心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

小学校で叶えてもらった空の想い

空は、お兄ちゃんだけれど、「お兄ちゃん~!」と弟の海に甘えられたことはありません。

以前、ブログにも書きましたが、海が小さいころは、形だけの兄弟の姿でした。

空は、お兄ちゃんの気分いっぱいで、海に接するのですが、海は全く無関心。


家の中ですることといえば、そこらじゅうの物を一所に集めては、移動する。それを、ただひたすら繰り返す。

自分の決めた一定の場所を、ひたすら往復する。

タイヤが回るのをひたすら見る。

外に行けば、マンホールからマンホールへと追い求めて歩く。

公園に行っても、ただひたすら公園のまわりを歩き続ける。

お友達に、飴をどうぞと差し出されても知らんぷり。


結局、公園に空と海を連れて行っても、空は海とからんで遊びたくても、絡むはずもなく、

空は公園にいる知らない子と遊ぶ。というスタイルでした。

(今住んでいるところに引っ越した時は、誰も知らなかったので。)


私は、公園に来ている小さな可愛い兄弟が、楽しそうに絡んで遊んでいる姿を、その頃はまだ、

羨ましく見ていました。

でも、ふと思うのです。

一番、それを羨ましく感じていたのは、私ではなく、空だったんじゃないかって・・・。


どんなに可愛がったって、甘えるでもなく、慕うでもなく・・・。

その頃は、海のまわりの子とは違う行動ばかりに気がいってしまって、

空がどう感じているかなんて、気にもとめなかった。



だから、少しずつ、少しずつ、まわりのお友達の兄弟のようにはいかないけれど、

海が自分に興味をもち、手をつなげるようになり、、一緒にゲームをしたり、お風呂に入ったり

するようになったことは、空にしたら、とっても嬉しいことなのでしょう。



今日、夜ごはんを空と、海と、私の3人で食べていた時、空が言いました。

「去年、(小学)1年生だった子が、2年生になって、会ったんだけど、みんな大きくなってたんだ。

黄色い帽子をかぶっていて、小さかったのに、お兄さん、お姉さんになってた!」と。

すごく優しい表情で、愛おしい気持ちでいっぱいなのが、よく伝わりました。


空は小学6年生のとき、1年生が可愛くて、可愛くて、よく友達と給食のお手伝いをしていました。

いっつも、その時の1年生が、可愛い!可愛い!と家で話してくれました。

「空~!!」と抱きついてくるんだよ~。超、可愛いよ!」とよく言っていました。


その子たちが、大きくなっていたことが、空にはたまらなく嬉しくて、懐かしく感じたのでしょう。

嬉しそうに話す空を見ながら、思いました。


家では出来ない兄弟らしい関わりを、空は小学校でさせてもらっていたんだな~って。

優しくしてあげた自分に、当たり前に慕ってきてくれる、小さな子どもたち。

年上のお兄さんとして、教えられる幸せ、ふざけたり、笑い合ったり出来る幸せを、

慰めたり、励ましてあげたりする幸せを・・・。

身体いっぱい、心いっぱい感じて、その幸せを、深呼吸して、ゆっくり吸い込んでいくように・・・。


空の想いに気付いてやれなかったことが、いっぱいあって、それでも空は、

海という自分になかなか興味をもってくれない弟を、ひたすらありったけの愛情で可愛がってきました。


そして、家では叶えてあげられない部分を、学校でいっぱい叶えさせてもらっていたことに、

今日、改めて、深く感謝をしました。


家で満たしてやれない想いを、満たしてやれないと嘆く必要なんてないんだなって・・・。

まわりには、その満たすことの出来ない想いを満たしてくれる沢山の場所があることを、

忘れないように。いっぱい感謝して。


明日、空は部活ででかけます。

明日、空の卒業した小学校の運動会です。

「おれ、運動会行きたい。みんなに会いたい!」と行く気満々です。

「間に合うといいね。」そう言って、楽しい夜ごはんの時間は終わりました・・・。



もう、小学校の運動会に
空はいないんだな~と
ちょっぴりセンチメンタルに
なってしまった母です・・。
読んでいただいて感謝です。
応援クリック励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
Commented by うーわぁ at 2012-05-27 16:53 x
6年生のときの一年生ってすごいかわいいですよね。空くんはすごくお世話するのが上手なんですね。一人っ子も増える現代、上の子が年下をお世話する体験って素敵な機会ですよね。
Commented by soratoumihouse at 2012-05-27 21:03
うーわぁさんへ
お世話が上手かどうかはわからないけど(笑)、とにかく可愛かったんだと思う^^。あんなに大きく見えていた6年生も、中学校ではとっても小さくて可愛くみえるよ~。可愛がってもらえた経験が、自分が大きくなった時に、蘇るんだろうね~。ほんと!素敵な機会よね。
by soratoumihouse | 2012-05-26 00:35 | 空のこと | Comments(2)