心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

<   2012年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

先週、パパと想いがすれ違い、なかなか修復することが出来ませんでした。

私は、何日も口をきかない・・・とか、無視をし続ける・・ということが基本的に出来ません。

それは、きっと、普段何でも、パパに言ってしまっているということなんですよね。

我慢ができない・・ということなのかもしれません。


一方、パパは、なんとか、私の期待や想いに応えたいと、文句一つ言わず、頑張ってくれているのですが、

きっと、パパの中で、自信を失い、どうすることも出来ずに、パンク寸前だったんだと思います。


何でも、夫婦なのだから、想いを話してくれたらいいのに・・と私はいつも思います。

でも、やっぱり、ここでもそれが得意な人と、そうでない人がいる・・ということに気づかされます。


私は、想いがすれ違ったときは、何でも話し合っていきたい人。

パパは、ぎりぎりまで我慢して、何も言わないまま(言えないまま)自信を失って、自分を責めてしまうタイプ。


男女の違いもあるのかもしれません。

でも、やっぱり、性格の違い、育ち方の違いが大きいな・・って思います。


先日のブログにも書きましたが、その人が育ってきたルーツを切って考えることは出来ません。

私は、基本、正反対の性格のパパを想うとき、パパの育ってきたルーツを思わずにはいられません。


でも、今回、パパに、私の育ってきたルーツについて、考えたことはあるか?聞いてみました。

もちろん答えは、「一回も考えたことない・・・」でした。

それが、普通なのかもしれません。


でも、今回、その話をして、二人でいっぱい考えました。

パパが、自分が直せない部分がある・・と言うのと同様に、私だって、直したくても、

習慣のようになってて、どうにもならないことがある・・・って。


でも、そのままでいいなんて思わないし、反面教師で直したいって思ってる。

それでも、難しいことって、いっっぱいあるよね・・・って。


パパのお母さんと、私の母をみても、全然違う。

パパのお母さんは、とってもさっぱりしている性格で、ぐちぐち言ったりしません。

それは、大人であろうと、子どもであろうと、孫であろうと同じです。

本当に、パパと私に、全てを任せてくれている(感謝)ので、空と海と過ごすこともほとんどありません。


それに対して、私の母は、孫とどこへでも出かけるし、決してさっぱりではありません(笑)。

でも、そういう母がいてくれるから、空も海も、お泊りに行ったりすることが出来る。

色んな思い出を作ってもらえているんですよね。


どちらがいいとか、悪いとかではなくて・・。

これだけの違いがあるお母さんから、私達は生まれた。

お互いに、母も違えば、父も同じように、まったく違うタイプです。


そんな両親から生まれた私達が、出会って、惹かれて、結婚した。

パパも、自分の親で、嫌だったところを反面教師にして、子育てをしたいと思っていた。

もちろん、素敵なところは、引き継いで・・・。


私も、そう思いながら、子育てをしたいと願い、日々を私なりに頑張っています。

でも、お互いに、反面教師にしたいところが、意外と難しいのです。

だからって、同じでいいや・・・って諦めたくないよね・・という話になりました。


結婚して、家族が増えて、日々は、もう本当に色々あって大変だけど、

上手に直したいところも、直せなかったりするけれど、何度も何度も、考えたり、話したり、

反省したりしながら、私達の家族のかたちを作っていくんじゃないかな・・って。


お互いに、疲れてしまうほど(笑)、いっぱい話しました。

きっと、これからだって、同じようなすれ違いで、同じように傷ついてしまうかもしれません。

13年経ったって、お互いに知らないところも沢山あって・・・

自分の「正しさ」を相手に押し付けてしまうこともあって・・・

醜いところを、お互いに見せ合ってしまうかもしれないけど・・・


それでも、もう一回、向き合おう。

気づかなかったことに、気づけるかもしれないから。


高校生の頃は、恋愛や、愛の唄の深みに気付けなかった。

なんとなく、メロディーに惹かれて、なんとなく歌詞を感じて歌っていた。

でも、今は、あの頃気付けなかった歌詞の深さに気づいたりして、なんて深い歌なんだろうって、

感動しちゃったりしている。


きっと、私達夫婦も、家族も、すれ違いを通して、見えていなかった大切なことが見えてくるのかも

しれない・・・と思いました。

パパも、そう感じてくれたようでした。


「疲れちゃったね・・・」と、パパと笑い合えたこと。

私も、自信なくなっちゃうときがあるけど、やっぱり笑い合えることは、幸せなんだ・・・って

心から思えました。


私達夫婦は、まだまだです。

でも、空と海は、私達を選んでくれた。

お互いに、お互いを想いやれる家族になれるように・・・

今回のすれ違いを無駄にしないようにしなくっちゃ・・・と思いました。


空と海には、悲しい姿を見せてしまったけれど、中学生になった空には、

こんなときもあるんだっていうことを、わかってもらえたような気がしました^^。


今朝、学校に持って行っていない空の携帯が、ずっと鳴っていて、メールがきてるけど、

空は学校へ行ってしまったので、とりあえず止めようと携帯を開いたら、待ち受け画面が・・・

海でした(*^_^*)。

b0244274_23341867.jpg



海は、幸せね・・・と思った母でした。

時々、大きくすれ違ってしまうパパとママは、空の優しさと、海のピュアな心に、いっぱい救われています。

ありがとう。空と海・・・。



読んでいただいて感謝です。
海が、ザトウクジラを英語で言える!と
自信たっぷりで言いました。
すごい!言ってみて!とお願いしたら、
「ザトュ~ クズィ~ラ~!」と一言。
パパと大笑いしました^^。
応援クリック励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-08-31 00:16 | 夫婦のこと | Comments(6)
空の学校が、今日から始まりました。

長い夏休みも終わり、昨日の夜は、何だか空はバタバタとしていました。

いや、きっと、空だけではないはず・・・。(・・と信じたい^^)

宿題の最終確認をしたり、忘れ物がないように支度をしたり・・・。

さすがに、中学生なので、いちいちチェックもしませんが、

(忘れて怒られても、自分の責任です!・・っていうか、小学生の頃も、チェックしていなかったけど(笑))

保護者が感想を書く宿題が二つあって、夜、書いていた私です。母がダメじゃん!


その内の一つは、夏休みのしおりの中にあって、子どもが夏休み、親からみて、どう過ごしていたか・・という

感想を書くのです。

空の学校だけかもしれませんが、けっこう新鮮というか、驚き・・・でした。

中学生なのに・・・。中学生だから・・・?

ほとんど部活だったし、たまのオフは、友達と充実して過ごしていたので、褒めておきました(笑)。


その他に、子どもたちがアンケートに答える感じの形式で、夏休みを、どう過ごしていたか・・・という

ことを、結構細かく選んで書くようになっていました。

ふと、空が書いたそれに、目を通していたら、は~~~?という答えを発見!

夏休み、どんなところで、よく遊んでいたか、3つ、マルをつけなさい・・・という質問。

選ぶ欄には公園、空き地、校庭、家のまわり・・・とかいっぱい書いてあります。

その中に、ゲームセンター、繁華街なんてものまで入っていました。


なんと、繁華街にマルがつけられていました!

繁華街ってあなた・・・(-_-) しかも、よく遊んでる?

だいたい、ここら辺近辺で、繁華街って、どの辺のことを言ってるの?と疑問が湧いてしまうほど、

まわりは、海ですけど・・・。


で、マルをつけた本人に聞いてみました。

「ねえ、空、この繁華街にマルしたのは、何で?」

「え?なんとなく・・・っていうか、繁華街って何?商店街?」


おいおい・・。空さんよ~。

そりゃ~、すんごい賑わっている、大規模な商店街なら、間違いではないでしょうよ・・・

しか~し!この辺じゃ、そんな商店街なかなかないですわ・・・。

しかも、繁華街って何?はないでしょうよ~。マルしておきながら・・・。

わからないのに、何で、マルをつけたんじゃい~(;一_一)。

少なくとも、この辺の商店街は、繁華街と呼ぶには、ほど遠いですよ・・・。

空さんよ~~(-_-)/~~~ピシー!ピシー!


