心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

なんとかなる。きっと・・・

今日こそは、明るい記事を書きたかった・・・。

途中までは、書けそう♪と思っていたのに・・・。

でも、ごめんなさい。

今日も、辛かったんです。

海がデイサービスから帰ってきて、夕方の宿題をして、今日の絵を描いたところまでは、

にっこにこだったのに・・・。

デイサービスから、せっかくニコニコで帰していただいたのに・・・。


きっかけは、私の返事でした。

以前にもあったように、「お風呂に入ってきてね。いってらっしゃ~い!」と海に言われたので、

「は~い!」と言ってしまったのです。

その瞬間に、「あ~~~~~、なんで、はい・・なんだ~~ギャ~~」

(しまった、はい、じゃなくて、いってきますって言って欲しかったんだ。

でも、この前、色んな返事があることを話したばかりだから、間違えではないな・・・と思いました。)


「はい、は嫌なんだ!行ってらっしゃい~!」と海が言いました。

もう一度、やってもらいたかったのでしょう。

「行ってきます。」と私・・・。


けれど、今日は、これでもダメだった・・・。

「ちがう、ちがう、ちがう~ギャ~」


もう、私は脱衣所で、洋服を脱いでいました。

はあ・・・。

今日はSTの先生もいない・・・。空もいない。パパもいない。誰もいない。


リビングのドアが「バンッ!」と物凄い音で閉まったのが聞こえました。

なんか、叫んでいるのは聞こえてきたけど、お風呂に入りました。

湯船に、ゴボゴボと浸かり、大きなため息を吐きました。


たった一回の、文字にしたら、たった2文字の「はい」という返事が、ここまで海をおとしていく。

それが自閉症だと言われたら、そうなのかもしれません。そうなんだと思います。


でも、これは、この先通らない。

「はい」だけが、こだわりなら、まだ許されるけど、いっぱいあるんですもの。

こう言ってほしい・・・という返事の仕方が・・・。


とっても機嫌がいい時は、海に「どうぞ!」と言われて、「どうも^^!」と返事をしてしまったとしても、

「どういたしまして」と言ってもらいたい海は、私が、「どうも!」と返事をしたことを許すことができ、

自分で、「どういたしまして・・・」と言いなおして、納得しようとすることが出来ます。


これは、とってもラッキーなときです。

たいていは、今日のように、暗くて深い谷底におちていってしまいます。


私がお風呂から出てきたら、空が部活から帰って来ていました(そろそろ帰るとよんでお風呂に入ったので)。

空が、言いました。

「お母さん、海、どうしたの?やばかったよ!お母さんのバカ~!」って叫んでいて、暴れてた。

「うん、なんか、また返事の仕方で、おっこちてしまったの・・・。」


私が、お風呂から出ると、気持ちがどうであれ、海はお風呂に入らないといけないスイッチが入るので、

叫ぼうが、わめこうが、パジャマと着替えをもって、お風呂に行ってしまいます。

空が、慌てて、追っかけるようにして、お風呂に向かいました。

空、ごめんね・・・そんな気持ちに包まれます。


窓が全開に空いている、通り沿いにあるお風呂。

リビングにいても、おそろしい声と、おそろしい音が聞こえてきました。

警察呼ぶ人は、どうぞ呼んでください・・・・

そんな投げやりな気持ちになっていました。


悲しい気持ちで、夕食を作りました。

お風呂からあがってきた空が、げんなりして、私に言いました。

「お母さん、海、ダメだ・・・・。湯船では、足をドンドンするし、お風呂のドアは叩くし、

ぼくをバカにするな~!と大きな声で叫ぶし・・・。言い方が悪かったのかと、海に謝ってみたけど、

ダメだった・・・。今も、脱衣所で、ドンドンしてる・・・。タオルで叩かれた・・・。」


その直後に、「ぼくを、バカにするな~!!」と叫んで、海がリビングに入ってきました。

泣きながら・・・。叫びながら・・・。


大きく深呼吸をして、海に言いました。

「誰も、海をバカになんてしていない。

お母さんは、返事を言い直したよ。それでも海は、怒って、泣いて、叫んだ。

色んな返事の仕方があること、この前言ったよね。

