心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

お客様に、「いつ、帰るの?」(>_<)

海と暮らしていると、難しい課題だな~と思うことが沢山あります。

特に、日本ならではの「本音と建前」だったり、「礼儀」の部分です。


あまり本音を言わずに、相手のことを傷つけまいと思って、調子のよいことを言えば、

それは、かえって、相手に失礼だし、信頼だって失うでしょう。


でも、思ったことを、そのまんま、何でもかんでも相手に伝えたら、相手は物凄く嫌な気持ちになります。

これは、これで、本当に失礼だわ・・・と怒りさえおぼえられることでしょう。


この、はっきりした答えのない、微妙なニュアンスを感じとったりすることが苦手だし、

何が失礼なのかがわかりません。

意識して、失礼なことを言っている訳ではないので、尚更です。


海が、よく言ってしまう言葉があります。

それは、我が家にお客様が来ていたり、知り合いのお宅なんかにお邪魔しているときです。

「お母さん、いつ、帰るの?」

(ぎえ~、やめて~)

何度、この言葉に、血の気がひいたことか・・・。


お客様に、来ていただいているのに、いつ帰るの?と、何の悪気もなく言ってしまうのです。

こちらが、お邪魔しているときにも、もう飽きた・・・と思ったり、いつ帰るのか疑問に思ったり

したときに、いつ帰るの?と聞かずにはいられないのです。


間違いじゃない。だって、疑問に思ったんですもの・・・。

でも、海のことを知らない人であれば、なんて、失礼な子なのかしら・・・と思われてしまっても

仕方がない。

そんな言葉ですよね・・・。

でも、海は、これっぽっちも相手に失礼だなんて、思っていない(T_T)。

それが、海であり、海の障害の特性でもあるのですから・・・。


お客様がいらっしゃる前に、知り合いのお宅にお邪魔する前に、海に、伝えます。

相手の人が、とっても嫌な気持ちになるので、「いつ帰るの?」は言わないよ・・・と。

そうすると、海は、「わかった!」と言います。


けれど、実際は、わかっていなかった。

いや、わかっていたんだと思います。言われた、その時は・・・。

でも、やっぱり、時間が経つと、気になって仕方がないのでしょう。


なんか、私のところに来たな・・・と思うと、「ねえ、いつ、帰るの?」と言ってしまうのです。

最近は、言いそうだな・・・というのを感じた瞬間に、話を逸らしたり、さ~っと、海を、

今いる場所から連れ出して、再確認します。

「いつ帰るの?」は言わないよ・・・と。


基本的に、予定通りに進んでいくことが気持ちがいいので、気持ちはすごくわかるんです。

こちらが出向いた場合は、ある程度、帰る時間を伝えておいたりすることもできますが、

その時間になるまで、待てないんですよね。


そして、来客のときは、もっと予定なんてたてられないし、海が、それを言ってしまうと、

「もうすぐ帰るからね・・・。」

「ごめんなさいいね・・・長居してしまって・・・。」なんて言わせてしまうことになってしまうのです。


本当に、親しい方には、海の障害のことも、悪気がないんだということ、こういうことの理解が

とっても難しいことを伝えられるし、笑って海を理解していただけるのですが、

そうじゃない場合は、実際厳しいな・・・と感じます。


もちろん、どんな相手の方であれ、海のことを知っていただくことが、一番理解を得るためには、

早いのですが、やはり、出来るだけ、自分で気づいて、あ・・・言ってはいけないことなんだ・・・と

思えるようになってほしいな・・・と願っています。


(今、こうして書いている時にも、海は、やきそばマンのテーマ曲に合わせて、

恐ろしい勢いで、リビングの往復です(^_^;)。

あまりに激しい往復なので、リビングが揺れています。

気になって、私が見ていると、すぐに視線を感じてしまうらしく、そうすると、一回止まって、

「ぼくの、うれしいことはっ!」という尻切れトンボのセリフを言います。

全く、意味がわかりません。それだけ言って、また、恐ろしいリビング往復が始まります。

何かにとりつかれているとしか・・・思えません・・・。こわっ(^_^;))


