心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

カテゴリ:夫婦&お料理( 1 )

パズル ~結婚記念日~

今日は、私達夫婦の13周年の結婚記念日でした。

私(母)用のカレンダーに結婚記念日と書いてあったので、海は、かなり前から楽しみにしていました^^。

といっても、結婚記念日について聞かれ、何回も説明したのですが、やっぱり難しくて、

デイサービスの先生に「今日、お父さんとお母さんが結婚するの。」と言っていたそうです(笑)。

もう、ウエディングドレス、色が変わり始めていますけど・・・(笑)。


でも、記念日って難しいです。

お祝いする日と言ってみましたが、やはり伝わらず、いつかわかるといいな・・・くらいに思っています。

とはいえ、おめでとう!という日だということはわかっていて、朝、起きてすぐに、

「お母さん~、おめでとう~!」と言ってくれ、なんて可愛いんでしょう!

「今日は、パーティーでしょ!?わ~、楽しみだな~!ごはんは何かな~!?」とルンルンの海。

毎回、こんな感じで言われるので、パーティーっぽくしないといけないことに・・・(笑)。

あまりに可愛い笑顔で言われるので、「うん、うん、パーティーね!ごはん何にしようかな~」

なんて言ってしまうのでした。とほほ。


パパは張りきって仕事を半休してきました。

私は、海が食べられるメインのメニューに頭を悩ませながら、夕方になってしまいました。

今日の夜は、手羽元inかぼちゃ、にんじん、じゃがいものふわとろクリームスープにしました。


なんと味付けは、鶏ガラスープの素、大さじ1杯と塩こしょうのみ。

それなのに、とっても美味しく優しい味に仕上がりました。


「手羽元inかぼちゃ、にんじん、じゃがいものふわとろクリームスープ」

<材料>

・かぼちゃ 130g

・にんじん 1本

・じゃがいも 2個

・牛乳 ミキサーで攪拌する時に入れる分 500ml

あとから直接入れる分 500ml 

・鶏の手羽元 14本

・オリーブオイル 大さじ1杯

・お酒 大さじ2杯

・バター 13g

・塩コショウ 適宜


<作り方>

・かぼちゃ、にんじん、じゃがいもは、それぞれレンジでやわらかくする。

・ミキサーにやわらかくした野菜を入れて、牛乳も入れて攪半する。

・攪半したらお鍋に入れ、残りの牛乳も入れ、鶏ガラスープの素大さじ1杯を入れて温める。


・手羽元にしっかり塩こしょうをする。

・フライパンにオリーブオイルを入れて、手羽元を皮の方からこんがりと焼く。

・ひっくり返して、また焼き、お酒をふりかけ蓋をして、弱火~弱めの中火でじっくり焼く。

・最後にバターを入れて、また蓋をして少しだけ焼く。


・お鍋の中に、手羽元を一本ずつ入れて、弱火で、ゆっくりかき混ぜながらなじませる。

・手羽元にふった塩、こしょうで十分味はなじんでいますが、お好みで塩、こしょうを入れてください

・プランターで育てているハーブ(レモンタイムとスイートフェンネル)を飾って(もちろんなくてOK)

出来上がり~!!


b0244274_23232278.jpg



b0244274_23245525.jpg




パパが「はい、これ!」とプレゼントをくれました。

お花とミスチルのNEWシングル(3曲入り)!

「わ~い!ありがとう!嬉しい~!」と感謝していただきました。

「私からは、何もないよ・・・」と言うと、

「美味しい料理を作ってくれただけで十分!」

優しいじゃない!

