心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

<   2012年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

海の育てたチューリップが、とってもきれいに咲き、とても幸せな気持ちにさせてくれています。

お花が満開に咲いている時期は、桜同様にとても短いけれど、だからこそその美しく、可愛らしく咲いた

チューリップを目に焼きつけたくて、仲良さそうに、でも一つとして同じもののない海のチューリップを

毎日見ては、にっこりしていました。

b0244274_2342244.jpg



クラスにも持っていきましたが、お花の好きな校長先生にもあげましょう!と一本プレゼントしました。

先日、海が学校から帰ってきて、リュックの中に大きな封筒が入っていました。

何かしらと封筒を見たら、校長先生から海へチューリップのお礼のメッセージが書かれてありました。

そして中を見たら、校長室で花瓶に生けていただいた、海の育てたチューリップと一緒に

海が笑っている写真をくださいました。しかもとっても大きくして下さっていて・・・。

b0244274_2343718.jpg



今日、その写真を撮った時のエピソードを校長先生がお話して下さいました。

海は、担任の先生に一人で校長室に行けるかな?と促してくださり、海は一人で校長室に行けたそうです。

そして、校長先生に話したそうです。

「僕は、何をしたらいいのかな・・・」と。

校長先生は、一人で校長室に来られて、しかも、自分の想いを伝えられたことを、

大きな海の成長として評価して下さいました。


本当に大きな成長です。

人に何かを渡したりするのが苦手で、すぐ泣いていたのに・・・。

しかも、何で呼ばれたのかわからなくても、その想いをしっかり伝えられたのですから。


そういう一人一人違う成長を、大きな喜びとしてお話して下さったことを心から感謝しました。



今日の午後は、海の学校の家庭訪問でした。

毎年、先生とゆっくりお話させていただいて、海に望む成長を整理するのです。

もちろん、それだけでなく、海の学校での様子から感じた事などをいっぱいお話して下さいました。

前は、向き合っただけで泣いていたことが信じられないくらい、色んな想いを伝えてくれると・・・。

海を、ゆっくり、あたたかい眼差しで見守りながら、想いを伝えられるまで成長させていただいたことに

やはり心から感謝しました。



今度は、空の話。

空もいよいよ部活の朝練が始まりました。

朝、6時50分に家を出るので、5時に起きてお弁当作りをします。

もっともっと早く起きているお母さんもいらっしゃると思いますが、私は今までが遅かったので、

起きる瞬間だけが、まだきつく感じたりします。


空は、毎日そんな私の姿を見ています。

音楽をかけて、今のところとっても忙しいですが、楽しく作っています。

いつも空が言います。

「お母さん、お弁当作ってくれてありがとうね~。」とちょっと照れながら・・・。

ふざけた感じで言ってみたり、さらっとだったりするのですが、

とっても嬉しくて、私も空に言いました。

「嬉しい!そういう風に言ってくれることが、一生懸命お弁当を作っているお母さんには、

何より嬉しい!」


そして続けました・・・。

「いつかね、空が、女の子とお付き合いしたり、結婚したら、必ず同じように言ってあげてほしい。

美味しいね!・・・ うまそう!・・・ ありがとう!・・・こんな風に想いを伝えてあげられる人に

なってほしいな。」


「うん。」と言っていました。


まだ先の話だけど、そういう想いひとつ伝えることが、疲れを癒しに変えてくれるから・・・。

そうすることで、女の人はとっても気分が良くなって、また、美味しいものを作ってあげたいなって

気分になると思うのです。

少なくとも私は思います(単純!)・・・。


でも、私はずっとお弁当を作ってくれた母に、空のように頻繁に「ありがとう!」なんて全然言ってなかった。

ダメな娘ですね。

自分がお弁当を、朝早く起きて作るようになって、母の想いに気付きました。


きっと、母は、私に今、お礼をいっぱい言ってほしいなんて思っていないと思います。

その代わり、空や海に、心をこめてお弁当を作ってあげてね!と思っていると思います。


だから、私は心をこめて作ります。

私の母に感謝をして。

素直にお礼を言える空や海に沢山の愛情を込めて・・・。


母の日に、私の母に感謝のことばを贈りたいと思います(*^_^*)。


ここ最近の空のお弁当^^。

お弁当アルバムが一枚、一枚増えていくのが、私の小さな幸せになっています。

b0244274_2346107.jpg


b0244274_23474317.jpg


b0244274_23514349.jpg


b0244274_23534078.jpg


b0244274_2356380.jpg


b0244274_2357131.jpg


b0244274_012974.jpg


b0244274_033736.jpg



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-04-28 00:13 | 海&お弁当 | Comments(2)

パズル ~結婚記念日~

今日は、私達夫婦の13周年の結婚記念日でした。

私(母)用のカレンダーに結婚記念日と書いてあったので、海は、かなり前から楽しみにしていました^^。

といっても、結婚記念日について聞かれ、何回も説明したのですが、やっぱり難しくて、

デイサービスの先生に「今日、お父さんとお母さんが結婚するの。」と言っていたそうです(笑)。

もう、ウエディングドレス、色が変わり始めていますけど・・・(笑)。


でも、記念日って難しいです。

お祝いする日と言ってみましたが、やはり伝わらず、いつかわかるといいな・・・くらいに思っています。

とはいえ、おめでとう!という日だということはわかっていて、朝、起きてすぐに、

「お母さん~、おめでとう~!」と言ってくれ、なんて可愛いんでしょう!

「今日は、パーティーでしょ!?わ~、楽しみだな~!ごはんは何かな~!?」とルンルンの海。

毎回、こんな感じで言われるので、パーティーっぽくしないといけないことに・・・(笑)。

あまりに可愛い笑顔で言われるので、「うん、うん、パーティーね!ごはん何にしようかな~」

なんて言ってしまうのでした。とほほ。


パパは張りきって仕事を半休してきました。

私は、海が食べられるメインのメニューに頭を悩ませながら、夕方になってしまいました。

今日の夜は、手羽元inかぼちゃ、にんじん、じゃがいものふわとろクリームスープにしました。


なんと味付けは、鶏ガラスープの素、大さじ1杯と塩こしょうのみ。

それなのに、とっても美味しく優しい味に仕上がりました。


「手羽元inかぼちゃ、にんじん、じゃがいものふわとろクリームスープ」

<材料>

・かぼちゃ 130g

・にんじん 1本

・じゃがいも 2個

・牛乳 ミキサーで攪拌する時に入れる分 500ml

あとから直接入れる分 500ml 

・鶏の手羽元 14本

・オリーブオイル 大さじ1杯

・お酒 大さじ2杯

・バター 13g

・塩コショウ 適宜


<作り方>

・かぼちゃ、にんじん、じゃがいもは、それぞれレンジでやわらかくする。

・ミキサーにやわらかくした野菜を入れて、牛乳も入れて攪半する。

・攪半したらお鍋に入れ、残りの牛乳も入れ、鶏ガラスープの素大さじ1杯を入れて温める。


・手羽元にしっかり塩こしょうをする。

・フライパンにオリーブオイルを入れて、手羽元を皮の方からこんがりと焼く。

・ひっくり返して、また焼き、お酒をふりかけ蓋をして、弱火~弱めの中火でじっくり焼く。

・最後にバターを入れて、また蓋をして少しだけ焼く。


・お鍋の中に、手羽元を一本ずつ入れて、弱火で、ゆっくりかき混ぜながらなじませる。

・手羽元にふった塩、こしょうで十分味はなじんでいますが、お好みで塩、こしょうを入れてください

・プランターで育てているハーブ(レモンタイムとスイートフェンネル)を飾って(もちろんなくてOK)

