心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

カテゴリ:海のこと( 224 )

海、○ックの店員さんになれました~!!

朝、海を学校へ送って行き、私はビデオとカメラを持参で○ックへGO!


当日は、ハンバーガーセットを注文するように先生からお願いされていました。

学校では、すでに何回も事前学習を行っていて、海たちも準備万端です。


とはいえ、学校とお店とでは、色々と違うこともあるので、

クラスのみんなが落ち着いて出来るといいな~と祈る気持ちでした。


私は、海たちが来る時間より早く着いたので、コーヒーを飲みながら、

ビデオのチェックをしたりして待っていました。


しばらくすると、海たちが到着。

海を見ると、もう、にっこにこで、テンション高すぎて、先生に怒られていました(笑)。

学校の事前学習で使った帽子とお店のマークが入ったワッペンを付けて、首からは手順書をぶらさげて^^。
b0244274_012620.jpg


そして、前半と後半に子ども達は分かれて、いよいよ準備です。

店長さんが、とっても優しくて、親切で、あたたかい笑顔で迎えてくださっていることが、

子どもはもちろん、親としても、何よりも幸せに感じ、感謝の想いで溢れました。


子どもたちも、みんな騒いだり、パニックになったりすることなく、少し緊張しているようでしたが、

素晴らしいスタートでした。


1回、スタッフルームに集まって、店長さんからお話を聞いた後、海は後半グループだったので、

外に出て、レジの横で前半のお友達の様子を観察です。


スタッフルームから出てきたときの、海の嬉しそうなこと!

こんなポーズまで出ちゃいました(笑)!

b0244274_021173.jpg


そして、いよいよ海の番が来ました。


海が、奥のスタッフルームから、お店の帽子とエプロンをつけてやってきました。

本物の帽子とエプロンをお借り出来たので、海も最高に嬉しそう!


子どものお母さん、お母さんが来られないお子さんは、先生が代わりに注文します。

学校の事前学習で練習してきているので、注文の取り方、声のかけ方、お金の受け渡しなど、

ちゃ~んと出来ていて、感動しました。


ハンバーガーセットを注文すると、

「ハンバーガーを作って来ます!(これは、実際のお店では言わないけれどね^^!)」と、厨房の中へ。


奥の方だったので、細かいところは見えませんでしたが、マスタードやケチャップを出したり、

ハンバーガーを包んだりしている姿がちゃんと見えて、これまた感動しました(T_T)。


そして、ハンバーガーを愛おしそうに持って、奥から出てきました。

ポテトとドリンクはお店の方が作って下さるので、トレイにハンバーガーを置いて、

ポテトとドリンクも置いていただいたら、海がトレイを持って、今日一番の笑顔で私に渡してくれました。

b0244274_033063.jpg


この笑顔を見られたら、もう、何も言うことはありません。


海の顔が自信に満ちていました。

喜びが笑顔に溢れていました。


海だけではありません。

一人、ひとり、本当に素晴らしかったです。


上手にことばが出なくても、何も心配なし。

先生が、ちゃんと言うべきことばが書いてあるメッセージプレートを用意してくださっていて、

めくれば、ちゃんと注文をした方に伝わるようになっています。

b0244274_035512.jpg


言語でコミュニケーションがとれなくても、こんな風に工夫すれば、誰にでもちゃんと伝わります。

言語の表出がなくたって、こんな感じで、注文をとることができる。


注文をするときの方法ばかりを、今までは意識してきました。

でも、こんな風に言語以外の形で、注文したり、受けたりできたら、

どんなに素敵だろう!と夢が膨らみました。


そういうレジがあることが普通になる世の中になっていったら素敵だな・・・。

そうしたら、障害がある人達の仕事の世界が拡がっていくし、

障害をもった人達との関わりを、もっと近くにもつことが出来るから・・・。


もちろんレジだけじゃなく、様々な受付のお仕事も、出来るようになるでしょう。


日本は、待たせない国だし、1分1秒早く正確に行うことを追い求めているような国。

それは、とても素晴らしいことだけど、どんどん人をせっかちにしてしまっているようにも感じます。


言語は手っ取り早い。

でもね、今回のこの職業体験での、子どもたちの姿を見て思いました。


言語よりは、少しは遅くなってしまうかもしれない。

でも、訓練次第では、話すより早いかもしれない。


それに、レジでの注文が苦手なシャイな人だったりしたら、むしろ言語での注文より、

注文しやすいかもしれない。


「やっぱり、これをやめて、これにしてください!」とかイレギュラーなことも起こるでしょう。

でも、そんなときのために、話せる人が側にいて、支援してあげたらいいことなんじゃないかな・・・って。


海たちは、知的な遅れもあり、自閉症です。

でも、こんなに落ち着いて、こんなに喜びに満ちた笑顔で、働くことができました。


この笑顔は、私たち親にとって、未来への希望にもなりました。


事前学習で、何度も楽しみながら練習したり、必要なことを子ども一人ひとりに合わせて、

学ばせてくださった先生方、


そして、この子ども達を、あたたかく迎えてくださった店長さんをはじめ、スタッフの方々に、

心から感謝しています。


その日の夜は、約束通り、海は○ックで夜ごはん。

海がね、

「やっぱ、働いたあとのバーガーはおいしいねえ~!」って言いながら、笑顔いっぱい頬張っていました^^。


多分、空が職業体験した夜に、

「やっぱ、働いたあとの飯はうまいな~!」と言ったのを聞いていて真似したのだと思います(笑)。


誰ひとり崩れることなく、職業体験を素晴らしい形で終えられて、

海の作ったハンバーガーは、いつもの100倍美味しくて、私もハッピーでした♪

きっと、海の記憶の中にも、ずっと生き続ける素敵な日になったでしょう。


読んでいただいて感謝です。
すっかり店長さんの大ファン
になってしまいました^^。
海、頑張ったね~!の
応援クリックお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-11-17 00:11 | 海のこと | Comments(10)
明日は、いよいよ海の職業体験の日です。

○クド○ルドで、働きます。


注文を受けて、自らハンバーガーを作るのだそうです。

(ポテトとジュースはお店の人がやります。)


海は、とても、とても楽しみにしています。

楽しみにしていると言えば、職業体験でお楽しみがあるよ・・と先生に教えてもらった海。


「何かな、何かな。ハンバーガーが食べれるのかな。」

給食もある日だし、安易に、「そうかもね~!」なんて言って、そうじゃなかったりしたら。、もう大変!


