心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 空、よっしゃ~!

 
 昨日のブログ内容の流れからいくと、いろんな写真を載せる感じだけど、

 今日はこども達のことを書きたい気分。

 私はほんとにA型かな?

 でもやっぱり書きたい気持ちのまま書いてみようっと。


 
 今日は長男、空の個人面談の日。

 「お母さん、今日は面談の日だよね?」

 「そーだよ。今日は私、先生に 「いや~お母さん、空くんは物凄い頑張ってますよ~。

 素晴らしいですよ!」ってほめられちゃうんだよね?」と言うと、

 ちょっと焦った顔をして「いや~悲劇が起こるかもよ~」とか言い出した。

 おいおい、やめてくださいよ。私、結構へこみやすいんだから、、、。

 そんな事を朝っぱらから言われて、冗談だよねと思いながら、学校が近づくと

 ドキドキしてきてしまった。(気、ちっちゃ)

 
 爽やかな先生の笑顔に迎えられ、何を言われるのかドキドキ。

 先生は、言うべき事が書かれてあるだろうノートをちらっと見ながら

 一つ目、二つ目と、頑張っている空を評価してくださっているコメント。

 もう終わっていいですよ~。と心の中で思いながら、まだまだ続く様子。

 ちらっ、ドキッ、ちらっ、ドキッ。

 三つ目、四つ目、、、おやっ?これはもしや?とフムフムしていたら

 お、お、終わった~!


 ラッキー!へこむ事言われなかった。

 わ~い!わ~い!と空の母、ルンルンで家に帰ってきました。

 でも、小心者の空(面談に関してだけ)は、先生に事前に聞いていたらしい。

 「先生、今日、お母さんに何言うんですか?あまり変なこと言わないでください」と。

 なかなかやるね。息子よ。

 おかげで言われなかったよ。お母さん。

 これも母への愛情だろうか、、。

 結果よければすべてよし!

 
 家に帰ってから、空に内容を報告すると、「よっしゃ~!」と大きな声で跳び上がり、

 1分後に友達と遊ぶからと消えてしまいました。

 男って、単純~。

  
 夕飯が終わり、「お母さん、今日はお祝いだから~遅くまで起きてていい?」

 「はあ~っ?何のお祝いじゃーい!」

 と言いながらも寝る時間を延長してあげた、優しい優しい母でありました。

 チャンチャン。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
 

 



  
by soratoumihouse | 2011-11-30 21:23 | 空のこと | Comments(6)

わたしのこと

 
 ブログを始めたばかりだから、伝えたいことが色々なジャンルで溢れています。

 本当は、のんびり、ゆっくり、気の向くままに更新していきたい気持ちもあるけど、

 溢れているうちに続けないと、また覚えたパソコンの色々を忘れてしまいそう。

 昨日、教えてもらった事も危ういのに(笑)。

 よく空には「一回言ったよね~。何回も言わせないで!」

 なーんて怒ったりする私。

 「ねぇ、パパ、ここにコメントするときは、どこ押すんだっけ?」

 みたいな質問を 確かに何回も聞いている私、、、。

 そういう親の言動や行動を、子どもってしっかりみていますよね~。

 それで空と言い合いになったりすると、待ってました!とばかりに

 「お母さんだって、あの時、、、、、、言ってたじゃん!」みたいな事になり

 立場がないから、親の権力ふりかざして黙らせる。みたいな流れ。

 うちだけでしょうか、、、(汗)?

 反省です。

 そのためにも頑張ってパソコンくんとお友達にならなくては、、です。



  さて本題。

 私は小さい頃から、(性格がゆがんでいるのか)その通りやらなきゃいけない折り紙とか

 すごく苦手でした。

 見本が嫌いで、人と同じものを作ったりするのが、つまんな~い!と思うような子どもでした。

 やっぱり性格ゆがんでる、、な。

 とにかく自分で考えて工作したり、絵を描いたりするのが大~~好き。

 それは大人になった今でも基本変わりません。(性格最悪じゃ~~ん)

