心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

家族以外の人達と初ディズニーランド

楽しい週末を過ごしました。

30日(土)は、ヘルパーさんをしているお友達2人とお子さん2人と一緒に、海と私の計6人で、

ディズニーランドに行ってきました^^。


想像通り、とても混んでいましたが、久しぶりのディズニーランドにテンションアップ♪

お天気も最高で、あたたかくて、とっても気もちの良い日でした。


とはいえ、家族や親戚以外の人たちとディズニーランドに行ったことのなかった海。

家族なら、途中で何が起ころうと、家族だけで何とか出来ますが、

家族以外の人達と一緒に行って、もし、途中で迷惑かけるような事態になったら・・と思うと、

今までとても勇気が出ませんでした。


けれど、今回、心強いのは、一緒に行ってくれる友達が、ヘルパーさんのお仕事をしていて、

子どもの移動支援のお仕事も慣れているので、途中に何かが起こっても、

きっと大きな心で受けとめてくれるに違いない・・・という甘えもあり、お誘いを快く受けさせてもらいました。


そして、もうひとつの心配。

お友達は良くても、そのお子さん2人が、もし、海が迷惑かけてしまうことになったとき、

もう海と一緒じゃなかったらよかった~~と、悲しくなってしまわないかな・・・と不安でした。


でも、そのお子さん2人がとっても素敵な2人なんです。

そのお子さん2人のおばあちゃまも福祉のお仕事をなさっていて、毎年、障害のある方たち大勢と、

一緒に旅行へ行かれるそうなのですが、その旅行にそのお子さんたちも、

小さな頃からずっと行っているのだそうです。


なので、「大丈夫!いろ~んな人達と沢山触れ合ってきているから!

袖をめくっている人がいると、気になってしまって、誰のでも袖を下げないといられない、

自閉症児の人がいてね、

その人が○○(お子さん)の袖も下げにくるんだけど、『みんなの袖をさげてえらいね~!』って、

娘が関心してたよ~^^!」と、そのお子さんのママ友が、さらっと言ってくれるので、

何だかすごく嬉しくて、ほっとして、感謝でした。


こんな心強い2人となら、勇気を出して、行ってみよう!何とかなる!

素直にそう思えました。


とはいえ、出来る限り、みんなが楽しくハッピーにディズニーランドを楽しみたい。

ということで、行く前に、あんまりしつこく海に話すと、逆に楽しみではなくて、不安なことになってしまうので、

何回か、海にお話をしました。


・家族でない人と行くから、自分の乗りたいものだけを選べないこと。

・どうして、~~~なの?なんでこれなの?等と、しつこく質問をしない。

・あれ買って、これ買って・・・と言わない。

自分のおこづかいを使っていいことと、あと、お母さんが一つ買ってあげると約束しました。

・なんでなんだ~~~!と大きな声で叫んだりしない。


こんなような約束を、海が家で同じようなことで荒れた時に、この約束を持ちだして話しました。


なぜ、こんなことを何回も言うかということも海に話しました。

ただ、お母さんに約束ばかりさせられていると思ったら悲しいから。


約束したことができないと、ディズニーランドに楽しみにきているみんなが、

本当に悲しくなって嫌な気持ちになるからだということ。

この約束をちゃんと守れたら、とっても楽しい1日になること。


こんな風にして、当日を迎えました。


確かに途中途中、疲れてきたり、想いが強かったりすると、私に主張してきて、

何度か、約束を確認させられる場面もありました。


けれど、今の海としてできる精一杯で、みんなとまわることができたと思います。

素晴らしい成長だと思いました。


いっぱい色々なアトラクションに乗っていて、すっかり遅くなってしまった夕食を食べていたとき、

海がトイレに行きたいと言うので、(座ってた席から、とても近い場所にあった。近い時は、一人でいかせる)

