心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

初めてのキャンプ ~事前説明会~

知的な障害のある子ども達が保護者の元を離れて、学生中心のボランティアと遊んだり、

一緒に泊まりながら、日常生活にはない体験を通じて自立心や社会性を養うことを目的としている

キャンプに、申し込んでいました。

海は行けることになり、今日は事前説明会でした。

市内に住んでいる小学3年生~高校3年生を対象としていて、海は初めてです。


申し込むときに、知っている子どもたちも、いるかどうかもわからなかったし、

何より全く知らないスタッフや子ども達の中で、家族もいない中で、海一人大丈夫かな~と

悩みました。

でも、泊まる施設が近かったので、チャレンジさせても平気かしら・・・と申し込みました。


キャンプと聞いて、海は、外にテントを張って寝る・・・と思ったようです^^。

確かに「○○○キャンプ」といってキャンプという言葉が入っているので、そう感じても当然なのですが。

一応、海には、お外ではなくて、建物の中に泊まるんだよ・・・と説明しましたが、一度イメージしてしまうと、

なかなか取り外すことは難しいみたいで、何回も「テントで寝るの^^?」と聞かれました(汗)。


説明会は保護者だけなので、その間はボランティアの学生さん達が大勢でみてくれます。

海の知っているお友達・・・(と言っても、同じ学校だった大きな先輩と近所のお子さんなので、海はわかるか

な・・・という感じ)がいて、親は嬉しかったのですが、海は覚えているかしら・・・というくらいです。

でも、きっと、覚えているんじゃないかな・・・と期待しています^^。


説明会も、このキャンプが3回目という若い女の子が、しっかり説明してくれました。

なんて、しっかりしているのかしら・・・。

ただただ、感心してしまいました。


お歳はわからないけれど、明らかに学生さんかな。

私がこの位の頃は、たいした主体性もなく、日々をただ楽しく過ごしていました。

それに対して、説明してくれた彼女もですが、子ども達をみてくれている大勢のボランティアの

学生さんも、障害をもった子ども達と触れ合いたいと思って参加してくれている・・・

そのあたたかい想いが心に存在していることが、素晴らしいな・・・って。


想いがあっても、行動に移すことは、簡単なことではないですもんね。

こういう心をもった若い人達が、こんなに沢山いてくれることに感動してしまいました。


そして、説明会のあとは、親子に一人、スタッフが丁寧に、その子の聞きとりをしてくれるのです。

子どもの呼び方から、食事、こだわり、パニックになった時の対処の仕方、服薬、睡眠等など・・。

とても細かく聞いて、ひたすら細かく書いてくれていました。


確かに、初めてのお子さんも多いでしょうし、スタッフの学生さんも担当する子どもは初めてです。

障害があり、障害の種類も皆、違うので、細かく聞いておかないと、危険にも繋がるし、対処にも困ります。


でも、何に感動したって、保護者たちに説明してくれた彼女が、

「この後、行います聞きとりなんですが、ボランティアの学生が聞くので、何をどんな感じで聞いていいか

わからないこともあると思います。ですので、細かく言って下さって、メモしていなければ、メモしておくように

言ってください。何でも、話して下さいね。」と言ってくれたのです。


当たり前・・・と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、子どもを預ける親にとって、

丁寧に子どものことを知って、必要な支援をしたい・・・という気持ちが伝わることほど嬉しいことは

ありません。


全てが終わって、出てくる言葉は一つ「感謝」です。

全く心配がないわけではありません。

でも、こんなボランティアのスタッフがいて下さるキャンプに、行かせたい。

そして、海も、きっと沢山の喜びを感じることが出来るんじゃないかって、心から思えました。


障害をもった子ども達と共に過ごしたい・・・そう感じてくれるだけで、本当に嬉しい。

きっと、色んなことが起こったり、困ってしまったり、どう対処したらいいのかわからなくなったり

することだってあるでしょう。でも、気にしないでほしい^^。

親だって、どうしていいいかわからないことが、毎日起こったりするんですもの。

心を寄せて、心を触れ合わせてくれるだけで、幸せです。


今日の、説明会だけで、どうもありがとう・・・心から皆さんに伝えたい気持ちでした。

ボランティアの皆さんの想いは、きっと参加したどのお子さんの心にも届くと思います。

そして、障害をもった子ども達への理解が広がっていくことも願っています。

と同時に、私は、そういう素晴らしい若い力が、溢れているんだよ・・・ということを沢山の人に

知ってもらいたいと思いました。


海は、キャンプはテントなのか?を、聞きとりの時に、スタッフさんに聞いていました(笑)。

あと、イノシシのぬいぐるみレンタルちゃんを持って行けるかが、心配だったようで、

「レンタルちゃん・・・レンタルちゃん・・・」と私に聞いてほしいことを伝えてきました。