出来上がり~!!


b0244274_23232278.jpg



b0244274_23245525.jpg




パパが「はい、これ!」とプレゼントをくれました。

お花とミスチルのNEWシングル(3曲入り)!

「わ~い!ありがとう!嬉しい~!」と感謝していただきました。

「私からは、何もないよ・・・」と言うと、

「美味しい料理を作ってくれただけで十分!」

優しいじゃない!

やっぱりお料理を作っている私は、その言葉が本当に嬉しいです。


b0244274_2328102.jpg




今回のミスチルの曲3曲のうち2曲は、今、公開している「僕らがいた」の主題歌です。

前篇主題歌の「祈り ~涙の軌道」も、最高に素敵な曲。

メロディーラインがたまらなく好きです。

でも、今日、歌詞を載せたいと思ったのは、後篇の「pieces」の方です。


「pieces」 作詞・作曲 桜井 和寿

「ずっと笑って過ごしていたいのに

真っ直ぐな想いを抱きしめたいのに

だけど口を突いて出るのは

「もう こんなはずじゃなかったな・・・」


強く早く駆け抜けるほど

向かい風もきつくなるんだな

右へ左へ煽られてバランスを崩しながら

僕等 ここにいる


軌道を逸れて

放り出された夢が 夢が萎んでいく

どこかに不時着しようか って頭をかすめる

粉々になったら 匂いに紛れて

君の元へ飛んでくから

そのときは思い切り 吸い込んでよ


僕等はひとつ

でも ひとつひとつ

きっとすべてを分かち合えはしない

互いが流す涙に気付かずにすれ違って

今日もここにいる


失くしたピースは見つからないけど

それでもパズルを続けよう

全部埋まらないのは わかってる それでいい

その空白はね

これから僕等が夢を描くための余白

いつか描いたやつより 本物にしよう


失くしたピースで空いているスペースは

何かの模様にも思える

まるで僕等が残した足跡みたいだな

そのふぞろいの一歩が

今日までの僕等が共に夢を追った軌跡

また 次の一歩を踏み出してみよう


軌道を逸れて

放り出された夢が 夢が萎んでく

このまま消えそうなだなんて 頭をかすめる

でも 消えてなくなっても なくなりはしないだろう

君と共に生きた奇跡

さぁ 次の余白に続きを描こう


いつか描いたやつより 本物にしよう」



メロディーもやっぱり素敵です。

でも、この歌詞が、結婚記念日だった今日の私には物凄く心に響きました。

つい先日も、私がほぼ一方的に、パパのことを許せない気持ちになってしまったことがあり、

もう、いやだ、もう、わからない・・・

そんな気持ちに包まれてしまったことがありました。


そういう時には、すべてが嫌になって、そんなすぐに前を向けるような気持ちになれなくて。

でも、ずっと、引きずっているのは嫌だから、何とか自分に言いきかせて日常に戻りました。

結婚してから13年。

私には理解できないこと、パパには理解できないことがずっとあって、それはきっと死ぬまで

平行線なのだと思います。

もちろん、理解しようと努力して歩み寄れたことだって沢山あるけれど・・・。


この歌詞のように、夫婦もパズルのピースを埋めていく作業をしているんだと思いました。

あと少し、あと少しで出来上がりそうなのに、どうしても全部埋まらなくて。

失くしたピースは、もうみつからないのはわかってる。

それでもいい、全部埋まらないことはわかっていても、続ける作業。


空白のスペースがところどころにあって、失くしていないのに見つけられないピースのところにも

余白があって、何かの模様にみえるのは、きっと今の私達夫婦の姿なんだと・・・。


完全に埋めることは出来なくても、いよいよ残りのすべてが埋まりそうだと心浮きだっていたら、

信じられないけれど、ゴールを目前にしたパズルがひっくり返って、細かくて小さなピースが

音をたてて崩れてゆく。


こんなに時間をかけて頑張ったのに・・・。

あと少しだったのに・・・。

もう、やめてしまおうかな。

また、作る力は私の中に残っているのかな・・・。


諦めかけたその時に、パパがパズルのピースを埋め始めている。

私も、やっぱり、やろうかな。

もしかしたら、また失くしてしまったピースがあるかもしれないけど、それでもいいや。

どれだけ時間がかかるかなんてわからないけど、余白があるのも私達らしさなのかもしれません。


まだまだ埋めるべきピースがいっぱいあります。

1ピースを手に取り、いったいこれはどこに埋めるピースなんだろうってにらめっこ。

でも、もし一生懸命探して、埋めるべき場所を見つけたら、やった~!!と一緒に喜べるように。


気が遠くなるような作業を、失敗を繰り返しながら、でもやっぱり一緒に作り上げていきたいと

パパのくれたCDを聴きながら思いました。


空は絵の描いた手紙をくれました。

「お父さん、お母さんへ

結婚記念日おめでとう。

俺は中学生になったけど、これからもよろしくね。

これからも仲良く過ごそうね。 空より」

急いで書いたらしく、変な言い回しですが、空の想いが伝わってきました。


海は、一生懸命、自分から絵を描いてくれました。

13ねんと書くところを、10と書いてしまって、

「あ~~~ん!!間違えたよ~!どうしよう!どうしよう!」と一回パニックになった海です。

でも、慌てて見た私が、0の部分をお花にしてみたらと提案したら納得してくれました。

この1枚に海の頑張りがいっぱい詰まっているから、喜びも倍になるんですね。

b0244274_23291568.jpg



色々あっても、こうして結婚記念日を迎えられたことに、いっぱい感謝したいと思います。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-04-25 23:31 | 夫婦&お料理 | Comments(6)

