心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

思い出の誕生日 ~祈りの旅~

今日は空の12歳の誕生日です。

空の事を書く前に、日付けが前後してしまうので、昨日と一昨日の事を先に書きたいと思います。

6日に一泊で、私の両親と、私の姉夫婦と姪、私の家族で、仙台に行ってきました。

朝早く、出発して、昨日は夜遅くに、帰ってきたので、丸々二日間、仙台にいられた感じです。


ブログでも書きましたが、私自身も被災地に行って、祈りたかったのですが、

「かぞえうた」がきっかけで、海が、祈りたいと言った事が、どうしても心に残っていて、

できるだけ、早く行きたいと思っていました。


そこに、年末に会った姉が、仙台に行こうとしているのを知り、

「私も行きたい!」と言ったことが始まりで、それなら、パパも、空も、海も

みんなで行きたいと思い、家族で行くことにしました。


空と海には、はじめから、被災地に行って、祈ってくることが、目的の旅だと伝えてありました。

もちろん、海には、詳しいことは、わかりませんが、

「地震や津波で、いっぱい悲しい思いをした人たちのところで、お祈りできるよ!」と

伝えました。


1日目は、疲れをとる意味でも、ホテルでゆっくりしようと、大きなお風呂に入り、

美味しい食事をいただき、松島の美しい景色を眺めながら、本当にのんびりさせてもらいました。

両親と旅行に行ったのは、本当に久しぶりです。

こんな風に、みんなで旅行に来られる事を、当たり前だと思ってはいけないな、

いっぱい、感謝しようと思いました。


夜遅くに、私は、2回目のお風呂に行きました。

露天風呂が、とっても気持ち良くて、外に出ると、粉雪が!

