心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

退院しました(*^_^*)

今日、5月4日に、予定通り、海は退院することができました。

沢山の応援、そして祈りをありがとうございました。


昨夜は、海も、痛みと不安に向き合い、疲れたのか、前日よりぐっすり寝ていました。

私はやはり寝られず、今日、家に帰って昼食をとったあと、パパに海をお願いして、

寝室で夕方まで、寝てしまいました。


お布団に身体を横にした瞬間に、大きな掃除機で下から吸われているみたいな感じで引きこまれ、

あっという間に夢の中。

お家っていいな~と、感謝しちゃいました^^。


海の入院生活。

わずか3泊だったのですが、私には1週間くらいに感じました・・・。

海が、どんな感じになるのかが、全く想像出来なかったし、若干、お泊り気分で楽しみにしていたのもあって、

術後が怖かったです。


予定がわからないと不安になるので、一瞬、術後の痛みも伝えた方がいいのかな・・・と思ったりしましたが、

とにかく痛みに敏感な海なので、術後の痛みが待っていると知れば、手術をすること自体、

大変になってしまうことも、おおいに予想され、言うのをやめました。


結果、それは、海には正解でした。

手術前は、CLSさん(チャイルドライフスペシャリスト)のおかげで、手術に対しての不安を取り除いていただい

たので、手術当日の朝は、さすがにかなり緊張していましたが、パニックになることもなく、

手術室まで歩いていくことが出来ました。


海は、大好きなスヌーピーのぬいぐるみとスヌーピーの本を抱えて、手術室まで行きました。

手術室では、CLSさんに教えていただいたとおり、お医者さんや看護師さんたちが、

写真通りの格好で待っていて下さり(笑)、「いいね!スヌーピーも一緒だね!」と、

緊張をほぐしていただいて、私たち夫婦は、海といよいよお別れです。


私も緊張や不安で、胸が締め付けられる感じでしたが、とにかく海には心配な顔は見せない!と決めてい

たので、精一杯の普通を装い、「海、じゃあね~!!パパと待ってるからね~!」と笑顔で手を振り、

手術室を後にしました。


待合室で、パパと一緒にソファーに腰を下ろして、窓の外を見ていたら、緊張の糸が切れて、

今頃、海はどうしているだろうか・・・、怖がっていないだろうか、私が謝ることではないのだけれど、

怖い想いをさせてごめんね・・・と思ったら、一気に涙が溢れてきてしまいました。


手術が決まってから、ずっと、海を不安にさせないようにと、必死で普通を装ってきていたので、

それもあると思います。


2007年、海と一緒に海岸で拾った、星の形のシーグラスをお守りにしていて、

それを手のひらに入れて、ずっとさすりながら、無事に手術が終わるように神様に祈りながら、

2時間のときを待ち続けました。


名前を呼ばれ、無事に手術が終わったこと、麻酔をかけるまでの時間も、海はパニックになることなく、

おりこうさんにできたことを主治医に報告され、胸をなで下ろしました。


報告を受けてから30分後くらいに、海は手術室から出てきました。

酸素マスクをつけ、目を閉じている海の横には、スヌーピーが一緒に寝かされていました。

病室までの移動の時、エレベーターを待っていたのですが、海の姿を見ていたら、涙がこみ上げてしまって、

目をさました海が私を見ていたので、必死に涙をこらえて「頑張ったね!えらかったね!」と、

海に声をかけました。


術後は、しばらくウトウトしたり、やはり麻酔が切れてきて、気持ち悪そうにしているときもありましたが、

トムとジェリーや、パパに借りてきてもらったスヌーピーのDVDのおかげで、気が紛れているようでした。


そうそう!本当は4人部屋の予定で、お泊り気分の海は、同室になるお友達に自己紹介しなきゃ・・と、

家で練習していた(笑)のですが、入院直前に、急遽4人部屋がいっぱいになってしまったとのことで、

個室でお願いされました。


