心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

保育雑誌に感激

私は、障害をもったお子さんを放課後預かるデイサービスのお仕事を始めました。

先日、ブログに少しだけ書いたのですが、久しぶりに働いたので、やっと慣れてきた感じです^^。


職場のデイサービスでは、毎月、壁面を子どもたちの作品と一緒に飾るのですが、

保育雑誌を参考にしたりしながら、作っています。


久しぶりに見た、保育雑誌。

懐かしい・・・。


そして、準備期間があるので、すでに今発行されているのは、4月号です。

世界文化社から出ているPriPri(プリプリ)です。

b0244274_05148.jpg


その4月号の中に、こんな特集がありました。

「発達に課題のある子の保育の手だて」監修 佐藤 暁 氏です。

全部で4ページありました。


ずっと、このような保育雑誌を見ていなかったので、どういう風に変化し、進化していってるのかは、

全然わかりませんでしたが、私の中では、かなりの衝撃でした。


確かに、どの時代にも発達に遅れがあったり、障害をもっていたりするお子さんはいました。

でも、このような保育雑誌に、特集されることは、当時ありませんでした。


けれど、こんな風に、発達障害のお子さんの支援を、一般的な保育雑誌で特集してくれる時代になった

んだ!って思ったら、たまらなく感激してしまって・・・。

じ~~~~んときてしまいました(T_T)。


最初の説明の文章をご紹介します。

「発達に課題のある子には、視覚支援と呼ばれるイラストや写真を使って活動の意味や見通しを、

伝える手だてが有効です。

視覚支援は、園生活に慣れていない子どもにとっても、わかりやすい環境といえます。

新年度、子どもたちを迎えるにあたりどのような視覚支援を行えばよいのか、実践園のくふうを例に、

保育の流れに沿ってご紹介します。」

(取材協力園/ 興除東保育園 ・ 三門保育園)


この文章の中で、私が感動したのは、視覚支援が有効だということを紹介してくださっていることもですが、

視覚支援は、園生活に慣れていない子どもたちみんなにわかりやすい環境だと言ってくださっていることなの

です。


何でもかんでも、視覚支援というのも違うでしょう。

かえってガチャガチャしすぎて、迷ってしまうこともありますし、あくまでも子ども一人ひとり違うので、

有効の度合いも、人それぞれに違うと思います。


でも、しまう場所がわかりやすく印がついていたり、どういう手順でやったらいいのか、目に入るところにあれ

ば、聞くことが苦手な子ども達には、より有効になるはずです。


そして、それは、聞くことが苦手ではない子どもたちにも、よりわかりやすい環境になる。

わかりやすいって、とっても幸せなことですよね。


わからないことほど、不安で、怖くて、緊張することはないと思います。

とくに自閉症をはじめ、発達障害のお子さんには、ただならぬ緊張感に繋がると思います。


たった一つの目印が、その子の不安を一つ消し、たった一つのスケジュールが、その子の安心へと導いてい

ってくれる。


わかりやすい環境こそ、子どもたちの深~い安心感につながっていく近道だと思います。

保育園、幼稚園だけでなく、学校をはじめ、あらゆる場所がわかりやすい環境であったら、沢山の子どもたち

、大人たちが救われるでしょう。


見通しがつくことの大切さを、こうした保育雑誌でとりあげてくれる現代になったことを感謝しました。


海を育てていると、学校ではとっても生きやすく配慮していただいてはいても、まだまだ生きていく社会では厳

しい現実に直面したりします。


けれど、少しずつ、少しずつ理解されてきていたんだ・・・と実感することができて、ほんとにハッピーな気持ち

になりました。


特集しているページには、実践している保育園(取材協力園)の写真がいっぱい載っていて、

とてもわかりやすかったです^^。


見通しがつかないことで、不安になってしまう子どもたちのために、どうすることがいいのかと考え、

子どもたちがわかりやすい環境で安心して過ごしてほしいと願い、沢山の手だてをしてくださっている園の子

どもたちは、とっても幸せですね(*^_^*)。


他の国と比べたりしないで、シンプルに日本は日本のスピードで、確実に発達障害への理解が深まっている

ことを素直に喜びたいと思いました。


一人の理解が、また違う誰かに理解され、その理解がまた違う誰かに理解され。

そんな風にして「理解の輪」が広がっていったら嬉しいな・・・。


こんな感じで紹介されていました^^。

b0244274_2314957.jpg


b0244274_23155395.jpg


b0244274_2317725.jpg


読んでいただいて感謝です。
壁面装飾の飾りを作りながら、
やっぱり作ることが好き♪と
実感している私です^^。
いつも応援嬉しいです♪
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
Commented at 2013-02-08 06:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soratoumihouse at 2013-02-08 20:22
鍵コメントのUさんへ
素敵な先生ですね~。その先生のメッセージにも感動しました。
子どもの視点で、子どものことを考えてくださる幸せ。
海も、学校の先生、STの先生・・・と、素敵な先生方に囲まれているので、とても幸せです♪
Commented at 2013-02-08 21:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soratoumihouse at 2013-02-09 01:29
鍵コメントのOさんへ
一般の保育雑誌に、ふつ~うに載っていることに感動しちゃったわ~。
私も、ずっと見ていなかったので、もっと前から特集されていたのかもしれないけれどね~^^。

わかりやすい環境って、本当に大切よね~(*^_^*)。
お仕事は、子どもたちが可愛くて楽しいよ~♪
Commented by yokoyassii at 2013-02-09 10:34
いろんなことが載っているんですね~
我が家にも障害を持つお友達がよく遊びに来るんですよ
お手伝いをいっぱいしてくれるんですが、マークだったり表示だったりがあるとわかりやすいですね
末っ子ちゃんにも便利そう、勉強になりました(^^)
Commented at 2013-02-09 14:19
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soratoumihouse at 2013-02-09 17:29
yokoyassiiさんへ
障害にもよりますが、遊びに行かせてもらえたり、呼んでいただいたりするお宅はなかなか少ないのが現実なので、yokoyassiiさんのお宅は、なんて素敵なのかしら~って、微笑ましく読まさせていただきました^^。

私が幼稚園で働いていたころには、こんな特集はまず載っていませんでした。そう思うと、本当に嬉しくなってしまいます。
私も、海を授かったことで、わかりやすいことの大切さを学ぶことができました♪
障害児だけでなく、小さな子にも見てわかるということは、とっても気持ちがいいことですよね~♪
自立にもつながりますしね^^。いいことばかりですね^^。
Commented by soratoumihouse at 2013-02-09 17:39
鍵コメントのKさんへ
はじめまして。
ブログを読んでくださって感謝です。
そして、励まされるメッセージに勇気をいただきました。
海も大変なことはいっぱいだけれど、頑張ろう!という気持ちにさせていただきました。l
ゆっくり、ていねいに・・・ですね^^。

そして、保育園の繫がりの話に感動しました。
どの保育園も、こうして支援のありかたが浸透して、少しずつ障害をもった子達が過ごしやすくなっていっていることが、とっても嬉しいですね。

コメント嬉しかったです。
ありがとうございました(*^_^*)。
by soratoumihouse | 2013-02-08 00:01 | わたしのこと | Comments(8)