うん、はい、そうだね、そうだよ・・・こんな風に、返事はいっぱいあるの。

どれも正解。

海が言ってほしい言葉があることは、わかるけど、それは、みんな叶えられない。

だから、海には、海が言ってほしい言葉ばかりが返ってくるわけではないことを、覚えていってほしいの。

そして、海に丁寧に、体の洗い方を教えてくれた空に、タオルで叩いたことを、謝って!」


「ごめんなさい」と謝った海でしたが、気持ちはブルーなままです。

暗い夕食を終えたあと、もう一度、海と話して、少し気持ちが落ち着いたのか、

涙も止まりました。


ポロポロ、ポロポロ出る涙に、見ている私も苦しくなります。

ただ、わがままを通している訳じゃないから・・・。

どうして、ぼくはわからないんだろう・・・と自分を責め始める海。

一生懸命、伝えようと、涙をこぼしながら、言おうとするのだけど、

文章がぐちゃぐちゃで、何を伝えようとしているのかが、わかってあげられない。


これが、海を知らない人の前で、今日のような態度や行動をとってしまったら、

なんて、わがままで、乱暴な子なのかしら・・・と思われるでしょう。

そう、思うと、本当に辛いんです。


私は、自分を責めなくていいんだよ・・・と言われたら、そうか・・そんなに自分を責めなくていいんだ・・と

思って、気持ちを楽にすることが出来る。

でも、海は、それが出来ないんですね。

自分で、抑えることが出来なくて、相手の人を悲しい表情にさせてしまったことを、ひどく悲しむ。

そして、何回言われても、どうすることもできない自分を、どんどんと責めていってしまう。

人の表情、声の抑揚、態度を、物凄いセンサーで感じている。


私も、海の荒れ方に、動揺して心を荒げてしまう自分が情けないけど、それが今の未熟な自分です。

でも、海の涙が止まったときに、いつも思います。

やっぱり辛いのは海だということ。


外見からは、行動や言動が伴わなければ、まったく障害がないようにみえる海。

海への対応も、全部海に合わせることがいいわけではありません。

それは、わかっているけれど、外見からは、とても想像できない苦しみを抱えていること。

障害がない人たちと、まったく同じ対応では、当たり前だけど、海には厳しいということ。

さりげなく自然に対応しながらも、心だけは、海に寄り添いたい。

難しいけれど、頑張っていきたい。親として。海の母として・・・。


私が、「は~い!」と返事をする前の、ニコニコの海は、笑顔で今日の絵を描いていました。

海による「海」の絵。

b0244274_22571953.jpg



「どうして、今日は、海の絵を描くんだと思う?」と海に聞かれました。

「なんでかな~?」と、私が言うと、

「だって、海が、とってもきれいだったんだよ!」と海。


こんな、穏やかな会話があったこと。

こんな、穏やかな海だったこと。

「は~い」と返事をするまでは、これが今日の海でした。


穏やかな海も、荒れ狂う海も、どちらも別人の顔だけど、同じ海。

自然の海と同じですね。

荒れ狂う海のあとに、波一つない、穏やかに輝く海があることを、忘れないようにしよう。


ずっと、荒れたままではない。

穏やかな海から、いっぱい幸せをもらえばいい。

荒れた海に、泳ぎに行くことはしない。

いつかおさまり、穏やかな海に戻る日を待って、泳ぎにいこう。

そんな風に考えられるお母さんになりたいです・・・。


明日、空の先輩と友達が、家に泊まりにきます。

空を、思い切り楽しませてあげたいです。

今までも、お友達が泊まりにきたことはあったけど、

こんなにドキドキするのは初めてです。

どうか、今日のようなことになりませんように・・・。

祈るような気持ちです。


空に、「明日、海が、今日みたいにならないといいけど・・・お母さん、心配。」と話したら、

「明日、部活の時に、海のことを先輩にちょっと話しておくよ!」と明るく言ってくれました。

空の心強い言葉を聞いて、反省しました。

何を怯えているの?私・・・。

一番楽しみたい空が、こんな風に言ってくれているのに・・・。

なんとかなる。きっと・・・。

どんな海であろうと、それが、我が家なのだから。

また、海を理解してもらえるチャンスだと思って・・・。

