心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

子どもに必要な手助け

今朝、洗面所の鏡の前でお化粧をしていたら、海が隣りにやってきて、鏡を見ながら、にぃ~っと

笑っています。

「何、やってるの~?」と聞いたら、

「写真撮ってるの~!」


最近、鏡にとっても興味があるらしく、鏡を見ては、「海がいっぱいいるよ~!」と言ってみたり、

(メインに鏡の横にある鏡を開くと、自分がいっぱい映る。確かに子どもの頃、

私も母の三面鏡を覗きこんで、自分が何人いるか数えたりしたな・・・。)

鏡に映る自分を見て、「どうして、海がいるの?」と聞いてきたりします。


不思議だな~って思うことは、素敵なこと。

成長しているんだなって思います。


でも、今日は、何故だか鏡をカメラのように感じたのか、「鏡に映る=写真を撮る」ということらしい。

子どもっておもしろい!

「お母さんも写真撮りま~す。どんなポーズが好き?」と聞くので、

「そうだね~。ピースかな(*^^)v・・・とピースサインを作って、鏡に笑ってみました。


「はい、撮りました。」と海。

すると、すぐに海も「ぼくは、これ!」とソイヤ~ッとポーズ。


なんか、あまりに、そのポーズがおかしくて、大爆笑。

笑っていたら、海は何事もなかったかのように、

「海くん、ゴー バケーション!」と言って、消え去りました。

(海くん、ゴーバケーションっていったい(^_^;)・・・!?)

こういう海不思議ワールドも、海と暮らしてすっかり慣れた私。

今では、そういう不思議ワールドが、海と暮らす楽しみになっている気がします(笑)。


海が、ソイヤ~!っととったポーズをどうしても、ブログに載せたくて、リビングでお願いして、

ポーズを再現してもらいました(笑)。くくく・・・。

b0244274_23144277.jpg




今日は、月一回の療育施設での相談の日。

学校から直接行くのですが、予約の時間まで、まだ時間があったので、買い物に寄りました。

海にお菓子を一つ買ってあげる約束をしていました。


お店に入ってすぐに、海の大好きなコアラのマーチがタワーのように積み上がっていました。

「海、見て!コアラのマーチだよ!」

すると、海は、「これにする!」とコアラのマーチを一つ取ってかごに入れました。


カートを押しながら、海と歩いていると、海が何か落ち込み始めました。

「どうして、コアラのマーチに気づいちゃったの?」と海に聞かれました。

「えっ・・・だって、入口のところにあんなに高く積んであったから、すぐ気づいたんだよ~。」

と言いました。


「なんで、お母さん、気づいちゃったんだろう・・・。気づかないのが良かった・・・。」

(いや~、気づかないのがいいっ!て言われても、誰でも目に飛び込んでくるよ~。

あんなに目立つ置き方してるんだも~ん!)


どんどん、どんどん、おっこちて、ついに、「ぼく、コアラのマーチいらない!」と

あった場所まで戻しに行ってしまいました。

(気づいてしまったことが、まさか、こんなに落ち込むことになるなんて、誰が予想できるのよ~ん!)


まあ、いいか・・・と戻ってきた海と歩き始め、海に、「他のお菓子買ってもいいよ!」と言いましたが、

どよよ~ん海くん、全く気持ちが戻らず、「いらない!何もいらないもん!」


へえ、へえ、そうでございやすか・・・。

「わかったよ~。じゃあ、本当にいらないのね?○○○(療育施設)に行って、帰りに、

やっぱり買うって言っても、買わないよ!ジュースは?買う?」

「ジュースもいらない!」


あ、そう・・・。

まあ、まあ、難しいわ~。でも、本人の意思に任せましょう。


歩いている時も、ブツブツ「なんで、気づいちゃったんだ・・・。」とぼやく海。

どうやら、私に先に気づかれたことが、悲しくて、海が先に気づきたかったようです・・。


ふふふ、気持ちはわかったけど、今回は仕方がない・・・ということで、諦めてもらいましょう。

でも、コアラのマーチを諦めることは、海にとって、相当なダメージなはず。

本当に諦めるかしら・・。

気持ちを切り替えて、やっぱり欲しい!と言うんじゃないかな。

切り替えられたら、その方が海にとっても、過ごしやすくなる。


そんな思いもあったので、無駄にゆっくりと歩いてまわりました。

そうしたら、もうすぐレジというところで、「海、やっぱり、コアラのマーチ買う!」と言って、

もうダッシュで取ってきて、かごに入れました。


くくく・・・。可愛い!

コアラのマーチ勝利!

でも、気持ちを切り替えられたことが、成長!

レジを過ぎたら、今日は絶対買ってもらえないなと、一生懸命考え、自分の気持ちと闘ったんでしょうね。

気持ちを切り替えて、相談に行けて良かったです。ほっ。


相談が終わった後に、「ジュースは?」と私に言ってきた海。

「買わないよ!だって、さっき、今買わなければ、買わないよって約束したよね!」と言うと、

少し考えて、「わかった。」と納得できたようでした。

お!ここでも成長!