「ねえ、お楽しみは、きっと、ハンバーガーを食べられるのかな。」

「ねえ、お母さんは、何だと思う?」


このパターンの質問攻撃に、ギブアップしそうだったので、先生に聞いちゃいました~。

そうしたら、どうやら賞状がいただけるとのこと!


これは大変!と思い、海が凹む前に、何がお楽しみなのかを伝えてもらわなきゃ!と、

先生に頼みました。


お楽しみだから内緒であることに意味があるのだろうけれど、今の海には、凹ませるだけなので、

「先生、すみません、申し訳ないんですけど、お楽しみは賞状だ・・ということを海に伝えてください!」と。


そうしたら、海の担任の先生が、それは大変!と快く受け入れてくださいました。

おかげで、先ほど、ちょっぴりドキドキしながら、海に、お楽しみは何か知ってるか聞いてみたら、

「うん!知ってる!賞状!」と教えてくれました。


先生、ありがとうございました~~!

これで、一つ、海の不安が消えました。


お楽しみが、不安になったら、そんな悲しいことはないですものね~。


それでもって、大好きな○クド○ルドのハンバーガーを食べられないなんて、海にはやっぱり耐えられない。

なので、「じゃあ、今度、お仕事頑張ったご褒美に食べようね~!」なんて軽~く言ったら、

(・・っていうか、しょっちゅう食べてますけど・・・(^_^;))

「え?いつ食べるの?」と即、質問。


「ん?土曜日か、日曜日か・・・?」なんて言っても、いつかはっきりしないことが、耐えられない。

それで、結局、もう質問攻めにあうのは勘弁ということで、え~い!職業体験の夜ごはんを、

○ックにしてしまおう!と決め、

「それじゃ~、頑張った日15日の夜ごはんを○ックにしま~す!」と言うと大喜び!


・・・とこれで一安心・・・と思ったのですが・・・。

「15日は、夜ごはん○ックなの?」

「そうだよ!」


「ねえ、15日の夜ごはんは何?」

「ん?だから、○ック」


「ねえ、15日の夜ごはんは?」

「○ックにするよ!」


この繰り返しが、ここ数日に、正直何度も何度もなので、さすがに私が凹んだり、イライラしたり・・・。


そして、その不安は今日、ピークを迎え、夜、あまりにもしつこく聞くので、

「だから、言ったよね!書いておくといいよ!」と強めに言ってしまったら、

ウルウル・・・ウルウル・・・。


あ~、やっちゃった!

私が~~~(>_<)。


明日が、本番だというのに・・・。


しか~し、我慢出来なかったの~~。

仕事から帰り、2分置きくらいに、同じことを確認。


洗濯物の取り込み、お風呂掃除、夕食の支度で、あっちへ行ったり、こっちへ行ったり・・・。

その間に、アロハが○んちをしたりして、トイレ交換だ、なんだって・・・。

そんな私と目が合えば、質問。


もう、こうなると、「ねえ・・、」と海に声をかけられるだけで、身体と心が硬直。


自分のイライラを、きつい言い方で海にぶつけてしまったので、反省して、夕食を準備しながら、

何事もなかったかのように、海に、「~~~食べる~?」なんて聞いてみたら、

ちょっと気分もおさまったのか、「食べる~!」と返ってきたからホッ。


なんとか食べてから、私だけお風呂へ。

あ~~~~~!と、大きな声を吐き出してしまいました~~!


楽しみの期待感が強ければ強いほど、不安がつのる。

でも、そうなったときの確認は、やっぱり激しい。


そして、最近は、また海の新たな悩みも出てきて・・・。

でも、それは、今度として・・・。


とりあえず、明日の職業体験がハッピーに終われるように・・・。

海の笑顔が見たいです。


スマイルは0円の○クド○ルドでね!

読んでいただいて感謝です。
明日の海の職業体験に
応援クリックお願いします(*^_^*)。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-11-14 21:19 | 海のこと | Comments(6)

不安をぶつける矛先

海の不安は「確認」という形になって、私に向けられます。

海が3年生、4年生のころは、その確認が半端ではありませんでした。

自分でも、あの確認にどう対処していたのか・・・と思うくらい、ヘビーな確認でした。


でも、5年生になり、その確認回数が、以前と比べてだいぶ少なくなりました。

・・・と言っても、海を知らない方だったら、今の海でも、十分しつこい・・と苦笑いすると思うけど・・・。


今でも、想い入れのあることだったりすると、何度も確認しないと気が済まず、

何度説明しても、何度も聞くので、こっちが凹むんですけどね・・(笑)。



それでも、だいぶ確認回数が減ったのは、海が文章で想いを書くことで、不安をぶつける矛先が、

私だけではなくなったからでしょう。


「かくにんノート」や「きもちノート」というノートに、以前は絵を使って状況説明をしたり、

気持ちを確認したりしていました。


でも、今は特にそういう決めたノートではなく、その時に選んだ海の持っているノートに想いを書くことで、

気持ちや確認の整理をしているみたいです。


海にブログに載せること(いろんな人に読んでもらう)をお願いして、少しだけ載せます。

遠足のとき、パソコンブースに行けるかどうか不安だったときに書いたものです。

句読点や誤字など、訂正する部分は、私が直しますね。


「パソコンは やりたくても 

人り(一人)でいくのは ほんとはいけないことだよ。


えんそくは たのしむことがだいじ。


パソコンは まだ プラネタリウムが おわったら。わかんないから。


がんばっても パソコンは やっていいじゃない(やっていいわけじゃない)。


ヘルパーさん○OK→ 11月こども宇宙科学館にいくんだ。

(もし、遠足でパソコンのところに行けなかったら、ヘルパーさんが空いてたら、一緒に行ってあげると、

ヘルパーさんに言われていたので。)


×たぶん ダメかもしれない。」


先生に教えてもらったこと、私に言われたこと、ヘルパーさんと話したことを、海の中で整理して、

想いを綴っているんだ・・・と、海の健気さにきゅんきゅんきました。


そして、もうひとつ。

本当は、今週末(19日、20日)、晴れたらキャンプに行く予定だったのです。

でも、天気がどんどん怪しくなり、ギリギリまで様子を見ていましたが、やっぱり雨で諦めました。

今度の週末(26日、27日)が晴れたら、その日に行くけど、天気が怪しかったら、日にちは考えるね!と、

海に話していました。


そして、海がノートに書いていた文章はこちら↓。

「キャンプはあめになっても、25.26日に、もしかしたら、

はれか くもりか あめかもしれない。


もしも あめになったら いやだ・・はぜったいゆわない(言わない)!!