よし!明日を楽しみに。

空の笑顔がいっぱい見たいな・・・。



今、テレビから、懐かしい曲が!
テツ&トモの「なんでだろう~♪」。
なんでだろ~う、なんでだろ~う、
なんでだ、なんでだろう~♪
海が、今度荒れたら歌おうかな(笑)。
読んでいただいて感謝です。
応援クリック励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
Commented by きーこ at 2012-08-17 07:14 x
海君ままさんへ

明るい楽しいブログ記事ばかりでは、なくていいのですよ。

海君のような、苦しみを抱えた方の

少しでも理解をしたい(そんな、簡単に言わないでとお叱りを

言われそうですが…)

本当に、返事の一つに海君の中にこだわりがあるのですね。

不謹慎を承知で、申しますが、海君のお家は、核家族で、

良かった・・・と思ってしまいました。

そこに、パパさんのご両親でもいらしたら、どんなことになるのかな?

と考えてしまいました。

可愛い孫が、泣く、叫ぶ、どんどんなどになったら・・・

空君は、本当に頼もしいお兄ちゃんですね。

立派ですね。今日は空君のお友達が、お泊りに・・・

きっと、楽しい思い出ができるでしょうね。

海君にも、きっと楽しいと感じてもらえることだと思います。

専門的なことは全く、わたしには、わかりませんが

穏やかな海も、荒れた海も、すべてが、可愛い海君だと思います。

今日の海君の絵からも、力をいただきました。

ママさんのご苦労は、計りしれませんが、

今日も私にできること・・・

海君、空君、ママさんに心を馳せて心からお祈りしています。

空君、楽しんでね。
Commented at 2012-08-17 17:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by うーわあ at 2012-08-17 20:31 x
空くん一杯の笑顔で過ごしているかな?
ママも美味しいご飯沢山用意されているのかな?

きのうのことも、書いて下さってありがとうございます。私たちは理解するひとつの手立てです。
辛いこと共有したいです。海くんの辛さ、ママたちへの応援。

海くんもどうしわからないんだろうって、涙ポロポロと本当に辛いんでしょうね。

今日海くんはどんな海くんだったでしょうか。
海くんが辛い時が少しでもなく
海くんが描いたようなお日さまニコニコ、
とってもきらきらした笑顔の日あるように願い祈りたいです。

それにしても、空くん涙が出てきます。立派な心優しいおにいちゃんであり、ママの心に寄り添う頼もしい息子さんですね。









Commented at 2012-08-17 20:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soratoumihouse at 2012-08-17 21:33
きーこさんへ
あたたかい励ましのお言葉に感謝します。
海の苦しみを理解したい・・・とおっしゃって下さるだけで、私はとても幸せです。
私も、今の家が、一軒家で本当に良かった・・・と思っています。
荒れていなくても、リビングの往復の音は、毎日凄いので、もしマンションの上の階だったら、出て行かなければならなかったかもしれません(涙)
。そして、きーこさんのおっしゃる通り、家族だけで、気を遣わずに過ごせていることが、今は救いです。
でも、両親にこそ、理解をしてもらえるように伝えていかないといけないですね・・・。けれど、今は、色々考えずに、海の苦しみに寄り添いたいと思います。
空、楽しんでいます。ほっとしています^^。
あたたかいメッセージを、ありがとうございました(*^_^*)。
Commented by soratoumihouse at 2012-08-17 21:46
鍵コメントのmさんへ
初めまして。
ご訪問ありがとうございます。
コメントを読まさせていただいて、とても参考になりました。
小学4年生くらいは、ちょうど、大変な時期なのかもしれませんね。
海も、mさんのお子さんくらいの歳になったら、そんな感じになるのかしら・・・ドキドキ、ワクワクです。
少しは、落ち着いていたらいいな・・・^^。