病院側の都合なので、個室料金はいただきません・・という親的には嬉しいお知らせだったのですが、

予定変更だったので、どうしよう・・・、海、お友達がいないと悲しくなるかしら・・・。とういう不安を抱え、

入室したのですが、海は、目の前のベッドに喜んで、すっかり気分はお泊まりだ~♪という感じになったので、

とりあえず、ほっとしました。


病室も、結果、個室でとても良かったな・・と思いました。

海の繰り返す同じ質問を、同室の人が聞いていたら、勘弁して・・・と思ってしまったかもしれないですから。


術後の大事なところの形の変化と痛みは、最初、海には衝撃で、一気に不安になったのだと思います。

でも、何度も説明し、痛みを乗り越えさえしたら、もう、あの今までの繰り返していた痛みとは、

もうバイバイなんだよ・・ということで、海は、がんばる・・と何度も口に出して言っていました。


スヌーピーやクジラのぬいぐるみを抱きしめ、アロハの写真を見ては、

「アロハを見ると、ぼく、元気になる!アロハ、可愛いな。アロハが大好き!」と言っていました。


空は15歳以下は、入室禁止で、お見舞いに来られなかったので、手紙をくれて、

『うみへ

はやく しゅじゅつがおわって、また、たくさんあそぼうね。(日本語がおかしい(笑))

かえってきたら、うみのすきなおかしを ひとつかってあげるからね。

そらより』

病室に飾ってあげたら、海はとても喜んでいました。


大好きなスヌーピーやアロハに、海はどれだけ救われたかわかりません。

スヌーピーのぬいぐるみに、「がんばるからね!」と何度も話しかけていました。


コメントやメールで応援してくださった方達のメッセージも伝えました。

小さな身体で、大きな痛みと向き合っている中で、応援し、祈ってくださってくれる方達がいてくださることが、

海だけではなく、私にも大きな励ましとなり、勇気になりました。


皆さん、改めて、お礼を言わせてください。

沢山の不安を、取り除いていただきました。

早く海が元気になって、いつも通りの生活ができるようになったと、報告したいです。


皆さんからのあたたかいメッセージは、この入院生活の宝物です。

本当にありがとうございました(*^_^*)。


海の入院生活の様子を、載せますね^^。


病室に案内されて、「わ~、ベッドだ~!」(完全に旅行気分(笑))と喜ぶ海^^。

b0244274_115330.jpg


海より先に寝かせてもらった、スヌーピーとくじらちゃん♪

(くじらちゃんは、よく見るといます(笑))

b0244274_134823.jpg


夜ごはんは何かな~?とこれまた旅行気分の海。

ハンバーグ(後は食べず)を、あっという間に食べました。

b0244274_1571434.jpg


看護士さんが海のために書いてくださった約束ごと。

b0244274_16152.jpg


一日目は、私は夜9時頃帰ったので、念には念をということで、海に約束を書いて、

読んで確認してから、夕方ベッドに貼っておきました。

さすがに時間や飲み物の管理は難しいので、もちろん看護士さんには、全部細かくお願いしておきました。

b0244274_172112.jpg


お見舞いにきてくれたお友達がくれたスヌーピーの可愛いグッズ♪(ありがとう~!)

b0244274_182890.jpg


手術室の待合室からの景色。

緑に癒されました(*^_^*)。

b0244274_110158.jpg


手術室から病室に帰ってきた海。

b0244274_1115459.jpg


スヌーピーを抱きながら、「トムとジェリー」のDVDを観る海。

スヌーピーのリュックに、スヌーピーのタオル。

ベッドの柵には、アロハの写真^^。

b0244274_159811.jpg


病室の外で、ひなたぼっこをする猫ちゃん。

b0244274_1134818.jpg


夜、病院に泊まりに戻ったとき、ぐっすり寝ている海。

b0244274_20742.jpg


退院してお家に戻ったら、海にプレゼントが!