真っ黒な空から、ちらちらと降る雪、露天風呂から上がる湯気、お風呂の中にライトアップ

されている青い光が、一体となって、とても幻想的でした。

湯船につかりながら、ずっと空を見上げていました。

本当に、ドラマとかで、よく降らせているような、美しすぎる雪に見惚れてしまい、

その静けさもあって、お風呂に入りながら、叔父の事を考えていました。

なんか、この雪も、天国からのプレゼントかなぁって、、、。




次の日は、レンタカーで、移動しました。

せっかく、松島に来たので、遊覧船に乗り、晴れわたる青空と、かわいいかもめ達に

囲まれて、のんびり島巡りをすることが出来ました。

b0244274_127403.jpg



そして、いよいよ、旅の目的です。

私達は、石巻に向かいました。

石巻が近づいてくると、一瞬、目を疑うような光景が、目に飛び込んできます。

あるはずの窓が全然なかったり、まがるはずのないような所が、グニャっと曲がっていたり、

そして、どんどん、すさまじい光景が、広がってきます。


最初は、わ~、わ~、と驚いて声を出していましたが、もう、声が出ませんでした。

震災から、約10か月が経っても、まだ尚、まるで、戦争の後の、焼け野原みたいに、

あるべきはずの家は、なく、2階部分まで、骨組みしかないような家が、ポツンとあったり、

お墓は、なぎ倒され、所々で、パワーショベルが作業をしていて、がれきの山があって。

澄みわたった青い空と、まるで正反対の景色が広がっていました。


車を降りて、歩いていると、大きな建物が、目に入ってきました。

近くに行くと、それが、小学校であることがわかりました。

「石巻市立門脇小学校」でした。

ことばを失いました。

地震と津波が残したものは、見るのも耐えがたいような、光景でした。

火災も起こったために、本当に戦争の後のようで、教室の中は、見るも無残な姿でした。


天井は、落っこちて、床は砂と泥で溢れ、あらゆるものが倒され、何回転もしたのだろうと

思わせる状態でした。

カーテンが焦げて、ガラスが割れて、そこらじゅうに散らばっていました。


今日、姉に教えてもらい、検索してみたら、ここの小学校は、明治6年に創立の

とても歴史のある小学校であることがわかりました。


被災前の小学校の素晴らしい外観と、被災直後の小学校の写真を見て、また、ことばを

失いました。

誰が、こんな姿になるなんて想像出来たでしょうか。


やっぱり、ここでも感じました。

神様にしかわからないこと、人間の想像をはるかに超えたことが起きるということ。


小学校の教室を見ながら、どんなに怖かっただろうかと、涙がでました。

沢山のこども達、沢山の大人の命が、沢山の生ある命が、一瞬で奪われてしまいました。



お母さんに、「さよなら」も言えないで。

子どもに、「おかえり」も言えないまま。

夢に向かって、走っていた少年も。

おばあちゃんとお散歩に行くはずの少女も。

新しく産声をあげて、誕生したばかりの命も。

主人の帰りを待っていた犬も。


みんな、みんな、恐怖におびえながら、その冷たい水の中で、燃えたぎる炎の中で、

がれきの下で、その暗い闇の中で、何を思い、息をひきとったのだろうかと、

考えるだけで、胸が締めつけられます。


私達にできること。

ボランティアに行くことも、募金をすることも大きな力。

でも、まず、その亡くなった尊い命を想って、祈りたい。

毎日じゃなくても、被災地に行けなくても、

悲しみや苦しみを、自分なりに想像して祈りたい。

残された家族の事を想って、祈りたい。



そして、戦争と同じで、どんなに時が経って、街はどんどんきれいになり、

いつか、震災があった面影が、街から消えていくのかもしれない。

だけど、その悲しみがあった事実を伝えていかなければいけないと思います。

それが、私達が生きている間に、与えれた大きな使命の一つかもしれません。


空はやはり、小学生ということもあり、驚きを隠せない様子でした。

海は、わからないなりにも、車の中から、静かにその景色を見て、私と一緒に

教室をみて、私の話を、海なりに一生懸命聞いていました。



空と海と手を合わせ、祈りました。

天国にいった数えきれないくらいの人達に、祈りが届きますように。

残された家族に、祈りが届きますように。


沢山、飛び散っていた、ガラスの破片を、大きいのと、小さいのを、一つずつもらってきました。

大人と子どもの命を忘れないように、家の光の届く場所に置きたいと思います。

b0244274_130163.jpg


b0244274_131180.jpg


b0244274_1314684.jpg


b0244274_1322041.jpg


b0244274_1332077.jpg


b0244274_1334361.jpg


b0244274_1343679.jpg



時間も限られているので、最後に、もう一か所、仙台市立荒浜小学校にも寄ってもらい、

ここの小学校も、大きな被害を受けていて、中には入れませんでしたが、

空と海が、仙台に行く前に書いた手紙を、結んで、祈ってきました。

b0244274_1352885.jpg


b0244274_1361941.jpg


b0244274_136421.jpg



仙台駅に帰らなくてはならない時間になり、車に乗り込みましたが、

疲れたからではなく、ことばが、皆、出ませんでした。

僅かな時間しかいられなかったけれど、祈ってくるという想いは果たせました。



帰りの電車の中で、少しだけ、空と海と話をしました。

空は、「僕たちと、同じくらいの子どもたちは、みんな学校に行きたかったと思う。

もっと、もっと、勉強も、遊びもしたかったはず。夢をもっていたと思う。

それなのに、沢山の子どもたちが、亡くなって、本当にかわいそうだと思う。」と言ってました。


海は、「地震、津波、いっぱい天国いった。みんな、がんばって、、、。」と話してくれました。

私が、「お母さんと子どもも離れ離れになってしまったんだよね。悲しいね。」と話したら、

海が、「はなればなれって、な~に?」と聞いてきました。

「すぐに会えないところに離れてしまうこと、、、。」

何も言わずに聞いていましたが、今日、少し話をすることがあって、離れ離れの話を

私がもう一回、話したら、海が大粒の涙を流していました。


この旅行は、祈りの旅でしたが、祈りを通して、また一つ、心に命の種を蒔けたような

気がします。




空が、「俺の11歳最後の日に、仙台に来られてよかった、、。」と言っていました。

今日8日、空は、大きな経験をして、誕生日を迎えることが出来ました。

空がいてくれるから、明るくなる我が家。

空の笑顔が、暗くなってしまったときの家族に、光をくれる。

弟を可愛がり、友達を想い、父や母、じいやばあ、親戚、みんなの健康や幸せを祈る空。

「ありがとう」と気持ちよく言える空。

よく手伝ってくれる空。


空が生まれてきた時は、12歳なんて、遠い遠い日のことのようだったのにね。

大きくなってくれてありがとう。

こうして、誕生日をお祝いできる事を、いっぱい感謝しようね。


空が空らしく、生きていけるように、手助けができるように、私自身が成長しなきゃね。

今年も、空の笑顔がいっぱい見たいです。

空、12歳のお誕生日、おめでとう!

b0244274_1374052.jpg


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
Commented by aloha-yu at 2012-01-09 10:54 x
おかえり。
空!人の優しさにも痛みにも喜びにも心を寄せられる空が大好きだよ!くしゃくしゃの笑顔もね!!
お誕生日おめでとう!!
Commented by うーわぁ at 2012-01-09 18:18 x
空くんお誕生日おめでとう。12年前(もぅそんなに経つんですね)パパから誕生の知らせを受けたのを鮮明に思いだします。東北への祈りの旅とても素晴らしい旅になりましたね。何を語るよりもはるか自分の目で見て感じ祈ることが何よりこどもにとって素晴らしいことか…
息子が大きくなるにつれて私がどれだけ語り感じさせてあげることが出来るか自信ありません。でも空海ママのように見習って語り一緒に祈っていきたいです。今日も素敵なblogありがとうございます
Commented at 2012-01-09 18:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by マリリン at 2012-01-10 00:48 x
空、お誕生日おめでとう!
がーくん、お誕生日おめでとう!

