心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

カテゴリ:空のこと( 39 )

海の寄宿舎生活4週目、今日もまた、精神的に追い詰められることがなく、感謝なのですが・・・

寂しい。とっても・・・。そして・・・会いたい。

朝も、夜も、食事をしながら、空からも、海を想うことばが出てきてしまうんですよね^^。

空は、昨日の荒れた天候から、海を想い、怖がっていなかったかな・・・と心配していました。


空との時間・・と言っても、朝練で6時50分には、家を出るし、部活で帰りは真っ暗だし、

昨日なんて、帰ってすぐに、男女混ざった友達8人で、肝試しをするんだと遊びに行くし・・・(なんだかな~)

もちろん7時半くらいまでですが・・・。


結局、朝食と夕食のときぐらいなんですよね。

ゆっくり向き合える時間って・・・。


今日は、夜、空とゆっくり食事が出来ました。

もうすぐ合唱コンクールがあるので、その話題と、空の担任の女の先生の話を、空は最初にし始めました。

空の担任の先生は、髪の毛がショートで、保健・体育の先生ということもあって、ボーイッシュな感じの、

笑顔がとっても可愛らしい、心が優しい先生です^^。


その先生が、週明けに、髪の毛のスタイリングが変わったそうなのです。

おそらくパーマをかけたのだと思われますが^^、空が、一生懸命、手でクルックルッと巻くしぐさをして、

「すごいんだよ!全然違うんだよ~!だって、前はちびまる子ちゃんみたいだったのに

(先生、すみません・・・失礼な息子で・・・)」とやや興奮気味(笑)。


「可愛くなったでしょう~!」と私が言ったら、

なんか照れるのか、可愛くなった・・とは言わないのですが、クラスの男子に好評だという言い方で、

褒めていました^^。


「先生、もしかして、素敵な彼ができたとかじゃな~い?」なんて、親の私まで、余計なお世話な一言を、

空に言いましたm(__)m。


そうしたら、空が、「そうかもしれない・・だって、先生、いいことがあったんだ~って言ってたし^^」と

空も、いや、クラスの男子も、勝手にそう読んでいるらしい(笑)。


「なんか、前より、怒らなくなったし・・」なんて、またまた失礼なことを、空が言いながら、

空と私で、「間違えないね・・(^0_0^)!」と、ニヤニヤ・・・。

(先生、親子で、ごめんなさい~)

ブログを知らないから、大丈夫か・・・なんて、ついには開き直ったりして・・・^m^。


空の大好きな担任の先生だけに、ドキドキしたのか、はたまた、やきもちか(笑)?

「先生、寒がってたから、俺のジャージ貸してあげた・・・」とか言っちゃったりして、

空ってば、恋しているのかしら♪ふふふ。


その後は、海の話。

「海、おもしろいよね。」と、急に海のことを、思い出したのか、今度は、海の話に盛り上がる空。

「何が?」と私が聞くと、


「確認が・・・。」と空。

「あ~、確認ね!」と、笑いながら・・私。


「この前さ、海に、空、太った?って言われたんだよね。

だから、うん・・って言ったら、すぐに、「うんじゃなくて、ハイがいいんだ・・」って言われて、ハイって言ったら、

落ち着いた・・だってさ。」

(私、大爆笑)

続いて、空が、「海とお風呂に入ってたら、なんで、スヌーピーは毛が白いの?って聞くからさ、

え・・・っと思ったけど、最初から、白い毛だったから、白いんじゃない?(笑)って言ったら、

ありがとう・・って言うから、うん・・って言ったら、うんは嫌なんだ~って言い直してほしいんだ・・って

お願いされた・・。最近、お父さんにも、よく言い直してもらってるよね・・・。」


もう、空と海とのやりとりを、想像するだけで、なんかおかしくなって、大笑いしちゃいました。

私も、負けずに、「最近、海さ~、手を胸の前に、一回、ポンッとたたいて、大きな声で、

おちついた~~~~って言うんだよね~。」とやって見せたら、

あ~、やるやる・・って感じで、二人で、大爆笑。

(もちろん、海がいるときは、真似しませんが・・・。)


「返事の仕方が、気になって仕方がないんだよね。でも、可愛いよね~。」と、

空と私で、海を愛おしく、想いだしていました。


海は今頃、ぐっすり夢の中かな・・・・。

今日は、ご飯を食べられたかな・・・。


夕食用の3個のハンバーグを焼きながら・・・

フライパンに、いつもはない隙間を見ながら・・・

ハンバーグが大好きな海のことを、今日も、想っているよ。


海、おやすみね・・・。


読んでいただいて感謝です。
今日のハンバーグは、
海がいないので、レンコン、
きゃべつ、しいたけを入れて
作りました。
今の海なら、食べられるかも
しれないね。
色々、チャレンジしていこうね^^。
親から離れて頑張っている海に
応援クリックお願いします^^。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-10-25 00:03 | 空のこと | Comments(6)
ブログを始めて、あと少しで、一年になります。