そして、ゲームセンターにもマルが・・・。

テキトーにも程があるわ・・・(--〆)

たま~に部活がオフのとき、2回だけよ・・と友達とやらせたことは、ありましたが・・・

行ったのも2・3回くらい。しかも、目的はゲームセンターではなくて・・・。

よく遊んだ場所に、ゲームセンターを選んだ空さん・・・。

一応、「なんで?」と聞いてみた。

「なんとなく・・・」


おいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおおいおいおいおいおいお~い!

なんとなくで、選ぶんじゃないわ~~~~~~い!

繁華街とゲームセンターが、よく遊んでいた場所だなんて、ありえな~い!


たまたま、私が、発見したから良かったものの、そのままで学校に持って行ったら、

「空くん、今日、ちょっと残ってもらっていいかな・・・」に決定~!ですよ・・・。


本当にそうなら、諦めもつくけど、行ってないです~~~!

なんとなく・・・にも、残念・・・。

繁華街って何?にも、残念・・・。

そして、いつもいつも、繁華街で遊び、ゲームセンターにいるってことが、どんなことかのイメージが

できない・・・ということが、残念~~!


空らしい・・・といえば、そうなんだけど・・・。

それじゃ済まされないのですよ・・・ということを空にガツン・・と伝えました。


明日から、普通の空弁スタートです!

お弁当を、教室に置いておけるので、かなり安心。

期末テストまで、あと1週間です。

こちらは、かなり不安です~~(>_<)。


なんとなく・・・でテストの答えを書かないように、しっかり言っておかなければ・・・(;一_一)。

色んなことが残念な空ですが・・・(^_^;)、先日、私が悲しみのどん底にいるとき、

空は、私の頭をよしよしと撫でてくれ、何回も「お母さん、もう、泣かないでいいよ・・・」と

言ってくれた優しい空でした。(アフターフォロー♪)


息子に胸キュンの母でした♪

空には言わなかったけど、その「よしよし」は、いつか好きな子が出来て、お付き合いしたら、

その彼女にやってあげてね・・・と密かに願ってしまったのでした。

女の人は、「よしよし」に弱いの♪(私だけ・・?)


さ、明日から、お弁当がんばろ・・・と思いましたが、おそらく、ほぼ夕食の残り物になりそうです~。

ハワイに行った学生時代のお友達が、以前もらって、めっちゃ美味しかった調味料

(ハーブソルトのような、なんとも美味しい魔法の調味料です)をお土産にくれました。

b0244274_2230525.jpg


今日は、その調味料を使って、夕食を作りました。

鶏の手羽元に、ONOを振って、なじませ、オリーブオイルとニンニク、お酒、はちみつを混ぜたものを

更にかけてなじませ、オーブンで焼いたら出来上がり!

b0244274_22314820.jpg


美味しかった~!しばらくONOが手放せなくなりそうです^^。

b0244274_22324934.jpg


明日は、これらがお弁当に変身~~です(笑)。

また、ちくわ買っておかなきゃなぁ~・・・(^.^)。



読んでいただいて感謝です。
一日の勉強時間に、7時間と書いてあり、
嘘をつけ~い!と訂正させました(-_-)。
空くん、期末テスト頑張って~!の
応援クリックお願いします^^。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-08-30 00:41 | 空のこと | Comments(4)

「幸せ貯金」

先日、最近会っていなかったお友達から、久しぶりにメールが来ました。

会ってはいなかったのですが、私のブログを読んでくれていて、(辛かったときのブログを読み、)

励ましのメールをくれたのです。

いっぱい励まされる、あたたかいメッセージを送ってくれたのですが、その中に、とっても素敵な

メッセージがありました。

彼女に、承諾を得たので、少しだけ載せたいと思います。

彼女も、精神的にきつかったようで、体調を崩していたみたいでした。

「今、これだけ苦しみ、悲しい日々があるのは、幸せ貯金をしているからと思うようにしているの。

色んな苦しみに、頑張って耐えたら、いつの間にか幸せ貯金が貯まっているように思う。

その貯金を思う存分使える日まで、頑張ろうね!」というメッセージでした。


「幸せ貯金」・・なんて素敵な考え方なのかしら・・・。

そして、思う存分、幸せ貯金を使えることを、想像したら、すごく幸せな気分になりました。


すぐに、彼女に返信をしました。

「幸せ貯金・・・」なんて、なんて素敵なの!って・・・。


そうしたら、また、すぐに彼女から返信が来ました。

そこには、「幸せ貯金」にまつわる、素敵なエピソードが書いてありました。


実は、彼女も「幸せ貯金」のことは、人に教えてもらった・・・と。

友達でも、知り合いでもない通りすがりの人に、教えてもらったんだそうです。

精神的なことから、体調を崩し、電車で過呼吸になってしまい、

ホームで泣きながら立ちすくんでしまった彼女。

そこに、見知らぬ人が近づいてきて、こう話してくれたんだそうです。


「あなたは、見た目では気づかれにくい。

きっと、明るい子とか捉えられているのでは?

でも、きっと、人には見えない苦しみを抱えて、生きているんだと思う。

今は、幸せ貯金を貯めているんだよ。

あなたを何もしらないけれど、これだけ苦しんでいるのだから、貯金が貯まって、きっと老後には安泰だよ。

使いきれないくらいにね。」と言われたんだそうです。


彼女は、エンジェルかと思った(笑)!と。

見ず知らずの人に、助けられたの・・・と書いてありました。


人の出逢いは、やっぱり運命を感じます。

きっと、神様が、辛かった彼女に用意してくださった、あたたかなサプライズ。

苦しかった彼女の心に、一筋の希望を与えてくれた。

彼女からのメールを読みながら、私も彼女同様に、エンジェルだ!と思いました(*^_^*)。


彼女の運命的な出逢いによって、今度は、私が希望をもらい、元気が出ました。

人との繋がり・・・それがもたらす幸せの連鎖。

悲しいニュースが多い世の中だけど、あたたかい世界に希望をもてるような気持ちにさせてもらいました。

そんな幸せな気持ちをもらったら、今度は、私が繋げなくっちゃ。

そして、私は、このブログを通して、「幸せ貯金」を伝えたい・・と思ったのでした(*^_^*)。


ちょっと辛かったり、苦しかったりが多いけど、貯まってる、貯まってる、幸せ貯金^^。

本当のお金は、全然貯まらないけど(笑)、幸せ貯金は、今なら、いっぱい貯まりそうです。ふふふ^^。


さて、先日、空の友達が泊まったときに出した、中華風炊き込みご飯のレシピのリクエストが

あったので、載せますね。

とにかく、私、目分量で、おおざっぱなので、細かくなくて、申し訳ないのですが・・・。


「中華風炊き込みご飯」

<材料> お米3合分

・チャーシュー (私は、その日スペアリブを作ったので、それを入れました。)量はお好みで。

・にんじん 小さいのを1本

・干ししいたけ スライスした小さめを15枚位(笑)?(すみません、適当で・・)

干ししいたけは、水でもどしておく。戻し汁も使います。捨てないでね!

・干ししいたけの戻し汁 大さじ4杯

・干しえび 大さじ2杯

・醤油 大さじ2杯

・練りタイプの中華だし (うちは、Cook Doの香味(シャンウェイ)を使ってます)

小さじ2杯を、熱湯100ccで溶いておく。

・すりおろししょうが 10gくらい

・すりおろしにんにく 1かけ~2かけ(お好みで)

・オイスターソース 大さじ1杯


その他、お好みで、しめじや揚げなど、入れても美味しいと思います^^。

最後に、枝豆をいろどりで飾りましたが、なくても全然問題なしです。


<作り方>

・お米を研いでおく

・醤油、オイスターソース、熱湯で溶いた中華だし、しいたけの戻し汁を、全部合わせて混ぜる。

・チャーシューは小さな角切り、にんじんは、細切りに切っておく。

・研いであったお米を、ジャーに入れ、合わせた調味料を全部入れて、3合の目盛まで水を入れる。

・しょうが、にんにくを入れる

・チャーシュー、にんじん、切った干ししいたけ、干しエビを入れて、普通に炊く。


とっても簡単なので、作ってみてくださいね^^。

おこげもいい感じで出来て、美味しいです^^。



読んでいただいて感謝です。
心にゆとりがあるときは、
小さな幸せの積立もしたいな^^。
悲しいときに貯まる、自然な幸せ貯金と
合わせれば、いっぱいだ~!わいっ!
応援クリック、励みになっています。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-08-28 23:20 | わたし&お料理 | Comments(4)
一週間前、我が家の冷蔵庫が壊れました(T_T)。

夏なのに~~~(T_T)。

冷蔵庫は、少し冷えているんだけど、冷凍庫が全然だめ。氷がまったく出来ません。

一回、全部、冷凍庫のものを出して、電源を抜き、一日放置してから、電源を入れ直すと復活する・・と

パパが調べて教えてくれ、やってみましたがダメでした・・・(T_T)。


まあ、結婚したときに買ったものなので、13年は経っています。

そろそろ、ダメになるころか・・・。

夏に冷蔵庫がないのは、大ピンチ!