  小学生のころからインテリアの事 といってもいわゆる部屋の模様替えとか大好きで

 3畳しかない部屋で色々と勉強もせずイメージしてた事を思い出します。

 部屋に雪を降らせたい!その中で生活したい!と思い、母から毛糸と綿をもらい

 毛糸を15㎝位に切って、先に綿を丸めてセロテープでつけて、ひたすら何十本も作って

 天井に一本一本ぶらさげて、雪が降ってるイメージの出来栄えに大満足。

 そしてうっとり勉強はしないで眺めてハッピー。  頭悪い訳です。ひひひ。

 こういう感覚もずっと変わらず今に至っています。

 部屋を飾ったり、家の事を考えてるとウキウキしてきてたまらない。

 この家に引っ越してくる時も、玄関に入ったところに何をどう飾るかという事で

 頭がいっぱい。

 飾るの大好き!片付け苦手!隠すの得意!捨てるの苦手!
 
 でも私A型です。 A型の人すみません。

 家具などは、一人暮らしの時からアイボリーの色が好きで、いらなくなった家具に父に

 ペンキを塗らせて(私は次女で甘え上手。父に、ねぇ、おいしい卵焼き作るからペンキ塗って~

 とか言って)使っていたものを今でも大切に使っています。

 一人暮らしをしてからは、誰もいないので、またイメージがどんどん湧いて

 ペンキを塗ったり、ベッドカバーを染めてみたり楽しかったな~。

 インテリアの洋書も好きで、少しずつ買って、眺めてる時間の幸せな事といったら!

 今でも沢山集まった洋書は宝物。

 たまに開いてはうっとりしています。

 それでも少しずつ好みが変わっていったりして、今はまっているのがアンティーク。

 その世界を教えてくれたのが引っ越してから出逢った親友のお友達。

 ハワイに家族で行ってから、ハワイアンテイストの部屋にしたくて色々と変えていったけど、

 何かしっくりきてなかったところに、古いもののあたたかさを改めて思い出させてくれたんです。

 リビングを見たら、一人暮らし時代のもの。パパのお母さんがいらないからともらって

 ペンキを塗ったもの。リサイクルショップでひとめぼれして買った素敵な食器棚。

 実家で使わなくなったチェストなどなど。どれも木材で、アイボリーに塗られてる。

 その雰囲気には古いものがしっくりくるなって。

 そしてこれだ!と今のインテリアの方向性にたどり着いたきっかけは、その彼女と行ったカフェ。

 オールドハワイアンテイストなカフェで、海の家を改装したような、それはもう素敵で。

 そのカフェから帰って、なんかたまらなく気持ちがすっきりして、イメージが溢れて。

 そんな訳で今の我が家は、ハワイにある古いお家みたいにしたいと日々イメージに

 近付けています。るんっ。

 

 あ~、本当は今日、我が家の家具とか食器とか大好きなものを写真で載せるはずだったけど

 長くなってしまったから今日は終わりにします。

 終わるにあたり、私は小学生からさほど変わっていなかった。ということに気づいてしまいました。

 本当に好きなことって変わらないんですね。

 そして、それがその人らしさとして色づいていくのかなって、、思いました。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村 

 

 
 

 

  
by soratoumihouse | 2011-11-29 23:35 | わたしのこと | Comments(10)

贈り物

  
  昨日の誕生日に家族から素敵な贈り物をもらいました。

  パパからは、カードと私の大好きなMr.ChildrenのツアーDVD。

  空からは、カードと少ないおこづかいの中から、100円ショップで買った
  
  マフラーとのど飴(風邪気味の私を想ってだと思う)。

  海からは、カードと心のこもった絵。

b0244274_23163668.jpg



  今年はパパと空と海が、別々のタイミングで、パパは寝るときに、空と海はそれぞれが

  1人リビングにいるときに「おめでとうね!」と、とても自然に言ってくれなんか凄く嬉しかった。

  気持ちを込めた「ことば」は人の心をあたためてくれると自分自身の心で再確認しました。

  これも家族からの贈りものですね。

  
   
