心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

カテゴリ:こどもたちのこと( 22 )

夏休み前の空の三者面談に、撃沈。

今までも、勉強は出来なかったのですが、いつも何故か先生と大笑いして終わっていた面談。

けれど、今回ばかりは、私もそうならないことくらいは十分に理解していました(T_T)。


目の前にそっと差し出された、仮評定が記されている成績表。

恐る恐る目を落とすと・・・。


ふう・・・・。

大きく息を吐いて、肩をおとす。(しかないわよ!あれ、見せられたら・・・。)


あまりに衝撃的なものを見ると、人間、まったく言葉が出なくなるものですね・・・。

はははは・・・はは・・・。


横にいる空の表情をちらっと見ましたが、そりゃ、まあね、しょぼんとしてましたよ。

まさかの笑顔じゃなくて、ほっとしましたよ・・・。

当たり前だけどね・・・。


なんか、先生も、若干、私に気をつかってくださっているような・・・。

遠まわしだけど、柔らかいタッチの言い方だけど、内容は、ヘビー級。


もう、これ以上先生とお話をしていたら、泣くな・・・私・・・と思っっていたら、

ちょうど、面談も終了。


何とか、お礼を告げて、教室を後にしました。


あの三者面談の日以来、頭の中がグルグル。

海の進路だって、正直、厳しい現実を突きつけられ、まだどうしていいのか、まったくわからない状態。

それに加えて、空のこれからを思うと、そりゃ、涙も出ちゃうわよ。


空に、何をどうしていいんだかもわからずに、当の本人も、まったく同じ。

夏休み開けてすぐの9月にある期末テストに向けて、勉強するしかないんだけど、

やはり賢い子のように、勉強のコツも、集中力も、まあ、何もかもが・・・で。


本当は、秋のサッカーの大会に出させてあげたかったから、部活もやらせてあげようと思っていましたが、

さすがに・・・両立は厳しそうです・・・。


そして始まった、家に缶詰の夏休み。

空も私も、ストレスが・・・。


心ある方の御厚意で、空の勉強を見ていただけることになり、それは何より感謝なのですが、

まだスイッチが入りずらい空に、親はやきもき。


親が、どんなに言ったって、余計にやらなくなったり、悪循環なのはわかるけど、

まあ、なかなか素敵な母にはなれなくて・・・。


・・・でもって、1日の中で、ちょいちょい空と私のちょびバトルがあり、

リビングの空気が悪くなったりするのです(>_<)。


そこに居る海とアロハ。

海は、あまり気にする様子もなく、アイパッドで動画を見ていたり・・・。


アロハは、私が怒ると、吠えるの!

やなんでしょうね~。怒ってる声が・・・。


私だって嫌だい!怒りたかないわい!でも、しょ~がないじゃん!

え?じゃ、怒らなきゃいいじゃん?

そうなんだけど・・・、できないわい!


そんな感じの夏休みのスタートをきった我が家。

凹むことも多々。


本当は、明るい空気のリビングが、残念なことになってしまうこと。

まったく関係のない海に申し訳なくて(アロハにもだけど・・・。)、

海に、ときどき謝るんです。


「海、ごめんね、いやだよね、お母さんが怒っているの。

楽しい気分じゃなくなっちゃうよね・・・。」・・・と。


そう言うと、海は、必ず言ってくれるのです。

「いいよ~お↗」って、とっても優しく、一言。


この『いいよ~』の海ならではの独特のアクセントがあって、それをうまくブログで伝えられないのが、

とっても残念なんですけど、世界一、優しい『いいよ~』だと思っています。


涙が出ます。

優しくて・・・。


海を見ていると、『うさぎとかめ』のお話をよく思い出します。

進む一歩は、とってもとっても遅いけど、真面目に、真面目に、覚えようとする姿勢。


恐ろしく先を行っているウサギたちが、いっぱいいっぱいいて、その差を気にしたりするのは、

カメちゃんの親だけ。

当のカメちゃんは、その差を気にすることなんかなく、ただ、ただ、真面目に一歩一歩。


海が小さい時は、海が大きくなったら、どうなっちゃうんだろう?

人の指示とか、わかるようになるのかな?

人の気持ちなんて、わかるようになったりするのかな?って、

真剣に考えていたころもありました。


でも、11歳の海は、悲しんでいる母親の、悲しい気持ちを、これ以上ない優しい言い方で、

「いいよ~お↗」と言って、包んでくれる。


5年前の1日が、2年前の1日が、1か月前の1日が、一昨日の1日が、昨日の1日が、

今日の1日が、明日の1日が・・・、ゆっくり、ゆっくり、確実に海を育ててくれている。


そんな海が、私と空に、また一つ、大切なことを教えてくれて・・・。


空が、部活と先輩や友達と過ごした、親がみていても羨ましくなるような中学1,2、3年の今まで。

それは、本当に素敵に輝いていた青春の時間。


けれど、間違いなく、勉強はおろそかにしてきました。


今までの青春は、決して、否定するものではないし、宝物。

でも、おろそかにしてきたもののツケは、当然、大きい。

ここはやはり、空も覚悟して、

今までの楽しかった時間に感謝をして、頑張ってほしい!と思っています。


親が見ても、やるだけやってたな・・・と、心から思えるような頑張りをして、

それでも、結果が出なかったら、それは、お父さんも、お母さんも、何も言わないよ^^!と、

空に言ってあります。


勉強だけがすべてじゃないし、大切なことに気づくタイミングは、誰にもわからないけれど・・・。

好きなことには頑張れても、好きじゃないことも、ときに頑張らなくてはならないのも人生。


初めて空が大人になるための、辛くて、厳しい壁を越えなくてはならないときがきました。

親も子も初めての大きな壁を目の前にすると、

躊躇したり、諦めそうになったり、誰かのせいにしたり、逃げたくなったりして、失敗もするけれど、

海を見習って、頑張ったら、必ず、自分の力になること、

たとえ、思い通りに越えられなかったとしても、足跡は、必ず残せること、

その足跡こそが、その人の人生そのもので、無駄ではないことを、空はこれから知っていくのですね・・・。


大きな壁は、ジャンプしたって、飛び越えられません。

今の空は、その壁を、なんとかジャンプだけでとび越えられないかと格闘中(笑)。

寝て起きて、明日になったら、すげ~ジャンプ力がついちゃってるんじゃね?くらいにね・・・(;一_一)。

残念~~~~!!


考えて、悩んで、どうしたら越えられるんだろう・・・と、ロープなんかを用意してくる日を、

空よ、お母さんは待ってるじょ~~~~い!!