アナログな私ですが、勇気を出して、日々変わっていく子どもの成長や、私自身の素直な気持ちを、

綴っていきたい・・と、思いきって一歩踏み出せたことが、今では沢山の幸せに繋がっていることを実感し、

感謝しています。


ブログを通して、沢山のコメントをいただいたり、アクセス数等を見て、こんな私のような拙い文章でも、

こんなに読んで下さる方がいてくれる・・・それだけで、本当に幸せな気持ちになり、胸が熱くなります。

また、悩んでいれば、沢山の方が、一緒に考えて下さったり、アドバイスを下さったり、応援して下さったり、

何度、涙したかわかりません。


先日も、一人の女性の方からいただいたコメントに、涙を流しました。

彼女の正直な、優しい想いが、胸に響き、沢山の方に読んでいただきたい・・・そう思って、

コメントをいただいた後、コメントを返したときに、是非、記事にしたいのだけれど、いいでしょうか・・と

お願いしたところ、快く、承諾して下さったので、今日は、御紹介させてもらおうと思います。


アナログで、記事をクリックすれば、見られるようにする方法がわかりません。

本当に、ごめんなさい。

彼女がコメント下さった記事は10月10日の「一番の理解者になりたい」の記事です。



彼女は、社会人になられたようで、自閉症の弟さんがいらっしゃるんだそうです。

最初のコメントに、こう書いてくださいました。

「空くんのことも、たくさんたくさん、愛してあげてくださいね。

空くんの気持ち、すっごく分かるから・・・

私は、社会人になりましたが、自閉症の弟がいます。

弟のこと、ママのこと、大好きだけど、悲しくて寂しい気持ちでいっぱいだったから・・・」


このコメントを読んだとき、涙が出てきてしまいました。

海の兄である空の気持ちに、自分の想いを重ねて、私に、正直な気持ちを伝えてくれたこと。

きっとね、彼女も、コメントしてくださるときに、どうしようかな・・どう、伝えようかな・・って、

悩んでくれたんだと思うんです。

私が、感謝の気持ちをコメントで返したら、私なんかが出すぎたコメントしちゃったのに・・と、

返ってきたコメントに書かれてあって、彼女の人を気遣えるお人柄が、うんと伝わってきました。


出すぎたなんて、とんでもないのです。

私には、確かに自閉症の海という息子がいます。

でも、息子は一人ではありません。

空という大切な、大切な息子もいます。


日々は、海の色んなことに、いっぱい、いっぱいで、空のことは、気づけば最低限のことしか、

してあげられてなくて、空が、私に何かを言ってきても、

「ごめん、今、忙しいから・・・」とか、「ちょっと、後にして・・今、大変なのわかるよね?」

そんな対応をとってしまうこともあります。


空は、いつからか、そんなときにも文句を言うわけでもなく、自分の言おうとしたことを、

ひっこめる選択をするようになりました。


きっと、今、無理にお母さんに言っても、嫌な顔をされるか、怒られるか、いいことなんてない・・と、

空が一番よくわかっているからだと思います。


海には、どんなに小さなことでも、出来たら、ものすごく褒めてあげているのに、

空には、どこかで、それくらい出来てあたりまえ・・という感覚で接しているんですよね。

だから、「へ~、良かったね・・・。」「ふ~ん、そうなんだ・・・」くらいの感想で終わってしまうこともあります。


海には、かばってあげることが多いのに、空には、どうしてそうなの?と攻め立てる。

海は苦手なんだから、仕方がないのわかるよね・・・なんて、空の心をグイグイと押し潰してしまう。


空は、どれだけ、我慢して、どれだけ、自分の気持ちを飲みこんで、どれだけ、海と私の関係を、

羨ましいと思ったんだろう・・って。

彼女のコメントにもあったように、私も、海も嫌いじゃないけど、

きっと、悲しくて、寂しい気持ちでいっぱいなときも沢山あるんだろうな・・って。


彼女も、きっと、甘えたい気持ち、わがままを言いたい気持ち、いっぱい、いっぱい、我慢してきたんだと

思います。

でも、彼女は、そんな自分の経験した悲しい想いを、出来るだけ同じような立場にある人に、

してもらいたくない・・と思ってくれたんですよね。

優しさと想いやりに満ちた彼女の行動が、嬉しくて、嬉しくて、感謝せずにはいられませんでした。


彼女と、その後、何度かコメントを返し合って、ブログ上で話すことができました^^。

その中に、こんな素敵なメッセージがありました。

「悲しくて寂しい思いもしたけど、それと同じくらい弟の世界観に癒されたり、考えさせられたり・・・

彼の姉でいて、幸せなことが沢山ありました。

思春期のときは、周りから嫌な目でみられることもしばしば・・・

それをかばう母にウンザリしたりもしましたが、今では私も立派な彼の世界の住人(笑)!!

コンビニでひっくり返る彼、行列を待てず割り込む彼、映画館で興奮して大声であらすじを言っちゃう彼・・

すべて愛おしく(笑)。

何か?と冷たい視線を跳ね返すまでにもなりました(*^_^*)。

私にとって、母も、弟も、もちろん父も(笑)、とても大事です。」


このメッセージを読んで、こんな素敵なお姉さんをもった弟さん、そして家族の皆さんは、

なんて幸せなのかしら・・って。


空も、こんな風に考えられるような人に育ってくれたら嬉しいな・・って素直に思いました。


彼女のコメントのおかげで、私は、また、大切な大切なことに気づかされ、

彼女の心からのメッセージである「空くんのことも、たくさん、たくさん、愛してあげてくださいね。」

という愛に満ちたことばが、私の心をほぐして、優しい気持ちにさせてくれ、

いつもの空との日常なんだけど、空と私の間に、小さいハートが、ふわっ、ふわっって

飛んでる感じがして・・・


ありがとう。

ありがとう。

正直な想いを伝えてくれてありがとう・・・。

そんな気持ちでいっぱいになりました。


彼女のコメントを全部載せたい気持ちですが、全部書ききれなくてごめんなさい。

素敵なメッセージに、心が満たされると思います。

もし、お時間があったら、コメントを読んでみてくださいね。


ブログを通して出逢った彼女に、感謝の気持ちを込めて・・・。


読んでいただいて感謝です。
海がおかしなことをしてしまって、
周りの人が冷たい態度をとっても、
彼女のように、「何か?」なんて
言ってくれるような、心強い空に
なってくれたら、嬉しいな~^^。
応援クリック励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-10-15 21:17 | 空のこと | Comments(16)
空の学校が、今日から始まりました。

長い夏休みも終わり、昨日の夜は、何だか空はバタバタとしていました。

いや、きっと、空だけではないはず・・・。(・・と信じたい^^)

宿題の最終確認をしたり、忘れ物がないように支度をしたり・・・。

さすがに、中学生なので、いちいちチェックもしませんが、

(忘れて怒られても、自分の責任です!・・っていうか、小学生の頃も、チェックしていなかったけど(笑))

保護者が感想を書く宿題が二つあって、夜、書いていた私です。母がダメじゃん!


その内の一つは、夏休みのしおりの中にあって、子どもが夏休み、親からみて、どう過ごしていたか・・という

感想を書くのです。

空の学校だけかもしれませんが、けっこう新鮮というか、驚き・・・でした。

中学生なのに・・・。中学生だから・・・?

ほとんど部活だったし、たまのオフは、友達と充実して過ごしていたので、褒めておきました(笑)。


その他に、子どもたちがアンケートに答える感じの形式で、夏休みを、どう過ごしていたか・・・という

ことを、結構細かく選んで書くようになっていました。

ふと、空が書いたそれに、目を通していたら、は~~~?という答えを発見!

夏休み、どんなところで、よく遊んでいたか、3つ、マルをつけなさい・・・という質問。

選ぶ欄には公園、空き地、校庭、家のまわり・・・とかいっぱい書いてあります。

その中に、ゲームセンター、繁華街なんてものまで入っていました。


なんと、繁華街にマルがつけられていました!

繁華街ってあなた・・・(-_-) しかも、よく遊んでる?

だいたい、ここら辺近辺で、繁華街って、どの辺のことを言ってるの?と疑問が湧いてしまうほど、

まわりは、海ですけど・・・。


で、マルをつけた本人に聞いてみました。

「ねえ、空、この繁華街にマルしたのは、何で?」

「え?なんとなく・・・っていうか、繁華街って何?商店街?」


おいおい・・。空さんよ~。

そりゃ~、すんごい賑わっている、大規模な商店街なら、間違いではないでしょうよ・・・

しか~し!この辺じゃ、そんな商店街なかなかないですわ・・・。

しかも、繁華街って何?はないでしょうよ~。マルしておきながら・・・。

わからないのに、何で、マルをつけたんじゃい~(;一_一)。

少なくとも、この辺の商店街は、繁華街と呼ぶには、ほど遠いですよ・・・。

空さんよ~~(-_-)/~~~ピシー!ピシー!