大人の階段上る空

空の中学の授業参観と懇談会があり、行ってきました。

空のクラスは、体育でした。

大きなジャージ姿を着た空は、まだ幼さを感じるけれど、小学校の体操着とは違うので、

あ~、中学生なんだな~としみじみ見入ってしまいました。


基礎的な運動をメインに教わっていました。

柔軟体操や、馬跳び、二人組で背中合わせに座って、手を下に付けずに立つ!とか・・・。

あ~、やった、やった、それ~!とお母さん方と懐かしく思い出しながら・・・。

危なっかしい子どもたちに大笑いしたり、ヒヤヒヤしたりしながら、でも、クラスの子どもたちが

みんな本当に楽しそうで、参観している保護者たちも、みんな笑顔でした。


とりあえず懇談会でも、クラスのみんなが男子も女子も仲が良くて、楽しく過ごしているということ

を聞き、参観でもその様子がよく伝わってきたので、ほっとして帰ってきました。



中学に入り、空から携帯電話が欲しい!とずっとせがまれていました。

今までも、おこさま携帯を持っていたのですが、4件までしか登録出来なくて、

パパ、ママ、家の電話、おじいちゃんの家の4件だったので、友達とメールとかは出来なくて、

それが悲しかったのだと思います。


確かに、時代が変わって、公衆電話も探すのが大変だし、私が空と同じ歳だったら、

やっぱり欲しいに決まってる。

中学になって、まわりの友達が、急に携帯を買ってもらっていて、さらに羨ましくなったのでしょう。

「みんなに、空のメアド教えてって言われたのに、俺の4件しか入らなくて、ダメなんだ~」と

言って悲しいとか、あれや、これやと悲しい現状を訴えて、まんまとはめられた(笑)私です。


時代の流れのなかで、時代に流されないものやことを貫き通すことも大切だけれど、

その時代に生きているからこそ、その時代にあったものを受け入れていく柔軟性も

やっぱり大切だな~と私は思うのです。


空には、ネットに一切繋がらないようにする(ロック番号を教えない)ことを伝えて、

買ってあげました。

メールと電話と写真だけ・・・。

それでも、空は念願のメールが出来るとあって、大喜び!

ちょっと浮かれ気味だったので、朝、時間をとって空と話をしました。


携帯は便利だけど、自分の送ったメールが、色んな人に見られる可能性があること。

友達の悪口なんかをメールで書いてはいけないこと。

(これを言ったら、そんなの書く訳ないでしょ!と怒っていたけど。)

自分にきたメールで、そういう内容のことが書かれていても、一緒に同意しないこと。

(それは悪口を言っているのと同じだから・・。)

そして、まだ中学生なので、親も携帯を見ている人が沢山いるはずだよと・・・。

お母さんも、たまにチェックしますよ!ときっぱり宣言。

少しでも、便利なものと隣り合わせにある危険に気づいてもらいたくて。


便利だけど、危険な時代であることは間違いないように感じます。

私達が学生の頃は、もちろん携帯もなかったので、待ち合わせも大変だったし、

(だからこそ、時間も厳守できたのかな・・・はぐれたら大変!)

付き合っている人との電話も、必ず家の人が出て、「~さんいますか?」というのを親に言うのだけでも

ドキドキしていました。


でも今は、全部といっていいほど親が間に入ることなく、要件が伝えられるんですもんね。

すごい時代だな~とアナログな私は思います。


今では、私自身がメールなしの生活は考えられません。

自分がそうなのですから、空の気持ちもやっぱりわかるのです。

ただ、まだ中学生なので、親の責任の中でしっかり伝えていかなくては!と身の引き締まる思いです。


今日、空が友達にメールしているのを見ていたら、笑ってしまいました。

「おれ、昨日、おばちゃんの家で、竹の子とったんだよ!」と、竹の子の写メを添付したいらしく、

私に添付の仕方を聞いてきて、友達に送ったら、「すげ~!竹の子大きい!」とか返信できて

嬉しそうにしていました(笑)。


もちろん、こんな可愛らしいメールだけではないことはわかっています。

思春期男子なだけに、きっと、ギラギラした感じの内容も出てくるでしょう。

まあ、そこら辺を、これはちょっと、どうなの?というものがあったら親として注意しなくては・・・ですね。

見極めが難しい年頃に、いよいよ突入です。

きっと、思春期男子の頭の中って、きっと、8割くらいギラギラなんでしょうから(笑)。

その為にも部活で、ヘロヘロになってもらいましょう~。


始まって間もない、空の中学生活。

親の心配をよそに、どんどん大人の階段を上っていこうとしている空が、自然でもあり、

ちょっぴり寂しくもあり・・・。


あ~、ますます、私は海に赤ちゃん要素を求めてしまいそうですが、

いかん、いかん!

あんなに願っていた親離れ。

でも、いざ、本当に離れていこうとすると、親は子を追いかけてしまうんですね。


お子様携帯の時、空と喧嘩をしたときがありました。

(私とはメールが出来たので)空からメールがきました。

面と向かうとお互いむきになってしまうのですが、メールだと最初は怒っていても、

だんだんクールダウンして、「お母さん、さっきはごめんね。」なんてメールがきて、

「うん、いいよ。謝れて偉かったね!」なんて優しい言葉もかけられて。


こんな風に、親子の関係がよくなることもあるのです。

時代の変化とともに、すべてを否定することなく、上手に利用しながら子どもとの関係を

深めていけたらいいなと思います。


そして、空も、大切な友達と青春を謳歌してほしいなと願っています。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-04-23 22:16 | 空のこと | Comments(6)
空の入学式から2週間が経ちました。

空の学校は、造りが凝っていて、何度行っても、方向音痴の私は迷子になります(笑)。

空はちゃんと迷わずに教室の移動とか出来ているのかしら・・・?と思い、先日、空に聞いてみました。

すると、「そんなの、とっくにわかっているよ!もう、全部わかったよ!」との返事。

へ~~、やっぱり子どもって凄い!(というか、私が方向音痴すぎ!?)