読んでいただいて感謝です。
一度、ものすごくできるお子さんの
三者面談を体験してみたい私です(笑)。
あら、やだ、先生、さすがにその学校は、
受かりませんわ~~~♪なんてね(笑)。
空と私の、応援クリックお願いいたします~~。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2014-07-27 21:53 | こどもたちのこと | Comments(2)

痛感

空は中学3年生、海は特別支援学校の小学6年生。

海の学校は中学部がないので、進路を決めなくてはいけません。

つまり、空と海の進路を考えなくてはならないということで、高校見学と、支援級、特別支援学校の見学で、

何だかもう、訳わからない感じです(@_@;)。


空の成績が、どうにもならず、海のこれからを思うと、あまりに厳しい現実に・・・・どうしていいのか、

正直、私のメンタルがやられてしまっています。


兄弟が3歳離れと言うことは、必ずこういうときが来ると覚悟はしていましたが、

こういうことだったか・・・と、実感・・・いや、痛感。


なんとかなる、なるようになる・・・とも思っていない訳ではないけれど、

今は、素直に、どうしよう・・・(>_<)です。


そんな悩みを抱えていると、ため息も多くなってしまうし、涙が出たり、苦しくなったり、

いつもなら気にならないことを、気にしてしまったり、

う~~~~負のスパイラル。

いか~~~~ん。


私、霊感的なものは、今までもまったく感じとことがないのですが、

人が発している想いっていうのかな・・・を、感じてしまいやすいのです。


自分のメンタルがおちやすくなっているときは、さらに敏感に感じてしまって、

気をつけないと・・・です。


でもでも、そんなときは、私自身の成長に必要な時間なんだろうな~。

無理をせずに、私基準の正常なメンタルに戻るときを、静かに待ちましょう。


空のことでも悩んでいたけれど、一昨日、空のサッカーの試合を観に行き、

バックの空がヘディングでゴールを決めてくれて、素直に嬉しかった。


空にね、試合の前に言ってたんです。

「お母さんさ、元気が出ないの。今日は、お母さんのために、ゴールを決めて!

ゴールは無理でも(バックなので)、空の意欲的なプレーで元気にして~!」って。


そんな子どもみたいなお願いを言ってみたのは初めて(笑)。

でも、言ってみた。


そしたら、ほんとにゴールを決めてくれた。

いつもより動きも良かった気がするの。


こんなお願いに、応えようと頑張ってくれたことが嬉しいよね。


凹んでは、凸盛り上がって、凹んでは、凸盛り上がって・・・。


何をしていても、息子2人の進路のことが、心の隅に、頭の隅に、ピョコンと居座っている感じの今。


親になるということは、心を鍛えていくこと。

子育ては、子どもの心を育てていくこと。


つくづく弱いな~、私・・・と思います。

心も身体も鍛えないとです!


ファイト~~~!私~~~!!

読んでいただいて感謝です。
ファイト!クリックお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2014-06-23 20:41 | こどもたちのこと | Comments(4)

最高学年になった空と海

空は、中学3年生に、海は、小学6年生になりました。

空も海も、学校が大好き!


空は、クラス替えして、友達の話や、部活の話、先生の話が絶えません^^。

2年の後期の成績はというと、・・・・。

悩みは尽きません。

本当に、どうしたらいいものか・・・と、深いため息が出ます。


後期通信表の担任所見のところに、落ち着いて取り組むことへの課題が書かれてありました(当然)。

でも、一番最初に書かれていたこと。

『年間を通して人なつこく、明るい姿がとても印象的です。

そんな姿と共に、ちょっとしたところで気が利き、どんな人に対しても優しく接する姿は素晴らしいと思います。

』と、先生が書いてくださっていました。


この言葉に励ましていただいて、成績のことも諦めそうになるけれど、

空にとってどう励ましていくことがいいのか、諦めずに、しっかり考えていこうと、やっと少しずつ想えるように

なりました(遅っ!)。


海は、今日(8日)、待ちに待った6年生になりました。

海が3年生のときから、ずっとお世話になっている女の先生(何度ハグをしていただいたかわかりません^^。

今日も、早速ハグをしていただきました~!)と、去年の海の担任の先生(ゆったり、ほんわか、

お料理上手の男の先生)、

そして、他の学年を受けもっていた先生(山登りが趣味なんですって~!!)が、

クラスの先生になって下さり、スタートしました。


ものすごい安堵感でした。

またまた感謝の想いが溢れ、最近の難しすぎる海のことを、相談させていただける幸せに、

始業式早々、胸がいっぱいになりました。


相変わらず、今は、悩むことが尽きない海だけれど、先生方が側にいてくだされば、

きっと私も海に向き合っていける・・・と確信して始業式から帰ってきました。


空も海も、最高学年の年。

今までは、きれいに舗装された道を歩んできた2人。

どうぞ、どうぞと用意していただいて歩いてきた道の岐路に立ち、進む道を選らばなければなりません。

(海に関しては、私の判断も大きく関わります。)


行く先の道は、凸凹かもしれないし、泥だらけかもしれない。

時間はかかっても、舗装が必要なら、人の手を借りながら舗装していけばいいし、

手が必要なら、手をとるし、道の脇に、お花が必要なら植えればいいもんね。

ときに、一切手を貸さずに、そっと陰から応援することも必要ね・・・。


そして、子どもたちが、1歩1歩力強く踏みながら歩いて行けるように、

1年間、母としてできる準備をしていきたいと思います。


先生方への感謝の気持ちを忘れずに・・・。

読んでいただいて感謝です。
空と海の進級に、
応援クリック、ハッピーです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2014-04-08 23:09 | こどもたちのこと | Comments(2)
空と海を迎えに行き、帰ってきました(*^_^*)。

本当は、おばあちゃんが用事がない日に行かせたかったのですが、

どうしても、今日は夜まで用事があるので、お昼の後は、空と海でおでかけをしたのだそうです。


実家から、歩いていくと、有名な観光スポットがあります。

空と海は、とても好きで、よくおばあちゃんに連れていってもらったりしています^^。


今日は、昨日に続き、おでかけも2人きり。

空が、今日もマメマメしく、海との様子を写メで送ってくれました^^。


足湯が1回100円だったから、足湯に入ったよ!という写真や、

海が、足湯に浸かりながら、スヌーピーのお気に入りの本(英語の本。もちろん読めませんが)を、

読んでいる写真もありました^^。


夕方、お迎えに行ったら、テーブルの上に500円玉が4枚ありました。

「これ、な~に?」と聞いたら、

空が、「ばあが、500円玉で一人2500円もくれたの。でも、どう考えても多いから、

俺と海で1500円ずつ貰って、あとは返そうと思って置いた。」と言っていました。


そして、テーブルの上の紙に、空の字でこう書かれてありました。

『ばあ、泊らせてくれてどうもありがとう。おこづかい貰いすぎだから、返すね^^。空より』


へ~、案外しっかりしているんだわ・・・。びっくり!