慌てて、家電量販店に買いに行きました。

(あ~、大きな出費だわ~(T_T))

今のところ全部、泣きの顔文字だわ・・・(笑)。


お値段も、まあ、立派・・・(T_T)。

ゆっくり選んでいる時間もないけれど、値段が少し気になるので、二つのお店に行きました。

後から行ったお店の方が、家からは遠いのですが、スタッフの方が、とても対応が良く、お値段も

最初のお店と同じにしてくれるというので、ほぼ決定!


でも、一軒家の我が家は、2階に冷蔵庫を置くので、玄関の間口のサイズや、階段を通るかなどの

見積もりをしてもらわなくてはならず、あ~、冷蔵庫はいつ来るの~~(T_T)。

上がらなければ、クレーンを使うしかなく、そうしたらすごくお金がかかってしまう(T_T)。

なんとかクレーンを使わずに、上がらないかな~。2万円以上するらしいのです。クレーンだと(T_T)。


次の日、お店と提携している搬送屋さんが、見積もりに来てくれました。

ちょっと見て、「あ、無理ですね、クレーンですね・・・」と言われるんじゃないかと、ドキドキ・・。


搬送屋さんはお二人。

笑顔も素敵!

でも、何より素敵だったのは、とにかく親切で、汗だくになりながら、何とか通らないかと、

一生懸命、一生懸命、時間をかけて考えてくれたのです。


引っ越しのときは、ものすごい早く、無理だと結論を出されて、外から入れました。

でも、今回は、手すりの一部を外して、電気カバーを外せば、入りますよ^^!と言ってくれたのです。


とっても気持ちが良かった。

こんな風に対応してくれたら、長い時間かけてクレーンだったとしても、全然嫌な気持ちにならないな・・て

思いました。

むしろ、感謝したと思います。


お客様相手のお仕事は、とっても大変だと思います。

でも、「誠意」は、伝わる。

搬送屋さんから、真心をこめる大切さを、改めて学ばさせていただきました。


見積もりしてもらった次の日に、お店に行って、決めました。

「とっても、親切な、素敵なお二人でした^^。」と、家電屋さんのスタッフに伝えました。


サービス業は、もちろんですが、仕事だけではなく、日々の暮らしの中で、人と接していくときに、

「笑顔」と「誠意」は、人の心を、あたたかく、柔らかく、優しくしてくれる魔法みたい!と思いました。


昨日の7時過ぎに、冷蔵庫が設置されました~(T_T)。

嬉しい~(T_T)。

「すごい!冷えてる~!」と感動してしまった私でした(笑)。



部活が半日だったり、買ってもらったりして、お弁当の写真がたまらず、久しぶりです~。

相変わらず、夏の部活の空弁です。

b0244274_238414.jpg


b0244274_231020100.jpg


b0244274_23115876.jpg


b0244274_2313696.jpg




今朝、私が起きたら、「お母さん、どうぞ!」ってすぐに描いた絵を渡してくれた海です。

b0244274_23143390.jpg


「や~ん、嬉しい!海、ありがとう~!」と抱きしめました。

けれど、夕方と夜は、別人の顔になった海で、またまた私が泣きそうでした。激しかった(T_T)。

そして、寝る前には落ち着き、小さい頃から変わらない目線で、カーズの仲間たちと遊んでいた海でした。

クルクル・ミラクルの海です・・・。

b0244274_23154730.jpg




読んでいただいて感謝です。
さて、今回のブログの中に、
(T_T)は幾つあったでしょうか?
応援クリック、励みになります^^。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-08-27 23:28 | お家のこと | Comments(6)
毎日、本当に暑くて・・・。

そんな暑さの中、空は、部活でサッカーです。(倒れないで・・祈るのみです)

