心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

世界に一つだけのカップヌードル♪ ~海の遠足~

「楽しみに待つ」ということは、空のことを振り返ると、幼稚園時代には、当たり前にしていたこと。

でも、海はそうではなかった。

知的な遅れが、時の概念を理解することを遅らせていたでしょうし、自閉症という障害が、

楽しむということのイメージをすることを困難にさせていたのかな・・・と思ったりします。

「楽しみに待つ」ことを理解するなんて、そんな時がくるのかしら~と真剣に思っていました。


でも、幼稚園で働いていた時のことを、たまに思い出すのですが、

「パンを作る」といえば、パンに関連する絵本を作る前日に読んで、パンを作る工程を壁面に貼って、

コック帽を作ったり、どんなパンを作ろうか~とイメージさせたり、誰に食べてもらおうかと相談したり、

それは、それは、その日を楽しみにするための準備を、子どもたちと楽しみながらやりました。

沢山の楽しみにする準備をすればするほど、子どもたちのワクワクは増えていくし、

目はキラキラ輝いて、当日の朝、登園してくる子どもたちの足どりの軽やかなこと!

その輝く笑顔がたまらなく愛おしくて、先生やっていてよかったな~と思う瞬間でした。


そんな、準備すればするだけ、目を輝かせてくれる子どもたちと過ごしていた時は、

イメージすることや、楽しみに日にちを数えながら待つということは、当たり前にできることだと

思っていました。


でも、海を授かって、「楽しみに待つ」ということは、当たり前にできることではないんだと

気付かされたのです。

「楽しみに待てる」ことは、すごいことなんだと!


「楽しみな行事」にしても、「絵本」にしても、なんかこちらがワクワクさせようと準備しても、

全く反応もなく、絵本も毎日、毎日、(今でも続けています^^)読み続けても、

空には反応があったけど、海には全然反応がありませんでした。

なんかちょっと寂しい気持ちになったり、意味があるのかな~なんて思ったりも一瞬したけれど、

やはり、ここでも「継続は力なり」を実感。


全く、感じていないように思えても、全く、表情なんか見ていないように思えても、

何にもわからないように映っても、そうじゃないということ。

海を授かってから9年。

強く実感しています。


今日は、海がとっても楽しみにしていた遠足の日でした。

先日、海のクラスを見学させてもらったのですが、驚きました!

「遠足」に行くための準備のすごいこと!