じいからは、空が1000円貰って、そのお金で足湯に入ったり、おやつを買ったりしたんだそうです。


でも、海はアイスが食べたいとか、展望台の望遠鏡で観たいとか、色々空におねだりしたようで、

1000円なくなっちゃったから、足りない分は、俺のお金で出してあげたんだ・・・と言っていました^^。


空から、色んな話を聞きました。

●2人きりで来ていたので、色々なお店で「あら、2人なの?偉いね~!」と感心されたこと。

●おだんごを1本ずつ買って食べたのだけれど、焼き立てだったから、すごく熱かったこと。

●本当は、おだんごは1本120円だったけど、今日は80円で売っていてラッキーだったこと。

●食べたチョコのアイスが、350円もしたけど美味しかったこと。

●展望台に上がるのに、エレベーターのお金が必要で、いつもは、ばあが払ってくれていたけど、

今日は、自分で買わなくちゃいけないな・・・と思って、ちゃんと買えてホッとしたこと^^。

●海が、3回望遠鏡(1回100円で2分間観れる)を観たい~!と言ったけど、さすがにそれは・・・と思い、

2回だけにしたこと。

●海が、大きなスヌーピーのぬいぐるみを抱きしめて歩いていたので、ちょっと恥ずかしかったこと。

●そのスヌーピーを抱いて歩く姿が観光客の目にとまり、「スヌーピー、可愛い~♪」と、

何人かに言われたこと。

●そのスヌーピーの写真(海入り?)を撮っている人がいたこと。

●足湯は本当はお金を払って入るのに、気づかないで入った親子がいたから、

言うべきか悩んで、「あの~、お金払うの知っていますか?」と言ったら、(言ったんだ^m^!)

「あら、そうなの?知らなかったわ~!」と言ったから、

「○○○へ行って、お金を入れるところがあるので、そこに入れたら、○○○時間ゆっくりできますよ!」と、

言ったとか・・・^m^。

(話を聞いて、店員か!・・と思わず突っ込んでしまったけど(笑))

●雑貨とか、ハワイっぽいものが置いているお店があって、

「あれ?何て言うんだっけ?マフラーじゃなくて・・・、ほら、首に巻くあれ・・・。」と空。

「あ、ストール?」と私が言うと、

「そうそう・・。」と空(笑)。

そのお店で、ストールが200円で売ってて、お店の人に、お母さんに買っていってあげたら?と、

薦められたけど、すご~く悩んでやめたこと。

(柄が気に入らなかったら嫌だからということらしい^^)


こんな感じで、今日の1日を、色々と教えてくれた空でした。

好き勝手なことを言う弟を、精一杯楽しませてあげようと頑張ってくれた空に、

ありがとう!の気持ちでいっぱいになりました。


空が、昼間に、何度も海の様子をメールで送ってくれたので、

いっぱい面倒みてくれているから、今日は1000円をあげましょう!とメールしておきました。


まさか、じいとばあから、そんなにおこづかいをいただいているとは知らない私(^_^;)。


ばあには、遠慮をしても、私には一切なしかい!

「(^^)/ありがとう~!」と空からメールが来ましたよ(笑)。


約束しちゃったので、お迎えに行った時、あげました。

「ありがとう~!」と嬉しそうな空。


そして、さらにラッキーなことに、じいが、ばあがせっかくくれたんだからと、

空が遠慮して置いた500円玉4枚を、二人に持って行くように言ってくれたことで、

さらに1000円ずつゲット!


頑張るといいことあるなぁ~と思ったか、否か・・・^^。


でも、本当にこの2日間、空の頑張りのおかげで、海が最高な笑顔で過ごせたことは、

間違いありません。


好き勝手を言って、空に甘えながらも、子どもたちだけで行けたという自信までつけさせてもらった海。


「また、空と行ってもい~い?」と、満面の笑みで、お願されながら帰って来ました。


こんな幸せな兄弟の時間が、ずっと続いたらいいのに・・・。

一瞬だけ、ふっとよぎった不安を払いのけて、そんな幸せだけを頭に想い描きました。


初めての2人旅。

素晴らしい成長をみせてくれたことを感謝したいと思います。


読んでいただいて感謝です。
海のお腹が、ぷっくりしていました。
どんだけ食べたの~(>_<)。
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-04-01 00:09 | こどもたちのこと | Comments(6)

2人旅

春休み中に実行しようと、空と海がずっと楽しみにしていたことがあります。

それはね・・・。

空と海、兄弟2人だけで、おじいちゃんとおばあちゃんの家に行くことです。


電車を3つ乗り継いで、約2時間。

空と海が、いつか2人で来られたらいいね!と楽しみにしていた、じいとばあ。

それを聞いていた空と海が、「行きた~い!」と盛り上がり、ずっとおねだりされていました。


でも、やっぱり心配でね・・・。

かなりの距離だし・・・。

海も、急に走り出すとか、空を困らせてしまうようなことは、もうしないだろうな~・・とは思いながらも、

やっぱり何が起こるかわからないし、もしも万が一、とりかえしがつかないような事になったら・・と思うと、

どうしても勇気が出なかったんです。


でもでも、先日、初めて2人だけで、電車で2駅先の駅ビルにお買いものに行けたので、

心配ばかりしていてもダメだわ・・・と思い、2人を信じることにしました(*^_^*)。


海は、昨日の夜から、またまた張り切って、持っていく物の準備です。

今回は、このリュックで行くんだ・・・とか、スヌーピーを持っていくんだとか・・・。

手には、先日、私のお友達からいただいたスヌーピーのトートを持っていくんだとか・・・。


空も中学になって、サッカーの試合に行く時に、いっぱい電車を使って移動するので、

電車移動には慣れているし、何より空は、困った時に人に聞けるタイプなので、

これは、かなりの安心感。

そして、携帯があることは、やっぱり大きい・・・。


親の心配をよそに、空と海は、ウキウキです。

2つ目の電車は、降りる駅まで行く電車と、途中までしか行かない電車があるので、

(途中までのは、向かい側のホームに渡らないといけないの。)

