心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

<   2012年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

旅立ち

空もいよいよ卒業に向けて、日々、学校で様々な準備をしているようです。

つい、この前、入学式をしたような気がします。

そう思うと、小学校の6年間は長いように感じていましたが、もう、卒業か~と

何だか信じられないような、色んな出来事に、親子で向き合ってきたな~と

しみじみしてしまします。


ミスチルの歌で、「旅立ちの唄」という曲があります。


「旅立ち」というのは、天国に旅立つこともそう。

卒業することも、そう。もちろん、旅に出ることも、そう。

一つの節目を迎えて、前に進むその時を、私達は表現します。


この歌を聴くと、いつも、動けなくなってしまっている自分に、見えない力が働いて、

一歩踏み出す勇気を、もらえる気がします。

歌詞を、全部ではありませんが、紹介します。


「旅立ちの唄」 

怖がらないで。

手当たり次第に灯り点けなくても

いつか 一人ぼっちの夜は明けていくよ

転んだ日は はるか遠くに感じていた景色も

起き上がってよく見ると なんか辿り着けそうじゃん


(途中から・・・)

大切なものを失くして また手に入れて

そんな繰り返しのようで その度新しくて

「もうこれ以上 涙流したり笑いあったりできない」と言ってたって

やっぱり人恋しくて


今が大好きだって躊躇しないで言える

そんな風に日々を刻んでいこう

どんな場所にいても


Ah はじまりを祝い歌う最後の唄

僕は今手を振るよ Ah

悲しみにさようなら

疲れ果てて足が止まるとき 少しだけ振り返ってよ

手の届かない場所で背中を押してるから


Ah 旅立ちの唄

さあ どこに行こう?またどこかで出会えるね Ah

とりあえず「さようなら」

自分が誰か忘れそうなとき

ぼんやり想い出してよ

ほら 僕の体中 笑顔の君がいるから

背中を押してるから

でも返事はいらないから


Mr.Children 「旅立ちの唄」より 」



私達は、天国に旅立つ日までに、いったいいくつの、出会いと別れを経験するのでしょう。

生まれた時の病院の先生、駄菓子屋のおばちゃん、幼稚園のお友達、学校の先生、恋人、

旅行先で出会った人、電車で隣りに座って話した人、動物園のお兄さん、仕事の仲間・・・。


一瞬の出会いもあれば、一瞬の別れもあります。

学校の先生のような出会いもあれば、卒業という形での別れもあります。

そして、天国へ逝く人を見送るとき、自分が天国へ旅立つとき。



数えきれない出会いと別れを、繰り返しながら、私達は生きています。

出会いがあるから、私達は、そこで何かを感じ、成長していけるんだと思います。


すべての人は、私とは違う人。

自分ではない人との出会いによって、色んな考えがあるんだという事に気付き、


正しいと思っていたものが、違うんだと気付いたり、


悩みのなかにある時、ある人の言った一言で、一筋の光が見えたり、


その頃には気付かなかったけど、大人になってから、あの時の、あの人の笑顔に、

うんと幸せをもらっていたんだとか、


先生が、授業の時間をつぶして語ってくれたことだったり、


愛する人がみせてくれた優しさだったり、、、、。



空は、生まれてから12年。

そのうちの小学校の6年間は、とても大きな出会いがあったでしょう。

これから、中学という新しい世界に旅立ちます。


どんな素敵な出会いが待っていて、これからどんな別れを経験していくのかな・・・。

大人になっていく途中で、きっと、苦しくて、悲しくて、もう嫌だと

今まではあまり味わったことのない、強烈な暗闇に入り込むことがあるかもしれません。


思春期という、大人になっていくための、誰もが通っていく道。

すべてを投げ出してしまいたいような時、挫折しそうな時、

ひとりぽっちだと、肩をおとす時、起き上がれない時、

空の出会った大切な人が、今そこに姿はなくとも、空の背中を押してくれているんだと、

感じられるように育ってほしいなと思います。


大人になっても一緒。私も一緒。

やりきれなくて、限界を感じて、もうどこまで歩いても、探していた答えを

みつけられない気持ちになって、倒れこんで・・・。

精一杯やってるつもりなのにな・・・って悲しくなって。


でも、そんな時こそ、倒れこんだままでもいいから、あの人の笑顔、

あの人のことば、あの人の祈り、あの人の優しさ、あの人との想い出・・・を

自分の心に蘇らせて、少しだけ、顔をあげてみようと思えるといいな。

これからも、ずっと・・・。


きっと、そんな時、想う人が、自分の背中を押してくれているって信じたい。


そして、自分では、気付かないけれど、誰かが、自分の事を想っていてくれる、

そんな時も、実は、背中を押してもらっているのかなぁって信じたい。



そして、この歌詞にあるように、今が大好きだっていえるように、

日々を刻んでいけたらいいな。


私の出会ってきた、沢山の数えきれない人に、今日は感謝して終わりたいと思います。

素敵な歌詞で、勇気をくれた桜井さんにも・・・。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-01-30 22:12 | Mr.Children | Comments(6)
今朝は、パパと海で、マラソンに行きました。

行く直前に、またもや、言い方が違ったと、おっこちてしまったのですが、

何とか行ったので、大丈夫だと思いました。


私は、その間に、海のスケジュールを、作りなおす事にしました。

今までは、パソコンで、「あさごはん」「しょくじのじゅんび」等と、

スケジュールの内容を、打って、プリントアウトして、切って、ラミネートをかけて、

マジックテープを貼るという、ハードな工程なので、パパと協力して一気に作っていました。


でも、確かに、パソコンで打った書体は、美しくて、読みやすいのですが、

その工程がなかなかボリュームがあるので、付け足したい!と思っても、

なかなか、すぐには出来ないのが現状でした。


実際、海も、スケジュールは確認しますが、なくても、私が声をかけていたりする事で、

行動には移せていました。


けれど、ここまで、確認が、激しくなってきたので、どっちに転ぶかわかりませんが、

私の声かけではなくて、自分の力で、スケジュールを見て、動いてみるという事を、

もう一度、初めにもどって、やってみたらどうかなと思いました。

やり方は、同じ。一つ一つ、終わったら、取っていくだけです。


そのためには、足りなくなっても、すぐに作れなければ、意味がありません。

私は、そう!アナログ人間。

スマートフォンなどで、スケジュール管理をする時代ではありますが、

この前の、データ消しちゃった事件を思い出し、まずは、私が出来ない事は、

やめましょう!と思い、マグネットで取り外すようにして、内容は、私が書くという

究極のアナログ時代に戻しました(笑)。

書くのが、一番早い!