   今日はもう一つ、どうしても書きたい事があります。

  私と親しい人はみんな知っていますが、私はMr.Childrenが大好きで、桜井さんの大ファン。

  桜井さんの容姿も大好きですが、彼の感性から創り出される詩とメロディーが私の心を

  いつも柔らかく、あたたかく、幸せな世界へと導いてくれるからです。

  昨日、パパからもらったDVDの最後の曲に「かぞえうた」という曲があります。

  御存知の方も多いとおもいますが、この曲は3月の震災後に作られたうたで、今ここで

  少しだけ詩を紹介させて下さい。


  「かぞえうた」

  (途中から、、、)

「 たとえるなら ねぇ なんにたとえよう

  こえもないかなしみなら ひとつ ふたつ もうひとつとわすれて

  また ふりだしからはじめる きぼうのうた。

   
  
  わらえるかい きっとわらえるよ

  べつにむりなんかしなくても

  ひとり ふたり もうひとりと つられて

  いつか いっしょにうたいたいな えがおのうた



  僕らは思ってた以上に もろくて 小さくて 弱い

  でも 風に揺れる稲穂のように 柔らかく たくましく 強い

  そう 信じて

                   (続く、、、)」

 

  絶望の淵にいるときに、悲しいこと、辛いことの数はかぞえきれないくらいある。

  でも、そんな時にこそ、希望の数をかぞえよう  といううた。

  この曲を初めて聴いた時、桜井さんのあたたかな感性に胸がいっぱいになりました。

   
   誰もが人に話すのも辛くなるような悲しみを、きっと抱えているとおもいます。

  この暗闇から光が差し込むことはあるんだろうか、と見えない未来に心が凍り、

  何もなくなってしまった。笑えない。



   でも、かぞえうたが教えてくれた。

  何もなくなっても また ふりだしからはじめたらいい と。

  笑えないなら 無理しなくていい。

  ひとり ふたりと つられて笑顔になっていくから と。
  
  そして私たちは、もろく弱いけど、本当は、稲穂のようにたくましく、強いって信じようって。

   ほんとうに希望のうただと思いました。

  あたたかさの連鎖を、笑顔の連鎖を、優しさの連鎖を祈れる人になりたいです。

  
  にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2011-11-28 23:27 | Mr.Children | Comments(20)

誕生日が初ブログ記念日

  
我が家はパパとママこと私、長男の空と次男の海の4人家族。

長男の空は、友達とサッカーが大好きな小学6年生。

次男の海は、車とお絵かきとリビングの往復が好きな小学3年生。
   
リビングの往復?・・・そう、海は知的な遅れのある自閉症児です。

      
 
個性溢れる我が家は、毎日色々な事が起こるけど、リビングの大きな窓いっぱいにひろがる

空と海がいつも私たち家族をあたたかく見守ってくれています。

このリビングからの景色にひとめぼれして、このお家に引っ越してきたのです。



パパは毎日、ものすごい時間をかけて、軽く小旅行的な通勤を頑張ってくれています。

可哀想に、景色にひとめぼれして決めたのに、いつも帰るころは、真っ黒の空と海。

それでも文句ひとつ言わずに頑張ってくれています。(感謝!)


それに比べて私は、いつも澄みわたる空と、きらきら光る海を眺めながら

大好きなカップに入れたコーヒーを飲んじゃったりして  ん~っ幸せ。

なんて言うと、すごく優雅な奥様みたいだけど、日常はいろんな事件を起こしてくれる

動く空くんと海くんのおかげで、外の景色と真反対の景色が家の中にひろがっていたりします。

   



おなか抱えて笑ったり、涙が滝のように流れたり、台風みたいに怒ったりの毎日だけど

私は「空と海」から沢山のエネルギーをもらっていて、そういう中で、ふと訪れる幸せこそ

心で感じなきゃって、忘れないようにしなきゃって思って、こうして形に残していこうと思いました。




私は、物凄いパソコンが苦手。

そんな訳でブログに憧れながらも、逃げてきました。

でも逃げても残るのはきっと後悔。

わからないことだらけで、不安もあるけど、呆れながらも根気よくパソコン教室を

してくれるパパと、応援してくれる素敵なお友達に感謝して続けていけたらと思います。

    


一歩前に踏み出せた、誕生日になりました。

素敵な誕生日を迎えられた事に感謝して、、、。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
    
by soratoumihouse | 2011-11-27 01:18 | 自己紹介 | Comments(12)