そして、ゲームセンターにもマルが・・・。

テキトーにも程があるわ・・・(--〆)

たま~に部活がオフのとき、2回だけよ・・と友達とやらせたことは、ありましたが・・・

行ったのも2・3回くらい。しかも、目的はゲームセンターではなくて・・・。

よく遊んだ場所に、ゲームセンターを選んだ空さん・・・。

一応、「なんで?」と聞いてみた。

「なんとなく・・・」


おいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおおいおいおいおいおいお~い!

なんとなくで、選ぶんじゃないわ~~~~~~い!

繁華街とゲームセンターが、よく遊んでいた場所だなんて、ありえな~い!


たまたま、私が、発見したから良かったものの、そのままで学校に持って行ったら、

「空くん、今日、ちょっと残ってもらっていいかな・・・」に決定~!ですよ・・・。


本当にそうなら、諦めもつくけど、行ってないです~~~!

なんとなく・・・にも、残念・・・。

繁華街って何?にも、残念・・・。

そして、いつもいつも、繁華街で遊び、ゲームセンターにいるってことが、どんなことかのイメージが

できない・・・ということが、残念~~!


空らしい・・・といえば、そうなんだけど・・・。

それじゃ済まされないのですよ・・・ということを空にガツン・・と伝えました。


明日から、普通の空弁スタートです!

お弁当を、教室に置いておけるので、かなり安心。

期末テストまで、あと1週間です。

こちらは、かなり不安です~~(>_<)。


なんとなく・・・でテストの答えを書かないように、しっかり言っておかなければ・・・(;一_一)。

色んなことが残念な空ですが・・・(^_^;)、先日、私が悲しみのどん底にいるとき、

空は、私の頭をよしよしと撫でてくれ、何回も「お母さん、もう、泣かないでいいよ・・・」と

言ってくれた優しい空でした。(アフターフォロー♪)


息子に胸キュンの母でした♪

空には言わなかったけど、その「よしよし」は、いつか好きな子が出来て、お付き合いしたら、

その彼女にやってあげてね・・・と密かに願ってしまったのでした。

女の人は、「よしよし」に弱いの♪(私だけ・・?)


さ、明日から、お弁当がんばろ・・・と思いましたが、おそらく、ほぼ夕食の残り物になりそうです~。

ハワイに行った学生時代のお友達が、以前もらって、めっちゃ美味しかった調味料

(ハーブソルトのような、なんとも美味しい魔法の調味料です)をお土産にくれました。

b0244274_2230525.jpg


今日は、その調味料を使って、夕食を作りました。

鶏の手羽元に、ONOを振って、なじませ、オリーブオイルとニンニク、お酒、はちみつを混ぜたものを

更にかけてなじませ、オーブンで焼いたら出来上がり!

b0244274_22314820.jpg


美味しかった~!しばらくONOが手放せなくなりそうです^^。

b0244274_22324934.jpg


明日は、これらがお弁当に変身~~です(笑)。

また、ちくわ買っておかなきゃなぁ~・・・(^.^)。



読んでいただいて感謝です。
一日の勉強時間に、7時間と書いてあり、
嘘をつけ~い!と訂正させました(-_-)。
空くん、期末テスト頑張って~!の
応援クリックお願いします^^。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-08-30 00:41 | 空のこと | Comments(4)

かけがえのない兄弟

もう8月・・・。

今年は、空が中学生になって、初めての夏休みなので、部活に試合、遊びに勉強・・・

私の方が、ハードスケジュールに頭がついていかなくて・・・とほほです。


朝から、海のスイッチが入ってしまうことが多い毎日なので、空とは、必要最低限の話をして、

バタバタと学校に送り出し、空もたまのオフの日は、一応、朝、勉強を少ししたら、後は6時過ぎまで

友達と遊びまくっています・・・。


海だ、プールだ、先輩とも仲が良くて、それはもう楽しそう。

今日も、朝から、お友達のお母様が、職場近くの海に連れて行って下さり、午後は、職場の方たちと

一緒にサッカーをさせていただいて、7時近くに帰ってきました。


職場の方の中に、外人の方もいらしたようで、久しぶりに、空が、興奮して「チーム・チェンジ!」と英語で

話したとか、海のきれいさ、魚がいっぱいいたこと、お友達が食べていたワカメの酢の物が美味しそうで、

少しもらったとか、それはもう興奮して、私に話していました。


空は、基本、おしゃべりなので、これが今までは普通だったけれど、何しろ部活や、試合で忙しいので、

朝と、夜しか、話す時間がないのだけれど、その時間帯は、海くん荒れ模様のことも多くて、

食事をとるわずかな時間に、少しだけ話す・・・という感じになっていました。


もう、中学生なので、だんだん母親に、色々話さなくなってくるのでしょうが、

今日の空の嬉しそうな顔。

海に向き合うことばかりで、(仕方ないんですけど・・・)ごめんね・・・。

きっと、話好きの空だもの・・・まだ、話したいのに我慢したこともあったよね・・・。


空が小学3年生から、海をお風呂に入れてくれました。

b0244274_22243136.jpg


時々、私に代わって、絵本を読んでくれました。

b0244274_22252673.jpg


海を優先しながら、遊んでくれました。

b0244274_22261777.jpg


おはなしノートを見ていたら、懐かしくて・・・。

(おはなしノートについては、2012・1・17の記事<海のことのカテゴリ>に詳しく書いてあります。)

