心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

夫婦のかたち ~目指せ!金婚式!~

一昨日、両親の金婚式と孫達の入学、入社祝いを兼ねて、ホテルで記念写真を撮り、

食事会をしました。

両親と、姉の家族が6人、私達家族が4人、計12名です。

孫が8人もいるので、誰かしら毎年、入学する子どもがいるような・・・。


姉の長男が、もう、この4月から社会人です。

初孫で、お家に生まれたばかりの小さな赤ちゃんがやってきた喜びは、今でも鮮明に憶えています。

ベビーベッドに寝ている赤ちゃんを、みんなが覗きこんで、かわいい!かわいい!と

皆、自然に笑みがこぼれていました。


その時の、小さな小さな赤ちゃんが、もう、社会人になるのですから、そりゃ~、歳をとりますよね。

そして、両親は、金婚式を迎えることが出来ました。

結婚してから50年!

本当に凄いことだと思います。


私の父も母も、とても苦労してきた人たちです。

本当に、今の私からは、想像すら出来ないような沢山の苦労をしてきた両親です。

自分達が本当に苦労してきたから、どうしても自分の子どもたちには、苦労をさせたくない

という想いが、子育てにおいてのベースにあったのでしょう。


それが、全ていいかといえば、もちろんそうではなく、必要な苦労もあったのに、

子どもから、その経験を奪ってしまっていたことも事実です。

でも、壮絶な苦労があったことを思えば、両親のような考えになってしまっっても当然なのかもしれません。



ですから、両親の育て方を、親になった今だから、客観視することもできるけど、

子どもが少しでも大変な想いをしないようにと、心底願ってくれたその愛情に、

私は深く感謝しています。


父や母も、この50年の間に、子どもの私には全くみえていなかった夫婦の倦怠期も沢山あり、

乗り越えてきたのでしょう。

そして、50年続くこと、そのものを尊敬しています。



我が家のキッチンのすぐ目に入るところに、

「精神科医 佐々木 正美の円満カレンダー (子育て協会 発行)」というのがあります。

大好きな佐々木先生の、あたたかい想いが、まだ、結婚13年の浅い夫婦の私達の在り方に

ストレートに入ってきて、深く考えさせられることばかりです。


素晴らしいメッセージがいっぱいある中から、いくつか紹介したいと思います。


「親が望む子どもになってもらうのではなく、子どもが望む親になってあげること」


「あの人が悪い という前に、自分も悪いんじゃないかと思ってみる そんなことが大事だと思う」


「自分のためにしていることは、苦労とはいわない」


「誰か他者のために役だっている自分に気づく時が幸せ。 自分のためにだけ何かをしていても空しい」


「夫婦となる時期は相手を信じることができるようになった時がいい。愛されたいと思うだけでは難しい」


「夫婦の絆は相手の苦手とするところを補い合うことで強まる。その結果、得意とするところが

より発揮できるようになるから」


「相手が喜ぶことに敏感でなければ人間の絆は出来ない」


「人を愛しながら人から愛される 人から信じられて 人を信じることができる」


「夫婦の関係は恋愛とも友情とも違う 深い信頼関係を基盤に、友人や知人以上に

日常に相互依存しあえる関係」



どれも、頷いてしまうことばかりです。

そして、私達夫婦は、まだまだだな~と未熟さを実感してしまいます。


出会ってから間もないころは、頑張ってとかではなくて、当たり前にパパに何かを

してあげたいという気持ちで溢れていました。

その喜ぶ顔が見たくて、笑顔が見たくて、大変だなんて思わなかった。


でも、今は、海のような子どもがいるとか、色んな言い訳をくっつけて、想いやることを怠ってしまっているので

す。

結婚して何年も経つと、なんか自分のもののように、パパの存在を感じてしまっているのかな。

自分の思うようにならないと、すごぐ嫌な気持ちになって、イライラしてしまったり・・・。

パパの失敗が許せなかったり、落胆したり、文句を言ったり、全部パパのせいにして、

嫌な想いでいっぱいになってしまう。


本当にまだまだです・・・。


パパの笑顔が大好きです。

子どもたちと同じように・・・。

でも、私が自らその優しい笑顔を奪ってしまっていることが多いのだと思います。


私達がこの先もずっと夫婦でいられる保証などどこにもありません。

未来のことは、神様にしかわからないから・・・。

でも、私達は、溢れる人達の中から出会った。

お互いに惹かれて、夫婦になることを決めた。

傷つけあって、喧嘩して、謝って、許されて、そんな繰り返しの毎日の中に小さな幸せをみつけながら。


小さな幸せを感じることが出来なくなると、自分本位で愛されたいと願う私になってしまう。