乗り換えがないように、その電車の発車時刻をメモに書いて、空に渡しました。


海には、空の言うことを、しっかり聞くこと。

電車で大きな声を出さないことを確認して、さあ、出発!!

b0244274_08975.jpg


しかし、仲良し^^。


途中、何回か、空が私にメールと海の写真を送ってくれました。

●今、JRに乗ってるよ・・・とか、

●今、○○駅で、海が大興奮!「○○○電車(その駅から乗れる海の好きな電車)乗りたいです!」だって(笑)

・・とか。

●次、○○駅だ~!海が笑ってる~(海の写真付き)とか、

●(最後の駅に)着きました~!(海がホームでスヌーピーのぬいぐるみを抱きしめている写真付き)とか。


最後の駅に着いてから、歩いて約10分。


「着いたよ~!!」と、空の携帯から海の声で、じいとばあの家に着いてから電話をくれたので、

「お~~!すごい!すごいね~!」と褒めました^^。


乗り換えがないようにと思っていましたが、たまたま来た電車が乗り換えありだとわかっていたから、

乗ったよ!俺わかってるから、全く問題なかったよ・・・と空が言っていました^^。

やるじゃない!空!ひゅ~ひゅ~(・・・って古っ!)


空が、海に最初に「着いたよ~!」と私に連絡させようとした配慮が、やっぱりお兄ちゃんだな~と、

思いました。


海、空がいてくれて良かったね。

春休み、こんなすごいことを成し遂げられたね^^。


空がいてくれて良かった。

空がいてくれたから、海に大きな喜びと自信を与えてあげることが出来ました。


空、いつも海を愛してくれて、ありがとう・・・。


3月30日(土)春休み、空と海は、兄弟だけの2人旅を成功させました。

おめでとう!空!

おめでとう!海!


読んでいただいて感謝です。
空と海に、おめでとう!の
応援クリックお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-03-31 00:14 | こどもたちのこと | Comments(8)
先日、海がマラソン大会で2位をとったので、空が買ってあげると約束していたウッドストックのストラップ。

ついに、買ってもらえる約束の日(10日)になりました。


空が、部活だと思っていたので、私が代わりに(お金を預かり)海と買いにいこうかと思っていましたが、

部活が、たまたまお休み。


そのストラップを売っているお店は、電車で2駅先の駅ビルの中です。

最初は、車で二人を送ろうかと思っていましたが、ん?二人で行けるかな?


近所のお店には、よく二人でお菓子を買いに行ったりするけれど、電車で二人だけで出かけたことは、

今まで一度もありません。


近所のお店に二人で行けるようになったことだけでも、嬉しいくらいだったので、

思いつきませんでした^^。


でも、今の空と海の関係は、とてもいい!

相変わらず、二人がお互いに求めている感じで、思わずにっこりしてしまう程・・・。


今なら、大丈夫!

きっと、行ける!


海も、いい感じで落ち着いているし、チャンスかも!と思い、決意しました!

(・・ってオーバー?

でも、途中で、何が起こるかわからない海を、空だけに託すことは、やはり心配も多くて。

急にいなくなっちゃったり、ちょっとしたことで、おっこちてしまったり、しつこく確認されることも・・・。

そう思うと、軽い感じでは、なかなか・・・ね(^_^;)。)


でも今なら・・・って、素直に思えました。


そして、海と約束しました。

空の言うことをよく聞くこと。

勝手に、いなくならないこと。トイレも、空と一緒に行くんだよ^^!って。


「え~!?空と二人で電車で行っていいの?」と、海は大喜び^^。

今は、何でも自分の力でやりたい・・・という想いがとても強い海です。

ですので、本当に嬉しかったのだと思います。


きっと、買い物なんて、目的の物を買ったらすぐに終わってしまうので、近くにあるマックで、

大好きなポテトとシェイクを買って、二人で食べてていいよ^^!と伝えると、海の興奮度マックスでした(笑)。


スヌーピーのぬいぐるみに、「一緒に行こうね!」と声をかけ、大好きな手帳も入れて、

それは、それは嬉しそうでした。


車で行けば早くて楽チンだけど、電車で二人きりで行く・・ということに、大きな意味があるんですよね~。

親なしで、目的を達成できたら、いっぱい自信がついて、きっとお兄さん気分になるでしょう。

お兄さんといえば、空だって、海を連れていくことができたら、やっぱり自信に繋がるでしょう^^。


母は、ただただ無事を祈るのみ・・・。

そして、結果は・・・。

b0244274_165648.jpg



二人で、ちゃんと目的地まで行けて、念願のウッドストックのストラップを買ってもらって、

マックで食べて、そのあとアイスまで買ってもらって、大成功でした(*^_^*)。


空が海のお兄ちゃんになって10年。

中学1年生の兄と小学4年生の弟。

兄弟となって10年目にして初めての、電車で行くお買いもの。

二人だけで・・・ね^^。


あ~、こんな日が来るんだ・・・。

そう思ったら、たまらなく幸せな気持ちになってしまいました。


ここまでの兄弟の道のりは、とても、とても長かったけれど、長かった分、喜びも、感動も、いっぱい!

兄が、弟を想い、弟が、兄を想う。


自信がついたのは、空や海だけでなく、実は、お母さんもなの。

兄弟みたいに一緒に遊ぶこともなかったあの頃は、二人を想いあえるような関係に、

育てていけるか全然自信がなっかったから・・・。


でも、きっと、我が家の兄弟として、この世に誕生したときから、想いあっているのかもしれないな~って。

一緒に遊んでいなくたって、交わすことばがなくたって、そのときはそれがベストの兄弟の形だったんだろうな

~って思えました。


だから、私が、兄弟として育てていくのではなくて、兄弟はもうすでに兄弟として育っていたんだ・・。

そして、育っていくんだ・・・。と、考え方に自信がつきました^^。


今日、夕食を食べているときに、震災から2年経ったことの話題になりました。

空も学校で、黙祷したそうです。


こうして家族でご飯を食べられることが、どんなに幸せなことなのか・・・。


お父さん、お母さん、そして、お兄ちゃん、お姉ちゃん・・・、亡くなってしまって今だって、

悲しみの中にいる人達がいっぱいいること。


行方不明のままで会えなかった人達が、いっぱい、いっぱい、いること。


それでも、頑張って日々を生きていること。


復興は、まだまだこれからだということ。


海には、もちろん難しいけれど、でもこうしていられることを、感謝しようね・・・と話しました。


海は、震災から2年経つ・・ということがわからなかったようで、

海が8歳の3月11日から、4月、5月、6月・・・3月で1年。

それから、また、4月、5月、6月・・・3月で2年。

海が8歳のときから、2年経ったから、今、10歳だね^^。

全部数えてあげたら、少しわかったようでした。


子どもたちの、兄弟の絆を感じられる今を感謝すると共に、2年前の今日、その絆を断たれてしまった多くの

方達がいることを、忘れないように・・・。


生きられることが、当たり前ではないことを、今日も感謝して終わりたいと思います。


読んでいただいて感謝です。
空と海が出かけて行く後ろ姿を、
2階のベランダから眺めているときが、
本当に幸せでした(*^_^*)。
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-03-12 01:14 | こどもたちのこと | Comments(8)
海は、最近落ち着いていますが、もちろん何もないわけではなく、アップダウンもしっかりあります(笑)。