私は、がっつり、空に海のことを頼っていた・・・そして、今も、頼っている・・・。

空なしでは、私は、海を育てられませんでした。

私は次女で、姉に甘えていた方だったので、空の長男らしい、弟への優しさにいつも感動しています。


空だって、納得いかないときや、イライラしている時は、海にもきつく言ってしまうことがあるけれど、

いつだって、海の苦しみに気付いてくれるし、海が出来るようになったことがあると、

自分のことのように「すごいよ!海!」と大喜びしてくれます。


家にしかない、空と海の兄弟のかたち・・・。

ときに満たされない空の想いを、空の友が受けとめてくれる。

きっと、私の前では見せない空の顔があり、

きっと、空の友の前ではみせない空の姿が、家にはある・・・。


家には、自閉症の海がいることが、当たり前です。

当たり前だけど、やっぱり、日々は空に我慢させてしまうことも多いです。

だからこそ、学校や友達、大好きなサッカーが、空の無意識に背負っている重みを軽くしてくれているんだと

思います。


期末テストも不安だけど・・・

でも、今日のような空の顔を見たら、何を、今、空が必要としているかがわかります。

今しかできない青春のときを、うんと楽しませてあげたいな・・・と思います。

きっと、友と過ごした日々は、大人になってから、必ず生きていく上で大きな力になると信じています。

先生に、甘いですよ!お母さん・・って言われてしまいそうですが・・・。


空の少ないおこづかい買ってくれた、イノシシのレンタルちゃんのぬいぐるみは、

海の宿泊学習のときにも、これからあるキャンプのときも、日々、海のとなりで海を癒してくれています。

空が友と過ごして心を癒してもらっているみたいに・・・。


海もまた、空がいる我が家を、当たり前に感じていると思います。

海は、空のように、想いを空に伝えることが上手ではないけれど、きっと、感じているよ。

空がお兄ちゃんで良かったって・・・。

空をいっぱい困らせちゃうけどね・・・。


困らせる・・・それが出来るのが家族。

そして、空と海という、かけがえのない兄弟を、私は愛おしく思います。



今日、海は、登校日でした。
朝から、「ひさぶり(久しぶり)~」と
先生に、挨拶されるのがドキドキする・・と
おっこちました~(^_^;)。
明日は、何だ?予想すれば、少しは
楽しくなるかしら?・・・なりませんです。
しょぼぼぼぼ~ん(T_T)。
読んでいただき感謝です。
応援クリックが励みになっています。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-08-02 22:34 | 空のこと | Comments(6)
空が学校から帰ってきて、今日は、特に色んなことを話してきました。

友達のこと、先生のこと、部活のこと、先輩のこと・・・。

最近、プチ反抗期で、なんとなくイライラしていたり、強い口調になったり、私と一緒じゃない!という感じ。


でも、今日はなんかご機嫌。

「あ~、楽しみだな~。お母さん、今週の金曜日、ユニホームがくるんだよ~!。

早く、着たいな~。すっげ~、楽しみ!自分のユニホームだよ!」


ほ~ほ~、それか・・。ご機嫌の理由。

これまた私と一緒で、食器が届くのを待っているときの心境ね(笑)!


今までは、部の歴代ユニホームを借りていたので、もちろんクッタリユニホーム。

先日、ユニホームの注文用紙がきて、ひえ~、またお金がかかるわ~と思いながら、

注文したのでした。


・サッカーの上手な先輩に、「先輩みたいになりたいです!」と言ったら、「照れるな~」と言ってた先輩の話。

・数学のまとめテストで、(中間テストは残念でした(笑))いい点だったら、先生に「空、奇跡だ!」と

言われたという話(笑)。

・明日は5時間完全下校で、部活もないから、早速友達と遊ぶ約束をした話。

・担任の先生が、「明日は、いっぱい遊びなさい~!」と言ってくれて感動した話(笑)。←本当か?

・小学校のときの同級生に会って、(その子は私立の学校に行った)ものすごい驚きながら、

「お母さん、~に会って聞いたんだけど、高校にそのまま上がれるんだって!」

(それが、中高一貫校の良さですよ・・・(笑)その代わり、あなたが遊びまくっている時に、

ひたすら勉強して受験したのですよ・・・。)という話。

・いつも美味しそうなヨーグルト(冷凍したフルーツを混ぜて食べているというので、どうやって

持ってきているのか聞いてきて~と頼んだ。)を持ってきている子に、聞こうと思ったら、

お休みだった話。

・先生に一回だけ、注意された話。

・先生が俺の匂いを気に入っていて(柔軟剤?)、「あ~、空の匂いだ~^^」と喜ぶ話。

(先生、臭覚大丈夫かしら・・・私は、空に直接、ファブリーズかけたくなりますよ・・。)


まあ、まあ、学校行ってる間に、色んなことがあり、色んなことを感じ、楽しそうだな~と羨ましいような、

懐かしいような・・・。

海は、まったく入る隙間なしでした(笑)。


結局、空が帰ってきて、食事が終わるまで、今日は空の話で終わりました。

海も、なんか言ってたような気がしますが、空話で消されて、覚えていません(笑)。


小学校の時に比べたら、部活で疲れて、帰ってくるのも遅いので、空もあまり話をしなく

なりましたが、今日は、小学生のころを思い出しました。

空も、プチ反抗期を迎え、こうして、何でも母親に話してくることも、どんどん減っていくのでしょう。


うるさいな・・・と思うこともしばしばだけど、今日は、嬉しそうに話す空が、何だかとても愛おしかった。

こんな風に話してくれることが減っていくことが、リアルに最近感じるから・・・・。

本当に母から巣立っていくんだって、実感が沸いてきているから・・・。


落ち着きもなくて、どれだけ泣かされてきたか、わからない空だけど、

こうして、友だちや先生に恵まれて、幼さを残しながらも、大人の階段をどんどん上っているその成長に

今日はしみじみとしてしまいました。


いつか、私が高いところから空に見下ろされるのかな・・・。

母ちゃん、小っちゃくなったなって・・・。

あんなに小さかったのに・・・ね。


また、明日は、空の機嫌が悪かったり、私の機嫌が悪かったりして、バトルになるかもしれないけど。

だからこそ、今日のような、何気ない空とのひとときを忘れないようにしたいな・・・。


夕食の後は、空リクエストで、昨日食べたワッフルがとっても美味しかったから、

さらにアイスをのっけて!と言われていました。

冷凍のワッフル(ベルギー産だった♪)って美味しいの?と思って買ったら、トースターで3分焼いただけで、

外がサックサク。

あ~あ、また、美味しいものに出会ってしまった。

自分で焼くなら、ちょっと面倒だから、今日はやめとくか・・・とか思えるのに、

ただ焼くだけなら、また、すぐ食べたくなっちゃうな~。

b0244274_0639.jpg



何故、こんなに甘いものが大好きなんだろう~。とくっだらないことを夜中に悩む母でした(笑)。

明日は、どんな一日が待っていてくれるのかな。

空が空らしく、海が海らしく、笑顔がいっぱいの一日になりますように・・・。



お風呂から上がり、着替えていたら
「Wiiやるんだぜぇ~↗↗」と
海スギちゃんの声が聞こえました。
応援クリック嬉しいです。わいっ!
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-06-27 00:15 | 空のこと | Comments(2)
空は、お兄ちゃんだけれど、「お兄ちゃん~!」と弟の海に甘えられたことはありません。

以前、ブログにも書きましたが、海が小さいころは、形だけの兄弟の姿でした。

空は、お兄ちゃんの気分いっぱいで、海に接するのですが、海は全く無関心。


家の中ですることといえば、そこらじゅうの物を一所に集めては、移動する。それを、ただひたすら繰り返す。

自分の決めた一定の場所を、ひたすら往復する。

タイヤが回るのをひたすら見る。

外に行けば、マンホールからマンホールへと追い求めて歩く。

公園に行っても、ただひたすら公園のまわりを歩き続ける。

お友達に、飴をどうぞと差し出されても知らんぷり。


結局、公園に空と海を連れて行っても、空は海とからんで遊びたくても、絡むはずもなく、

空は公園にいる知らない子と遊ぶ。というスタイルでした。

(今住んでいるところに引っ越した時は、誰も知らなかったので。)