あんな複雑なのに、覚えてしまうんだから・・・。


中学生活が始まって、小学校の時みたいに手紙も細かくはないので、親の方がなんだか気持ちが

落ち着かなくて・・・。

それに対して、空は、一日一日学校生活を送る度に、新たな発見、新しい友達、部活等などに

目を輝かせて私に興奮して話してくれます。

「中学、最高に楽しい!」と言ってるので、とりあえずホッとしました。

これから中間テストや期末テストという現実が待ち受けていても、経験がないので

その大変さを知らないし、経験して、どういう感想が出てくるか・・・・。


空は部活も全く迷わずサッカー一筋。

とはいえ、部活の仮入部一日目はさすがにヘロヘロで帰ってきました。

もう仮入部期間も終わり本入部したのですが、明日まで一年生は少しだけ早く終わるらしく、

今日、家に帰ってきたのは夕方5時半。

さぞかし疲れているのかと思ったら、即行着替えて、友達と遊ぶと出て行きました。

今まで同じ小学校の友達に、新しく中学校で出来た友達も一緒とかでルンルンでした。

こんなに遊んでていいのか?と一瞬思いましたが、来週からは部活も遅いし、まぁ、いいか・・・。

と6時半まで遊んでOKにして・・・。


空は、今までも早く寝る習慣がついているので、今は一人で朝早く起きて、ちょっとだけ勉強して、

ちょっとだけサッカーの練習をして(朝練が始まったらなくなる予定)、帰って来て朝ごはんを食べる

という朝のスケジュールなので、わりと朝は時間にゆとりがあります。


ゆとりがないのは・・・・私~~~!

だいぶ、お弁当作りにも慣れました。

夜のうちにある程度お弁当の支度をしている素敵なお母さん友達もいて、私も考えたのですが、

やっぱり、夜はブログもやりたいし、空いてる時はのんびりテレビも観たい。

という訳で、夜はせいぜい冷凍してあるお肉を解凍する準備と、この2週間で、焦らないために、

明日、お弁当に入れるメニューをポストイットに書いてキッチンに貼っておくといいと気づき、メニューを

決めるくらいです。


学校では、パン注(注文)、弁注といって、お弁当を買いたければ買えるのですが、基本はお弁当。

たまに買うのはいいけれど、基本は作るのですから、作らないという選択肢はなし!

作らないという選択肢があるのであれば、また別ですけど、毎日、基本、お弁当を作る。


正直、小学校の6年間、給食だったので、毎日のお弁当作りに自信がありませんでした。

でも、やだな~、面倒だな~と思っていても、結局お弁当を作るのは私な訳だし、

嫌々お弁当を作っていても、きっと美味しいお弁当は出来ないし、早く起きてもなんか爽やかな

気持ちになれないな~と思い、ここは一つ、考え方を変えて、せっかく作るなら楽しく美味しくを

心がけてやろう~!と切り替えてみたら、案外楽しくなってきた!


今は、いきものがかりのNEWアルバムを聴きながら、踊りながら作っています(笑)。

少しでも楽しく作れたらいいなと思って、15分で食べ終わってしまうお弁当ですが、

(本当に、昼食にとられている時間は15分なのです・・・はやっ!)

記録しておこうと写真を撮り、「空のお弁当アルバム」を作ることにしました。


b0244274_2217299.jpg



朝練始まったらどうなるかわからないけど(笑)、海には「おはなしノート」があるので、

空にもなんか残るものを作ってあげたいな~と思って・・・。

続くかな・・・。

無理せず、写真を撮れたときは貼るくらいにしたいと思っていまーす^^。


しかし、空はよく食べます。

中学男子はみんなそうなのかな・・・。

ご飯は軽く一合は入ります。

それでも毎日、きれいに空っぽです。

作りがいがありますよ(^u^)。

b0244274_22185656.jpg


b0244274_22202737.jpg


b0244274_22215914.jpg


b0244274_22233315.jpg


b0244274_22244445.jpg


b0244274_2226255.jpg



母、頑張りまーす!

私は、仕事をしている訳ではないので、時間にも余裕があるし、出来ることを楽しく!

「お弁当と作る」ということを、やっつけ仕事にしないで、自己満足であってもいいから、

心をこめてみようと思います。



空の天然な話題を一つ!

中学の制服は大きくなることを見越してのサイズで作ってあるので、ズボンをひきずらないように、

しっかりベルトをとめるように言っていました。

「ちゃんと、ベルトしめてる?」

「大丈夫だよ!4にしてるから!お腹いっぱいになると3だけど・・・。」


「・・・・・4とか、3とか言ってるけど、何なの?」

すると、空はベルトを見せて、ベルトの穴に勝手に自分で穴の番号を決めていたらしく、

「ほらっ!」と自慢気に私に見せるのでした・・・。


いやいや、ほらっ!って見せられても、知らないし~・・・。

中学一年、空、天然全開でーす(笑)!


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-04-19 22:38 | 空&お弁当 | Comments(6)
夕方、子どもたちの学校の書類の整理をしていました。

海が毎日学校に持っていく、先生と家庭とのやりとりをする連絡帳が幼稚部の時からあるので、

かなりの量になりました。

ついつい懐かしくて、一番最初の年の連絡帳を手にとってしまいました。


うひゃ~~!懐かしい~~~!

はい!私はこうなると仕事にならず、今日の整理はここまで!

ゆっくり見ちゃおう~~っと!


私から先生へ書いたメッセージを色々ピックアップ!

「友人からいただいた花束に興味を示し、指差して「あ~あ~」と何度も言っていました!」


「朝、かばんを出すと、走って来て「あ~あ~」とかばんを持ちたがります。」


「お家で、私が先生の写真を見せると、「い~い~」と言うようになりました。


「今日、麦茶を水筒に入れていたら、冷蔵庫を指差すので、ジュースのおねだりかと思ったら、

氷を出して!という合図でした。毎朝、ちゃんと見てるんですね。・・・・・・・

この頃は思うようにならないと、私をたたくようになりました。」


「手をつながず、どこでも走っていってしまうので、学校でも手をつないで目的地まで

行くという練習が出来たらと思います。声をかけると、とても怒り、大変~!家でも頑張ります!」


「昨日は夕食の時、どうしても海がエプロンを付けたがらず大騒ぎでした。

それを見ていた空に、「汚れたら洗えばいいよ。それで海の好きな洋服を着せてあげればいいよ。」と

言われ、反省しました。」


「私が、海にあやまって抱っこして食べさせている時に、「海は、ママを許してくれるかな?」と

空に聞くと、「もうとっくに許してくれてるよ。抱っこしてあげた時にね!」と言ってくれ涙がでました。」


「昨日は、素敵なお誕生会をありがとうございました。本人はよくわからないことでも、

毎年やってくる誕生日にお祝いしてもらえる喜びを味わって、幸せな気持ちへ繋がったら、

親もとても嬉しいです。」


海はまだ、3歳で、おむつで学校に通っていた頃です。

空は、6歳で一年生の頃です。

こうやって、毎日の記録を追っていくと、海のその頃の様子がわかるだけでなく、

当時の空の想いや、私の悩みがよくわかり、忘れていた記憶が次々蘇ります。


海が、指差ししては喜び、「あ~あ~」と言っては喜び、トイレの便座に座れたと言っては喜びんでいたこと。

叩くことでしか要求が出来なかった海に手をやいていた自分。

ピカピカの一年生の空に励まされていた自分。


毎日、毎日、先生と連絡帳を通して海との生活を報告しあい、共に成長を喜んでいただきながら、

あれから、もう、6年。

今の海しか知らない人にしてみれば、信じられないような海の姿だと思います。

誕生日だって、何の事だかわからかった海が、誕生日を楽しみに待てるようになり、

いまや、本音とたてまえを意識した礼儀を学ぶところまで成長してきた。


悩みはつきないのは変わらないけど、この6年でこの成長は、当時の私は全く想像していませんでした。

日々は成長を点でしか見ていないので、大きな成長にはなかなか気づかないけど、

点と点がつながった時、驚くほど成長していることに気づかされるのです。


何だか懐かしい連絡帳を読み続け、すっかり暗くなってしまい、慌てて食事の準備をしなきゃと

リビングに下りて、子どもたちを見たら、とってもお兄ちゃんに見えました。

大きく成長してくれてありがとう!