マグネットに、スケジュールの絵を貼っていた頃もありました。

そして、マジックテープの方へと変えましたが、

また、マグネットに!

でも、今は、絵や写真ではなくて、字が読めるようになったので、

「ひらがな」メインでのスケジュール。

覚えた漢字などは、混ぜて、作っていく予定です。


100円ショップで、大量にシートマグネットを買ってあったので、

海が帰ってくるまでに、出来ました。


b0244274_23202339.jpg



ドアが開いて、閉まる音がして。パパと帰ってきたら、、、、

「わ~~~~~~~~~~ん!」

(ふう~~~。まだ、ダメだったのね。)

パパに、原因を聞いたら、やはり、行く時におこっちたまま、復活出来ずに、

(いつも、家から学校まで行って、戻るコースを走っています。)

たまたま、折り返し地点の学校で、主事の先生に出会ったらしいのですが、

先生のせっかくの応援にも、応えもせず、いつもは、爽快に走る海ですが、

ちまちま小走りしていたせいで、3回も転んで、鼻を擦りむいてきました。


辛いマラソンだったろうに・・・。

海も、パパも・・・。

帰ってきて、汗をかいているので、部屋を暖かくしておいて、シャワーを浴びるよと

パパが、声をかけました。

そうしたら、今、履いてるパンツじゃないと、履けないと言ってパニック。

帰ってきてから、どれだけ長い時間を費やしたことか・・・。

何とかお風呂に入り、上がってきました。

ばい菌さんが、いっぱいくっついているから、きれいなパンツに替えるんだよと言って、

一回は履いたのですが、また、脱いでしまいました。


先生と、相談した事を実行。

上半身は着たし、暖房で部屋は暖かいから、下半身はすっぽんぽんでも平気でしょう。

「いいよ、履かなくても。でも、ばい菌さんのついたパンツと体で、学校や、

デイサービスに行ったり、先生やヘルパーさんに会ったりすると、迷惑になって

しまうから、かくにんノートに、「もう、学校と○○○さん(デイサービスと移動支援で

お世話になっている事業所さん)には、行けません。おでかけもできません。」と書くね!」

と言って、(本当は、言いながら、凄く苦しくて、肯定的な言い方でないのも、

海は今まで、あまり経験がありません。でも、ここは、成長の時と信じなくては!)

かくにんノートに書きました。


「もう書いたからいいよ~。パンツ脱いじゃって・・・。」と言って、

私は、もくもくとお昼ごはんの支度をしていました。

(海~、頑張れ!かくにんノートに書いた事は嫌だって言って!祈る気持ちでした。)



しばらくして、海が私のところに来ました。

(涙をいっぱいためて)「パンツ、ちゃんと、はける・・・。ぼく、がんばるもん!」と

小さくポーズをとっていました。



「えらかったね~。よく頑張ったね。わかって、本当にえらかったね。

海がきれいな、パンツと体で来てくれたら、みんな嬉しい気持ちだよ^^。」

と言って、ハグをすると、エンエン泣いていました。


長い長い午前中が終わりました。

長くても、海がわかってくれたなら、私は幸せです。



午後も色々ありましたが、今日の夜ごはんは、我ながらこれは美味しい!という

ものになったので、レシピを紹介します。

パパも、空も、海もおかわりをしました(*^_^*)。


パパは、カレーが食べたいと言ったのですが、私はなんかトマトクリーム系のものが

食べたいと思っていたので、トマトクリームカレーにすればいいんだと決定!

お風呂の中で、カレー粉にするか、カレールウを使うかとか、簡単に出来る工程を

考えていました。



「トマトクリームカレー」

<材料>

・鶏もも肉 2枚(546グラムありました。)

・カットトマト缶 2缶

・玉ねぎ 半分

・じゃがいも 2個(レンジでやわらかくしておく)

・ブロッコリーとほうれん草 お好みの量(茹でておく)

・あんず酒 50CC

・牛乳 400CC

・生クリーム 200CC

・カレー粉 大さじ2杯

・鶏ガラスープの素(顆粒)大さじ1杯

・ケチャップ 大さじ2杯

・コンソメ 3個

・オリーブオイル 大さじ2杯

・塩、コショウ 適宜

・バター(お好みで^^)


<作り方> めっちゃ簡単!

・鶏肉に、塩コショウをする。

・鶏肉を小さめの一口大に切り、あんず酒を入れて、よく混ぜ、お肉に吸わせる。

・ミキサーに、スライスした玉ねぎと、カットトマト缶(2缶とも)を入れて、

なめらかになるまで、攪はんする。

・お鍋に、オリーブオイルを入れて、鶏肉を入れて炒める。

・少し炒めたら、カレー粉を全体にふりかけ、よく炒める。

・ミキサーの中のものを、全部、お鍋に入れる。

・ケチャップ、牛乳、鶏ガラスープの素、コンソメを入れて、混ぜながら温めていく。

・コンソメが溶けても、しばらく弱火で、混ぜて味をなじませる。

・生クリームを入れて、よく混ぜる。

・やわらかくしておいた、ジャガイモと、茹でたほうれん草を入れる。

・バターは、お好みで入れて下さい。入れなくても全然問題なし!

・器によそって、茹でたブロッコリーを入れたら、完成~!!


b0244274_2322133.jpg



カレー!をイメージすると、ちょっと違うかもしれないけれど、

何ともいえないトマトクリームと、隠れたカレー粉の香りがたまりません。むふ。

美味しい!と食べてくれる家族に感謝して・・・。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-01-28 23:24 | 海&お料理 | Comments(3)

クッションがくれた幸せ

ブログを始めて、2か月が経ちました。

毎日ではありませんが、日々の振り返りは、想像以上に、心を落ち着かせてくれ、

今の私には、とても大切な日常の一部になっています。


最近は、今までより更に、涙腺が弱くなってしまい、(歳のせい?)