19.20日いけないけど、25.26日に、いけるかもしれないし、だめかもしれない。

とにかく・・・。


てんきは だれにもわかんないんだ!!!」


また、台風が来ているので、この週末も怪しいですね。

天気ばかりは・・・。


さすがに寒いので、テントは無理でも、キャンプ場のコテージとか借りて連れていってあげたいな~と、

思っています。


テントはなくならないから、暖かくなったらいつでもテントを使えるからね~!と言って、

何とか不安そうな海に希望を与えています・・・。


少しずつ、文章も理解できるような文章になってきていて、

海の心の葛藤が、文章からだいぶ伝わるようになってきました。


納得できなくて、私のところへ来ては、確認するけれど、

それでも、自分なりに納得したいという想いがあるから、こうしてノートに書いて、

想いをぶつけているのだと思います。


思い通りにならないことだらけだけど、大人になったとき、思い通りにならないからといって、

パニックにならないためにも、少しずつ少しずつ我慢したり、でもこれだけは!という時は、

我慢せず主張したりできるように、今、海はいっぱい、いっぱい、学んでいるのだと思います(*^_^*)。


読んでいただいて感謝です。
キャンプへ行くのはいいけど、
キャンプ道具のしまう場所も
考えなくっちゃな~~(^_^;)。
応援クリック励みになっています。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-10-21 00:55 | 海のこと | Comments(4)
ついに海の遠足の日がやってまいりました。

昨日の夜も、先生に「ありがとう(パソコンのところに行っていいよと言ってくれて)!」を言うんだと、

なんか書いたり、言ったり、練習していました。


今朝、素晴らしい晴天に気分も上がり、海の笑顔も見られてちょっと安心したのですが、

「あのね、お母さん、心配なの。先生、なんて言った?」


(あ~、やっぱり!?

そ~よね~。心配が消えちゃうなんてことないわよね~。)


「ん?先生は、お母さんには、海にパソコンのところへ行っていいと言ったと伝えてくれたよ^^。

だから、大丈夫。行ける。行ける。」


「先生、なんて言った?」・・・と海。


こういう確認が始まると、それは、不安な証拠。

(ふう~~。あと少し!私も頑張ろう!)


「先生がいいよ!と言ってくれたのだから、心配しないで、ありがとう!と言おうね!」


そう私が言うと、少し安心したのか、ちょっとだけ笑顔になりました。


学校に着き、私も心配だったので、海と一緒にクラスへ行ったのですが、

廊下を駆け足。

「ちょっと、ちょっと、廊下は走りませんよ~!」と私が言うと、

「だって、先生に、ありがとう!って言わないといけないから。急がないといけないんだ!」


そして、クラスに入ると、先生も子どもたちもまだ誰もいませんでした。

海は、落ち着かない様子です。


しばらくして、先生がクラスにいらしたのですが、ありがとう!はすっかり抜けてしまったようで、

また、パソコンの不安を、なんだか言い始めました。


(振り出しかい~~!)


そして、今度は、去年の担任の先生(今年も、海のクラスの先生)が、クラスにいらして、

私の顔を見て、海に気づかれないように、「ど~お?」と海の様子を心配してくださいました。


私も、こっそり、「ん~、まだ心配みたいで、今日もすごく緊張していました。」と伝えると、

先生は、海に話してくださいました。


「海くん、今日、心配しなくていいのよ。海くんが行きたいところに行けばいいんだから。」

すると、海は、ウルウルと涙が出てきてしまいました。


先生が、優しく、海に「おいで^^」と言って、抱き寄せてくれました。

「大丈夫、大丈夫、今日、みんなでプラネタリウムに行くでしょう?それは、みんなで楽しむじゃない!