そんな気持ちに満たされました。


と感動にひたったのも一瞬で、「え?今。うんって言った?何でうんって言ったの?何で?」

と海くんの確認パレードスタート(汗)!

でも、ちょっとだけ懐かしさに浸れたからハッピーだと感謝しなくっちゃ!


海が5歳の年長さんの時の連絡帳に、私が書いたある日のメッセージです。

「すごく嬉しいことがありました。

空(当時8歳)が夕方、「今日、国語の時間に何でもいいと言ったから弟のこと書いた!」と、

ぼそっと言うので、ドキッとしながら「見せて!」と頼み、ノートを見ました。

とっても短い文章でしたが、私には素敵なプレゼントでした。

「おとうとは、やさしい。

おとうとの手は、ぷくぷくしてすごいかわいい。

おとうとが、じてんしゃにのれてうれしい。」という文でした。

「ありがとうね!海はとっても嬉しいと思うよ!」と言うと、空は凄く嬉しそうでした。」


とっても短い文章の中に、空の優しい眼差しが詰まっているようで、幸せな気持ちに包まれたことを

思い出しました。

自転車も当時は14インチの小さ~い補助付き自転車で、何しろ漕ぎだす最初の力が入らなくて、

その力が出るまでに本当に時間がかかりました。

だから、空は自転車をこげた海の姿がとても嬉しかったのだと思います。


今では、補助なし自転車が乗れるまで成長しました。

でも、その成長の陰に、空の優しい眼差しがあったことを忘れないようにしなくっちゃと思いました。


私にしてみたら、空の手の方が今でもプックプクでとっても可愛いんだけどな・・・。

明日、空に、こんなことを想ってくれていたんだね~と話してあげたいと思います(*^_^*)。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-04-17 23:12 | 海のこと | Comments(2)
昨日は、空のお友達家族とカラオケ&夕食に行きました。

ずっと前から、行きたいねと言っていたのに、なかなか行けなくてやっと行けました。


いつも、家族で行く時は、順番を守って歌うようにしています。

いつか、海が大人になって、余暇としてカラオケを楽しめるようになったらと思い、

海がかなり小さい頃から、家族でカラオケに行っていました。

(もちろん、みんな歌うのが好きなので、自分たちの娯楽目的も兼ねてですが・・・。)

最初は、やっとこさマイクを持っても、もちろん歌うことなんてしないし、

だいたいしゃべるのもままならない頃なので、最初はマイクを持つだけで十分。

持つのも最初は嫌がったくらいでしたから・・・。


それが、今では歌いたい曲を私にリクエストして、昨日は合計8人いたので、

一回順番をとばして歌いたそうにしていましたが、順番ね!と言ったら一瞬、間がありましたが、

納得してくれました。

そして、歌える?と思う唄も、歌詞にひらがながふってあるので、(非常にありがたい)

音はめちゃめちゃでしたが、歌詞を一生懸命追って、歌っていました。

アンパンマンなど知っている曲は、以前よりだいぶ音をひろえるようになりました。


結局3時間、きちんと順番を守り、「歌うことを楽しむ」という本来のカラオケの目的を

果たすことが出来ました。

ここでもやっぱり、継続の力を感じました。


また、お友達家族も(たまに一緒に行くお友達家族もそうですが)、海が一生懸命歌い終わると

いっぱい褒めてくれるので、海もとっても嬉しいんだと思います。

家族ではない方たちの自然な優しさに、海は喜びを感じさせてもらい感謝の気持ちでいっぱいです。


b0244274_023398.jpg



ここまでくるのに6年くらいかな~。

でも想像していたよりずっと早く夢が叶った気がします。

次の目標は、自分で曲を選んで入力し、転送まで出来るようになることです。

よ~し!いっぱいカラオケに行くぞ~!

あまり、曲の入力のやり方が変わらないことを祈って・・・。

私が学生のころは、毎曲ごとに100円を入れていましたから(笑)・・・。

時代の進歩は凄いです!




今日は、私の母方の叔母が北海道から来ていて、母と夕方遊びに来てくれました。

私の母方の叔母は二人いるのですが、空や海のことをいっぱい可愛がってくださり、

空と海は叔母たちが大好きです。


しかし、難しい悩みが出てきました。

叔母たちは、いつも会うと「なんか買ってもらいなさい^^。」と子どもたちに

おこづかいを下さるのです。

いつも感謝をしていただきます。


さすがに空は、それが当たり前ではないこと、礼儀をわかっています。

しかし、海は、おこづかいをいただくことを期待してしまってきています。

私もせっかくいただいたお小遣いなので、何かを買う時に、

「これは~おばちゃんからいただいたお金で買おうね。ありがとうだね。」と説明して買います。

それなので、自分の欲しいものは、(普段のお手伝いで貯めたお金では買えないようなもの)

おばちゃんや、ばあからいただいたお金で買うというイメージが海の中に強くあるのだと思います。


叔母と会う時には、会う前に言ってはいけないこと、してはいけないことを確認します。

でも、今日は確認するのを忘れていました。

叔母が来て、少ししてから、海が叔母にいいました。

「~おばちゃんは海にお金をくれるの?」

(ひえ~~~っ。やってしまった・・・・。)

