心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

障害はどんな人の中にもあるもの

子どもの発達の遅れを受けとめるということは、とってもデリケートで、勇気のいることだと、

自分の経験の中で強く感じました。

(もちろん、すぐに受けとめられる素敵な方も、沢山いらっしゃるでしょう。憧れ~)


障害があるということが、何かものすごい重くて、苦しくて、悲しいことなんじゃないかって、

自分自身が差別してしまっていたんだと思います。


いや~、受けとめられない時期は、長くて、本当に辛かったです。

パパにどんなに、お医者様や市の療育センター等に、相談したほうがいいよって言われても、

怖くて、怖くて・・・。

何を言われてしまうんだろう・・・。

そんな想いばかりで、日中、海の行動を見ては、ため息の出る日々でした。


赤ちゃんの頃は、まわりのお友達(同じ月齢くらいの)も、同じ赤ちゃん。

みんな、泣くし、言葉をしゃべらないし、グズるっていったって、みんなグズるし・・・。

海だって、笑ったし、ハイハイもした。


でも、1歳を過ぎた頃から、急に、まわりのお友達の子どもが、単語を話し出して、

えっ?もう、そんなこと話すんだ・・・とビックリして。

気付いたら、海よりも歳下の子が、単語を話していて、海は何も話すことはなかった・・・。


そして、まわりのお友達の子は、単語しか話さなくても、群れていたし、

驚くスピードで、出来ることが増えていきました。

でも、海は・・・

ただ、一人で、理解に苦しむ遊びに夢中でした。


このくらいの頃が、とってもきつかったです。

明らかに、自分の子どもだけが、明らかに発達がおかしいと気付くから・・・。

でも、何もかもがおかしい訳ではないと、普通に感じるところを、海の中に探す自分がいるのです。


でも、そうすれば、そうするほど、海の異常な行動に目がいってしまって、余計に悲しくなるのです。

なんで?なんで、そんな訳のわからない遊びをするの?

妊娠中に、あまり穏やかでいられなかったからなの?

階段から落ちてしまって、頭を打ったから?

不安と悲しみに押しつぶされそうになりながら、海の発達の異常の原因を見つけ出そうとしていました。

みつけたからって、どうにもならないのに・・・。


この段階で、すでに自分の状態が黄色信号を点滅させていますよね。

ここまできてしまうと、他人からのアドバイスも、海は、私を選んで生まれてきたんだと、励まされても、

私の気持ちはわからない・・・・とその想いも受けとめられない自分がいるのです。


赤信号が点滅してしまいました。

自分の中で、海が自閉症であることは、もう気付いている。

でも、認められない。

友達に、海に障害があるって言ったら、可哀想って、同情されてしまうのかな・・・。


情けないけど、赤信号しか点滅することのなくなってしまった私は、そんなことを思うはずもない

友人たちのことまで、悲しい見方で見てしまったりすることもありました。


なんで、家なの?

言えない。言いたくない。海のこと。

悲しい。涙しか出ない。

これからどうしたらいいの?


みんなと同じだったじゃない!

笑って、おむつで、泣いて、ア~って言って・・・

みんなと変わらなかったのに・・・。


このとき、壊れていた私は、自分が悲くて泣いていました。

でも、誰よりも悲しかった人は、海なのです。

僕は、可哀想な子なの?

僕は、このお家に生まれてきたらいけなかったの?

みんなと変わらない僕だったら、お母さんは泣かない?

みんなみたいに、群れて遊ぶことができたら、お母さんは苦しくない?