空と海でお風呂に入っていて、海が上がってきたと思ったら、何やら荒れておりました。

たいてい二人がお風呂から上がってくる時間は、私はキッチンで夕食の準備をしています。


ひょえ~、荒れ荒れ海ちゃんか~(T_T)・・・と、瞬時に覚悟を決める私。

心がキュッとなって、身体が一瞬固まって、これからどれだけ時間がかかるのかな~とドキドキ。


仕方ない・・・。

手をとめて、海のところに行こうかな・・と思っていたら、

空が、続いてお風呂から上がって来ました。


海が空にあたっております。

あ~・・・(>_<)。

空が、怒ってしまうよね~と思っていたら・・・


「あれ~、海たん、どうしたの~、これ~、プンプンなの~?」と声をかけています。

決して怒らずに、どうちた・・どうちた・・という感じで、小さな子をなだめるような感じで、接しています。


すると、あんなにプンプコ怒っていたのに、落ち着いてきたではありませんか・・・。


こんな感じで海が荒れると、空がそういう対応をしていて、何故か落ち着く海。

誰でも、イライラ・・っとくる場面で、そういう対応をしている空に、いや~、びっくりしました。


そんな状態になっている時に、怒っても仕方ない・・・というところに行きついたのでしょう。

そして、それが海にとって、とてもいい。


おそらく、私が同じようにしてみても、ダメなのだと思います。

今の空と海の関係がとても良くて、子犬がじゃれあう感じでお互いを求めている今だから、

空は海の心を読み取ってあげられることが出来るし、海は、その対応に心地良くなるのだと思います。


多分、今、海の心をがっちり掴んでいるのは、空だと思います。


空の期末テストが近いので、海が空と一緒に寝るのは週末ね・・・と約束していました。

さっきも、二人で、「明日は、一緒に寝ようね~♪」と超ラブラブ♪


こんな兄弟の姿を、今、この目で見ている幸せ。


今も、二人でアイパッドで撮ったビデオを観ながら、キャッキャッと笑っています。


笑い声が響くリビング。

今、この幸せを味わおう~♪


山の頂上に着いて、また下りて行く大変さや、何が起こるかわからない恐怖を考えたらもったいない。

大変なことがあって、辛くて諦めそうなときを乗り越えて、辿り着いた頂上では、

思いっきり「やった~^^!」と手を伸ばして、深呼吸して、輝く景色を眺めるのがいい。


幸せリビングで、ブログ記事をかける幸せ!

ハッピー♪


ここ最近の空弁アルバムです♪

バレンタインの日のお弁当で、ご飯の上に鮭をのせたのだけれど、鮭を包丁で切ったら、

あらまあ!ハートの形になったの♪


隠れミッキーならぬ隠れハート的な・・・。

小さな幸せを朝から感じちゃいました^^。

b0244274_0532118.jpg


b0244274_0554865.jpg


b0244274_0572652.jpg


b0244274_0583721.jpg


b0244274_0594572.jpg


読んでいただいて感謝です。
空が、わんこちゃんを飼っているつもりで、
エアわんこを、よ~し、よ~し・・と、
可愛がっている練習をしていました。
完全にあやしい人でした(;一_一)。
応援クリックが励みになっています♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-02-16 01:15 | こどもたちのこと | Comments(2)

長男と次男

夕方、海が私に言いました。

「ママは、まあまあ。パパも、まあまあ。空がだ~いすき!」


(;一_一)寂しいような・・・嬉しいような・・・。

「なんで、ママは、まあまあなの~?」と聞いたら、

「だって、~していい?って、しつこいから!」と海(;一_一)。

空が、「それは海じゃん!」と、笑いながら突っ込んでいたけれど・・・(笑)。


海の確認が、あまりにしつこくて、私もイライラしているときに、ポソっと「しつこいな~。」と、

ぼやいてしまうときがあるから?と思ったり(^_^;)。


ま、空のことを、だ~いすき!なんて、可愛いこと言っちゃうんだから、許しちゃう♪

ほんとは、だ~いすき!って言ってもらいたかったけどね(笑)。しょぼぼぼぼ~ん。


それを聞いたときの空の嬉しそうな顔と言ったら!

「え?何?海は、おれのことが、だ~いすきなの?」と聞き返して、もう一回言わせよう作戦に出ていました

(笑)。


そして、またまた、「海~、これっ!可愛い!おいで、おいで・・・」と、毛布の中で二人でごろにゃん♪

まあまあラブラブだこと・・・。(ちょっと空に嫉妬(笑)?)


昨日、パパが、またお土産にアイスを買ってきてくれました。

海は、すぐに食べてしまって、パパと空と私は、すっかり忘れていて、昨日は食べていませんでした。


今朝、海が私にアイスを食べていいか?と聞くので、

「それは、空のアイスだよ。(欲しがっていたのは空のでした。)海は、昨日食べたもんね。

今日、空が学校から帰ってきたら、半分ほしい・・って頼んでみたらどお?」と私が言いました。


「言ってもい~い?」と海。

「いいよ。」と私。


そして、海はそれを忘れてはいませんでした^m^。

海が、今日、空にかしこまって言いました。

「あの~、もし、よかったら、アイス・・・半分こにしてほしいのですけど・・・。」

(プププ・・・その言い方、超可愛いんですけど~。)


「え~、しょうがないな~^^、いいよ!半分あげるよ!」と海に、空が言ったら、

「ありがとう~!」とルンルンになった海。


さすが次男。

ちゃっかりしているわ。

これって、自閉症とか関係ないわね。


そして、さすが長男の空。

こうやって、世の長男、長女の皆さまは、下の子に色々と分けていくことになるのですね^m^。


でも、どこでこのお願いの仕方を学んだのはわからないけれど、海なりに、丁寧な言い方を・・と、

考えたんだろうな~と思ったら、たまらなく愛おしい気持ちになりました。


たまたま空に買ってきてくれたアイスは、二つに分けられるのです。(「ぎゅぎゅっと」・・というアイス)

でも、真ん中のところをパキっと割ると、必ずどちらかが、少し多くなってしまうんですよね(^_^;)。

それを、空は右手と左手に持って見せて、海に、「どっちがいい?」と聞きました。


海は、それを2秒くらい見て、選びました。

「こっち!」と大きいのを指差しながら・・・(笑)。


空と大爆笑!