コメントを下さった方達の、メッセージを読んで、ウルウルしてしまう事もしばしばです。

人って、温かいな~と、心がじんわりして、優しい気持ちになれます。

ブログを読んで下さっている方達に、心から、お礼を言いたいです。

読んでいただいて、本当に、ありがとうございます。



そんな恵まれた私なのに、毎日起こる色々に、幸せな気持ちを持っていかれて

しまう時もあって、苦しくなります。

沢山の方達の励ましと、協力のおかげで、一歩一歩進んでいる海ですが、

今日も、気になっていた事が、わからないと、叫んで、泣いて・・・。


今日は、海のいない時間に、また、海沿いを歩き、気分転換も出来たのですが、

海が帰ってきて、もう玄関から始まりました。

私の心に、充電しておいたはずのエネルギーが、みるみる減っていき、

気付いたら、海に、大きな声で「もう、やめて!お母さんも、わからない!」と

叫んでいました。

海は、びっくりして、目にいっぱい涙をためて、震えているように私には、映りました。


それでも、次から、次と、海にとってわからないポイントで、パニックになり、

私の心のエネルギーは、とうに無くなり、抜け殻のようになってしまいました。


空が、気を遣い、海と私の間に入って、まるで通訳の人のように、海に説明したり、

そっと、私の横に来ては、海の変化を伝えてくれました。


寝る直前も、トイレに置いてあったスプレーが、急に、場所が違うと、

パニックを起こし、大騒ぎ。

さすがの空も、げんなりでした。

私は、透明人間のようだったかもしれません。


今日は、気持ちが何とかなりませんでした。

二人が寝て、ソファーに座り、ただ、ぼんやりとしていました。


その時、目の前にあったクッションが、ふと、目に入りました。

そのクッションは、私が勤めていた幼稚園の、先輩の先生が作ってくださった物でした。


その、先輩は、今、天国にいます。

裁縫、版画、工作、料理、園芸、字が上手くて、気配りが出来て、仕事がはやくて、

もう、私が初めて、その先輩の先生を見た時、スーパーウーマンだ!と思ったくらい、

何でも出来る先輩でした。

なんでも、はっきりと意見を話される先生だったので、一見、知らない方は、

怖い印象をもった方もいらっしゃるかもしれません。

実際、私も、最初はドキドキしました(笑)。(先生、ごめんなさい)


でも、筋が通っていて、真っ直ぐな心で、子どもたちに関わる先生の姿は、

私の憧れで、見学をさせていただいた時も、話がわかりやすくて、

気付いたら、その先生の話に夢中になっている!

そんな、素晴らしい先生でした。


私は、当時、かなり遠距離通勤で、いつも私の体調を心配してくださって、

幼稚園の近くに、住まわれていた先生は、私をよく、お家に泊めて下さいました。

朝、起きると、とっても美味しそうなお弁当が二つ、テーブルに並んでいて、

「はい、これ、A先生の分!」と渡して下さるのです。


幼稚園の仕事でも、私がやる仕事がいっぱいで、あたふたしていると、

すっと、私のクラスに入って来られて、さりげなく、ポンっと、作らなきゃならなかった物

なんかを先生が、作って下さっていて、置いていって下さったり。


その先生から、私は、「真の優しさ」とは何かを、沢山教わりました。

私が結婚して、空と海を授かり、海が自閉症であることがわかった時には、

色々と、心を配してくださいました。


先生に病がみつかり、幼稚園を休職されていた頃、海が、先生に絵を描いて、

ファックスで送りました。

空と海、私までもが、図々しくも、Sお姉ちゃんと慕い、先生も、私をKちゃんと

呼んで下さっていました。

(もう、~先生って呼ぶのは変だよね~っておしゃっって下さって。^^)

海の筆圧も、まだ全然なくて、やっとこさ、人の顔を描けるようになった頃の絵です。

その、ファックスを送って、間もなく、Sお姉ちゃんから荷物が届きました。

b0244274_23454073.jpg



海が描いた絵が、そのまま、愛らしいクッションになっていました。

海も、今みたいに、ことばで上手く表現出来なかったけれど、とても気にいって、

いつも、持って歩いていました。



先生が、亡くなる前に、一度、我が家に泊まりにきて下さいました。

最初は、泊まっていく予定じゃなかったのですが、話がはずんで、

泊まっていって~みたいな流れになって。

一年分くらい、おしゃべりしました(笑)。

その時も、先生と私のおそろいのエプロンを作ってきて下さいました。


帰られてから、すぐに、お手紙を下さいました。

その中に、空が、心の優しいお兄ちゃんに育っていてくれたこと、

海が、本当に成長していて、Kちゃんとパパの想いに、涙が出ました。

今、子どもたちに会えない毎日の中で、楽しいひとときを、ありがとう。と

書いてくださいました。



今日、そのクッションを見たら、その時の想いと、いつだって、私達家族のことを

見守って、応援して下さっていたことを、一気に思いだして、涙が溢れてしまいました。

きっと、天国から、こわれてしまっている私に、

「Kちゃん、がんばれ!」って応援してくれているような気がして・・・。



感謝も、幸せも、感じることが難しかった、海とのやりとりからくる苦しみの中で、

Sお姉ちゃんが、私に愛を下さいました。

心に、何もなかったのに、天国から、心を、愛で満たして、こうして感謝して、

今日を終わりにさせて下さったことを、幸せに思います。



Sお姉ちゃん、天国で元気にしていますか?

海沿いを歩いている時、もしかしたら、会いにきてくれるかなと思って、

実は、いつも想いながら歩いています。

青い空を見ては、Sお姉ちゃんに心で話しています。


今日、辛くて、悲しくて、どうしようもなかった・・・。

きっと、想いが届いていたと信じさせてください。

クッション、家に遊びにきてくれた人が、みんな、かわいい~と言ってくれます。

きっと、天国の素敵な幼稚園で、いっぱい笑っていますね(^^)。


もう少し、Sお姉ちゃんに心配かけないようにしなくっちゃ。

明日が、素敵な日になりますように。

今、悲しみの中にいる人がいたら、同じように、素敵な明日になりますように・・・。

Sお姉ちゃんに感謝して・・・。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-01-27 23:53 | わたしのこと | Comments(11)
夜、海が大きな声で叫んで、泣いて、でも、私の出来る全てで、向き合ったので、

疲れはありますが、後悔はありません。

こんな日は、「心のスケッチ」 本多 譲 著を読んで、ミスチルの歌に酔いしれるのが一番!


本多 譲 著 「心のスケッチ」より


「受信機」  

「子どもは絶えず発信音をおくっている

喜びを伝えるため

苦しい胸の内を知らせるために

言葉では言いあらわせないことを

理解してもらうために

子どもは絶えず発信音をおくっている

昨日あった出来事を伝えるために

今日の気持ちを知らせるために

言いたくても上手く言えないことを

わかってもらうために


私はそれを感じる受信機になりたい

どこにいても受信可能な

高感度の受信機でありたい」



空が小さい時は、私の受信機は、錆び錆びでした。

いいえ、小さい時だけではなくて、最近までというのが、本当です。

今も、高感度かと問われたら、決して、高感度ではありません。

でも、少しだけ、錆びがとれてきたような気がします。


一度、錆びてしまったものは、なかなかすぐに、錆びがとれる訳ではありません。

でも、空と海と暮らしていると、空と海の受信音を受信出来なくなって、

あ、また、錆びが増えてしまったかなって気付くんです。

この前、錆びを磨いて、少しとれたはずなのに。


子どもの届けようとしている声を、私の心で聴きたい。

すぐに、メンテナンスする事を怠って、錆びを増やしてしまう私だけど、

錆びてしまったからと、受信できないからと、捨てたりはしたくない。


少しでもよく、聴きとれるように、錆びを落としながら、

時に、自分ではない人に、磨くのを手伝ってもらって。

私も、いつか、高感度の受信機になりたい。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-01-26 23:40 | わたしのこと | Comments(2)