どうしたら、お母さんは泣かなくなる?って、

海の心の声は、そう叫んでいたに違いありません。


そういう海の叫びに気付けたのは、私が、海の障害を受けとめられた後でした。

人に差別をしちゃいけないなんて、自分は差別していないような顔をして、

私が差別していたんです。


助けてほしいと、勇気を出して、手を差しのべたら、ガチガチだった心と体のまわりの鎧が、

バリバリと音をたてて崩れていきました。

療育センターに通い、泣き続けた海だけど、私はもう、泣いてはいませんでした。

泣く海に疲れはあったけど、何で、家なの?なんて思うことは、もうありませんでした。


自分が、長い時間をかけて、障害がある海を受けとめられたんですもの。

まわりの人たちが、大変ねって同情したって、それは自然なことなのかもしれない。

私の気持ちなんてわかってくれない・・・という寂しい自分はいなくなっていました。


人って、とてももろく、とても強い。

もろい自分の時期があって、もろい自分を乗り越えると、どんどん強くなれます。(いい意味で^^)

私、どうかしてたな・・・て笑えるときがくる。

出来ないことがあったら、出来ない部分に心を寄せてもらって、一緒に出来たらいい。

私だって、一人では生きていけない。

海だって同じ。

出来ないことの種類が違うだけ。


海は、人のうわさ話もしなければ、そんなことに興味もない。

これって、人として、すごく素敵なことだなって思うんです。


平均的な発達は、あくまでもデータ上の発達。

意地悪したり、人にいやなことをすることも、心の障害ですもんね。

みんな、自分の中に、何らかの障害を抱えているはず。


障害をもっている以上、人は、寄り添ってもらうことが必要で、そうしてもらえることで、

辛さを乗り越えたり、出来なかったことも出来るようになったりする。


海は、計算もとっても苦手だし、不器用。

指摘に弱いし、汗だくになってリビングを往復する。


でも、私が、海に願うのは、計算がものすごく速く、正確に出来ることでもなければ、

どんなものでも、器用に出来る手先にしていくことでもありません。

指摘されても、へっちゃらな心を常にもてることでもなければ、二度とリビングを往復しないように

させることでもありません。


人として、この世に生をうけて、人として、あたたかい心をもてる人になってほしい。

海にある障害で、苦しいところは、沢山の人達の力を借りながら。

私の中にある障害も、海が学んで成長しているように、学んでいきたいな。


いかに、私は、平均的なものに流されていたのかと、海の障害を受けとめてから気付きました。

障害は、その人の苦しみの部分ではあるけれど、障害になっていない部分に、

いっぱい光を当てて・・・・。

どんな人の中にも、苦しんでいる障害があるっていうことを忘れないように^^。

海、お母さんを選んでくれてありがとうね^^。



今日は、空の部活がなくて、学校から帰ってきたら、同じサッカー部の友達と近所のプールに行くと、

すぐに出ていきました。

私は、楽しちゃおう!と近所のマグロ屋さんで、マグロを2冊買ってきてありました。

そして、空は6時に帰宅。

可愛い中学男子を3人連れて(笑)。

一人は、塾で帰ってしまいましたが、男子に弱いおばちゃんは引きとめて、

「ごはん食べていけば~!」と食材もほとんどないのに声をかけるという・・・(笑)。


でも、男子だと、気が楽。

大急ぎで、冷蔵庫とにらめっこして、夕食を作り、憧れの男子寮のおばちゃん気分を味あわせて

もらいました!

b0244274_0531567.jpg


海も、みんながいる横で、汗だくでリビングを往復していました(笑)。

でも、食事の時は、中学男子に混ぜてもらって、嬉しそうに食べていました。

海のおかしな質問にも、嫌な顔一つせず、対応してくれる可愛い中学男子たちでした^^。

いっぱい食べてくれて、おばちゃんハッピーで~す♪



空が、俺、エスカレーターの匂いが好き!
と話していて、みんな・・・・でした。
どんな匂いよ!と思わず突っ込む母でした。
応援クリック励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
Commented by you at 2012-07-12 08:00 x
こんな時間にブログを更新してる貴方はいったい何者?? (笑)

みんなが帰ったあと、例のあれを書いたのでしょ~ !! その後に更新してるなんてすご過ぎるっ !!

