリュックがこれ。

b0244274_1161321.jpg


ネットで買ったのですが、すご~く可愛くて、私も気に入ってしまいました。

このくらいの年齢の男子は、もう、あまりキャラクターグッズは持ったり、着たりしないけど、

好きなものに囲まれる幸せは、私が誰よりもわかるから、海の願いを叶えてあげたいです^^。



今日は、さっき、パパと海がマラソンをして帰ってきて、これから、空のサッカーの試合を観に行きます。

海は、あまり楽しくないけれども、空を応援することも、我が家の大切な時間です。

試合が早めに終わったら、おじいちゃん、おばあちゃんの家に行く予定です。


週末を、家族で楽しんで、また明日から一週間、寄宿舎でいっぱい色んな経験をしてきてもらいたいな・・って

思っています。


読んでいただいて感謝です。
海がオープンカーに乗って、
「い~い?」と言うと、
沿道の人達が、「いいよ。」
という確認パレードを
想像して吹きだした私です(笑)。
応援クリック励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-10-21 11:15 | 海のこと | Comments(6)
海の寄宿舎生活3週目が終わりました。

今週は熱も出ず、ばっちり平日5日間あったので、心配しましたが元気に戻ってくることが出来ました。

グズグズになったときもあったし、先生の返事の仕方が嫌で、何度かおっこちたようでしたが、

だんだん緊張がとれてきた証拠ね・・と先生が話してくださいました。


遠足は、やはり、雨がいっぱい降ってしまったそうですが、担任の先生が、雨でもこんなに楽しめるんだ!

というくらい、子ども達は楽しめて、新しい発見だったと伝えてくれました^^。


海に、家に帰って来てから、遠足で何が楽しかったかを聞いたら、「レストランでラーメンを食べたこと」と

教えてくれました。

やっぱり、食べることって、大人も子どもも楽しいですね^^。


寄宿舎からの帰りに、スーパーに寄って、食材を買いました。

好きなお菓子を買っていいよ・・と伝えたら、キタ~!!

「買ってもい~い?」

「いいよ。」


「買ってもい~い?」

「いいよ。」


また、一周りして、

「買ってもい~い?」

「いいよ。」


笑えるくらい、何度も確認でした(^_^;)。

我が家の海くん・・・帰ってきました・・。(笑)


海が、家に帰ってきてから、スーパーで買ったパックンチョを食べるのを見ながら、

パックンチョに、「ようこそ我が家へ」・・という気持ちになりましたよ(笑)。


すごく食べたくても、どうしても返事が気になって、結局、かごから出して何も買えない日もあります。

なので、レジを通り、スーパーの袋の中に入れられ、海の口の中に入ったお菓子は、

「おめでとう~!」という感じなのです。


返事の仕方、声のニュアンス、表情・・・何が海にひっかかってしまうポイントなのかは、

やっぱりわからないけど、どうしても気になってしまうんですから、仕方がないですね^^。


今日は、最初にipadをやると思ったら、どうしても、シャボン玉をやりたかったみたいで、

ベランダで、しばらくシャボン玉を楽しんでいました。

b0244274_22215521.jpg



そして、終わってから、もちろんipadです。

最近、はまっていたスヌーピーを見たり、お気に入りの唄を聞いたり・・・。

ときどき、ipadを置いて、リビング往復^^。

海が、リラックスしている証拠です。ほっ^^。

b0244274_22134118.jpg



空が、夕方、部活を終えて、学校から帰ってきました。

手洗い、うがいもしないまま、勢いよくリビングに入って来て、いつもは、「ただいま~」ですが、

今日は、「おかえり~」が空の第一声でした^^。

海に、まず、「おかえり~」と言ってあげたかったんでしょうね。

海は、ipadに夢中で、そっけない感じでしたが・・・(^_^;)。


今朝も、空が学校に行く前に、「今日、海、帰ってくるね!」と、空に言ったら、

「やった~!!」と満面の笑みで喜んでいました。

なんか、とっても幸せな気持ちになりました。

この空の素直な想いを大切にしないと・・ですね(*^_^*)。


夜は、海のリクエスト、大好きな「まぐろ」に決定~!

あとは、海が大好きなジャガイモ料理etc・・・。

何だか、炭水化物いっぱいだけど・・・いいわね^^。

b0244274_22225816.jpg



いっぱい食べてくれました。

今日は、パパは飲み会で居ないので、3人でしたが、久しぶりに楽しく食事をしました。


そうそう!学校の連絡帳にファイルしてある給食表を見たら、完食マークがい~~っぱい!

すごい!すごい!と私が大興奮でした。

b0244274_233989.jpg



海の幼稚部時代の先生や去年までの先生に、報告したい気分です。

あの「白ごはんのみ」と給食報告されていた海が・・・

うれじい~~(T_T)。

先生、ありがとうございます。感謝です。

額に入れて、飾りたい気分です^^。


今さっき、海を寝かせに寝室から戻ってきましたが、相変わらず、昔の歌手の方の映像が怖いらしく、

ガンガンに電気をつけて、下りてきました。

また、12時ころになったら、リビングの外で、静か~~に海が立ってそう(汗)。

いつも思うけど、よっぽど、この海の姿のほうが、怖いわ・・・(笑)。


家に帰ってきた海は、海ワールド全開で、空と言葉は交わさなくとも、これこれ・・というお互いの声が、

私には聴こえたような気がしました^^。

ある意味、地のままで、よしもとに行けそうだけど・・・。

兄弟で、漫才かな・・・(笑)。

「なんで、今、うんって、言ったの?」なんて、空が、海の質問攻めにあって、

漫才にならないか(笑)・・・。



久しぶりの海に、空も私も癒されました(*^_^*)。

今回は、どんな週末になるかな~^^。



読んでいただいて感謝です。
海が、アイスを食べるのに、
「食べてい~い?」「いいよ。」
の確認を、何回したかな~。
アイス溶けるからっ!って感じで~す。
確認海くんに応援クリックお願いします^^。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-10-19 22:32 | 海のこと | Comments(8)