心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

悲しみは、同じだけ

海は、デイサービスも利用していますが、移動支援というサービス(ヘルパーさんと、1対1で、一緒に遊んで

いただいたり、移動を支援していただいたりするサービス)も利用しています。


昨日、ヘルパーさん達と、話す時間がありました。

海が幼稚部のころから顔見知りだった女の子(学校は違います)も、一緒の事業所を利用しています。

デイサービスではないので、基本的には、それぞれ、頼む時間も、曜日も違うし、行動も、もちろん別々です。


けれど、時々、同じ曜日の、同じ時間帯に頼んでいることもあるようで、そんな時は、たまにですが、

一緒にでかけて、遊ぶこともあったようです。(もちろん、ヘルパーさんは、それぞれについて下さる)


海は、知的な遅れのある自閉症児です。

その女の子は、自閉症ではなく、違う障害をもったお子さんです。


彼女のお母様と知り合いで、時々、ばったり会って、話すくらいなのですが、いつ会っても、

その娘さんは、とっても、ひとなつこくて、いつも、ニコニコ^^で、可愛いのです。


彼女は、海のことも、海が小さい頃から、気にいってくれて、海と一緒に遊びたくて、

そばに来てくれるのですが・・・海は、どうしても、寄って来てくれる彼女から、逃げて行ってしまいます。


何度か、偶然、会った時にも、同じように、彼女は、海のそばに来てくれるのですが、

どうしても、ダメで、逃げてばかり。

逃げると、遊びたいと思ってくれている彼女は、笑顔で海を追いかけます。

でも、海は、逃げてしまうのです。


少し前も、移動支援でお願いしていたとき、彼女と一緒に遊ぶときがあったそうです。

彼女は、海を追いかけて、海は、やっぱり逃げてしまうんだそうです。

それでも、彼女は、諦めずに、海を追いかけるけれど、海は、逃げてしまう。

そして、ついに、彼女は、泣いてしまったんだそうです。


そんなエピソードは、もちろん、知らなくて、初めて聞いたのですが、聞いてしまうと、

彼女に、可哀想な想いをさせてしまったな~と心が苦しくなります。

一緒にいたヘルパーさんだって、可哀想に・・・と心を痛めたことでしょう。


でも、私は、海の親として、ヘルパーさんに感謝をするのは、そこで、無理やり、海に逃げることを

止めさせようとしないでいてくれたことです。


海は、コミュニケーションを上手にとることが、苦手な障害です。

うんと、小さな頃から、追いかけられることが、特に、苦手でした。

相手のお子さんは、みんな、好意をもって、近づいてきてくれるのですが、

本当に、申し訳ないけれど、泣いて逃げることも、多々ありました。


人は、好きなのだけれど、特に小さい子は、勢いよく寄ってくるので、余計に海には、辛いんですよね。

海が、どうして、逃げるのかはわかりません。

でも、きっと、怖く感じたり、何をされるんだろう・・と不安に感じたり、どうしていいのか、わからなかったり、

自分が、今、したいことを、いきなり邪魔されてしまう感覚になるのかもしれないし・・・

本当のところの理由は、わかりません。


でも、嫌なんですよね。

どうしても・・・。

親からしたって、にこやかに、人の好意を受け入れて、仲良く、言葉はなくたって、

遊べたり、コミュニケーションがとれたら、どんなに、素敵だろう・・・って思います。


「ごめんね・・・。」と何度、公園で、謝ったことか・・・。

それでも、だいぶ、人に興味を示して、自分と、本当に気の合った子と、汗だくになって、

追いかけごっこをしたりするようになり、成長したな~と感じています。

こういう時は、もちろん、辛いのではなく、楽しいのです。


でも、今でも、追いかけられることが、苦手なときも多いです。

でも、なかなか、「やめて」と言いだすことが出来ません。

学校とかだと、言えることも多いのかもしれないけれど・・・(わかりませんが)

逃げることでしか、想いを表現できずにいるのです。時には、今でも・・・。


もし、私が、泣いてしまった彼女のお母さんだとしたら、切なくて、たまらなく悲しい気持ちになるでしょう。

お母さんじゃなくたって、「ごめんなさい・・・悲しい気持ちにさせて・・」と思います。


でも、忘れてはいけないこと・・・。

海も、辛くて、悲しい気持ちなんだっていうこと。

彼女と同じくらい、辛かったということ。

そういう障害なんだっていうことを、親の私が、誰よりも理解して、寄り添ってあげたいなって・・。


嫌そうに、辛そうに、逃げる姿を見たい親なんて、きっと、いません。

人なつっこく、にこにこと、仲良くなれたら、そんな幸せなことはありません。

そういうことが苦手な障害じゃなかったら、みんなに可愛がってもらえるのかな・・・なんて、

自分が壊れていたときは、思ってしまったことも、何年も前にありました。

もちろん、今は、そんなこと、全然思いませんが^^。


前に比べたら、「やめて」と言えることもある。

本当に、楽しんで、追いかけっこで、遊べることもある。

でも、見極めなくてはいけないのでしょう。

もう、言えるんだから・・じゃなく、

もう、楽しんで、遊べるんだから・・じゃなく、


本当は、楽しんでいるのか?