一瞬叔母も、えっ?という感じでしたが、笑ってくれていました。


私は、叔母から見えないところで、海に言ってはいけないことをそっと伝えました。

ここで、またせっかく子どもたちに会いにきてくれた叔母の前で、おっこちて沈まれても困る。

静かにそっと・・・。


でも海は、どんなに静かにそっと注意されても、私の表情からも全身で失敗を受けとめて

しまうので、ドキドキでしたが何とか大丈夫でホッとしました。

しかし帰り際、叔母がそっと、空と海にお小遣いをくださり、海は空の真似をして

「いいです。いいです。」と言いました。


私は、「ありがとう。」と言ってもらってねと伝えました。

これが、また、海を混乱させてしまいました。


おこづかいをくださいと言ってはいけません。

でも、くださる時は、ありがとうとお礼を言っていただきます。


もう、叔母が玄関を出て帰るという時に、

「いらない~~~!」と泣いて、いただいたお金を手に握って、叔母に返しにいこうとしたのです。

叔母は、なんで海がギャンギャン泣いているのかわからなかったと思います。


海は、叔母が帰ってしまってからも泣き続けました。

「海、お金いらない気持ちになったの。」

「わかった。海は、今、そんな気持ちなんだね。それはよくわかったよ。」


でもね・・・。

海からおばちゃんにお金がほしいと言ってしまったこと。

だから、おばちゃんはおこづかいを下さったこと。

ありがとうと言っていただいたのに、「いらない」と言って海が泣いたら

おばちゃんはどんな気持ちになるのかを一生懸命説明しました。


海と何回も確認をしました。

一番気をつけなければならないことは、お金をくださいと言わないこと。

ありがとうと言って受け取ったお金を、いらないと泣いて返そうとしないこと。

どちらも相手の人が悲しい気持ちになることを伝えました。


海は、叔母にごめんねをしたいと何回も私に言ってきました。

叔母と母が家に着いたと連絡が来た時、叔母にかわってもらい、海は「ごめんね。」と

謝りました。


叔母はなんで謝られたのかわからない様子(それはそうですよね・・。)だったので、

正直に、今、海が直面している悩みを伝えました。

叔母は、そんなのいいわよ~。言ったっていいじゃない~。と優しさで言ってくれたけど、

気持ちには感謝して、でも、これから海が大きくなって、人にお金を下さいと言って

しまうのは困るから教えていきたいの。と伝えたらわかってくれました。


もう一人の叔母も、海がマグロが大好きなので、いつも海に、マグロを食べにお寿司屋さん

に行こうと言ってくださいます。

それが、海の中にしっかり入っていて、何度か、叔母に「マグロ食べたい」と

唐突に言ってしまったことがあります。


確かに自分の気持ちを伝えるのが苦手だった海にとって、想いを伝えられることは

大きな成長であることは間違いありません。

でも、「礼儀」というとても難しいカテゴリの常識を覚えていくことはとってもハードルが高く、

日本は本音とたてまえの国で、さらに困難だなと実感しています。


人の気持ちを汲み取りながら、言葉を選ぶという、困難だけど大切なことを

親は、冷や汗を垂らしながら、でも諦めないで、その都度その都度を経験と思って、

失礼をしてしまったら、頭を下げて、細かく教えていかなくてはと思っています。


今日、雨もやんだので、海が毎年楽しみにしている鯉のぼりを外に出しました。

余った布で作った鯉のぼり(これが鯉のぼり?と言われそう(笑))が、元気よく泳ぐのを見て、

色んなことが起こる毎日だけど、この鯉のぼりみたいに元気いっぱい心も身体も成長してもらいたいな~と

心から願いました。


b0244274_0123247.jpg


「成長」と「課題」

一つ大きくなったら、心いっぱいで喜んで、成長と共に出てくる課題を一緒に考えながら、

海の心に寄り添いながら、一歩一歩進んでいきたいと思います。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-04-16 00:35 | 海のこと | Comments(4)
一か月前、海の育てているチューリップの小さな芽が出ているのを発見し、海と喜びました。

それからも、毎朝、ベランダは寒くても、海はしっかりお花の水やりを怠ることなく、頑張りました。

そして、約一カ月経った今日、チューリップの花が咲きました。


私は、シンプルな形のチューリップが好きなのですが、毎年、海が選び、今年は少し変わった

おしゃれなチューリップでした^^。

あんなに小さな芽が、一か月後に、こんな可愛らしい花を咲かせるのですから、

子ども同様、何だかその成長がたまらなく愛おしく、感動してしまいます。


b0244274_22164858.jpg



海は、とっても喜んでいました。

チューリップを育てるのも、なかなか意味がわからなかった頃からでした。

毎年、毎年、それでも繰り返していく中で、育てることの楽しさを少しだけわかってくれたかな。


最初は、なんで、水をあげるのか? 何が楽しいのか?何にもわからなかったはずです。

毎日、目に見えてぐんぐん大きくなる訳ではなく、目を出すまでにも三カ月。

芽を出してから、一カ月。

自分で納得のいかない水やりだった時も、何回もありました。

泣いたり、パニックになったり、お花の水やりでもらっている30円も、もらうことが出来なくて・・・。

こだわりがそうさせているのですが、その真面目な海の姿勢に、私が学ぶことが多くありました。


だって、適当にやることだって出来るわけです。

でも、海は、自分なりのやり方で進めることが気持ちいいので、そう出来なかった時は苦しむけど、

毎日「いーち、にー、さんー、しー、・・・」と数をかぞえながら、一生懸命水やりを頑張ったのです。


そして、楽しみにまっていたチューリップが咲いたことを、喜べるようになったことが、

その成長が、親としてとっても嬉しいのです。


私が、どんなことより育ってほしいと思っている感性。

今日、チューリップの花と共に、海の感性の花も一つ咲いたような気がします。


二つ咲いたので、一つ切って、クラスに飾ってもらおうということに決めました。

どうやって、先生に渡すかで、また、緊張してしまい、朝少し、ひやひやすることがありましたが、

ちゃんと渡すこともできました。

4年生になって、お兄さんになったんだね・・・と朝から幸せな気持ちになりました。



今日、もう一つ嬉しいことがありました。

空は毎日学校で、「ホームルームノート」というノートに、明日の時間割と持ちもの、そして、

少しだけですが日記を書くことになっているらしく、今日も空に見せてもらいました。

今日の日記のところに、こう書いてありました。

「今日の母の弁当が、死ぬほどうまかったです。しっかり母に感謝したいです。」

「嬉しい~!!」と大喜びしてしまいました^^。


と言っても、昨日の夜に作ったハンバーグシチューを朝、目玉焼きとウインナーを焼いて、

ポテトサラダを作って「ロコモコ丼」にしただけなんだけど(笑)。

超手抜きお弁当でしたが、美味しい!って言ってもらえると、本当に嬉しい!

その一言が、母をやる気にさせてくれます!(単純!)

b0244274_22152627.jpg



母に感謝なんていうことばを言えるようになった空の成長に、喜びでいっぱいでした。

なんか、今日は朝から嬉しい日だったな~。


単純な母は、夕食の準備をしながら鼻歌をフフフ~ン♪と歌って、夕食の時に、

今日はワインなんて飲んじゃう!?とすっかりいい気分でワインで酔っぱらい(笑)。

子どもの成長に、何より酔わせてもらった一日でした。


子どもたちよ、ありがとう~~!

