心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

「失敗しない僕がいい」から「失敗してもいい僕」へ

最近、海は、ちょっとトイレが近くて、精神的なことかな・・と思ったり、気になっていました。

今日も、学校に着くなり、トイレに駆け込みました。

「お○んちん、痛い?」

「う~うん、痛くない・・・」

海は、今までに、2,3回か、お○んちんに、ばい菌が入ってしまい、腫れてしまい、おしっこをするのを

ものすごく痛がってしまい、病院にお世話になりました。

それも心配で、昨日も、痛くないかと聞いたら、痛くないと言うので、やっぱり精神的なことかな・・と。


けれど、夕方、「痛い、痛い、痛い・・・」と訴える海。

「どうした?どこが痛いの?」と聞くと、お○んちんを指差しています。

慌てて見ると、お○ちんちんが、ものすごく腫れてしまっています。


「ぎゃ~、大変!海、痛かったね。気づいてあげられなくて、ごめんね。」

すでに、あと5分で6時。

慌てて、やっている泌尿器科の病院を探して、6時半までやっている病院へ、車で向かいました。


病院に着いたのが、6時20分。

ドアには、受付終了の文字が・・。

でも、もう、他の病院もどこがやっているかなんてわからない。

頼み込むしかない。


ドアを開けて、受付の方に事情を話してみたら、先生に聞いて下さって、診ていただけることになりました。

何回も、お礼を言いました。

初めての病院で、問診表に記入したあと、(色々、海に質問されるだろうと思い、今回は、問診表の空いた

スペースに、知的な遅れのある自閉症児なので、上手に説明することができません・・と書いておきました。)


その後に、尿を採るように言われ、海とトイレへ。

でも、痛がって、痛がって、5滴くらい出すのが限界でした。

(ごめんなさい、あまりきれいな話じゃなくて・・・)


名前を呼ばれ、診察室へ。

そのわずかな尿から、細菌がいっぱいみつかったことを、まず報告されました。


そして、診察台へ上がるように言われ、海を寝かせ見せました。

「こりゃ~、ひどいな。おしっこする穴が見当たらないくらいになってしまっているよ。

どうなってるんだ?おしっこ出てないでしょう?」


確かに、海が、一人でおしっこを出来るようになってからは、一緒にトイレに入る訳ではないので、

おしっこをするところを見ていません。

でも、音は聞こえてきたし、昨日くらいから、悪化してしまったのかな・・・

週末、パパもお風呂で、見ていましたが、そんなに腫れてる様子はなかったようです。


以前、行った病院でも、いつか、手術しないといけないでしょう・・と言われました。

(すっぽり被ってしまっているので・・・。)

