心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

海の切ない願い

海の成長の歩みをみていると、ずっと変わらないこだわりや行動も、もちろんあるけれど、

物凄くこだわっていたことや、行動がいつのまにか、大丈夫になっていたり、こだわらなくなっていたり

します。

そして、その代わりに、新たなこだわりや、行動も出てくるんですけどね・・・。


海は、以前ブログにも確か載せましたが、1年生の頃、カーズのTシャツにこだわり、

ひと夏を、ほぼ2枚のTシャツで過ごしました(笑)。

でも、ついに、教えてきた、色んなTシャツを、自分で選んで、同じものばかりでないのを着る・・・ということが

出来るようになりました。

カーズのTシャツじゃなきゃ嫌だ・・・ということは無くなりましたが、こちらが選んであげれば、

色んなTシャツを着られるのですが、自分で選ばせると、2枚になってしまうので(笑)

私が、時々選んで、違うものを着てみることを薦めてきました。


そして、ついに、自分でちゃんと違うTシャツを、毎日変えて着られるようになりました。

これは、海の大きな成長で、ここ最近の感動話です♪

(もちろん、お気に入りを、何回着てもいいのですが、海には、そのバランスを自分で判断するのが

難しいんですよね。なので、混乱させないために、今は色んなTシャツを着る・・・と覚えた海に任せて

います^^。)



今朝、海は黄色いTシャツを自分で選んで着ました。

(お、今日も違うのを選べてる・・・^^)

朝食をとり、ふと海を見たら、黄色いTシャツに毎朝飲んでいる紫色の野菜ジュース(これなら飲める

ようになったの・・・^^)がくっついてしまっていました。

果汁系なので、海に、洗わないと汚れてしまったところがとれないから、脱いで他のを着るように

言いました。


海は、すぐにTシャツを脱ぎました。

私は、すぐに洗剤をつけて洗濯準備。

海は、次に水色のTシャツを着ていました。


・・・とここまでは順調な感じですが・・・・

「黄色の(今、着ていたやつ)がいいんだ~~~!!

水色のは嫌なんだ~(・・・って数ある中から、自分で選んだんだよ・・海くん!)」と海。

「海の気持ちはわかるよ・・・でも、汚れてしまったから、洗濯をしないと落ちないの。

だから、仕方ないよね。また、明後日、着たらいいよ!」と私。


「ぼく、黄色のがいいんだ・・・。ドキドキする~!うわ~~~!!」

(節電と、朝は窓を開けていましたが、耐えられなくなり、冷房をつけました・・・)

「だったら、今度は、どうしても汚したくないTシャツのときは、エプロンすればいいよ!」


「・・・・・ううう~~~・・・」

空も始まってしまった・・・という顔で、昨日の録画したスペイン戦のサッカーの試合を観ていました。

そして、海は、着ていた水色のTシャツを、放り投げました。


「黄色いのがいいんだ。水色のは似合わない~!」

(朝から、大騒ぎ。家の真後ろのお宅にベビーがいるので、本当に申し訳なくて・・・)

大騒ぎする海を、洗面所に連れて行きました。

そして、びしょびしょの黄色いTシャツを見せました。


「汚れを落とすために、お母さん、洗ったの。汚くなってしまったら悲しいでしょう?

どうしても着たいんだったら、これ、着る?(意地悪だと思ったけど)着てもいいよ!」と言うと、

海は首を振りました。

さすがに濡れているのは嫌だと思ったようです(ノーマル^^)。


これで大丈夫・・・と思った私が甘かった・・・。

リビングに戻って、また、叫んでいます。

「黄色いのがいいんだ。水色はいらない!」


こうなった時は、いつも、上のお部屋でクールダウンしてきてもらいたいので、

「上に行って。考えてきてごらん!」と強めに言いました。


海は、階段を上がった廊下に座っていました。

もちろん下着で、汗だく、体育座りです。


少ししても戻ってこない海が、空は、サッカーの試合を観ながらも気になったようです。

空が、階段を上がって行き、また、リビングに戻ってきました。

そして、言いました。

「お母さん、海、かわいそうだよ。」


「わかってる。お母さんだって、可哀想だって思ってる。でも、海が自分で汚してしまって、

自分で選んだTシャツを気にいらないって放り投げたら、それは、誰が悪いって海でしょう?