私は、公園に来ている小さな可愛い兄弟が、楽しそうに絡んで遊んでいる姿を、その頃はまだ、

羨ましく見ていました。

でも、ふと思うのです。

一番、それを羨ましく感じていたのは、私ではなく、空だったんじゃないかって・・・。


どんなに可愛がったって、甘えるでもなく、慕うでもなく・・・。

その頃は、海のまわりの子とは違う行動ばかりに気がいってしまって、

空がどう感じているかなんて、気にもとめなかった。



だから、少しずつ、少しずつ、まわりのお友達の兄弟のようにはいかないけれど、

海が自分に興味をもち、手をつなげるようになり、、一緒にゲームをしたり、お風呂に入ったり

するようになったことは、空にしたら、とっても嬉しいことなのでしょう。



今日、夜ごはんを空と、海と、私の3人で食べていた時、空が言いました。

「去年、(小学)1年生だった子が、2年生になって、会ったんだけど、みんな大きくなってたんだ。

黄色い帽子をかぶっていて、小さかったのに、お兄さん、お姉さんになってた!」と。

すごく優しい表情で、愛おしい気持ちでいっぱいなのが、よく伝わりました。


空は小学6年生のとき、1年生が可愛くて、可愛くて、よく友達と給食のお手伝いをしていました。

いっつも、その時の1年生が、可愛い!可愛い!と家で話してくれました。

「空~!!」と抱きついてくるんだよ~。超、可愛いよ!」とよく言っていました。


その子たちが、大きくなっていたことが、空にはたまらなく嬉しくて、懐かしく感じたのでしょう。

嬉しそうに話す空を見ながら、思いました。


家では出来ない兄弟らしい関わりを、空は小学校でさせてもらっていたんだな~って。

優しくしてあげた自分に、当たり前に慕ってきてくれる、小さな子どもたち。

年上のお兄さんとして、教えられる幸せ、ふざけたり、笑い合ったり出来る幸せを、

慰めたり、励ましてあげたりする幸せを・・・。

身体いっぱい、心いっぱい感じて、その幸せを、深呼吸して、ゆっくり吸い込んでいくように・・・。


空の想いに気付いてやれなかったことが、いっぱいあって、それでも空は、

海という自分になかなか興味をもってくれない弟を、ひたすらありったけの愛情で可愛がってきました。


そして、家では叶えてあげられない部分を、学校でいっぱい叶えさせてもらっていたことに、

今日、改めて、深く感謝をしました。


家で満たしてやれない想いを、満たしてやれないと嘆く必要なんてないんだなって・・・。

まわりには、その満たすことの出来ない想いを満たしてくれる沢山の場所があることを、

忘れないように。いっぱい感謝して。


明日、空は部活ででかけます。

明日、空の卒業した小学校の運動会です。

「おれ、運動会行きたい。みんなに会いたい!」と行く気満々です。

「間に合うといいね。」そう言って、楽しい夜ごはんの時間は終わりました・・・。



もう、小学校の運動会に
空はいないんだな~と
ちょっぴりセンチメンタルに
なってしまった母です・・。
読んでいただいて感謝です。
応援クリック励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-05-26 00:35 | 空のこと | Comments(2)
空の学校の家庭訪問でした。

中学生活も楽しいらしく、毎日、色々と話してくる空です。

中学は教科担任制なので、~の先生は~でおもしろい!とか、~の先生は、すごいよくわかるとか・・。

と、こんな話をすると、いかにも真面目な生徒の様ですが・・・、こんな話もしょっしゅう。


「俺の駅員の真似~、まじで、みんなにうけて~・・・」とか、

「ビッグダッディの真似して、うまいって言われた~・・・」とか・・・。(これ、ほんとにうまい(笑)!)


部活の先輩も皆、優しいらしく、「みんな1年生をかばってくれるんだよ」と先輩の話をしたり、

練習がきつかったけど、楽しかったとか・・・。


どれも楽しそうに話すのですが、やはり、自分がものまねをしてうけた時の話が生きいきしてる(笑)。

なんか、学校での空の調子にのっている様子が、目に浮かび、母はヒヤヒヤ。


「ちょっと~、まあ、言っても無理だと思うけど、調子にのらないでよ~!

休み時間ならともかく、授業中とか、ほんとにやめてよ・・・」とは言ってみたものの、

友達にうけてもらえることを、生きがいにしている我が家の長男ですから、

静かにしているのなんて、無理でしょうね・・・とほほ。



先生は時間どうりにいらっしゃいました。

先生と向き合って座り、先生がお話される前に、

「すみません~、空が、調子にのって、ほんとうに・・・・。」と気付いたら謝っていました(笑)。


先生もうけてしまって、「いえいえ、空くん、本当に明るくて(そう言うしかないよね~)、

とにかくクラスのムードメーカーです。

(でた~!ムードメーカー!小学生時代も、毎年先生に言われてきたことだ・・・。)

とにかく、おもしろくって、みんな空、空、と楽しませてくれています。

けじめをつけるという点では、そこが課題の部分もありますが、

空くんが、もし、学校を休んだら、うちのクラスはすごく暗くなってしまいます。

(・・・って、どんだけの存在感なの!空は・・・。こわっ!)


「いや~、本当にけじめをつけることは、私も常に空の課題だと思っていますので、

本当にビシッと、どうぞよろしくお願いします。(ペコリ)」と何度も何度も頭を下げました。


「弟さんがいらっしゃるんですか?」と質問をうけたので、

「はい、4年生の弟がいます。知的な遅れのある自閉症児なので、。。。学校に通っています。

空は、3年生の時から、海をお風呂に入れてくれていて、私も海のことでは、空に頼ることも

多いし、海のことが中心になってしまって、空にはいっぱい我慢をさせてきてしまいました。

今でも、空は我慢していることもいっぱいあると思います。

一般の兄弟のように、取っ組み合いの喧嘩も一度もなければ、言い合いにすらなりません。

海が、だいぶ話せるようになってきてからは、多少、強い口調になったくらいで、

時々意地悪もしますが、基本は優しくて、いつも自分のおこづかいで、海に色々買ってくれるんです。

言いたいこと、我慢していることは、いつだって話してとは言っているのですが、

やっぱり言えずに我慢していることも多いと思います。

そんな空なので、学校で自分の友達といる時間は、本当に自由で、ある意味自分でいられる

大切な場所なんだと思います。

そういう空が空であれる場所を与えていただいて、本当に感謝しています。」と言うと、


「そうでしたか~。空くんがこれからも、学校が自分を出せるところであるように、

けじめをつけながらも、発散できるようにしていきたいと思います。

何かありましたら、いつでもお話してくださいね。

空くんは、おとなしい自分から話せないような女の子や、男の子にも積極的に話かけてくれて、

本当にそういうところがいいなと思っていつもみています。

あんなに、まわりをみんな笑顔にしてしまう子はいませんよ^^。」と空の明るさをプラスの評価で

私に話して下さいました。


うるさいでしょうに・・・(私が誰よりもわかっています(笑))、それでも、そういう空の個性を

「本当にいつも楽しませてくれて、怒ろうと思ってもつい笑ってしまうんです。」と笑顔で

話してくださる先生に心から感謝をしました。


空が帰ってきて、けじめをつけなきゃいけないよ!と話ましたが、空はみんなを笑顔にしてくれるって

先生が話してくれたよ^^。と言うと、ちょっと照れていました。

先生もポジティブで素敵ですが、まあ、家の空さんもポジティブに受けとめますこと!

