心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

逃げたら捕まります

先日、癒しを求めて、ホームセンターのペットショップに行き、トイプードルの赤ちゃんを

抱かせてもらいました。

海も、前は犬がちょっと怖くて、なでたりできなかったけど、私の叔母の家にいる犬で慣れたのか、

最近は、犬を飼いたがっています。


私も、最近までは、いいなとは思っても、空と海を育てることで、精一杯・・。

飼うことなんて考えもしませんでした。


でも、海の学校のお友達のお家で飼っている犬を抱かせてもらって、話を聞いたら、

ものすご~く飼いたくなってしまいました。

あとは、単に癒しがほしくて・・・。


抱っこさせてもらったら、まあ可愛い、可愛い!

これは、まさに癒しだ~!とパパも、海も、私も(空は部活)メロメロになってしまいました。

b0244274_22541366.jpg



でもでも、犬を飼うことは、大切な命を預かるということ。

オモチャを買うみたいに簡単には決断出来ません。


お店のスタッフさんが、その子が1カ月のころの写真を下さって、(商売上手だわ!さすが!)

縦抱き抱っこをしながら、犬の手をもって、海にバイバーイ!とやったもんだから、

海は、大喜び!

「犬がバイバイしてくれた~!」と、完全に犬が自ら手を振ったと思ってしまったらしい。


説明しようか迷ったけど、ま、いっか・・・と「可愛いね~」とだけ返事をしておきました。


それから、帰りの車の中で、海は「ほしいな。ほしいな。」とおねだり。

そして、犬小屋についても、疑問に思ったらしく、「どうして、犬小屋あるの?」

「犬小屋買うの?」等など、犬小屋について、色々と質問してきました。


ちょっと、疲れてしまっていたので、なんとなく適当に答えてしまっていたのです。

「犬のお家だね~。」みたいな感じで。(なんじゃ、それ・・)


それから、家に着いても、犬小屋について、何だ、かんだと何回も質問するのですが、

よくわからないのと、ちょっとしつこかったので、話をそらしてしまったのです。


海も、それからは犬小屋の話をしませんでした。

そして、私も忘れてしまっていました。犬小屋のことを・・・。


しかし・・・・・。

海は忘れていなかった・・・。

今日は学校のあと、ヘルパーさんと一緒にいて、そろそろ帰ってくる時間だな・・と思っていたら、

ものすごい、強烈に大きな叫び声が!


海だ!!リビングにいたのですが、すぐにわかりました。

「犬小屋はどうして作るんだ~!!」と何回も叫んでいます。

慌てて、下におりて、早く海を中に入れなくては・・。


玄関を開けたら、「わ~~~~~!!」と叫んで、玄関に仰向けになり、足をバタバタ。

(おもちゃ買って~と大の字になる、あれ! です。)

「何、何!どうしたの!」


「犬小屋はどうして作るのぉ~~!わ~~~!」


ヘルパーさんに、どうしたのか聞いたら、家の前にくるまでは、全然問題なかったそうです。

でも、犬小屋のことを質問されて、そうしたら、急に叫んでしまったらしいのです。


ヘルパーさんもびっくりしていました。

急に、こんな状態になってしまったので・・・。


終わってなかったんだ・・・。

海の中に、犬小屋のことがずっと残っていて、すっとモヤモヤしたままだったんだな~って。

この前は、なんか私も適当に返事をしてしまったから。

ちょっぴり反省しました・・・。


ヘルパーさんとバイバイをして、海が少し落ち着くまで待って、玄関で海と話しました。

犬小屋は、お外で飼うときは、犬小屋がないと、雨が降ったりしたら、びしょびしょになって

しまうこと。寒さから守ってくれること。

お家のなかで飼うときは、犬小屋がないこともあること。濡れないし、寒くないからね・・・と。

そして、最後に、ああいう大きな声で、叫ぶのはやめてほしいこと。

まわりにいる人が、本当にびっくりして、いやな気持ちになることを伝えました。


それでも、海の感情が、落ち着かず、何とかリビングに上がりましたが、そわそわしています。

でも、リビングにかかっている、乾いた洗濯物を見たら、畳まずにはいられません。

たまたま、今日は洗濯物が多くて、それも海にしたら、早くゲームをやりたいのに!という気持ちが

強かったようです。

なので、色んな感情が混ざってしまって、理解したいけど、わからない。

理解しているけど、できない。そういう葛藤をしている感じでした。


私が、お風呂に入ろうと、脱衣所のところで準備していたら、海が慌ててやってきました。

「かくにんノートに書いてほしいの。そうしたら・・・わかる。」

「わかった、今、書いてあげるから、書くものもってきて~!」


そして、海が書いてほしいように、聞きながら書きました。

(これが、とっても大事で、海の書いてほしい文章じゃないと辛くなる。)