そして、あとは海くんのやりたいことをしたらいいんだよ^^!」と。


そういう風に言ってもらえた海は、とても安心したようでした。


そのあと、その去年の担任の先生と、海に聞こえないように、別室で少しだけ話しました。

「海くん、すごく成長してて、この前のプレゼンのときも、海くんの成長に鳥肌がたったの。

海くんは、みんなで楽しむことはわかっているんだけれど、自分がプレゼンしたパソコンを、

みんなで楽しみたかったんだよね。


パソコン以外のことを楽しむのでなくて、自分だけやりたいことが出来ればいいのではなくて、

みんなでパソコンを楽しみたい。


そういう願いや想いを、ちゃんと伝えられるようになったことが、素晴らしい成長なのよね。

みんなに合わせることをしようとする子だから、そういうことが伝えられるようになったことが、

すごいことなの・・・と話してくださいました。


先生方の話を聞いて、お母さんの考え方を知り、海くんはいっぱい考えて、感じて、

海くんの価値観ができてきているんだね。


この言葉には、ぐっときてしまいました。


私も、遠足へ行くことを知り、具体的に進んで行く段階で、楽しみな半面、不安も増してしまった海。

極度の緊張から涙がでてしまったり、何度も何度も確認され続けていた日々だったので、

先生と話をしていたら涙が出てきてしまいました。


「お母さんにも苦しい想いをさせちゃったね、ごめんね。」

もう、先生、そんなこと言わないで~~。泣けてくる。


そう話す先生の目にも、涙が。

優しいな~。ありがたいな~。

忙しい中で、ほんの少しの時間だけれど、お話していただいてよかった。


海の緊張からくる行動や言動に、最後の方は、押し潰されそうになっていたけれど、

こうして、海の心の成長を、クラスの先生方が大切に、丁寧に、育ててくださっていることが、

私の苦しみ、疲れ、迷いまで、和らげてくださっているんだと感謝をしました。


「今日は、クラスの先生達と、海くんに迷わせないようにしよう!と話したの。

楽しんで帰ってこられるようにだけ考えるから!」と先生は明るく話してくださり、

私は、「よろしくお願いします。」と頭を下げて、先生は、子どもたちのところへ戻りました。


みんながバスに乗り、お見送りをしたのですが、海は自然な笑顔で、とっても嬉しそうでした。

なんてことないことだけど、私には、なんてことあることで(笑)←なんじゃ、こりゃ(笑)、

私も爽やかな気持ちでお見送りすることができました。


とはいえ、やっぱり帰ってくるまでドキドキでした(笑)。

お迎えに来ていたママたちと、子どもたちを待ちながら、色々と話していました。

私が、あまりにもドキドキ心配しているので、

「海くんにそっくり^^!」と言われちゃいました(笑)。


そうなんです。

心配性なところは、完全に、海は私に似たんですね~。


「だって、帰ってきてから、家で、またおっこちられたら大変なんだから~~!」と、

言い訳しておいたけど~~。


そして、ついに、海が帰って来ました。

満面の笑みで帰って参りました~~~!!


「お母さん、あのね、パソコンでね、ロケットとひこうきを作れたんだよ~!!」

「やった~!良かったね~~~!」

思わず、ハグハグしちゃいましたよ^^。


担任の先生が、パソコンで作ったロケットを写真で撮ってくださっていて、その場で見せてくれました。

とっても上手に出来ていました。


担任の先生も、遠足に向けて、海といっぱいいっぱい話をしてくださり、

個別課題のときに、一緒にロケットを作って、お部屋の中に打ち上げてくださったり、

少しでも、海が楽しくなるようにと考えてくださって、本当に感謝でした。


家に帰って来てからも、荒れることも、不安になることもなく、穏やかな海でした。


あ~~~、遠足が無事に終わった~~~!!

先生方、ありがとうございました~~!


朝を恐れず、ゆっくり寝られます~~~(笑)。


明日は、学校で、遠足の『振り返り』をするようなので、どうぞ楽しく振り返られますように・・と、

願う母でした。(お願いしま~す!)


読んでいただいて感謝です。
空の通知表を見て、あまりのひどさに、
家にいると暗くなるから回転寿司行こう!と、
出かけた我が家でした。なんじゃ、そりゃ!ですね。
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-10-17 22:01 | 海のこと | Comments(6)

