心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

母の成長期

冬休みが始まりました。

週末で、パパもいてくれるので、心強いです。


あまり意識しないように、普段通りの生活を心がけながら、ユーモアの精神を忘れないようにって、

自分に言い聞かせながら過ごしています。


それでも、生活のちょっとした隙間に、胸が苦しくなります。

気にしないように・・・って思っていても、「愛着の形成」のことが私を襲ってくる。

想像以上に、ショックだったんだな~って、悲しいけれどリアルに感じます。


まだまだ、お笑い芸人の道は遠いけど、無理しても身体によくないから、

ダメなときは、ダメなままで、自分自身を受けとめようと思います。


海が生まれてきてからのことを思い出しても、どんなに丁寧に思い返しても、

可愛くて、可愛くて、毎日、毎日、抱っこして、撫でて、キスをして、可愛くて仕方ない想いを声にも出して、

伝えてきた。


他にどうすることが良かったのか・・なんて、今の私には考えられない。

今は、確かに、デイサービスも、毎日のようにお世話になっているし、それがいけないと言われたら、

それまでだけれど、私は、デイサービスの存在が、海にはとても大きな存在と感じています。


幼児期(年中)までは、ほとんどヘルパーさんも頼ることなく、ほぼ私と過ごしてきた。

私が、体調を崩して、海が年長の頃は、ヘルパーさんに沢山お世話になってきたけれど、

学校が終わってからの2時間くらいまでで、それ以外は、私のできるすべてで、精一杯、

海と楽しく過ごしてきたつもりです。


それからは、学校のあとにヘルパーさんと過ごしてもらったり、去年からデイサービスに放課後、お世話に

なっているけれど、学校でもない、家庭でもない、そんな場所で自分を想ってくれているスタッフや、

学校の友達とは違う子どもたちと過ごすことは、将来のことを考えても、海にとって、

とても大切な居場所になっていると感じています。


「愛着の形成」が、今の海の荒れ方に影響していることなのかもしれない。

母として、全否定されたような悲しみでいっぱいになってしまう。


あ~、ダメですね。

今日は、いえ、さっきから急におっこちてしまいました。私が・・・。


こういうことはしてる?

こんな風にしてあげてきた?

こうしてないことがいけないんじゃない?


そんな言葉が、誰にも言われていなくても、私に突き刺さってきて、苦しい。


私は、愛してる。

それが上手に出来ていなかったのかもしれないけれど、愛してきた。今も、愛してる。


ショックが大き過ぎて、暗闇の中から出口をみつけられたように見えて、そこから抜け出せても、

少し歩くと、また閉ざされたドアがある。


きっと、今、私は母になる為の大きな試練を、神様に与えられているのだと思います。

自分を信じる力。

子どもを信じる力。

信じる力を、自分の中に育てるための今。


心が、大きな声で叫んでる。

愛してきたの。愛してきたの。愛してきたの。

愛してる。愛してる。愛してる。


読んでくださった方を、またもや重い気持ちにさせてしまってごめんなさい。

きっと、今、私は「母の成長期」。

そう信じたいと思います。


海が、パソコンでスヌーピーのオークションを見たいと、ずっと見ていました^^。

私が、パソコンに向かっているときみたいに、ファイヤーキングのお皿をコースター代わりにして、

お気に入りのスヌーピーのコップにココアを自分で作って、飲みながら幸せそう^^。

「お母さんみたいだね!」と言ったら、にっこにこでした(*^_^*)。

b0244274_13101040.jpg


読んでいただいて感謝です。
今日は、毎年恒例の
クリスマスパーティーに行ってきます。
楽しんできます(*^_^*)。
応援クリックいつもありがとうございます。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
Commented by 応援してます at 2012-12-23 14:21 x
はじめまして。高機能自閉症の五歳男児のママです。海くんの行動、息子と重なり、育児の参考にさせていただいています。
素人の意見ですが…今回の愛情の話、海くんに言葉で[ママは海が1番好きだよ]って何かにつけて言ってみてはどうでしょう。空くんが聞いていない時には特に[1番]とか[海だけが好きだよ]とか言ってみてはどうでしょう。
息子が四歳の時、妹が産まれてしばらくした頃、とっても荒れたんです。
毎晩抱きしめながら、ママは○くんが1番好きだよ!を繰り返しました。もちろん本心は2人とも好きだよ…ですが、ここではあえて、[だけ]とか使って。そしたら徐々に落ち着きを取り戻しました。今も、荒れてるな?っていう時はその手を使っています。なかば[落ち着いて~!]というおまじないのように。
すでに実践されていて参考にならないかもしれませんが、今日のブログを読んでいたらママが苦しそうで、たまらず、生まれてはじめて(笑)コメントを書きました。
応援してます。海くんの後ろ姿、かわいいですね。男の子って、可愛いですよね。
Commented at 2012-12-23 18:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-12-23 22:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by きーこ at 2012-12-23 23:26 x
海君ママさんへ