未来のための「今」

実り多き一日でした。

心が満たされて、感謝という想いに溢れた一日でした。

満たされても、満たされても、次から次と感謝することばかり。

こんな日は、自分では、なかなか気付かないけれど、きっと自然とやわらかい表情になって

いるのかもしれません。


今日は、パパはお休みをとりました。

一番の目的は、海のクラスの先生方と主事の先生と、面談があったからです。

でも、普段、小旅行級の通勤をしているので、ゆっくり、平日の朝の家族の様子をみたり、

過ごしたりできて、有意義な時間になったと思います。


何故、面談をすることになったかと言うと、海のここ最近の辛さや苦しみを知り、

その海に、どう対応していいのか、悩んでいる私の事を想い、先生方が、出来ればパパも

一緒に、相談を受けながら、考えていきましょう!と提案して下さったからです。


その時は、学校の朝の忙しい時間だったので、是非!と言って、あまり先生と話せなかった

のですが、後から家に帰ってきて、感謝と喜びと、幸せがいっぺんに来たように感じました。

私が、暗い顔をしていたのかな・・とか、一瞬思ったりしましたが、いや、違う。

何とか、少しでも、今、何に海が苦しみ、求めているのか、

そして、家庭や、学校で、どうしてあげる事が、海の未来に繋がっていくのかを、

先生方はシンプルに考えたいと思ってくださっているんだと思いました。


学校や、先生方には、日々、感謝をしていますが、私から面談を頼むのではなくて、

先生方から、一緒に考えよう!お母さん!とおっしゃって下さる幸せ。

忙しい中で、時間をとって、共に考えて下さる幸せ。

私は幸せです~~~~~~~~!



面談は、一時間半弱の短い時間でした(限られた時間の中で組んでくださった)が、

本当に充実した、有意義な時間になりました。

あらゆる角度から、海の心を見て下さり、学校での様子、出来るようになった事の数々、

学校と家庭とでの海の違い、今、海に、何をすることが海のためなのか、

先生方の想い、親の想いを聞きながら、語り合いました。



失敗が苦手な海だけど、失敗をしてしまっても、大丈夫なんだ、何とかなるんだと、

大人が説明してわからせるのではなくて、海が、とにかく、失敗の経験の中から、

学んで、気付いて、自分の中で納得出来たら、次に生かしていくことも出来るし、

苦しみも減っていくんじゃないかな~という事でした。


失敗をあえてさせない方がいい時期もあると思います。

でも、海は、いよいよ、失敗をあえて、体験してみる時がきたのかもしれません。


海が、自分の意思をもって、海らしく生きていくことが出来るように、今出来る事を、

一緒に考えながら、試しながら、やっていきましょう!という、先生方の熱く、優しい

考え方に、胸がいっぱいになりました。


具体的に、試して、やっていく方向性もみえて、面談をしてくださったことを、

心から感謝しました。


学校の帰りの車の中で、パパと私で、感謝の想いで満たされながら、話をしていました。

「本当に、今日、面談してもらって、よかったね~」と私が言うと、

パパは、「ほんとだね。なんか、ああいう先生達は、特別支援学校の先生の先生を

してもらいたいよね~!」と言っていました。


「ほんと!」と同感したけど、いやいや、ダメダメ。

子どもたちは、あたたかな、熱くて、優しい、愛のある先生を、いつだって求めているんだから、

やっぱり、先生方には、子どもたちの先生でいてもらわなくっちゃ!


これからも、海を、どうぞよろしくお願いいたします。ペコリ^^。



面談の後は、一度家に帰り、デイサービスから帰ってきた海と、すぐに、ST(言語療法)へ。

その、STの先生が、それはもう、穏やかで、やわらかな雰囲気でいつも包んで下さって、

海も私も大好き~!


いつも、今の海に必要な課題を、一生懸命考えて下さいます。

今日は、その課題の中の一つに、「セロハンテープはがし」という項目がありました。

色画用紙に、色んな長さの、色んな種類のテープが貼ってあって、そのテープをはがし、

うまく剥がせた箱と、失敗しちゃった箱に、分けて入れるというものです。


なかなか、きれいに剥がすのは難しくて、根気も必要とするし、集中力もいるし、

手先の不器用な海には、とても大切な訓練になります。

でも、先生が、それを課題にした一番の目的は、きれいに剥がすことではなくて、

ほとんどのテープが、うまく剥がれなかった時、あ~、失敗しちゃったなと思っても、

それは、失敗したから、ダメなんじゃなくて、まあ、いいか!と思えるようになってもらいたい。

その想いが詰まった、課題だったのです。


ここでも、また、海の苦しみに寄り添って下さっている先生の愛を感じて、

幸せいっぱいになりました。

先生自身も子どもの頃、こうしたい!と思っていることが、少しでもずれてしまうと、

やっぱり耐えられなくて、お母さんにあたっていたりしたそうです。

「だから、海ちゃんの気持ちが、なんだかよくわかるんです。^^」と。

そして、自由に色々と出来るようになってから、自分の責任の中で、まあ、いいか。と

少しずつ思えるようになってきた事を、教えて下さいました。


これは、まさに、今日の学校の面談の中で、先生方が海に必要なことではないかと、

話してくださった事だったので、より深く、私の中に入ってきました。


これからも、海を、どうぞよろしくお願いいたします。ペコリ^^。



そして、家に帰り、海が、学校から持ち帰った物の片付けをしていると、

「はい!」と海が一枚のくるっとまるまった画用紙を、私に渡しました。

海が、描いた絵かな~と思って、広げてみると、、、。

デイサービスでお世話になっている、若い男の先生が、海を想って描いて下さった絵でした。


b0244274_23281691.jpg



以前も一枚、海に絵を描いて下さり、海は、その絵を見て、

「ぼく、がんばるもん!」と気持ちを切りかえられることができました。

今日、いただいた絵も、以前いただいた絵の隣りに、海と一緒に、海の部屋に、

貼りに行きました。

その絵を見て、海は、また、「ぼく、がんばるもん!」とポーズをとっていました。



疲れているでしょうに・・・。そういう中で、時間を割いて、海が元気になるようにと

描いて下さったその気持ちが、嬉しくて、幸せです。

海は、とっても、喜んでいました。


これからも、海を、どうぞよろしくお願いいたします。ペコリ^^。


海が、大きくなって、失敗してしまっても、「まあ、いいか。次は、頑張ろう!」

なんて言いながら、与えられたお仕事をこなしたり、

わからなくて、不安でも、「すみません、わからないので、教えて下さい!」なんて、

普通に聞くことができていたら、海は、どんなに幸せでしょう。


そんな未来を、ただ夢みるだけでなく、いっぱい、いっぱい、心で、体で経験して、

そんな大人になれるように、「今」を、がんばろうね!海!