な~んて喜んでいると、がっつり凹むことが起こるのが我が家のパターンだけど、

今日は幸せに浸っちゃおう~っと!へへ。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-04-12 22:23 | こどもたちのこと | Comments(4)

「彩り」

先日のミュージックステーションに3年ぶりにミスチルが出演して、空と海と、私で釘付け。

新曲も、まあ素敵!

やっぱり、全てが好き・・・。と暫く余韻にひたってしまいました。


最近、朝食を食べながら聴いているのが「彩り」。

とっても幸せで、優しい気持ちにさせてくれる大好きな曲です。


「彩り」  作詞・作曲 桜井和寿 唄 Mr.Childrenを少しだけ紹介します。

「彩り」

「・・・・途中から

なんてことのない作業が この世界を回り回って

何処の誰かも知らない人の笑い声を作ってゆく

そんな些細な生き甲斐が 日常に彩りを加える

モノクロの僕の毎日に 増やしていく 水色 オレンジ


なんてことのない作業が 回り回り回り回って

今 僕の目の前の人の笑い顔を作ってゆく

そんな確かな生き甲斐が 日常に彩りをを加える

モノクロの僕の毎日に 頬が染まる 温かなピンク

増やしていく きれいな彩り」


ミスチルの曲を聴くと、何もなかったモノクロの私の心が色づいていく。

もちろん桜井さんは私を知らなくて、でも、彼の作った曲で、

優しい気持ちを与えられ、心が柔らかくなっていくのがわかります。


大好きな絵本を読むと、何もなかったモノクロの私の心が色づいていく。

もちろん、その絵本作家さんは私を知らなくて、でも、その作家さんの絵本で、

私は癒され、心に栄養をもらえるのです。


心のこもった美味しいお料理を食べると、何もなかった私の心が色づいていく。

作ったシェフのお顔も知らないけれど、その美味しい料理によって、

私は幸せな気持ちになり、笑顔になります。



色んな日があります。

疲れてしまったり、何にもやる気がでなかったり、どうでもいいやと投げやりになったり・・・。

色づいていた心も、いつのまにかモノクロになっていて、笑顔が消えてしまっていて。


でも、ふと顔をあげて、まわりを見渡してみると、私達は知らない人から沢山の幸せをいただいていることに

気づかされます。


今、食べているお野菜も、心をこめて作ってくださった方がいて。

可愛い!と気にいって買ったお洋服も、心をこめて作って下さった方がいて。

乗っている車も、会ったこともない方が、一生懸命作ってくださった。


すべてのものに、人がかかわっているのです。

朝から、遅くまで働いているパパ達も、その毎日の繰り返される作業によって、

見えない誰かを幸せにし、私達家族に笑顔をくれる。


毎日、毎日、繰り返される単純作業も、どこで、どんなふうに、人とかかわり、

人を笑顔にしていくのか、誰にもわからないけど、一人でも自分のした作業で、

笑顔になってくれる人がいてくれるとしたら、それはとっても幸せなことなんだな~って。


空のお弁当づくりも、毎日だから、大変だなって思う日もあるでしょう。

でも、食材を見た時に、ちょっとだけ思い出してみようと思います。

すべての食材を作ってくださった方がいることを・・・。

それらの食材を使って、愛情を入れて私が作り、お昼ごろ、ふと美味しそうに食べる空を

想像してみたら、笑顔になれる。

空が帰ってきて「うまかった~!」と空っぽのお弁当箱をシンクに置いた時、

私の心に幸せな色がつく。



そうやって、自分のした作業が、回り回って、知らない間に誰かが幸せな気持ちになって、

知らない誰かが笑顔になって、回り回って、自分に目の前の人が笑顔になって、色づく連鎖。


幸せの連鎖がもたらす「彩り」を、楽しみにしながら、心を豊かにして、日々を過ごせたら

素敵だな~って思いました。


明日はどんな「彩り」かなぁ・・・。 


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-04-10 23:19 | わたしのこと | Comments(2)
空の部屋にベッドを入れることになり、狭いのでベッドを入れるとなると、今まで置いてあった色んなものを

どかさなければならなくなり、とりあえず寝室に押し込んでしまいました。

そんな訳で、今、我が家の3階は、引っ越しした時みたいに物がいっぱい・・・。


入学式だ、始業式だで、全く手つかずの状態なので、週末はやらなきゃな~と思っていました。

しかーし、外をみれば、爽やかな青空、お日様がポカポカとあたたかい。

そして、どこの桜も満開!


お花見?or掃除? お花見?or掃除?・・・・・

掃除はいつでも出来るけど、お花は待ってはくれません。

だって、あっという間に散ってしまうから・・・・。


ということで、今日は掃除をやめて、お花見に決定~!!

掃除から逃げることはお得意です(笑)!


せっかくだし、あるものでお弁当でも作りますか・・・。

お友達も誘いましょう!と3階のお部屋は見なかったことにして、すっかりお花見モード。


海は、ピクニックが大好きなので、「今日は、お花見ピクニックだよ~!」と言うと、

「わーい!わーい!お花見だ~!!」と最高のスマイルで喜んでいました。


今までは、週末は空のサッカーで、空とはずっと別行動だったので、

家族でピクニックは久しぶり^^。

これから家族でピクニックなんて、空も大きくなり、なかなか出来なくなってしまいます。

だから、やっぱり今日はお花見しなくっちゃ!


大急ぎで母はお弁当作り、パパは洗い物と役割分担して、「お花見お弁当」の出来上がり!

b0244274_2257122.jpg



お弁当をバスケットに入れて、空お薦めの芝生のある近くの公園にレッツ ゴー!!

お友達家族と合流して、桜がきれいに咲く公園に着きました。

b0244274_2259518.jpg



きれ~い!!

やっぱり来て良かった。

桜を見ながら、お弁当を食べて、お花見ピクニック最高で~す^^。


空はお弁当を食べて、お友達が同じ公園に沢山いたので、あっという間に遊びに消えてしまいました。

まあ、久しぶりに、家族で外で食べられただけでも良しとしましょう!

パパと、子どもたちは探検に!