ご自分を責めないでください・・・

そのとき、そのときで、一番良いことをなさって来たと思います・・・

子育ては、人と比べるものでもないし、正解は、いくつもあっていいし、

海君ママさんは、精一杯の愛情で、育てていらっしゃる・・・

まじめすぎるほど、精一杯で・・・(笑)

無理かもしれないけど、あまり、ご自分を責めないで・・・

最近、知った言葉のお裾分けします・・・

わたしたちの人生は、[優れた方との邂逅(かいこう)によって

決定される]と・・・

邂逅とは、出逢いかな・・・

海君も海君ママさんも、空君も素晴らしい先生と出会っていらっしゃる・・・

それだけでも、恵まれている・・・

悩んでいるお母様が多い世の中、滅多にいない、先生方ですよね~

どうか、どうか、自信を持って、前に進んでくださいね。

他人が苦しみもわからないのに、勝手なコメントを書いて

すみません。

明日は、クリスマス・イブ・・・外は寒いけどお家の中は暖かい・・・

今夜も海君、空君、ママさんに想いを馳せてお祈りしています・・・

海君のパソコンに向かっている、後ろ姿、可愛い・・・なんだか、いいな!
Commented by miho at 2012-12-24 01:24 x
お気持ちを思うと胸が苦しくなります。

子育ての底辺は子供を《愛している》という心だと思っています。

見返りを求めない愛情を注げるのも我が子だからこそ、注いで注いで溢れてもまだ注ぎ続けることが母の愛、母性だろうと思います。
愛してきたって思えるのは、本当に心から愛して育てて来られたから。
だから、思い悩まないでくださいね。

私もふと思い返すと本当に愛してきたかしら…と思うこともあるけど、そのときそのとき心から愛してきたし、愛してるから叱りもしたし、愛してるからときにはイライラしたことだって(*^_^*)

まだまだ小さな子供に愛情が伝わりきり、そのことが子供の表面に出てくるなんて私には思えません。
それだけで愛情を注ぐ方法が間違えていたなんて…そもそも愛情に注ぎ方や方法なんてないんじゃないかな…って思います。
海くんを一番大切に思っているお母さんが注ぐ愛情なら、間違いなんて絶対ない。
それは今すぐじゃないかもだけど、年月を重ねて子供の心にしっかり根付いていくものだと思います。

海くんも空くんもお母さんの愛を胸にいっぱい溜めているところだと思います。

何が言いたいのか…うまくかけなくてすみません^_^;

Commented at 2012-12-24 06:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soratoumihouse at 2012-12-24 10:41
応援してますさんへ
はじめまして。
ブログを読んでいただいて感謝です。
そして、ブログへの初コメントを、このブログにしていただいて、ありがとうございました(*^_^*)。

アドバイスありがとうございます^^。
生まれたときから、「もう~、大好き!」「可愛いな~!」とスキンシップしながら常に言ってきましたが、特別感を出してはいませんでした。
子どもも、ときにママを独占したい気持ちになったりするかもしれませんね。
海にとっておまじないになるような言葉だったり、行動だったりの対処法を、ゆっくり探していきたいと思います。

あたたかいメッセージをありがとうございました。嬉しかったです!
Commented by soratoumihouse at 2012-12-24 10:45
鍵コメントのTさんへ
クリスマスパーティー楽しんできました(*^_^*)。
どうもありがとう!

そうね、原因は先生もおっしゃっていたように一つじゃなくて、もちろん一番の苦しみの原因は、自閉症という障害故のものだから、あまり自分を追いつめないようにしなくっちゃね。

不安にはなったりするけれど、やっぱり可愛くてしかたがないの。
きっと、愛情は伝わっているって、信じようと思います(*^_^*)。
Commented by soratoumihouse at 2012-12-24 10:52
鍵コメントのUさんへ
パーティー、エンジョイしてきました^^。
心配かけちゃってごめんね。

どんな原因かは、正直誰にもわからないけれど、根底に「自閉症」であることの苦しみがあることだけは間違いないから、その部分をまず理解したうえに、その時々に海が求めている愛情を与えていけたらって思ってます。