でも、そうなると全身麻酔になるかな・・・ということで、今すぐどうなってしまうことではないので、

海が、もう少し大きくなったらがいいと思うという結論に至りました。


そして、今日行った、病院でも、やはり手術しないとダメだと言われました。

今日の病院では、今すぐではなくても、早めの方がいいかなということでした。


海のふさがった入口を、とにかく開けてやらないと、おしっこが出ないから大変だと、

何とかピンセットで、先生が開いてくれようとしてくれているのですが、

海にしたら、きっと麻酔なしで、切られているくらい痛かったんだと思います。


病院の外にも聞こえそうな声で、「ぎゃ~~~~~」と叫び、私は、もう見ることも出来ませんでした。

麻酔が出来ないか、聞きましたが、出来ないようで(泣)、海の叫び声に、涙が出そうでした。

叫びながら、海は先生にお願いをしました。

「お願いします。お願いします。もう終わりにしてください。ぎゃ~~」そして、手を合わせています。


もう、可哀想で、可哀想で、私まで泣き叫ぶ海を見て、早く終わりにしてやってください・・と

心の中で、叫びました。


とりあえず、血も出ていましたが、おしっこが出るように、少しだけ開いてくれました。

海は、震えて泣いていました。

私は、抱き上げ、「頑張ったね、偉かったね、痛かったね、怖かったね・・」と海を抱きしめました。


お○んちんの中に、ばい菌がいっぱい入り、膿もいっぱい溜まってしまっていて、

腫れてしまっているんだそうです。

気をつけて、みてあげないと・・・と注意をされました。


本当に、その通りです。

この頃、海は、隠さなくていいようなことも、多分、指摘されたりするのが嫌で、言おうとしません。

なので、痛みも我慢していたんだと思います。

何回も、「お○んちん痛い?」聞いて、「痛くない」という海の返事を、そのまま鵜呑みにしていました。

トイレの回数が多いなと感じたときに、きちんと確認するなり、病院へ行くべきでした。

痛くないんだから、精神的なことかな・・・と勝手に判断していました。


こんな可哀想な思いをさせてしまいました。

麻酔もなしで、あんなにこじ開けられたら、激痛なことは、誰にでも想像出来ます。


海、ごめんなさい。

お母さん、もう少し、しっかりしなきゃね。


細菌を殺す抗生物質と、塗り薬をもらい、細菌の検査結果が出るのが、来週以降なので、

それまでに、なんとか腫れがひいて、痛くなくおしっこが出るように、祈るのみです。


海とは、言語で会話が出来ます。

でも、今日、海の担任の先生もおっしゃっていましたが、海は、失敗したくない。

決して失敗ではないことも、失敗してしまった・・・と感じてしまうんですね。


それが、最近は、自分でそうならないように、少しでも、指摘を受けないようにと、

護ろうとしているんだ・・と思いました。

だから、結果、言わなかったり、隠そうとしたりするんだ・・・と。


言語でコミュニケーションがとれようになったからと、安心してはいけないんだ・・・と痛感しました。

先生が、お話してくださいました。

海くんが、お母さんに、何でも話せるようになるために、(海は、今、特に失敗しないでいきたいと

感じているから)自分が、決めたことを、命にかかわらないことであれば、とにかく認めてあげよう。

正論で、間違っていてもいいと語りきかせるのではなくて、体験から気づいてもらいましょう・・と。


海は、独特の感じ方で、物事を捉えます。

それは、きっと私達には想像出来ない緊張感なんだろうと思います。

「失敗しない僕がいい。」そう願えば願うほど、緊張が強まります。


お母さんも頑張る。

先生も、一緒にやっていきましょう・・っておっしゃってくださった。

「失敗してもいい僕」を、受け入れられるように。


とっても、とっても、海には難しいことなんだと思うけど。

その難しさを、少しずつ乗り越えられたら、ピンピンに張った海の緊張の糸が、複雑に絡まった糸が、

優しく解けていくと思うから・・・。


痛くて、怖かった海の心と身体が、早く癒されますように・・・。

寝ている夜の間は、どうぞ、痛みから解放してあげてください。

祈ることしかできない母です。


読んでいただいて感謝です。
海、頑張りました。
応援クリック励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
Commented at 2012-09-04 07:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by うーわあ at 2012-09-04 13:57 x
それはそれは本当に痛かったことと思います。読んでるだけで震えがきました。海君も本当につらかったね、ママさんも外で聞いているのが本当にこれもまたかわいそうで辛かったことでしょう。


失敗しない僕がいい。指摘をうけないように緊張に包まれているんですね。
その緊張を思うとどれほど、ぎゅっと固まった海君の心を
温めときほぐされるように祈るばかりです。

腫れがひき、排尿もスムーズにできますよう早く良くなることを祈っています。


Commented by メイプルツリー at 2012-09-04 16:32 x
もう読んでるだけで、痛さが伝わってきたよ。
本当に可哀相だったね・・・。
早く良くなるといいね。

「失敗してもいい僕」

前にみていたMちゃんとの格闘もそこだったよ。
教室に入る前に、彼女の中での「完璧と安心」を準備して
臨むんだけどね・・・
なかなか難しかった思い出があるよ。

Mちゃんは、天気にすごく左右されたな。
雨の日はドキドキしながら出勤したわ。

でもでも、私にとっては愛しい愛しいMちゃんでした。

6年生の今は、少しずつ折り合いつけることを学んできたみたいで
教室には入れるようになったみたい!

海君本当に頑張った!!!
いつもいつも応援しているよ!!!
Commented by きーこ at 2012-09-04 17:58 x
海君ままさんへ

もう~読んでいて、堪りませんでした。

頑張ったね・・・偉かったね・・・海君

一日も早く良くなるように、祈るばかりです。

しかし、閉まる前のクリニック、本当に感謝でしたね。

失敗してもいい僕として、受け入れてあげたら、

海君の更なる成長につながるのでは?

そして、それが自信に繋がっていくのではないかしら?