お母さんも、自信はないけど、諦めないよ。

明るく、海らしく、生きてもらえる為の、「今」なら、お母さんも頑張れる!

今日は、沢山の先生方に、そう思わさせていただいたから。


お母さんも、失敗しながら、わからなくなったら、相談しながら、成長していきたいです。

「ありがとう」の沢山詰まったびっくり箱を、いっぱい開けた、幸せな一日でした。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-01-25 23:41 | 海のこと | Comments(6)

海、9回目のHappy Birthday!

今日、1月24日は、海の9歳の誕生日です。

昨日(と言っても、日付けが変わったので、今日なんですが)、寝る時間が、午前1時半を

まわっていて、お布団の中に入って、思い出しました。9年前の今日のことを!



パパに、「9年前の今頃、陣痛で、のたうち回ってたよね~。」と言ったら、

眠りに入りかけてたパパが、「そうだね~。」と振り絞って返事をして、あっという間に、

パパは眠ってしまいました。おやすみぃ~。


叫んじゃう程、痛かったけど、朝、無事に海が誕生してくれた事が、すべて辛い事を忘れさせて

くれました。

もう、あれから、9年経つんだ~と、懐かしく思い出にひたっている内に、私も、眠りに

おちていきました。



海、9歳の誕生日の朝は・・・。

いつも履いている、ズボンが、誰のか、わからなくなってしまったようです。

ん?いやいや、いつも、履いているズボンだけど・・・・。

洗濯しては、履いているから、2日に1回のペースで履いてます~!


「わかんない、わかんない、わかんない~~~~~~~!」

(私も、わかんない~~~~~)

朝、起きた時は、誕生日モードで、いい感じだったのにな・・・。

やっぱり、誕生日だからって、今日は、何もないかも!なんて、甘い期待は通用しないわね。


今朝、はっきりとわかりました!

誕生日なんて、関係ない!それはそれ、これはこれ!なんだということ。

そして、もう一つ。訳わからず、だだをこねているわけではないという事。


頭では、もちろん、海が、苦しんでいる事はわかっているつもりでした。

でも、ここ最近の、ことばのこだわり、語尾のこだわり、言い方のこだわりが、

激しすぎて、ただ、反抗期のような感じで、いやだいやだモードなのかなとかも

思ったりしたけれど、どうも違う感じがします。



反抗期のような時期も、重なっているのかもしれないけれど、あんなに誕生日を楽しみに

していて、ルンルンで始まった朝だったけど、その幸福感が、海の苦しみを失くしては

くれなかった。

今朝もまた、海が、自閉症であることを、私に教えてくれました。



楽しいことがあるからって、辛いことは、辛いことなんだよね~。

私達も、それは、同じだけど、楽しい事で、辛いことが、少し和らいだり、

グッと我慢してみたり、相談で解決したり、甘い物を食べたり(笑)、

色んな方法で、辛さを回避できたりするけれど、海はそういう訳にはいかなくて・・・。


少しでも、これから、そういう切り替えを、自分で出来るようになってくれたら、とっても素敵!

と夢見る母です。

でも、想像をはるかに超えて、難しいことなんだと思います。


話が逸れましたが、結局、海は、下半身パンツのまま、体育座りをして、相当長い間、

動けずでした。

ズボンに、名前はもちろん、書いてあったのですが、洗濯で、わずかに薄くなってしまって

いたところもあったので、もう一度、違う場所に名前を書いて、今回は、それが納得して

くれた最終ポイントでした。



無事に学校に行くことが出来、今日は学校でも誕生日をお祝いしてもらい、

学校の後に行っているデイサービスの所でも、お祝いをして下さって、

ニコニコで、家に帰ってきました。


ニコニコで帰していただけるだけで、幸せなのに、海が私に手渡したものは、

学校でいただいた、先生方からの、写真付き手作りメッセージカード。

そして、デイサービスの先生方からも、とっても素敵な手作りカードに、プレゼントまで

いただいてしまいました。


学校の先生方からのメッセージと、デイサービスの先生たちからのメッセージを読んで

いるだけで、うるうるしてしまいました。


海もとても喜んで、ゆっくり一つずつメッセージを読んであげると、とっても満足そうに、

にこにこと聞いていました。


物のプレゼントも、凄く嬉しいけど、手紙は、本当に嬉しいですよね。

今年、海は、手紙をとても嬉しそうに、自分で読んだり、私に「読んで!」と

お願いしたりして、何度も見ていました。


私が子どもの頃は、手紙は、さらっと見て、何より物のプレゼント!という感じでしたので、

手紙のメッセージに心を寄せたいと思った海が、素敵だな~っと思いました。


手紙はいっぱいありました。

学校や、デイサービスの先生方、パパ、ママ、空から、じい、ばあから、お友達から、

メールで、ヘルパーさんから!

私が、文章の中に、大きくなったね。優しいお兄さんになってね。というメッセージを

入れたら、「大きくなったの?優しいお兄さんになるの?」という感じで、

海なりに、一生懸命理解しようとしていました。健気です。



誕生日のメニューは、海に聞いて、希望通りにしました。

「ハンバーグ、ポテト(細いやつ)」(笑)。マックみたい。

大好きなマカロニサラダと、ハートのパスタを入れたスープも付けました。

b0244274_075661.jpg



ケーキは、うんと前からお願いされていた、サーティーワンのカーズのアイスケーキです。

海、大満足でした。


b0244274_01837100.jpg


空からは、心のこもった素敵な絵手紙に、おこづかいで買ってくれたお菓子をもらい、

私達夫婦からは、欲しがっていた、Wiiのカーズをもらい、喜んでゲームをして、

お風呂に入り、9時過ぎたので、さあ寝よう!という時・・・・。


「歯みがきしてらっしゃい~が嫌なの・・・・。」

(うっそ~。いい感じで来たじゃない~。後は寝るだけよ~~~。)

そして、昆布母さんの私は、力もなく、ゆ~らゆら。

任せたわ!マンタ父さん!

父さん、海を相手に、1時間!