海は、朝から、叫んでいます。

「なんで、<ん>が上手く書けないんだ~!!」クッションを引きちぎりそうな勢いで・・・。


昨日も、夏休み中2回ある登校日で、私にリュックを持った?と確認されたことが耐えられず、

学校に行く途中の車の中で叫ぶ。

学校に着いてからも、「学校は嫌いだ~、先生がいっぱい、緊張するんだ~!」と叫んで、

学校の玄関で、海に挨拶して下さる先生に、「学校はきらいだ!」と一言。

中で挨拶してくださった先生にも、「学校はきらいだ!」と一言。


怒りマックスで、廊下を歩き、怒りの言葉を吐きながら・・・。

教室の前に着くと、聞きとれなかったけれど、叫んで、怒って、うわばき袋を思い切り投げました。


久しぶりの学校なのに・・・。

久しぶりの先生との再会なのに・・・。

久しぶりのお友達との再会なのに・・・。


悲しい気持ちを抱えながら、私も教室に入り、先生に状況を報告。

担任の先生が、アドバイスを下さいました。

「ブログ読んで・・・夏休み、大変だったね、お母さん。

海くんは、今はとにかく自分で決めて、自分で行動したいんだと思うの。

失敗しても、オッケー。自分で責任をもたせましょう。

そうしていかないと、このままだと、家族が崩壊してしまうから・・・。」


まったく、その通りだと思いました。

弱音ばかり吐いてしまって、情けないけど、海の感情の激しさと、難しいこだわりに、

私がパンク寸前なんだと思います。

今にも、パンクしてしまいそうなタイヤで、だまし、だまし、走っている感じです。


同じクラスのママ友にも、「出来るだけ、私が確認をしないで、指摘も極力控えてあげたほうが、

いいかもしれないね・・・。」ってアドバイスをもらいました。

確かに・・・。

指摘はなかなか難しいけど、ちょっとしたことも、強い刺激と捉えてしまうから・・・。

でも、確認(チェック)は、確かに、私が最終確認をすることも多いので、減らすことはできる。


先生とママ友のアドバイスに感謝して、今日、意識しながら過ごしています。

朝は、私が泣きそうな激しさだったけれど、、、何とか、今のところ穏やかに過ごしています。


今日は、24時間テレビです。

私は、毎年、楽しみに観ています。

毎年、観ながら涙してばかりだけど、忘れかけている感謝や、小さな幸せ、生きるということ、

沢山のことに気付かされてもらっています。


24時間テレビの、今年のマラソンランナーの、佐々木健介・北斗晶ファミリーは、私の憧れの家族です。

明るくて、あたたかくて、いつもテレビで観ながら、素敵だな~と、こちらまで笑顔になります。

マラソンのスタート前に、佐々木健介さんが、「家族」に対する想いを語っていました。

「自分が子どもの頃、父親とうまくコミュニケーションがとれなかった。

厳しくて、怖い父から、自分は可愛いと思われてないんじゃないか・・って感じていた。

親と手をつなぎたかった、抱きつきたかった。

そして、そんな想いも伝えられないまま、父が亡くなり、その後に、奥さん(北斗晶)に出会って、

明るい彼女に、いっぱい救われた。そして、自分が、してもらいたかったことを、自分で家族で叶える」と。


彼の生い立ちの中に、感じてきた悲しみがあり、きっと、その当時は、いっぱい涙を流したんだと

思います。

でも、その悲しみがあったから、今のあたたかいファミリーへとつながったんだな~と。

長い長い、悲しみのあとにある幸せは、観ている私にも強く届いて、涙が止まりませんでした。


そして、そのあとに、若くして乳がんで亡くなったお母さんと、今、4年生の娘さんの話にも、

涙が止まりませんでした。

亡くなる前に、小さな娘さんに、丁寧に鰹を削るところからお味噌汁を作ることを教え、

その約束を4年生の彼女が、今もずっと、毎日守り続けていること。

そして、お母さんから歌う楽しさを学び、お母さんの大好きな「ハナミズキ」の唄を、

可愛らしい笑顔で歌っている娘さんの映像は、胸がいっぱいになってしまいました。


もう、泣いているばかりの私を見て、海が、私に言いました。

「お母さん、泣いてるの?何で泣いてるの?」

「この女の子が小さいときに、お母さんが、亡くなってしまったんだって・・・」


そしたら、海が、私のそばに寄って、こんなことを言ってくれたんです。

「おかあさんは やさしいから・・・

おかあさんは つよいこころがあるから・・・

おかあさんは ハートがいっぱいあるから・・・」

そう言って、涙を流す私をハグしてくれました。


辛いな~って思うことも、いっぱいあるんだけど、

涙が止まらないことも、いっぱいあるんだけど、

時々、海から出てくるハートフルなことばや行動が、あの海の叫びや怒りを、まるごと忘れさせてくれる。

そして、お母さんになれて良かった・・・という気持ちにさせてもらえる。私を優しくしてくれる。


思いがけないプレゼントには、大きな幸せのリボンがかけられているんだと思います。

リボンをほどく瞬間を、これから幾つ味わえるんだろう・・・。

そんなことを想いながら、生きていけたらいいな・・・。


24時間テレビを、空と海が、こんな恰好で観ていました^^。

b0244274_022481.jpg



読んでいただいて、とっても嬉しいです。
24時間テレビを観る時は、大きなタオル
を持って観ないと・・ですね(T_T)。
応援クリック励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-08-26 00:28 | 海のこと | Comments(6)
小さな頃から泣き虫なのですが、涙が溢れてきてしまう一日でした。

悲しい涙と、想いが伝わりすぎて、胸がいっぱいになる涙、嬉しい涙。

一日、泣いてしまいました。


昨日の夜、パパと想いがすれ違い、どうしても想いをお互いに受け入れることが出来なかった。

修復しようとしても、どうしても修復できなくて、どうすることも出来ませんでした。

パパがいてくれるから、私達は暮らしていける。

わかっているんだけれど、どうにもならない悲しみに、胸が押し潰されそうになって・・・。

子ども達の前では、泣かないって思っていたけど、出来なかった。

少しずつ、お互いの想いが、ゆっくりでもいいから、溶けあっていけたらいいなって、願っています。


先日、私の姉から紹介してもらった本があります。

「きみはいい子」 中脇初枝 著/ ポプラ社 です。

一つの町を舞台に、いくつかのお話が入っているのですが、みんな抱えている苦しみ、悲しみ。

その中で、日々を生きている。それぞれの毎日の中で、心を溶かしてくれる人に出逢っていきます。

自分が生かされている意味、自分の存在、苦しい中での救い。

そんな、あたたかいドラマが、あまりにリアルで、胸に突き刺さり、あたたかさが心に浸透してきました。


幼稚園、保育園、学校の先生、小さな子をもつママたち、自分の過去に大きなトラウマを抱えている人、

障害をもつ子がいるお母さん、もちろんお父さん、孤独を感じている人、苦しみ、悲しみを抱えている人たち

みんなに、読んでいただけたら・・・って心から思えた、素晴らしい一冊でした。

全てのお話に、涙が溢れてきました。


夕方、不妊治療を頑張っていた友人から、久しぶりにメールがきました。

赤ちゃんを授かり、7か月になったと!

彼女の耐えてきた悲しみ、苦しみ、心の痛み、同じ経験をした人以外にはわかってあげられない想いを、

彼女は乗り越えてきた。

そして、授かった小さな命。

妊娠がわかった時には、涙が止まらなかった・・・とメールに書いてありました。

そして、その幸せに満ちたメールを読み、私も涙が溢れました。


まわりの人が見たら、明るい人ね・・・って思うような人も、

上手に愛を表現出来ない人も、

自分なんて生きている意味がない・・と感じている人も、

想いとは逆の行動をとってしまう人も、

悪口を言うことでしか、抱えたものを外に出せない人も、

その人のルーツを辿ると見えてくるものがあって、それが大人になって、苦しみとなって抱え込むことになる。

みんな誰しも、どうすることも出来ない、人には話すことも出来ない悲しみを抱えながら、

かき消すように、記憶から消すように、生きているのかもしれません。


でも、そんな悲しみに、気付いてくれる人が、必ずいてくれる。

無理に、かき消すことなんてしなくていい・・と言ってくれる人がいる。

きみのままでいい、きみは素晴らしいんだ・・・と言ってくれる人がいる。

そして、自分を必要としてくれる人がいる。

そんな出逢いが、人を幸せにしてくれる。


悲しみの涙が、いつか喜びの涙に変わって、笑顔でいっぱいになるように・・・。

私も、全然、気づけないけど、でも、やっぱり、人の悲しみに気づいてあげられる人になりたいです。

だから、悲しみを悲しみのままで終わらさないように、その悲しみから、人の痛みに気づける人に

なれるまで、修行。

いっぱい泣いたから、明日は笑います。

子ども達のために、パパのために、そして、私自身のために・・・(*^_^*)。



読んでいただけて感謝です。
私の涙の蛇口をひねって止めて
くれたのは、空と海の笑顔でした。
明日はおひさまママになります^^。
応援クリック励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-08-23 22:34 | わたしのこと | Comments(8)

沢山の方の愛に感謝!

19日から一泊で、家族で伊豆へ行ってきました。

昨日、夜中に帰ってきました^^。

一昨年、行ったホテルがお気に入りで、今年は、ほんの少しだけ場所を変えて、

新たにリニューアルオープンされ、優待券もいただいたので、行くことにしました。


そのホテルの一番のお気に入りは、お部屋で、24時間温泉が楽しめることです。

かけ流しなので、何回でも、きれいな温泉に浸かれて、しかもすぐに入れるので、

とにかく、何度も楽しめます。

海のことを心配することもなく、入りたい時に、入りたいだけ、ゆっくり浸かれることが、最高にハッピーです。


今年は、空も大人料金になり、コネクティングルームにしていただけて、お風呂も二つ。

大きなテレビも二つ。ベッドも4つ。そして、何もかもが、ピカピカ(*^_^*)。

お風呂にゆっくり浸かりながら、あまりのピカピカと光る美しさと、究極のリラックスに、

「ふぁ~~~」と声を出してしまいました^^。

b0244274_17243419.jpg



大きなお風呂も、もちろん大好きですが、誰にも気を遣うこともなく、ゆっくり入れる・・・ということは、

精神的に、大きなリラックスにつながるな~と感じました。


本当は、一か所行ってみたかったカフェがあったのですが、ちょっと遠いので、今回は諦めて、

まるまる二日間、子どもたちが大好きな、伊豆海洋公園 磯プールに行ってきました。

とにかく、海が目の前のプール。・・・というか、海と一体化している感じです^^。

こんな感じです!

b0244274_17263680.jpg



夏は、物凄い暑さなので、プールや海が一番!

水族館とかもいいけれど、案外、外を移動したりすると、暑いんですよね。

水の中に浸かっている子どもはもちろん、大人もみんな、見ていると笑顔だなっていつも感じます。


毎年、夏は、近場ですが、一泊ででかけています。

とにかくプールがあるところを探します(笑)。

去年までは、海は、浮き輪でひたすら浮くスタイルでした。


しかし、今年の海は、違った!

学校で、丁寧に指導していただいた成果が!でた~~~~!

大きなプールだし、まあ、いつもみたいに浮き輪で、浮かんでいてくれたらいいわ・・・なんて思っていたら、

慣れた手つきでゴーグルをして、確かに、水深はめっちゃ浅いプールですが(笑)、浮き輪なしで、

いきなりダイブしました!


初めて見ました!

すごい!すごい!