海君、お大事にね。

海君、空君、ママさんに想いをはせてお祈りしています。
Commented by soratoumihouse at 2012-09-04 20:09
鍵コメントのUさんへ
ご心配おかけしてしまいました。
本当に、可哀想で、見ていられませんでした。
手を合わせながら、頼む姿が忘れられません。
抗生剤のおかげで、ちょっと良くなりました。ちゃんと、痛いと伝えてくれたので、今日は、いっぱい褒めました。
明日は、学校に行けそうです^^。
Commented by soratoumihouse at 2012-09-04 20:14
うーわあさんへ
昨日の夜は、やっぱり傷みがとれなくて、しかもおしっこが出ないので、何回も起きて、ほとんど寝られず、3時位にやっと寝られた感じの海でした。でも、夕方頃は、抗生剤も効いてきたのか、おしっこもちゃんと出て、一緒に喜びました。痛みもだいぶひいたみたい。
今日も、痛いことをちゃんと言えたので、えらいね・・と褒めて、何とか緊張せず、これからも言えるようになるといいなと思ってます^^。
Commented by soratoumihouse at 2012-09-04 20:26
メイプルツリーさんへ
心配かけちゃってごめんね。
夕方くらいから、だいぶ腫れもひいて、おしっこも出るようになったよ(T_T)。本当に、よく頑張った海だったよ。

Mちゃんの気持ち、きっと海は痛いほどわかるんだと思う。
相手の気持ちに重ねて考えることは、海には厳しいけど・・・。
まさに「完璧と安心」を準備しているんだよね。でも、違った結果になると、パニックになる。
でも、Mちゃんのように、少しずつ折り合いをつけられるようになっていくと信じて、海と向き合っていきたいな・・^^。
いつも明るい未来をありがとうね。
天候も、海たちは大きく影響される子が多いけど、よく考えてみれば、受け入れる側の先生方だってドキドキよね~(笑)。
でも、そうやって、その子の苦手なことや、こうしたい・・という願望を知って、向き合ってもらっていたMちゃんは幸せだね^^。
また、素敵なエピソードを教えてね(*^_^*)。

Commented by soratoumihouse at 2012-09-04 20:40
きーこさんへ
ご心配おかけしてしまいました。
時間を過ぎていたのに受け入れてくださった病院に感謝です。
帰り際も、先生や看護師さん、受付の方に、いっぱいお礼を言って帰ってきました。
昨日は、ほとんで痛みで寝られない海でした。
でも、夕方から、だいぶ痛みもなくなってきたみたいで、おしっこも出て、大喜びしました。もちろん、まだ治ってはいませんが・・・。

失敗してもいいんだよ・・と皆、海に声をかけてくれます^^。
でも、それが、やっぱり耐えられないんですよね。
正しいことにとらわれずに、海のやりたいように(命にかかわることや、迷惑をかけること以外)させてやることが、今の海に必要なのかな・・と先生と話して試してみよういうことになりました^^。
なかなか難しいと思いますが、意識しながら頑張ってみようと思います。
失敗してもいい・・大丈夫・・と海が心から感じることが出来たら、最高に嬉しいです。
そんな報告を、きーこさんに出来る日を楽しみにしています。
Commented by kicchun at 2012-09-04 22:39
それは、痛かったでしょう~~。海くん、最後までよく頑張りましたね。
息子が痛くて泣き叫ぶ姿なんて、見てるこちらも地獄のようなもの。
soratoumihouseさんも、よく耐えましたね!!お疲れ様でした。
KJ.も、「失敗」や「劣等感」に恐怖を感じてるんじゃないだろうかって、
思うくらい、敏感に悟り、やる気をなくすことが、多々あります。
うちも、失敗してもいいんだよって、普段から懲りずに何度も言い聞かせていこうって感じました♪
早く治りますように・・・・!!
Commented by soratoumihouse at 2012-09-05 21:26
kicchunさんへ
あんな叫び声を聞いて、可哀想で、可哀想で、地獄でした。
終わってから、抱きしめてあげることしか出来なかったけれど、海、本当によく頑張りました(T_T)。
KJ.くんも、やっぱり、「失敗」が恐怖なんですね。そして、「劣等感」・・。
これは、海はまだ、そんなに感じていないけれど、KJ.くんは、色々とわかるから、出来ないことが悲しかったり、苦しくなってしまうんでしょうね。
まわりが出来ているのに、自分が出来ないと感じてしまったら辛いものね。
きっと、失敗してもいいんだよって、何度も言ってあげることで、いつか、KJ,くんも、悲しまなくていいんだ・・怖がらなくていいんだ・・と思ってもらえたら嬉しいですね。
根気強く、一緒に頑張っていきましょうね(*^_^*)。
コメントありがとうございました。嬉しかったです^^。
by soratoumihouse | 2012-09-04 00:28 | 海のこと | Comments(10)