ママたちは、しゃべる!食べる!しゃべる!食べる!・・・・・・・・


気づけば、夕方でした(笑)。

お花見を満喫して、春をいっぱい身体に取り込むことが出来ました。



なんで外で食べると、こんなにワクワクして、美味しいんでしょうね~。

子どもの頃の遠足もそうですが、外の空気と解放感がそういう気持ちにさせてくれるんでしょう。きっと。


すごく暑くても、すごく寒くてもピクニックは出来ません。

出来たとしても、なかなか厳しい・・・。

そうなると、やっぱり春と秋の爽やかな晴れた日は、予定を変更してもピクニックする価値ありですね。


季節を感じ、風を感じ、目で楽しみ、思いっきり空気を吸い込んで、

嫌なことも、風にのせて空に放ち、時間を忘れてのんびりして、

心からリラックスしたら、もう、笑顔になれる。


子どもたちの笑い声が響き、季節の花に癒され、樹木の生命力にパワーをいただき、

命の連鎖を感じながら、生かされている今に感謝をすることが出来たなら、

今日という日を喜びで満たすことが出来るでしょう。


喜びと幸せを与えてくれる自然のパワーに感謝して、ピクニックを終えられたら、

きっとまた、自然が「いつでも遊びにおいで!」と言ってくれるような気がするのです。


淡いピンクの桜たちに、春の幸せを沢山いただきました。

また、お弁当もって、ピクニックをしたいと思います。

次は、どんな幸せをいただけるかな・・・。とっても楽しみです。

自然さん、どうもありがとう。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-04-08 23:01 | お弁当 | Comments(4)
海の始業式でした。

海は4年生になりました。

昨日、空が入学式で、みんなに「おめでとう~!」と言ってもらっているのを見て、

僕も言ってもらいたいな~と思ったようで、「ぼくも、おめでとう?」と何回も言われました(笑)!


海も、おめでとうです!

あんなに小さかったのに、もう高学年の仲間入りなのですから・・・。

本当に大きくなりました。

母は感動です!グスン・・・。


今年はどんな先生方なのかな~と、ドキドキ、ワクワクして学校に行きました。

いつも玄関のところに、クラスの先生のお名前が貼り出されているので、早速見てみると、

ん?これは・・・・・もしや・・・・・

わ~い!わ~い!

3年生でみていただいていた先生が三人中、お二人も入っていらっしゃるではありませんか!

もう一人の先生は、2年生から連続でみていただいていた先生なので、きっと、3年連続は厳しいかも・・と

勝手に予想していたりして(笑)・・・でも的中。

今度、また別のクラスで幸せをいっぱい届けてくださることと思います^^。


そして、新しく一緒に過ごしていただくことになった先生は、海のマラソン大会で伴走していただいた

女性の先生になりました^^。


海は去年、本当に難しい時期に入り、悩みも多く大変だったけれど、本当にまるごと海を

受けとめてくださった先生方のおかげで、なんとか乗り越えられてきたので、また教室も

変わり、先生方も変わり、どうなってしまうのかという不安もありました。


それだけに、今日の安心感!

ありがとうございます~!!(校長先生!?)

教室は変わっても、中の雰囲気がほとんど変わってないので、子ども達もあまり混乱することなく

スケジュールをこなしていました。

つくづく、環境がもたらす影響がどれだけのものなのかを痛感させられました。


写真を撮り忘れてしまいましたが、今度の教室はオーシャンビューです。

光もいっぱい入り、それはもう明るくて、癒される教室で海達は幸せです。


始業式のあと、クラスのお母さんたちに、子どもと別室で、先生から色々と報告等がありました。

毎年、クラスのキャッチフレーズがあり、(にこにこ2年生、さわやか3年生・・というように)

今年はどんなのかしら・・・と楽しみにしていました。


今年は、「気づこう!動こう!考えよう!えがおいっぱい4年生!」になったことを先生が

伝えて下さいました。

今年の新たな学級目標、「気づく、動く、考える」の趣旨を先生がお話して下さいました。

子どもたちが自分で考えてみること、そして自分で動いてみることを大切にしていきたいと。

何より感動したのは「気づく」ことの説明でした。

「私達(先生)は、日常の流れのなかで、子どもたちが気づいてもらいたいこと、

気づいたことを、見逃してしまっていることがあると思うんです。でも、今年は、そこを

しっかり見ていきたい!気づいてあげたいと思うんです。

こんなことに気づけたんだね。すごいね~。

このことを気づいてもらいたかったんだね~。というように・・・。

気づきながら、一緒に考えながら、行動出来るように、わからなくなったら、また、考えて・・・

そんな風に、子どもたちと過ごせたらいいなって思っているんです。」とお話してくださり、

なんて素晴らしい先生方なの!と胸がいっぱいになりました。


きっとこれは、障害の有無にかかわらず、こどもが一番願っていることなのだと思います。

育児でも同じですが、気づいてもらいたいんですよね。

僕もやってもらいたい!

僕は、こんなことを発見したんだよ!

僕もいっぱいほめてもらいたい!

僕は、悲しいんだ!

僕は、嬉しいんだ!

僕は、あの子は悲しいんだと思う。

あの子が笑っているから、僕も笑いたくなっちゃたの。

今、お空の雲が、いっぱい動いたよ!

お花が咲いていたんだよ!

ありさんが、歩いていたんだよ!

今日は、いつもと違う場所にあったから、ドキドキしてしまったの・・・。

すごくドキドキしたけど、ちゃんと出来たんだよ!



こんな風に、気づいてもらいたいことで溢れていると思うのです。

そして、色々なことに実はいっぱい気づいていると思うのです。


この子達は、それを表現することが、とっても難しい。

気づいてもらえないと、パニックになってしまい、気づいてもらえているときは落ち着いている。

(もちろんパニックになるのは、それだけの理由ではありませんが)

だからこそ、私達大人は出来る限り、気づけていることを褒め、

気づいてもらいたがっていることを、気づいてやる必要があるんですよね。

とっても、とっても、シンプルだけど難しい。でも、とっても大切なこと。



先生方のその想いが、春の陽ざしみたいに暖かく、その暖かい空気のなかで、

子どもたちは、また、育ててもらえる。

海の4年生最初の日、また、幸せをいただいて帰ってきました。



空と海の新しい生活は、あたたかい優しさに包まれ、素晴らしいスタートをきりました。

空は、今日からお弁当!

大きなお弁当箱デビューです!

初日なので、なんだかもう、私がパニックでしたが、春らしいお弁当にしたくて、

ちょっと可愛くなっちゃった^^。

ご飯とご飯の間に海苔をはさみました。やっぱり、海苔弁は美味しい~から・・・。


b0244274_052889.jpg



きれいに食べてきました!

そして、帰ってきてから、空がどうだったかは、御想像におまかせします(笑)。


母の感想。

「それは、それは、楽しくてよかったね~。中学生活。わかった。また後で聞くよ・・・・。」


空も海も、にこにこの始まりに感謝しています(*^_^*)。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-04-07 00:10 | 海のこと | Comments(4)