寝かして、下りてきた父さんの第一声。

「歯みがきを、ちゃんと、絶対、する!って言って!」だって。

それって、こちら側が言うというよりは、海の決意表明だよね~~~~。

海の9歳の誕生日は、おっこちーて、あがって、おっこちた~今の海らしい誕生日になりました。



雪が見たいと海は言っていました。

ほんの少し、ほんの少しの時間、小さな雪が舞いました。

デイサービスの先生が、連絡帳に、お空から海くんにプレゼントかな~って。

何だか偶然とは思えなくて・・・。と書いて下さいました。


私も、キッチンから、雪を見て、同じことを思いました。

全ては、必然と信じています。

海を私に授けて下さった神様に、感謝をして、今日の日を終わりたいと思います。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-01-25 00:25 | 海&お料理 | Comments(6)
今朝、海は、「いいよ!は嫌だ~~~。」と大粒涙と大声を出しまくって、ちょい遅刻の御登校。

海に「いーい?」と着て行くコートの確認をされたので、「いいよ!」と言った、その返事が、

嫌だったらしく、朝から問題は山積みだったので、それもひきずってだとは思いますが、

先生に、またもや、親子で、げんなり顔を見せてしまいました。

先生、朝から、私までごめんなさい。



でも、家に帰ってきてから、お世話になっている、デイサービスの先生と、ヘルパーさんに励まさ

れ、元気を取り戻しました!ありがとうございま~す!



こんな日は、お料理!お料理!

今日は、大好きなルクルーゼのお鍋と、シャスールのお鍋を並べて、ルンルン!

最初から、お肉にグルグルとひもで巻かれた、豚肩ロース肉のブロックを買ってあったので、

弱火で、コトコト煮る事1時間!

「やわらか煮豚ちゃん with オニオンソース」

<材料>

・豚肩ロースブロック 574gでした。

・あんず酒 100ML

・しょうゆ 大さじ3杯位

・お酒   大さじ1杯

・はちみつ 大さじ1杯

・顆粒和風だし 小さじ1杯

・すりおろしにんにく 小さじ2杯

・しょうがスライス 10枚位(薄くスライスして)

・玉ねぎ 半分(薄くスライスしておく)

・オリーブオイル 大さじ1杯

・塩コショウ(お肉にまぶす量)

味が濃いのがお好みの方は、お醤油をもう少し足してもいいかと思います。


<作り方>

・お肉にしっかりと、塩、こしょう(ブラックペッパーにしました。)をまぶします。

・フライパンに、オリーブオイルをひき、お肉に焼き色を、回しながら、しっかりつける。

・お鍋に、お肉としっかり混ぜておいた調味料、玉ねぎスライス、しょうがを入れて、蓋をする。

b0244274_21331036.jpg



・最初は中火で、蒸気が出てきたら、弱火にして、コトコト1時間。

・しばらく、蓋をしたまま置いておく。

蓋を開けると・・・美味しそう~!


b0244274_21351219.jpg



スライスして、とろとろになった、玉ねぎと、ソースをかけて完成でーす。

b0244274_21362418.jpg



b0244274_21372489.jpg




「なす、ピーマン、じゃがいもの味噌肉じゃが」


<材料>

・豚肉(こま切れ) 70g位

・なす 2本

・ピーマン 3個

・じゃがいも 大1個

・すりおろし生姜 少々

・味噌 大さじ1杯

・めんつゆ 大さじ1杯

・みりん 大さじ1杯

・お酒 大さじ1杯

・砂糖 小さじ2杯

・和風顆粒だし 小さじ1杯

・水  100ML

・ごま油 大さじ1杯


<作り方>

・野菜は、少し大きめのざく切りに、切っておく。

・お鍋に、ごま油を入れ、なすを炒める。

・その中に、お肉を入れて炒め、続いて、じゃがいもを入れて炒める。

・残りの調味料全部(混ぜておく)と水を入れて、蓋をする。

・少しして、じゃがいもに、火が半分位通ったら、ピーマンを入れる。

・弱火でコトコト。じゃがいもに火が通ったら出来上がり~!

・少し蓋をして、味が染み込むのを待つ。



夜は、食器を洗うのを、少しにしたかったので、ワンプレートにしました。

生姜の炊き込ご飯とスープも一緒に!

お子様ランチ(夜だけど・・・)みたいで、子どもは喜んでいました!

b0244274_21384034.jpg



お子様ランチといえば、旗!

今はかわいいテープが100円ショップで、売っているので、つまようじに、くるっと巻いて、

ストック!お弁当の時とか、可愛いです。

b0244274_21392554.jpg



大好きな、ルクルーゼとシャスールの、今日活躍したお鍋たち。(今日もありがとう~!)

とにかく、可愛いだけでなく、火の通りもいいし、保温力も凄い!

b0244274_21401423.jpg



美味しく、お料理もいただいて、朝の辛さを忘れました!感謝です!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-01-24 01:01 | お料理 | Comments(4)
先日、ブログで紹介した、海のノートの3冊目の「かくにんノート」。

まだ、試している段階で、この先、必要になるか、ならないかは、海次第(^^)。


2冊目をとばして、3冊目の「かくにんノート」とは?

名前の通り、とにかく、確認しないと不安で包まれてしまう、海が、少しでも自分で、

確認できるように、書いてみようかな・・・と、パニックの朝に、作りました。


今日の学校の帰りは、お母さんがお迎えです。とか、

今日、学校の給食は、ありません。とか・・・。

そんな、感じで、自分が、確認せずにはいられない事柄を、今は、私や、先生が書いて、

海が、読んで確認しています。

日記ではないので、毎日とかではなくて、必要な時に書いています。



今日は・・・・・。・

「相葉くんみたいに、かっこよくしてください!」とお父さんがいいます。と書きました。

なんじゃ~そりゃ~ですよね(笑)!