子どもがちゃんと私たち親を選んで、神様の元からきてくれてる事を確信してます。私たちが、悩んでいるようで、実はそんな課題に一生懸命取り組んでいるときに、親も親として,成長させてもらってる…。みんな課題はそれぞれ。自分に必要な課題が与えられてる。
優しい人になりたいね。愛されるのは嬉しいけど、どれだけ報いを求めず愛することができるか、私の課題。

海くんの感性に近い私、とにかく祈りたい、被災地でわけもわからず召された魂に向かって手を合わせたい、大切な人を亡くした人の心の痛みを分け合いたい、毎日そんな想いでいることを、話せて、気持ちが一緒で、そして一緒に行けたこと、奇跡のようだった。

明日から学校始まるね、空や海と同じ気持ちで、学校にいけるのが嬉しいです。一緒にがんばろう!心にあるものを伝えていこう!

学校にまだまだ行きたかった子どもたちの分まで、行くことを楽しもう!
小学校での想いでたくさんつくって卒業してね!
Commented by soratoumihouse at 2012-01-10 15:56
aloha-yuさんへ
ただいま~。
相変わらず、空は、日本語怪しい時があるけど(笑)、
被災地でお手紙を置いてきたいから、書いておいてね。と
言ったら、あのお手紙を書いた空。
素直に嬉しかった。
空のこと、大好きって言ってくれてありがとうね!
Commented by soratoumihouse at 2012-01-10 16:04
うーわぁさんへ
やっぱり、映像で観るのと、この目で見るのとでは、
実際に大きな違いがありました。
とっても悲しい現実がそこにはあったけれど、
亡くなった人たちの悲しみを近くに感じることができたし、
今も復旧のために、働いている人たちや、同じように、
祈っている人達に出会い、忘れてはいけないし、
祈ることは、遠くはなれていても出来るから、祈りたいと
思いました。祈っていこうね。
Commented by soratoumihouse at 2012-01-10 16:14
鍵コメントのメイさんへ
パパも甥っ子さんも、辛い現実に直面したのね。
残された人たちの涙も、津波のように、押し寄せてくるのだと
思います。
でも、あの震災のなかで、生かされた人達が、少しでも
元気を取り戻してもらえるように祈っていきたいね。
私も会いたいな。
ミスチルベスト、とっても楽しみにしています。むふ。
元気もらえること間違いなしだねっ!
Commented by soratoumihouse at 2012-01-10 16:24
マリリンさんへ
一緒に行けたこと、本当に良かった。
同じ想いで行く旅は、何倍にも想いが膨らむことが
わかった旅でした。
こどもたちも、やっぱり、何かを感じていてくれたみたいで、
本当に家族で行って良かったと思いました。
パパが空にあてた誕生日の手紙の中にも、震災でなくなった
人達を想い、今、こうして生きていることを感謝しようと
書いてあり、嬉しかった。
亡くなった命を、生かされた私達が、心に取り入れて
生きていかなきゃね。
私のほうこそ、どうもありがとう。
新学期、楽しく頑張ってね!
Commented by 納豆マンマ at 2012-01-13 01:18 x
空君、お誕生日おめでとう。
被災地に赴いて祈りを捧げるなんて、素晴らしいと思いました。これからの未来をつくる子供たちに、この大震災を伝えるのは、大人の大事な責任だよね。
千年に一度の天災に、人間は無力だったけれど、そこから立ち上がっていく人のたくましさ、手助けする人の優しさに、人間の力強さを感じました。
震災後のテレビで、現地で医療活動をする方々を見て、娘は医療の道に進みたいと思いました。
息子は一刻も早く子供たちの笑顔が見たい!学ぶ場所を作ってあげたい!と奔走する小学校教師を見て、将来は教師になる夢をもちました。
子供たちの心の深いところで、それぞれ受け止めたんだ
と思います。
このブログの写真などを見せて、今度また子供たちと話しあってみます。
もうすぐ大震災から一年になるね。何かできる事を私たち家族もしようと思います。
Commented by soratoumihouse at 2012-01-13 19:47
納豆マンマさんへ
震災で受けた被害や悲しみは、簡単に言葉や文章で表現することは出来ないけど、納豆マンマさんがコメントしてくれた様に、
人間の無力さと力強さは、桜井さんが「かぞえうた」の中で、
稲穂として、表現してくれた、そのものだと思います。
そして、この悲しみを、ただ、悲しみとしてとらえるだけでなく、遠く離れていても、映像をみて、医療の道に進みたいと思い、子どもたちに、自分が大きくなって、笑顔で学べる場所を
作ってあげたいと願った、納豆マンマさんの子どもたちの想いに
胸を打たれました。
亡くなった尊い命も、そんな風に思って、進もうとしている子どもたちによって、本当に救われるでしょう。
まさに、亡くなった人、家族を亡くした人の命を、輝かせてくれているのだと思います。
子どもたちの夢は、もしかしたら、その道の途中で、違う道に進むかもしれない。
でも、確かに、その時、感じ、幼い心で進もうと決めた心は、
違う道に進もうとも、変わることのない真実です。
その心をもっている子どもたちは、誇りですね。
幸せな気持ちにさせてくれて、どうもありがとう。
by soratoumihouse | 2012-01-09 01:50 | 空のこと | Comments(10)