泳ぐことは出来ないけれど、顔からビヨ~ンと体を伸ばして、浮いている。


空と私は、初めて見たんですよね。

海の、水中に潜り、浮く姿を。

「すげ~!海!まじ、すごいじゃん!」と私以上に、空が興奮していました。


そして、海は、プールに滑り台があっても、見向きもせず、うっかり「やって見る?」なんて聞こうものなら、

「やだ~~~~」と叫んでいた海です。

その海が・・・

b0244274_1728548.jpg



信じられません!頭からダイブしたのです。

大仏のような格好をして滑ったり、浮き輪の上に乗っかって滑ったり、一日200回はやったんでは

ないでしょうか・・・(笑)(驚)。

こっちが目がまわるくらい(@_@;)。

小さな子どもに混ざって、それはそれは生き生きと。


・・・とここまでは、一見、普通なのですが・・・

滑る度に、「強い男になりたい~!」「強いです~!」「こむすびあげます~!」「パトロールします!」等など、

それは、それは、意味不明なことを、大きい声で叫んで滑るので、ライフセーバーの方達も、

クスクス笑っているし、滑り台の下で、待ちうけている大人たちも、ん?と海を見ながら、

不思議そうな顔。

小さな子どもも、そんな人が、どこにもいないので、とりあえずびっくりして、海をチラッ!


でも、ギリギリ、迷惑はかけていないかな・・・と思い、あまりに大きな声で叫んでしまった時は、

海に、大きな声は、みんながびっくりしてしまうから出さないでね!と何回か伝え、

意味不明なことを、ものすごい興奮したテンションで言ってしまうのは、許して下さい・・・。

そんな感じでした。


誰かに、不快な思いをさせたり、その不思議さを聞かれたら、いつでも私は海のことを伝える準備は

出来ているので、あまり敏感にならないようにしていました。


まわりの子ども達のなかで、確かにあれ?っていう存在。

でも、今までの海とは別人。

こんなにも生き生きした姿で、笑顔で、自信に満ちた顔で、プールを楽しんでいる。

泣きそうなくらいの感動を、今、この瞬間を、味あわせてもらおう・・・。そう思いました。



そして、ここのプールの、もう一つのお楽しみは、アジのつかみどりです。

プール(海水をひいています)に、アジをいっぱい放して、そのアジを捕まえられた人は、焼いてもらい、

食べることができるのです^^。

一昨年は、空がゲットして、みんなで分けていただきました。

海は、やるはずもなく(笑)・・・。


しかし、今年は、これまた違いました。

自分から「やる!」と言って、参加しました。

とにかく、泳ぎまくる魚を、素手で捕まえるのは、とっても難しいことなので、

海には、やっぱり難しすぎます。

しかし、今年も、空がゲットしました!

(空、ありがとう~!)

空のおかげで、今年も、焼いていただきました^^。

b0244274_17291416.jpg


b0244274_17301981.jpg



一日目、海はアジを獲れなかったからか、二日目はやらない・・・と言いました。

無理にやらせるつもりはないので、いいよ^^と私と一緒に、アジが放されるプールの端に座っていました。

すると、海は、ゴーグルをかけ、「ダイビングする。(ダイビングを最近覚えた)」と

みんなギャーギャー言いながら、魚を捕まえることで必死な人達のなかに、一人潜って、

逃げ泳ぐアジを見るという・・・・(笑)!

そこのプールは一番浅い、水深20センチくらいの深さ。


ここで、ダイビングして、魚を見た人は、海が最初かもしれないね^^。

魚を獲った人に、袋をあげるスタッフの方がいるのですが、そのお兄さんに、何回も何回も、

「あのね、ぼく、ダイビングしたよ!」と報告していました。


何回も報告してくる海に、意味もわからず、苦笑いしながらスルーするしか出来ないお兄さん。

すみませ~ん。

海に、おいでっ!と慌てて呼ぶ母でした(笑)。


その他にも、深いプールで浮き輪をつけて浮いている海は、なぜか、「こむずびをあげますよ」と

また始まり、おにぎりを握る真似をして、「はい、こむずび!」を渡す遊びの繰り返し。

まあ、誰にも聞こえてはいないし、不思議がる人もいないので、何回でも付き合いますよ・・・と

こむすびを50個くらい、いただきました(笑)。


それが飽きてくると、「お母さん、こまっている人がいません・・・」と助ける気満々(笑)。

(困っている人、そんなにいたら、大変なのですよ~海さ~ん)

仕方ない、私が、困るわ・・・。

ライフセーバーの人に、聞こえないくらいの声で、「助けて~」と私。

浮き輪で、物凄い時間かけて寄って来て、「助けます!」と海。


完全に、私が、海を助けている絵だけどね・・・。

しかも、助けた私をプールの端に連れて行きたいらしく、結局私(私も浮き輪)が、ものすごい頑張って、

足を動かして、海に引っ張ってってもらっているように泳いで、こっちはヘトヘト。海は満足顔。


これは、こむすび遊びのように何回もできませぬ・・・と、「パパと遊んでおいで」とバトンタッチ。

母、疲れ果て、しばし、日陰スペースござの上で、おやすみなさい・・(-_-)zzzでした。



子どもの成長は、本当に、驚くばかりです。

あんなに、偏食だった海が、学校や、デイサービスの食事も完食できる日もあるくらい成長しました。

そして、顔に水がかかるのも怖かった海が、「もぐりたい、もぐりたい!」と口癖のように言い、

本当に潜れるようになりました。


無理をさせないこと、そして、そのときを待ってみること。

楽しみながら、本当に少しずつチャレンジさせてあげること。

このことを、私一人で頑張ってみても出来ません。

同じように感じ、同じ想いで、海に接してくださる方がいてくださることで、初めて、成果が出てくる。


海の笑顔、自信に満ちた表情、生き生きした姿を、海の心に寄り添ってくださる全ての方達に、

見ていただきたいと感じました。

でも、見ていただくことは出来ないから・・・

私からお礼を言わせてください。


海を応援し、見守り、海の心に寄り添ってくださる方達に・・・

「ありがとうございます(*^_^*)。」

ブログを通して、応援してくださっている方たちにも、心から感謝しています。

これからも、海の成長を一緒に見守っていただけたら嬉しいです。


昨日は、家に着いた時間が遅かったので、海は絵を描きませんでした。

今朝、あんなに遅かったのに、早起きして、当たり前のように、宿題をやって、

そして、昨日の分の絵を描きました。

b0244274_17315367.jpg



旅行に連れて行って良かったな~と、海の絵を見て思いました^^。

今日は、私は、お家でゆっくりしたいと思います。

(空は試合、海は、デイサービスに行きました)

夕方、おそろしい洗濯物が「畳んで~」と待っていますから^_^;。

さすがに、海も、いつもの倍くらいあるタオルの洗濯畳みにうんざりするかな…(笑)。

励ましながら、一緒に頑張ろう~っと・・・。


↑↑
昨日、この記事を更新して送信しようとしたら、何故か送信できませんでした(涙)

海は、昨日の夜から、熱が出て、お腹も痛いらしく、耳も痛そうで、病院に行ったら、

中耳炎&扁桃腺真っ赤&胃腸炎のトリプルでした。

ちょっと、プールではしゃぎすぎたかな・・・。

夕方、少し元気になりました。

猛暑きついですね。皆さまも、どうぞご自愛下さいね。

↓↓↓
読んでいただき感謝です。
パソコンに強い人が、
羨ましいアナログ母です。とほほ。
応援クリック励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-08-22 17:46 | 海のこと | Comments(4)
空の先輩と同級生が二人、昨日、泊まりにきました。