「海、頭いいじゃ~ん!」と、声が揃ってしまいましたよ。


算数苦手な海だけど、大きいのは見分けがつくのね(^_^;)。

これまた、ちゃっかりしている海でした。

美味しそうに食べる海を、愛おしそうに眺める空の優しさは、長男そのものですね^^。


二人がアイスを食べている時、空が、また色んな話をしてくれました。

「~くんはさ~、いっつも、ちょっとちょうだい!と言って、美味しいところを食べちゃうんだよな~(笑)。

この前も、おれのツナマヨのおにぎりを、ちょっとちょうだい!って言うからさ、いいよって言って、

あげたら、いちばんツナマヨが詰まってるところを、食べちゃってさ~!!

(くっだらない~と、私は大爆笑しながら、でも、なんとなくわかるかも~!とか言いながら・・・(笑)。)


おれはさ、ちょうだいって言うけど、悪いな~と思って、おにぎりとかも端っこの何も入ってないところを食べる

よ。いつも!(どんだけ、食べ合いっこしてるのよ(笑)!)


でも、~くんは、いっつも、美味しいところを食べるんだよね~。」と空も思い出して大笑い。


続けて空が、「~くんさ、お菓子とかも、いっつも何故か最後の一個のところで、ちょうだい!とか言うから、

え~、最後だから・・って言うんだけど、欲しかったな~って、残念そうに言うから、ついあげちゃうんだよね!」

とか言っちゃて・・・。


私は、ずっと、大爆笑。

(中学男子、楽しそう!)

ちゃっかり兄のアイスをいただいた海は、空と私の会話を、バックミュージックが流れているぐらいな感じで

アイスを黙々と食べていました^m^。


そんな海に、空が、「海~、ちょっと、ちょうだい(海のアイス)!」と言ったら、

「・・・・・。」

もう一回、空が、海に、「ちょっと、ちょうだい!」と言っても、空と顔も合わせないで、

「・・・・・。」


「で、で、で、でた~!聞こえないふり~!!」とまたまた、空と大爆笑!

「あったまいいじゃない!」「ね~!」と空と、聞こえないふりをした海を見て、大笑いでした。


僅かな時間でしたが、空の長男ぶり、海の次男ぶりが全開に出ていて、とにかく笑わせてもらいました。

楽しそうで、嬉しそうな空と海が可愛くて、笑いながら、幸せをいっぱい感じることができました♪


読んでいただいて感謝です。
私も次女。
次女の特権をフルに使ってまいりました(笑)。
応援クリック励みになっています。
ありがとうです!!
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-01-11 00:08 | こどもたちのこと | Comments(10)