けじめの話はぬけたな・・・と思ったので、もう一回、釘をさしておきました(笑)。


おとなしくって、何の心配もないような、空気よみまくりの子どもを、羨ましいとどれだけ思ってきたか

わかりません。

でも、こればっかりは、その子がもって生まれた、神様から授けられた個性です。

ベビーの時から、とにかくいつも笑っている子でした。

写真はいつも笑っている写真ばかり。

うるさくて迷惑かけるのはいけないけれど、ちょっと話出せないような友達が、

空の明るさで笑顔になってくれているのだとしたら、それはとても嬉しいなって思いました。


「人を笑顔にする」やっぱり、よしもとコースが将来いいと思うんだけどな~と今日も思ってしまった

単純な母でした・・・(笑)。

合コンでは、盛り上げ役でひっぱりだこかな・・・。

合コンが終わる頃には、全開で人を笑わせて空はぐったり。、まわりはみんなカップルに・・・!

あれ、俺は?もう女の子いないじゃ~ん!という空が今から容易に想像できます。ふふふ。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-05-01 23:10 | 空のこと | Comments(2)

大人の階段上る空

空の中学の授業参観と懇談会があり、行ってきました。

空のクラスは、体育でした。

大きなジャージ姿を着た空は、まだ幼さを感じるけれど、小学校の体操着とは違うので、

あ~、中学生なんだな~としみじみ見入ってしまいました。


基礎的な運動をメインに教わっていました。

柔軟体操や、馬跳び、二人組で背中合わせに座って、手を下に付けずに立つ!とか・・・。

あ~、やった、やった、それ~!とお母さん方と懐かしく思い出しながら・・・。

危なっかしい子どもたちに大笑いしたり、ヒヤヒヤしたりしながら、でも、クラスの子どもたちが

みんな本当に楽しそうで、参観している保護者たちも、みんな笑顔でした。


とりあえず懇談会でも、クラスのみんなが男子も女子も仲が良くて、楽しく過ごしているということ

を聞き、参観でもその様子がよく伝わってきたので、ほっとして帰ってきました。



中学に入り、空から携帯電話が欲しい!とずっとせがまれていました。

今までも、おこさま携帯を持っていたのですが、4件までしか登録出来なくて、

パパ、ママ、家の電話、おじいちゃんの家の4件だったので、友達とメールとかは出来なくて、

それが悲しかったのだと思います。


確かに、時代が変わって、公衆電話も探すのが大変だし、私が空と同じ歳だったら、

やっぱり欲しいに決まってる。

中学になって、まわりの友達が、急に携帯を買ってもらっていて、さらに羨ましくなったのでしょう。

「みんなに、空のメアド教えてって言われたのに、俺の4件しか入らなくて、ダメなんだ~」と

言って悲しいとか、あれや、これやと悲しい現状を訴えて、まんまとはめられた(笑)私です。


時代の流れのなかで、時代に流されないものやことを貫き通すことも大切だけれど、

その時代に生きているからこそ、その時代にあったものを受け入れていく柔軟性も

やっぱり大切だな~と私は思うのです。


空には、ネットに一切繋がらないようにする(ロック番号を教えない)ことを伝えて、

買ってあげました。

メールと電話と写真だけ・・・。

それでも、空は念願のメールが出来るとあって、大喜び!

ちょっと浮かれ気味だったので、朝、時間をとって空と話をしました。


携帯は便利だけど、自分の送ったメールが、色んな人に見られる可能性があること。

友達の悪口なんかをメールで書いてはいけないこと。

(これを言ったら、そんなの書く訳ないでしょ!と怒っていたけど。)

自分にきたメールで、そういう内容のことが書かれていても、一緒に同意しないこと。

(それは悪口を言っているのと同じだから・・。)

そして、まだ中学生なので、親も携帯を見ている人が沢山いるはずだよと・・・。

お母さんも、たまにチェックしますよ!ときっぱり宣言。

少しでも、便利なものと隣り合わせにある危険に気づいてもらいたくて。


便利だけど、危険な時代であることは間違いないように感じます。

私達が学生の頃は、もちろん携帯もなかったので、待ち合わせも大変だったし、

(だからこそ、時間も厳守できたのかな・・・はぐれたら大変!)

付き合っている人との電話も、必ず家の人が出て、「~さんいますか?」というのを親に言うのだけでも

ドキドキしていました。


でも今は、全部といっていいほど親が間に入ることなく、要件が伝えられるんですもんね。

すごい時代だな~とアナログな私は思います。


今では、私自身がメールなしの生活は考えられません。

自分がそうなのですから、空の気持ちもやっぱりわかるのです。

ただ、まだ中学生なので、親の責任の中でしっかり伝えていかなくては!と身の引き締まる思いです。


今日、空が友達にメールしているのを見ていたら、笑ってしまいました。

「おれ、昨日、おばちゃんの家で、竹の子とったんだよ!」と、竹の子の写メを添付したいらしく、

私に添付の仕方を聞いてきて、友達に送ったら、「すげ~!竹の子大きい!」とか返信できて

嬉しそうにしていました(笑)。


もちろん、こんな可愛らしいメールだけではないことはわかっています。

思春期男子なだけに、きっと、ギラギラした感じの内容も出てくるでしょう。

まあ、そこら辺を、これはちょっと、どうなの?というものがあったら親として注意しなくては・・・ですね。

見極めが難しい年頃に、いよいよ突入です。

きっと、思春期男子の頭の中って、きっと、8割くらいギラギラなんでしょうから(笑)。

その為にも部活で、ヘロヘロになってもらいましょう~。


始まって間もない、空の中学生活。

親の心配をよそに、どんどん大人の階段を上っていこうとしている空が、自然でもあり、

ちょっぴり寂しくもあり・・・。


あ~、ますます、私は海に赤ちゃん要素を求めてしまいそうですが、

いかん、いかん!