雨で、空のサッカーの練習もなくなり、午前中は、まとめて男子三人は、1000円カットに

行くことになりました。

お恥ずかしながら、桜井さんが、大好きなので、以前、海の髪型を注文する際、

「桜井さんみたいにして下さい!」とお願いしたことがありました。むふふ。


ところが、今回は、よく、嵐の相葉くんも、「かわいいわ~」と私が言っているのを、

海は、聞いているせいで、相葉くんみたいになりたい!と思ったようです。


「お母さん、相葉くんみたいになってもいい?」と聞くので、

「いいね、いいね。なって、なって。」と軽~い気持ちで答えました。


すると、急に、不安になってきたのか、誰が、それをいうのか心配になったようです。

なので、「大丈夫!お父さんが言ってくれるよ。」と言いましたが、まだ不安な様子。

もう、相葉くんじゃなくてもいいよと、私が思ってもダメ(頼んだ訳でもないのに・・。)。

あくまでも、相葉くんみたいになりたいと、願っているのは海です。



「じゃあ、かくにんノートに書こう!」という事で、こういう流れになったのです。

そして、海は、「かくにんノート」を手に、親子3人は、1000円カットに向かいました。

私は、その間、イオンに入っているお店なので、買い物をしていました。



パパから、「終わったよ~~。」と連絡が入り、「はいはい。」と待ち合わせ場所で、

待っていました。

すると、私の顔を見るなり、「わぁ~~~~~~~~~~~ん!!!」と

それは、それは、大きな声で、泣きだした海。

まわりの人達は、びっくりした顔で、海を見ているし、ごめん。私もびっくりです。



「なに、なに、どうしたの~?」

大泣きしながら、「相葉くんに、似てる?相葉くんに本当に似てるの~?」

とても、恥ずかしかったのですが、「似てる!似てる!相葉くんに似てるよ~。」

(嵐の、相葉くん、本当に、申し訳ございません。お許しくださいませ。とほほ。)

それでも、ずっと、その質問をしては、泣いていました。



私も恥ずかしかったのですが、御想像通り、もっと、恥ずかしい思いをした人がいます。

パパです。

かくにんノートに書いた、セリフを、何回も言わされたらしく、しかも、切り終わった後に、

相葉くんに似ているかの確認を、何回もしてしまったらしく、

お店の人は、店内に流れている曲を、嵐の曲に変えて下さったそうで、

(口がさけても、そんなに熱狂的な嵐ファンではありません・・・だなんて言えません。)

お店の方のご厚意により、何とか、終えられたそうです。(ありがとうございます。)

1000円なのに、本当に、申し訳ございません。(謝ってばかりだな、今日は。)



今回の経験で、また、カットに行かせる際の、新たな課題が出来ました。

そして、大騒ぎしているところに、一人の50代位の女性が、側にこられました。

「すごく大きな声で、びっくりしたのよ。なんか、色々、わからないみたいね。」

決して、怒っていらっしゃるのではなくて、信じられないような、不思議な子を見たという

感じかな~、大変ね~、みたいな表情でした。


「大きな声を出してしまって、本当に、御迷惑をかけてしまいました。この子は、自閉症で、

なかなか、こだわりがあったりして、苦しくなってしまう時があって、、、。

本当に、嫌な思いをさせてしまって、申し訳ありませんでした。」

と、心から謝りました。


こういう時に、自分の子どもが、自閉症だという事を告げる事に、賛否両論、意見が分かれる

と思いますが、私は、それを伝えることで、許してもらおうとか思っている訳ではなくて、

こういう事が、この子達には起こるし、少しでも、ただの不思議ちゃんなのではないことを、

知っていただけたら、海が救われるような気がするのです。


悪気があって、大騒ぎしている訳ではないから。

心底、海は、苦しんでいるから。

でも、海は、そんな風に、見られたり、思われたりしていることにも気がつかないし、

自分で、状況を説明できる訳でもありません。



でも、まわりの人に迷惑な思いをさせている事は事実です。

それを、謝るのは、親として、当然の事だと思うし、また、海がこれから大人になって、

少しでも、こういうパニックを起こさないように、私は、海に、一生懸命、教えていかなければ

なりません。



海が、私と話をして、だいぶ落ち着いて、しばらく経ってから、大きな声で、泣いて、

叫ぶと、まわりの人達が、びっくりするし、嫌な気持ちになってしまうんだよ。と伝えました。

今日、伝えたから、もう騒がないわけではないでしょう。

でも、伝えます。

何回でも、伝えます。


でも、海は、自分を悪い子だなんて、思わなくていいよ。

嫌だな~って思う人には、海みたいな子がいることも伝えるし、謝ることなんて、

海の苦しみに比べたら、たいしたことじゃないから、僕は悪い子だと思わないでほしい。


今回は、軽い気持ちで、海が願ったことをそのまま、受けてしまったお母さんにも

悪いとこが沢山あったから、次、海が苦しまないように、どうしたらいいか、考えるね。


その、びっくりした事を話して下さった女性が、最後にこう言いました。

「お大事になさってね。」


そうだよね、まだまだ、自閉症が、風邪のようにある時、病気になって、今病んでいて、、、と

思っている方も沢山いるんだろうな~と実感してしまいました。

でも、そういう風に、不思議に思って、思いを伝えて下さる方がいて下さることで、

私も、海も、課題が出来、成長していく事につながっていくので、感謝しました。



海もニコニコになって、お家の鏡で、「相葉くんみたいだ!」と言っているのを見て、

誰がなんと言おうと、お母さんは、海が、相葉くんにみえるよ!と思いました。



パパと空に、海、ジャニーズに行けそうだよね~と話していました。一瞬、3人はイメージして、

でも、海のマネージャーになる人大変だよね。一日、スケジュールの確認を200回位されて、

マネージャー、1日で辞めるよねって(笑)。

確認されるの大好きなマネージャー探しているうちに、海はおじさんになりそう~。



そんなのいや~。

いいです。いいです。

私が、海のマネージャーだもん!

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-01-23 00:34 | 海のこと | Comments(6)
昨日の夜、空と海がお風呂に入る時間でした。