mさんのブログを拝見させていただきました。
なんか、美味しそうなものがいっぱいで、目がハートになりました♪
お子さんの楽しそうな様子、落ち着いている感じに憧れました。
こちらこそ、これからも海のことを見守っていただけると嬉しいです。

あたたかいコメントを、ありがとうございました(*^_^*)。
Commented by soratoumihouse at 2012-08-17 21:53
うーわあさんへ
空、笑顔いっぱいで、過ごしています^^。感謝&安堵です。
海の辛さや、私の辛さまで、共有したいなんて、どれだけ私は幸せ者なのかしら・・・と思います。
本当に、ずっと、応援してくれて、ありがとうね。
今日の、海は、一回危なかったけれど、もちなおしてセーフでした(汗)。
いつもと違う夜にも、海なりに、頑張っていて成長を感じました。
明日も、お日さまニコニコの海でありますように・・・。
空の成長にも、感謝しています(*^_^*)。
Commented by soratoumihouse at 2012-08-17 22:09
鍵コメントのYさんへ
そう言われると、無意識にシミュレーションしている気もするけれど、していない気もします(笑)。さすが、私・・・(笑)。

大人になっていくうちに、あ~、本当に人それぞれ、考え方が違うんだな~って気づいて、それでいい・・と思えたけれど、海は、それが、そう思えないんですよね。なんで、ぼくの考えと違うことを言うんだ・・・て、パニックになる。これって、本当にストレスになるんだろうな~って思います。

返事をする前に、聞いてみる・・・
毎回、同じ返事だと、一回聞けば、聞く必要がないからいいのだけれど、
そうとも限らないあたりが、海のすごく難しいところだなって思います。
毎回、聞くのも疲れそうだ・・・(笑)。
でも、ちょっと、試してみようかな・・・。
いつも、私には思いつかない、新しいアドバイスをありがとう。
感謝しています(*^_^*)。
Commented at 2012-08-18 07:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soratoumihouse at 2012-08-18 08:11
鍵コメントのUさんへ
おはようございます。
子ども達(中学男子)は、まだぐっすり寝ている(海は4時起き(笑))ので、
ゆっくりしています^^。
どうやら、小学4年生は、そんな時期みたいですね。
数人の方から、小学4年生の壁についてアドバイスをいただきました。
私の4年生の頃を思い出すと、まだ、お子ちゃまで、そんな感じではなかったのですが、一般的にはそんな感じなんですね~。
成長する中で、色んなものが重なっているのかもしれないですね。
きついことも多いけど、通る道と思って、少し心を和らげたいな・・と思いました。
朝から、嬉しいコメント感謝です^^。
Commented at 2012-08-18 10:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soratoumihouse at 2012-08-18 10:38
鍵コメントのSさんへ
初めまして。いつも、読んでいただいているとのことで、ありがとうございます。嬉しいです^^。
そして、素敵なアドバイスをありがとうございました。
ブログを通して、苦しいことも、こうして、沢山の方にアドバイスをいただいたり、励ましていただいたりすることで、心が軽くなります。
本当に感謝するべきことだな・・・って思います。

お兄ちゃまは、サッカーしていらっしゃるんですね。
空は、サッカーをしていることで、毎日充実した生活を送れているので、続けていて良かったな・・・って思います。
一緒に子育てを頑張っていきましょう!と言っていただいて、心強いです。
本当にありがとうございました。また、覗きにきてくださいね^^。
by soratoumihouse | 2012-08-17 01:08 | 海のこと | Comments(12)