あんなに願っていた親離れ。

でも、いざ、本当に離れていこうとすると、親は子を追いかけてしまうんですね。


お子様携帯の時、空と喧嘩をしたときがありました。

(私とはメールが出来たので)空からメールがきました。

面と向かうとお互いむきになってしまうのですが、メールだと最初は怒っていても、

だんだんクールダウンして、「お母さん、さっきはごめんね。」なんてメールがきて、

「うん、いいよ。謝れて偉かったね!」なんて優しい言葉もかけられて。


こんな風に、親子の関係がよくなることもあるのです。

時代の変化とともに、すべてを否定することなく、上手に利用しながら子どもとの関係を

深めていけたらいいなと思います。


そして、空も、大切な友達と青春を謳歌してほしいなと願っています。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-04-23 22:16 | 空のこと | Comments(6)
空の中学の入学式でした。

桜もまだ三分咲きくらいだったので、一昨日の嵐に花びらが散ることなく、今日の空の入学式に

満開ではありませんでしたが、美しく咲いていました。

やっぱり、入学式の桜は最高ですね。

あの淡いピンク色が、春らしく、あたたかく、やわらかい空気感にしてくれていて、

あ~、また新しく新生活が始まるんだな~という気持ちにしてくれます。


中学の入学式は、自分の時以来です。

空が中学生になるなんて、まだ実感がないまま、今日の日を迎えてしまいました。


週初めに、空の担任だった先生から、電話がかかってきました。

大好きな先生とはいえ、もう卒業しているのに電話がくるって・・・・ドキドキ・・・。

卒業してから、なんか空がやらかしたのかしら・・・とか、ヒヤヒヤ。

ドキドキしながら、要件を聞いてみると、中学の入学式に、新入生代表で言葉を述べてほしいという

ことでした。

え?空が?親として思い当たるのは、空の声が大きいからということくらい・・・。

空は御存知の通り、優等生からかけ離れているタイプなので、空が最初にお声がかかった訳ではなく、

お断りしたシャイなお子さんもいたとかで、でも、空に声をかけてくださった先生の想いに感謝をして、

大役をお引き受けすることに致しました^^。

一生ないだろうし(笑)・・・。


空は、その時じいとばあのお家に泊まっていたので、すぐに電話をして確認しました。

「○○○先生から、電話があって・・・」と言うと、

「え?いいお知らせ?悪いお知らせ?」と真っ先に聞いてきてうけてしまいました。

やっぱり、私達は親子です。

先生からの電話に、まずそこが気になってしまうのですから(笑)・・・。


最初は、緊張するようなことを言っていましたが、やる気になったようで、先生に空の気持ちも

伝えました。

次の日、空は卒業した小学校に行き、先生と相談しながら文章を考え、その足でそのまま

中学校に行き、2回だけ読んで練習して家に帰ってきました。


しかし、それで本番になるのは、空の母として非常に不安・・・。

昨日と今日、少しですが、お家で練習しました。


優等生のお母さんなら、そんなに心配にもならないのでしょうが、なにせ空ですから・・・。

新入生149人の代表なんて、引き受けた後に、大丈夫か・・・?と不安に・・・。

でも、決まった以上、やるしかない!

大好きな空の担任の先生が大切にしていた想い。「全力で頑張る!」を今、実行するときです。



入学式当日の今日、さすがに空も緊張していましたが、お家を出る前に、空と私で何回も

お互いの手と手を合わせて、最後は、大丈夫!イェーイ!と気持ちを盛り上げて(どんな盛り上げ方よ!)

入学式に向かいました。


素晴らしい吹奏楽部の子どもたちの演奏で、新入生が入学してきました。

みんな、嬉しそうに、でも堂々と入場してきました。

さすがに、中学の入学式ともなると、安心感がありますね。

本当に立派でした。


「新入生のことば」が近づきドキドキ。

空、頑張れ!と心の中で叫びました。


前回練習した時と、話す向きが今日、変わったらしく、壇上に上がってから、校長先生に

変わったことを伝えられ、でも、ちゃんとその指示に従って、向きが変わってもお辞儀など

忘れる事なく、ことばもしっかり読みあげて、練習した通り、何度もお辞儀をして着席することが

出来ました。


今日、じいとばあも空の晴れ姿を観にきてくれていたのですが、じいは、空の堂々とした姿に、

涙を流していたのよと、ばあが教えてくれました。


勉強も出来るわけではないし、ふざけてばかりいる空だけど、先生が信じて空を選んで下さり、

(先生が一番心配だったはずです・・・。)そういう機会を与えて下さったことに感謝をして、

あの空気感の中で、きちんと自分のするべき行動がとれた空に、大きな成長を感じました。



中学生2年生と3年生の合同の合唱も素晴らしく、ウルウルしてしまいました。

いっぱい袖や裾を詰めた、大きな大きな制服を着た可愛い新入生たちも、

こんな風に大きくなっていくのかな~と、歌う子どもたちを見ながら、しみじみしてしまいました。


いよいよ始まる空の中学生活は、どんなものになっていくのでしょう。

不安もありますが、今日の子どもたちの嬉しそうな表情、そして、空の成長した姿をみて、

不安に思うより、まず、信じてあげなきゃな~と思いました。


ばあが、お祝いにお赤飯を作ってきてくれました。

お祝いのときは、私が小さい時から、こうして孫の代になっても、お赤飯をつくってくれるばあです。

とっても美味しくて、私はこのお赤飯が大好きです。

空は、おかわりして食べていました。


b0244274_2315150.jpg




入学式は午後からなので、全部終わったら4時でした。(友達と写真を撮ったりして・・・。)

みんなヘトヘトで、もう今日はお料理は無理~と手作りしたのは、ミートローフとスープだけ(笑)。

買ってきてしまったお惣菜がいっぱいだけど、みんなで食べると美味しいですね。


b0244274_236447.jpg



早速、明日から空はお弁当です~!

いっぱい食べて、大きくなってもらいましょう^^。

空の健やかな中学生活を祈りながら、母は頑張って、お弁当を作ります!


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-04-05 23:11 | 空のこと | Comments(11)

サッカーから学んだこと

一昨日は、空の入っていた地域のサッカーチームの卒団お別れ会がありました。

空は、一年生からスポーツクラブでサッカーを習っていて、3年生から地域のサッカーチームにも入り、

スポーツクラブの方も大好きで、辞めたくないと両立してきました。


決して運動神経が良い訳ではない空だったので、おそらく、やっぱり辞める!と言いだすんだろうと

思っていました。

ところが、サッカー大好きで、先生や、コーチ、仲間たちにも恵まれて、6年間一生懸命頑張りました。

大好きなことは、本当に続くんですね・・・。

勉強も大切ですが、スポーツを通して学んだことは、空をみていると、それ以上に得たものは

大きいんじゃないかと感じます。


卒業式も、涙、涙でしたが、サッカーの卒団お別れ会も、一緒に応援してきたお母さん達、コーチ、

そして、空の大切な仲間たちと楽しいひとときを過ごして、涙、涙でした。


子どもたちから、「空のお母さん、卒業式も最初っから泣いてたでしょう!今日もいっぱい泣いてたね!」と

言われてしまいました(笑)。

昔から、泣き虫で、こればかりは直らなそうです・・・。


空のサッカーチームは、毎年、文集を発行してくれます。

今年は、卒団生だったので、空も私も、メッセージを書きました。


空のメッセージです。(少し変な文章のところもありますが・・・(笑))