海の辛さは、やっぱりあるんだけど、こういうことを笑顔で、はいはい・・仕方ないねって

言ったら、海が大人になって困ってしまう。だから、今、教えるしかないの。

お母さんだって、辛いんだよ・・・」と言ったら、空はわかってくれたようで、

また静かにサッカーの試合を観始めました。


それから3分後くらいに、私が海のところへ行きました。

汗だくで、でも、じっと体育座りをしていました。

「海、ちょっと来て・・・」

「何?」・・と海。


私は、海が放り投げた水色のTシャツを見せて言いました。

「海が、黄色いTシャツを着たかったのはよくわかるよ。

でもさ、海が自分で選んだTシャツを放り投げるのは、どう思う?」

海は、「バツ×・・・」と言いました。


「そうだよね。水色のTシャツは、悲しいよね。せっかく海に着てもらって喜んでいたのに、

いらないって放り投げられたんだよ。海は、投げられたら嬉しい?」

「やだ・・・。」と海は言いました。


「海が着たいと思っているTシャツが汚れてしまったなら、洗ってきれいにしようよ。

大切に着ようよ。どうしても汚れるのが嫌なら、さっき言ったけど、エプロンしよう!

おいで・・・ハグしてあげる^^」と手を広げたら、泣きながら抱きついてきました。


それから放り投げた水色のTシャツを、自分から着ることが出来ました。

そして、少しして、デイサービスのお迎えがきました。

暑い、熱い、汗だくの朝でした・・・。


私だって、感情的になるのだから、海だって感情的になる。

でも、だから、何してもいいということではない・・・。

そんなこともある。それが大前提での、海の未来への祈りにも似たような想いです。



夜は、食事中に、空が友達のお宅に泊まる話になりました。

海は、今は私の実家に、空と海でお泊り出来るようになりました。

なので、お泊りすることが楽しいと思えるようになったんですね。

「海も、お友達のお家に、お泊りに行きたい・・・。」と海。

(ん~、難しい・・・。なんて言えばいいの・・・?)

「そうだね。お友達のお家にお泊りしたいね。でも、ほら、今度家族でお泊り行くよ!」と

話を家族旅行の話題に変えました。

でも、海は、空のことが羨ましくなったのか、同じことをしたいと思ったのか、

「海、お友達のお家に、お泊りに行きたい。交通安全を守れば、お友達のお家に泊まれるの?」


一生懸命、考えたんでしょうね。

どうしたら、お友達のお家に泊まりに行けるのかを・・・。

それが、海の中では、交通安全を守れば・・・ということに行きついたんでしょう。

お兄さんになるってことを考えたのかな・・・。


言うのが辛かったけど、言いました。

「あのね、お友達のお家にお泊り出来るのは、お友達が「泊まりにきて!」って言ってくれないと

行けないんだ・・・。だから、お友達のお家にお泊りするのは難しいかもしれないね・・・。」


ちょっと間があり、海が言いました。

「交通安全を守れたら、お友達のお家にお泊り出来る?」

切なくて、胸が苦しくなりました。

確かに、学校に行っても、デイサービスに行っても、お友達と呼ぶ人は沢山いる。

でも、空のような友達とは、海は違うことを、海はわからないから・・・。


家に、お友達を呼んだり、空の友達や私の友達に泊まってもらうことはあるけど、

海の願いは、違うんだもんね。

海の真っ直ぐな願いを叶えてあげられるかは、わからないけど、心を開放出来る「友達」と呼べる人が

一人でもいいから、出来るといいね。

一緒にお出かけしたり、楽しみを共有できるような人に出逢えることを、お母さんは心から祈っています。


交通安全を守れることなんか関係ない、海といることを楽しいと思って誘ってくれる人が・・・

生涯に一人でもいいから・・・。


海のピュアな心をまるごと抱きしめてあげたい・・・と思いました。




読んでいただいてありがとうございます。
海の黄色いTシャツは、ラルフローレン。
空が、その馬のマークを見て言いました。
「お母さん、このプロって高いんでしょう?」
「プロ?何それ?」
ま、ま、まさか・・・
「ポロのこと?」
「あ~、そうだ、プロじゃなくて、ポロか!」
確かに庶民の我が家はご縁がないけど・・・。(笑)
応援クリック励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
Commented at 2012-07-28 00:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by きーこ at 2012-07-28 08:08 x
海君ままさんへ