条件付きのOK

これから台風がやってくるかと思うと、ドキドキ。怖いです。

ベランダのテーブルや椅子、物干し竿やポールをなどを横に倒し、準備はしたけど・・・。

海が目の前の我が家は、毎回、物凄いので、今日は寝られないと思います(>_<)。


17日(木)は、海の遠足です。

台風が心配でしたが、明日にはぬけるのでお天気は大丈夫でしょう。

けれど、我が家の海くんの台風は、遠足までにぬけて、台風一過の晴天となるかが不安。


海の遠足へかける想いを、先日記事にしましたが、海の想いは、実はここ数日の間に、

複雑に絡んでしまったのです。


遠足で行く、こども宇宙科学館の中で行きたいブースのプレゼンを、先日クラスのみんなにしてから、

何度か、先生とこどもたちとで相談していたようなのですが、今、海の中で混乱してしまっているようです。


海自身は、パソコンのブースに行きたい・・・という強い想いがあるのですが、

遠足の目標(みんなで楽しむ)を、先生と確認すればするほど、不安が強くなってしまっていたようです。

行くところは3つと決まっています。


プレゼン後も、パソコンのところに行けるかどうかで、頭がいっぱいだったんです。

毎日、海は、私に言いました。

「パソコンのところには行けないの。でも、みんながいい子に出来たらいけるかもしれないの。」


どうも、パソコンのところに行くのは、みんなの多数決で落選したらしく、

でも、みんながいい子だったら、(トラブルなくまわれたら)行けるかもしれない・・・という、

何ともドキドキする結果となったようでした。


自分自身に言い聞かすように、何度も何度も私に言いました。

母としては、聞いてて切なくてたまらなかったけど、こればかりはどうすることもできない。


すごく、すごく行きたいんです。パソコンのところに・・・。

でも、本当にこういうことには真面目だから、遠足の目的なんかを学ぶと、それを何とか理解しようと、

健気なくらいに努力するんですね。


みんなに合わせないといけない・・・という想いもすごく芽生えてきているけれど、

自分の願いもやっぱり強くて、その狭間で苦しくなっていた毎日なんです。


行くことを自ら諦めることで、行けなくなりました・・・と言われないで済む。

みんなはパソコンのブースに行きたいと思っていないのに、自分だけ行きたいと言ったらいけない。


海ならではの捉え方で、一生懸命、理解しようと頑張っていたんです。

傷つかないようにと、考えていたんです。


でも、心の中では、パソコンのところに行きたくてたまらなくて、叫んでるのに、言えない。

辛かっただろうな~と思います。


今日、担任の先生が海がデイサービスから帰る前に、電話で海の状況を伝えてくださいました。

先生と、今日も、みてまわる3つのブースについて話したらしいのですが、

海は、みんなに合わせようとして理解したのだけれども、やっぱり帰りに、みんなの前で海が話をしたら、

悲しくなって、わんわん泣いてしまったのだそうです。


それで、先生も、その海の本当の想いを知り、プレゼンも頑張っての想いもあるから、

みんなが他をまわっているとき、行くことにしようか・・・と海くんには話しましたが、

また、明日、お話を聞いてみます・・。という連絡でした^^。


行けるか行けないのかわからないって、一番理解し納得するのが難しいな~って思いました。


今日も、海が家に帰って来て言いました。

帰ってきた玄関先で。1番に。


「あのね、パソコンは、わからないの(行けるか)。でも、先生、いいよって言ってたけど・・・。」


リビングに上がってからも、

「あのね、パソコンが(のところに行けるか)、ドキドキしちゃうの。」


私も、さすがに気の毒になってしまって、言いました。

「先生が、いいよって言ってくれたんだったら、『ありがとう!』って言ったらいいんだと思うよ^^。

そして、『でも、いいのかな、悪いのかな・・・』なんて考えなくていいと、お母さんは思うよ。」


遠足のスケジュールは、泣いたからと言って、自分の意見が通るわけではないし、

みんなで決めることも、とても大切な勉強なので、パソコンのところに行けなくても大きな学びとなるでしょう。


ただ、今回は、ちょっと海が理解するには難しすぎたんですね。

条件付きのOKが・・・。


頭では理解できても、心が理解できなかった。

それが、今の成長段階の海なのだと思います^^。


沢山、沢山、考えなくっちゃいけないことだらけだからこそ、

混乱してしまっているときには、シンプルにしてあげることも大切かな・・って思いました。


そして、親の願いは一つ。

スケジュールを納得して、緊張することなく、楽しんで行ってきてほしい。

それだけです(*^_^*)。


読んでいただいて感謝です。
「なんで行けないんだ~~!」と
叫ばなくなった成長を、喜びたいと
思います^^。
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-10-15 23:04 | 海のこと | Comments(2)

完全敗北

先日、海の学校のママたちと話をしていました。

「この子達のテレパシー能力ってすごいよね!」・・・って。


そうなんです。

海もすごいんです!


相手の心理をあっさりと読み説くといいますか・・・。

すごいんです(笑)!


つい先日のこと。

海が、にっこにこで私に報告しにきたんです。

「ねえ、ねえ、お母さん聞いて!(もう、これ以上ないというくらいの笑みで)

あのね!すご~~~く嬉しいお知らせがあるの!」


あまりの笑顔にキュンキュンしながら海に聞きました。

「わ~~!な~に?聞きたい!聞きたい!教えて~~!」


すると海は、それは嬉しそうに言いました。

「あのね!○○○先生(海の担任の先生)、結婚するんだって~!」


(あ・・・それ、私、結構前に直接先生から教えていただいて、知ってる・・・(^_^;))

(いや、でも、海がこんなに嬉しそうに教えてくれたんだから、知らないふりした方がいいわね。)

・・・・というようなことを、一瞬の間に、私の脳がフル回転したわけです。


時間にしたら1秒くらいの間しか空いてなかったんですよ。

そして私が、最高の笑顔で(私なりの)言ったんです。


「うわ~~!ほんと~~!素敵~~!」

しつこいようですが、間は1秒、表情は、満面の笑みです。


すると、海が、ものすごい普通~~な顔で、

「お母さん、なんで知ってたの?」って言ったんです~~~~!


知ってるなんて一言も言ってないし、知らないふりして演技したのに・・・。

げげげ・・・完全に読まれてる。


あまりに驚いて、若干、動揺が隠せなかった私。

「あっ・・・ああ、そういえば、前に聞いてたかな・・・。」なんて言っちゃいましたよ。


完全敗北。


でも、海は何も変わらず会話を続けます。

「今度の木曜日に、お祝い会をするんだって~!

だから、ぼく、先生に絵を描いて、あげたいの!

内緒であげるの!絵を描いてもい~い?」


なんでわかったんだ?・・・などと、まだ動揺を引きずりつつ、

「もちろん!いいねえ、先生喜ぶよ!きっと!」と言いました。


そして、海は、ルンルンで白い紙とマジックを持ってきて、アイパッドでウイングドレス(ウェディングドレス)

を調べる!と言って、見ながら楽しそうに描いていました。


出来上がった絵がこちら。

b0244274_8565583.jpg


なんでしょう、海の描く絵は、親バカながら、やっぱり好き。

お嫁さんのドレスのラインが、すごく可愛い!


「きっと、先生、喜んでくれるよ!」と先生には木曜日(10日)までは内緒だったので、

見えないように封筒に入れてあげました。


あまりに可愛かったので、つい、欲が出て言いました。

「ねえ、ねえ、今度、お母さんたちの結婚記念日にも、そういう絵を描いてプレゼントして欲しいな~!」


すると、海が、急に怒り出しました。

「なんでなんだ!お母さんは、ウイングドレスを着ない!」


「え?(今度は怒るわけ?)あ~、確かに、ウェディングドレスは着ないけど、

ほら!見て!(私たちの結婚式の写真を見せました)お母さんも、ウェディングドレスを着てるでしょう!?

結婚記念日は、結婚したことのお祝いだから、ドレスを着た絵をもらったら、みんな嬉しいんだよ^^。」


すると、ほんの少し間があって・・・。

「でも、お母さんは、ウイングドレスを着ないじゃないか~~~!」とご立腹。


へえへえ、この度も、私の敗北でございますです。


「ん・・・はいっ、じゃあ、いいかな・・・。その絵じゃなくても・・・。」

そして、海は、何事もなかったかのように立ち去りました。


悔しいから、クローゼットの片隅で、ひっそりとぶらさがっているウエディングドレスを着てやろうかしら・・・。

(あ、つい汚いお言葉を使いまして、失礼いたしました。)


でも、悔しい~~~!ドレスに足を入れて上に引っ張っても、膝で止まる~~~~!!


完全に海に負けてしまった母でした。

ちゃんちゃん。

読んでいただいて感謝です。
今頃、先生、結婚式だわ~♪
うちのパパは、いびきかいて
寝てるけど・・・。ふん。
敗北ママに応援クリックお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-10-12 09:02 | 海のこと | Comments(8)

海のプレゼン結果報告

さて、海がクラスのみんなに、遠足で行く子ども宇宙科学館で、パソコンのブースに行きたいと伝える日、

海は相当緊張していたようです。


朝、起きると、いきなり私に言いました。

「ぼく、やっぱり、いいの。(パソコンのことは言わないで)」

・・・と、かなり暗く落ち込んだ様子。

そして、涙がポロリン(T_T)。


「どうして?あんなに行きたかったのに?緊張しちゃったの?」と聞くと、コクンと頷きました。


「そうだね~、緊張するよね~、でもさ、行きたいから、みんなに伝える!って頑張るんだったよね?」

と言うと、またまた、コクンと頷きました。


「それだったら、頑張ってみようよ!

ほら!オリンピックを東京でやりたい!って一生懸命頑張った人達も、ダメかもしれないけど、

みんな頑張ったんだよね!

