心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

クッションがくれた幸せ

ブログを始めて、2か月が経ちました。

毎日ではありませんが、日々の振り返りは、想像以上に、心を落ち着かせてくれ、

今の私には、とても大切な日常の一部になっています。


最近は、今までより更に、涙腺が弱くなってしまい、(歳のせい?)

コメントを下さった方達の、メッセージを読んで、ウルウルしてしまう事もしばしばです。

人って、温かいな~と、心がじんわりして、優しい気持ちになれます。

ブログを読んで下さっている方達に、心から、お礼を言いたいです。

読んでいただいて、本当に、ありがとうございます。



そんな恵まれた私なのに、毎日起こる色々に、幸せな気持ちを持っていかれて

しまう時もあって、苦しくなります。

沢山の方達の励ましと、協力のおかげで、一歩一歩進んでいる海ですが、

今日も、気になっていた事が、わからないと、叫んで、泣いて・・・。


今日は、海のいない時間に、また、海沿いを歩き、気分転換も出来たのですが、

海が帰ってきて、もう玄関から始まりました。

私の心に、充電しておいたはずのエネルギーが、みるみる減っていき、

気付いたら、海に、大きな声で「もう、やめて!お母さんも、わからない!」と

叫んでいました。

海は、びっくりして、目にいっぱい涙をためて、震えているように私には、映りました。


それでも、次から、次と、海にとってわからないポイントで、パニックになり、

私の心のエネルギーは、とうに無くなり、抜け殻のようになってしまいました。


空が、気を遣い、海と私の間に入って、まるで通訳の人のように、海に説明したり、

そっと、私の横に来ては、海の変化を伝えてくれました。


寝る直前も、トイレに置いてあったスプレーが、急に、場所が違うと、

パニックを起こし、大騒ぎ。

さすがの空も、げんなりでした。

私は、透明人間のようだったかもしれません。


今日は、気持ちが何とかなりませんでした。

二人が寝て、ソファーに座り、ただ、ぼんやりとしていました。


その時、目の前にあったクッションが、ふと、目に入りました。

そのクッションは、私が勤めていた幼稚園の、先輩の先生が作ってくださった物でした。


その、先輩は、今、天国にいます。

裁縫、版画、工作、料理、園芸、字が上手くて、気配りが出来て、仕事がはやくて、

もう、私が初めて、その先輩の先生を見た時、スーパーウーマンだ!と思ったくらい、

何でも出来る先輩でした。

なんでも、はっきりと意見を話される先生だったので、一見、知らない方は、

怖い印象をもった方もいらっしゃるかもしれません。

実際、私も、最初はドキドキしました(笑)。(先生、ごめんなさい)


でも、筋が通っていて、真っ直ぐな心で、子どもたちに関わる先生の姿は、

私の憧れで、見学をさせていただいた時も、話がわかりやすくて、

気付いたら、その先生の話に夢中になっている!

そんな、素晴らしい先生でした。


私は、当時、かなり遠距離通勤で、いつも私の体調を心配してくださって、

幼稚園の近くに、住まわれていた先生は、私をよく、お家に泊めて下さいました。

朝、起きると、とっても美味しそうなお弁当が二つ、テーブルに並んでいて、

「はい、これ、A先生の分!」と渡して下さるのです。


幼稚園の仕事でも、私がやる仕事がいっぱいで、あたふたしていると、

すっと、私のクラスに入って来られて、さりげなく、ポンっと、作らなきゃならなかった物

なんかを先生が、作って下さっていて、置いていって下さったり。


その先生から、私は、「真の優しさ」とは何かを、沢山教わりました。

私が結婚して、空と海を授かり、海が自閉症であることがわかった時には、

色々と、心を配してくださいました。


先生に病がみつかり、幼稚園を休職されていた頃、海が、先生に絵を描いて、

ファックスで送りました。

空と海、私までもが、図々しくも、Sお姉ちゃんと慕い、先生も、私をKちゃんと

呼んで下さっていました。

(もう、~先生って呼ぶのは変だよね~っておしゃっって下さって。^^)