「僕は、1年生の時から、○○○でサッカーを習っていました。

だけど、もっと、もっと、サッカーがうまくなりたいから、3年生で○○○に入団しました。


練習はなかなかうまくいかなくて、試合になっても全く出させてもらえなく、その時僕は、

とても、悔しくて、悔しくて、たまりませんでした。

その時に、監督やコーチは、僕にこう言ってくれました。

「そんなんで、あきらめるな!悔しいならいっぱい練習してうまくなろう!」と僕の心をかえてくれました。


4年生になると、しだいにサッカーが楽しくなり、試合でも活躍できて、とてもうれしい気分で

いっぱいでした。

僕はこんな最高の仲間と一緒にサッカーができるだけでも、良い経験になると思いました。


今、6年生になって、サッカーを楽しむことはとても大切だけれど、一つ一つの練習の大切さ、

仲間の大切さを強く感じています。


元日本代表の中村俊輔選手が、テレビでこう言っていました。

「小さな努力を少しずつ積み重ねることが、成功への近道なのです。」

僕は、この言葉が大好きです。


4年間の中で、一番思い出に残っているのは、○○○カップです。

みんなで力を合わせて闘い、なんと決勝までいきました。

○○○チームとあたり、1対0で勝った時は、みんなで叫びまくりました。


今までは試合に負けて、悔しい気持ちでいっぱいだったけれど、優勝した時は、泣きそうになるくらい

嬉しかったです。


この優勝を経験して、もっとサッカーが強くなりたいという思いが強くなり、一人では勝てないけれど、

全員で一つになって、力を合わせていくと、勝利につながるんだと思いました。


最後に、僕は日本代表の長友祐都選手みたいな、迫力ある、熱いプレーができる選手を夢みて、

サッカーの道を進んでいきます。


いつも、僕たちのために、サッカーを教えてくれた、監督やコーチの方々、いつもあたたかい目で

見守ってくれた、お父さん、お母さん方、いつも笑顔で練習できた仲間たち、

本当に、ありがとうございました。」



つたない文章力ではありますが、空なりに学び、感じたことが、素直に書かれていて、

素晴らしい時間を過ごさせてもらえた事を感謝しました。


今年、空が、小学校の図工の時間にドライポイント(版画の技法のひとつ)で作った作品。


b0244274_21464527.jpg




私は、この作品がとても好きで、空のサッカーへの想いが力強く感じられて、不器用な空ですが、

これはいっぱい褒めました^^。




私のメッセージです。

「6年生の皆さん、卒団おめでとうおめでとうございます!!

私はサッカーに詳しくなくて、時々テレビで試合を観るくらいでした。

チームプレーだということは頭ではわかっていても、やっぱりFWがかっこいい!そう思っていました。

でも、空が3年生で○○○○に入ってから、卒団までの間に私自身のサッカーの見方が変わりました。


確かに、点を入れなければ勝てない。だから、FWの仕事はとても大切でやっぱりかっこいい!

でも、そのゴールに決めたボールは、どこから来たの?そう思った時、

サッカーの深さに気付かされたんです。

そのひとつのボールを繋げていくための全てのポジションの役割を知った時、

FWだけがかっこいいと思っていた私は間違っていたなぁと・・。


ゴールを決めるまでにパスを繋げていくことは、知れば知るほど難しいですね。

でも、頭を使って仲間と心を合わせて繋げていったボールを決めた瞬間の気持ち良さは、

チームプレーならではだと思います。

チームには、色々な選手がいますね。

自分が全てだ!という人の集まっているチームだったら、どんなに技術が素晴らしい選手の集団でも

きっと得点には繋がらないでしょう。

失敗してしまっても、「ドンマイ」と声をかけてくれる仲間がいる。

弱気になっている時は、「元気を出せ!あきらめずにもう1点入れるぞ!」と盛り上げてくれる仲間がいる。

自分ではない人と意見が違っていたって当たり前。

大切なのは、違うからって否定するのではなくて、そういう考え方があると認められる自分でいられること。

その人の良さを、仲間同士で活かしていくことができたら、自分が何を得意として、

何ができるのかに気付いていけるようになるし、素晴らしいプレーに繋がっていくのかなぁと思いました。


サッカーは、素晴らしいスポーツですね。

人を認めながら、自分らしく生きることは、サッカーだけではなくて、人生においても

とっても大切な事だと信じています。

そのことをこんなに小さな時から、サッカーを通して心と身体で感じられた子供たちは幸せですね。

監督や、たくさんのコーチの方々からのメッセージは、生きていく過程でふと思い出し、

生きる力になっていくことと思います。


今までは、人数も少なくて、試合に出られることも多かったけれど、中学に入ってからは、

試合に出られないことも経験していくでしょう。

でもね、ベンチで応援している人も心は試合に出ているということ、ベンチからでしか学べないこと、

応援してみて気付くこと、全て経験から学んでいける人になってほしいと願っています。


雨で中止になるかどうか微妙で、早々とサッカーの格好に着替えて、中止になった時、

「え~なんでだよ。できるよ~」と悔しがっていた空。

「仕方ないでしょ。」と言いながら、そういう空の気持ちを本当は嬉しく感じていました。

大好きなサッカーに出会えて、素敵な仲間に出会えて、良かったね。

○○○○に入団できて、親子で本当に幸せに思っています。


最後に、ひとつだけ感謝を付け加えさせてください。

空には、3歳違いの知的な遅れのある自閉症児の弟がいます。海といいます。

自閉症は、コミュニケーションをとるのが難しい障害です。

なので、試合を観に行っても、練習に行っても、なかなかうまく人とコミュニケーションをとっていくことが

できませんでした。

けれど、空の仲間たちが、いつも海に声をかけてくれ、かわいい、かわいいと可愛がってくれ、

笑顔で向き合ってくれたことを私はいつも幸せに思っていました。


自閉症の人は、一見、人が嫌いだと思っている人も少なくありません。

でも、コミュニケーションをとるのが苦手なだけで、人は大好きなんです。

だから、時々、そうかなぁと思う人を見かけたら、温かく見守ってもらえると嬉しいです。

サッカーの事とは関係のないことですが、空の仲間たちの自然で温かい、その心に感謝して、

どうしてもお礼を言いたかったのです。どうもありがとう!


監督をはじめ、コーチの方々、一緒に応援したお母さんたち、たくさんの愛情をありがとうございました。

長くなってしまいましたが、感謝の気持ちを込めて・・。」


このメッセージの最初に、空が入団した3年生の時に文集に載せた絵を、載せてくれました。

b0244274_2148561.jpg



当時の絵を見ながら、大きくなったな~と成長を感じ、懐かしく、微笑ましく、ほんわかした気持ちに

なりました(*^_^*)。


中学の部活で、思いっきり大好きなサッカーを楽しんでもらいたいと願っています。

私は、お弁当作りを頑張ります^^。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-03-19 21:52 | 空のこと | Comments(6)