そうしたら、想いが伝わって、オリンピックが東京で出来るようになったんだもんね!」


ちょっと、長文だったな~と反省しましたが、海は、私の言おうとしたことが何となくわかったようでした。

(海は、長文を理解するのが、まだ苦手です。)


すると、海はアイパッドを持ってきて、何やら検索し、私に見て!とお願いしました。

それは、宇宙科学館のパソコンのブースで、楽しくパソコンをしている子どもの画像でした。

その他にも、そのパソコンで作れる車や船の画像も見せて、プリンターを指差し、

「写真にして!」と私に言いました。


そっか!オリンピック招致の話をしたから、プレゼンのことを思い出したのか・・・!


「みんなに、見せるのね?」と海に聞くと、明るい顔になって、

「うん!」と答えました。


「それは、いいアイディアだね!今、プリントするから待っててね!」と海の選んだ画像をもう一度出して、

写真を撮り、それをプリントしました。

画像は悪かったけど、何とか4枚写真になって出てきました。


「4枚あるから、1枚の紙に貼ろうか?」と私が聞くと、「うん!」とニコニコ。

こんな感じになりました^^。

b0244274_20521993.jpg


海は、それを嬉しそうに眺め、伝えるぞ!とやる気も出てきて、カバンの中に入れると折れちゃうからと、

大事そうに手に持っていきました。


それでも、緊張がなくなって訳ではなく、私もクラスに来て、先生に緊張してることを伝えてほしいようでした。

そんな訳で、朝、クラスに行き、海の担任の先生に、朝の様子をすべて伝えてお願いしてきました。


その日、私は仕事でしたが、ちゃんとみんなの前で言えたか、ずっとドキドキしていました。

海に、みんなの前で話すシミレーションをしてくれたヘルパーさんも、

「海くん、どうだったかな~!」と一緒に心配してくれました。



仕事を終え、アイフォンを見ると、1通のメールが来ていました。

クラスの担任の先生からでした。


遠足の事前学習のときに、ちゃんとみんなの前で、自分から手を挙げて、説明することができたと!

教師陣絶賛だったと!


でも、今度は、遠足のときにみんなを上手に誘えるか、不安になってしまったようで、

悲しくなってしまったことを伝えてくださいました。


先生も、せっかく頑張っただけに、また、不安要素を増やしてしまう状態にしてしまって・・・と、

謝ってくださって・・・。


いやいや、いつもこうして事前学習をしていただいているおかげで、海も、頑張ることができたのですから、

その感謝の想いを先生に伝えました。


先生にも、シンプルに、頑張れたことだけを褒めてあげてくださいとお願いされていたので、

海が、デイサービスから帰ってきたら、そのように褒めようと思っていました。


そして、海が、デイサービスから帰ってきました。

すると、私が褒める前に、海が言いました。

「あのね!ぼくね!ちゃんと言えたよ!」


「そう!言えたんだ!すご~~~い!頑張ったね~!」

そう言って、海をいっぱい褒めました。


そうしたら、続けて海が言いました。

「でも、ぼく、心配なの。あのね、あのね、遠足の日、みんなに言えるか心配なの。」


(ほうほう・・・先生がメールで教えてくださったことは、これね!)

「そうだね~、心配だね~、でもさ、今日は、みんなの前でちゃんと伝えられたんだもん!

それでいいよ!また、遠足の日は、きっと言える!今日、出来たんだもん!」

でも、パソコンの所に行けるようになって良かったね!」と私が言いました。


すると、海は、「あのね、パソコンのところに行けるか、まだわからないの・・・。」

「ん?行けるようになったんじゃないの?」


「まだ、わからないの・・。」と海。

「そうなんだ~!お母さん、もう行けるようになったんだと思っちゃった!行けるといいね~!」と、

海に伝えながら、ちょと勘違いしていた自分に反省(>_<)。


遠足は17日。

これは、先が長いわ・・・と、海に隠れて苦笑いした母でした(笑)。


その日の学校からの連絡帳には、海がプレゼンしている様子の写真を貼ってくれていました。

b0244274_20552594.jpg


そして、とってもほっこりするエピソードが書かれていました。

海が発表する前に待っている間、担任の先生に、「そばにいてくれる?」って言っていたことや、

すごくドキドキしながらも、一生懸命みんなに伝えている様子が愛おしかった・・・と。

だから、海が発表をやり終えた時には、先生もガッツポーズをしてしまったんだそうです^^。


なんだか、そのときの様子を想像したら、すごく微笑ましいな~って、幸せな気持ちになりました。

緊張しても、信頼して、そばにいてほしい・・・と海が思える先生との関係が嬉しかったです。


何とか、17日、パソコンのブースに行って、出来るといいな~と、母として祈っています。


だって、もうすでに、何度も何度も、当日、ちゃんとみんなに言えるかの心配をしているんですもの・・・・。


でも、クラスの何人かが、海のプレゼンで賛成してくれたようで?、海は喜んでいました。

「~~くんと、~~ちゃんと~~くん・・は、いいよっ!って言ってくれたの。

~~くんは、車を作りたい!って言ったよ!」と嬉しそうに報告していました。


でも、海が説明してくれたことなので、ほんとうのところ、どうなのかは全然わかりませんが・・・(笑)。


そんな訳で、海は、とにかく緊張の連続で、さらに新たな不安もでてきたからでしょう。

昨日、夕方から熱が出てしまいました。


見た感じ、風邪とかではなく、精神的なところからくる熱っぽかったので、早めに寝かせました。


そして、いっぱい寝て、朝、もう一度体温を計ると、平熱に戻っていました^^。

やっぱり・・・。


つくづく、こういう所が、私にそっくり!と思ってしまいます。

私も、すぐ緊張することがある前日や、終わったあとに、熱を出す子だったので・・・。


心配や不安を、想像出来ないくらいに抱えてしまう海だけど、

こうして、また1つ成長出来たことを感謝したいと思いました。


読んでいただいて感謝です。
海の頑張りに、応援クリック
してもらえたら嬉しいです!
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-10-06 21:06 | 海のこと | Comments(4)