でも、無条件の愛情は、ずっと注いできたつもりなので、それは、これからも変わらずにね^^。
Commented by soratoumihouse at 2012-12-24 11:04
きーこさんへ
ここ最近は、読まれていて、重い気持ちにさせててしまうような記事ばかりで、ごめんなさい。
でも、それが、今の私で、今の海で・・・。
みんな、悩みながら、ときに涙が出るような幸せをいただきながら、子育てをしていくんですよね。

愛情も、自閉症という障害故に、うまく伝わらないこともあるんだと思います。
でも、障害のあるなしにかかわらず、無条件での愛情は、これからもずっと変わらず注いでいこう。
うまく伝わらなくても、一方的かもしれないけれど、自信をもって、愛情を注いできたと、これからも言えるように・・・。

きーこさんの素敵なメッセージを胸に、出逢ってきた沢山の方の支えに感謝して、これからも悩みながらだけれど、進んでいきたいと思います^^。

これからも、こんな私ですが、どうぞ宜しくお願いいたします(*^_^*)。
Commented by soratoumihouse at 2012-12-24 11:15
mihoさんへ
あたたかい優しさと励ましのメッセージをありがとうございます。
読んでいて、胸があつくなりました。

海が自閉症であることが原因で、なかなか伝わらないものも沢山あると思うけれど、親としての愛情は、障害なんて一つも関係ないですものね。

海をみていると、本当に一つ一つが消化できないまま、どんどん進んでいってしまうことに、苛立ったり、苦しんだりしていて、本当に辛いだろうな・・って思います。
出来る限り、消化させてあげたいと思いますし、でも、全部思うようにならないことも覚えていってもらわないといけなくて・・・。
そんなときに、必要なものって、愛情しかないんだろうな・・って思います。

mihoさんがおっしゃってくれたように、今、いっぱい愛情を溜めてくれていると信じて、今までと同じように愛を注いでいこうと思います。
励ましていただいて、嬉しかったです。ありがとうございました。
Commented by soratoumihouse at 2012-12-24 11:25
鍵コメントのaさんへ
ブログを読んでくださり、感謝です。
とても勇気づけられました。

今回は、対処の仕方とか、そういうことではなくて、愛情ということがテーマにあがってきたので、想像以上に堪えてしまって、つい悪い方へと考えてしまったんですよね。

でも、本当のところの原因は、誰にもわからないし、私が注いできた愛情は、ただただ、自分の子を愛する親としての愛情だって思っています。
その愛情を否定する必要はないですものね^^。

頑張り過ぎないように、子どもの笑顔をいっぱいみたいから、信じていこうと思います。

それにしても、パパさんの突っ込みが素敵!
ユーモアのある明るい家族であれるように、いっぱい笑っていきたいですね^^。
Commented by あず at 2012-12-24 21:40 x
ブログ、読んでて、海君ママいつもえらいなあって、改めて思いました。私も、冬休みに入って、息子に手を焼く毎日で、いろんなことを反省したりもするんだけど、なんか、もういい加減疲れちゃったときとか、「もう、お前なんか、愛してなんかいないわっ!」って思いますもん。(多分、今までも、そういう育て方をしてきたと思う・・)

でも、子供なんざ、いえ、親なんて、みんな似たり寄ったりなんじゃないかと思うんですよね。だって、みんなキャパシティに限界のある人間なんだから。

親として、この子のために何ができるかって考えると、自分が折れてしまわないこと、この子を見放さないってことだと、私は思う。
最後の最後に、気持ちが一筋つながっていること。それが必ず、息子を救う。
最後の一筋。伝わっていてもいなくても。それでいいんだって、私は思います。


Commented by soratoumihouse at 2012-12-25 22:02
あずさんへ
気持ちが一筋つながっていること・・・という表現が、とても素敵だな~って感じました。そして、その通りだな~って思いました(*^_^*)。

私も、海の感情の波の強烈に激しい時期が、一年に何回かあって、その時期は、「しつこいよ~!もう、やめて!」と怒ったりもします。
そんな、感情をぶつけられるのも、親子だからだし、それでも元に戻れるのも親子だからなのでしょうね(*^_^*)。

無理せずに、自然体でいることが、意外と難しいけれど、大切なことなんですよね^^。
自分自身の心や身体も大切にしていこうと思います。
それが、子どもへの愛情でもありますよね♪
気持ちが楽になりました^^。ありがとうございました。
by soratoumihouse | 2012-12-23 13:16 | わたしのこと | Comments(14)