やっぱりお料理を作っている私は、その言葉が本当に嬉しいです。


b0244274_2328102.jpg




今回のミスチルの曲3曲のうち2曲は、今、公開している「僕らがいた」の主題歌です。

前篇主題歌の「祈り ~涙の軌道」も、最高に素敵な曲。

メロディーラインがたまらなく好きです。

でも、今日、歌詞を載せたいと思ったのは、後篇の「pieces」の方です。


「pieces」 作詞・作曲 桜井 和寿

「ずっと笑って過ごしていたいのに

真っ直ぐな想いを抱きしめたいのに

だけど口を突いて出るのは

「もう こんなはずじゃなかったな・・・」


強く早く駆け抜けるほど

向かい風もきつくなるんだな

右へ左へ煽られてバランスを崩しながら

僕等 ここにいる


軌道を逸れて

放り出された夢が 夢が萎んでいく

どこかに不時着しようか って頭をかすめる

粉々になったら 匂いに紛れて

君の元へ飛んでくから

そのときは思い切り 吸い込んでよ


僕等はひとつ

でも ひとつひとつ

きっとすべてを分かち合えはしない

互いが流す涙に気付かずにすれ違って

今日もここにいる


失くしたピースは見つからないけど

それでもパズルを続けよう

全部埋まらないのは わかってる それでいい

その空白はね

これから僕等が夢を描くための余白

いつか描いたやつより 本物にしよう


失くしたピースで空いているスペースは

何かの模様にも思える

まるで僕等が残した足跡みたいだな

そのふぞろいの一歩が

今日までの僕等が共に夢を追った軌跡

また 次の一歩を踏み出してみよう


軌道を逸れて

放り出された夢が 夢が萎んでく

このまま消えそうなだなんて 頭をかすめる

でも 消えてなくなっても なくなりはしないだろう

君と共に生きた奇跡

さぁ 次の余白に続きを描こう


いつか描いたやつより 本物にしよう」



メロディーもやっぱり素敵です。

でも、この歌詞が、結婚記念日だった今日の私には物凄く心に響きました。

つい先日も、私がほぼ一方的に、パパのことを許せない気持ちになってしまったことがあり、

もう、いやだ、もう、わからない・・・

そんな気持ちに包まれてしまったことがありました。


そういう時には、すべてが嫌になって、そんなすぐに前を向けるような気持ちになれなくて。

でも、ずっと、引きずっているのは嫌だから、何とか自分に言いきかせて日常に戻りました。

結婚してから13年。

私には理解できないこと、パパには理解できないことがずっとあって、それはきっと死ぬまで

平行線なのだと思います。

もちろん、理解しようと努力して歩み寄れたことだって沢山あるけれど・・・。


この歌詞のように、夫婦もパズルのピースを埋めていく作業をしているんだと思いました。

あと少し、あと少しで出来上がりそうなのに、どうしても全部埋まらなくて。

失くしたピースは、もうみつからないのはわかってる。

それでもいい、全部埋まらないことはわかっていても、続ける作業。


空白のスペースがところどころにあって、失くしていないのに見つけられないピースのところにも

余白があって、何かの模様にみえるのは、きっと今の私達夫婦の姿なんだと・・・。


完全に埋めることは出来なくても、いよいよ残りのすべてが埋まりそうだと心浮きだっていたら、

信じられないけれど、ゴールを目前にしたパズルがひっくり返って、細かくて小さなピースが

音をたてて崩れてゆく。


こんなに時間をかけて頑張ったのに・・・。

あと少しだったのに・・・。

もう、やめてしまおうかな。

また、作る力は私の中に残っているのかな・・・。


諦めかけたその時に、パパがパズルのピースを埋め始めている。

私も、やっぱり、やろうかな。

もしかしたら、また失くしてしまったピースがあるかもしれないけど、それでもいいや。

どれだけ時間がかかるかなんてわからないけど、余白があるのも私達らしさなのかもしれません。


まだまだ埋めるべきピースがいっぱいあります。

1ピースを手に取り、いったいこれはどこに埋めるピースなんだろうってにらめっこ。

でも、もし一生懸命探して、埋めるべき場所を見つけたら、やった~!!と一緒に喜べるように。


気が遠くなるような作業を、失敗を繰り返しながら、でもやっぱり一緒に作り上げていきたいと

パパのくれたCDを聴きながら思いました。


空は絵の描いた手紙をくれました。

「お父さん、お母さんへ

結婚記念日おめでとう。

俺は中学生になったけど、これからもよろしくね。

これからも仲良く過ごそうね。 空より」

急いで書いたらしく、変な言い回しですが、空の想いが伝わってきました。


海は、一生懸命、自分から絵を描いてくれました。

13ねんと書くところを、10と書いてしまって、

「あ~~~ん!!間違えたよ~!どうしよう!どうしよう!」と一回パニックになった海です。

でも、慌てて見た私が、0の部分をお花にしてみたらと提案したら納得してくれました。

この1枚に海の頑張りがいっぱい詰まっているから、喜びも倍になるんですね。

b0244274_23291568.jpg



色々あっても、こうして結婚記念日を迎えられたことに、いっぱい感謝したいと思います。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2012-04-25 23:31 | 夫婦&お料理 | Comments(6)