遠足へかける想い

17日(木)に、海は、子ども宇宙科学館というところへ遠足に行く予定です。

運動会の練習をしているときから、ものすごく楽しみにしていました。


先生にはもちろん、家族にも、ヘルパーさんにも、いろんな人に、遠足楽しみにしていると、

話をしていたようです。


運動会も終わり、もう気分は遠足一筋。

その宇宙科学館には色々なブースがあり、全部はゆっくりまわれないので、

クラスの子どもたちと相談して決めるのだそうです。


相談と言っても、なかなか同年代の子どもたちのようにはいかないでしょうから、

どうやって決めるのかな~と見てみたい気持ちです^^。


けれど、そのことが、今の海を、涙を流すほどに苦しめています(>_<)。

海は、パソコンを使って遊べるところがあり、どうしてもそこへ行きたいと思っていたようです。


最初は、パソコンのところに行きたい、やりたい!ということを言っていて、

私も、軽~く、行けたらいいね!行けるんじゃない!?くらいの感じで返答していました。


でも、それが、どんどんエスカレートして、もう昨日は、正直うんざりするくらい、

パソコンが出来るかどうか、心配だ、心配だ・・・と私に伝えにきます。


今朝も、朝から涙を流して聞くのです。

「行けるかな~?パソコン出来るかな~・・・。」って。


「出来るといいね!」

もう、それしか言えません。


今朝、学校へ行き、クラスの中に入ったら、また担任の先生とその話。

先生が、「金曜日(明日)みんなで決めようね!」と言ってくれているのですが、

海は、心配でたまらない様子。

「行けるかな(パソコンのところに)?行けるかな?」・・・って。


ふう~。

先生にお任せしてきたけれど、今日も、家でどうなることやら・・・。


そして、学校のあと、海はデイサービスだったのですが、いきなり今日、先生と相談できなかったことに、

ご立腹。


そして、ヘルパーさんにも、何度も何度も、パソコンのところに行けるのか心配なことを伝え、

泣いて訴えていたんだそうです。


デイサービスにいる間、何度となく、その話題。

しまいには、パソコンのところに行けるのか?の替え唄まで作って・・・。

ヘルパーさんが、こんな風にクラスのお友達に言ったらいんじゃないか?のシュミレーションまでしてくれて。


それでもですよ!

家に帰ってきて、金魚のフンのように私にくっついてきて、パソコンが出来るかな・・・?と聞き続けます。


「ん、明日決めるんだよね~。パソコンのところに行けるといいね~!」

ひたすら、それの繰り返し。


そして、夕食のとき、ものすご~~~~~い暗い顔で食べ始め、ついに涙が・・・。

ポロリ、ポロリ。


もう、ここまでくると、ウンザリを越して、切なくなってしまいますね・・・。


自分の幼かった時代を思い返してもみました。

楽しみなことがあって、それが叶うかどうかわからないときのこと。


思い返してみても、パッと出てこないけれど、あったとしても、それくらいのレベルだったんだと思います。

でも、海は、昨日から何度も涙を流して、不安を抱えているんですよね。


どんなに結果を早くわかりたくても、待たなきゃならないことがある訳で・・・。

だから、海にはそれも大きな学びなんだと理解はしているけれど・・・。


それでも、涙まで流して不安を抱えているのかと思うと、親として、切なすぎて、苦しくもなります。

さらに、ハードルは高く、どんなに行きたい、やりたいと伝えても、想いが叶わないときもあります。


それを、海は少しずつ理解出来るようになってきました。

だからこそ、不安が何倍にもなって、海を襲うんだな・・・と。


私の前で、こんな風に言ったらいいの?と練習するんです。

「でも、ダメだったら?」と聞いてきます。


「そしたらさ、家族でも行けるし、ヘルパーさんにも頼めるし、方法はいっぱいあるよ!

だから大丈夫!」


「でも・・・」

そして、海は自分の部屋に行き、1枚の紙に何やら書いてきました。


『もし、行けなかったら、家族とヘルパーさんと行く。』

そんな内容でした。


遠足をここまで楽しみにし、自分がやりたいということを明確にもち、涙を流して我慢しながら、

ダメだったときのことを一生懸命受け入れようと努力する海。


多分、この不安が原因で、家の中でも、最近なかった物の置き方に対するこだわりだったり、

返事の仕方へのこだわりだったり、またイライラする頻度も、とても多かったです。


でも、夕食を食べながら、涙を流す海を見ていたら、そうなっても仕方がない・・って素直に思えました。


そして、思いました。


小さい時は、表現方法も認知も低い訳だから、伝わらない上に、不安もいっぱいあると思うんです。

だから、こだわりも多いのかな・・って。

そういうこだわりの中にいると、不安から解放されるのでしょうね。


少しずつ成長し、伝えることの手段も増えて、認知も上がると、漠然とした不安が減っていくことで、

こだわりも、少しずつ減ってくるのかもしれないな・・・と思いました。


でも、やっぱりストレスや不安が多いときは、大きくなったって、

こだわりが強く出てきてしまうのかもしれません。


今までは、自閉症→こだわりが強い・・・という単純な見方でした。

でも、海を育てていて感じました。


そんな単純なことではなくて、その子のもつストレスや不安に大きく関わって出てくるものなんじゃないかって。


音をはじめ、様々なことに、敏感な人が多いということは、当然、ストレスも多いでしょう。

そんな中で、自分が落ち着くこだわりが強くでるのは、当然といえば当然のことなんだな~って思いました。


もちろん、海を育てていて感じたことなので、あくまでも自閉症の海からの視点ですが・・・。


夜も、何度もアイパッドで検索して、パソコンのブースのところを見せてくれた海でした。

遠足へ行くということで、ここまで想いを強く持ち、不安と闘っている子は、なかなかいないだろうな~と、

思いました。


明日、どうなるかわからないけれど、大好きなヘルパーさんと練習したことを、

みんなの前で披露できればいいな・・と思っています^^。


海、がんばれ~!!

読んでいただいて感謝です。
涙を流しながら、頑張った海に、
応援クリックお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-10-03 23:13 | 海のこと | Comments(4)

1本とられました!