・「いぬごやはどうしてつくるの~?」とおおきなこえで、しゃべりません。

・せんたくものは、おおくても、ていねいにたたみます。

以上、2点です。


そして、完全にではありませんでしたが、とりあえずホッとした顔をして、海は、リビングに行きました。

湯船につかりながら、完全におやじが一人。

「うぃ~っ、うぇ~っ、あ~~~・・」


今日も、学びました。

海からは、逃げられない(笑)。逃げても倍速で追っかけてくるから、即逮捕!

適当~にやったら、倍返し。


何事も、逃げてはいけませんね~。

そして、必ず、捕まりますね。とほほ。


お風呂から上がり、海の様子がどうなっているか怖かったけど、大丈夫でした~(涙)。

よがっだよ~(良かったよ)。ほっどじだよ~(ほっとしたよ)。


空と、海と、3人で夕食を食べていたら(パパは間に合わず)、

空と海が、「わ~、見て見て!お月様が~・・・!」

「何、何?」と慌てて外を見たら、


「お月様がオレンジだ~!!」

b0244274_2250527.jpg


iphoneで、ズームにして撮ったので、画像が悪いのですが、オレンジ~!!


海が、「太陽が来たの?お月さまと一緒になったの?」と可愛いことを言っていました。

こんな可愛いことをいう人と、ひかれてしまうほど叫んだ人は、同一人物で~す。


何故、月がオレンジなのって?

月の光が大気の中を進んでくる時に、青や緑の光が錯乱し、波長の長い赤い光が、

目に届くからなんだそうです。

空とネットで調べました。二人とも知らなかったので・・・(笑)。

さすがに、空には、お月様が照れちゃったのかな・・・とは言えないし・・・。


とってもロマンチックでした。

本当に、夜に太陽が遊びにきているみたいでした^^。

オレンジの月を眺めながら、食事をしていたら、

空が、「なんか、すごい豪華だよね~。」と一言。

多分、「なんか、すごい贅沢だよね~。」と言いたかったんだと思います(笑)。

国語力がまったくないお坊っちゃまなもので・・・。


海は、まるで、今日の月みたいだな~って思いました。

同じ月なのに、全然見せる顔が違うから・・・。


やだ、あたし、すごいうまいこと言ってない!?

そんなことを言ったら、お母さんこそ、そうでしょ!と空に言われそうです。へへへ。


終わり良ければ、すべて良しですね!

お月様、ありがとう~!!



今日、休み時間に、空の学校の支援級の子が
遊びにきていたようです。
いきなり、「名前何?」と聞かれたから、
「空だよ!」と言ったそうです。
そうしたら、「空、空、空、空、空~。」って
何回も言ってた。
「俺の名前、何回も言って覚えてくれようとして
嬉しいな~。」と言ってました。
前向きな息子です^^。
読んでいただいて、感謝です。
応援クリック励みになっています。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
Commented by うーわあ at 2012-07-05 23:14 x
海君
犬小屋に疑問を持って、ずっとずっと苦しくなってしまっていたんですね。でも私が海ママなら同じ対応をしたはずです。どちらの気持ちも痛いほどわかります。
子供がなんで?どうしてだろうって疑問に持ったとき
勤めていた時ならきっと寄り添って考えたかもしれないです。でも毎日の生活の中でだったら、やっぱり良くわかないし、一応答えるけど適当~ってことにしちゃいます。

海ママもまさかそうなるとは…の展開だったことでしょう。本当にお疲れ様でした。
どちらの心に寄り添うことしかできない私だけど、2人とも応援してます。
Commented by soratoumihouse at 2012-07-06 00:10
うーわあさんへ
なんとなく、適当に答えてしまって、話を逸らしてしまったから、海の中では未消化だったんだよね。今までは、疑問に感じなかったことも、成長して、疑問がいっぱいになってきたの。海の質問もよくわからないこともあるから、難しいんだけど、話を逸らさないようにしてあげなきゃね。
反省~。
私達親子の気持ちに寄り添ってくれてどうもありがとう(*^_^*)。
by soratoumihouse | 2012-07-04 23:01 | 海のこと | Comments(2)