黄色のTシャツと水色のTシャツ・・・

一つずつ、海君の気持ちに寄り添いながら、

根気よく説明される海君ままさん

将来のことを、考えて、今ここで・・・

なかなか、出来ないことです。

海君も、一つずつ経験をすることで、理解して

いくのですね。

交通安全を守れば・・・なんて、可愛いことを

言ってくれるのでしょう・・・

必ず、近い将来、海君もお友達のお家にお泊りができるようにと

お祈りしています・・・

お友達では、ないけど、よかったら、我が家に

海君お泊りにきてください(笑)

今日も、海君に思いを馳せて・・・

Commented by leaftime at 2012-07-28 10:59 x
わが子が心を開放できる友達、一緒に楽しみを共有できる友達に一人でも多く出会えるように…どの親でも切に願うこと。ましてや海くんにそう想う空海ママの気持ちを考えるときゅんとしました。
でもママえらい!!「向き合うこと」「寄り添うこと」を続けていくことは、ほんとに難しいのに。。。いつも空海ママから学び、かつ応援しています。
Commented by うーわあ at 2012-07-28 14:32 x
海くんの成長を喜びながらも、成長に伴う新たな課題。汗だくになりながらも、心を落ち着かせ海くん頑張りましたね。ママも常に海くんと真摯に向き合い、親子の会話を読んでいると見習うことが沢山です。
海くんのいつの日にかお友達のお家にお泊まりできる日がくることを祈っています。
Commented by soratoumihouse at 2012-07-28 18:02
鍵コメントのkさんへ
ありがとう~(T_T)。
夏休み、いっぱいデイサービスを利用させてもらっているのに、朝と夕方、色々爆発(涙)。でも、私(母)だからなんだよね。思い切り感情を出すところがなくっちゃね。でも、そんな時もある、気持ちがわかると言ってもらえるだけで、そうだよね・・・頑張ろうって思える。ありがとうね。
首を冷やすの毎年使ってたのに、忘れてた!ありがとう~。思い出したよ~!(^^)!。
節電も大切だけど、カーッとなった頭を冷やすことも必要だもんね!
カーッとなる前に、冷やすことも、ほんと!大事だね^^。
コメント嬉しかった!ありがとう~。

Commented by soratoumihouse at 2012-07-28 18:12
きーこさんへ
私には海が何をどんな風に感じているのか、わかってあげられないけれど、少しずつ色んなことが理解できるようになってきた海なので、海を信じて、想いを伝えていきたいなって・・・思っています。
突然スイッチが入るので、そこに着いていくのがやっとなんですけど^^。

海のことを想い、泣いてしまいそうな優しさをありがとうございます。
きっと、いつか、海の願いが叶うときがくるんじゃないかって、信じています。ブログを通して、海の心の理解者がいてくださることを感謝しています。親子でハッピーです(*^_^*)。
Commented by soratoumihouse at 2012-07-28 18:35
leaftimeさんへ
大人になって思うのは、自分の心を開放できる友の存在がいかに大きいかってこと・・・。ほんと・・・誰もが子どもに願うことですね^^。
こうして、大切な人と想いを伝い合えることが出来る私は、とても幸せなんだって思います。
いつも海の心に寄り添ってくれて、そして、応援してくれて、とっても嬉しいです。いつも、ありがとう・・・。
Commented by soratoumihouse at 2012-07-28 18:43
うーわあさんへ
新たな課題、新たなこだわりが出てくるけれど、こうやって海とやりとり出来るようになったことを考えると、海がいっぱい成長したんだって気付くことが出来る。そう思うと、大変だなって思うけど、喜ぶべきことなのかもしれによね。その時は、私も必死だからそんな余裕がないんだけどね(笑)。
海に、心の友が出来たら一緒にお祝いしてね(*^_^*)。
by soratoumihouse | 2012-07-27 23:51 | 海のこと | Comments(8)