心がはずむような日も、涙で包まれてしまう日も、やっぱり生かされている大切な一日。


by soratoumihouse

一足早いクリスマスプレゼント

今日は、海の終業式でした。

終業式の後は、クラスでクリスマスパーティーがあるという事で、ワクワク。

終業式では、マラソン大会で、頑張ったみんなを表彰して下さって、海もとても嬉しそうでした。


終業式が終わり、クラスに入ると、子どもたちと、先生が、着々とパーティー準備。

挨拶して、パーティーが始まりました。

クリスマスの歌に合わせて、ハンドベルや鈴で演奏。

とっても上手に出来ていました。

ここまで、この子達を、導いて下さった先生に、頭が下がる思いでした。

太鼓の発表に、先生方のコーラスのプレゼントまで!!

盛り沢山なプレゼントに、感動してしまいました。


すると、先生が子どもたちを呼び、何かを手渡しています。

一人一人、子どもが呼ばれて、手渡されたものは、手作りのクッキーです。

海が、「お母さん~。」と私のところにきました。

「お母さん、いつも、ありがとう。」

「ありがとうね。」と受け取った後、胸がいっぱいになってしまい、涙が溢れてしまいました。

b0244274_21443683.jpg


b0244274_22114647.png


この時の、海は、困らせたり、苦しんだりしている海じゃなくて、

にこにこと、とっても幸せそうにしていて、それだけで私は、嬉しくて、幸せで、

日々の辛いことなんて、吹き飛んでしまいます。


だめですね。涙腺弱くて、あとから、あとから、嬉しくて、涙が出てきてしまって。

みんなで、クッキーを食べようと、椅子に座るときも、

「お母さんの隣りがいい。」とちょこんと隣りに座り、

座って、もらった、クッキーの袋をあけていたら、海が、ちっちゃい声で、

「お母さん、だいすき、、、。」って言ってくれたんです。

「お母さんも、だいすき、、、。」と頭をよしよししました。

同じクラスの、お母さんが、

「日々の大変なことが、報われるよね、、、。」と声をかけてくれ、

またまた、涙。(もう今日は、泣いちゃうよ、、、。)


そして、終わりかと思いきや、子どもたちが図工の時間に作った、

クリスマスリース、ツリーの飾り、そして、すてきな明かりの電球まで、、、。

みんなの作った電球に明かりを灯して、やわらかな、あたたかい光に、

先生も、子どもたちも、お母さんたちも、うっとりしてしまいました。

b0244274_21463127.jpg


b0244274_21473335.jpg


音楽の得意な先生、お料理の得意な先生、美術の得意な先生が、

子どもたちに、楽しい気持ちを忘れずに、活動して下さった形が、見事に表現されていた

とても素敵なクリスマスパーティーでした。

先生方、素敵なひとときを、ありがとうございました。

冬休みに入る前に、大きなパワーをいただきました。




海の学校では、毎日、先生方と連絡帳を通して、日々のやりとりをしています。

海が年中さんのときに、海がうまれてきてくれてきた時のこと、

海に対して私が願うこと、空が初めて、海を抱いた写真や、うまれた時の写真などを

連絡帳のファイルにはさみ、私自身が海への想いを忘れないために、

先生方にも、海のうまれた時の写真をみてもらえたら嬉しいなと思って、

毎年、連絡帳の最初に、はさんでいる文を、そのまま紹介します。

今日は、海から沢山のプレゼントをもらって、ふと、思い出したのです。



「(海がうまれた直後の写真が貼ってあります。)