海、なかなか、頑張っています。


学校で、「気づく」ということを大切にしているので、とにかく今は、海の中で、

いっぱい気づきたいし、よく気づいたね~と言ってもらいたくて仕方がないようです。


子どもは、大人に、できたこと、気づいたこと、考えたこと・・・いっぱい、いっぱい、ほめてもらいたい。

褒めるられるということが、どういうことかわかっていないように感じていても、褒められることは、

やっぱり心地いいのだと思います。


子どもたちと、幼稚園で過ごしていたころ、子ども達は、みんな褒められると、目が輝いて、

自信に満ちた表情になって、それはもうたまらなく可愛かった。


子どもに必要な手助けをするって、どういうことなんだろうって、よく考えました。

助けることは、簡単だけど、子どもが自信をもてるような手助けをしなくっちゃ意味がない。

私なりに辿り着いた考えは、あたかも、その子が、ひとりでできたかのように感じさせてあげること。

あたかも、その子が、気づいたかのようにしてやること。なのかな・・・と思いました。


例えば、クラスで飼っているザリガニが脱皮をしていたとしたら、

クラスに入ってきて、すぐ目に入るところに置いといてあげることも手助け。


「~ちゃん、ザリガニにえさをあげてくれる?」と声をかける。そうすると、えさをあげようとした子が、

「あ~!ザリガニが脱皮した~!」

「ほんと~!?わ~、脱皮したんだね~。よく気づいたね~。」

という気づきに促してあげることも手助け。


「はい、ザリガニが脱皮しましたよ!皆さん見て下さい!」と全員の前で見せることは簡単だけど、

先生発信で、気づかせてやるよりも、ひとり、ひとり、あらゆる場面で気づき、「わ~!よく気づいたね!」と

褒めてあげた方が、うんとその子の自信になり、喜びになるから・・・。


実は、先生が気づいていて、助けているんだけど、それをその子には気づかせないようにしてあげる。

その配慮が、子どもに大きな自信を与えて、ぼく、すごいでしょう!私、できちゃった!と

目をキラキラに輝かせてくれる。

違うかもしれないけど、私はそういう手助けの仕方が素敵だなって思います(*^_^*)。


でも・・・自分の子には、本当に難しいのです。

ついつい、やってしまいます。

ついつい、口を出してしまいます。

幼稚園で働いていた時に、出来ていた配慮が、まったく出来ない・・。とほほです。


海は、今、あの頃幼稚園で目をキラキラさせていた子ども達みたいに、複雑な生きづらさと

闘いながらも、自分の力で色んなことをやり遂げたい時期にきているのかもしれません。


学校では、それを先生方が、本当にきめ細かく、海に対応してくださっているので、

どの場面を見ても感動しちゃうのですが、問題は、私だ~!


私がザリガニみたいに脱皮して、海の、今、求めていることを、新鮮な気持ちでみつめなきゃ

いけないな~と思いました。

頭と心をクリーンにするぞ~^^!オ~ッ!


ザリガニで思い出したけど、幼稚園で働いていたとき、クラスで飼っていたザリガニが、

脱皮していました。

朝、クラスに入って、(まだ、子ども達が来ていない時間)

「ギャ~!!ザリガニが死んでる~!」と叫んでしまった私。

よく見たら、抜け殻でした。

本当に、その頃から、お騒がせな私です。ちゃんちゃん。



私の脂肪も、ザリガニみたいに
まるごと脱皮できたらいいのに・・・・。
脱皮したあと、すごーく軽くなりそう。
いいな・・ザリガニ・・・。
応援クリック励みになります!
読んでいただき感謝で~す。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
Commented at 2012-06-29 11:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by うーわぁ at 2012-06-29 20:27 x
色々考えて気づいて海くん頑張りました。こどもは褒められたら自信に繋がるし、それを土台にうんと頑張ることができるんですよね。私も他人が見たら親バカって思うかも知れないけど出来るだけ褒めてあげて自信をつけさせてあげたいなぁって思います。ついつい悪いとことか目につき怒っていたけど、悪循環なんですよね。
Commented by soratoumihouse at 2012-06-29 20:43
鍵コメントのKさんへ
コメントありがとうございます^^。嬉しかったです。
お子さんも、海と同じようなことがあったんですね~。
なんか、同じだったと共感してもらえるだけで、気持ちが救われます。
似ているところがあるのかな・・・^^。
気づいて、気持ちを切り替えられるようになってきて、お互い嬉しいですね。
子どもも似ているところもあって、ママとも、共通点があって、嬉しいな!
これからも、色んなことを感じ合いながら、お話しましょうね。
ありがとうございました~(*^_^*)。
Commented by soratoumihouse at 2012-06-29 20:50
うーわぁさんへ
親バカでいいんだよね^^。みんな、褒めてもらいたいんだもんね。
確かに、色んなマイナス面が、気になってしまうけど、反省しながらも、
いっぱい良い所に目を向けていってあげられるママでありたいね。
by soratoumihouse | 2012-06-28 23:35 | 海のこと | Comments(4)