昨日は、空は、部活があり、午後練がなくなり、午前練になったからと、サッカー部の先輩や友達と、

プールへ行きました。

まあ、エネルギーがあるわ・・・と驚くばかり・・・。

元気なことは、幸せなことなので、微笑ましいことですが・・・^^。

若いって、素敵♪


昨日から、パパは休みをとっていて、来週火曜日まで休みです。

なので、昨日は、海もデイサービスにお願いしなくても良かったのですが、

買い物もあるし、ずっと家にいるよりは、デイサービスで楽しませていただいた方がいいかな・・と

お願いしていました。


夕方、海が、デイサービスから帰る時間が近づくと、無意識に、いつも私は緊張してしまいます。

海が、どんな感じで帰ってくるか、ドキドキしてしまうんですね。

元気に帰ってきても、玄関を一歩入った途端、一気におっこちていくことも少なくありません。


ところが、今日は、パパがいる。

自分でも驚きました。

海が帰る時間が近づいても、ストレスがない。

この安堵感。

こんなに、海の状態に、私は日々ストレスを抱えていたんだと、気付いてしまいました。


何回も、「いや~、全然、緊張がない。嬉しい・・・。」と言ってしまいました。

海が、帰って来て、もちろんパパが迎えに出て(笑)、にこにこでした。

ところが、何分かして、今日の絵を何にするかを考えて、私に報告したのですが、

急に、それが嫌になったのか、(何でもいいのに・・・^_^;)、

「あ~~~ん、やっぱり、それは描きたくないんだ~~~!」と地団太踏み踏み・・・。


やば・・・。

でも、パパとお風呂の時間だったので、「いいよ、いいよ、海の好きなのを描いて^^」と笑顔で言って、

お風呂へ入るように促しました。

お風呂に気がとられたのか、なんとか、気持ちを切り替えて、お風呂に行けました。ほっ(^_^;)。


パパがいて良かった・・・。

私一人だったら、どうなっていたかわからない・・・。


空と先輩、お友達が帰ってきて、海には、説明していたので、混乱することなく迎えられました。

海は、来客があろうと、リビングの往復だけは、やめられません。

夕食が終わって、空たちが、テレビを観たり、ゲームをしたりしているときも、

当たり前に、リビングの往復をしていました。


でも、空が話してくれていたこともあり、そんな海を見ても、何を言うわけでもなく、

走らせておいてくれたので、とっても助かりました。


男の子だから・・とか、女の子だから・・・とは決められませんが、

男の子は、本当に、自然に接してくれるのが、上手だな~と思いました。

上手・・・というか、余計な気を遣わない(笑)のが、いいんですね。


もし、私だったら、何か話しかけよう・・・とか、こんな接し方をしたらいいかな・・・とか、

とりあえず、目が合ったら、笑ってみよう・・・とか、意識をしてしまうと思うんですよね。


これをしてしまうと、海なんかは、逆に辛くなることが多いのです。

薦められたり、変に褒められたり、とてもそういうのに敏感で、親としては、申し訳ない気持ちに

なってしまうのですが、海が崩れる原因になってしまうのです。


女の子は気を遣うことが、上手なので、逆に、海に気を遣ってもらって、おっこちる・・・という

悲しい結末になりかねません(泣)。

なので、空が男の子だったこと、そして、来てくれるお友達も、気を遣わない(笑)男の子だったことが、

幸いしているように思いました^^。

まあ、自然。

単純に、いつもの家族に、人が増えた・・・そんな感じでした。

そのおかげで、海も、とても落ち着いていましたし、いつものように、リビングの往復も出来ました。

海が、空のお友達に、「おやすみなさい~」と挨拶したときだけ、とっても自然に、

「おやすみ~」と言ってくれる感じが、とても心地よく、有難かったです。


うまいものは、「うまい!」、お世辞を言う訳でもなく、変な遠慮もしない。

男の子は、単純でいいですね^^。

でも、結婚した相手には、もうちょっと、気を遣ってよ!と思ったりもしてしまうのですが・・・(笑)。

(勝手ですみません・・・ふふふ)


そんな訳で、一回、夕方、ヒヤリ・・・とする場面がありましたが、海も、とてもニコニコで、

過ごすことが出来ました。


私以外、みんな男子!とりあえず、お肉!そんなメニューにしました。

予想通り、食べる、食べる・・・。

パパも、中学男子に負けまいと、食べる、食べる・・・(笑)。


相撲部屋のおかみさんになった気分でした^_^;。

でも、これが、見ていて気持ちがいい。

男の子いいわ~と、食べっぷりに惚れ惚れしてしまいました。

あと、2品位、多く作っても良かったかも・・・。


・鶏肉の塩麹香味ソースがけ。

・ツナ、水菜、玉子の春雨炒め。

・煮込みバーグ(子どもが来るときは、定番メニュー)

・レタスとトマト、お豆腐のゴマだれサラダ

・じっくり煮込んだ、スペアリブ

・中華風炊き込みごはん(オイスターソースが入っていて、美味しい^^)

b0244274_15344689.jpg


ご飯も、いっぱい炊きましたが、きれいになくなりました!気持ちがいい!


朝も、私の分のパンもあげ、更に、パンを追加して、いっぱいパンを買いこんで良かったわ~と

ホッとしました(笑)。

でも、みんな、トマトが苦手だとかで、私のにしか、トマトを入れられず・・・。

b0244274_15371646.jpg


b0244274_15382438.jpg


もう、私なんて、お腹いっぱいで、とてもお昼なんて食べられない(朝食を食べたのが9時半過ぎ)と

思って、一応、お昼食べられるか、聞いてみたら、「あ、食べられます!」と返事をいただき、

3人分のパスタを作りました^^。

トマトソースがダメだとかで、和風にしました。

食材もなくて、ツナと、ベーコンと水菜です(笑)。

b0244274_1540723.jpg


空が、お昼前に帰る・・・なんて言っていましたが、まったくその様子なし(笑)。

そのあと、一人、友達がさらに家に来ましたよ(笑)。


パパと海は、髪の毛を切りに行って、お昼はいなかったので、中学男子4人と私。

Wiiのゲームを、二組に分かれて対戦していた、男子たち。

卓球の福原愛ちゃんの「サ~ッ!」という掛け声のものまねを、いちいちやっていて、

これがまた、よく似ていて、私は、ブログを書きながら、大笑いしてしまいました。


空の笑い声を、昨日から、いっぱい聞くことができました^^。

楽しそうで、嬉しそうな、空の顔をみられて、私もとても幸せでした。

心配していましたが、きっと・・・ではなく、なんとかなりました(*^_^*)。


夜は、みんなでお祭りに行くんですって・・・。

海も、パパと私と行ってきます。

毎年、一緒に行っている、お友達家族と待ち合わせをして・・・。

その、お友達家族のママは、海の最近の状態も知っていましたし、空の友達が泊まりにくることも

知っていて、昨日の夕方、メールをくれたのです。

「海くん、今日は、どお?空くんのお友達泊まるんだよね?もし、大変な状態だったら、

9時頃まで、海くんを預かるよ。迎えに行くから^^。」とメールしてくれたのです。


心から、感謝をしました。

彼女の優しさが、私の心を幸せで満たしてくれました。

いつも、私がピンチの時に救ってくれる彼女です。

今日は、泣きごとブログになりませんでした。


空も笑顔、海も笑顔、そして、私も笑顔。

空の友達、私のママ友、デイサービスのスタッフ、そして、パパのおかげです。

ありがとう・・・そんな気持ちでブログが書けたことを、いっぱい感謝しています。



読んでいただいて感謝です。
しばらく「サ~ッ!」の声が
頭から離れそうにありません。
おまけに、私まで言ってしまいそうです(笑)。
応援クリック励みになります^^。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-08-18 15:53 | 空&お料理 | Comments(6)
今日こそは、明るい記事を書きたかった・・・。

途中までは、書けそう♪と思っていたのに・・・。

でも、ごめんなさい。

今日も、辛かったんです。

海がデイサービスから帰ってきて、夕方の宿題をして、今日の絵を描いたところまでは、

にっこにこだったのに・・・。

デイサービスから、せっかくニコニコで帰していただいたのに・・・。


きっかけは、私の返事でした。

以前にもあったように、「お風呂に入ってきてね。いってらっしゃ~い!」と海に言われたので、

「は~い!」と言ってしまったのです。

その瞬間に、「あ~~~~~、なんで、はい・・なんだ~~ギャ~~」

(しまった、はい、じゃなくて、いってきますって言って欲しかったんだ。

でも、この前、色んな返事があることを話したばかりだから、間違えではないな・・・と思いました。)