 やっと会えたね、海。

 ゆっくり、ゆっくり、大きくなって、そして、根を張り、実を実らせ、

 疲れてしまった人を、その樹の下で、ゆっくり休ませてあげられるような、

 そんな樹のように、生きてほしい、海。


 この時は、海が、自閉症であることなんて、夢にも思わなかった。

 少しずつ大きくなって、ママは自分を責めたり、海をかわいそうに思ったり、

 他の子の正常な発達すら、素直に喜んであげられないという、悲しい、さびしい

 ママの時もあったよね。


 夜中、ずっと笑い続ける海に、泣きながら、

 「どうして、笑うの?何が、楽しいの?」とワンワン泣いて、海を見たら、

 泣いてる私を見て、幸せそうに笑ってた。

 その時、初めて、悲しい事、聞いてごめんね。笑いたいんだもんね。

 笑っていいよ。もう大丈夫。

 海がかわいくて、かわいくて、たまらなかった。

 
 それからは、海のこと、沢山知りたいと思ったよ。

 それでも、ママは、海にひどいことを言ってしまったり、涙を流すような事を

 してしまったり、、、。

 気持ちを伝えることも苦手なのに、ごめんねって思うことが沢山ある。

 でも海は、それでもママのそばに寄ってきてくれて、笑ってくれる。

 すごいよね。優しくて、幸せをくれる海。


 「ころ、ころ、ころ」の絵本をみながら、「ころ、ころ、ころ」と言った。

 初めて聞いた、ことば。

 まるで、他人のようだった空と、手をつないで初めて歩いて、

 空と私で、声をあげて喜んだ日。

 そして、今、「どうぞ」と渡すと、ゆっくり、「あ、り、が、とー」と

 言えるようになった海。


 それが、どんなに人を幸せにしてくれるか、

 幸せな人でなければ、人を幸せにしてあげることなんて出来ない。



 失敗も沢山してしまうでしょう。

 でも、海が、ただ生きるのではなく、名前のような人になれるように、

 色々な心ある人に、助けてもらいながら、

 「生きることが、幸せな事」と感じられるように、がんばろうね、一緒に!


 何を求めているのか、伝えたいのか、わかりたいから、

 他の人にもわかってもらえるように、コミュニケーションの形みつけて、築いていこうね。

                 
                                     2007年 ママ     」


という文章です。

文の中の、願いや祈りが、本当に心ある人に、形にしていただいてきている事を、

とても幸せに思います。


最初のページに貼ってある、空が海を抱いている写真も大好きで、

そこに映る、空の笑顔は、家族の宝物です。



生きていることは、幸せです。

生かされていることを、いっぱい感謝して。

生かされている意味を感じて。

大切に、命を使いたいです。




今日は、海が大好きな、しゅうまいを作りました。

結構、大きいのに、海はおかわりして、6個も食べました。

「おかわり」って言ってくれることが、幸せ!

焼く前はこんな感じ!

b0244274_21502134.jpg


出来上がり!

b0244274_21511690.jpg


今までは、皮で包んだり、切った皮をまぶしたりしていましたが、

テレビで、丸めた肉団子にしゅうまいの皮を乗せるだけという作り方を見て、

やったら、超簡単!

肉団子は、テレビのとは違って、挽肉に、水切りお豆腐半丁、にんじんと玉ねぎ(レンジで加熱済)

を入れて、卵も一つ入れて、片栗粉、和風だしを小さじ一杯入れて、混ぜ混ぜ~。

(挽肉は470グラムありました。にんじん、玉ねぎは半分です。)

フライパンにお団子を並べて、皮をかぶせて、水を少し入れて、蒸し焼き~。

海はお醤油で、海以外は、ポン酢で食べました。

美味しかった~~~~。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 学生弁当へ
にほんブログ村
Commented at 2011-12-24 00:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by soratoumihouse at 2011-12-24 00:56
鍵コメントのUさんへ
そんな風に、一緒に喜びを共有してくれて、どうもありがとう。
とても素敵なクリスマス会だったので、感動いっぱいでした。
海の名前のように、大きく育ってくれたら本当に幸せだな~。
ゆっくり、ゆっくりでいいから(*^_^*)。
Commented by 納豆マンマ at 2011-12-26 02:16 x
ブログを読んで、海君が初めて「ありがとー」と言ってくれた日を思い出しました。
確か、私がプレゼントをして、そのお礼の電話だったと思うけど、「ありがとー」の声があまりにも可愛くて泣いちゃったんだよね。
その頃、「ありがとう」という言葉を、私は子供に「何かいただいたら、すぐいいなさい!」と、躾を優先して言わせていたから、海君の「ありがとー」は言いたい!って気持ちから出てくる、澄んでる声に聞こえたんだよね。懐かしいね~。



Commented by soratoumihouse at 2011-12-26 12:17
納豆マンマさんへ
朝、このコメントを読んで泣きました。
ダメだわ。完全に涙腺がこわれてるよ。
そんな風に、海のことばを、受けとめてもらえている
海はもちろん、私もとても幸せ。
ありがとう。
気持ちのこもったことばが届いたことは、海が一番
嬉しいと思う。
幸せです。
by soratoumihouse | 2011-12-22 22:04 | 海のこと | Comments(4)