私がお風呂から出て来たら、「観たい!観たい!」と海が、叫んでいて。

でも、何とか、お風呂に入ってくれました。


私は、夕食の準備。

そして、しばらくして、リビングのドアは閉まっているのに、物凄い、発狂している声が、

聞こえてきました。

「空のせいだ~~~~!空のせいだ~~~~!」


ふう~。やっぱり、ダメだったか・・・。

「どうしたの?」

海は、「空が悪いんだ!空のせいだ!」の一点張り。


どうも、よくテレビで特集している、警察追跡24時!みたいな番組を、海は観たかったらしい。

でも、家では、海に衝撃が多すぎるので、観せないことになっています。

なので、空は、気を効かして、「ドラえもん」に番組を変えてくれたのです。

それが、海は耐えられなくて、、、、という流れです。


めずらしく、空のせいだ!という海に、空が大きな声で言いました。

「警察(の番組)が悪いとか、そんなんじゃなくて、俺は、海が、悪い人たちを見て、真似してほ

しくないから、「ドラえもん」に変えたんじゃないか!」


「空は優しいね。」と私は言いました。

でも、海は、番組を変えられたことも悲しいし、パトカーや、救急車のサイレンも

かっこいいから、観たいらしいのです。


どちらの気持ちもわかります。

でも、今回は、空が、海を想って、言ってくれたこと。

誰のせいでもないこと。

こどもが観てはいけない番組もあること。等を、

難しいのはわかっていましたが、説明しました。


海に、「空も悲しかったから、空のせいだと言ったことを、ごめんね してほしいな。」と

言いました。

すると、海は、「言えない。言えない。だって、海は、悲しいから・・・。」

「わかった。そうしたら、海が、ごめんね を言える時になったら、言ってほしい。」



しばらくして、海が、涙を目にいっぱいためて、「ごめんね 言いたい。」と言ってきました。

空は、少し前に、私に、こっそり言っていました。

「べつに、海が、俺に謝らなくていいよ・・・。」


ここでも、空の優しさを感じましたが、でも、海のために、受けてもらいたいことを言いました。


海は、空の目は、見ることができなかったけれど、「ごめんね。」と空に言いました。

空は、「いいよ。海~、ハグしてあげる。おいで~~~。」と両手を広げて、

海をまるごと、受けとめてくれました。


昨日の夜も、長い夜でしたが、こうして、空と海が成長してくれているのだから・・・と

疲れだけを残さないように、感謝もして、一日を終えました。




今朝は、また、海が、大変でした。

やはり、返事の仕方が違う、出来ない、わからない攻撃で、パパも私も、ノックアウト!

一時間半の、あ~でもない、こ~でもない、私達夫婦もイライラ、キリキリ。


でも、週末は、パパがいてくれるので、私のきつさも半減します。

パパは大変だけど・・・。

最後の方は、パパが対応してくれている間、これは、もう、私が気持ちを切り替えるしかない!

と思い、パパに任せて、私は、ギャンギャン言ってる声をバックに、冷凍庫を開け、

冷凍パイシートが1枚残っていたので、取り出しました。


1枚しかないので、それを、12等分して、オーブンで焼いて、ホイップクリームに、

一昨日作った、コンポートと、ブルーベリーをのせて、即席プチデザート。

b0244274_22203455.jpg


b0244274_2239364.jpg



海は、リンゴも、ブルーベリーもジャム以外、食べられないので、海だけは、

ホイップクリームにイチゴジャムにしました。

それを、テーブルに、置くと、海の目が、キラッ!


気持ちもちょうど落ち着いたらしく、さっきの、パニックはどこへやら・・・。ふう。

甘い物の威力!恐るべし!


海はペロッと食べて、今度は、こんぺいとうを食べていいかと聞いてきた。

何個食べていいのか?と聞くので、「5個食べていいよ。」と言いました。

すると・・・・

パイがのっていたお皿に、ちゃんと5個。真面目です。

そして、自分で、アイスココア(冷たい牛乳に混ぜるだけの)も作って、用意していました。

ココアが溶けてないところが、かわいいな~と思いながら、お皿に、お星様みたいに光る

こんぺいとうが、何だかとっても、愛おしく感じました。

b0244274_22215580.jpg



午後のも、一回、海くんパニックがやってきましたが、今日は、食べ物で乗り切ろう!と

訳のわからない、乗り切り方で、一日を終える決意をしました!なんじゃ、そりゃ(笑)。

夜は、「牛肉のおろしポン酢付け、小松菜のからし和え、厚揚げのケチャマヨソース焼き、

玉ねぎ、ジャガイモ、厚揚げのお味噌汁」にしました。

b0244274_2223999.jpg



そして、食後は、私が高校生の時に、自由が丘のアフタヌーンティーで買った、

カフェオレボウルで、カフェオレを飲んで、幸せ~~~~。

この、カフェオレボウル大好きで、大切にしています。

20年以上経つ、カフェオレボウルに幸せを感じて、一日を終える事が出来ました。

Happy~~~(*^_^*)!

b0244274_22241371.jpg



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-01-21 22:31 | 海&お料理 | Comments(4)
今日は、市の療育施設で、月に一回、海は、心理士さんに遊んでいただきながら、様子を見ていた

だき、私はその間に、別室で、職員の方に、相談にのっていただくという日でした。


そうしていただくようになった、きっかけは、一昨年位から、海が精神的に、色々と、厳しくなっ

て、本当に一度おちたら、長くて長くて、私も精神的に、追いつめられてしまって、泣きながら

電話をしてしまったからなのでした。(お恥ずかしいですが、、、。)


月に一度なんですが、約一時間、相談にのっていただくだけで、気持ちがとっても安らいで、

心もリフレッシュされて、海はもちろん、わたしにとっても、大切な時間になっています。


今日も、また、私達親子に、愛情を注いで下さる方がいてくれるという幸せを、心いっぱいで感

じて、感謝して、帰ってきました。


そんな訳で、相談の日は、帰ると遅い時間になってしまうので、たまたま昨日はシチューを

食べたかったのですが、帰ってから、すぐ、食べられるようなものを作っておきます。


フルで働いているお母さんは、毎日、テキパキと食事の準備をしているんだろうな~っと思うだけで、

尊敬!尊敬!尊敬!です。

私なら、毎週1回はカレーになりそうです。いや、2回か(笑)?

ここは、インドだと思えばいいんだ!とか何とか言っちゃって・・・。


シチューは、それで、いつもよりも多めに作ったのでした。

でも、さすがに、全く同じだと、ちょっと気が引けるので、市販のパイシートで、

「シチューポットパイ」にしてみました。


器に、昨日のシチューを入れて、レンジでチンした、かぼちゃとほうれん草も入れて、

とろけるチーズをパラパラとのせて、最後に、薄く伸ばしたパイシートを上からかぶせて、

200度に余熱したオーブンに入れて、焼くこと、15分!

サクッとした、パイが美味しそう~(^^)。

b0244274_2342768.jpg



b0244274_2362565.jpg


昨日と同じシチューだけど、また気分も変わって、美味しかったです。


あと、リンゴがあったので、きんかんも少し入れて、お砂糖、はちみつ、レモン汁でコトコト!

美味しそうな、コンポート(ジャムに近い)が出来ました。

明日、ヨーグルトに入れようっと!

ルク鍋で、コトコト煮ているのを、時々蓋を開けて見て、その変化を見るのが楽しいし、

お部屋いっぱい、甘~い香りに包まれるのが、幸せ。

b0244274_2373864.jpg


b0244274_2385635.jpg


b0244274_2333201.jpg


b0244274_23112065.jpg



最後の写真の、ボンヌママンのジャムの瓶をのせた、コースターは先輩の先生の手作りです。

去年のクリスマスにいただきました。可愛くって、お気に入りです。


今日も、朝、海が大変だったけど、相談にのってもらって、甘い香りで癒されて、

夜は、久しぶりに、海が何事もなく、おやすみなさいまで過ごせて、

ハッピーで~~~~~~~~~~す。

わ~~い!わ~~い!

るんっ。るんっ。


もし、海が起きてきたら、寝たふりしようっと!ひひひ。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-01-19 23:22 | お料理 | Comments(6)