海の運動会が28日土曜日にあります。

今年は、役員をしていて、運動会でのお仕事があるので、ギリギリになってバタバタしている毎日です。


あ~、あれもしないと、これもしないと・・・と焦っている時に限って、自閉症児は荒れるもの!?。

余ったカレーを使って、カレーうどんでいいや!と完全にやる気なしの夕食(笑)。

パパも残業で食べないしね。


「(カレーうどんを)お箸で上手に食べられるようになったね~!」と海を褒めていたときはハッピー。

でも、カレーうどんって、絶対、ピンッ!ってはねちゃう。

海の着ていたパジャマ代わりのTシャツに、カレーの汁が何箇所か飛んでいました。


「カレーうどん食べると、はねちゃうんだよね~!いっぱい飛んでるから、後で食べ終わったら、

着替えようね~!」と私が言いました。


それを言われた途端に、すくっと立って、いきなり脱ごうとしたので、

「いやいや、全部食べてからでいいよ~!着替えてもまたカレーが付いちゃうから~!」と慌てて言ったけど、

あ~~~~~!!」と、

大声を出して叫びましたよ!


母は慌てて、涼しいわ~なんて、全開に開けたリビングのドアを慌てて閉めましたとも!

確かに、海が小さい時は、水滴1つ付いただけでもすぐに着替えをしないと気が済まない時期もありました。


でも、今では、そんなこともなくなっていたので、完全にノーマークでした。

気持ちが悪いんだろうな~と思いながらも、食べ終わってから着替えることが出来るようになって欲しかった

ので、もう1回説明したら、

「だって、11になっちゃうんだ~~~!!12なのに~~~!」と大騒ぎ海。

「へ?11?12?なにそれ?」と私。


「Tシャツが11になっちゃう。着るのがなくなっちゃう~~!」

はあ、はあ、へえ、へえ、Tシャツの数だったんでございますね。


「11枚あったら、着るのなくならないよ!」と私。

ほんとのところ、着るのがなくなることに大騒ぎしている訳ではなく、

Tシャツの数のこだわりなんだろうな~というのは、わかったけれど・・・。


でも、これもまた、必ず12枚ないと耐えられなくなることに繋がるのも・・と思い、

「12枚揃ってて欲しかったんだよね~。うんうん、わかる。

でもね、Tシャツは、ボロボロになって捨てることもあれば、新しく買うこともあるでしょう?

だから、いつも12枚っていうわけにはいかないんだよ^^。

海はTシャツ12枚って決めたのかもしれないけど、決めないでおくといいよ^^!」と言いました。


すると、カレーうどんを1本ずつ食べながら、

「う~~~~~ん・・・」と小さな声で唸り、「小さな声・・・小さな声・・・」と唸りながらも、

自分に言い聞かせている海でした。


そこには凄く成長を感じました。

でも、やっぱり、食べながら苛立っている顔で、ウンウン唸っているので、

「そういう顔で、ずっと怒っているのは、なんかやだな~!」と私が言ったら、

「そんなに、すぐにニッコリはできません!」と海にきっぱり言われました。


その台詞・・・。

どこかで聞いたような・・・。


は~~い!私で~~~す!


海に1本とられてしまった私でした(^_^;)。

読んでいただいて感謝です。
今さっき、急にベランダに出た海。
夜空に向かって、「オリンピックに絶対出ます!」と、
大きな声で叫んだぞ!
慌てて、海をリビングに戻した母でした(^_^;)。
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-09-26 21:43 | 海のこと | Comments(6)
海のオリンピック熱は全然冷めなくて、むしろ、どんどん上昇している感じ。

まあ、これから上昇していくのは自然といえば自然だけど・・・。


家の中でも、オリンピック、パラリンピック頑張ろう!と大きな紙に書いて、

何故かAKBのじゃんけん大会を応援してたり(笑)、五輪のマークや、スタジアムの絵を描いていたり、

リビングを往復しながら、「オリンピック!オリンピック!」と言ってたり・・・。


それから先日、海のクラスでは、オリンピックの開催が東京に決定したことを受けて、

以前、海たちがオリンピック招致のためのお手紙を書いたので、その想いが繋がったんだよ!と、

先生方がクラスの子どもたちに、わかりやすく説明して下さったのだそうです。


その中で、東京五輪決定までのダイジェスト動画をみんなで観たときのことを、先生が教えてくださいました。

どんな動画だったのかは、観ていないのでわかりませんが、海は、ポロポロと涙を流していたのだそうです。


先生が、「泣いていいんだよ。それはとても素敵なことだから、その涙を大事にとっておいてね!」と

海に言葉をかけてくださったことを伝えてくださいました。


詳しいことは、もちろん理解できないでしょう。

でも、みんなで力を合わせて一生懸命頑張ることが、海には涙が自然に出てしまうほど、

感動して伝わったんだと思うと、とても嬉しい気持でした。


今朝、テレビの番組の中でオリンピックのことを話していました。

海は、それを観ていて私に聞きました。

自分が泣いてしまったことを思い出したようです。


「あのね、泣いちゃったの。泣くのは恥ずかしいこと?」


「う~うん(首を振り)、全然恥ずかしいことじゃないよ。素敵な涙だよ。感動したんだもんね。」

そう私が言うと、


「あのね、(その涙を)大事にしてね!って、先生、言ったの。」と、教えてくれました。


「そうだね、感動した涙は、とっても素敵な涙だから、大事にしようね^^!」と私が答えると、

コクンと頷いていた海でした。


人の心の中に浸透して拡がる感動は、その人の心を豊かにしてくれるでしょう。

何よりも育ってほしいのは、『心』です。


同じ歳の子どもたちみたいに、勉強ができる訳でもないけど・・・。

遊ぼうと寄ってきてくれる子からも、逃げてしまったりするけど・・・。

変なことを言っては、まわりのみんなに『???』をプレゼントする海だけど・・・^^。


沢山の方たちに『心』を育てていただいていることで、

うん、うん、それでいいよ!って素直に思ってあげられる。


そして、また、感謝できた今日をハッピーだな~って思えました。

3分後に怒る出来事があったとしても(笑)、今日得た感謝は消えないから・・・。


私も海と同様に、その感謝から得たハッピーを大事にしたいな・・って思いました。

読んでいただいて感謝です。
今日は、どれだけハッピーを
みつけられるかな・・・♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-09-21 13:17 | 海のこと | Comments(4)