「いいよ」と言うと、


「いいの?」と海。

「いいよ。」と私。


「いいの?」

「いいよ。」


そして、3歩くらい歩いたと思ったら、また戻って「いいの?わからな~い!!」と起こり顔の海。

私も疲れていて、「だから、いいよ!っていったよね~!」とムッとした口調で言ったら、


隣りにいたお友達が、「大丈夫!一緒に行こう!」と海に声をかけてくれたのです。

すると、海は、すっとそのお友達にくっついてトイレに行きました。


なんか、ぐっときましたよ。

一緒に行ってほしかったのか・・・。

不安だったんだよな~・・・って。

何度も質問の確認のやりとりをすることにイライラしていて、海の気持ちを無視していました。


そして、そんな海の気持ちを、母の私なんかより自然にわかって、さっと行動してくれた友達。

ありがたいな・・・。

私は、幸せ者だな~・・・とジ~~ンときてしまいました。


アトラクションでは、海と一緒に行ってくれたお子さん2人(小4と小3の姉弟)が、

「海くん、一緒に乗ろう!」とそれぞれが、気を遣ってではなく、すごく当たり前な感じで、

声をかけてくれるんです。


そういう場面も、初めて家族以外で、海とディズニーランドに来た私には、ひとつひとつが、

嬉しくて、幸せでした。


フットワークの軽いお友達2人は、「いいよ!ポップコーン買ってくるから、乗ってきて!」

「じゃあ、ファストパスとってくるから!」と、走ってくれるのです。

あ、私が方向音痴で足が遅いという理由が1番だと思いますが(笑)。


そのおかげで、私は、海を集中してみていることができます。

2人の優しさが、心をあたたかくしてくれました。


海は、アトラクションの案内のお兄さんやお姉さんに、ノリノリで話しかけていく場面もありました。

スタージェット(小型ジェット機でクルクルと回るアトラクション)では、すっかり宇宙飛行士になった気分の海。

いきなり敬礼して、「行ってきます!」と言ってみたり(笑)、


シンデレラ城の案内の人には、すごく大きな声で、

「あの~、かっこいいですね~(何かを指して)、あの~、エベレータ(エレベーター)は、

何階ありますか?」と、言ってみたり・・・。


ちょいちょい、冷や汗、苦笑い場面もありましたが、ぎりぎりセーフレベルかな(笑)。


3大ジェットコースターも、今までは乗れなかった海ですが、3つとも乗ることができて、

乗り終わると、自信いっぱいの清々しい表情になっていました。


いっぱい乗って、パレードも観て、閉園時間の最後までたっぷり楽しみました。


いいえ、楽しみました・・ではなくて、お友達や優しいお子さん2人のおかげで、

海も私もいっぱい楽しませてもらいました。


家族じゃなくても、ディズニーランドを楽しめたこと。

とても素晴らしい1歩を踏み出すことができた感謝すべき1日でした。


ディズニーランドはやっぱり夢の国。
b0244274_11495883.jpg


b0244274_11505920.jpg

また行きたいな~~~♪

読んでいただいて感謝です。
応援クリックが励みになっています。
いつもありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
Commented by しの at 2013-12-02 12:53 x
こんにちは。いつも楽しく読ませていただいています。
うるうる~(涙)とても素敵な一日でしたね!楽しかった様子が浮かびます。またこういう体験は、親子共に自信をもたらす気がしますp(^^)q
Commented by soratoumihouse at 2013-12-03 23:03
しのさんへ
いつもブログを読んでいただいて感謝です。

本当に素敵な1日でした。
お友達っていいですね・・・。あらためて感じた1日でもありました。

今回の1歩は、本当に自信に繋がりました。
成長の足跡を確認することができるって、とっても幸せです^^。
Commented at 2013-12-06 20:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soratoumihouse at 2013-12-09 22:54
鍵コメントのYさんへ
ほんと!1歩踏み出せてよかった~。
そして、素晴らしい仲間がいて、とっても感謝。

おかげで、とっても楽しい1日を過ごすことができたわ~。

いつ行っても、やっぱりいいね^^!
by soratoumihouse | 2013-12-02 12:01 | 海のこと | Comments(4)