海の筆圧も、まだ全然なくて、やっとこさ、人の顔を描けるようになった頃の絵です。

その、ファックスを送って、間もなく、Sお姉ちゃんから荷物が届きました。

b0244274_23454073.jpg



海が描いた絵が、そのまま、愛らしいクッションになっていました。

海も、今みたいに、ことばで上手く表現出来なかったけれど、とても気にいって、

いつも、持って歩いていました。



先生が、亡くなる前に、一度、我が家に泊まりにきて下さいました。

最初は、泊まっていく予定じゃなかったのですが、話がはずんで、

泊まっていって~みたいな流れになって。

一年分くらい、おしゃべりしました(笑)。

その時も、先生と私のおそろいのエプロンを作ってきて下さいました。


帰られてから、すぐに、お手紙を下さいました。

その中に、空が、心の優しいお兄ちゃんに育っていてくれたこと、

海が、本当に成長していて、Kちゃんとパパの想いに、涙が出ました。

今、子どもたちに会えない毎日の中で、楽しいひとときを、ありがとう。と

書いてくださいました。



今日、そのクッションを見たら、その時の想いと、いつだって、私達家族のことを

見守って、応援して下さっていたことを、一気に思いだして、涙が溢れてしまいました。

きっと、天国から、こわれてしまっている私に、

「Kちゃん、がんばれ!」って応援してくれているような気がして・・・。



感謝も、幸せも、感じることが難しかった、海とのやりとりからくる苦しみの中で、

Sお姉ちゃんが、私に愛を下さいました。

心に、何もなかったのに、天国から、心を、愛で満たして、こうして感謝して、

今日を終わりにさせて下さったことを、幸せに思います。



Sお姉ちゃん、天国で元気にしていますか?

海沿いを歩いている時、もしかしたら、会いにきてくれるかなと思って、

実は、いつも想いながら歩いています。

青い空を見ては、Sお姉ちゃんに心で話しています。


今日、辛くて、悲しくて、どうしようもなかった・・・。

きっと、想いが届いていたと信じさせてください。

クッション、家に遊びにきてくれた人が、みんな、かわいい~と言ってくれます。

きっと、天国の素敵な幼稚園で、いっぱい笑っていますね(^^)。


もう少し、Sお姉ちゃんに心配かけないようにしなくっちゃ。

明日が、素敵な日になりますように。

今、悲しみの中にいる人がいたら、同じように、素敵な明日になりますように・・・。

Sお姉ちゃんに感謝して・・・。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
Commented at 2012-01-28 00:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-01-28 02:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-01-28 02:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soratoumihouse at 2012-01-28 23:16
鍵コメントのyさんへ
どうもありがとう!
優しいお友達に恵まれて、私は幸せです。
今日も、大変だったけど、笑顔で終われました^^。
だから、今日は素敵な日になりました。
Commented by soratoumihouse at 2012-01-28 23:37
鍵コメントのUさんへ
遅い時間に読んでくれて、ありがとうね。
クッション素敵でしょう!
複写して作ってくれたんだよね。
私が、Y先生から受けた影響は、人生においてとても大きくて、本当に尊敬の一言です。
素晴らしい先生と出会えたことに、感謝しています。
私の心にも生きていてくださる先生。
だから、まだまだ、学ばさせてもらえそうです。
Y先生が泣いていた声を、最後に電話口で聞いたのは、
Uさんに、お子さんが授かったことを伝えた時でした。
「良かった、良かった・・・」と、苦しい体調の中、
声を振り絞って、喜んで、泣いていました。
愛のある人は、いつまでも、愛を届けてくれるのね。
いっぱい、感謝しました。
だから、充電できたよ!ありがとうね!

私も、いつも、Uさんを応援しています!
Commented by bestwishesforyou at 2012-01-29 16:36
有難う
Commented by soratoumihouse at 2012-01-29 21:13
bestwishesforyouさんへ
どういたしまして(*^_^*)。
私の方こそ、いつもありがとう。
Commented at 2012-01-30 15:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soratoumihouse at 2012-01-30 17:22
鍵コメントのleさんへ
やっぱり、みんな最初は、ちょっぴり怖いんだよね~(笑)。
まさに、凛として優しくという表現がぴったりです。
優しいメッセージに、泣きながら、今、打ってます。
曇って見えない・・。
そんなこと言ってくれる人も、間違いなく愛される。
愛の連鎖は素敵!
どうもありがとう。とっても嬉しかったです。
Commented at 2012-02-07 18:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soratoumihouse at 2012-02-07 20:15
鍵コメントのtさんへ
お久しぶりです。ブログを読んでいただいているとのこと。
とても嬉しいです。ありがとうございます^^。
私は、S先生に、いっぱい成長させていただきました。
学ぶことが多すぎて、いつも、いっぱいいっぱいだったけど(笑)。S先生に、私は私の良さを生かした保育をしたらいいんだよと教えていただいたように思います。
椅子、私もS先生に声をかけていただいて、取りにいったんですよ。大切な宝物です。きっと、大きくなったお子さん達を、天国から、微笑んで、見守っていてくれていると思います。
また、お会いできる日を楽しみにしています。
コメントも嬉しかったです。(^^)
ありがとうございました。

by soratoumihouse | 2012-01-27 23:53 | わたしのこと | Comments(11)