話が逸れました。

あまりに激しくて(笑)。

海のように、悪気なく、失礼なことを言ってしまったり、思っていることを、そのまま言ってしまったり

するような、そんな特性があることを、知ってもらいたい・・・と願います。


でも、逆に、海を育てている私は、だから、仕方ないでしょ・・・ではなくて、

ひたすら、繰り返して話して、経験の積み重ねの中で、ハッと気づいて、言わないでいられるように

なることも大きな目標としています。


そういう人達が、いるんだ・・・という全く知らない方達からの理解を得ることができ、

そういうことを言ったら、相手の人が嫌な気持ちになるんだよ・・・ということを伝えていけたら、

お互いの心と心が近づいて、赤と白が混ざり合って、柔らかなピンク色になるみたいに、

柔和な心で接していくことができるんじゃないかな・・・って思っています。


なんなの!失礼な人!という怒りに包まれた心と、何も悪いことを言ってないじゃない!・・・という

怒りに包まれた心が、ぶつかりあってしまったら、心と心が、近づくことも、柔らかく溶けあうことも

ないでしょう。


そんな世界にだけにはしたくありません。

お互いの想い、お互いの心、お互いの辛さを理解して、海のような障害のある人が、

頭ごなしに否定されたり、怒られ続けて、二次障害が起きてしまったりしないように・・・

そして、私は、ただ相手の方に理解を得ようとするのではなく、親として、海に伝えていけることを

出来る精一杯で、伝えていきたいなって思います。


力を入れ過ぎず・・・。

ショックを受け過ぎないように・・・^^。



空に将来の夢を聞きました。
久しぶりに・・・。
サッカー・・・と言ったので、
「Jリーガー?」と聞いたら、
首を横に振ります。
「え?Jリーガーじゃないの?」
と言ったら、
「海外で活躍する」んだそうです^_^;。
夢は大きく~♪の応援クリックを
お願いします~。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
Commented by うーわあ at 2012-08-06 22:55 x
日本ならではの難しさってありますよね。
伝えていくうちに、海くんが自分から気づける時を一緒に応援したいと思います!
何事も人の心と心がちかづいて柔和な心で人と人が接していけたら本当に素敵ですよね。海ママのメッセージは温かいですね。
Commented by きーこ at 2012-08-07 00:11 x
海君ままさんへ

いつ、帰るの?

子供には、ありがちな質問と思いました・・・

つまり、お客様が、いらっしゃる間は、子供はママを

独占出来ないわけですよね。

海君の質問を、ママさんとしては、相手の方に失礼にならないようにと

お考えからですよね・・・

でも、その微妙なところを、海君に分かりやすいように、

丁寧に教えていらっしゃるところが、素晴らしいです。

大人でも、相手に失礼になるなんて、全く考えないで、

お口に出す人も多いですよね…

海君に、どうか、気長に、その時々に応じて、

お話されれば、いいのでは?ないかしら・・・

でも、ママさんのお気持ちは、痛いほど、私に響いてきました。

今夜も海君とママさんに思いを馳せてお祈りします。

Commented by しまなみ at 2012-08-07 05:20 x
ウチも、回遊遊び激しいです。造語つぶやきながらッ(^^)
療育プログラムしてると静かです。でも、さすがに24時間はワタシできませんし、かまいすぎに見えると、同居の家族に言われて、時々放流。三歳のコだと思うから、家族はあまり違和感ないかもしれないけど、私は、明らかに障害が関わる動きだと思います。17キロ、104センチあるから、足音すごい!家が揺れる!笑
ウチも、いつ帰る?は言いそうです。言わない時に褒める、言う前に、そろそろ、って時に褒めて、思いださせるほうが、ひとまず効果的かもしれません。背景にある、建前や心理の理解は、正直な行動の抑制につながりにくいかもです。ロールプレイや、視覚手がかりも、使いにくいし。失敗を重ねると、なんとなくお客様が苦手になり、余計に、いつ帰るか気になりそう。
ウチの禁句は、他に、お年玉!です。orz
盆暮れ帰省して、方程式になり、今は顔を見るといってしまいます。実は袋が好きなだけで、お金が入っているとは知らないのです。ちゃんと御礼を言うと、褒められるのも嬉しいらしい。上げるヒトも、嬉しそうだし
Commented by ゆみ at 2012-08-07 15:07 x
うーん。これは普通のお子さんでも言っちゃう子は、
結構いますよ。年齢があがると言い方をソフトにしていくけど。