「はい、は嫌なんだ!行ってらっしゃい~!」と海が言いました。

もう一度、やってもらいたかったのでしょう。

「行ってきます。」と私・・・。


けれど、今日は、これでもダメだった・・・。

「ちがう、ちがう、ちがう~ギャ~」


もう、私は脱衣所で、洋服を脱いでいました。

はあ・・・。

今日はSTの先生もいない・・・。空もいない。パパもいない。誰もいない。


リビングのドアが「バンッ!」と物凄い音で閉まったのが聞こえました。

なんか、叫んでいるのは聞こえてきたけど、お風呂に入りました。

湯船に、ゴボゴボと浸かり、大きなため息を吐きました。


たった一回の、文字にしたら、たった2文字の「はい」という返事が、ここまで海をおとしていく。

それが自閉症だと言われたら、そうなのかもしれません。そうなんだと思います。


でも、これは、この先通らない。

「はい」だけが、こだわりなら、まだ許されるけど、いっぱいあるんですもの。

こう言ってほしい・・・という返事の仕方が・・・。


とっても機嫌がいい時は、海に「どうぞ!」と言われて、「どうも^^!」と返事をしてしまったとしても、

「どういたしまして」と言ってもらいたい海は、私が、「どうも!」と返事をしたことを許すことができ、

自分で、「どういたしまして・・・」と言いなおして、納得しようとすることが出来ます。


これは、とってもラッキーなときです。

たいていは、今日のように、暗くて深い谷底におちていってしまいます。


私がお風呂から出てきたら、空が部活から帰って来ていました(そろそろ帰るとよんでお風呂に入ったので)。

空が、言いました。

「お母さん、海、どうしたの?やばかったよ!お母さんのバカ~!」って叫んでいて、暴れてた。

「うん、なんか、また返事の仕方で、おっこちてしまったの・・・。」


私が、お風呂から出ると、気持ちがどうであれ、海はお風呂に入らないといけないスイッチが入るので、

叫ぼうが、わめこうが、パジャマと着替えをもって、お風呂に行ってしまいます。

空が、慌てて、追っかけるようにして、お風呂に向かいました。

空、ごめんね・・・そんな気持ちに包まれます。


窓が全開に空いている、通り沿いにあるお風呂。

リビングにいても、おそろしい声と、おそろしい音が聞こえてきました。

警察呼ぶ人は、どうぞ呼んでください・・・・

そんな投げやりな気持ちになっていました。


悲しい気持ちで、夕食を作りました。

お風呂からあがってきた空が、げんなりして、私に言いました。

「お母さん、海、ダメだ・・・・。湯船では、足をドンドンするし、お風呂のドアは叩くし、

ぼくをバカにするな~!と大きな声で叫ぶし・・・。言い方が悪かったのかと、海に謝ってみたけど、

ダメだった・・・。今も、脱衣所で、ドンドンしてる・・・。タオルで叩かれた・・・。」


その直後に、「ぼくを、バカにするな~!!」と叫んで、海がリビングに入ってきました。

泣きながら・・・。叫びながら・・・。


大きく深呼吸をして、海に言いました。

「誰も、海をバカになんてしていない。

お母さんは、返事を言い直したよ。それでも海は、怒って、泣いて、叫んだ。

色んな返事の仕方があること、この前言ったよね。

うん、はい、そうだね、そうだよ・・・こんな風に、返事はいっぱいあるの。

どれも正解。

海が言ってほしい言葉があることは、わかるけど、それは、みんな叶えられない。

だから、海には、海が言ってほしい言葉ばかりが返ってくるわけではないことを、覚えていってほしいの。

そして、海に丁寧に、体の洗い方を教えてくれた空に、タオルで叩いたことを、謝って!」


「ごめんなさい」と謝った海でしたが、気持ちはブルーなままです。

暗い夕食を終えたあと、もう一度、海と話して、少し気持ちが落ち着いたのか、

涙も止まりました。


ポロポロ、ポロポロ出る涙に、見ている私も苦しくなります。

ただ、わがままを通している訳じゃないから・・・。

どうして、ぼくはわからないんだろう・・・と自分を責め始める海。

一生懸命、伝えようと、涙をこぼしながら、言おうとするのだけど、

文章がぐちゃぐちゃで、何を伝えようとしているのかが、わかってあげられない。


これが、海を知らない人の前で、今日のような態度や行動をとってしまったら、

なんて、わがままで、乱暴な子なのかしら・・・と思われるでしょう。

そう、思うと、本当に辛いんです。


私は、自分を責めなくていいんだよ・・・と言われたら、そうか・・そんなに自分を責めなくていいんだ・・と

思って、気持ちを楽にすることが出来る。

でも、海は、それが出来ないんですね。

自分で、抑えることが出来なくて、相手の人を悲しい表情にさせてしまったことを、ひどく悲しむ。

そして、何回言われても、どうすることもできない自分を、どんどんと責めていってしまう。

人の表情、声の抑揚、態度を、物凄いセンサーで感じている。


私も、海の荒れ方に、動揺して心を荒げてしまう自分が情けないけど、それが今の未熟な自分です。

でも、海の涙が止まったときに、いつも思います。

やっぱり辛いのは海だということ。


外見からは、行動や言動が伴わなければ、まったく障害がないようにみえる海。

海への対応も、全部海に合わせることがいいわけではありません。

それは、わかっているけれど、外見からは、とても想像できない苦しみを抱えていること。

障害がない人たちと、まったく同じ対応では、当たり前だけど、海には厳しいということ。

さりげなく自然に対応しながらも、心だけは、海に寄り添いたい。

難しいけれど、頑張っていきたい。親として。海の母として・・・。


私が、「は~い!」と返事をする前の、ニコニコの海は、笑顔で今日の絵を描いていました。

海による「海」の絵。

b0244274_22571953.jpg



「どうして、今日は、海の絵を描くんだと思う?」と海に聞かれました。

「なんでかな~?」と、私が言うと、

「だって、海が、とってもきれいだったんだよ!」と海。


こんな、穏やかな会話があったこと。

こんな、穏やかな海だったこと。

「は~い」と返事をするまでは、これが今日の海でした。


穏やかな海も、荒れ狂う海も、どちらも別人の顔だけど、同じ海。

自然の海と同じですね。

荒れ狂う海のあとに、波一つない、穏やかに輝く海があることを、忘れないようにしよう。


ずっと、荒れたままではない。

穏やかな海から、いっぱい幸せをもらえばいい。

荒れた海に、泳ぎに行くことはしない。

いつかおさまり、穏やかな海に戻る日を待って、泳ぎにいこう。

そんな風に考えられるお母さんになりたいです・・・。


明日、空の先輩と友達が、家に泊まりにきます。

空を、思い切り楽しませてあげたいです。

今までも、お友達が泊まりにきたことはあったけど、

こんなにドキドキするのは初めてです。

どうか、今日のようなことになりませんように・・・。

祈るような気持ちです。


空に、「明日、海が、今日みたいにならないといいけど・・・お母さん、心配。」と話したら、

「明日、部活の時に、海のことを先輩にちょっと話しておくよ!」と明るく言ってくれました。

空の心強い言葉を聞いて、反省しました。

何を怯えているの?私・・・。

一番楽しみたい空が、こんな風に言ってくれているのに・・・。

なんとかなる。きっと・・・。

どんな海であろうと、それが、我が家なのだから。

また、海を理解してもらえるチャンスだと思って・・・。

よし!明日を楽しみに。

空の笑顔がいっぱい見たいな・・・。



今、テレビから、懐かしい曲が!
テツ&トモの「なんでだろう~♪」。
なんでだろ~う、なんでだろ~う、
なんでだ、なんでだろう~♪
海が、今度荒れたら歌おうかな(笑)。
読んでいただいて感謝です。
応援クリック励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-08-17 01:08 | 海のこと | Comments(12)

先生からのアドバイス

今日は、海がSTの日だったので、デイサービスから、いつもより2時間早く帰ってきました。

ピンポ~ン!インターホンのブザーが鳴り、久しぶりの早起きに、2時くらいからウトウトしていた私は、

慌てて起き上がり、インターホンに出ました。

「おかえり~」

「ただいまぁ~~~~~」と怒りに震えた海の声。

頭がもうろうとしていましたが、一気に現実に戻されました。


何やら大きな声で叫び、怒り、狂ったように階段を上がってきました。

静かな、穏やかだった我が家が、一気に警察に通報され兼ねない恐ろしい我が家に・・・。


私の身体も、心も、一気にフリーズ。

心の中で、落ち着いて、落ち着いて・・・と自分自身に言い聞かせました。

恐ろしい声が、響きわたっています。

海は、トイレに入りましたが、トイレの中でも、「何で、さよならをしないんだ~!!」と

狂ったように怒っています。


どうやら、さよならするときが原因で、怒っているらしいことだけが、わかりました。

トイレから出てきても、怒りとパニックは治まらず、ギャ~、ワア~、と叫んで、泣いている海。


あまりの凄さに、近寄ることが出来ませんでした。

叫びながら、泣きながら、汗をダラダラ流しながら、リビングに入ってきた海。

「どうしたの?何をそんなに怒っているの?」


「なんで、先生(デイサービスのスタッフさん)は、さよならを言わないんだ~!なんで、意地悪なんだ~!

