心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

シンプル・シモン

お友達を誘い、どうしても観たかった映画『シンプル・シモン』を観てきました。
b0244274_2224777.jpg


アスペルガー症候群の主人公シモンの視点でみた世界観を視覚化して、

とってもわかりやすく、あたたかく、彼らの世界観を表現しているハートフルコメディー。


内容は、観ていらっしゃらない方のために、ここでは記事にしませんが、

主人公のシモンが、自閉症の海とかぶりまくり、シモンのお兄さんの想いが、空と重なり、

泣いてしまいました。


また舞台がスウェーデンということで、お部屋のインテリアやファッションなど、

北欧ならではの、カラフルで可愛いものばかりで、何度も心の中でかわいい!と言っちゃいました^^。


アンドレス・エーマン監督は、アスペルガー症候群の彼の視点で、

世界をみる機会を与えてくれる映画であることにこだわったそうです。


その監督の想いが、こだわりが、強く、優しく、あたたかく、伝わってきました。


我が家の息子たち(どちらも精一杯生きている)と重なって、涙する場面があったことは確かですが、

それだけではなく、アスペルガー症候群のシモンの世界観を通して、彼の喜びや苦しみ、

怒りや悲しみ、それらをユニークに、またストレートに表現し、リアルに視覚化されていることで、

そういうことか・・・と、理解することができ、すごく心地良かったんです。


自閉症スペクトラムの人達の世界観。

彼らは、視覚化することで、納得したり、理解できたり、落ち着いたりすることができる。

それは、情報の中でしか理解出来ていなかったけれど、

この映画で、海を育てていつも思っていた、

一度でいいから頭の中を、感じた心の中を覗いてみたいという願いを、叶えてもらった気がしました。


彼らの世界観を視覚化してもらったおかげで、彼らの苦しみやこだわりを理解してもらえるってことは、

彼らにとっては、こういう気持ちのよい感覚なんだな・・・と気づかされました。


また、この映画の素敵なところは、そんな彼らのもつ世界観だけにすべてを合わせていくということを、

ベストとしているのでなく、彼らの世界観を否定することなく理解し、そこに大きな愛があれば、

彼らの世界観だって、変化していくという愛の力にも気づかせてくれるところです。


自閉症の海を育てていると、次から次と、新しい情報が入り、

あれがいい、これがいいと、療育の方法も、いったい何がいいのかわからなくなるほど・・・。

海が小さい時は、自分の中の気持ちも揺れていて、水中を漂うクラゲのように、

あっちにフワリ、こっちにフワリ・・・と流されて、焦って、海は余計にパニック。


でもね・・・。

育てているうちに、自分の気持ちがブレなくなってきました。

もちろん、育てていく中で、そう接することがいいのか、どうしたらいいのか・・・という迷いは常です。


迷わなくなったのは、海の気持ち、海の世界観をとにかく理解してあげよう・・・という想い。

(神様ではないので、理解できずに、海同様、私だって感情むき出しになるときだってありますよ^^。)

ガッチガチに情報だけ得て、それを海にはめこんだって、海にはかえって窮屈だと思えたこと。

そういうことをすればするほど、海の場合は、精神的に追いやられていくから。

当然、焦っていた私が原因なんですけどね・・・。


海は自閉症だけど、私たちと同じ人間。

自分にだって、海と同じように、何かしらこだわりだって、人からみたら、え?って思うことは沢山ある。

それは、きっと、どんな人だって同じはず。

誰だって、そんなこだわりを、同じようにしてもらうことを望んでいるわけでなく、

ただ、理解してもらえることを望んでいるし、そうしてもらえることが嬉しいですものね。


世界観の違いを同じ気持ちで理解することは、とても難しい。

でも、その世界観をもつ人のこと、その世界観の中での安定や幸せを理解してあげること。

そこに、愛があれば、きっと、自閉症の海だって、海らしい心をもって、

大きく育ってくれるような気がしています。


だからかな・・・。

この映画が、すごく自然に、幸せな想いで観ることができたのは・・・。


もう1回・・・観たいな。


人それぞれ、感性も、想いも違うけど、私からは、お薦めの映画で~す(*^_^*)。

読んでいただいて感謝です。
スウェーデンに行きたくなっちゃいました~!
応援クリックとっても嬉しいです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
Commented at 2014-06-09 21:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soratoumihouse at 2014-06-12 21:14
鍵コメントのMさんへ
観て観て~~~♪
by soratoumihouse | 2014-05-18 22:26 | わたしのこと | Comments(2)