「いつ、帰るの?」を別の言い方に変えるとか、
ゲームとか時間のつぶせるものをもって紛らわせるか、
そちらのほうが早道かもしれません。
こういうのをきちんと教えてあげていて本当にすごいと思います。
Commented by Y.N. at 2012-08-07 15:19 x
アスペの話しになっちゃうし、現段階では理解のレベルがあって難しいのですが、「正直さ」と「礼儀」がバッティングしたときの対応法。USでアスペの子をおもちの方のお話だそうです。

チャビ母さん(@chubby_haha)による「アスペルガーの子供達に教えてあげたいセルフ・アウェアネス:社交辞令編」
http://togetter.com/li/317350
Commented by soratoumihouse at 2012-08-07 16:45
うーわあさんへ
日本は特に礼儀作法に細やかな国だから、難しいことがいっぱい。
でも、日本ならではの良さもあるから、否定せずに、理解者を増やして、
少しずつ、海も、自分で気づいていけるといいなって思ってるの。
沢山の人達の心が一歩ずつ、近づいていけたらいいね。
応援ありがとうね(^-^)。
Commented by soratoumihouse at 2012-08-07 16:50
きーこさんへ
多分、私の母が、特にそういう失礼なことに敏感だったので、私自身、ちょっと敏感になってしまっているところもあると思います^^。
きーこさんからの、気長に、その時々に応じて、海に対応していけば・・というアドバイスが、心を柔らかくしてくれました。
あまり、敏感になり過ぎないように、私自身が気を付けながら、気長に向き合っていこうと思います。
ありがとうございました(*^_^*)。
Commented by soratoumihouse at 2012-08-07 17:46
しまなみさんへ
一つ、アドバイス下さったコメントを、間違えて入れてしまってごめんなさい。「言わない時に褒める」ということ、そろそろっていうタイミングをよく見て褒めること・・・とても素敵なアドバイスありがとうございました。
お客様が苦手になってしまいそう・・・というのも、ものすごくわかりました。気を付けていこうと思います^^。
Commented by soratoumihouse at 2012-08-07 17:51
ゆみさんへ
アドバイス、ありがとうございます。
「いつ、帰るの?」という言い方を変える・・・というアドバイスには、納得してしまいました。言い方を変えるだけでも違いますよね^^。
参考になり、感謝です。
難しいことだけど、相手の人が、少しでも嫌な気持ちにならないような、行動や、言動が出来るようになってほしいので、力を入れ過ぎないで、頑張っていきたいと思います。ありがとうございました(*^_^*)。
Commented by soratoumihouse at 2012-08-07 17:57
Y.Nさんへ
素敵な情報を、どうもありがとうです^^。
本当に、アスぺならではの辛さとも、海は、かぶることがあるので、
きっと、学ぶことも多いと思います。
まさに、「正直さ」と「礼儀」のバッティングだから・・・。
感謝です。どうもありがとう(*^_^*)。
Commented by ranunculus625 at 2012-08-08 18:36 x
はじめてコメントします。
ranunculus625と申します。

いつ帰るの?
という言葉。友人の子供(おそらく定型)に言われた事がありますよ。
友人曰く、まだ帰って欲しくないから、何時までいるのかなー?という意味みたいです。
(私の子供と遊びたいから)

息子さんの海くんの特性を知らない方には、
こういう良い訳もアリではないでしょうか?
ママの負担が減りますように!
Commented by soratoumihouse at 2012-08-08 23:14
ranunculus625さんへ
初めまして。ご訪問ありがとうございます。

コメントを読ませていただいて、ハッと思いました。
私も、子どもの頃、来客が嬉しくて、言わなかったけど、心の中で、帰ってほしくなくて、いつ帰るのかな~って思っていたことを思い出しました^^。

海は、もちろん、そういう想いで言ってる言葉ではないのですが(笑)、
確かに、海のことをわからない人には、そんな風に伝えることも出来ますね~^^。
感謝です~。思い出させていただいて~。
ヒヤヒヤすることばかりに気をとられていて、プラスの発想へと結びつきませんでした^^。
すでに、心の負担が、減りました(*^_^*)。
本当に、ありがとうございました。
by soratoumihouse | 2012-08-06 22:00 | 海のこと | Comments(12)