Rも、満面の笑みで御帰宅でした。とっても楽しかったし、寮ごはんも美味しかった~と、色んなことを沢山話してくれたよ。
何から何までお世話になり本当にありがとうね。

意地悪したり、人にいやなことをすることも、心の障害 ・・・

みんな、自分の中に、何らかの障害を抱えているはず。

まったくその通りだね。

先日Rを怒った時に、いつでもどんな時でもこれだけは忘れちゃイケナイことがひとつだけあるって話したの。
『心』だね。ってRもわかってた。2人で泣いたよ~ (笑)

いつでも平常心はなかなか難しいけど、心に寄り添う気持ちだけは忘れずにいたいね。
たまにそれで、悲しい思いをすることもあるけど、そのぶん優しくなれるから・・・♡



Commented by kicchun at 2012-07-12 08:59
おはようございます♪
先日の食事時、私が顎が痛いことを主人に話したら、
「へぇ~」って流されたんです。その時、K.が、「へぇ~じゃないでしょ!大丈夫?でしょ!」って。
嬉しくて泣きそうになりました。
子どもでもあったかい言葉を知ってるのにうちのパパときたら・・・苦笑
人には、短所・長所がありますよね。一つの短所にこだわらず、いいところに沢山目を向けてあげたいと日々私も思ってます♪
KJ.の子育てを改めて見つめなおすことが出来た素敵な記事でした♪
ありがとう(゚▽^*)
Commented by うーわぁ at 2012-07-12 15:39 x
受け止められず悲しんでいた海ママ、僕のせいでと悲しんだ海くん…どちらの気持ちも痛いほどよくわかります。私も最近思うんです。人それぞれの苦手な部分、生きにくさって、どんな人も抱えてるんだろうなぁって。これぽっちも思わない人もいるかもしれないけど私は自分自身見つめ直すと感じます。
空くんのお友達へのご飯、空くんママが誇りだろうなぁ~。
チャチャっと美しいのを完成させて素晴らしい!そりゃ空くんもお友達も海くんも喜んだことと思います。
Commented by soratoumihouse at 2012-07-12 20:17
youさんへ
こちらこそ、可愛い息子ちゃんを、預からせてもらっちゃって、ありがとう~!
まあ、中学男子は、まだまだ可愛いわよ。
私もいっぱい笑わせてもらいました^^。

みんな、きっと、色んな障害をもっているよね。
私にもある。
そう思うと、海の障害も、特別なんかじゃなくて、個性なんだって思える。
でも、生きづらさは、やっぱり苦しいことだから、沢山の人達の理解があると素直に嬉しいなって思うんだ~。

心を大切に思い合えるyouさん親子はとっても素敵。
だから、優しいんだね^^。納得。
いつも、優しさをありがとう。

これからも親子共々よろしくね!
Commented by soratoumihouse at 2012-07-12 20:27
kicchunさんへ
素敵なKJくんのエピソードを、教えていただいて、とっても嬉しくて、幸せな気持ちになりました。ありがとう~(*^_^*)。
いつのまにか、心があたたかく育っていることを知った時、本当に泣きそうになりますよね。
心は、目に見えないから、どんな風に育っているのかは、誰にもわからないけど、目に見えないからこそ、あたたかいんだなって思います。
ママさんが、日々、お花達に愛情をかけていることも、KJくんは、ちゃんと見ていて、そんな日常からも、KJくんの中に想いやる愛情が育っているのだと思います。
素敵なエピソードで、幸せな気持ちに包まれました。
また、幸せのお裾わけしてくださいね。
Commented by soratoumihouse at 2012-07-12 20:43
うーわぁさんへ
生きづらさ、苦手なことは、誰にだってあるよね。きっと。
治そうと思ったって、治らないこともいっぱいあるもんね。
自分自身を見つめ直すことが出来るうーわぁさんは、とっても素晴らしいと思う。
そうやって見つめ直すことで、沢山のことを感じ、学べるよね。
私も、ブログを通して、振り返ることが出来るから、感謝なんだ~。
お互いに、自分を時々、見つめ直して成長していこうね!

昨日の夕食は、マグロの他に、たまごとじゃがいも、厚揚げ、トマトしか食材がなくて、御馳走ではなかったけど、子どもたちとワイワイ食べるのが
楽しかったよ^^。男子は可愛いわ~。
by soratoumihouse | 2012-07-12 01:09 | 海のこと | Comments(6)