心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

彼女の微笑みが大好きでした

昨日は、お仕事が入っていたのですが、スタッフ仲間に代わってもらい、パパが半休をとってくれたので、

東京へお通夜に行ってきました。


私が幼稚園で勤めていたときに通っていたお子さんで、彼女は進行性の病を抱えていました。

21歳という若さで、天に召されました。


私は、彼女のお姉ちゃんの担任にはなりましたが、彼女の担任ではありませんでした。

けれど、一クラスずつの小さな幼稚園でしたので、誰が担任とか関係なく、

先生みんなで、こどもたちと関わってきましたから、彼女の幼稚園ライフが豊かなものとなるように、

いつも先生達で一生懸命考えてきたことを、昨日のことのように思い出します。


遺影の中の、優しくかわいらしく微笑む彼女が、愛おしくて、涙が出てきました。

彼女の幼稚園時代に、彼女の求める想いに、私はきっと間違って応えてきたことが沢山あると思います。


何にもできなかたっけど、彼女が笑ってくれると、本当に嬉しかった。

幸せな気持ちにさせてくれました。


嬉しいのね!私も嬉しいよ!

きっと、働いていた先生みんなが、彼女の笑顔に幸せをもらっていたと思います。


亡くなった彼女の担任をしていた先生は、天国にいます。

彼女のことを想い、彼女の未来を、自分のことのように想い描きつづけていた先生でした。


先生と再会できるね・・・。


それが、私にとっての、大きな救いです。



そして、これからは、彼女を愛し続けてきたご家族のことを、彼女は、天から見護ってくれるでしょう。


きっと、彼女のお姉ちゃんは、親とは違う、兄弟姉妹ならではの、いろんな想いを乗り越えてきたでしょう。

ときには、両親に甘えたかったときもあると思います。


とても我慢強い、優しい優しいお子さんでした。

だからこそ、大切な妹さんの死を乗り越えた先に、大人になってからでも、

いっぱい、いっぱい、お父さんとお母さんに甘えてね・・・って、心から思っています。


そうすることを、きっと、妹さんは天国で微笑んでくれていると思うから・・・。


私の人生の中で、彼女と出逢い、彼女のご家族と出逢えたことを、感謝しています。


そして、何もできなかった私に、沢山の喜びや幸せを与えてくれた彼女に、

どうもありがとう・・・と、小さな安らかに眠る彼女のお顔を見ながら、伝えてきました。


ご冥福をお祈りいたします。

読んでいただいて感謝です。
彼女が、当時の同級生と再会させてくれました。
みんな、立派に大きくなっていて、感動しました。
私も、頑張ろう!そんな気持ちにさせてもらいました。
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
Commented at 2013-10-26 20:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soratoumihouse at 2013-10-26 22:23
鍵コメントのKさんへ
そうだったら嬉しいな~。
本当に、幸せをもらった・・・。

天国で2人が出会って、幸せそうな姿をイメージするだけで、私も幸せな気持ちになる。

彼女と過ごせた日々が宝物です(*^_^*)。
by soratoumihouse | 2013-10-25 12:12 | わたしのこと | Comments(2)