スーパーウーマン♪

明日から学校で、部活もなかった空は、今日も、先輩や友達と遊びに行く予定をたてていたのですが、

午後4時過ぎから、振り替えで塾に行かなければならないし、空は、明日、8日が誕生日。

ハイカットの靴が欲しいということもあって、今日はお友達との遊びをキャンセルしてもらって、

空とデートでした。


おばあちゃんから預かっていた、お誕生日のお祝いで、洋服を買い、その後は、空の希望で、

メインを選んで、あとは全部食べ放題のお店に行きました。

お腹いっぱい食べたあとに靴を買って、無事終了。


とにかく、普段は、部活か遊び。

そんな空なので、いるときに買っておかないと・・・という感じです(^_^;)。


空は、まだ身長も足のサイズも、そんなに大きくないので、これがまた、ないのですよ。

もう完全にメンズのサイズであれば、デザインもいっぱいあるのに、子どもと大人の中間みたいな

サイズなので、ない、ない。


靴も、子どもだと小さいし、ちょうどいいのは、レディースサイズ。

結局、少し大きいのを、下敷きを敷けば大丈夫でしょう・・という店員さんのアドバイスをうけて、

メンズのものにしました。

やっぱりレディースは、デザインが、どうしても可愛くなったりしてしまって・・・。


洋服も靴も、種類がない中で、大人サイズを見たり、子どもサイズを見たり、疲れました~(@_@;)。

まあ、でも、こうして二人で出掛けることも、まずないので、良かったかな^^。


今日、空が選んで、おばあちゃんから貰ったお金で買った洋服を着て、塾へ行った空でした(*^_^*)。

b0244274_22231248.jpg



空と帰ってきてから、間もなく海がデイサービスから帰宅。

お昼にいっぱい食べたから、朝、食べられなかった七草粥にしようと、空と意見が一致。

STから帰ってすぐ食べられるように、初めて、炊飯器でおかゆを作ってみようと、七草とだし、昆布を入れて

セットしてから行きました。


デイサービスから帰ってきたときも、STに行くときも、とてもいい感じの海。

機嫌もいいし、よし!いいぞ!と家を出ました。

クリニックについてからも、約束していた「明けましておめでとうございます。」の挨拶も先生にすることが

出来ました。


お!今年の出だし、いい感じじゃない^^♪と部屋に入り、先生と課題を始めて少ししてから、

海がワナワナし始めました。

あまり見られるのが好きではない海なので、アイフォンをいじっている風にして、チラッとみていました。

でも、何が起きたのかわかりません。


どんどん、ワナワナして、顔がこわばって、ウルウルして、涙を拭き始めました。

先生も、その様子をみて、予定を変更して下さり、感謝でした。


やるべきことが終わったら、海は、泣いて、床にうつ伏してしまいました。

そうよね。そんなうまくはいかないわよね(>_<)。


どうしたの?と声をかけるべきか悩んだけれど、かけることにしました。

「どうしたの?」と私が声をかけると、半泣きで何やら言っているけど聞きとれなくて・・・。


思った通りの返事ができないんだ・・・的なことを海が言っていたのを、先生が聞きとってくださっていました。

すると、先生は、パッと白い紙とボールペンを持って、うつ伏している海の横に行き、

「見れるかわからないけど、見れたら見てね!」と言って、何やら人を二人書き始めました。


すると、海は、その優しい言い方で、寄り添ってくださった先生の方を見上げて、

先生の書くものを、じ~っと見ていました。


先生は、まず、自分と海の絵を書いて、そこに吹き出しを書き、どちらの返事が思い通りにならなかったの

かを海に確認してくださいました。


私は、いつものように、海の思っている返事を先生からもらえなかったことに、おちているんだと思いました。

でも、違ったのです。

海が、思っている返事が出来ないことを、そんな自分自身を、悲しく感じていたのです。


その確認が出来ると、先生は、「そっか~、それで悲しかったんだね~。」と優しく声をかけてくださり、

そのあとに、紙の空いているスペースに、また人の絵を書きました。


今度は、何を言って下さるのかしら・・と、私も興味深々で見ていたら、

「先生もさ~、思っていることを上手に伝えられないこといっぱいあるんだ~。

色んな人がいて、①、②、③、④、⑤・・・って考えてることを全部伝えられる人もいるけれど、

①と③しか伝えられない人も、い~っぱいいるんだよ。

それでいいし、(海の考えの吹きだしの中にキラキラマークを書いたくださったところを指しながら)

海くんが、上手に言えなくても、こんな風に考えられていることが素敵なんだよ^^。」と、ゆっくり、

わかりやすく話してくださいました。


そして、その後に、「先生のお母さんはね・・・海くん、マイケルジャクソンって知ってる?」と先生が聞くと、

海は、「アメリカ?」と答えました。(マイケル・ジャクソンはテレビで観て、少し知っています。)


「そうそう、アメリカ!そのマイケル・ジャクソンを言おうとすると、ジャイケル・マクソンって、

言っちゃうんだよ~。」と、先生のお母さんの絵の吹きだしに、ジャイケル・マクソンと書きながら、

笑って、海に説明してくれました(笑)。


思わず、聞いていた私まで、吹きだしてしまいました!

「ある、ある!そういうこと~!」と私(笑)。


そうしたら、今度は、先生のおばあちゃまの話までして下さり、またまた、絵を書きながら、

「先生のおばあちゃんはね~!頭では『ヨーグルト』とわかっていても、いつも『ヨーグル』になっちゃうの。」

と笑いながら話してくれる先生。


それを聞いていた海の表情は、どんどん明るくなり、笑顔も出て、私もおもしろくて、大笑い。

立ちあがった海は、すっきりした笑顔で、遊び始めました。


学校の担任の先生も、STの先生も、やっぱり凄すぎます!

新年早々、海の涙や、うつ伏している姿を見て、こっちまで暗くなりかけて、

あ~あ、家に帰ったら、また荒れるんだろうな~(T_T)と諦めかけていた私でした。


ところが、STの先生の、まず海が何に悲しんでいるのかを、間違えないように確認して下さった後に、

海の気持ちを受容。

そして、海だけが出来ないわけではないんだよ・・という安心感と励まし。

そして、そして、最後に、ユーモアをもって、わかりやすく、さりげなく、気にしなくて大丈夫なんだ・・ということを

海に伝えてくださったのです。


そして、どん底の海が、短時間に見事、立ち直ることが出来たのです。

おまけに、暗くなりかけていた私の心まで、明るくしてくださった先生。

新年早々、感謝の気持ちで溢れました。


にこにこで、私達親子は、クリニックを後にして、いつものようにお菓子を一つ買って帰ることができました。

しかも、空の誕生日に、海のお金で、何か買ってあげようと話していたら、自分で選びたい!と、

三色ボールペンを選び、大好きなパプリコも自分で買いたいと、私は全く見ていなかったのですが、

ちゃんと小銭がいっぱい入っているお財布から、買うこともできました。

(レジの人に、とってもらったのかもしれないけれど・・・それで十分^^)。


また明日から始まる学校生活。

空の勉強も心配ですが、基本、お友達や先輩と楽しくやっている感じなので安心^m^!?


やっぱり、海のことが心配です。

学校へ着いて、車から降りたあとの海の状態が、そのときにならなければわからないけれど、緊張します。


休みを挟んだからといって、急激に何かが変わるわけではありません。

きっと、また荒れるでしょう。


でも、それでいい。

内心は、悲しいし、暗い気持ちにもなるけれど、海は、今まで吐き出せなかった想いを、今、吐き出せて

いるのだから。


おとなしく、ただただ言われたことを聞いて、それを守ることでしか表現ができなかった真面目な海だったし、

そうしていれば、みんなが喜ぶと思って、精一杯頑張ってきたんだから・・・。

頑張っている僕を見て!

間違っていない僕を見て!

体と心全部で、聞こえない声で、叫んでいたのだから・・・。


どの学年のときも、クラスの中で、斜め上を見て、何かひとりごとを言いながら往復して、走っているとき、

海は、何を想い、感じてきたのかな・・・。


どんな海であっても、どうしたのかしら・・・というまわりの視線を感じようと、私は海の心に寄り添い続けます。

一緒に泣いても・・・。

ときには怒っても・・・。

担任の先生や、STの先生みたいには、上手に海を立ち直らせることは出来ないけれど、

海の笑顔を一番近くで見ることができるのは、きっと私だから^^。


明日が、どんな日であっても・・・。

今日STに行って、感じたことが、今日の海の成長の宝物。

一人で、買い物ができたことが、今日の海の成長の宝物。


たとえ、明日、海が荒れても、宝物を増やした海は、今までの海ではない。

成長の宝物を、大切にピカピカになるまで磨いて、いつかキラキラをいっぱい出せる海に

なってもらえたら嬉しいな~と思います(*^_^*)。


夜は、本当に質素な夕食でしたが、年末年始に食べ過ぎたので、胃を休めるには最高でした。

炊飯ジャーでも、美味しくおかゆが出来るんですね^^。

七草粥、子どもたちも、美味しい!と好評でした。

b0244274_22243350.jpg


海も、鮭や海苔なんかをトッピングして、食べることが出来ました^^。

海が七草粥を食べたのは、初めてです。

そんな一つ一つの成長が、本当に嬉しいです。


読んでいただいて感謝です。
明日から早速、朝練&お弁当です。
が、が、がんばります~(^_^;)。
応援クリックで励まされています。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-01-07 23:08 | こどもたちのこと | Comments(6)
8日から、空と海は、学校が始まります。

