心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

大家族

私は、放課後等児童デイサービスのお仕事をしています。

小学生から高校生までの障害児を預かっています。

最近は、中学生や高校生の子どもたちも、少しずつ増えてきました。


自閉症の子どもたちも多く、個性豊かな仲間たちと楽しく過ごしています。

海の学校では、小学生までの子ども達までしかいないので、中学生や高校生は、本当に大きくて、

海も、こんな風に大きくなるのかな~^^と、とっても新鮮。


私が働いているデイサービスは、過ごし方は、基本的に、自由。

月の制作なんかもしますが、無理のない程度。

楽しく作ることが目的だから・・・。


みんなでお散歩に行ったり、公園に遊びに行ったりもしますが、

基本、、子どもたちがやりたいことを選んで、思いきり楽しんでもらうのです。


パズルをする子もいれば、絵を描く子、ブロックをする子、デイサービスで育てている野菜に水をあげたり、

スタッフと一緒にゲームをしたり、絵本を見たり・・・。


みんな、学校で一生懸命頑張ってきて、疲れている子も多いのです。

まずは、ここに来たら、楽しく過ごせる・・・。

そんな風に思ってくれたらと、いつも願っているスタッフ達です。


子どもたちが、笑顔で学校から来ると、あ、今日は楽しいことがあったかな・・・と思ったり、

何となく元気がないと、疲れてるかな、学校で何かあったかな・・・なんて様子をみて、

気持ちが切り替わるまで、そっとしておいてあげたり・・・。


なんか、いつも思うんです。

限りなく家に近い雰囲気で(あくまでも雰囲気ですが・・)、大家族みたいだな~って^^。


先日も、中学2年生の女の子、小学生5年生の女の子、小学3年生の女の子が、

同じテーブルで過ごしていました。

みんな自閉症のお子さんです。


中学生の女の子は、折り紙で、写真を作るんだと、それは器用に、丁寧に作っていました。

楽しいことを、ず~~っと、おしゃべりしながら・・・^^。

時に、男の子っぽくなったり、女の子っぽくなったり、口調が変わるのですが、まあ、楽しい。


ずっとおしゃべりしながら、ものすごい丁寧に作業をすすめ、隣りに座っていた小学3年生の女の子が、

悲しいことがあって、しくしく泣いていたら、急に作業の手を止め、その子に、「泣くな、泣くな・・・。」と

頭を撫でてあげたりね・・・。


器用で、すごいな~って思ったり、優しいな~ってほんわかしたり・・・。

私の筆箱からペンを貸してあげたら、返す時に、「おじゃましました~!」って、ペンを返してくれて^^。

なんか違うけど、それがまた可愛い。

それを、「ありがとう」だよ!なんて、言い直すことはしたくない空気感でした^^。

ユニークですよね^^。


その中学生の女の子の目の前で、小学5年生の女の子は、黙々と学校の宿題をこなしていて、

その字の美しこと!

最初、見たとき、先生が書いたんだと思ったほど・・・。

静か~に、黙々と・・・。

でも、時々、「ゆっくり・・ていねいに・・・。」って自分に言い聞かせて、漢字の練習をしています。


学校の先生に、どれだけ丁寧に、漢字プリントをやっていたか、伝えたい気持ちになりました。

空なんて、低学年の頃は、丁寧に書いていたけれど、大きくなればなるほど、雑になって、字も汚い。

同じ感じプリントをやったとしても、きっとテキト~にやって、頭は遊ぶことを考えてたりするでしょう(-_-)。


でも、彼女は違います。

遊ぶ時間なくなってしまうけどいいかな・・と思うくらい、時間をかけて、丁寧に書いている。

素晴らしいことですよね。


学校の先生が、そのプリントを見て、「きれいに書けたね!」だけで終わらいといいな~と思ったり、

その子が、あまりオーバーに褒められるのが嫌な子だったら、先生の心の中で、彼女の頑張りを、

うんと感じてあげてほしいな~と思っったり・・・^^。


もちろん、デイサービスの連絡帳には、いっぱい頑張って素晴らしかったことを伝えたけれど・・。

算数と国語の宿題を終わらせて、今度は、静かに、クーピーでお花の絵を描いていました。

目の前に座る中学2年生の女の子のおしゃべりを、時々、顔をあげて、じ~っと見ながら(笑)。


そして、最初、しくしく泣いていた3年生の女の子も、中学生のお姉さんに励まされたりしながら、

スタッフも、そっと様子を見守っていたので、自分で気持ちを切り替えて、お絵かきしよう!という気持ちになっ

たようでした^^。

涙も止まり、笑顔に・・・^^。


子どもたちと同じテーブルにいて、子どもたちの様子を見ながら、時々、声をかけながら、

何だか、とっても幸せな気持ちになって、やっぱり大家族みたい・・・♪と思ったのでした。


すごく自然体で過ごしてくれていることが、何より嬉しかったし、その日、仕事が終わり、家に帰るまで、

なんて素敵なお仕事をさせてもらっているんだろう~って、多分、にんまり(怪しい(^_^;))しながら、

歩いていたと思います。


どうしたら、わかってもらえるかな・・・。

どうしたら、やりやすくなるんだろう・・・。


今、何をしたいと思っているのかな・・・。

本当は、何を感じているのかな・・・。


ことばが殆ど出ないお子さんも、障害も、みんな違うけど、その生きづらさが、このデイサービスに来たら、

何だか和らいだ・・・って感じて過ごしてもらえるように、日々、勉強です。


そして、正しいこと、間違っていることは、伝えていかなくてはならないけれど、

その子との空気感の中で、楽しむことも忘れずにね・・・。


さあ、今日は、どんな大家族になるのかなあ・・・。

お仕事行ってきま~す!

読んでいただいて感謝です。
リビングのエアコンが、昨日から壊れました。
週末は暑いというのにぃ~~(T_T)。
今年も家電貧乏になりそうです。とほほ。
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
Commented at 2013-07-06 00:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soratoumihouse at 2013-07-06 22:56
鍵コメントのAさんへ
定員数が少ないから、余計に、そう感じるのかもしれないね^^。
その日、その日の家族を楽しみま~す(*^_^*)。

働かせてもらえて、感謝で~す。
Commented at 2013-07-07 17:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soratoumihouse at 2013-07-07 21:07
鍵コメントのM.Tさんへ
そうね^^。誰もに大切なことだよね~。
私たちは、その時の気分で、自分がリラックスできる場所を選べたりするけれど、障害故に、そんな風な自由がなかったりするから、どうしたって、ストレスも溜まるよね~(T_T)。

だから、そんな子ども達が、少しでも楽しく過ごせるといいな~って思ってるんだ~^^。
by soratoumihouse | 2013-07-05 11:44 | わたしのこと | Comments(4)