パパだって、そんな時、愛されたいと願っているのに・・・。


佐々木先生がおっしゃっているように、夫婦がお互いの得意とするところを潰しあってしまうのではなく、

苦手なところを補って、絆を深め、それぞれが得意なことを生かしあえる関係の夫婦になりたい。

そう、心から願ってしまいます。


忘れないようにしなくっちゃ・・・。

パパは私の所有物でもなければ、私の望み通りに動くロボットじゃない。

だから、私に出来ることが、当たり前に出来る訳がない。


私も、パパが出来る事で、私が出来ないことが沢山あります。

私の両親の補い合い方が、いいのかどうかはわかりません。

でも、上手に補いあっているような気がします。


何でも、お互いにスキルアップして、苦手なことが出来るようになっていくことも素敵だけど、

きっとそうしていると、お互いに疲れてしまうような気がするのです。

時に、他のパパが(もちろんパパからしたら他のママが)羨ましくなってしまうこともあります。


まだ結婚13年の未熟な私達ですが、お互いの苦手なことは、だいぶわかってきました。

でも、そんな部分もあっての自分であり、夫婦なんだと思います。

出会った頃の、ただ、好き、愛してるという愛の形は変わったかもしれないけれど、

お互いの嫌なところ、苦手なところ、醜いところを知った今だからこそ、

もっと深い愛情をもって、パパと夫婦であり続けられたらと思っています。


私達の結婚記念日は、私の両親の結婚記念日と同じ日です。

私の両親が50年、お互いの夫婦の形をつくってきたように、

私達夫婦も、金婚式を目指して、いっぱい壁にぶちあたり、泣いて、笑って、私達らしい夫婦の形を

つくっていきたいと思います。


その頃は、お互いの「しわの数対決」をしているかな・・・。

空は宴会部長に!海は確認担当部長に!(なんだそりゃ・・・)なっているのかな。

そんな風に子どもの成長を、夫婦で楽しみにしながら、「愛」についてお互いに学び合っていけると

いいなと思います。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
Commented by うーわあ at 2012-04-03 21:55 x
お父様、お母様
おめでとうございます。
皆さんでいろいろなお祝いを合わせて出来て良かったですね。
家族が元気でお互いをお祝い出来るのが何よりのしあわせですよね。

そして甥っ子君がもう社会人ですか。時の流れの早さを感じます。すごい立派なんでしょうね。

佐々木先生の円満カレンダーしりませんでした。どの言葉もズシリときますね。

うちも10年になりすでに同居人状態ですが(^^ゞ汗汗
佐々木先生の円満カレンダー見つけようかな・・・!

ちなみにうちの義父母も先日金婚式でした。

Commented by メイプルツリー at 2012-04-04 14:41 x
おめでと~う!!!
素敵な会だったんだろうね~。
Y君も社会人なんて、信じられないわ!

夫婦って難しいよね・・・本当に。

思春期に差し掛かってきたSを育てながら
最近になってようやく
「あ~男子ってDNAが、こうだから女子には到底理解不可なんだ!」
・・・と悟り、若かりし時の恋愛の悩みも一掃された感じよ。

色々あって当然なのが夫婦だよね!

我が家も素敵な金婚式が迎えられるように
頑張らねば(笑)

Commented by soratoumihouse at 2012-04-04 20:04
うーわあさんへ
お父様とお母様も金婚式だったのね。
おめでとうございます!
本当ね。みんなでお祝い出来ることは、とっても幸せなことよね。
いつも会っていても、みんな揃うことはなかなか難しいから、改めてみんなを見渡すと、大きくなったな~って感動しちゃう。
佐々木先生のカレンダー、とっても心に響くのでお薦めです~。
お互い、金婚式目指して頑張ろうね~!
果てしなく感じるけど・・・(笑)。
Commented by soratoumihouse at 2012-04-04 20:22
メイプルツリーさんへ
どうもありがとう~!って私が金婚式を迎えたみたい(笑)。
両親に伝えます。ありがとうね^^。
そうなの、あの小さかったYが社会人!一番下のMちゃんも、この前生まれたと思っていたら、4月から1年生よ!早いよね~。
男子のDNA、私はすでにわからないこと沢山(笑)。
先輩メイプルさん、いろいろ教えてね~。
夫婦・・・。難しいね。
子どもはどんどん成長して、次々悩みが出てくるなかで、夫婦ゲンカするとぐったりよね(笑)。
まだまだ、夫婦としては未熟だけど、お互い成長して、相手の嫌なところも笑えるくらいになったら、素敵な金婚式を迎えられるかな^^。
頑張ろうね~!
by soratoumihouse | 2012-04-03 16:13 | 夫婦のこと | Comments(4)