海、またまた大喜び!(ありがとうね~!)

b0244274_1154773.jpg


食後のデザートは、海の希望でパフェ♪

『たいいん おめでとう!いっぱいがんばったね。はやくよくなりますように・・。』のメッセージ付き^^。

b0244274_1162640.jpg



長い記事にお付き合いありがとうございました。

入院生活を経て、海も私も成長出来た気がします。

まだ、お風呂に入れない海ですが、座薬の痛みどめを使って、シャワー(もちろん直接は当たらないように)を

耐えた海でした。


頑張っている海を、これからも見守ってくださいね。

空との再会(オーバー^^)に、海はウルウルしていました^^。

兄弟はいいですね♪


読んでいただいて感謝です。
夜中、病院に泊まりにいく私を車で送るパパ。
車中のCDの音楽に合わせて歌うパパの声が、
若干、生き生きしていたのは、気のせいかしら(-_-)。
いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
Commented at 2013-05-05 02:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by aloha-yu at 2013-05-05 08:44 x
おかえりなさい!
手術して良かった!って海が笑顔で言える日が一日も、早くきますように♪
Commented at 2013-05-05 09:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-05-05 09:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-05-05 13:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-05-05 19:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soratoumihouse at 2013-05-06 09:46
鍵コメントのKさんへ
はじめまして^^。
ブログを読んでくださって、とても嬉しいです。

海の頑張りを、そんな風に言っていただけると、私まで元気が出てきちゃいます。ありがとうございます。

これからも無理せずにブログを更新していくつもりですので、読んでいただけたら感謝です。
コメントありがとうございました(*^_^*)。
Commented by soratoumihouse at 2013-05-06 09:50
aloha-yuさんへ
どうもありがとう!
ほんとに、そう!海が、何でこんな痛くて、手術をしなければならなかったのか、わかってくれる日がくることを、ただただ願ってるわ~。
Commented by soratoumihouse at 2013-05-06 10:00
鍵コメントのM.Tさんへ
どうもありがとうね。
痛み止めが効いてくれて、ほっとしたわ~。

ゴールデンウィークは、全然遊べ中なかったけど、きれいな海と空の景色に癒されて、のんびりできて良かったかも^^。

いつも祈ってくれて、どうもありがとうね~。
Commented by soratoumihouse at 2013-05-06 10:02
鍵コメントのUさんへ
ありがとうございます。
無事に退院でき、海も、家の中でほっとしている表情でした。
あとは、一日も早く痛みがなくなることを祈るのみです^^。
Commented by soratoumihouse at 2013-05-06 10:23
鍵コメントのNさんへ
ただいまです~。
無事に予定通り、退院することができました。感謝です。

Nさんのお子さんも、先月大変だったんですね(T_T)。
ほんと親って、こどもの辛い姿を見ると、本当に苦しいですね。

入院中も、小児病棟だったので、海よりもうんと小さい子どもたちが、点滴を片手に、笑顔で廊下を歩いている姿をみて、涙が出そうでした。夜中は、ママを思い出すのか、痛みなのか、泣き声が聞こえてきて、胸がきゅ~っとなってしまいました。

こんなにもいっぱい頑張っている子どもたちがいることを、海にも伝えました。海も、一生懸命何かを考えている様子でした。

痛かったり、不安になったりして、辛いことも多かった入院生活だけれど、
同じように頑張っている子に励まされ、応援し、祈ってくださる方達から励まされて、海にとっても、私にとっても、留守をまもってくれていたパパと空にとっても、大きな力になりました。

涙を流し、リセットすること、とても大事です・・・。
Nさん、沢山励ましてくださって、本当にありがとうございました。
Commented by soratoumihouse at 2013-05-06 10:29
鍵コメントのUさんへ
どうもありがとう。
海にとっても、親にとっても、試練のときだったけど、乗り越えるといつもそこには、乗り越えた意味を感じる何かがちゃんと待っていてくれる。
沢山の方たちに励まされ、本当に幸せだな~って感じました。

ずっと見守ってくれて、どうもありがとうね。感謝です(*^_^*)。
by soratoumihouse | 2013-05-05 01:31 | 海のこと | Comments(12)