心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

信じているから、悲しみをさらけだせる

昨日、始業式で海の学校に行き、海と一緒にクラスに入り、私も先生方に新年のご挨拶をしました。

担任の先生と目が合って、思わず「先生~!(会いたかった~)」と海以上に満面の笑みの私だったと

思います(笑)。


先生と毎日のように、荒れ荒れ海くんの話をして、沢山の愛情とアドバイスをいただいていた私。

冬休みに入るときも、情けないけど、先生に会えなくて不安になるというのは初めてでした。


いつも、お休みに入るときは、もう少し明るい気持ちでいられるのだけれど、今回ばかりは、

なかなか重いテーマの問題を抱えた(愛着の形成)ので、ジェットコースターに私一人で乗って、

心は急降下したまま、先生とお別れしてしまったんですよね。


休み中に、2度ほど、ド~ンと落ち込んで、そのときの素直な想いも綴っておこうとブログに残しました。

きっと、あとで読み返したら、そのときの自分の考えや成長の跡を辿ることが出来るから・・・。


(愛着の形成のことの記事、「私、お笑い芸人目指します!」と「母の成長期」です。)

この記事を書くことで、先生が気にしてしまわれるかしら・・・と一瞬悩みましたが、

何度も何度も沢山相談にのっていただいて、心から信頼し、『心』を中心にした考え方が、

同じ方向を向いている先生なので、きっと大丈夫・・・おちた私も含めて応援してくださる先生だと信じて、

記事を載せました^^。


そうしたら、先生も、まったく同じ想いで、私のことを想っていて下さったのです。

久しぶりに私の顔を見た先生は、私のところに来て下さり、(ブログを読んでくださっているので)

「お母さん、ごめんね。私が言ってしまったことで傷つけてしまって・・・。

でも、お母さんだから話せたんだよね。」そう言って、涙を流しながら、私に話してくださいました。


「謝らないでください。確かにショックでした。過去に戻ってやり直すこともできないし、正直どうしていいかも

わからないし、海の爆発がこの先も出るんだと思ったら、苦しくなってしまった。

(こんなに、こんなに愛してきたのに・・・って。)

でも、先生に色々相談して、話していただかなかったら、私は(違った角度から)考えなかった。


確かに、ブログの記事通り、私の心がおっこちてしまったときがありました。

でも、先生に話していただいたことを心に留めながら、今まで通り愛しながら、困ったら先生に頼りながら

頑張ろう!って思えるようになったから、もう大丈夫です。


私の方こそ、記事に書いて、先生に心配をかけてしまってごめんなさい。

でも、私も、先生だから信じて書けたんです。」と、私も涙ながらに話しました。


二人で、同じ想いであることを確認して、先生は、私の愛情が間違っているのではないことを、

もう一度私に伝えてくれました。


最初、終業式の日にも、先生は、ちゃんとそのことを話してくださっていました。

丁寧に、いっぱい愛情を育ててきたんだけれど、海に伝わっていない部分があるんだと思う ということ。


でも、私は、自分が愛情をいっぱい注いできたのに、伝わっていなんて・・・ということが、

何よりショックに感じてしまったんですよね。


そして、冬休みに入ってしまい、先生と相談したり、話したりできなくなってしまったことで、

先生に心配かけてしまって、申し訳なかったな~と思いました。


子どもを愛し、同じように親のことまで、愛してくださる先生。

辛くなるような内容でも、子どもの未来のために、マイナスに考えるのではなくて、

どうしたら、海の抱える問題を、改善していけるか一緒に考えていきたいと思ってくださる先生の熱い想いに、

胸がいっぱいになってしまいました。


子どもの成長を、ただ褒めて確認することだって、しようと思えばできる。

でも、子どもの生きづらさを、少しでも生きやすくしてあげたいと、ときには、親にとって厳しいと感じることを

言っていかなければならない先生の深い愛情を、私は、うんと感じています。


それを伝えることが、どれほど勇気がいることか、想像したら痛いくらいわかるから。

だから、心から先生を深く信じることができるのだと思います。


担任の先生をはじめ、今まで海と関わってくださった沢山の先生方や、海を支えてくださる方々の愛情が、

海の生きやすさに繋がり、私の生きる力になっていることは、間違いありません。


たまたま、海は、去年ぐらいから荒れることが増えてきたので、今までは、そこまで深く先生に相談しなくても、

何とかなっていたんだと思います。


先生を信じることができるって、最高に幸せですよね。


学校に行って、迷うことなく相談できる先生がいてくださること。


涙を流しあって、想いを伝えられる先生がいてくださることに、感謝の想いでいっぱいです。


読んでいただいて感謝です。
誕生日ケーキに、おもち・・。
また、今月、海の誕生日があります。
私がおもちになりそうです(>_<)。
応援クリック励みになっています。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
Commented at 2013-01-10 19:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ぶにゃん at 2013-01-10 20:04 x
本当に素敵な方ですね☆
長い人生の中でココロとココロが通じ合える人と巡り会えるのは貴重な事。
一緒に悩んで一緒に泣いて一緒に喜んでくれる先生と巡り会えた。
人生の素晴らしいプレゼントですね☆
私も息子の担任の中に0歳から見て頂いてる先生が居るのですが、必ず会うと『ママ大丈夫?疲れてない?』と言ってくれて、つい何でも話しちゃうんですよね(^_^;)
今の息子がどうやったら生きやすい毎日になるかをいつも考えてくださって感謝しても足りない位。
でも進級する4月からは持ち上がりは多分無いと思います(。-_-。)
正直、スゴく不安です。
先生は残りの日々で他の先生方にも、もっと息子を理解してもらえる様に頑張ってくださってます。
でも母が寂しくって(T ^ T)
ダメですよね〜(^_^;)
Commented by soratoumihouse at 2013-01-10 21:46
鍵コメントのPさんへ
本当に感謝することばかり。
先生とは、性格も全然違うけれど、根底に流れているものが同じなんだと思う。だから、心から信頼出来るんだよね。感謝よね。
私も、Y先生のことを思い出してしまうわ~(*^_^*)。
Commented by soratoumihouse at 2013-01-10 22:02
ぶにゃんさんへ
そうですね^^。先生との出逢いは、人生のプレゼントですね。
息子さんの先生も、素敵ですね~^^。
気さくに声をかけてくださるだけで、心がほぐれていきますよね。

子ども達のことだけだって、忙しい毎日の先生。
そんな中、母親の身体や心のことまで想って下さる先生方には、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。

今まで出逢った空の先生、海の先生との素晴らしい出逢いのおかげで、私の人生観も豊かにさせていただいたように思います。

母が寂しくなる気持ち、本当にわかります。
これから離れてしまうときが訪れても、ずっと繋がらせていただきたいな~と心から願ってしまいます(*^_^*)。
by soratoumihouse | 2013-01-10 00:29 | わたしのこと | Comments(4)