と言っても、空はもう部活が始まっているんですけれどね・・・。


空は、今日は試合。

海は、いただいたお年玉でお買いものをしました^^。


駅ビルの中に、スヌーピーのグッズをいっぱい売るようになったショップを、先日みつけたので、

海に買い物を提案してみたら、ルンルンに♪


スヌーピーグッズが並んでいるのを見たら、目がキラリン♪

色々手にとって、しっかりと選んでいました。


そして、買ったのが、こちらの品々。

b0244274_2393519.jpg


靴下やタオルや絆創膏など、意外と実用的なものをセレクトしていて、へ~っという感じでした。

スヌーピーのグッズが売られているショップが二つあったので、結構長い間選び、

その他にも、パン屋さんと輸入食品店にも、付き合ってもらったので、1時間半くらい買い物ができました。


これって、すごい成長です。

お店の中で、選んでいる最中に、ふっと空いているスペースを使って、斜め上を見て、往復はします。

これは、どのお店に入ってもやります。

でも、迷惑をかけているほどの動きではないので、セーフかな・・・という感じです(^_^;)。


あとは、確認。

エスカレータの左に立つように(右は、上ってくる人がいるからと説明して)言ったのですが、

くるっと回って、エスカレーターを上がる度に、「こっちでい~い?」と聞かれ、

「いいよ。」と言った後に、「大丈夫、聞かなくても、いつもこっちで大丈夫よ。」と付け足してみたものの、

やっぱり確認したいらしく、また、胸をパンッと叩き、コクンと頷くのをし始めたので、聞かれる度に、

「いいよ。」と言っていたら、安心したようでした(笑)。


確認は、いつものように、いっぱいありましたが、とても落ち着いていました。

手を繋ぎ、一緒に買い物をして、楽しい気分を味わえるまで、海が成長してくれたことに感謝でした。


嬉しそうに、スヌーピーグッズの入った袋を手に持ちながら歩き、最後に寄ったパン屋さんで、

海が言いました。

「ぼくね、空が、だ~いすき!」


パン屋さんまで歩きながら、何を考えていたのかはわかりません。

でも、急に、今の海の想いを、声に出して言いたくなったのだと思います。


空の部活がないときは、空も、私にお寝坊させてくれます。

昨日も、パパと私が起きたら、「海に、朝ごはん食べさせておいたよ!」と、言ってくれた空です。


この頃、こうやって、朝、空が朝ご飯を作って、(丼が多いのですが^^)食べさせてくれるので、

とても助かり、心から「ありがとう~!」と言える幸せ。

空の成長も嬉しいです。


海も、そんな空を、頼りになるお兄ちゃんだ・・と気づいたのかもしれません。

今までも、空にいっぱい面倒をみてもらっていた海だけど、「頼る」とか、「お兄ちゃん」とか、

そういう感覚では、みることが難しかったのだと思います。


家族の中の、一人。

そういった捉え方だったのかな~と感じています。


それが、この頃の海を見ていると、確かに空を頼ろうとしたり、愛着をもった感じで空に甘えたり、

海が小さかったころは、信じられないような光景を目にすることが増えてきました。


あ~、また、こうして目には見えない時間の中で、海が成長してくれていたんだと思うと、

胸がいっぱいになります。


一般的な兄弟の関係は、我が家にはないと思っていたし、でも、我が家は我が家の兄弟の形でいいと、

今でも思っているし、そのままの関係でずっといくんだと思っていました。


でも、兄弟の関係も、変わってくる。

毎日、毎日、同じ家の中で、同じ食事を食べ、一緒にお風呂に入る。

毎年、毎年、誕生日を祝い、進級を喜ぶ。


毎日、毎日・・・毎年、毎年。

毎日、毎日・・・毎年、毎年。


生まれたときからずっと一緒に、ずっと繰り返していく生活が、何よりも強い絆となって、

兄弟の関係を深めていってくれているのかもしれないと思いました。


兄弟の関係が、空と海は、ただ「兄弟であるという真実」ということで繋がっていた。

海にしてみたら、細い、細い糸で、かろうじて意識出来ていた空という兄の存在。


でも、空の深い愛情を感じていくなかで、その細い、細い糸は、少しずつ太くなっていっていたのかな・・って

感じています。


兄弟の関係は、兄弟にしかわからない空気感が、必ずあるはず。

それは、障害の有無に関わらず、きっと、あるんじゃないかって思っています。


親の見方や感じ方とは、兄弟間での感じ方は違うことって沢山あるかな・・って。

それを、今日の海が、私に気づかせてくれたのです。


ずっと私が想っている兄弟の形ではないんだよ・・・って。

空は、間違いなく、ぼくの大好きなお兄ちゃんだ!って、海の心が叫んで、伝えてくれたことが、

涙が出るほど嬉しかった。


一緒に小学校に通えなくても、好きなスポーツの話で盛り上がったり出来なくても、

それでも育っていく「兄弟の絆」。


簡単に言葉で想いを交わすことができないからこそ、どんなに最初は細かったかもしれない兄弟の糸も、

深い愛情と優しさを紡ぎながら、太く、強くなっていくんだ・・と、学ぶことができました。


空は、家庭科で、「丼」を作るという宿題があり、今日は空が、スープ付きで夕食を作ってくれました。

全部一人で作ってくれて、なかなかの手際の良さに感心しました。


その作ってくれている間も、「空、すごい!すごい!」と海がうっとり。

そんな海のことばを聞いて、空も、海にメロメロ。


作っている途中で、空は海を呼び、味見をさせてあげたりする光景を見ているだけで、

たまらなく幸せな気持ちになりました。


出来上がったら、海が、「わ~、美味しそう~!」とにっこにこ。

にこにこで、空が作ってくれた夕食を食べていた海でした。

もちろん、パパも私も、「おいしい~!空!」と、丼をぺロリと食べてしまいました(^0_0^)。

すごい量だったので(笑)、さすがに、海は、全部は食べられなかったけれど・・・(笑)。


「そぼろと目玉焼き丼 withワカメスープ」

ご飯の間に、ちぎった韓国海苔が挟んであって、美味しかったです。

b0244274_23122746.jpg



食事が終わった後も、空は、「海、おいで、海、おいで・・・」とラブコール。

近寄っていった海に、「ん~もう!海ったら可愛いんだから~!これっ!」とかなんとか言っちゃって、

兄弟ラブラブしていました~(笑)。

b0244274_23134389.jpg


今までの兄弟の関係にも、波があって、きっとこの先も、波があるでしょう。

でも、今、訪れた兄弟の幸せな空気感を、いっぱい味わいたいと思います。


読んでいただいて感謝です。
買い物に行く車の中で、
海が、ジンベイザメの水玉は、
頑張った数なんだ!と言ってて、
超可愛かったです^^。
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
by soratoumihouse | 2013-01-06 23:28 | こどもたちのこと | Comments(4)