海が嫌いなんだ~!」と叫ぶ海。

(あ~、これは、重症。頑張らねば・・・。)


「どうしたの?先生が、海のことを嫌いなはずがないよね。海のことが大好きだよ。

先生は、意地悪なんてしないよ!」

「だって、さよならしたのに、○○○先生と○○○先生は、さよならって言ってくれなかったんだ~!ぎゃ~!」


「あのね、○○○(デイサービスさんの名前)には、海だけがいるの?」

「う~うん」と首を振った海。


「そうだよね。○○○には沢山の小さいお友達がいるよね!?

海が、どんな声で、さよならを言ったのかはわからないけど、沢山お友達が遊んでいるところで、

さよならを言っても、先生だって聞こえないことだってあるんだよ。

それを、一回、さよならを言ってくれなかったからって、こんなに大きな声で、叫んで、怒って、

泣くのは、どうなんだろう・・・?」と私が聞くと、

「バツ・・・」と海。


「そうだよね。何でも、海の思い通りにはならないんだよ。

どうしても、さよならを言ってもらいたかったら、ハイタッチのときのように、自分で先生の所に言って、

さよならを言ってほしい・・・って伝えないといけないね。

先生は、わざと言わなかったんじゃないよ。気付かなかったんだもん。

海が、ちゃんと、聞こえるところで、聞こえる声で伝えたら、先生は、ちゃんと言ってくれるよ。」


そう、私が言うと、「わかった・・・」と返事はしたものの、心と身体のマグマは治まらず、

汗と涙で、グチャグチャ。

でも、もうSTに行かないといけない時間。

Tシャツもびっしょりだったので、着替えるように言いました。


支度をして、玄関に向かおうとしたら、最近お気に入りの、動物がいっぱいプリントされているTシャツに

着替えた海が、また、大きな声で、叫びだしました。

「これは、明日、着たかったんだ~!」

(え?また?私、それを着てね・・・なんて言ってないですけど・・・)


すでに、汗びっしょりだったし、「じゃあ、他のTシャツきたら、どお?

でも、もう、汗でびっしょりだから、洗濯しないといけないから、明日は着られないよ。

明後日、着られるよ(明後日は、理解出来るようになりました。)!」と言うと、


「明日、着たかったのに、ギャ~~~~~!」

(もう、ST無理かも・・・)


でも、海の中ではSTは行くと思っていたみたいです、

半分、着ているTシャツをまくりあげ、叫びながら、Tシャツの裾を破けそうな勢いで噛み始めました。

「海、それは、やめて!」


そんな状態のままでしたが、車に乗せ、叫び狂う海と、クリニックに行きました。

車を下りても、怒りとパニックは治まらず、クリニックの受付で、ギャ~ギャ~言いながら、

Tシャツの真ん中をつかんで、ねじって、グイ~っと噛んで騒いでいました。


いつもの受付のお姉さんも、普段みたことのない海の姿に、驚いている表情でした。

それは、そうですよね。誰でも、ギョッとする映像ですもの・・・。


そんな状態の時に、STの先生が、迎えに来て下さり、そっと、海の様子を見守って下さっていました。

あまりの状態に、私がウルウルしてしまいましたが、何とかこらえました。


先生は、怒る海と二人になれる場所へ、連れていってくださいました。

先生の、優しく海に語りかける声が、聞こえてきました。

海の怒る声が、どんどん小さくなって、静かになっていくのが、わかりました。


一人で待っていた私は、もう、涙を止めておくことは出来ませんでした。

どうして、こうなっちゃうんだろう・・・。

どうしたら、いいんだろう・・・。

わからない・・・。もう、疲れちゃった・・・。


少しして、落ち着いた海が、先生と、部屋から出てきました。

先生は、海の今の気持ちを、紙で、私に伝えるように(○、△、×で伝える方法で)、

海に声をかけて下さり、海は、△を選んで、私に見せました。


それから、いつもの絶妙な、海とのやりとりで、海は気持ちを落ち着かせたまま、

今日の課題を終えることが出来ました。

先生、ありがとうございます。


先生と海が二人で入ったお部屋が、魔法の部屋に感じました。

先生は、その部屋の中で、海の混乱を、一つずつ解くように、聞いて下さり、

最後に、「しゅぎょう(修行)」という言葉を、海に教えて下さったんだそうです。


かっこいい大人になりたいと思っている海に、かっこいい大人になる為には、

頑張らなくちゃいけないときもあるし、我慢しなくちゃいけないときもあるよ・・・ということ。

それを「しゅぎょう」と言うんだよ・・・ということ。

先生も、お母さんも、みんな、素敵になりたいから、しゅぎょうしているんだよ^^。と教えて下さったそうです。

すると、少しわかったのか、気持ちが落ち着いたようでした。


「しゅぎょう」・・・

先生から、教えていただいて、素敵な言い方だな・・・と思いました。

海も、誰かのために我慢したりすることが、優しさになったりすることも、少しだけ勉強していました。

もちろん、我慢しなくちゃいけない時があることも、幾度となく言われてきました。

でも、基本は、我慢だと、どうしても自分をおさえることがメインになり、苦しくなる。


でも、修業なら、~な自分になるための我慢だと、前向きにとらえることが出来る。

その、考え方が、ポジティブで、とてもいいな・・・と思いました。


大好きな、先生と話していたら、どうしても、胸がいっぱいになっていたのが、こらえられなくなり、

やっぱり、涙が出てきてしまいました。

ほんとうに、海だけじゃなく、私の心の先生・・・と、今日がSTであったことを感謝しました。

(先生、親子のピンチを救って下さって、ありがとうございます。)


私が、先生に「私は、こうして、朝から海を預かっていただけて、幸せな環境にあって、

自分自身の自由な時間だって与えられているのに、海が、今日みたいになっちゃうと、

どうしても、溜めておいたエネルギーを、全部吸い取られてしまうんです。ダメですよね・・・。」と

凹んで、話したら、先生は、こう言葉をかけて下さいました。


「しんどい時は、しんどい・・・でいいんだと思います。

人間だから、誰にだって、そんな時がありますもの。

~してもらっているのに・・・って考えちゃうと、自分を責めてしまうでしょう!?」って。


ありがたいな・・・と素直に感謝しました。

つい、恵まれている環境にあるのに、私は、ダメだな・・・って思ってしまうところがあります。

でも、それを、そんな風に、感じずに、辛いことを辛いって、言っていいよと笑って話してくださる先生に、

今日も救われ、ST以外の私の診療(笑)を受けてきました。


デイサービスの先生方にも、本当に感謝しています。

こんなに、色々と難しい海の苦しみに、いつだって寄り添って、その苦しみから解放してあげたいと

願って下さっています。


あんなに大きな声で、怒ったり、泣いたり、叫んだりしてしまう海です。

親子で苦しくなるときも沢山あります。

でも、諦めずに、沢山の心ある方達の優しさに励まされながら、海と頑張っていこうと思います。


応援を力に変えて、海と向き合い、いつか、大きく成長した海の笑顔を届けることが出来るように。

クリニックを出るころは、来たときとは、全く別人の海でした・・・。

こんな穏やかに笑う海の時間が、1分1秒増えますように・・・。



空は、夕方、試合から帰り、宿題の「海(本物)の絵」の下書きを、ベランダでしていました。

ヘトヘトなのに、なかなか偉いぞ!空!

こんな風に、すぐに海の絵の下書きが出来るなんて、贅沢ですよね^^。

b0244274_23253047.jpg


読んでいただいて嬉しいです。
空が、今日やっていたキリンチャレンジカップ
サッカーを観ながら、一言。
「長友の動きを観ておかないとな・・・」
さすが、海外で活躍する気満々の人は、
言うことも、大きいです(笑)。
応援クリック励みになっています^^。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-08-15 23:42 | 海のこと | Comments(10)