本当は、悲しんでいるのか?・・を。

表情を見ていると、とってもよくわかるから・・・。


泣いてしまった彼女も、逃げた海も、悲しみは、同じだけ・・・なのだと思います。

そう、思ってあげたい・・・と思うのは、海の親だからなのかな・・・とも思うけれど・・・。

そう、思ってあげたいです。


海は、彼女から、ずっと、逃げてきたけれど、つい、最近、逃げないで、遊べるようになったんだそうです^^。

時間は、かかったけれど、そんな時が来るんだな~と、ヘルパーさん達から聞いて、嬉しく思いました。


彼女が、海の辛さを、なかなかわからないように、海も、彼女の辛さを、なかなか、わかってあげられません。

そんな、それぞれの障害を抱えてはいるけれど、そこに支援してくださる方の心の目で、見て、

心の動きに気づいていただけることによって、交わらないであろうと思っていた関係も、進展し、

交わっていけることを、学んだような気がします。


そして、また、思いました。

やっぱり、無理をさせないことが、一番いいって・・・。

気持ちを、いっぱい受容してもらえると、いつか、そこから一つ先に進もうと、足を一歩前に出す。

その為の力を、受容してもらうことで、蓄えているんだって・・・。


甘やかすことと、受容することは違います。

いっぱい、海の気持ちを、受容していってあげたいなって思います(*^_^*)。


読んでいただいて感謝です。
明日は、金曜日~!
海が、週末だけ、戻ってきます^^。
わ~い!わ~い!
応援クリック励みになっています。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
Commented by ぶにゃん at 2012-10-05 19:46 x
甘やかす事と受容するコトの違い。
考えさせられます(。-_-。)
私も周囲のお友達からは必ず遅れてしまう息子には、つい手を出し過ぎてるのかもしれません。
明日はそんな息子の運動会☆
みんなと一緒が苦手だけど、彼なりに楽しんでくれたらと思います。
海ママは週末、海くんをこっそりクンクンしてくださいね( ´ ▽ ` )ノ

Commented by pink at 2012-10-05 20:35 x
海くんかえってきましたね。

うみくん

三日間頑張ったね!週末沢山甘えてねといってあげたいけど、ママも普通にですもんね。

三連休ありったけの心の中に秘めた愛情で、普通に楽しく過ごせたらいいですね。
うみくんがおうちでリッラクスが大切ですもんね!
Commented at 2012-10-05 20:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soratoumihouse at 2012-10-05 22:06
ぶにゃんさんへ
甘やかしと受容って難しいですよね~(^_^;)。
海は、気持ちを理解してほしい・・と感じることも多いので、思い通りにはしてあげられないことでも、とりあえず、そうしたかった・・という気持ちはわかるよ~と、まず、言ってあげることが大切なのかな~って思います。

明日、運動会なんですね~^^。
みんなと動きが一緒じゃなくても、楽しくできたら、それでいいって思ってくれている、温かいママの気持ちは、きっと、息子さんに届くと思います。
いっぱい、息子さんの笑顔がみられる運動会になることを、心から祈っています(*^_^*)。
週末、いっぱい、クンクンしちゃいま~す♪
Commented by soratoumihouse at 2012-10-05 22:11
pinkさんへ
帰ってきました~^^。
むふふ・・・。可愛い♪
でも、ちゃんと、普通を頑張ったよ~(笑)。
子どもの笑顔が、家の中にあるって、とっても幸せなことなんだな~って実感しちゃいました^^。
3連休、いつも通りで、楽しもうと思いま~す。
Commented by soratoumihouse at 2012-10-05 22:20
鍵コメントのUさんへ
いいえ~、どういたしまして^^。
気持ちもスッキリしたみたいで、良かった~♪

受容してあげるとき、こちら側の精神状態も大きく影響するよね~。
穏やかな心で、受容できるママでありたいね~。難しいけど・・(笑)。
でも、その想いは忘れないようにしていきたいね~。

受容したあとの、成長の一歩を楽しみにしていこうね^^。
by soratoumihouse | 2012-10-05 00:05 | 海のこと | Comments(6)