朝の会では、一人ひとりが理解できるような伝え方で、どこへいくのか、誰といくのか、

どうやっていくのか等々・・・目から、耳から、サインで、あらゆる方法で、子ども達に伝えています。

もちろん、その日だけでなく、毎日、毎日、少しでも楽しみにできるようにと、

先生方が工夫して下さり、子どもの持つ可能性を信じて、取り組んでくださっているのです。


見学させていただいた日は、自立課題の中にも遠足のことを教材に作ってくださっていて、

ただ、ひらがなを覚えさせるというやり方ではなくて、遠足という楽しみと教材を絡ませて、

どこへ行くのかとか、どういう行き方で行くのか等、自分で考えて、書いてみるという勉強を

させてもらっていました。


その教材も、その日に、はい!と渡されても、全く書けないと思います。

うんと前から、先生と一緒にしおりを作り、細かく、行き方や行き先、誰と、どこで、何をするかを学び、

友達とはどうしたらいいのか、どういうことに気をつけたらいいのか、

個別課題では、海の苦手な算数の時間を利用して、遠足の時に、お昼代のお金の勉強を

それは、それは丁寧に実物のお金を使って、海と勉強して下さっていました。


まだまだ、書ききれない沢山の準備を、楽しく準備してくださったおかげで、

海は、驚くほど当日の動きを理解していました。

本当に、感心してしまうほど、緊張もせず、楽しみに準備をしていました。


毎年、当たり前ですが、成長しているのですから、理解度も去年よりは上がっているでしょう。

でも、それだけでは、こんなに理解することは不可能だと思います。


今朝、海のクラスに入ったら、私の手をひいて、リュックを指差したお友達がいました。

持ちものの確認をしてほしいということが、すぐにわかりました。

「水筒も入っているね!レインコートも入っているね!・・・」先生も一緒に確認して、

納得した様子でした^^。

ことばは無くても、彼の心のことばが、私にはしっかり伝わったし、

何度も先生と一緒に今まで、持ちものや、沢山の準備をしたんだな~ということが、

いっぱい伝わって、素敵だな~と、じ~んとしてしまいました。


それから、また、朝の会のなかで先生は、全員に今日の予定を確認していました。

その中で、誰と行くのか?という問いに、「4年生と、5年生と、6年生!」と答えたお友達がいました。

「わ~、すごいね!~ちゃん、ちゃんと言えたね~!昨日は言えなかったけど、今日言えたね~!」と

彼がちゃんと伝えられたことをいっぱいいっぱい褒めている先生方を見て、嬉しそうなその子を見て、

やっぱり、じ~んと胸があつくなりました。


なんて素敵なクラス!

なんて素敵な先生方!

そして、たまらなく愛おしい子どもたち!


楽しみに遠足に行けるように、いっぱい、いっぱい準備させてもらって、良かったね!

心の中で、子ども達に、そう叫びました。


海は、朝から興奮状態で、クラスに行くまでの廊下もずっと、「I Wish I Wish~♪」と歌いながら

歩いて、ルンルンでした。


子どもたちが乗ったバスをお見送りして(駅まで学校のバスで行く)、お迎えは、駅の改札です。

楽しんでいるかな~、ちゃんとお昼はうどんと、からあげと、おにぎり(自分で事前に選んだもの)

食べられたかな~とか思いながら、お迎えに行きました。


元気いっぱい、笑顔いっぱいの海が、首から素敵な入れ物に入ったカップヌードルを

ぶらさげて、帰ってきました。

「お母さん~!!」とにっこにこ。


先生が、「とっても楽しく、事前に準備していたことが、全部わかって一人で出来ました!

お昼も全部うどんのおつゆまで完食です!目がキラキラしていましたよ^^。」と

報告して下さいました。


海と手をつないで、「良かったね~。」と幸せな想いに浸って帰ってきました。

明日、家族で、海はもちろん作ったカップヌードル。

パパと空と私は、買ってきたカップヌードルを食べる予定です~!

海は、ものすごい楽しみにしています。

私も、一食分、ラク出来て嬉しいで~す(笑)!



「海が作ってきたカップヌードル」

世界に一つだけのカップヌードル^^。

b0244274_2251784.jpg


b0244274_2261036.jpg


b0244274_2271317.jpg


b0244274_2285089.jpg


朝、起きたら、嬉しくて自分のカレンダーを6月になったから一枚破ろうとしたのだと思います。

ふと、見たら、なんかずれてる?

よく見たら、おそらく6月の分も一緒に破いてしまったらしく、セロテープで直そうとしたらしい跡が!

なんか可愛くて、そのままにしてあります^^。

b0244274_2210613.jpg



今度は家族で行ってみたいな~。



明日食べるカップヌードルの味を
まだ、悩んでいる、呆れるくらい
優柔不断の私です。
明日、かごに入れるまで
悩むかと思います。
勝手にせい!という声が聞こえました。
応援クリック励みになります!
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
Commented by うーわぁ at 2012-06-01 22:54 x
先生方と丁寧な準備をして今日の日を楽しみに待つことが出来たんですね。楽しみに待つことが海くんの成長の証も嬉しく読みました。
先生方の一人ひとりと向き合った丁寧なやり取りは読んでいる私も心温まります。今日を楽しめて本当によかったね海くん!明日は存分に味わってねo(^-^)o
Commented by soratoumihouse at 2012-06-02 20:45
うーわぁさんへ
どうもありがとう!
本当に丁寧に、そして、先生方が楽しみながら準備してくださっているのがとてもよく伝わって、海たちは幸せだな~って思います。
そのおかげで、楽しい遠足になって、報告を受けた私も幸せな気持ちよ。
Commented at 2012-06-03 21:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soratoumihouse at 2012-06-03 22:52
鍵コメントのBさんへ
黄色コーディネートのカップヌードル^^。
♪世界に一つだけのヌードル~で、今度カラオケで歌おうかしら(笑)。
そうそう!富士山を描いたんだって!本当に嬉しそうだったよ~。
by soratoumihouse | 2012-06-01 22:22 | 海のこと | Comments(4)