もちろん!オッケー!それを伝えると、とっても安心したようで、嬉しそうでした。


説明会の時に、いっぱい遊んでもらって、汗だくの海は、最初とは全く違う爽やかな表情になっていました。

今日、一回遊んでもらっただけでも、海には大きな自信に繋がりました。

キャンプから、帰ったあとの成長を楽しみにしたいと思います。


ロンドンオリンピック始まりましたね~。

開会式を、海も一緒に観ていました。

私は、感動してしまって、ずっと拍手をしていました。

ダイアナさんも観たかっただろうな・・・と想い、ダイアナさんの洋書をテレビの横に置きました^^。


海は、花火に釘付けでした^^。

夜、「お母さん、絵、描いたよ~。」と持ってきた今日の絵は・・・これ。

b0244274_23282092.jpg


「素敵~!」

パパにオリンピックのスペルを教えてもらい、「M」がなんとも可愛いです(*^_^*)。

この絵を見る度に、ロンドンオリンピックを思い出すでしょう。

しばらくオリンピックから、沢山の勇気と感動をもらえる毎日。

ドキドキ、ワクワクです・・・。



空は、朝10時半から、夕方5時半まで
先輩や、友達とプールで遊びまくりです。
部活がないと・・・これです。
期末テスト・・・不安です(;一_一)。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
Commented by きーこ at 2012-07-29 09:35 x
海君ままさんへ

海君の初参加のキャンプ・・・ワクワク、ドキドキですね。

しかし、素晴らしい!

丁寧に子供の心に寄り添って、支援してくださる方たちが

いること、なんて素敵なことかしら?

海君ままさんの記事を読みながら、なんだか、心から

支援してくださる学生さんたち、

参加する海君、心配しながら、送り出すママさんを

応援したくなりました。

感謝の想いを持つ海君ままさん、素晴らしいです。



きっと、海君も、がんばってくるのでは、ないでしょうか・・・

オリンピックの海君の絵、可愛い!

何だか、海君の絵から、オリンピック以上の感動を

いただきました。



今日も暑くなりますが、海君に思いを馳せて・・・

Commented at 2012-07-29 13:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by うーわあ at 2012-07-29 20:48 x
よく勇気をだして申し込まれましたね。
また学生さんたちの情熱的なパワーを感じます。海くん始め、参加者、そのごかくぞくが安心してこの夏の最高の思い出に、一回り成長できる機会になりますように祈っています。
Commented by soratoumihouse at 2012-07-29 22:51
きーこさんへ
毎日、本当に暑いですね~(>_<)。
でも、子どもの体力には驚かされます。暑くても走り回れる元気!
私なんて、それを見ているだけで、汗だくになりそうです(笑)。
キャンプ、ドキドキですが、あの学生さん達の生き生きした姿を見ていたら、それだけで「お願いします^^」という気持ちになりました。
本当に、素晴らしい学生さん達で、海は幸せです(^-^)。

オリンピックの絵、日にちが間違えてしまってたのを、ブログに載せてから気が付きました^^。でも、海のオリンピックのイメージがよく伝わって、私もとっても気にいりました。
ボランティアの学生さんからも、オリンピックで頑張っている選手からも、沢山パワーをいただいた素晴らしい一日になりました。

まだ、まだ、暑い日が続きますね。きーこさんもお身体ご自愛下さいね。
いつも、コメントありがとうございます(*^_^*)。
Commented by soratoumihouse at 2012-07-29 22:58
鍵コメントのYさんへ
海も、知らないところに、一人で泊まるのは初めてなので、大丈夫かな~と悩みました・・・が、とりあえず申し込んで、どうしてもダメだったら迎えにいけばいいかな・・・と思ってチャレンジさせようと思ったのです^^。
説明会の雰囲気はとても良かったし、何より学生さんたちのパワーを感じて、楽しく終われるといいな・・・って素直に思いました(^-^)。
キャンプが終わったら、どんな感じだったか、ブログで報告しますね~。
Commented by soratoumihouse at 2012-07-29 23:05
うーわあさんへ
一人で、知らないところに、知らない人達と、泊まるなんて、海にできるかな・・・ってとっても不安で、泣いちゃうんじゃないか・・・とか色々考えたけど、チャレンジしてみなければ、何も始まらないもんね^^。
そして、海が、以前のように、学校の宿泊学習でも泣かなくなったので、
大丈夫かな~と、タイミングも信じてみました^^。
ボランティアの学生さんたちは、本当にみんな生き生きしていて、子どもたちと一緒にいっぱい遊んでくれて、それだけで、元気がもらえて感謝だった。祈ってくれてありがとう。私も、素敵な報告が出来るように・・・と願ています(*^_^*)。
by soratoumihouse | 2012-07-29 00:07 | 海のこと | Comments(6)