心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

それでも、いつかは・・・

海は、挨拶をしたり、されたりすることが、とても苦手。

たとえば、学校で、こういう風に挨拶しましょう!と事前に言われていたり、練習したりしていれば、

大きな声で挨拶も出来たりするのだけれど、やっぱり、偶然、知り合いに会ったり、

毎日のことでも、上手に出来るだろうか・・・という不安が勝ってしまうので、

なかなか挨拶が気持ちよくできません。


先日も、ホームセンターで、小さな頃からお世話になっている方に、偶然出会ったんです。

すると、「恥ずかしいから・・・。」と口では言いながら、照れているのではないんですよね。

顔は、ものすごく泣きそうな顔をしているし、こわばっているのです。


けれど、ここは、やっぱり海の課題であり、とても大切なことなので、

ちゃんと挨拶をしようね・・・と海に言い、お話でもいいなと思い、私が間に入ってはみたのですが、

顔は、みるみるこわばってしまうのです。


でも、相手の方が、海に気を遣ってくださって、「ワンちゃん(アロハ)とお散歩行ってるかい?」と、

話しかけてくださったのですが、何か聞きとれなかったのですが、すごく大きな声で、

足をバンバン踏みながら、怒りだしてしまったんす。


恥ずかしいのも嘘ではないと思うし、挨拶することもそうだし、、どんな質問がくるかもわからないし、

一気に不安になってしまうのだと思います。


私は、そんな海の態度が、頭では理解していたけれど、やっぱり相手の方に失礼で悲しかったし、

でも、それ以上に、海が辛いことに間違いありません。


学校でも、以前よりは、守衛さんや、昇降口で子ども達に挨拶してくださる先生に対しても、

とにかく、残念な感じで・・・。


誰も、何も質問したり、話しかけたりしないで・・・!という海の心の声が、私には毎日聞こえます。

だから、いつも、早歩き。

挨拶も、たまに出来ても、下を向いて、小さな声で一回挨拶。

先生方をちらっと見て、一気に昇降口を通りぬけます。


その間に、海の着ている洋服や、被っている帽子のこと、クラスでの予定のこと(お出かけがある日など)、

先生方にしてみたら、海が楽しい気分になるように、「今日は、おでかけいいね~!」とか、

「お!おしゃれな帽子だね~!」とか、そんな感じで話しかけてくれるのですが、無視。


話しかけられれば、話しかけられるほど、顔がこわばっていく海。

失敗も怖いし、決まった質問をされるわけでも、決まった答えがあるわけでもないから。

きっと、私が想像している以上の、不安や恐怖、そして緊張なんだろうな~と思います。


クラスに入れば、だいぶリラックスでき、挨拶も、表情も全然違うんですけれどね・・・。

知り合いに、偶然出会ったり、何人もの先生方が待ち構えている中に、一人入っていくとき、

親切でいろいろ話しかけてくださる方への挨拶が、相手に嫌な思いをさせてしまう形になってしまうのです。


それが自閉症です・・と言ってしまえば、そうなのだけれど、

これから先のことを考えると、やっぱり、何とかしたいな・・・と思ってしまいます。


挨拶って、やっぱり人とのコミュニケーションの基本ですものね。

それが苦手な海。


相手の方にも不愉快な思いをさせず、海も、苦しんだり、悲しくなったり、極度に緊張したりしないように、

私には何が出来るのかなあ~。


一気に昇降口を通る海の心の声を、そっと拾ってあげることぐらいしかできないけれど・・・。


それでも、いつかは・・・と母は願っています。


海、がんばろうね!


読んでいただいて感謝です。
今朝は、空と海で、アロハの散歩を
してくれました。
その後もう一回、私と散歩。
アロちゃん、リビングで爆睡です(笑)。
b0244274_129953.jpg

私も寝たいな~。でも、仕事だから頑張ります!
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
Commented at 2013-06-04 19:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-06-04 19:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ぶにゃん at 2013-06-04 20:42 x
お久しぶりです(・ω・)ノ
コメントはしてませんが、海くんのコト、アロハの成長を楽しく読ませていただいてました(o´・ω-)b
息子も学年が変わって行事ややらなくてはいけない事が増え、いつもの園と認識するまで時間がかかり、療育の先生も変わったりで週末は熱を出したり気分のコントロールが出来なくなってしまったかの様に荒れてしまってました(−_−#)
オマケに自分で!時期も到来(。-_-。)
身体が大きいのでパニック時に彼に伝わる様にするのが一苦労でした(T ^ T)
誰かと挨拶する状況の海くんの怖さ、きっと息子も感じているコトかな〜と思いました。
特に大人の人はウチも先ず逃げますから(^_^;)
遠く離れて観察モード全開ですもん。
バイバイだけはするのですが、目は違う方向ですし(。-_-。)
当たり前のコミニュケーションを取るというコトが彼のペースには入りにくい様です。
救われるのは加配の先生と園のお友達が息子を理解してさりげなくフォローしてくれるので園生活は何とか上手くいってるコトかな?
Commented by soratoumihouse at 2013-06-05 21:07
鍵コメントのM.Tさんへ
もちろん、タイプはみんなそれぞれだけど、自閉症の人は、失敗を恐れてしまう人も多いのよね。

そして、偶然、知り合いに出逢うことは、これからも沢山あるし、日々の中で挨拶は、とても大切なこと。

でも、海は、それが本当に苦手だから、(今日、先生と友人にアドバイスをもらったんだけど)無理をせずに、でも、まわりの人には理解をしてもらいながら、海も少しずつ、できるようになるといいな・・・って思いました^^。
Commented by soratoumihouse at 2013-06-05 21:22
鍵コメントのRさんへ
海の苦しみをわかっていながら、挨拶ができなかったり、残念な感じになったりすると、どうしても悲しくなってしまうのよね・・・。

まわりの人達には、どういった苦しみをもっているか理解を広めていきながらも、海にはあまり細かく言わないように、でも、少しずつ出来るように、海の状態をみながら、声をかけていくことがいいのかもしれないね。

みんな苦手なことはあるもんね・・・。
気持ちいいと思えるように感じることができるまでになったら、最高ね!
Commented by soratoumihouse at 2013-06-05 21:33
ぶにゃんさんへ
お久しぶりです~♪
4月は、本当に親も子も、ドキドキ、バタバタですよね。
息子さんも、大変だったんですね~(T_T)。

本当に、環境や先生が変わったりすることって、想像以上に、緊張するんだと思います。

そして、挨拶。
息子さんも、やっぱり苦手なんですね・・・。

目を合わせず、バイバイ。すごくよくわかります~。
海も、そうなってしまうけど、それだけ苦手だということの表れですもんね。

挨拶は、相手があってのことだし、とても大切だから、つい、相手の方の気持ちを考えてしまうけど、海は、想像を越えて、緊張して、不安で、苦手なんだということを、忘れてはいけないな~って。

いつかは・・・くらいの気持ちが大事ですね~^^。

いつもブログを読んでいてくださって、幸せです♪
アロハが増えた、空海ファミリーを、これからも宜しくお願いします♪
by soratoumihouse | 2013-06-04 12:18 | 海のこと | Comments(6)