心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

自力通学への1歩!

最近の海は、海の中のルールに従って、ものすごい自信をもって行動してしまいます。

決して、悪いことばかりではないのですが、いわゆるグレーな部分の理解に本人は苦しんでいます。

以前、交通ルールについても記事にしたことがありましたが、急に意識するようになり、

細かい状況によって変えることの大変さを、海は、理解すること、私は、納得させるように教えることが、

今は、とにかく大変です。


でも、交通ルールに興味を持ったことは、とても良いこと。

今までは、ふら~っと歩き出してしまったり、左右の確認も、ただ首を振るだけの儀式でした。


でも、今は、ちゃんと手をあげ横断歩道を渡ったり、気を付けよう!と言えば、だいぶ意識できるようになって

きました。


そして、思ったのです。

これは、自力通学への1歩を踏み出すチャンスでは!?


そして、5年生の最後に、クラスの先生に相談すると、それはいい!と先生も賛同してくださいました。

学校までは、歩いて行けない距離ではないので、私は、徒歩を考えていたのですが、

先生は、電車とスクールバスを使って練習してみることを、薦めてくださいました。


電車・・・。


できるかな・・・。

でも、今までも、子どもを信じて、先生に力を貸していただいて、無理だと思うことも、

できるようになってきたよね・・・。


信頼している学校で、信頼している先生方、最高学年になった海。

中学部は、ない。


今やらなくて、いつやるの?

今でしょ!(もう、古いね・・・(笑)。)


そして、6年生になったら、始めましょう!ということに決定しました。


家から駅まで、徒歩で、子どもの足なら15分弱。

電車に乗って、2駅。

その駅のロータリーにスクールバスが来て、学校まで行くルートです。


もちろん、しばらくの間は、私も一緒にスクールバスに乗せるところまでは、付き添いです。

海の定期も、私の定期も購入しました。


そして、ついに、今日から自力通学への1歩を踏み出しました。

今までは、学校まで、車で10分弱。

けれど、今日から、家を出るのは1時間早くなります。


5時に起きて、空のお弁当を作り、空と海を食べさせ、食器を洗い、私の身支度、

学校とデイの連絡帳を書き、バタバタでした~(笑)!


それとは逆に、海の嬉しくて、嬉しくて、たまらない顔。

今日は、海に、私の後ろを歩いてもらい、駅までどこを注意して歩くのかを、教えながら行きました。


大人が行けば、近い道のりだけど、改めて子どもと歩くと、

なんて注意しなければならないことが多いのでしょう!と実感しながら、とても長く感じた道のりでした。


海は、ほんの少し、大人になるための1歩を踏み出せたことが、たまらなく嬉しかったんでしょうね。

ホームで待っている時も、電車に乗っている間も、ず~~っと顔が笑っていました(笑)。

幸い、顔だけで、声が出てしまわなくて良かったけど~。


海の注意点を、発見!

電車の中で、吊革につかまることが、今、やりたいことのブームだったことを忘れていました。

電車に乗るなり、「吊革つかまっていい?」


これは、1回やらせないと、気が済まないぞ・・・。

「いいよ。1回ね!」


海の身長では、まだ吊革は高いので、ぎりぎり届くくらいです。

1回つかまらせて、あとは、手すりにつかまるように言いました。


「なんで?」と海。

(そ~ら、きたきた!確認くるぞ~~~!!)


ギリギリ届いてるだけなので、急ブレーキがかかったら、人にぶつかってしまうことなどを小声で伝えました。

しばらくは、諦めて、手すりにつかまっていたのですが、また、少ししたら、左は手すり、

右手は、吊革状態でした(--〆)。


どうしても、吊革につかまりたい。

何度か、小声で説明しなおして、幸い2駅なので、大騒ぎにはなりませんでした。


今の海の課題。(これは、ある意味、永遠の課題かな・・・。)

どうしてもやりたいけれど、やっていいのかを考えて、我慢すること。


私の課題。

それができるようになると、素敵な大人になれるよ^^!ということへの理解に繋げること。


どうしても理解できなさそうなら、空いている電車のときに、私が座って、海を前に立たせ、

ぶつかったりする経験をさせるしかないかな~なんて、思っています^^。


スクールバスが、ロータリーに着いたときの嬉しそうな顔。

1年生の頃から、ずっと乗ってみたかった憧れのスクールバスです。


スクールバスと海に手を振りながら、私のもとを離れていってしまうのね・・・と、

寂しい気持ちになりました。


でもでも、そう、自分でできることの幸せを、どんな小さなことでもいい。

一つでも多く感じて生きて欲しい。


何でも、守ってやることのほうが、親としての優しさのような気持ちでいた未熟な自分のときもあったな~。

でも、違うよね・・・。


海には、海の人生があって、生きづらさを抱えていても、海らしさを、親が潰してはいけない。

同じ年代の子が出来るように、器用に立ち回ったり、理解することはできないけれど、

根気強く、社会で生きていくための大切なことを教えて行きながら、

電車にのることも、買い物をすることも、守るべきルールを守っていさえすれば、

『自由』が与えられるということを、海の中に感じながら幸せに暮らしていける大人になってほしい。


今日、海の1日はどうだったかは、海にしかわからないけれど、

新たな1歩を踏み出した、あの嬉しくて、自信に満ちた、幸せな表情。


定期を取り出す嬉しそうな顔も、左右を見て、近所の新1年生より、うんとまっすぐ手を上げて、

横断歩道を渡る姿も、すべて、そんな素敵な未来へ繋がっているんだと思ったら、

帰り道が、とても幸せな気持ちで満たされていました。


学校の協力なくしては、出来なかったチャレンジ。

日々は、やっぱり感謝すべきことでいっぱいです。


海がホームで、自信と喜びでいっぱいで待っているところをパチリ!
b0244274_105114.jpg


海が、毎年、球根を植え、育てているチューリップも、海を応援するように咲き始めました。
b0244274_10521456.jpg


春は、環境も変わり、緊張もするけれど、喜びに溢れた季節ですね^^。

読んでいただいて感謝です。
自力通学への1歩を踏み出した海に、
応援クリックお願いします♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
Commented at 2014-04-14 14:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-04-14 21:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soratoumihouse at 2014-04-15 23:22
鍵コメントのMさんへ
ありがとう~!
自分で行ける日まで、海と一緒に頑張るよ~!
週末に、観に行ったら、夜の回まで満席だって~(>_<)。
だから観れなかったの~。
歌もいいよね~!
Commented by soratoumihouse at 2014-04-15 23:24
鍵コメントのJさんへ
まさに1歩だけどね~!
始めなければ、何も始まらないしね~。
頑張るよ~!海と一緒に~~!
by soratoumihouse | 2014-04-10 10:54 | 海のこと | Comments(4)